JAZZを聴きながら ふたたび

再開の期を逃しておりましたが、酔っぱらい親父は未だJAZZを聴きながら生き長らえております。

老耳はバブの耳

2016年06月29日 | d-f

梅雨の晴れ間が二日ほど続きましたが、昨日はまた梅雨空に逆戻り、今朝はほんの少し日差しも見え・・・・はっきりしない天気が続くのはしかたありません、度重なる九州地方の天災を思えばウダクダ言っていられませんしね。

以前、「バブさんの好きな歌は、暗い歌かスケベな歌しか無いんですか!?」
と言われたお話をしましたっけ
まぁその時は実感も無かったのですが、れいの発掘MDの中にとんでもない物を見つけてしまいました。

 ♪ ヒンヤリと肌にはしる 独り寝のひらひら ひかげのような
   乾きがたまらない 小さな夕立を くださいな 今すぐ ♪

なんと、浅川マキ、山崎ハコ、中山ラビの抜粋曲が詰まった120分MDです。

思えば、MDを一番聴いたのはどのシチュエーションだったかといえば、車の中だったと思います。
それじぅあ、私はこのMDをどんな時に車の中で聴いていたのか?
「・・・・・・?」
少なくとも、家族や彼女?とのドライブの時では無かったと思いますよ。

独り夜道を走っている時?出退勤途中?たまに独りで行った海辺?山の中?
「何があったんだか知らないが、生きていれば良い事もあるって・・・」
誰かにそう言われそうで怖い(笑)
それにしても、何故こんなMDを作ったんでしょ?
って、本人が分からないのを誰かが答えられるはずもありませんね。(笑)

先日
「最近はジャズ以外、何を聴いてるんですか?」
と訊かれましたが、最新のもの(というか、何が最新で何が古いかも理解していません。)と認識して聴いているものは、洋邦問わずまずありませんねぇ。だって、ジャズですら最新アルバムはほぼ持ち合わせておりませんもん。

ドラマやCM、YouTubeなんかでちょっと気になる音楽をチェックしたりする程度?
さりとて「よし、この音楽手に入れるぞ!」てな欲は出なかったりします。
特に邦楽の歌物は、
「何言ってんだかチィーとも分からん。」
これが出ちゃうと完全に年寄りですよね、でも本音です。

「それにしてもバブは昔の歌詞をよく覚えてるよねぇ」
とよく言われます。(単なるジャズだけ聴いている『JAZZ小僧』じゃなかったんだから)
しかし、それは若い耳で聴いていた頃のものはかり
あの頃は、「メロディーも歌詞も一度聴くとそこそこ覚える」という神がかり的若き耳がありましたけど、今は何十回聴いても覚えられない老耳になってしまいました。

話を戻しましょ
「最近はジャズ以外、何を聴いてるんですか?」
の問いに
「そうねぇ・・・暗くなくてスケベじゃ無いのは・・・んとね。」
携帯プレーヤーのラインナップを見ると
「モダーン今夜の『あのフレーズ』、ERO-WRAPPIN'の『Neon Sign Stomp』、dorlis×大西ユカリ×須永辰緒の『メンズキラー☆シスターズ』それにちょっと暗いけど福原希己江の『紅天の女』・・・」
「ハイハイ、もういいです。あのう、その人達、私知らないし、そもそも新しい歌なんですか?それ」
「・・・・・・・・(エ~~ン涙)」

老耳は、独り寂しく何のために録音したのか分からない120分MDを聴いてなさい!

