おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

常徳寺円通殿

2021年10月08日 23時27分42秒 | 建物
 三豊市仁尾町に建つ常徳寺円通殿です。常徳寺は、南北朝末期の明徳2年(1391)頃の創建と伝えられています。本尊が安置されている円通殿は、応永8年(1401)年の建立です。構造形式は、桁行三間、梁間三間、平屋入母屋造り、本瓦葺きの禅宗様式仏堂です。昭和30年6月22日(1955)に国の重要文化財に指定されています。


常徳寺円通殿 2021年2月4日撮影(LUMIX:DMC-GX7MK2)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金剛福寺

2021年10月07日 22時53分21秒 | 建物
足摺岬の先端に位置する『金剛福寺』です。四国八十八か所霊場の第38番札所になります。第37番札所から約80kmあり、四国霊場の札所間では最長距離になります。この角度から見る本堂が好きです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸予要塞 中部砲台跡

2021年09月27日 23時10分44秒 | 建物
来島海峡に浮かぶ小島には、大日本帝国がロシア海軍の侵攻を防ぐために築いた芸予要塞と呼ばれる海岸要塞があります。明治32年(1899)から2年間の突貫工事で整備されました。砲台や赤煉瓦の兵舎、火薬庫などが作られ、今も当時のまま残っている貴重な遺跡です。
どことなく、ラピュタの一場面に迷いいこんだ気がしました。雰囲気がある遺跡でした。今治方面に行かれた際には、足を運んでみるのもよいですよ。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飛騨国分寺

2021年09月22日 23時29分32秒 | 建物
飛騨国分寺は、岐阜県高山市にある高野山真言宗の寺院です。その名の通り、天平13年(741)に、聖武天皇の詔によって、全国に建立された国分寺の一つです。本堂は重要文化財に指定されていて、三重塔は岐阜県指定重要文化財です。推定樹齢1250年の大イチョウは、国の天然記念物に指定されています。


国分寺三重塔 おさかな@LUMIX DMC-GX7MK2


国分寺本堂 おさかな@LUMIX DMC-GX7MK2


大イチョウ おさかな@LUMIX DMC-GX7MK2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天龍寺大方丈と曹源池

2021年09月17日 23時00分23秒 | 建物
 京都市右京区の天竜寺の大方丈と曹源池です。天龍寺は、臨済宗天龍寺派の大本山です。開基は足利尊氏で、開山は夢窓疎石です。本尊は薬師如来。世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つです。広大な庭園があって、特別名勝および史跡の指定を受けています。下の写真の大方丈前の部分は、その中心部あたりに位置します。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧新橋停車場

2021年09月08日 23時38分03秒 | 建物
明治5年(1872)に日本初の鉄道が開通しました。区間は新橋~横浜間でした。その当時の新橋停車場は、現在の新橋駅から、汐留方面に350m程先の位置だったそうです。平成15年(2003)に、その鉄道遺産を復元したのが、『旧新橋停車場』です。汐留のオフィス街の高層ビルに囲まれた部分に建っています。




今は新型コロナウイルスの感染拡大により、首都圏に出かけることが出来ませんが、自由に移動できる時が来ましたら、出かけてみてくださいね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊勢神宮外宮

2021年09月07日 22時51分57秒 | 建物
以前に伊勢神宮外宮を参拝したときに撮影した一枚です。雨上がりの神社は、なんか雰囲気があるというか、神々しい感じがします。建物は、たぶん風宮だったと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

観心寺金堂

2021年08月29日 23時19分49秒 | 建物
大阪府河内長野市にある観心寺は、高野山真言宗の寺院です。山号は檜尾山、寺格は遺跡本山になります。本尊は如意輪観音で国宝に指定されています。寺伝によると、創建は役小角によって大宝元年(701)になります。創建時は雲心寺と称していました。弘仁6年(815)に空海により観心寺の寺号が与えられて、以後、観心寺と称しています。文化財に指定されている建物は多くありますが、中でも金堂は国宝に指定されています。南北朝時代の正平年間(1346 - 1370)の建立になります。建物規模は桁行七間、梁間七間で、入母屋造本瓦葺きとなっています。和様と禅宗様の要素が混淆した折衷様仏堂の代表例でもあります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米子市公会堂

2021年08月19日 23時38分31秒 | 建物
鳥取県米子市の『米子市公会堂』です。昭和33年(1958)に竣工した、村野東吾の設計によるモダニズム建築です。平成10年(1998)に公共建築百選に選定されています。昭和55年(1980)に大改修が行われ、平成24年(2012)には耐震改修が施されています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岡山後楽園

2021年08月01日 21時47分17秒 | 建物
毎日、暑い日が続きますね。下の写真は、岡山後楽園の「流店」です。建物中央部に水路が通っている、とても珍しい建物です。いうなれば川床みたいな感じですかね。暑くても、水の流れがあれば涼しくなりますから。先人のエコな発想はとても素晴らしい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のほまれ

2021年06月24日 23時33分00秒 | 建物
今日のほまれです。何かをたくらんでる姿です。さて、何をするのかな。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹羽池野3

