JAZZを聴きながら ふたたび

再開の期を逃しておりましたが、酔っぱらい親父は未だJAZZを聴きながら生き長らえております。

あなたのお花見は?

2017年04月13日 | v-x

一昨日の寒さからまた少しずつ暖かさが戻ってまいりました。桜は満開であります。
そんな今日、昨日からうずき始めた風邪のバカヤロウが、繊細な我が身(?)を苦しめております。
「どうも風邪っぽいなぁ」
「熱でも測って、薬飲んで寝てれば」
「いや、絶対に熱は測らない、この雰囲気は(熱が)あるもん。」
熱を測ったところで熱が冷める訳でも無く、その数値を見てさらに具合が悪くなったらどうしてくれるんだっちゅう話ですよ。(笑)

先日LINEデビューした義理の兄が、頻繁にLINEを送ってくるようになりました。


義兄も身重のお嫁さんにデレデレです。

月曜日に「花見に行ってきました。」と送ってきたかと思ったら

夕べまた「お花見に行きました。」
って、
「何回花見に行きゃ気がすむんじゃぁい!」

しかもその間に何度か別のLINEを送ってきたりして
「こりゃハマってんな」
依存症にならないことを祈っとります。(笑)
まぁねぇ、義兄もあと一ヶ月ほどでお爺ちゃん、初孫が生まれます。今まさに毎日が幸せ、春真っ盛りなのかもしれません。
「はいはい、ごちそうさま」(笑)

そういえば、ここ数年花見らしい花見をしていません。
いや、桜は見てるんですよ、見てるんですが、一升瓶を抱きかかえながらペロペロになって、ふと上を見上げると
「あれ?桜咲いてたんだ」
「お前はなにしにきたんじゃぁい!」
って、そんな花見(笑)

さりとて、以前も言いましたかねぇ、杯に花びらを浮かべて
「綺麗ねぇ」
「ん?何が」
「何がって、桜に決まってるでしょ」
「あっ桜ねぇ・・・君の美しさに見とれてついつい忘れていたよ。」
「もう・・・(ポッ)」
そんな花見も・・・・・
これはここ数年では無く、一度も経験はありませんけどね(笑)
いづれにしても、今年もまた風邪のせいで花見らしい花見は無さそうです。

大宴会で・・・
素敵な彼女と寄り添って・・・
かわいい子供達と家族で・・・
夫婦水入らずで・・・
孫達といっしょに御弁当を広げて・・・・
今年、みなさんはどんなお花見をなさるん(なさったん)でしょうか?

話はコロッと変わりますが、ペギー葉山さんがお亡くなりになりましたね。
私が小学生の頃『ドレミの歌』をひっさげ、子供向け歌番組の中心におられました。

 ♪ つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日
   夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
    懐かしい友の顔が 一人一人うかぶ ・・・・・♪

ご冥福をお祈りいたします。

さて、今日の一枚は、ジミー・ウッズです。
たぶん、彼のリーダーアルバムは、以前紹介した「CONFLICT」とこれ2枚くらいしか無いと思います。

コルトレーン、オーネット・コールマン等の影響を強く受け、二十代後半までほとんど仕事も無かった彼は、一時演奏者を止めようとも思ったそうでありますが、止めなくて良かったと思いますよ、この演奏を聴くと。
なかなかのアルト奏者であります。
それは、彼にしてはオーソドックスな「CIRCUS」や「NOT YET」「LOVE FOR SALE」の出だしなんぞを聴くとさらにそう思ったりして(それは彼を評価しているのか?)

ともかく、私はなかなかのアルバムだと評価しております。

AWAKENING / JIMMY WOODS
1961年9月13日,1962年2月19日録音
JIMMY WOODS(as) MILT TURNER(ds) MARTIN BANKS[1,4,5], JOE GORDON[5,8](tp) AMOS TRICE[1,2,4,5,8], DICK WHITTNGTON[3,6,7](p) JIMMY BOND (b)[1,2,4,5,8], GARY PEACOCK[3,6,7](b)

1.AWAKENING
2.CIRCUS
3.NOT YET
4.A NEW TWIST
5.LOVE FOR SALE
6.ROMA
7.LITTLE JIM
8.ANTICIPATION

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近母は、野球中継とcmが好き?