さて、今日の一枚は、その老耳が若耳の頃憧れたエリック・ドルフィーです。

私がドルフィーを初めて聴いたのは、おそらく中三の時、トレーンの「AT THE VILLAGE VANGUARD」か、オリバー・ネルソンの「ブルースの真実」のどちらかだったと思います。
しかし、決定的に私をシビれさせたのは、高一になって聴いた「IN EUROPE Vol.1」のB面「GOD BLESS THE CHILD」でした。
つまり、この渡欧の時の演奏だったというわけです。

当初発売になったのは「IN EUROPE」3枚だけ、ですから、それ以外のアルバムは(今日の一枚も含め)全て後々の発掘盤ということになります。

ところで、このアルバムの録音日が少々気になります。というのも1961年9月25日はまぁいいとして、11月19日です。
上記トレーンの「AT THE VILLAGE VANGUARD」の録音日は1961年11月2,3日、
つまり、一度アメリカに戻って、またヨーロッパに渡ったと・・・
それだけじゃありません。じつをいうと8月にはニューヨークと西ドイツを飛び回ってます。
まっ、結局は、この渡欧は一連では無く、ドルフィーは米と欧を行ったり来たりしていたということですよね。
その間、ブッカー・リトルの死もあったり・・・ドルフィーが一番忙しかった時期である事は明白です。(それでも貧乏でしたが)
さらにトレーンの渡欧と比較してみたりすると・・・・

まぁまぁ、つまり、この時期のドルフィーは、まさに一番油がのっていた時期とも言えるわけで、
「聴くべし!」
であります。

STOCKHOLM SESSIONS / ERIC DOLPHY
1961年9月25日, 11月19日録音
ERIC DOLPHY(as,bcl,fl) IDREES SULIEMAN(tp) KNUD JORGENSEN, RUNE OWFERMAN(p) JIMMY WOODE(b) STURE KALLIN(ds)

1.LOSS
2.SORINO
3.ANN
4.GOD BLESS THE CHILD
5.ALONE
6.GEEWEE
7.DON'T BLAME ME

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禊がなゃイカン!

2016年06月27日 | a-c

昨日今日と梅雨の晴れ間が広がっております。
「こりゃ暑いぞ」と思いきや、不思議と風が心地よい、ぐずついた土曜日より体感温度は低いようです。

「バブさん、高島礼子の旦那、捕まったでしょ、それもラブホでって、酷すぎますよね。高島礼子かわいそ。」
いやぁ、Snちゃんのご意見はごもっともでありますが、所詮夫婦事てぇもんは他人には計り知れないものでございますから、もちろん薬の使用は別としてですがね。
「そりゃまぁねぇ、でもまぁ他人事だし、これで高島礼子から思い悩んで、「ご相談があるの」なんてんで、今晩○○ホテルで逢いたいてな連絡でも来れば、そりぁ真剣に考えるよ。」
「まったくもう!ヤダヤダ」

こんな事を言うと益々反感の嵐でありましょうけどね
我が持論で
『男なんてぇもんは不完全品。完全品の女性にかなうわけも無く、かわいがってもらって生き延びてるようなもんだから』
てぇのがあって、その不完全さをいとおしめと言わんばかり
「みてみろよ、修行を積んだ善光寺の僧侶でさえ、こと女性に対してはああなるのよ、修行も積んでない凡人がそれに逆らう術があろうか」
屁理屈は私の特技です。(笑)

そもそも、浮気をする男なんてぇもんは、愚かな事に「それがどんな結果をもたらすか」なんてぇことを真剣に考えちゃいないんですよ。
目の前にあるものをとりあえずいただく、というか「後は何とかなる今が大事」みたいなスケベスイッチが直ぐにオンされるもんなんであります、アホだから。

いったんスイッチが入ると、アホは金や地位や立場を利用しまくりまっしぐら・・・・・・
「ヤダヤダ」
私だってそう思いますよ。
しかし、たいていの男なんてぇもんは、大なり小なりそんな心を何処かに持ち合わせているという・・・不完全ですから

「あれ?オレ、浮気男を我が事のように擁護してる?」

完全にボロが出そうですから、このへんで反感を受けるお話しは止めにして

  六月の晦日神主いゝはらい

六月の晦日は『夏越の祓』
私みたいな愚か者は、『茅の輪くぐり』でもして禊がなゃいけません。
薬に手ぇ出したお方は別として、そこのあなた、一緒に禊ぎすべきじゃござんせんか?(失礼)