2021年06月23日 23時01分23秒 | 建物
※おさかなの旅・アーカイブ(2005年6月11日)
博物館明治村では数多くの歴史的建造物が移築保存されているのですが、以下の建物が重要文化財に指定されています。
①西郷従道邸:フランス人建築家レスカスによるものとされる、西郷従道の邸宅の接客用の洋館。明治10年代に建設。
②聖ヨハネ教会堂:宣教師でもあるアメリカ人建築家ガーディナーの建築。日本聖公会京都五条教会として明治40年(1907)に建てられた。
③品川灯台:フランス人技師レオンス・ヴェルニーらの設計。明治3年点灯。
④菅島燈台附属官舎:イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンらの設計。明治6年建設。
⑤札幌電話交換局:防火の観点から札幌軟石を用いた石造で建てられている。明治31年(1898)建設。
⑥呉服座:明治25年(1892)に大阪府池田市に建設された。木造二階建杉皮葺き。
⑦三重県庁舎:明治12年(1879)の建築。設計は清水義八。
⑧東山梨郡役所:東山梨郡役所として明治18年(1885)に日下部村小原西(現山梨市)に建設された。
⑨宇治山田郵便局:明治42年(1909)建設。木造平屋建銅板葺。設計は当時の逓信省の技師白石円治。
⑩東松家住宅:明治34年(1901)の建築。木造三階建。
⑪旧西園寺家興津別邸(坐漁荘):大正8年(1919)建築


博物館明治村 西郷従道邸|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 聖ヨハネ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 品川灯台|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 菅島燈台附属官舎|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 札幌電話交換局|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 呉服座|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 三重県庁舎|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 東山梨郡役所|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 宇治山田郵便局|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 東松家住宅|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 旧西園寺家興津別邸(坐漁荘)|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)

▶博物館明治村
住所: 愛知県犬山市字内山1

▶丹羽郡池野村
①発  足|1890年|明治23年10月6日|丹羽郡池野村(にわぐんいけのむら)
②新設合併|1954年|昭和29年4月1日|犬山市(いぬやまし)
▷丹羽郡犬山町・城東村・池野村・羽黒村・楽田村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹羽池野2

2021年06月22日 23時11分36秒 | 建物
※おさかなの旅・アーカイブ(2005年6月11日)
 長崎県には明治期に建てられた教会が数多く現存しています。現存してる教会は、ゴシック様式を取り入れた折衷の建物が多いのですが、明治村に移築されている「大明寺聖パウロ教会堂」は、外観が農家の納屋っぽい姿をしています。もともとは長崎湾に浮かぶ伊王島に建っていた教会で、明治12年頃(1879)に竣工したものです。国宝に指定されている長崎市に建てられた最初の教会である大浦天主堂が元治元年(1864)建築となっています。
 教会内部は中央身廊と左右側廊からなる三廊式となっています。中央身廊の天井は傘の骨のように組み合わされたリブヴォールトが印象的です。また左右側廊は竿縁天井がヴォールト天井となっていて、驚いたことを思い出しました。


博物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


物館明治村 大明寺聖パウロ教会堂|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)

▶博物館明治村
住所: 愛知県犬山市字内山1

▶丹羽郡池野村
①発  足|1890年|明治23年10月6日|丹羽郡池野村(にわぐんいけのむら)
②新設合併|1954年|昭和29年4月1日|犬山市(いぬやまし)
▷丹羽郡犬山町・城東村・池野村・羽黒村・楽田村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丹羽池野1

2021年06月17日 23時06分17秒 | 建物
※おさかなの旅・アーカイブ(2005年6月11日)
 帝国ホテルは、大正12年(1923)に完成したホテルです。設計はアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトです。皇居を正面にして建てられて、中心軸上に玄関、大食堂、劇場などの公共部分を配置、その左右に客室を配置する空間構成となっていました。関東大震災や東京大空襲にも耐え、使用されていましたが、日本万国博覧会に合わせて、客室を大幅に増やした新館に建て替えることとなり、昭和42年にライト館は閉鎖され翌年間の春ごろまでに取り壊されました。そのライト館の玄関部分が博物館明治村に移築再現されています。玄関部分のみですが、建物の特色をよく残していて、かなり見ごたえがあります。


博物館明治村 帝国ホテル中央玄関|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 帝国ホテル中央玄関|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)


博物館明治村 帝国ホテル中央玄関|2005年6月11日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)

▶博物館明治村
住所: 愛知県犬山市字内山1

▶丹羽郡池野村
①発  足|1890年|明治23年10月6日|丹羽郡池野村(にわぐんいけのむら)
②新設合併|1954年|昭和29年4月1日|犬山市(いぬやまし)
▷丹羽郡犬山町・城東村・池野村・羽黒村・楽田村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛知名古屋3

2021年06月13日 21時59分46秒 | 建物
※おさかなの旅・アーカイブ(2005年6月9日)
 名古屋市役所本庁舎は、平成26年(2014)に重油文化財に指定されています。昭和8年(1933)に竣工しています。昭和天皇即位の記念事業として建設されたもので、公募によってえらばれた平林金吾の設計を基本に建てられています。同じく重要文化財に指定されている愛知県庁舎本館と同じように帝冠様式の建物ですが、尖塔のように伸びてる塔屋があることで、洋館寄りの佇まいになっているような気がします。


名古屋市役所本庁舎|2005年6月9日おさかな撮影(Canon EOS Kiss Digital N)

▶名古屋市役所
住所: 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1-1

▶名古屋市の変遷
①郡区町村編制法|1878年|明治11年12月20日|名古屋区(なごやく)
②市制施行|1889年|明治22年10月1日|名古屋市(なごやし)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする