おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

今年を振り返って

2005年12月31日 18時37分30秒 | 日記・雑談
とうとう今年もあと残すところ5時間ちょっとです。
あっと言う間の一年でした。
今年になって大きく変わったことは、ブログをはじめたことでした。
最初は試行錯誤を繰り返していたのですが、夏ぐらいから訪問者も増え始め、すっかりはまってしまいました。ブログ中心になりホームページの更新がおろそかになってしまってますが(^^;;

皆さんのブログにも、お礼のご挨拶を申し上げに参上しなければいけないところなのですが、またバタバタしてて慌しい年末を迎えております。

来年は、もっともっと良い年がやってくるよう期待を込めて新年を迎えたいと思います。
本当に本年はお世話になりました。
コメント (8)

白馬乗鞍 その6

2005年12月30日 23時54分08秒 | 旅先にて
遅くなりましたが、白馬乗鞍の最終日(27日)の報告です。
11時くらいまでしか時間が取れない中で、いろんなコースを廻りました。
最初は宿舎前の、里見中央ゲレンデ→里見尾根コース→若栗中央ゲレンデ ラビットコース→ハイウェイコースを滑りました。
最後に滑ったハイウェイコースは、超新雪でした。。。。。足を取られては雪に沈み。。。。雪に沈み。。。。沈み。。。っちゅう感じで、ほんま遭難するかと思う程大変でした。全身汗びっしょり。。。。。宿舎までの道のりが寒くて寒くて。。。。
でも、今回のスキーはほんま堪能出来ました。セットして頂いた幹事さんありがとうございます。

昼食後、1時頃スキー場から帰路につきました。途中、スキーツアーの仲間を信濃大町の駅まで送りました。ここまで1時間半くらいかかったのかな~。


それから、豊科で高速道路に入り、諏訪に向かいました。諏訪で一度高速から出て、諏訪湖のほとりの温泉に寄り道をしました。こちらの方は後日報告しますね。1時間程入浴&休憩後、再び高速道路に入りました。順調に車は進んで行ったのですが、大垣辺りから、渋滞が始まりました。大雪で徐行運転。。。。。3時間で15キロ程しか進まなくなりました。途中疲れてたまらず飛び込んだパーキングエリアです。スキー場みたいでしょ(^^;;


再び走り出したのですが、あまりにも疲れたので、12時頃に多賀SAで車の中で寝ることにしました。朝6時過ぎに起きて再び車を走らせ、途中朝食をとり、やっと瀬戸内海。。。。。。瀬戸大橋だ~、しかも空が青い~(^^)v


太陽のありがたさがわかりますね~。なんだかうれしくなります。


っで、自宅に着いたのが、11時でした。。。。。やっぱ、帰りは長いな~(^^;;
まっ、楽しい思いをしてきたのだから、しかたないか(^^)v

また、行きたいな~


コメント (6)   トラックバック (1)

大掃除

2005年12月29日 23時35分45秒 | 日記・雑談
大掃除がまだ終わんないよ~。
白馬乗鞍での記事に沢山のコメントを戴いたのですが、まだ返事のコメントかけてませんが、落ち着いたら書きますから(^^;;
コメント (4)   トラックバック (1)

到着

2005年12月28日 15時40分16秒 | 旅先にて
昨日の名神高速道路の渋滞で、眠気を押えることが出来ず、多賀SAで車中泊することに。。。座席で横になってると、フロントガラスに落ちてくる雪が妙に綺麗で、しばらく見とれてましたが、睡魔には勝てずぐっすりと寝たのでした。気が付けば朝6時半。。。。
それからぼちぼちと帰ったのですが、自宅に着いたのが朝11時でした。白馬乗鞍を出発して21時間の旅となりました。

道中の詳細は、また次のブログ記事で報告しますね。

取り急ぎ帰還の報告です。
いまから筋肉痛で痛む体で今年最後の定例会議に出席してきます(^^;;
コメント (14)

渋滞

2005年12月27日 23時00分52秒 | 旅先にて
白馬乗鞍から帰ってるのですが、現在関ヶ原辺りです。雪で渋滞となり、動きません。
二時間で十キロほど進みました。ふぅ~自宅まであと350キロ!
コメント (4)