そんなんで(どんなんで?)『料理当番、本日の一品』です。

鰺南蛮ですが、母が辛いのが苦手なもんで、肝心の南蛮がチョウ少ない一品です。そのぶんあり合わせの野菜を多めに漬けました。

こちらは、豚バラの簡単焼き豚です。
醤油に味醂、酒にすり下ろしニンニクで作ったタレに一晩漬けた豚のバラブロックに片栗をちょいとまぶし、フライパンで焼き目を付けたら、電子レンジでチン、最後はラップで包んで余熱仕上げ、という手抜きの一品ですが、甘辛だれでいただくとエエつまみになりまっせ。(笑)

お弁当は変わりなく

さて、今日の一枚は、オーネット・コールマンです。

話をぶり返すようですが、愚か者で不完全な男性でありますが
「子に対する愛はかなりなものがある。これは少しの人間らしさか?救いか?」
なんてね。
オーネットにもそんな愛があったのでしょうねぇ
それにしても10歳の息子にドラムを叩かせアルバムを作るてぇのはいかがなものかと・・・

自分はアルトだけじゃなく、トランペットにバイオリン、ジャケの絵まで描いて、どうせならベースは嫁にやらせるてぇのは考えなかったんでしょうか?(笑)
「チャーリー・へイデン、アンタある意味エライ!」
なんちゃって

さても、アルバムとしてどうか?
評価は難しいですねぇ、10歳のドラムがどうとか言う前に、「オーネットならありなん」としてしまう自分がいたりして
一つだけ言うと、私はオーネットのバイオリンは嫌いです。(笑)

THE EMPTY FOXHOLE / ORNETTE COLEMAN
1966年9月9日録音
ORNETTE COLEMAN(as,tp,vin) CHARLES FADEN(b) ORNETTE DENARDO COLEMAN(ds)

1.GOOD OLD DAYS
2.THE EMPTY FOXHOLE
3.SOUND GRAVITATION
4.FREEWAY EXPRESS
5.FAITHFUL
6.ZIG ZAG


追伸、

昨日ご近所さんにスイカをいただきました。
遅ればせながら、私これが今年の初物でありまして、
「冷蔵庫で冷やしといてね。」
と言ったにもかかわらず、食べてみると何処か線香臭い

  初物が来ると持仏がちんと鳴り

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴミ屋敷への道

2016年06月23日 | p-r

朝から降り続ける雨は「梅雨だからしかたない」と思いつつも、やはり憂鬱な感じがします。

小さい頃、ガラクタをまるで宝石でも集めるかのごとく、大切にお菓子の缶かなんかに取っておいた経験はありませんかねぇ?
空けてみれば、牛乳のフタだったり、石ころだったり、ビー玉だったり、壊れた電子部品だったり・・・・
私なんざぁその傾向が今でも残っているみたいで
「オイオイ、いずれおまえの家もゴミ屋敷か?」
たしかに心配です。(笑)

「バブ、おまえ写真を良く撮るみたいだからこれやるよ」
と、差し出されたのはこんな器具です。

どうも携帯電話で写真を撮るときに、カメラのようにシャッターが切れるという代物らしいのですが・・・・・・
(「そうそう必用じゃ無いし、携帯とこれを持ち歩くんだったら・・・というかカメラを持ってるし・・・」)

しかし、こういうもんを断れないんですねぇ私は。
帰宅後、早々に自分の携帯で試そうと・・・
「ん?こりゃうまくいかんぞ?だって、そもそも装着するとレンズ部分が隠れちゃうもん。」
で、ネットで調べてみると、どうもこの器具iPhone用・・・って、
「オイオイ、やっちまったな、ワシの携帯はアンドロイドだでや」
これじゃ私は、ガラクタどころかゴミと化す代物を我が家に持ち帰ったことに
「まっ、iPhoneを使ってるヤツにくれてやればイイか・・・・ん?待てよ」

iPodは、綺麗に収まります。

素直に写真も撮れました。
「だから?」
そうですよねぇ、「だからなんだ」っちゅう話ですよ。「ゴミがほんのちょっとガラクタに近づいた」その程度のことで
「まず使う事は無いだろうなぁ・・・・・やっぱ、S君にでも今度あげようかな」

