67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

レインボウの語源って?

2017-01-10 05:02:50 | jazz & vocal

 連休中は中日が雨だったですよね。関東は大雪が降ったようですが、こっちも夕方まで雨模様。やっと夕暮れになって青空が一部覗く感じでした。DR.Kが自転車のプロショップ"Y's Road"に連れて言ってほしいと要請があり、久しぶりに松山に行ってきました。その帰路、雨上がりの国道33号を高知方面に走っている途中、久しぶりに虹を見ました。虹って、どうしてレインボウなんだろう?って素朴な疑問が突如湧いてきて、rainは雨に間違い無いんだろうけど、果たしてbowって?・・・。動詞なら「お辞儀をする」が頭に浮かび「雨がお辞儀をする」なんて漠然と考え、納得していたのですが、隣にのっていた末っ子のUちゃんが「弓」じゃないというのです。「あっ、そうか」とはたと膝を打ちました。違いないと感じてweblio先生に聞いてみるとやっぱり「弓」でした。

Bass On Top/Paul Chambers (Blue Note 1569, jp reissue)

 そういえば、bowingというのがJAZZのベース奏者の演奏法として知られていますよね。ジャズベースではコントラバスの弦を指で弾くピチカート奏法が主体ですが、バイオリンやチェロと同じように弓でゴキゴキと弾く奏法のことをボーイングと言いますよね。bowingといえばPaul Chambersです。ブルーノートの”Bass On Top"は全編にわたってチェンバースのbassがfeatureされる超有名盤ですよね。説明の必要はありませんが、カルテット編成でKenny Burrell(g), Hank Jones(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds)という安心して聴ける手堅いメンバーです。なかでも、バレルのブルージーギターは彼のリーダー盤に劣らない出来で素晴らしいですね。

 やっと正月、成人の日の連休が終わり、仕事も通常モードに戻りますが、今週いっぱい起動にかかりそうな感じです。年末年始、連休と食い過ぎ、体重オーバーですのでこの辺りから立て直しが必要な感じです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年末大活躍のインドネシア製テキサン

2017-01-05 00:20:46 | アコギ

 昨年末はこのセットが大活躍しました。職場でのちょっとしたライブには絶大な力を発揮してくれました。弾き語りアコギストの定番ROLANDのAC60は従来通りでナチュラルnアコギサウンドを奏でてくれます。今回の目玉は、このEpiphone Texanです。と言ってもポールが使っていたオリジナルのテキサンではありません。オリジナルを模倣したエレアコモデルで、名称は「Epiphone Inspired by 1964 Texan」と言いインドネシア製です。

 外観はオリジナルのテキサンを踏襲しており、「25.5インチ」のロングスケールの採用、ネックは薄めの「1960's SlimTaper」シェイプでとても握り易い感じです。スモール・クリーム・ボタンペグや、指板のパラレログラム・インレイ、ピックガードロゴなどビートルズファンには嬉しいルックスです。なんと税込37800円は財布にも優しい価格です。このギターは昨年夏にこのルックスに惚れて購入したのですが、弦高が高く、いまいち弾きにくいと感じていました。でも、エレアコ仕様はやはり嬉しいものです。ピックアップはシャドー・ソニックを搭載しておりコントローラーもサウンドホール内に設けられておりオリジナルの外観を損なうことは微塵もありません。一応、トップ(スプルース)、そしてバック(マホガニー)と単板使用ですので生音もそれなりに出ますが、エレアコでの使用に割り切れば十分に満足できます。ビンテージギターをピックアップ加工するのは、いまいち気が引けますし、そうかっと言ってサウンドホールにフィッシュマンを搭載するのもいちいち面倒くさく、エンドピンジャックにブスッと刺すだけでライブに耐えられるのは便利です。生音にこだわらなければこの価格ならまあ満足というところです。

 この高い弦高のまま、ライブに使用したのですが、やっぱり弾きにくく、オーパスで年末にブリッジを加工してもらい弦高を下げました。今や12フレットで6弦側で21mm、1弦側で19mmに下がり、めちゃくちゃ扱いやすくなりました。これでブラックバードなんかやると、まさに気分です!これからも事あるごとに、駆り出してやろうとおもっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンダースのマッドガード

2017-01-03 06:16:04 | ファッション

Steve McQueenといえば, 60年代から70年代にかけて映画ファンだった自分にとっては忘れられない存在です。当時は、ビデオもDVDもネット配信もない時代でしたので劇場に足を運ぶか、たまたま◯曜ロードショーでTV放送されたものを運良くTVで観るぐらいしかこのナイスガイに遭遇するチャンスはありませんでしたね。そういう時代でしたから、自分も彼の出演作を見ているわけではありません。でも「大脱走」でのバイクを乗り回すシーンや、「ブリット」でのフリスコの街を飛び跳ねながらカーチェイスするシーンは脳裏にはっきり残っています。彼のファッションは今でも色あせない永遠のアメカジスタイルとして、ファンの中でも知られていますよね。「大脱走」での半袖スウェットシャツ&カーキパンツや「ブリット」でのツイードジャケット、タートル、マッドガードなど、思い起こせばキリがありません。

