JAZZを聴きながら ふたたび

再開の期を逃しておりましたが、酔っぱらい親父は未だJAZZを聴きながら生き長らえております。

セクハラエロおやじに解決策は無し

2016年12月05日 | m-o

今日は雨を覚悟していたのですが、蓋を開ければまさに快晴、気温も上がっております。
師走を迎え、Mさんのお店で流れるBGMは朝から晩までクリスマスソング(朝から晩までは居ませんが。笑)
いよいよ今年も押し詰まってまいりましたねぇ

「バブさん、ほら見て、甥っ子、小っちゃいわりには目鼻が整ってると思いません。」
親バカならぬ叔母バカ全開なのは、生まれて間もなく手術を余儀なくされた甥っ子の、まるで病気など無かったかのような元気な姿に目を細めるSNちゃんであります。
「はいはい、メンコイメンコイ、オレとしちゃ早くSNちゃんの子供を抱いてみたいけどね。」
そこ!そこは完全なセクハラであります。

「ねぇ、お前さん。この間から言おうと思っていたんだけど、良い折りが無くてね。」
「何だい。折りがなければ、竹の皮ででも間に合わせろ。」
「そうじゃないんだよ。お前さんを喜ばせる事があるんだよ。」
「ありがてぇ、何か拾ったのか。」
「そうじゃないやね。この頃、見るものを見ないんだってば。」
「見ないったって、見たけりゃ見てくればイイじゃねぇかぁ、そうさなぁ最近は『君の名は』が好評らしいよ。」
「だから、そうじゃなくて、すっぱいものが食べたいんだよ。」
「そんなら、梅干しでも食いねぇ。」
       <中略>
「ええ、子供が、出来た?誰の?」
「誰のって、お前さんのにきまってるじゃないか。」
「そりゃありがてぇ、男か、女か。」
「生んでみなきゃ分からないやね。」
「いつ生まれるんだ、二、三日うちにか。」
「そんなわけないじゃないか。ともかく来月が五月(いつつき)だから、おばあさんに頼んで、帯を締めてもらおうと思って。」

落語『安産』の一節でありますが、
今日12月5日は、安産祈願で有名な「情け有馬の水天宮」『納めの水天宮』であります。

久留米藩藩主の有馬家は、城下の筑後川に臨む広大な土地を寄進して水天宮を造営。文政元年(1818)には、芝赤羽根橋の上屋敷内へ国元久留米より御分霊を勧請致しました。
江戸の庶民もその御利益にあやかりたいと、屋敷の中にお賽銭を投げる人が後を絶たちません。
そこで当事の藩主の情けが光る、
「毎月5日に限り参拝を認めよう、門を開けぇ~~~!!」
てんで、「情け有馬の水天宮」でありますよ。
そして12月5日は、その年最後の開門日、『納めの水天宮』となったわけでござんすな。

今月の『戌の日』は明日ですから、「今日の『納めの水天宮』にお詣りして、腹帯をいただき・・・・」がイイのか?江戸時代と違っていつでもお詣り出来る現代、「明日の『戌の日』に腹帯をいただいてくる」のがイイのか?

んなこたぁまぁどうでもいい話で、少子高齢化の現代、まさに『子は社会の宝』でありますから、SNちゃんだけでなく、多くの方々のメンコイ赤ん坊をいっぱい抱かせていただければ、私は幸せであります。

「そこまで言うなら、アンタもつくりゃイイじゃん。我が子は何より可愛いよ」
「そりゃま、実績も自信もありますがね、へえへえ、なにしろ畑が・・・」

自信はイイけど『セクハラエロおやじ』は、けして少子高齢化の解決策にはならない自覚も必要でありますよね。

せいぜい作れるのは『料理当番、本日の一品』であります。

野菜高騰の折、多くを送ってくれた叔母に感謝しつつ、野菜たっぷり雪鍋です。
具らしい具と言えば、鶏団子と揚げ鱈、豆腐くらいで、ひたすら野菜を食べる鍋になってしまいましたが、そこそこイイ出汁が出まして、すこぶる好評でした。
私も、調子こいて〆の雑炊まで食べちゃったもんですからお腹いっぱいで
「酒が減るぅぅぅ・・・」
結局、風呂上がりの酒量が増えたという・・・・意味ねぇ(笑)

弁当のメインはササミの梅肉カツです。

さて、今日の一枚は、テテ・モントリューです。
「CATALONIAN FIRE」と同メンバー同じ年の録音となる一枚です。

盲目のピアニスト、テテ、彼のピアノにはなんとも刃物のような冷たさと洗煉さを私は感じるのであります。
まっそれをいかにも欧州っぽいと言ってしまっては「はい、チャンチャン」てなことになってしまうのですけど、その刃に一度切り捨てられるとそれはそれで心地よさを感じたりします。

泥臭いブルース感は無くとも我が細胞が受け入れる理由は何か?
私自身が分かりませんが、大好きなペデルセンのベースとも相まって、あれほど好きであったケニー・ドリューの一時期より、私としてははるかに評価が高いのは確かです。

TETE! / TETE MONTOLIU
1974年録音
TETE MONTOLIU(p) NIELS-HENNING φRSTED PEDERSEN(b) ALBERT HEATH(ds)

1.GIANT STEPS
2.THEME FOR ERNIE
3.BODY AND SOUL
4.SOLAR
5.I REMEMBER CLIFFORD
6.HOT HOUSE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バブ東風

2016年11月28日 | d-f

今日は太陽燦々、冬晴れの青空が一日広がると思っていたら、突然雲が現れてザーッと雨なんぞ降らす何だか分からない天気になっとります。

「バブさん、飲みに出かけるといつも朝帰りですか?」
アルバイトのTちゃんが、そんな事を訊いてきました。
「あ?おまえねぇ、この歳で朝帰りしてたら身体が保たんて、まぁお昼(0:00)は過ぎるけどね。」
と、断言したんですがねぇ・・・・

そう答えた土曜日の晩、いつものようにバー○-クでウイスキーを啜っておりましたですよ。
カウンターの隣に座った「震災を機に誰かの役に立とうと薬剤師を目指しました。」という青年をお相手に盛り上がり、案の定お昼も過ぎまして、その青年を送り出しますてぇとね。
「バブ、そろそろかい」
とママ
「そうねぇ、そろそろお勘定を・・・」
「だから、それはもちろんなんだけど、そじゃ無くて行こうか?」
「???????」
ついに私はゴジラの餌食となるのか・・・・・!!
「だから、明日休みでしょ?歌でも歌いに行こうかってぇの」
そりゃもう最強のゴジラ様のお誘いに小市民の私が太刀打ちできるわけも無く
「・・・・はい」

やっちまいました。帰宅したのは朝の4時過ぎ、「この歳で朝帰りしてたら身体が保たん」と答えたその日に
「まだ暗いから・・朝帰りとは言えんよね。」
「いえ、立派な朝帰りです!」

おっとイカン、こんなんをログに書いたら、ゴジラの口から放射能熱線がぁ・・・・

このお話にはかなりの脚色がなされております。
正確には、私もノリノリで、進んで、喜んで、跳ねるように歌を歌いにまいりましたし、歌った曲数もゴジラ、おっともとい、ママより確実に多ございましたです、ハイ。

そんなこんなで、朝帰りの昨日は9時に起床、
「まぁ夕べ?いやいや今朝はお早いお帰りで」
そんな皮肉も寝不足の頭には、何も応えもしませんでした。
これを『馬耳東風』ならぬ『バブ東風』と申します。

てなことで、『料理当番、本日の一品』です。

叔母がまた新米と野菜、そして冷凍して置いたという栗を送ってくれました。
野菜高騰の折、ありがたいですねぇ

そこで、具たっぷりのすいとんを作りました。

それと天麩羅盛り合わせね。

お弁当は、季節的にはちょっと遅めの栗ご飯です。

さて、今日の一枚は、ブッカー・アービンです。
妙に昨晩聴きたくなった一枚です。
若い頃初めて聴いたときは、「かなりぶっ飛んだアルバムだねぇ」なんて思ったりもしましたが、今こうして聴いてみると、サックスの世界は「フリージャズにまっしぐら」てな時に、フリージャズとは一線を起きながらもここまでの世界観を作り上げるアービンに、ちょっとばかし感心してしまったりして。
おそらくはミンガス思想が、少なからず彼の活性剤になっていた、と私は思ったりもするのです。

とにもかくにも、三者三様ならぬ四者四様の演奏が、何故かまとまりを得る姿は、フリージャズとは違った大きな広がりを感じさせてくれる・・・・ん?それが『宇宙』?

THE SPACE BOOK / BOOKER ERVIN
1964年10月2日録音
BOOKER ERVIN(ts) JAKI BYARD(p) RICHARD DAVIS(b) ALAN DAWSON(ds)

1.NUMBER TWO
2.I CANT GET STARTED
3.MOJO
4.THERE IS NO GREATER LOVE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ブルータ(トゥー)ス、お前もか」

2016年11月24日 | d-f

一昨日、今日と、あまり気持ちの良くない目覚ましで早起きしてしまいました。
一昨日がマグニチュード7.4・震度5弱、今日がマグニチュード6.1・震度4、特に一昨日は津波警報も出て、
「3.11をどうしても思い出してしまう」
まわりの人達が声を揃えて言っておりました、もちろん私もですけどね。
発表によれば思い出すどころかこれもまた3.11の余震なんだそうで、かの地震がいかに大きなものだったのか・・・怖いものです。

たたき起こされたのは、今朝も一昨日も一緒だったのですが、大きな違いがありました。

はつ雪に一の宝の尿瓶かな (一茶)

一昨日は上着知らずの暖かさだったんですよ、それがア~タ、今朝の寒さといったら半端じゃない、窓を開けると雪が降っとります。まぁ予報どおりとは言え
「さっぶぅ!」
一茶のようにまだ尿瓶のお世話になる必要はありませんが、テレビで地震の状況を確認すると急いでトイレには駆け込みましたよ。
この寒さで、明日からは尿意に起こされるかもしれませんねぇ、地震で起こされるよりはいいんですけどね。
それにしても若い頃はよくもまぁトイレにも行かずあれだけ寝ていられましたよねぇ・・・若いってやっぱエエなぁ(笑)

歳を取ったと言えば、堅くなった膀胱もさることながら、最近私のズルさが益々目に付くようになった気がします。

例えば、自宅で音楽を楽しむにしても、あれほどレコードにこだわっていた私が、「かけっぱなしでも大丈夫だからね」とCDの便利さに走り、さらには「ちょっとした曲ならダウンロードで十分じゃね」てなことになり、最近じゃ「CDの交換が面倒だ」とばかり

こんなんを仕入れましてね。いわゆる「ブルートゥース受信機」ってヤツです。
これを使うとね、CDの交換どころか、プログラムした「お気に入り」を、何時間でもかけっぱなしに出来るし、ネットラジオもステレオで聴けるしね、PCからも携帯プレーヤーからも、携帯電話からでもステレオにぶっ込めるわけですわ。

音質を問われるとそりゃレコードの比では無いかもしれませんが、「我がシステムで普通に聴く分には何ら問題なし」と自分に納得させ、だらだら流しっぱなしにするにはとても便利なんであります。
さらに好きな曲を自分で編集して、好きな順番、あるいはランダムに流す、この編集の作業が楽しかったりしてね。
最近はまっとります。

なんにしても、最近の我がズルさは「けして悪いことではないんじゃないか」と、自身を甘やかすのでありました。
「だって、イイ歳だも~~~ン、便利だしデジタル最高!」
「ブルータ(トゥー)ス、お前もか」

さて、今日の一枚は、珍しいですねぇエリントンです。しかもピアノトリオね。

トレーンが共演したときは極度の緊張、マイルスは「あらゆるミュージシャンは、エリントンに感謝を捧げる日をもつべきだ」と言い・・・
ともかくエリントンというお方は、まさに「ジャズの伯爵」なのでありまして
ほんでは、ジャズの大親分みたいなミンガスとローチは伯爵にどう立ち向かったのか?