2017年04月11日 | a-c

 ♪ 愛の言葉を射る シャイなハートがドキドキ ・・・・♪

今朝もNHKの朝ドラ『ひよっこ』を見ながら食後の珈琲を、
いつもの朝です。が、何でまた今日はこんなに寒いんでがんしょ

先週開花した桜は、市内で満開の所もあるようですけど、昨日昼食後に立ち寄った公園では

 

これから満開を迎えるてな感じでしょうか。
まっいずれにせよ、花の季節到来ではあります。が、何でまた今日はこんなに寒いんでがんしょ

まぁまぁ、「桜に雪が・・・」なんてことも過去には多々ありましたし、いわゆる『花冷え』も春の季語ですしね。明日からはまた暖かさが戻ってくるようですから、
「しかたなかんべさ、許す!」

テレビと言えば、先日母が
「この歌どっかで聴いたことあんなぁ・・・」
と、CMを見ながらボソボソ言っとります。

見ていたのは『ハウス食品』の、ほら、いかにもジブリっていうあれです。

 ♪ 庭(には)の千草(ちぐさ)も むしのねも
   かれてさびしく なりにけり
    あゝしらぎく 嗚呼(あゝ)白菊(しらぎく)
   ひとりおくれて さきにけり ♪

そりゃまぁ母が知っていて当然と言いましょうか、里見義が歌詞を付けたいわゆる明治時代の『小学唱歌』の一曲『庭の千草』でありますから(当初は『菊』という題名だったそうですよ。)、母も何処かで聴いたか歌ったんでありましょう。

話題の『教育勅語』は別もんとして、『小学唱歌』は、今でも歌い継がれている物が多いですよね。
『むすんでひらいて』『蝶々』『蛍の光』、『仰げば尊し』もそうでしたかね?

 ♪ かすみか雲か はた雪か
   とばかり匂う その花ざかり
   百鳥さえも 歌うなり ♪

『霞か雲か』なんざぁ、今の季節にピッタリでありますねぇ・・・・
まぁまぁ、「イイ歌も多い」と、そう言いたいわけであります。

懐かしい歌つながりで、友人が「この歌しっとるけ?」と聴かせてきたのが

 ♪ あまえてみたい二人 恋してみたい二人
   春の夜は ポカン ポカン ポカン ・・・・・♪

「これは、梓みちよの『ポカンポカン』でしょ」(私がこれを何故知っていたかは不明ですが。笑)
「ブブー 残念。『ポカンポカン』はあってんだけどねぇ・・歌ってる人が違う。正解は、村上ゆきの『ポカンポカン 春夏編』でした。ハワイアン調で春っぽいっしょ」
「ポカ~~~ン」

まさか『ポカンポカン』をカバーしている人がいるとは・・知りませんでした。
さっそく村上ゆきを調べてみると
「なになに?武蔵野音楽大学ピアノ科卒のピアニスト兼シンガーソングライター?・・・・・・あっ!積水ハウスのCM歌ってんのこの人かい」

「大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』や、フォークルの『悲しくてやりきれない』、平野愛子の『港が見える丘』、ハハハ『テネシー・ワルツ』もカバーしてんだぁ」

こんなんで半日は潰せる自分が、いかにインドア派かと再確認したのでありました。

 ♪ 夢を見るひとときが思い出に変わるころ
   泣きながら振り返るいつかの街角・・・・♪

今日の話は、桑田佳祐の『若い広場』で始まったので、原由子の『ポカンポカンと雨が降る ~レイニーナイト イン ブルー~』で締めてみました。(なんのこっちゃ)

てなことで『料理当番、今日の一品』です。

これもテレビがらみで、料理番組だかなんかで『蕪の肉詰め』をやっていて、
「パン粉かけて喰ってたなぁ・・・・」
どうもそれが食べたそうだったので、私はその番組を見てないんですけど適当に作ってみました。