 昨年、手に入れたサンダース(SANDERS)のマッドガードの話です。トップ画像でマックィーンが履いているものにかなり近いと評判のスエードチャッカです。英国のサンダース社が発売するものでこのブリットのマックィーンが履いているものにかなり似かよっています。色はスナッフと言われる焦げ茶色です。マッドガードは雨の多い英国でも大丈夫なように分厚いラバーソウルがつけられており身長を伸ばす効果もあり、米国人としては決して高身長でなかったマックィーンにとっては好都合だったのかもしれませんね。自分もこのおかげで180cmに限りなく近くことができました。履き心地も抜群です。それなりに高価ですが、スエードでカジュアルはもちろん、少しドレッシーな状況でもうまくハマり重宝します。サイズはやや注意が必要です、というか元々、ヨーロッバサイズってよくわかりません。お店によって日本のcm表示と微妙にズレがあります。自分はラッセルモカシンなら8-8H、パラブーツ8, レッドウイング8-8H, NB8H-9ですがサンダースでは7Hでした。やや大きめのサイズ設定かと思います。もし購入なら、履いて見てcheckしておく方が無難ですね。この冬、大活躍の1足です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっちゃった!IQOS ブレード破損

2017-01-02 03:51:23 | Weblog

 話には聞いていましたが、やっちゃいました。IQOSの加熱プレード破損です。発生時間は、なんと12月28日の午後10:20です。10月から使用していましたが、同僚が同じように折れてしまい登録していたので電話でチョチョイのちょいでしたという逸話をい聞いていたので2週間前に登録を済ませたところでした。電話の受付時間は終わったばかり。年末にかかるし「もう正月明けだろう」と諦めていました。さらにネットで交換保証について調べていたら、電話はなかなか繋がらないとネットに記載されていましたので「とほほ、交換はいつのことやら」と暗雲が立ち込めます。メールからでも交換保証を受けられるのですがいつになるかわからないし、意を決して29日朝8:00、カスタマーセンターが開いた瞬間に電話してみました。なんと、すんなりと繋がり、親切にも年内に無料保障で新品のホルダーを送ってくれるといいます。結構、サービスいいのですね。斜陽のタバコ産業の救世主?(そんなものはねぇ!とお叱りを受けそうですが・・・)らしい対応ですね。

 でもって、大晦日の夕方6:00、指定していた時間にクロネコおじさんが配達して下さいました。こんなパッケージで送られて来ます。壊れたホルダーを変装する義務が課せられており、その場で開封して返送することもできるのですが、万一不良品が送られて来ていたらあとの祭りの可能性もありますので一旦受け取って開封、試してから返送と考え屋内に取り込み開封しました。

 開封するとこんな感じです。納品書と新品ホルダーが箱に入って梱包されていました。この箱が、よくできていて着払い伝票もしっかり貼り付けられており返送品を入れて箱を組み立てればそのまま送り返せる仕組みです。なんて、用意周到なんだろうというのが感想です。要するに、それだけ壊れるってことですよね。まあ一回は無料対応なので、注意して使うことですね。皆さん、登録だけはきちんとしておきましょう!!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初日の出&初詣

2017-01-01 19:25:04 | Weblog

 2016年大晦日も紅白を見ながら寝込んでしまい、気がついたら年が明けておりました。皆様、明けましておめでとうございます。今年は日の出にあわせて、朝のWalkingに行ってきました。山の向こうが初日で照らされて黄色に変わっていくところです。海は外気との温度差で湯気が立つような早朝の寒さです。対岸の工場にゆるキャラ1位の「しんじょうくん」が辛うじて確認できますでしょうか?・・・。私ごとで恐縮ですが、さる6月には、体重が自己最高の78KGを超えてしまい、着る服がかなり制約を受けるようになり、ひとつ間違えば80KGの大台が近くなったので、Walkingをはじめた次第です。

 急がず約6ヶ月で70KGを切るところまで来たのですが、年末年始のご馳走の誘惑で早速71KGを超えています。dietは本当に難しいです。簡単に体重は戻るのですが・・・・。最近は、細身のファッションが全盛で体重管理には気を使いますね。とはいえ、根っからの食いしん坊にとってはキツイです(笑)。

 午後からは、墓参りも済まし、初詣に出向きました。今まで、行ったことのなかった国の重要文化財・土佐神社に参拝して来ました。さすが、長曾我部ゆかりの立派な神社でした。ポピュラーの潮江天満宮よりは静かで荘厳な印象です。結構気に入りましたって、いつから高知に住んでるって感じです(爆)。しなね様として知られる神社ですよね。高知にもまだまだいっぱい知らないところがありますね。またゆっくりと訪ねて見たいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加