まぁまぁこのセッションを「喧嘩セッション」と呼ぶお方もいるように「CARAVAN」あたりを聴くと、たしかに大親分達が伯爵に噛みついております。
しかし、そこは伯爵、大虎を猫のようにとでも申しましょうか・・つまり喧嘩にならんという事なんだと私は理解しています。
おっと、親分同士はレコーディング前に本当に喧嘩をしたそうではありますがね。
まっ、聴き所満載のセッションだと思います。

今は、全セッション15曲を聴くことが出来ますが、デジタルな話をしておきながらのレコード紹介です。

MONEY JUNGLE / DUKE ELLINGTON
1962年9月17日録音
DUKE ELLINGTON(p) CHARLIE MINGUS(b) MAX ROACH(ds)

1.MONEY JUNGLE
2.FLOWER AFRICAN
3.VERY SPECIAL
4.WARM VALLEY
5.WIG WISE
6.CARAVAN
7.SOLITUDE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の回復力は銀杏ほどじゃないけれど

2016年11月20日 | v-x

秋も深まってまいりまして・・・
って、今日の陽気はなんでげしょ?まぁまぁ寒いより暖かいにこしたこたぁござんせんが、また直ぐ寒さがやって来るのかと思うと
「あんまり暖かくなるなよぉ、まったく」
てな贅沢を言うもんです。

弟子の銀南に、病に伏せている蔵前の大店・伊勢屋のお嬢さまのもとに代脈に行くよう命じたのは、江戸は中橋の古法家(漢方医)である尾台良玄。
「よいか銀南、先日のこと、お嬢さまはどういう具合かひどく下っ腹が堅くなっておったのでな、しきりに腹をさすって、下腹をひとつグウと押した・・・・」
「へぇ」
「するとプッとおならをなすったわけだ。そこは若きお嬢さま、みるみるうちに顔が赤くなって恥ずかしそうでな。とっさに私も医者のとんちだをきかせて、そばの母親に『陽気のかげんか年のせいで、この四、五日のぼせて、わしは耳が遠くなっていかんから、おっしゃることはなるたけ大きな声でいってくださいまし』と言った」
「へぇ」
「お嬢様も安心なさって、その時は事が済んだが、銀南、そんなことにならぬよう、下腹などけしてさわるでないぞ」

ところが、この銀南、伊勢屋でしくじりを重ねたあげくに
「脈はどうですかな?舌は?」
なんてしながら、ついに禁断の下っ腹に
「プ~~」
お嬢さまの顔がみるみる赤くなっていく
こりゃイカンとばかりに
「どうも年のせいか四、五日耳が遠くなって・・・」
「さようで、大先生もお耳が遠いとおっしゃってましたが、若先生もですか」
と手代に問われ
「ん?何だって?聞こえない聞こえない、なぁ~~にも聞こえない、いまのおならさえ聞こえなかった。」

今日はあまりの陽気に、近くの公園まで銀杏の様子を見に行ってきました。
震災後、除染処置で立派だった枝を無残にも切り落とされた銀杏の木、やっとここまで回復しました。凄い生命力ですなぁ。

その銀杏を見ながら思い出したのが、落語『代脈』だったと
「だって、弟子の名前が銀南だし、あの独特のぎんなんの香りが・・・・」
「おまえが顔を赤らめる必要は無し!」

そういえば、豊洲問題やらなんやかやと話題豊富な首都東京のシンボルマークは銀杏の葉っぱでしたよね。

「いえ、あれは銀杏ではありません。東京の頭文字『T』をデザイン化した物です。」
「さいですか、すんまそん、小池さん」(笑)

とはいえ『火事と喧嘩は江戸の華』
幾度となく大火に見舞われたお江戸では、寺社の門前を火除地として道幅も広くして、銀杏や青桐を植えたんだそうで、東京に銀杏が多いのも確かだそうですな。
さらに、火が銀杏の木に迫ると、幹や枝から水を噴き出して枝葉へ火が燃え移るのを阻止するだそうで、
「んなバカな」
いえいえ、これは眉唾物のお話でも無いそうですよ。
「一度火を点けて・・・・」
「ヤメなさい!」

ともかく、どうも最近疲れが溜まりきった私が、復活してきた銀杏と、コンビニで買った栄養剤と、大音量(我が部屋で出せる限界ね)で聴いた「SELFLESSNESS」の「MY FAVORITE THINGS」で、ほんのちょっとHPを回復したというお話しでございました。

ということで、夕飯を作らにゃイカンですな『料理当番、本日の一品』です。

近くのスーパーでよりどり3パック980円のうちの一品、カレイを煮付けました。

煮魚を好まぬお方には、相も変わらずの煮物であります。

お弁当は二色弁当ね。

さて、今日の一枚は、フィル・ウッズです。
さすがに夜大音量でコルトレーンを聴くわけにもいかず、なんとなく引っ張り出したのがこれです。
ウッズとジーン・クイルのアルト・バトル?少なくともバトルじゃ無いっしょこれは。
いや、激しい部分はあるんですよ、「A NIGHT IN TUNISIA」や「SCRAPPLE FROM THE APPLE」なんか、「DEAR OLD STOCKHOLM」でも二人で追いかけっこみたなんするじゃないですか、でもなんとなく整っている?
そこがウッズらしいと言えばそうなのかもしれません。
例えば、ロリンズの曲吹いてもそれほど生臭さが無いというかね。

そうそう、これ聴かせて、「はい、どっちがウッズでしょう?」みたいなことを、偉そうに言うヤカラ、そういうイケズをするとファンが減るんですよ。
よくよく聴いてみて下さい、直ぐに分かるようになりますから。

PHIL TALKS WITH QUILL / PHIL WOODS&GENE QUILL
1957年9月26,27日10月4,8日録音
PHIL WOODS(as) GENE QUILL(as) BOB CORWIN(p) SONNY DALLAS(b) NICK STABULAS(ds)

1.DOXIE
2.A NIGHT IN TUNISIA
3.HYMN FOR KIM
4.DEAR OLD STOCKHOLM
5.SCRAPPLE FROM THE APPLE
6.DOXIE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱くなるから「めどくさい」んだよね

2016年11月18日 | v-x

今日も青い空が広がっています。
まったくもって乾燥が進んで、お肌がカサカサですわいな(笑)
明日の雨が潤いへとつながるのか?
はいはい、カサカサの原因が乾燥だけでは無い事は十分承知しておりますとも。

『東京電力福島第1原発事故の影響で横浜市に自主避難してきた当時小学2年生の男子生徒(13歳)が転校先の横浜市立小学校でいじめを受けたうえ、「事故の賠償金があるだろ」などと言われて、同級生から遊興費など計150万円を巻き上げられた。』

やはり原発事故直後心配していたことが起こっておりましたですね。
おそらくこれは氷山の一角、大なり小なりいろんな差別的視線に、多くの避難者、いや福島県出身者がさらされておるのでしょう。

我が息子が幼稚園生くらいの時だったでしょうか
「今日、公園に外人がいた」
と帰って来ました。
そもそも『外人』と言う言い方が私は嫌いで、子供には『外国人』という言い方を定着させようという「意固地な考え」を持っとりましてね。まずそれを注意しまして
「そもそも、その子が外国人かどうかもわからないよ、髪の色が違っても、肌の色が違っても日本人かもしれない。見た目で全てを判断することは良くないことだ。」
と、懇々と言い聞かせると
「小っちゃい子にそんなこと言ってもわからないって」
と嫁
「いや、小さいからこそきちんと教えることが必要なんだ、そもそも外人と決めつける目は、おまえが安易に「あっ外人だ」なんて言うから身についたもんだぞ」
と今度は嫁と喧嘩になったりして・・・・

