おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

大引割【高知県仁淀川町】

2020年08月04日 18時50分00秒 | 建物
 天然記念物の大引割・小引割を見てきました。地面にできた亀裂なのですが、有史以前の大地震でできたという説がゆうりょくなのですが、地殻変動だという説もあるようです。じっさい、まさしく亀裂でした。覗き込みましたが、底はわかりませんでしたが、約30mあるそうです。

天狗荘から歩いたのですが、途中、天狗の森と黒滝山を通るコースを選択しました。新型肺炎蔓延のため、活動自粛してたので、今年初の山歩きでしたが、体が鈍ってて、それはそれはきつい山歩きでした。普段だと全然大丈夫なコースなのですが、途中、ヒメシャラ並木があったりして、なかなか雰囲気の良いコースでした。

コメント

アマゴの塩焼き

2020年08月03日 22時01分00秒 | 建物
久し振りにアマゴの塩焼きいただきました。やっぱ、美味しいね〜



川魚ではアマゴが一番好きかも(^^)

コメント

旧開智学校校舎【長野県松本市】

2020年08月02日 22時14分31秒 | 建物
 長野県松本市に建つ『旧開智学校校舎』は、明治9年(1876)に建てられた疑似洋風建築の学舎です。設計は地元の大工棟梁・立石清重です。建物中央の八角形の塔屋が印象的な建物です。外壁は漆喰塗りで屋根は桟瓦葺きです。令和元年9月30日に国宝に指定されています。

コメント

松下村塾【山口県萩市】

2020年07月26日 22時12分38秒 | 建物
 山口県萩市の松陰神社の境内にある『松下村塾』です。木造瓦葺き平屋建ての小さな建物ですが、吉田松陰が長州藩士を指導していた当時の塾舎です。



 建物は国の史跡に指定されています。また世界遺産の『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の構成遺産の一つに加えられています。
 松陰が指導した期間は1年余りの短い期間でしたが、その影響力が明治維新の原動力の一つになっていました。「松下村塾の四天王」として称されるのは、高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一です。また、幕末を生き延び、明治政府で活躍した人たちとして、伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、松本鼎、岡部富太郎、正木退蔵らがあげられます。そうそうたるメンバーです。
コメント

笠島【香川県丸亀市】

2020年07月24日 22時20分24秒 | 建物
 香川県唯一の伝建地区『笠島』は、丸亀市沖に浮かぶ本島の中にある集落です。中世に塩飽水軍の本拠である笠島城の成立とともに形成された城下町をベースに、江戸初期は廻船業、以降は漁村・港町として発展した街です。


 近代においては離島ということもあって、高度経済成長からは取り残された町となったことで、歴史的建造物が建ち並ぶ街並みが今も残っています。現在は、住人の高齢化が進み、維持管理が厳しい状況となっているようです。見どころたっぷりの町並みなので、是非足を運んでもらいたい場所の一つです。
コメント

旧西村山郡役所【山形県寒河江市】

2020年07月23日 22時49分10秒 | 建物
 山形県寒河江市の「寒河江市郷土館」です。明治11年(1878)に「西村山郡役所」として建てられたものです。対象15年(1926)には郡役所としての役目は廃止され、その後は寒河江町役場などにも使われていました。昭和53年(1978)に山形県有形文化財に指定されています。現存する洋風建築としては、山形県内で最も古いものです。


 
コメント

旧帝国奈良博物館本館【奈良県奈良市】

2020年07月21日 23時02分45秒 | 建物
 奈良公園内に建っている奈良国立博物館の「なら仏像館」です。飛鳥時代から鎌倉時代にいたる日本の仏像を中心に、国宝・重要文化財を含む常時100体近くの仏像を展示しています。この建物は、もともと明治27年(1894)に完成した「帝国奈良博物館本館」です。設計は、宮内省内匠寮技師であった片山東熊(かたやまとうくま)です。奈良で最初に建てられた本格的洋風建築です。


 昭和44年(1969)に重要文化財に指定されています。
コメント

姫路城【兵庫県姫路市】

2020年07月16日 23時17分40秒 | 建物
 姫路城は当ブログでは何度も登場してますが、この角度から見る姫路城好きで、再登場させていただきました。


 今年の2月に京都に出かけてから、もう半年が経とうとしてますが、四国から外に出てません。。。いつになったら、日常に戻るのですかね~
コメント

小坂鉄道レールパーク【秋田県小坂町】

2020年07月13日 22時37分50秒 | 建物
 『小坂鉄道レールパーク』は、平成21年(2009年)に廃線となった、小坂製錬小坂線(通称小坂鉄道)の貨物駅です。小坂鉄道の拠点となっていた駅で、駅構内には機関区、コンテナホーム1面1線、濃硫酸貯蔵タンクおよび濃硫酸荷役線がありました。駅舎とプラットホームは、「旧小坂鉄道小坂駅本屋及びプラットホーム」として平成27年(2015年)に国の有形文化財に登録されています。駅舎は明治42年(1909年)に建築されています。明治・大正・昭和中期頃までは、インフラ整備といえば、圧倒的に鉄道網整備の比重が圧倒的に大きなウェートを占めていました、小坂鉱山の発展の一端は、小坂鉄道による部分も大きかったのだろうと思います。