私は、初鰹をニンニク醤油で、もちろんポン酒をいただきましたよ。
「翌日が怖い」(二日酔いでは無く、ニンニク臭の方ね。笑)

御弁当は生姜焼き弁当です。

いやいや思わず長くなってしまいました。

さて、今日の一枚は、ナット・アダレーです。
兄、キャノンボールの初リーダーアルバム「PRESENTING」録音から、約10日後に録音されたのがこのナット初リーダーアルバムです。

これがねぇ、案外イイんですわ。
ラストの「YOU BETTER GO NOW」なんざぁじつにウイスキーに合うと言いますか、ナットのコルネットは堂々としてるし(全曲とも)、リチャードソンのフルートもなかなかのもんでありましてね。ハンク・ジョーンズのピアノも気持ちがイイ

飲み過ぎないように気を付けます。

THAT'S NAT / NAT ADDERLEY
1955年9月6日録音
NAT ADDERLEY(cor) JEROME RICHARDSON(ts,fl) HANK JONES(p) WENDELL MARSHALL(b) KENNY CLARKE(ds)

1.PORKY
2.I MARRIED AN ANGEL
3.BIG "E"
4.KUZZIN'S BUZZIN'
5.ANN SPRINGS
6.YOU BETTER GO NOW

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カ・ツ・リョ・クに春は無し

2017年04月03日 | y-その他

いよいよ4月になって暖かくなってまいりました!きっと春です。桜の開花もここ二、三日には・・・・

そういえば、夕べ風呂に入っていると表が変ににぎわしい、耳を澄ましてみると
「ウギャー!ウンギャー!ウルルンギャー!・・・・・」
猫の鳴き声、しかもそうあの発情期独特の声であります。
「まったくもう、さかりづきやがって!」
べつに羨ましがってる訳じゃござんせんよ。(笑)
これで野良にまた子供なんぞできると、母が愚痴るんだろうなぁと思うだけです。
ともあれ、そんな季節なんであります。

俗に『人間には発情期が無い』なんて申しますが、『発情』それはある意味、活力でありますから、春になって活力が増すことは有るんじゃないですかねぇ
「よかったねぇ、若い頃のあのカ・ツ・リョ・クがだれかさんは衰えて」
「ハイ、微力ながら世界平和に貢献しております。」(笑)

そもそも、人間に発情期らしきものが無くなったのは女性に一因があるそうで、
「メスの生殖能力が高まった時点で信号を送り、これを受け取ったオスが興奮する」のが自然の摂理なんだそうであります。
だから、猫のうるさいサカリ声も「発端はメスが発してオスが答える」、つまり「メスが誘わなけりゃオスは発情しない」という事らしいです。
そして、そのメスの生殖能力が高まる季節は、子供の生まれる季節に大きく関わっていて、つまり「子供が最も生き残り安い、育て安い季節に生まれるように発情する」そういうことらしいですな。

それが、火をおこせ、生活環境を作り上げる能力を得た人間は、季節を選ぶ必要が無くなり、その結果女性のそのサインが薄れていって
「おらぁ、いつ発情すればエエんだべか」
と、男性は路頭に迷い、常に発情する生き物になってしまったという・・・
「男の浮気癖を作ったのは、女だ!」
これを『男の屁理屈』と申します。(笑)

ともかく少子化の現代、女性のそのサインの低下は人類の存亡に関わるわけで
「男性の生殖能力の衰えも、つまりは女性に原因があると、私は強く申したい!これからは、「イケメンでぇ、優しくてぇ、面白くてぇ・・・お金のある人」そんな理想は捨てなさい!ずばり「生殖能力が高い人」これです!そこいくってぇと、私なんざぁ実績もあるしぃ・・・・適任?」
「・・・・悲しいよ・・・・寂しいんだねぇ・・・・哀れだねぇ・・・・そりゃもう『男の屁理屈』以下、底辺、どん底。そもそもカ・ツ・リョ・クの低下で世界平和じゃなかったのかぁ~~い!!!」
「すんません。」
季節は完全なる春へと進もうとも、「我が心、そしてカ・ツ・リョ・クの冬は永遠です!」
巨人軍開幕3連勝おめでとうございます。(なんのこっちゃ、笑)

