おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

住宅お披露目会

2009年02月28日 20時13分12秒 | 日記・雑談
今日は、昨年末完成引渡しをした住宅のお披露目会に招待されて、さぬき市に出かけてきました。施主の友人とか親戚の方が数多く出席されていて、盛大な宴となっておりました。

    

その際に、完成記念と言うことで、アレンジの先生 asma さんに作成してもらったフラワーアレンジメントを持参して行きました。

清楚な雰囲気の作品で、とても喜んでいただけました。玄関に飾ってもらえるとうれしいですね。

こちらは、切り妻の家の方です。

    

こちらは、片流れの家の方です。

    

改めて、家が完成したんだな~って実感しましたよ(^^)v
参加されていた皆様に、今回の住宅をおほめ頂き、とても嬉しかったです。これがあるから、設計の仕事って楽しいんだなって思います。


コメント (9)

アラブ世界研究所(フランスパリ)

2009年02月27日 23時28分32秒 | 旅先にて
ジャン・ヌーヴェルの『アラブ世界研究所』です。この建物は、ジャン・ヌーヴェルにとっては出世作になるのかな?この建物で、俄然注目を浴びる建築家となりました。

    

アラブ18カ国とフランスが、アラブ世界の情報を発信し、アラブ世界の文化、精神世界を研究するための研究機関を設置することで同意し、建築された建物です。パリ5区のセーヌ川の南側に建てられています。セーヌ川からの外観は下の写真のようになります。

    

メインの建物は、結構細長い形をしています。

            

カメラの絞りのように見える、ガラスパネルはまさしくそのものですね。しかも稼働式でしたよ。

    

う~、これでパネル一枚でいくらかかったんだろ~って思ってしまった。。。それを考えちゃいけないのだろうけど。。。(^^;;
コメント (2)

スイス学生会館(フランスパリ)

2009年02月26日 22時42分43秒 | 旅先にて
昨日紹介した、ブラジル館の建物を一つ挟んだ位置にスイス館は建っています。

    

ピロティの上に整然と並んだ開口部が印象的な、とてもシャープな建物です。

    

ここは、建物内にも入ることが出来ました。外観のシャープなイメージから一転して、曲線が印象的なホールです。

            

階段の袖壁も印象的です。

            

談話室の壁も、色鮮やかでとても印象的です。

    

個室も見学することが出来ました。シンプルでよいですね(^^)v おさかなも学生時代はこういうところで生活してみたかったですね~。。。(^^;;

            
コメント

ブラジル学生会館(フランスパリ)

2009年02月25日 22時48分17秒 | 旅先にて
パリ市の南に位置する、パリ国際大学都市において、コルビュジェは「ブラジル館」と「スイス館」の二つの建物の設計を行っています。

    

また、明日紹介しますが、「スイス館」とは随分雰囲気が違います。

    

コルビュジェらしさはあるのですが、どうも。。。らしくないような気もします。

    

参考文献に、掲載されることが少ないのも、このあたりに原因が。。。

    

でも、いい建物ですよ(^^)v

コメント

地域型モデル住宅

2009年02月24日 12時11分20秒 | 自然環境のこと
おさかなの所属している『NPO法人木と家の会』にて、国土交通省より補助を受けて、地域産材を活用した『地域型モデル住宅』を建築しています。三月末の完成に向けて、急ピッチにて工事を進めているようです。3/20~22にかけてオープニングイベントも企画しています。建築の様子はブログにても公開しているようなので、ご覧になってみてください。

    

    モデル住宅建築ブログはこちら

    オープニングイベント案内はこちら

    木と家の会ホームページはこちら

当ブログをご覧なってる皆さん、是非一度覗いてみてくださいね。

コメント

なんだか急に聴きたくなって

2009年02月23日 21時27分29秒 | 音楽
随分昔の曲なんだけど、斉藤和義の『歌うたいのバラッド』が聴きたくなって。。。やっぱ、いい曲だね。




最近は、Jazzを聴くことが多いのだけど、以前はスターダスト・レビューが好きで、よく聴いてました。あっ、今も好きですよ。その中でも大好きな歌のなかのひとつが『ふたり』です。コンサートツアー 艶のライヴバージョンです。このツアーで香川に来られた時には、客席で聴かせてもらいましたよ。




オリジナルラブの『プライマル』も良く聴いたな~。




スガシカオの『黄金の月』好きです。アコギバージョンがありました。いや~名曲です。




スピッツの『ロビンソン』。。。これは、カラオケでよく歌いましたね(^^)v




バービーボーイズ時代の杏子が好きなのですが、福耳の杏子もとってもいいですね。『星のかけらを探しに行こう Again』です。




aikoの『カブトムシ』も好きですよ。




コメント (10)