ともかく、
「頂き物は、何でも断らない、今は使えなくともいずれ使える」
この性格をなんとかせにゃいけません。
「ガラクタをお宝と呼べるのは子供のうち、大人になってもそれじゃ、アンタがガラクタになっちまうよ。」
そのとおり!
「ヘヘンだ、そもそもオレはガラクタ同然だも~~ん」
開き直りが『ゴミ屋敷への道』へと私を誘うのでありました。

さて、今日の一枚は、ジョージ・ラッセルです。

ラッセルというと、あまりなじみ深い感じはしませんよね。
そもそも15歳の頃からナイトクラブで演奏活動をし、きちっと大学も卒業、最初はドラマーとしてスタートした彼は、シカゴ、ニューヨークへと進出しました。(まさに王道ですよね)
躓いたのは1954年、31歳?32歳?まぁその頃に、結核を患いましてね、んなもんだから、音楽理論とピアノに走ったわけですわ。
1953年に出版された『リディアン・コンセプト』は、ジャズ界初の本格的理論書として評価を得、彼が提唱した『リディアン旋法』が、マイルスのモード奏法の主発点でもあったという・・・

『リディアン・コンセプト』なんて理論、見た事も読んだ事も無い私みたいな常人は、「彼のような理論派はどうも」と因縁を付けたりします。(笑)

ほんじゃこのアルバムはどうか?
注目すべきは1956年という年代だと私は思っています。
一曲一曲はそれほど長い曲じゃ無いんですけど、ともかくカッコがイイ、もちろんメンバーの顔ぶれが素晴らしい事が要因でもありますけど、56年の録音とは思えない新しさを感じるのです。
一聴の価値はある一枚だと思いますよ。

THE JAZZ WORKSHOP / GEORGE RUSSELL
1956年録音
GEORGE RUSSELL(chromatic drums) ART FARMER(tp) HA McKUSICK(as) BILL EVANS(p) MILT HINTON, TEDDY KOTICK(b) JOE HARRIS, PAUL MOTIAN(ds) BARRY GALBRAITH(g) OSIE JOHNSON(wood blocks  ds)

1.YE HYPOCRITE, YE BEELZEBUB
2.JACK'S BLUES
3.LIVINGSTONE I PRESUME
4.EZZ-THETIC
5.NIGHT SOUND
6.ROUND JOHNNY RONDO
7.FELLOW DELEGATES
8.WITCH HUNT
9.SAD SERGEANT, THE
10.KNIGHTS OF THE STEAMTABLE
11.BALLAD OF HIX BLEWITT
12.CONCERTO FOR BILLY THE KID

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛らしいチェリー?

2016年06月20日 | d-f

先日「まだ夏日が無い」てな事を自慢げに語っておりましたが、先週の土曜日には一気に真夏日、昨日はまぁそれほどの暑さは感じなかったものの、今日はまたけったくそ悪い蒸し暑さで、冬仕様の体型にはいささかこたえています。

「暑いねぇ、冷たいもんが恋しい季節になりましたってか、冷たいものっていえば、久しぶりにクリームソーダを飲んでみたいんだけど、何処に行ったら飲めるかなぁ?」
唐突であります。
「クリームソーダねぇ・・・・喫茶店?パーラー?デパートの屋上レストラン?って、今やまず近くには無いし????何処行ったら飲めるんかなぁ?」
「だから、オレが訊いてんの」


ネットから写真を拝借しました

あのちょっと毒々しい緑色のメロンソーダに、丸く整形されたアイスクリーム・・・・・いや、メロンソーダだけじゃありませんでしたよね。全くイチゴの味なんかしない、これまたちょっと毒々しい赤色のイチゴソーダにアイスクリームが乗ったやつもありました。
それだけじゃござんせん、コーラフロートに珈琲フロート・・・・そこにある冷たい飲み物にアイス乗っけりゃ何でも○○フロートって、ありゃいったい何だったんでしょ?(笑)

子供達が小さい頃は、ファミレスなんかにもクリームソーダがあったような気がしますが、今はどうなんでしょ?最近行ってないし、飲み物は、ほぼほぼ珈琲で済ましてしまうので実態は定かでありません。