白馬乗鞍 その5

2005年12月27日 08時26分37秒 | 旅先にて
昨晩から、やはり雪は降り続いていました。
天気予報によると12月としては88年振りの大雪だそうです。

地元でも珍しいくらいの大雪だということは。。。。。
どうりで、すごいはずだ。

今日は、午前中スキーをエンジョイし、午後から帰路につくことにします。
道は、どんな状態なんだろ、ちょっと心配。
コメント (7)

白馬乗鞍 その4

2005年12月26日 17時17分03秒 | 旅先にて
今日の午後も、滑ったのですが。。。。。

えっと、里見中央ゲレンデです。左奥を登って行くとスカイビューゲレンデへと続いて行きます。


里見中央ゲレンデから、わらび平ゲレンデを眺めた写真です。


アルプス第7ペアリフトです。雪が激しくなってきて視界が悪くなってきました。


降り続く雪で、ゲレンデもとても滑れる状況じゃ無くなってきました。三時前にはもう滑ることを止めたのでした。

今回のスキーでお世話になっている『ロッヂなかみね』です。


『ロッヂなかみね』ホームページ

夕方に、明日車を出しやすい所へ移動させたのですが、もう大騒動になりました。
10人程で、小一時間かかってしまったのでした。
ご協力頂いた皆様、ブログの上ですが、ありがとうございました。

★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (10)

白馬乗鞍 その3

2005年12月26日 12時24分10秒 | 旅先にて
午前のスキーは終了しました。雪で総て新雪状態。。。。。前に進まないから足に堪えますね。

あっ、紹介が遅れました。白馬乗鞍のホームページです。
白馬乗鞍スキー場ホームページ

宿は『ロッヂなかみね』というところです。里見中央ゲレンデの斜面途中にあります。宿のスキー置場から出たところです。目の前にリフトがあります。


そのまま斜面を滑り降りて、写真に写ってた、アルプス第7ペアリフトに乗ります。ここを3回滑りました。でリフトで再び登りアルプス第9ペアリフトで更に上に上がります。ここから若栗中央ゲレンデに移りました。ラビットコースを滑りました。昼食のため宿に戻り始めたのですが、問題発生。若栗林間コースのアルプス第6ペアリフトが雪のため動いてなかったのです。なので、若栗ゲレンデから里見中央ゲレンデゲレンデまで歩かなきゃ行けないことに。。。。。
いま足がパンパンになっています。午後から滑れるのだろうか。。。。。(^^;;

★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (2)

白馬乗鞍 その2

2005年12月26日 07時28分55秒 | 旅先にて
26日、朝です。
昨晩から降り始めた雪ですが、現在も降っています。
乗ってきた車も、すっかり雪に埋もれてしまいました(^^;;



帰る頃には、やんで頂くとうれしいのですけど。。。。

さっ、今日一日楽しく滑らなきゃ(^^)v

★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (6)

白馬乗鞍

2005年12月25日 18時15分11秒 | 旅先にて
今日は白馬乗鞍スキー場にやってきたのでした。
香川県丸亀市より、10時間かかったのでした。

08:15 丸亀市の事務所より出発

09:05 吉備SAにて最初の休憩

11:10 大津SAにて休憩 270km走行
このサービスエリアからは、琵琶湖を見渡すことが出来ます。


12:00 多賀SAにて昼食 330km走行 昼食はラーメン


13:40 恵那峡SAにて休憩 460km走行 ガソリン給油34L


15:30 梓川SAにて休憩 600km走行


15:45 豊科ICにて高速から降りる
ニュースで前日の豪雪の様子が放映されていたので、心配していたのですが規制も無くすごくスムーズに走ることが出来ました。

っが、ここからがかなり大変でした。
4時を過ぎるとあたりは暗くなり始め、道は雪でボコボコ。。。。。
温暖な香川で育ったものにとっては、肩に力が入ってしまい。ここまでの600kmより残りの70kmの方が遥かに疲れる運転となりました。白馬乗鞍スキー場にはすっかり暗くなった18:00に到着となりました。

スキー場の様子は、明日報告しますね。

★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (6)