んなわけで(どんなわけ?)『料理当番、今日の一品』です。

先日、SAちゃんが彼氏に「ブリ大根を作ってあげた」てな話を聞いて、対抗したわけじゃありませんが、私のためにブリ大根を作ってあげました。

 

それに、季節の天麩羅(タラの芽、ウドの葉)と、手まり寿司です。

御弁当は、牛丼・鮭のハーフ弁当です。

さて、今日の一枚は、ザ・モダン・ジャズ・ディサイプルズです。
と言っても、お初ですかね。
アルトのカーティス・ピグラーを中心とした・・・ン~~~ほら、ハード・バップ全盛期にけっこうコンボ名で出たアルバムって多かったじゃないですか、これもそんな中の一つです。

なんだか、「イイカゲンに流行にノッテ」みたいな言い方になってしまいましたが、中身はバカにしたもんじゃありません。
カーティス・ピグラーもしっかりしたアルトを聴かせてくれますし、ノリも悪いことありませんよ、
そして、ウィリアム・ケリーの吹くノーマフォン、ユーフォニアムという、どうにも聞き慣れない楽器、私も詳しくは知りませんけど。(笑)
ノーマフォンとは「サックス型のユーフォニアム」、つまりユーフォニアムの一種?それじゃユーフォニアムは・・・・
ともかく音を聴けば分かりますよ。これがけっこう存在感があって、私は好きかもしんない。(笑)
そんな一枚です。

THE MODERN JAZZ DISCIPLES
1959年9月8日録音
CURTIS PEAGLER(as) WILLIAM "HICKY" KWLLY(normahone,euphonium) WILLIAM "BILLY" BROWN(p) LEE TUCKER(b) RON McCURDY(ds)

1.AFTER YOU'VE GONE
2.DISCIPLES BLUES
3.SLIPPIN' & SLIDIN'
4.A LITTLE TASTE
5.PERHAPS
6.HUCK'S DELIGHT
7.DOTTIE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上手い!は認める

2017年03月31日 | g-i

昨日はとても暖かい一日でしたが、今日はそれより寒く、明日は今日以上に気温が下がっちゃうんだそうで、まぁ春なんてぇもんはそんなもんなんですかね。
桜も東京で開花してもう日も経つというのに、この辺りではつぼみが膨らむ様子も無く、来週に持ち越しみたいです。

そんなさなかじつは諸事情で3日ほど全くテレビを見ておりませんでね。
ちょっとだけ楽しみにしていた一昨日のBSプレミアム『チック・コリア&ハービー・ハンコック ライブ・イン・ニューヨーク』
「見られねぇジャン!」
とはいえ、録画という便利なもんがありますんで、夕べ帰宅後、スケート観戦をせずにそれを見ながらの晩酌とあいなりました。

チック・コリアとハービー・ハンコックというと、私がもっともジャズを聴いていたであろう高校時代はかなり毛嫌いしているところがありまして、もちろんその原因はいわゆる電化にあったわけですが・・・・
それでいて彼らの技量を否定するものではありませんでした。(言い方がちょっと偉そうですな)

ナマのハンコックを初めて聴いたのは、あのV.S.O.P.の田園コロシアム公演での事です。
ハンコックの頭が笑福亭鶴瓶(今のじゃありませんよ)みたいではあったものの、黄色いカブトムシに乗り移られたバスドラみたいじゃなかった事に安心し、いつの間にか熱狂の中にいたことを思い出します。


こんな頭ね(笑)