昔、『○○パーラー』なんてお店の前には、必ず食品サンプルが飾ってあって、クリームソーダに珈琲フロート、サンデーにポンチ・・憧れはパフェだったですかねぇ
私が小学生の頃、両親に連れられてそんなお店行った事ありませんでした。今思えば、子供三人連れてそんなとこに行く余裕は我が家には無かったんでしょう。

ある日、お金持ちの伯母さんに連れて行ってもらった事がありましたっけ、クリームソーダを飲み干して、やる事が無くなってうるさくなった私がやっかいだったんでしょう、
「アイスクリーム喰うか?」
って伯母さんが、そりゃぁ嬉しかったですねぇ
銀色の皿に乗った丸いアイスにチョンと刺さったウエハース、そっと添えられたサクランボの愛らしいこと愛らしいこと(笑)
未だに覚えているって事は、やはりそれほど当事の我が家ではそれが高級品だったのでしょうね。


これにチェリーが乗っかっていた感じ?

「だから、クリームソーダを出す店を知らないかって!」
「うるせぇなぁ、せっかく思い出に浸ってたのに・・・アイスクリームさえ食わないオレが、んなこと知ってるわけねぇーだろ、自分でネットででも調べろ!」

てなことで、『料理当番、本日の一品』です。

先週逃したカルパッチョです。タコでは無く鯛ですけどね。暑い日には、レモンの利いたカルパッチョはエエもんですよ。我が家ではちょっとだけ山葵もソースに溶かし込んでおります。

母には定番の煮物、今回はゼンマイ入りにしてあげました。それでも「○○、何かさっぱりした物も喰いてぇなぁ」なんて贅沢を申しますので

焼き茄子を冷やしてやりました。

弁当は生姜焼き弁当です。

さて、今日の一枚は、カーティス・フラーの名盤、もちろん過去紹介済みの一枚です。(すでに2回は紹介してるかな?)

暑いときに聴くとすれば、さわやかな音楽か、もしくは定番中の定番ってぇのが、私はよろしいかと思います。
この盤もアルバイトをしていたジャズ喫茶では超人気盤でした。

いわゆるゴルゾン・ハーモニーも、『HERE AND NOW』を紹介したときもチラッと言いましたが、ゴリゴリすぎるとどうかと思うときもあります。
しかし、この盤のそれは、まさに傑作だと私は思っています。
だからというわけでも無いのですけど、鬱陶しい暑い日に聴いても、いやらしさが無いと感じるのです。
口ずさめるほどシンプルなメロディーが、ス~~っと入ってくる感じは、名盤と言われるに納得する一枚だと思っています。

BLUES-ETTE / CURTIS FULLER
1959年5月21日録音
CURTIS FULLER(tb) BENNY GOLSON(ts) TOMMY FLANAGAN(p) JIMMY GARRISON(b) AL HAREWOOD(ds)

1.FIVE SPOT AFTER DARK
2.UNDECIDED
3.BLUES-ETTE
4.MINOR VAMP
5.LOVE YOUR SPELL IS EVERYWHERE
6.TWELVE-INCH

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風をあつめて翔んで行かないように

2016年06月16日 | a-c

梅雨入りしました。(笑)はたして今年は『男梅雨』か?『女梅雨』か?はたまた『bisexuality 梅雨』か?
私的には、どっかの都知事みたいにグダグダ長引くのは好きじゃ無いんですが、どうなりますでしょうね?

