JAZZを聴きながら ふたたび

再開の期を逃しておりましたが、酔っぱらい親父は未だJAZZを聴きながら生き長らえております。

放射能より差別的心情汚染

2017年02月21日 | j-l

 ♪わたしの好きなみつるさんは、おじいさんからお店をもらい
  二人いっしょに暮らすんだと、嬉しそうに話してたけど
  私と一緒になるのだったら
  お店をゆずらないと言われたの お店をゆずらないと言われたの
                                         ・・・・・・・・♪

突然岡林信康の『手紙』を歌ってしまいましたが・・・・・

 関西学院大(兵庫県西宮市)の40代の外国人非常勤講師が2014年、英語の授業中、福島県出身の20代の女子学生に「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」と話していたことが21日、大学への取材で分かった。大学は差別的な発言で「東日本大震災の被災者に思慮がなかった」として、17日付で講師を減給3カ月の懲戒処分とした。

とのいう嫌なニュース流れてきました。

ここで何度声を上げたでしょうか?
原発事故で最も懸念していた差別的心情・・・やはりこれはジワジワと心に染みつき、洗い流そうにも流せない、ある意味放射能よりタチの悪い汚染のように思います。
いえね、この大学講師はもちろん言語道断なんでありますが、私に言わせりゃ表に出ないその汚染が一番の懸念なんであります。

アメリカの花札大統領、もとい、トランプさんが完全なる差別主義者である事はアホな私にも分かるんですが、内に秘めた差別、これはなかなか見抜けない。この見抜けない差別こそ本当は一番怖いんじゃないかなんてね。

いえいえ、かく言う私だって何処かにそういう差別意識を持っているに違いありませし、誰しもが心に秘めながらも持っているものなのかもしれません。それが何に対してかはそれぞれでしょうけどね。

そしてそれが何かの出来事で、事件で、一個人によって、集団心理へと変貌した時・・
結果は歴史が教えてくれてると私は思っています。

話が訳分かんなくなってきましたね。
ともかく、染みついた差別的心情を消す事はとても難しい事だと思います。
せめて私は、その汚染から逃れるべく信念を持ち、私自身がどこかで今持っている偏見きわまりない心情をなんとか除染していく努力をしたいと考えています。

放射能より差別的心情に、どうぞ皆様も汚染されませんよう願っています。

なに真面目なことこいているのか、笑っちゃいますよね、てなことでいつものごとく『料理当番、本日の一品』です。
まずは、私のつまみから

鯛の切り身が安かったので昆布締めにしました。ネギやら大葉やら水菜やらといっしょに、濃いめのごまだれで食べてみましたが、見た目以上に美味しくて、日本酒が進みました。

こちらは、メイン・・・といっても、もちろんつまみになりましたけどね、メヒカリの唐揚げです。

おっと、別の日に作った『好評だった一品』

トマトソースで煮込んだ肉団子です。珍しく母が、ペロッと平らげました。

さて、今日の一枚は、エルビン・ジョーンズです。

コルトレーンんとこを離れるちょい前のアルバムです。
ジョーンズ3兄弟そろい踏みのセッションとJ.J.とチェンバースが入ったセッションと二つ合体の一枚ですが、アルバム全体として統一感を感じさせるのは、メルバ・リストンのアレンジからなのでしょうか?
これは良いところでもあり、逆に一曲一曲の印象が薄いという難点も秘めているように思います。

悪くありません・・・が、私としては「聴きやすいけど・・・う~~ん」そんな感じでしょうかね。
と言いつつ、夕べ晩酌に付き合ってくれたアルバムを私が否定する訳はありませんけどね。
個人的には「AND THE AGAIN」が好きです。ついでに、「一曲一曲が短すぎねぇ?」(笑)

AND THEN AGAIN / ELVIN JONES
1965年2月16日,3月18日 ニューヨーク録音
ELVIN JONES(ds)
THAD JONES(cor) HUNT PETERS(tb) CHARLES DAVIS(bs) HANK JONES(p) ART DAVIS(b)
J.J. JOHNSON(tb) FRANK WESS(ts,fl) CHARLES DAVIS(bs) DON FRIEDMAN(p) PAUL CHAMBERS(b)

1.AZAN
2.ALL DELIBERATE SPEED
3.ELVIN ELPUS
4.SOON AFTER
5.FOREVER SUMMER
6.LEN SIRRAH
7.AND THE AGAIN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お父さん(?)は、隠れファン

2017年02月14日 | m-o

相変わらず乾燥した冬晴れが広がっています。
2月14日、今日はバレンタインデーですか?
今晩あたり、下心見え見えの男どもが、チョコレート一つもらうために食事やら何やら準備しとるんでしょうなぁ、アホだ。
女性もしかり、少しの投資で最大の見返りを期待する賢いお方も多いことでしょう。
えっ何ですって?それは単なるヒガミにしか聞こえない?
「アッシには関わりねぇことでござんす」
「やっぱヒガミだ」(笑)

夕べ帰宅後、安ウイスキーを飲みながらBS2(失礼、BSプレミアムって言うのかな?)の『The Covers』を見ていました。

ゲストは、松尾レミと亀本寛貴の男女二人組のロックユニット「GLIM SPANKY」
「ユニット」という時点で、オヤジにはすでについて行けない存在なのかと思ったのですけど、カバー曲がねぇ
山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」
「まぁまぁ」
そしたら、浅川マキの「それはスポットライトではない」、ジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」って、
「アンタはいくつだ!?」(笑)

どうも松尾レミはお父さんの音楽趣味に影響を受けたようですねぇ

「松尾レミ、1991年12月7日生まれの25歳・・・・うちの娘と同い歳ジャン」

お父さんは・・・・まっ私よりは若いんでしょうが、すでにオヤジの域に達しておられるのは間違いない。
「浅川マキ、ジャニス・ジョプリン・・・ん~~~ギリギリ世代かぁ?」

彼女の「MOVE OVER」を聴いて思い出しました。
「アッ?! 軽自動車か何かのCM」
調べてみるとやっぱり『スズキのワゴンR』のCMで「MOVE OVER」を歌っていたのが彼女だったんですねぇ

「こりゃお父さん世代として、「ユニット」に惑わされず彼女の楽曲を聴かねばイカンでしょ」

と、まずはYou Tubeで(ほんと便利な世の中だ)
「焦燥」そして「MOVE OVER」
「う~~~ん、興味わいてきたぁ!」

 結局、ジャニスと彼女たちのアルバム「NEXT ONE」を聴きながら、今日は動き回っております。

「怒りをくれよ」はワンピースの主題歌?アニメを見ない私にはチンプンカンプンです。
そうねぇ「風に唄えば」「闇に目を凝らせば」「時代のヒーロー」「話をしよう」

「エエじゃないですか・・・・父は隠れファンになるよ」
「って、アンタは父じゃない!」(笑)

まぁまぁ、また聴いてみたい若者が見つかった事は、それだけでエガッタということですわ。

さて、今日の一枚は、モンクです、大好きなモンクです。(笑)

もちろん以前紹介済みの一枚ですが、先日○ークママにモンクの話を熱く語り
「それでもオレはモンクのソロが一番イイと思うわけよ」
「ウザイ」
と一蹴されましてね。
自宅に帰って反省しながら聴いた一枚です。(反省しても直ぐ忘れるんですけどね。笑)

この録音にもちょっとした物語があるんですが・・・・・・
それは前回紹介の時に少し語ってしまいましたし、もちろんまだまだ語りたいところではあるんですよ、あるんですが、反省を思いだし自粛します。

MONK. / THELONIOUS MONK
1964年3~10月録音
THELONIOUS MONK(p) CHARLIE ROUSE(ts) LARRY GALES(b) BEN RILEY(ds)

1.LIZA
2.APRIL IN PARIS
3.CHILDREN'S SONG
4.I LOVE YOU
5.JUST YOU, JUAT ME
6.PANNONICA
7.TEO

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保守派じゃなくて保守化ね

2017年02月13日 | d-f

大雪で困っている地域もあれば、この辺りは今日も冬晴れ、乾燥の日々が歳を隠せぬ肌を容赦なく虐め続ける地域もある、日本列島も様々であります。

安倍さんとトランプさんが笑顔で手を握り合っている姿に
「キモチワリ!」
思わずそう叫び
ミサイル発射にご満悦のキムちゃんの顔を思い浮かべ
「キモチワリ!」

最近流行の芸能界突然引退に
「超久しぶりに耳にした大川隆法『幸福の科学』、そういえば相変わらず『幸福実現党』は候補者を出してるもんなぁ・・・・」

まぁまぁ、勝手な事ばかりほざいております。というか、ほざくばかりで何もしない自分が情けないっちゅう事ですけどね。

 

それからするってぇと、昨日行われた『いわきサンシャインマラソン』の一万を超える参加者と大会を支えるスタッフのみなさんに
「アンタは偉い!」
と思うバブ君であります。

   

例によって、私もフルマラソンスタート間近の地点でみなさんにエールを送りました。
知り合いも走っているはずなんですが・・・・・こう多くちゃ見つけるのも至難の業、まぁそれだけ参加者が増えているってことで、そこを喜ぶべきなのでしょう。


だからアンタじゃなくて、左端に隠れた女子が・・・(笑)

今年は、まぁまぁ天候にも恵まれ、ニュースによれば事故も無しに大会は成功したようでありますし、スタッフのみなさんは胸をなで下ろしておられるでしょう、そして大きな満足感もあるんでしょうな・・・ちょっと羨ましい(笑)

  
 
伴走者と一緒にフルマラソンに挑戦するおばぁちゃん「アンタは凄い!」
   

ほんの二、三十分の応援を終えた私は、いつものように熱い珈琲をすすりながらいつもと変わらぬ休日をスタートしたのであります。
「おまえは何もせんでいいのか?」
「いや、日常がありがたい」
こうしてバブは年々保守化していくのでありましたとさ(笑)

てなことで『料理当番、本日の一品』

肉嫌いな母も何故かトンカツは食べるんでありますねぇ、しかも甘めのソースでちょっと煮てやるとさらに食べるという・・・・ほんと最近彼女の好みが益々不可思議に感じています。(笑)
私はネギダコで一杯・・・おっと、私の大好物を今まで紹介した事がありませんでしたね。

大根と打ち豆の味噌汁です。日本酒だろうがウイスキーだろうがビールだろうが・・・だろうが、自宅で飲むときに私は味噌汁を欠かしません。
「アンタの好みも十分不可解だから」

御弁当は豆ご飯にしてみました。

さて、今日の一枚は、お久しぶりのマイルスです。
前回までの流れで、続きは書かなかったもののバード、ガレスピーまで聴き進んだ以上、「その後に控えるは帝王マイルス」となるのは必然であります。
バードのバンドでのマイルスを聴き、今日のこのアルバムにたどり着くのもまた必然では無いかと・・・・

さても、このアルバムは2つのセッションがいっしょになっとりまして、前半の1953年の録音では、バードとロリンズのダブルテナーでありますが、じつはバードではなくジミー・ヒースが吹くはずであったのが、どうしても金が必要だというバードの申し出でこのメンバーになったという
さらにその録音はヒッチャカメッチャカで、バードはメンバーのために用意されたジンをほとんど独りで飲み干し、マイルスはリハーサルに顔を出さない、ロリンズだって同じようなもんで、録音時のマイルスはジャンキーハイ・・・・
当事の彼らの状況がどんなものだったのか、容易に想像できます。
ちょっくら耳に残る「ROUND ABOUT MIDNIGHT」だってじつは「WELL YOU NEEDN'T」(難解曲ですが)を何度もマイルスが間違えるので、急遽差し替えられたという・・・他にもヒースのオリジナルの曲名を勝手に変えてもめたとか、いろいろ逸話の残る録音なのであります。

私的に最大の聴き所は、その3年後、後半部分のマイルス、ロリンズの変貌ぶりにあると思っています。特にマイルスですよねぇ、その間に何があったのか?・・・これは偉い方の本でも読んでいただくとして、ともかくその聴き比べが一枚で出来るアルバムとして私は面白みがあると思っています。

COLLECTORS' ITEMS / MILES DAVIS
1953年1月30日[1-4], 1956年3月16日[5-7]録音
MILES DAVIS (tp) SONNY ROLLINS(ts)
1-4 : CHARLIE PARKER(ts) WALTER BISHOP Jr.(p) PARCY HEATH(b) PHILLY JOE JONES(ds)
5-7 : TOMMY FLANAGAN(p) PAUL CHAMBERS(b) ART TAYLOR(ds)

1.THE SERPENT'S TOOTH (take1)
2.THE SERPENT'S TOOTH (take2)
3.ROUND ABOUT MIDNIGHT
4.COMPULSION
5.NO LINE
6.VIERD BLUES
7.IN YOUR OWN SWEET WAY

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨークの夜が新時代を生んだ!

2017年02月08日 | a-c

「エッ!明日は雪?!」
立春過ぎても春まだ遠し・・・ですか

先日ぶっ続けに聴いたいわゆるモダン以前の演奏も、いよいよビバップ革命を迎えようとしています。

毎日たいした金にもならず、さらにはジャズの特徴でもあり個性を売るはずのアドリブにさえ大きな制限が加わる、そんな鬱憤を若き才能あるミュージシャン達が・・・・
まっお決まりのビバップ誕生の出だしでありますよね、いったいこの背景にはどんな事情があったのか?

現在、日本でも音楽教室の著作権料がちょっと話題になっておりますけど
当事アメリカにはASCAPという著作権代行業者がございまして、えっ?正式名称ですか?エ~~トネェ、アメリカン・ソサエティー・オブ・・・・ナンタラカンタラですよ。(笑)
このASCAPってぇところは、当事のラジオ放送に使われる音楽の著作権をがっちりと握っておりましてね。この著作権料をどんどんつり上げていったのでありました。
するてぇとラジオ局も黙ってはいられない、独自の著作権代行機関BMI(ブロードキャスト・ミュージック・・・ナンタラ)を作っちまった。
「ミュージシャンのみなさん、いいですか、ASCAPに登録してある曲の演奏は困ります。新たに曲を作って下さい。あっそれからアドリブもダメですよ、いつ何処でASCAP登録曲に近いフレーズが出るか分かりませんから」
と、こうきたわけです。

つまりですねぇ、レコードやラジオに当事のジャズはあまりに頼りすぎていた結果、手足をもがれていったわけですわな。
さらにこの話はAFM(これは言えますよ、アメリカ音楽家連合です。)のストやら何やらに続くんですが、そこは本でも読んでみて下さい。(笑)

ビバップと言えば、チャリー・パーカー、ディジー・ガレスピーとまっなるわけですね。
しかしその前に聴くべきお方がいらっしゃいますですな。
まずは、リトル・ジャズことロイ・エルドリッジ、
「AFTER YOU'VE GONE」「FIORIDA STOMP」「THAT THING」
高音を吹きまくるんではありますが、サッチモとは確実に違っとりますです。ガレスピーとも違いますがね。

 

次はピアノ、アート・テイタムですかね。私の大好きなバド・パウエルに多大な影響を与えたピアニストです。
「WILLOW WEEP FOR ME」「DARDANELLA」「BLUE SKIES」
「いやぁエエですよ、テイタム」

お次はモダンベースの開祖、ジミー・ブラントン。
エリントンとのディオ「PITTER PANTHER PATTER」「BODY AND SOUL」「SOPHISTICATED」「Mr.J.B. BLUES」
なんでまた23歳なんて若さで逝っちゃったんですかねぇ・・・・

 

サックスではやっぱプレズことレスター・ヤングですか。
エルドリッチとの共演「I GUESS I'LL HAVE TO CHANGE MY PLAN」
色っぽい目で見つめるビリー・ホリディが浮かんできます。
もちろんコールマン・ホーキンスの功績は大ではありますけど、サックスの表現方法を広げた?変えた?まぁそのへんに関してはプレズの功績に違いありません。

ラストはもちろんこの方、チャーリー・クリスチャン
まずはベニー・グッドマンとこでの「GONE WITH WHAT WIND」を聴いてみると・・・・
ここで一つ、ベニー・グッドマンがスゲェのは、「黒人だろうが白人だろうが関係ないね」ってとこですよね。余談でした。
ともかく、此奴も25歳(26歳?)てな若さで逝かなければ、パーカー、ガレスピーと同様、いやそれ以上の評価を得たかもしれませんよね。

そして、来ましたビバップの夜明け、アルバム「ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン」であります。

これにて長らくお付き合いいただいた『モダン以前のJAZZつまみ食い』は、終了でございます。ご静聴ありがとうございました。
もちろん、今日の一枚は「ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン」です。

このアルバムは、ジェリー・ニューマンという当時コロンビア大学に在籍していた学生が録音機を持ち込んで収録した代物です。
もちろんジャムセッションですから、まさにそこに居る、居たミュージシャンが自由にバトる的姿が目に浮かぶのですが、しかるに参加ミュージシャンが誰なのか、これも曖昧なところがあって、例えば「モンク初の録音だ」(これは、今となっては完全に否定されていますが・・・・完全否定されたの21世紀に入ってからですよ)とか、
トム・ロード著『ザ・ジャズ・ディスコグラフィー』による録音日、パーソナルは、以下の通りです。
「unknown?未知っちゃどうゆうこと?」
つまり、「以後名だたるミュージシャンであったとしても若かりし頃はスタイルを確立できていなかった」という証でもあるわけです。