経済産業省のHPにて

2009年02月22日 14時38分09秒 | 日記・雑談
経済産業省のHPを見てたら、パソコンのセキュリティに関するキャンペーンのページを発見。

現在のIT社会において、コンピュータウイルスの感染や不正アクセス、フィッシング詐欺等の被害に遭遇する危険性が高くなってるから、被害を未然に防ぐため、意識や知識の向上を図るため、情報セキュリティー対策強化キャンペーンを行っているようですね。

っで、下の写真がそのトップページです。

    

キャンペーンソングもあったりして、PVも見れますよ。いや、ある意味感心しますわ。よくここまでやったって(笑) 
結構予算かけてると思うけど、他に広報の手段はあるとは思うのですが。。。。

下のリンクをクリックしてのぞいてみてください(^^)v

    経済産業省のキャンペーンのページ


コメント

カルティエ現代美術財団(フランスパリ)

2009年02月21日 20時57分31秒 | 旅先にて
アメリカのホテルチェーンハイアットホテルアンドリゾーツのオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団から建築家に対して授与される賞に「プリツカー賞」っていうのがあるのですが、原則として一年に一人の建築家を表彰しています。サッカーでいえば、バロンドール賞みたいなもんでしょうか?
日本人で過去に受賞されたのは、丹下健三・槇文彦・安藤忠雄の三名になります。その「プリツカー賞」を2008年に受賞したのが、ガラスの建築を手掛けているフランスの建築家「ジャン・ヌーヴェル」なんです。

    

「カルティエ現代美術財団」で1994年竣工の建物です。カルティエが現代美術の作家たちを支援していくための施設のようです。美術館も兼ねているので、当日も多くの来館者が訪れていて長い行列ができていました。

    

ガラスの壁を道側に設けることによって、建物の気配を消しています。なので、とても写真を撮りにくい建物でもあります。

    

ガラスの壁の内側に、建物が建っています。まあ、こちらの建物も全面ガラスなのですが。。。

    

想像してたより、小さな建物でした。。。
コメント (45)   トラックバック (1)

古民家改修その11

2009年02月20日 22時17分20秒 | 仕事
今日は、丸亀市飯山町での古民家改修の現場の新築部分の棟上げでした。雨の予報だったものの、なんとか持ちこたえて無事、棟をあげることが出来ました。

    

梁の一部には、解体した納屋の梁を使用しました。良質な部材をそのまま廃棄してしまうのはしなびないとの施主の願いを取り入れました。

    

棟も、梁材を再利用しました。

    

無事、建物も組上がり、上棟式です。

            

式終了後は、施主さん大工さんと一緒に記念撮影です(^^)v

    

建物も形を現してきました、いよいよですね~。
コメント

サヴォア邸(フランス)

2009年02月19日 21時12分42秒 | 旅先にて
『サヴォア邸』は、パリ郊外のポワッシーに建っています。ル・コルビュジェの最高傑作の一つとも言われています。

    

建物は、1931年に完成しているから、約80年くらい前の建物なのですが、贅肉をそぎ落としたシンプルな姿は、現代においてもその輝きは失ってはいないですね。いや、ますます輝いているかもしれません。

    

ル・コルビュジエ(1887-1965)は、スイスで生まれで、フランスで主に活躍した建築家です。フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に近代建築の三大巨匠と呼ばれるています。

1928年から始まった、CIAM(近代建築国際会議)では、中心メンバーとして活躍していました。

そのころ、コルビュジェは、近代建築の5原則を提唱していました。

  1.ピロティ 2.屋上庭園 3.自由な平面
  4.水平連続窓 5.自由な立面

この5原則を、完全な形で体現したのがこの『サヴォア邸』です。

            

            

いやはや、なんとも形容しがたいほどの感銘を受けてきました。ほんと素晴らしい建物ですね。

    

おさかなも頑張って、感動を与えられる建物をつくっていきたいです。ほんともっともっと頑張らねばと思いましたよ。。。

コメント (6)   トラックバック (1)

フランスの旅報告会

2009年02月18日 23時27分37秒 | 旅先にて
今日は、珈琲倶楽部のマスターが、パリの報告会をセッティングしていただいて。フランスで撮ってきた写真を中心に、フランスで感じたことを話してきました。

その中で紹介した写真の一部です。

    