岡山県勝山町

2005年12月24日 17時26分42秒 | 旅先にて
岡山県勝山町へは、お酒を買いに行ったのですが、もうひとつ街並を見学したくて出掛けました。
ただ、あいにくの積雪で十分に見学することが出来ず、こちらはまた改めてリベンジということです。
勝山町はの街並は、三浦藩二万三千石の城下町で、出雲街道など交通の要衝として栄えていたそうです。昭和60年に岡山県で初めて『町並み保存地区』として指定されました。白壁の土蔵、高瀬舟の発着場跡、連子格子と石垣の商家などの町並みが続いています。また、各家々につられている暖簾(各戸絵柄が違います)が、いい風情を醸し出しています。是非時間をとってゆっくりと散策してみたい町ですね。

さて、町並みの南の端の鳴子橋のあたりです。木材ふれあい館のほうにわたっていきます。雪で橋が真っ白。



橋より北を眺めたところ。



橋より南を眺めたところ。



木材ふれあい館の中に、『そば一心庵』という蕎麦屋がありました。普段はうどんばかり食べてますが、山深い地に来た時には蕎麦を食べています。数量限定だった『十割蕎麦』を食べました。蕎麦の香りが口の中に広がり美味しかったです。



『御前酒』の酒蔵までは歩いて向かったのですが、途中武家屋敷館の前も通りました。三浦藩の160石の家老格であった渡辺邸が当時の名残をとどめていて見学が出来るようになっています。



次回は、雪のない季節に訪れてみたい場所ですね。

★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (7)

御前酒 / 株式会社辻本店 (岡山県真庭市勝山)

2005年12月23日 23時16分19秒 | グルメ&お酒
岡山県真庭市勝山に、『御前酒』の名で親しまれるお酒があります。
創業は、文化元年(1804)です。酒名は、三浦藩主に愛され、御前に供されていたことに由来しているそうです。
古来より”うまさけの国”といわれた美作の地にて蔵を開き、地元の米・地元の水・そして地元の技で醸すことこそ酒造りの原点とのことだそうです。
25日からの長野の白馬乗鞍スキー旅行へ持参して行こうと思い、購入しに行ってきました。蔵元の売店では試飲をさせて頂けます、下記がそのカウンターです。4本お酒が並んでいました。




っで二本買ってきました。どちらも季節限定品です。



左側:御前酒 『美作(みまさか)しぼりたて』 純米酒(生) 岡山県産雄町米100%
   アルコール分17度以上18度未満、精米歩合65%
右側:御前酒 『にごり酒』 普通酒(生・活性にごり) 岡山県産米100%
   アルコール分17度以上18度未満

この蔵元のお酒は、平成17年の清酒鑑評会にて金賞を受賞していました。



先日来の雪で、ちょっと大変でしたが、新酒の季節は冬だし、寒い地方のお酒はおいしいからね(^^)v



蔵の写真です。雪があるとやっぱ情緒がありますね~。



蔵の窓の扉には彫刻漆喰がほどこされていました。



次回は、雪じゃない季節にも来てみたいと思いました。

また、蔵元が経営する酒蔵を改造したレストラン『西蔵』では、JAZZのライブも開催しているそうです。これも要チェックですね。

★この記事を読んでお酒が飲みたくなった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (10)

工事現場(12/22)

2005年12月22日 18時49分48秒 | 仕事
今月の初めくらいに紹介した現場の現在の状況です。
外壁の下地及びサッシの取り付けが終わった状態です。現在外部サッシにガラスを入れていってます。建物周囲は足場にて囲まれ、各職人は足場を上って作業場所に向かいます。工事監理するわたしもこの足場を上ります。今日のように寒くて風の強い日は怖いし辛いですね。



店舗入口部分から、ショールーム内を見た写真です。



2階よりショールームを見た写真です。大きな空間だな~。仕上がりが楽しみです。



整備工場の方の屋根です。この高さから普段町を見ることがないのですが、やっぱ看板って目立ってますね。洋服の○山もはっきり見えるな~(^^;;



改めて見てみると、屋根が多いな~。住宅地だということを再認識。



★この記事を読んで参考になった方一票よろしくお願いします(^^)v
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (2)

実験

2005年12月22日 10時32分16秒 | 日記・雑談
モブログに初挑戦!
わたしの持ってる携帯はカメラ機能が付いてないので文章だけですが、後で編集すればいいのかな。

++++++++++++++++++++++++++++++++
無事に記事は、投稿できたようですが、カテゴリーが一番上の「建物」になってしまうようです。やはり再編集は必要なのですね。まあ、リアルタイムに情報を発信できるということは、何かのイベントの時には効果を発揮するかもですね。いまはカメラ無しの携帯ですが、次回はカメラ付きにしたほうがいいのかな~。。。。
++++++++++++++++++++++++++++++++