さても、前回探した『お宝』を手土産に飲みに出かけますと、
「(その常連さんが)今日来るかどうか分かんないけど、電話してみようか?」
「まぁまぁ、その曲が誰の何だったかが伝わればイイから、けっこう探すの楽しかったし」
けっきょくママが留守電に入れておいたらしく、しばらくして見えたんですけどね。

それよりなにより、「これから行くよ」と電話をよこした、こちらも常連さんSちゃん(我が悪友S君とは別人です。)が、「前の店を出てこちらに向かう途中倒れた」という緊急ニュースが伝わってきまして
間もなく救急車の音が・・・・

「えっ?大丈夫かいな?!」

Sちゃんというのは、私とそれほど年齢差も無く、先日
「娘が外国人の彼氏を連れて来るんだよ、今度」
などと楽しみに(私には分からん心境ですけど)していらしたのでありまして

「ただの飲み過ぎならイイけど・・・」

翌日ママからメールが入り、
「軽い脳梗塞だったらしくて、もう意識も戻り、後遺症も無いだろうって・・」
まぁホッとはしましたが、
なにしろ同年代ですからねぇ他人事じゃありませんよ。

「バブ、アンタも気をつけなよ」
「そうかぁ?それじゃ酒を控えるかな」
「いや、それはお店的に困る・・ってぇか、それはバブには無理だから」

とにもかくにも、冗談が言える結末で「良かった良かった」

話は戻りまして、
「あれは、この曲でしょ?」
「そうそう、これこれ・・・・・・それでお礼というわけじゃ無いんだけどね。」
と、手渡されたのが2枚のDVDと1枚の録音CD

 

『ニライカナイの手紙』と『60歳のラブレター』

そして、森恵の『Soul Song's Book Re : Make1』です。

DVDはまだ観る時間が無いのですけど、森恵は聴かせていただきました。

 ♪・・・・風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて
  蒼空を翔びたいんです 蒼空を・・・・・・・♪ 

「はっぴぃえんどの『風をあつめて』だぁ・・・」
以前、何処かでお話ししたと思うのですが、私、この曲大好きなんですよ
森恵だとはっぴぃえんどのあの何とも言えない軽さは無いんですけど、思わず唄ってしまいました。

森恵が私の趣味に合うかどうかは、もう少し聴いてからじゃないと何とも申せませんが、せっかく録音して下さったものですから、何度か繰り返し聴いてみたいと思っています。

ともかく、私は風をあつめてどっかに翔んでいっちゃわないように、少しだけ身体の事も考えた行動を・・・・・
「ウ~~ン 無理だな」

てな事で、今週も遅れました『料理当番、本日の一品』です。

ほんとうは、タコのマリネでも作って、生もの嫌いの母には煮物を押っつけ、ワインでもいただこうかなんて考えてたんですけど、隣人から鰹をいただきまして、後先考えずニンニク醤油で食べました、もちろん飲み物もワインじゃ無く日本酒にチェンジです。

 

結果、母の煮物は変わらず、タコは酢の物へと変身です。

弁当は相変わらずですね。

さて、今日の一枚は、ポール・ブレイです。
「INTRODUCING」やエマーシー盤の「PAUL BLEY」、この頃の彼は、私にも十分受け入れる余裕があったのですけど(笑)コロコロとスタイルを変化させる彼にはついて行けない感があります。
当然ながら、70年代の彼を好んで買うという事は、まずあり得なかったのですよ。
ところが、お相手がペデルセンとなると、若干その辺りが変わってきます。

ニールス・ペデルセン、ジョージ・ムラーツ、レイ・ドラモンドこの三人のベーシストが私の触手にビビッと引っかかった話はしましたよね。
そのペデルセンとのディオとなれば、「いかにブレイであっても聴いてみたい」ってぇのはあるでしょ?

そんでもって、ありがたい事にこのアルバム悪くない。(諸手を挙げて良いと言わないのは、ブレイに対して無礼?なんちゃって)
電子音的部分は良しとしませんし、混沌とした雰囲気はありますが、やはりペデルセンのベースがエエんですよ。私はそう思っとります。
これで聴いてみようと思ったあなた、すいません万人受けはけしてしないアルバムだと思います。

PAUL BLEY & NHØP
1973年6月24日, 7月1日録音
PAUL BLEY(p) NIELS-HENNING φRSTED PEDERSEN(b)

1.MEETING
2.MATING OF URGENCY
3.CARLA
4.OLHOS DE GATO
5.PARADISE ISLAND
6.UPSTAIRS
7.LATER
8.SUMMER
9.GESTURE WITHOUT PLOT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加