左上が、地下鉄の駅ホームです。左下が地下鉄入口です。パリの地下鉄は結構古くから整備されていたそうで、かなり老朽化していましたよ。パリの地下鉄は、改札は機械で行い、チケットを通すとゲートが開くシステムなのですが、駅から出る際には、チケットを通す必要はありません。定額制だからなのでしょうが。少し戸惑いましたよ。

中下の写真が、地下鉄の車両です。扉は手動で開けます。ボタンを押すタイプやノブを回すタイプなど、何パターンかありました。

右上の写真が、電話BOXです。日本では、あまり見かけなくなりましたが、パリの街には、結構たくさんありました。ガラス張りでお洒落なBOXでした。

右下の、緑色のBOXは、ビンの回収BOXでした。けっこういたるところに設置されていました。

コメント (4)

写真整理

2009年02月17日 23時16分43秒 | 日記・雑談
今回のフランス旅行では、1000枚くらい写真撮って来ました。デジカメだとついつい沢山とってしまうんだよね。っで、帰国してからいろいろと整理したところ、約430枚くらいが、保存版として残りました。それをA4サイズにコラージュしていったところ、約50枚くらいになりました。その表紙が下の画像です。

    

ちょっとした写真集になっちゃいましたよ。あらためていっぱい歩き回ったんだな~って実感しましたよ。

おさかな事務所に来ていただければ、いつでもお見せすることが出来ますよ~(^^)v

コメント (3)   トラックバック (1)

オルセー美術館(フランスパリ)

2009年02月16日 23時43分59秒 | 旅先にて
オルセー美術館は、ルーブル美術館とロイヤル橋を挟んだセーヌ川対岸に位置しています。もともと1900年に開催された「パリ万国博覧会」のオルセー駅の駅舎兼ホテルだった建物を美術館として利用しています。

    

美術館入り口近くには、六体のブロンズ像が。。。結構存在感があります。

    

もと駅舎だけあって、とても大きな空間になっています。

            

大きな時計も印象的です。

    

この美術館には、ミレーの「落ち穂拾い」やマネの「オランピア」やゴッホの「自画像」など有名な美術品が沢山展示されています。そうそう「ヴィーナスの誕生」もあります。

    

っが、閉館間際に入館したため、どれも見れませんでした(^^;; 建物の写真撮っただけです~  ここもリベンジしなきゃですよね

コメント (2)

ルーブル美術館(フランスパリ)

2009年02月15日 18時37分48秒 | 旅先にて
オペラ座から南方向へ歩いて行った先に「ルーブル美術館」が建っています。ルーブル宮殿の大部分を美術館に利用しています。アメリカのメトロポリタン美術館と並んで世界最大級の美術館でもあります。

    

パリのセーヌ河岸とカテゴリーで世界遺産にも登録されています。

    

ミッテラン大統領の時代に、地下に大規模な増築を行い、その際に有名なガラスのピラミッドがつくられました。設計はアメリカのI・M・ペイによって手がけられています。

    

膨大な美術品が展示されており、見て廻るには一日あっても足りないほどの量なのですが、今回は超短時間の見学で、ガイドさんの案内によって主要なものしか見て廻れませんでした。

    

「民衆を導く自由の女神」です。これは大昔、ジグソーパズルで作成したのを思い出しました。

    

もと宮殿だけあって、建物も見ごたえありますよ。天井画も素晴らしいです。

            

やっぱ、これは見ておかないとね。「モナリザ」です。

    

「ナポレオンの戴冠」です。これも有名な絵ですよね。

            

「ミロのビーナス」です。

    

「スフィンクス」もいました。

    

地下工事を行ったときに、昔の城壁が出てきたそうです。それをそのまま利用して展示を行っています。

もっともっと見たいものはあったのですが。。。また次回にとっておきます(^^)v

コメント (2)

ホテル・アンバサダー

2009年02月14日 20時35分41秒 | 旅先にて
今回のフランスの旅の拠点となったパリの「ホテル・アンバサダー」です。

    

ギャラリー・ラファイエットやプランタン等の百貨店がある通りにあって、オペラ座の東の方に位置している、とても便利な場所にあるホテルです。

    

ロビーの周辺です。ヨーロッパのホテルは天井が高くて気持ちがいいですよね。

            

エレベーターです。パリの街を巡って気がついたのですが、エレベーターやエスカレーターは、ほとんどが「OTIS」でしたね。流石老舗というところでしょうか。日本だと「三菱」が多いのですが。。。

    

バー及びロビー周辺です。重厚感のある空間となっています。

    

ホテルでの食事は、朝食バイキングだけでした。モブログでも紹介しましたが、パン、チーズ、ヨーグルト、ハム等がメインとなっていました。チーズも種類が豊富で美味しかったですよ(^^)v

    

コメント