★ランキングにご協力お願いします。是非とも一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (2)

Ann Sally / moon dance

2005年12月21日 14時48分10秒 | 音楽


◆Ann Sally / moon dance

◆曲目
(01)I Wish You Love (4:18) 
   (Charles Trenet / Leon Chauliac / Albert Askew Beach)
   アイ・ウィッシュ・ユー・ラヴ
   Ann Sally (vocal) / Yousuke Onuma (guitar)
(02)Onde Eu Nasci Passa Um Rio (4:28) (Caetano Veloso)
   僕が生まれた町に川が流れている
   Ann Sally (vocal) / Shigeharu Sasago (acoustic guitar) /
   Oh Akioka (bandolim) / Steve Sacks (alto flute) /
   Kiichiro Komobuchi (acoustic bass) / Satoshi Ishikawa (percussions)
(03)Haven't We Met (2:35) (Ruth Batchelor / Kenny Rankin)
   ハヴント・ウィ・メット
   Ann Sally (vocal) / Shigeharu Sasago (acoustic guitar) /
   Takahito Mori (electric guitar) / Steve Sacks (alto flute) /
   Kiichiro Komobuchi (acoustic bass) / Satoshi Ishikawa (percussions)
(04)蘇州夜曲 (4:47) (作詞:西條八十 / 作曲:服部良一)
   Ann Sally (vocal) / Yoshiro Nakamura (guitar) /
   Febian Reza Pane (piano)   
(05)Peaceful (2:52) (Kenny Rankin)
   ピースフル
   Ann Sally (vocal) / Shigeharu Sasago (acoustic guitar) /
   Oh Akioka (bandolim) / Steve Sacks (alto flute) /
   Kiichiro Komobuchi (acoustic bass)
(06)Only Love Can Break Your Heart (2:51) (Neil Young)
   オンリー・ラヴ・キャン・ブレイク・ユア・ハート
   Ann Sally (vocal) / Shinya Kogure (acoustic guitar) /
   Ren Takada (pedal steel guitar) / Kiichiro Komobuchi (acoustic bass) /
   Satoshi Ishikawa (percussions)
(07)Happier Than The Morning Sun (4:28) (Stevie Wonder)
   輝く太陽
   Ann Sally (vocal) / Takahito Mori (guitar) / Yancy (rhodes) /
   Hitomi Yamagami (flute) / Kiichiro Komobuchi (acoustic bass) /
   Satoshi Ishikawa (percussions)
(08)星影の小径 (2:38) (作詞:矢野亮 / 作曲:利根一郎)
   Ann Sally (vocal) / Febian Reza Pane (piano) /
   Kiichiro Komobuchi (acoustic bass)
(09)5/4 Samba (4:36) (Hirth Martinez)
   ファイヴ・フォー・サンバ
   Ann Sally (vocal) / Junjiro Seki (guitar) /
   Hitomi Yamagami (flute,melodica) / Koo (flugel horn) /
   Kiichiro Komobuchi (acoustic bass) / Satoshi Ishikawa (percussions) /
   Gonzalez Suzuki (shaker)
(10)Meu Carnaval (4:29) (Ronaldo Bastos / Celso Fouseca)
   メウ・カルナヴァル
   Ann Sally (vocal) / Yoshiro Nakamura (guitar) /
   Steve Sacks (alto flute)   
(11)Allelujah (4:19) (Mark Nevin)
   ハレルヤ
   Ann Sally (vocal) / Ren Tanaka (weissenborn) /
   Junjiro Seki (acoustic guitar) / Kiichiro Komobuchi (acoustic bass)

◆録音 2003年

◆ビデオアーツ

◆心臓外科医としてニューオーリンズで研究活動の傍ら、シンガーとしても活躍しているアン・サリーのアルバムです。包容力のある歌唱は、とても心が癒されますね~。いろんなタイプの曲をカヴァーしているのですが、どれもアン・サリーの世界に仕上げています。英語・ポルトガル語・日本語いずれも美しく聴こえてきます~。余談ですけど、最初CDを買った時は、中国系の方だと思ってたのですが、プロフィールを調べてみるとばりばりの日本人だったのですね。

★この記事を読んでジャズが聞きたくなった方一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
コメント (6)