 さてさて、パーク内にはブルートレイン「あけぼの」が停車しています。宿泊施設としても活用しているようです。完全個室のサンライズは、ちょくちょく利用してましたが、ブルートレインはあまり利用したことがないです。若かったころはどこでも寝れましたが、今だとカーテンだけだと、やっぱ落ち着かないですよね。


 旅愁は断然こっちの方がありますけど。。。

コメント

天使館(旧聖園マリア園)【秋田県小坂町】

2020年07月12日 21時45分35秒 | 建物
 「天使館(旧聖園マリア園)」は、昭和7年(1932年)に小坂鉱山の協力を得た「聖心愛子会」が鉱山従業員の子どもたちの保育を目的として設置した幼児教育施設です。木造平屋建てで、白いドイツ下見の外観は、いかにもキリスト教系の保育園らしい姿をしています。小坂鉱山事務所や康楽館と比べると小さな建物ですが、存在感のある建物でした。


 平成15年(2003年)に国の有形文化財に登録されています。
コメント

小坂鉱山事務所【秋田県小坂町】

2020年07月11日 21時07分16秒 | 建物
 昨日ブログで書いた『康楽館』を所有していた合名会社藤田組の小坂鉱山事務所です。ルネッサンス風の漆喰壁面で構成された外観で、明治38年(1905年)に建てられました。口字型平面構成の木造3階建ての建物です。平成9年(1997年)まで事務所として使用されていましたが、小坂製錬の工場増築に伴い解体され、建物は小坂町に無償譲渡されました。平成13年(2001年)、小坂町の明治百年通り構想によって、旧小坂鉱山病院跡地に移築復元されました。現在は観光施設として生まれ変わっています。


 明治後期における建築技術者の洋風建築設計技術の習得度を測る上で重要であるとして、平成14年(2002年)に重要文化財に指定されています。また、近代化産業遺産にも選ばれています。
コメント

康楽館【秋田県小坂町】

2020年07月10日 22時56分45秒 | 建物
 秋田県鹿角郡小坂町の『康楽館』です。現在も芝居小屋として利用されている、明治43年に建てられた重要文化財の建物です。香川県琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座)や兵庫県豊岡市出石の永楽館とともに、日本最古級の劇場の一つとして知られています。


 小坂町は、小坂鉱山の隆盛によって、一時期は東北屈指の町として大いに賑わっていました。『康楽館』は小坂鉱山の厚生施設として誕生した建物です。昭和40年代になって、カラーTVの普及と建物の老朽化によって、一般興行が中止となったものの、昭和末期の昭和61年に秋田県指定有形文化財に指定されたことにより再開館しました。平成14年には国の重要文化財に指定されて現在に至っています。
 設計者は小坂鉱山工作課営繕掛長の山本辰之助、施工者は小坂鉱山を経営していた合名会社藤田組です。移築や復元が行われていない、現在も利用されている和洋折衷の木造芝居小屋として現存日本最古の建物になります。
 建物の規模は、正面28.2m、側面38.2m、木造一部2階建,妻入りの切妻造、屋根は銅板葺(建築当初は杉板葺)となっています。白色のイギリス下見板張りの外壁がとても印象的で存在感を際立たせています。
コメント

教王護国寺五重塔【京都市南区】

2020年07月06日 23時29分08秒 | 建物
 京都駅の南西部に位置する教王護国寺は通称「東寺」と呼ばれる、東寺真言宗の総本山の寺院です。創建は延暦15年(796年)で、開基は桓武天皇、本尊は薬師如来です。平安京鎮護のための官寺として建立された後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えました。平安後期に一時衰退しましたが、鎌倉時代に入り弘法大師信仰が高まると、皇族から庶民まで広く信仰を集めるようになりました。中世以後は、宇多天皇・後醍醐天皇・足利尊氏など、多くの為政者の援助を受けて栄えていました。文明18年(1486年)の火災で主要堂塔のほとんどを失いましたが、豊臣家・徳川家などの援助によって、金堂・五重塔などが再建されています。


 建造物の多くが、国宝や重要文化財に指定されている文化財宝庫の寺院です。上の写真の五重塔も国宝に指定されている建物です。高さは54.8mで、木造塔としては日本一の高さです。現在の塔は5代目にあたり、寛永20年(1643年)に徳川家光の寄進により建てられました。
明治30年(1897年)12月28日に重要文化財に指定され、昭和27年(1952年)に国宝に指定されています。
コメント

岡山城【岡山県岡山市】

2020年06月06日 23時07分42秒 | 建物
 国の史跡に指定されている『岡山城』です。天守は昭和41年に竣工した再建天守になります。黒漆喰塗りの壁が印象的で烏城(うじょう)とも呼ばれています。藩主は江戸期を通じて池田家になります。


【岡山城 カメラ:Lumix DMC-GX7MK2】

コメント

きりたんぽ

2020年05月14日 22時54分35秒 | 建物
 秋田名物の「きりたんぽ」。食べたことはあるのですが、本場の地で食べたことがまだありません。一度でもいいから、本場で食べてみたいな~って思ってます。
 ここんとこ、夜の外食が、世の中の自粛機運で出来ないから、余計にそう思っちゃうのかもしれないです。


 上の写真は、通販サイトで見つけた「比内地鶏を使ったきりたんぽ」、まあまあ、いい値段です。。。
コメント