まぁ、その時はそんな話で喧嘩をすることでは無かったかもしれないと反省しておりますが、今回の事件にしても、虐めを行った子供達に大人の言動が大きく影響していたことは確かだと思いますよ。
「放射能は目に見えないし怖い、福島の人はみんな浴びてるんじゃないの」「原発避難者は賠償金をたっぷりもらってる」等々、何気に子供達の前で話していたのではないか?
そんな事です。

ともかく、未だ先の見えない『原発事故問題』は、放射性廃棄物の処理や廃炉はもとより、目に見える風評そして目に見えない差別を生むのです。
そんな現実を前に「絶対の安全」などあり得ない物をまた動かすのか?
私は疑問に思います。

おっと、いつになく熱くなってしまいました。このへんが喧嘩の原因、私の「めんどくさい」部分です。(自覚あり、笑)

話をコロッと変えて、ボージョレ・ヌーヴォーですよ。
ジュースのように軽い代物は、そもそも私の好みでは無いのですが、毎年一本はお付き合いです。
「え~~と、『ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー』ね。」

「色は透き通ったバイオレッド、スミレやフレッシュなラズベリーのような香り、しなやかな酸とバランスよくまとまった苦みが・・・・・って、んなこと分かるかぁ~~い!」(笑)

ある年は「記憶に残る素晴らしい出来栄え」、そしてまたある年は「完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」、去年は何でしたかね?たしか「最高のヴィンテージ」か何かだったかな?
今年は「エレガントで魅惑的なワイン」
そりゃまぁ、他人様の赤ちゃんに「こりゃ酷いねぇ、ブスだねぇ、最悪だねぇ」なんて言うヤツはいませんよ。

そんで私の感想?
そうですねぇ不味くは無かったんでしょう、だって一本飲み干しましたから
「もうちょっとガツンってぇ酒持ってこい!」
とは・・・・・

さて、今日の一枚は、リー・ワイリー、得意(笑)のボーカルものです。
いやね、夕べこれをイヤホンで聴きながらワインをいただいてたんですよ。
目を閉じてワインを口に流し込む、するてぇと、ワインの味は分からずとも、なんとなく美味しく感じたんでありますねぇ・・・
「う~~ん、エエんでなかろうか」(笑)

リー・ワイリーといえば、ミルドレッド・ベイリーの次くらいに白人ボーカリストとして認められた方なんでしょ? (こりゃまた古いねぇ)

 

歳はワイリーがベイリーの一つ下くらい?容姿は完全にワイリーが勝ってるもんなぁ・・んなこたぁどうでもイイ
歌そのものはどっちがエエ?
って、比べるの好きだねぇ(笑)、互いに互いの良さがあるんです(キッパリ)。

ともかく、夕べの『ジョルジュ・デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー』には、リー・ワイリーが合っとりました。

NIGHT IN MANHATTAN / LEE WILEY
1950年録音
LEE WILEY(vo) BOGGY HACKETT(tp) STAN FREEMAN(p) 他

1.MANHATTAN
2.I'VE GOT A CRUSH ON YOU
3.A GHOST OF A CHANCE
4.OH! LOOK AT ME NOW
5.HOW DEEP IS  THE OCEAN
6.TIME ON MY HANDS
7.STREET OF DREAMS
8.A WOMAN'S INTUITION
9.SUGAR
10.ANY TIME, ANY DAY, ANYWHERE
11SOFT LIGHTS AND SWEET MUSIC
12.MORE THAN YOU KNOW

コメント
この記事をはてなブックマークに追加