ナマ音を聴くとかなり感化されるというのは、私もご多忙に漏れぬところでありまして、
「それを他人はミーハーと呼ぶ」(笑)
以降、口では「好かん」と言いつつ、ハンコックを聴くことに抵抗を感じることはありません。
さらに、コリアに関しても高校時代の先入観はいつの間にやら払拭されていたのも確かだと思います。
何故なら今日紹介するアルバムを発売直ぐに手に入れたこと、ね、そういうことでしょ。

さても、そんな二人のディオなら、あのアルバムと同じディオなら、さらには、ブルーノートというこぢんまりした空間での演奏なら・・・・・
そりゃ見てみたいですわな。

1.CANTALOUPE ISLAND
2.GREEN DOLPHIN STREET
3.SONRISA
4.SPAIN

演奏曲はそんなもんでしたかね、面白かったのは合間にあった即興での二人のビアノバトル?的演奏でした、ありゃぁあの場に居たら楽しかったでしょうねぇ
そうそう、ピアノの真ん前でカレーみたいなんを食べていた女性、羨ましいねぇ(笑)

いつも思うんですがね、NHKさんに一つもの申させていただくと、
「二人の経歴やら小曽根さんのインタビューやらはいらんから、全ての演奏を放送してくれ」
「まぁまぁ、テレビだから、演出だから・・・・」

まっエがったんじゃねぇですかね、そして、他にもジャズ演奏の番組がもう少し多くてもエエんじゃないかと思う私でありました。

さて、今日の一枚は、さっきも言った二人の2枚組ディオ・アルバムです。

「V.S.O.P.以降、ハンコックは「純ジャズ復古」(何が純ジャズなのかは置いといて、笑)的方向へ向かっていったよね」
みたいなことを言われても、
「そぉ?」
V.S.O.P.以降、私自身のハンコックへの想いも変わっていたにも関わらず、そんなな態度であった私
「ハンコックとコリア?しかもディオ?」
このあり得そうも無い(もちろん、マイルスつながりは分かっていても)組み合わせに感じた興味を隠すことは出来なかったんですねぇ

改めて聴くと、上手いですねぇ二人とも、それだけは間違いない。
聴き所は・・・やっぱラスト2曲ハンコックの「処女航海」とコリアの「LA FIESTA」かな?
って、「あれ?アルバム『処女航海』を私は紹介してない?んなバカな」

IN CONCERT / HERBIE HANCOCK & CHICK COREA
1978年11月録音
 HERBIE HANCOCK, CHICK COREA(p)

disc 1
1.SOMEDAY MY PRINCE WILL COME
2.LIZA
3.BUTTON UP
disc 2
1.INTRODUCTION
2.FEBRUARY MOMENT
3.MAIDEN VOYAGE
4.LA FIESTA

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狸は狸、ゴジラはゴジラ

2017年03月27日 | m-o

夕べから春の嵐(気温は冬ですが)が吹き荒れ、何とも凄い天気になっています。

 ♪ 春だというのに 北風にあおられ 街の声にせきたてられ・・・♪

私の場合嵐が来なくてもさすらっておりますが(笑)

昨日は突然やって来た姉夫婦にビックリ、そのおかげで先日行ったばかりの墓参りにまた付き合わされたり、姉のカメラに保存された孫達の写真を母に見せたり印刷したり・・・急に忙しい日曜日になりました。
姉たちが帰った後は、稀勢の里の優勝にもらい泣きしながらの料理当番、まっいつもの日曜日に戻ったのですけどね。

稀勢の里の優勝も9歳女児の遺体発見も栃木の雪崩も気になるニュースではありますけど、ここ何週間も世間の注目を集めているのは「森友学園問題」ですわね。
私なんぞ思うんですけどね、全てのお方が責任逃れというか「私は知らない関係ない」とおっしゃっているのをムリクリ追求しても、狸や狐が突然ウサギに変身するわけも無く、「話をそらされてウヤモヤ」てぇのが悔しいかな結論か、なんてあきらめもあったりして
ただね
役所でも何でも、通常の処理だとお答えなんですから、いろんな申請を行っている方は、これを機にさっさと進めてもらえるというお墨付きをいただいたということになるんじゃないかと
そんでもってそうならなければ、財務省でも何省でも電話すればですな、翌日には局長クラスの方が対応していただけると、そういうことでしょ?
みなさんどんどん電話してみたらいかがでしょうか?(笑)

そもそもさすらっている私には、そんな抵抗も出来ませんがね。イカンイカン変なこと言ってると『テロ等準備罪』で捕まっちゃうか?