1, 2: May 12, 1941 at Minton's Playhouse
    Charlie Christian(g) Joe Guy(tp) Kenny Kersey(p) Nick Fenton(b) Kenny Clarke(ds) unknown(tp) unknown(ts) added on 2
3, 4: May 1941 at Minton's Playhuse
    Charlie Christian(g) Joe Guy, Dizzy Gillespie(tp) Don Byas(ts) unknown(p) unknown(b) unknown(ds)
5, 6: May 1941 at Monroe's Uptown House
    Charlie Christian(g) Hot Lips Page, Victor Coulson, Joe Guy(tp) Rudy Williams(as) Don Byas, Kermit Scott(ts) Allen "Pee Wee" Tinney(p) Ebenezer Paul(b) Taps Miller(ds)
7: May 1941 at Minton's Playhouse
    Dizzy Gillespie, unknown(tp) Don Byas, Chu Berry(ts) unknown(p) Nick Fenton(b) Kenny Clarke or Harold "Doc" West(ds)
8, 9: May 1941 at Minton's Playhouse
    Dizzy Gillespie(tp) Kenny Kersey(p) Nick Fenton(b) Kenney Clarke(ds)

とにもかくにも『ニューヨークの夜が新時代を生んだ!』のでした。

AFTER HOURS / CHARLIE CHRISTIAN

1.SWING TO BOP
2.STOMPIN' AT THE SAVOY
3.UP ON TEDDY'S HILL
4.DOWN ON TEDDY'S HILL
5.GUY'S GOT TO GO
6.LIPS FLIPS
7.STARDUST
8.KEROUAC
9.STARDUST

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合間に『料理当番、本日の一品』

2017年02月06日 | y-その他

次回と言いながら『ニューヨークの夜が新時代を生んだ!』はひとまず置いて、
間に今日二回目の更新、『料理当番、本日の一品』をチョチョっと入れさせていただきます。

まずは、もう先々週になってしまいますが、ご近所さんに『むかご』をいただきまして、塩茹でにして私のビールのつまみにもしたんですけど、家人には天麩羅にして喰わせてやりました。(何を偉そうに)

 

翌週は、どうしても私が生牡蠣を食べたくて、私専用のこちら

そして、得意の角煮です。

肉を心からは喜ばない母にはサッと厚揚げを焼いて

てっきりこの時の生牡蠣が私の腹下しの原因かと思ったのですけど、その後母が微熱と下痢という、同じような症状が出ましてね・・・・
「ひょっとして感染性の胃腸炎だった?」
ならば、他の人にうつしていないことを祈るばかりです。

そして昨日、なんとか腹の調子も良くなった母に
「何食べたい?」
と訊くと
「この前喰った味噌入りのヤツ、美味かったなぁ」
「いやいや、あれは消化良くねぇんじゃねぇ?」
とは言ったものの、本人の望みとあらば

味噌入りホワイトシチューですが、病み上がりの母のリクエストですので、白菜、蕪、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、鮭、そして何より私の大好物(笑)茸もたっぷり入れた具沢山にして栄養を取ってもらおうと・・・・
さらには、林檎を焼き煮にしてカステラに添えるというデザートまで・・・・

「なんとまぁ親思いな・・・」
誰も言ってくれないので自分で言ってみました。(笑)

私はこんなサラダで飲みました。

御弁当は

 

以上、更新サボリを埋める『料理当番、本日の一品』でございました。

さて、今日の二枚目は、ジャズですかねぇ?カロ・エメラルドというオランダの歌姫であります。(ダッチシンガーって言うそうですよ。)

最近帰宅時に彼女のこのアルバムを好んで聴いています。
なんかねぇ変に、何故か、理由は分からないけど、懐かしい感じがするんですよ。
そんで帰宅時にはそこそこ私の機嫌が良くなるという(笑)

そうですねぇ、ジャズと言うよりは、まさに私のイメージするヨーロッパ?
頭に浮かぶのはサーカスや回転木馬、そして行った事無いけどヨーロッパのとある街の飲み屋(笑)、その懐かしさはけしてアメリカンでは無いんですよねぇ

まぁまぁ、穴埋め『料理当番、本日の一品』の今日なら許してもらえるでしょう。

DELETED SCENES FROM THE CUTTING ROOM FLOOR / CARO EMERALD
2010年1月29日リリース
CARO EMERALD(vo)

1.THAT MAN
2.JUST ONE DANCE
3.RIVIERA LIFE
4.BACK IT UP
5.THE OTHER WOMAN
6.ABSOLUTELY ME
7.YOU DON'T LIVE ME
8.Dr.WANNA DO
9.STUCK
10.I KNOW HE'S MINE
11.A NIGHT LIKE THIS
12.THE LIPSTICK ON HIS COLLAR
13.BACK IT UP
14.RIVIERA LIF
15.THAT MAN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加