話は変わりまして
先日、作曲家の船村徹氏がお亡くなりになりましたですね。
もう一昔以上も前、仕事の関係で船村氏とは酒席を囲んだことがあります。
酒好きのなまったエエオッサンでありました、って失礼な言い方ですね、それだけ親しみのある方であったということです。
そんな酒席の思い出を話すと、今でも演歌歌手の夢を捨てきれぬK太郎は
「へぇ~~~」
と、うらやんでおりましたけどね。

 ♪ 髪のみだれに 手をやれば 紅い蹴出しが 風に舞う・・・♪

まぁ、美空ひばりの『みだれ髪』つながりで、我が田舎は船村氏とは縁浅からぬ地域でありまして、船村氏自身も何度となくこの地を訪れておられました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

美空ひばりと言えば、

 ♪ 夜ごとに見る夢は 虹の端のデートの夢・・・・・♪

ひばりの「虹の彼方に」、つまり「OVER THE RAINBOW」の日本語版です。
これをたまたま入っていた携帯プレーヤーで○-クママに聴かせると
「バブ、これ録音して持ってきな」
そりぁアンタ、ゴジラ命令は絶対ですので「美空ひばりJAZZ & STANDARDS」を録音して持ってってあげましたよ

「うん、エエねぇ」
「あれ?ゴジラもたまにはモスラになるか?だとすれば狸や狐もウサギに・・・」
ナイナイ

ということで(どういうことで?)『料理当番、本日の一品』です。

まずは、大量にいただいた水菜を使ったおひたし????
えーとねぇ、牛のコマ肉を炒めて皿に取って、同じ鍋で水菜としらたきを炒めましてね、これをすりゴマ、醤油、酒、みりんで作ったタレ(甘くないヤツね)であえるという・・・・何故かこれは牛嫌いの母も食べました。

 

それに、煮物、春の香りの菜の花です。もちろんお供は日本酒でした。

御弁当はこんなもんでしょ

さて、今日の一枚は、シェリー・マンです。

『PETER GUNN』は、昔アメリカで人気だったテレビドラマでありまして(映画化もされたとか)・・・・とか言いつつ、私は見たことが無いんですけど
音楽を担当していたのは、私にとって最高の映画と評価する『ひまわり』と同じ、あのヘンリー・マンシーになのでありますよ。
しかしまぁ私がこの「PETER GUNN」という曲を最も意識して聴いたのは、映画『ブルース・ブラザース』であったでしょうねぇ

 ♪ ジャカジャカジャカジャカ ジャカジャカジャカジャカ
     ジャカジャカジャカジャカ ジャカジャカジャカジャカ
   プーーーウァ プーープウァ パパパププププププププフゥァプー・・・♪
「それじゃわからんて」(笑)

ともかく、そのドラマ『PETER GUNN』の曲を、カバーしたのがこのアルバムであります。
ところが、「PETER GUNN」なんか、全くテンポが違います。
しかも黒さ全く無し(考えてみりゃ、マンシーニに黒さも無いですが)、泥臭さも無し、ある意味私が嫌っても不思議では無いのですが
「何か何かなぁ」(朝ドラのヒロイン気取りで)
悪くないんですねぇ、

JAZZ GUNN / SHELLY MANNE
1967年6月19,20日録音
SHELLY MANNE(ds) CONTE CANDOLI(tp,flh) FRANK STROZIER(as,fl) MIKE WOFFORD(p) MONTE BUDWIG(b)

1.A BLUISH BAG
2.SILVER TEARS
3.SWEET
4.THEME FOR SAM
5.A QUIET HAPPENING
6.NIGHT OWL
7.PETER GUNN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加