おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

和鋼博物館(島根県安来市)

2006年01月24日 17時21分30秒 | 旅先にて
『たたら操業』の見学に行く前に、予習をしておこうということで『和鋼博物館』に行ってきました。
「和鋼」とは「たたら製鉄法」にて生産された鉄のことです。その「和鉄」に関するものを展示及び説明している博物館です。この博物館の建つ『安来』は鉄の積出港として栄えていました。この博物館は、平成5年に建築されたのですが、その前身は日立製作所安来工場付属の展示施設『和鋼記念館』で、市がその展示物の移管を受けて出来上がったものだそうです。



建物内部に入ったところのホールです。かなりカラフルな仕上になっていました。



展示物及び展示内容は、よく整理されていてとても見やすかったです。解説のプリントもいただけるので「たたら製鉄法」に関する理解度も高まりました。また、模型もふんだんにつくられており、とても親切な展示となっていました。
また、玄関ホールには『たたら』が展示されていました。



この『たたら』を踏んで炉に風を送ります。実際に踏むことが出来ます。もののけ姫のワンシーンにたたらを踏んでる場面が登場していますね。



砂鉄を運んでいた川船です。舟底がフラットになっています。



『たたら製鉄法』で製造された『けら』です。




◆和鋼博物館概要
 住所:島根県安来市安来町1058番地
 電話:0854-23-2500
 FAX :0854-23-0880
 開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
 休館日:水曜日
 入場料:300円、200円(高校生)、小・中学生無料

★この記事を読んで出雲に行きたくなった方、一票よろしくお願いします
人気blogランキング  週間blogランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 日刀保たたら(奥出雲町) | トップ | 志ばらく(島根県安来市)出... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意外と (honey)
2006-01-24 19:25:03
近代的な建物ですね

川船は意外と小さい船なんですね。

たたら、踏むのおもしろそうです~。一度体験してみたいなあ。

宮脇さんの (飴屋)
2006-01-25 13:27:40
 和鋼博物館の設計は、宮脇檀です。コンペでした。天辺の突起はタタラの風をイメージしたとか。実はこれ以前の和鋼記念館もあったのです。皇紀2600年を記念して建てられたもので、重々しかったのですが、それは取り壊されました。

 「たたらを踏む」という言葉がありますが、現実にタタラふいごを踏むことから来ていると聞きます。
 (おさかな)
2006-01-25 13:55:28
★honeyさん

日本の狭くて浅い川だとあの大きさが限界なのかもしれませんね。

たたらを踏むの楽しいですよ~(^^)

でもず~っと踏続けるのは過酷な労働だったのでしょうね。なんといっても炉の横だから暑い。たたら全盛の時代には、真夏にも作業をしていたようなので、想像すると。。。。。(^^;;
そうなんですか (おさかな)
2006-01-25 13:58:06
★飴屋さん

あの建物は宮脇さんの設計だったのですか。山陰地方は結構、著名建築家の作品が多いですね。
出雲神話のロマン (竹田)
2008-04-02 00:29:48
 ヤスキハガネって聞くと、どこか神聖な感じがしますね。
鋼になるまで (おさかな)
2008-04-09 19:34:59
★竹田さん
ようこそ、いらっしゃいませ。

多くの工程を経て、鋼になります。ほんとに先人たちの技術はすごいものだと実感しました。
刀剣愛好家 (前田鐵鋼)
2008-04-12 00:31:56
ここが、
強さと美しさの融合を象徴するといわれる有名な場所ですか。一度言ってみたいですね。
是非 (おさかな)
2008-04-15 20:11:09
★前田鐵鋼さん
ようこそ、いらっしゃいませ。
『たたら』を実際に見るとほんと感動しますよ。
是非、見学してみて下さい。
伝統と先端技術の融合 (ナカサ)
2008-08-19 20:17:21
 そういえば、昨年の素形材技術賞の経済産業大臣賞に安来の日立金属の方々が特殊鋼関連で輝いていましたね。島根県で初の出来事ですね。やはり、出雲は鉄の古里だという思いがしました。
出雲 (おさかな)
2008-08-21 19:19:39
★ナカサさん
古代においては、大和より出雲の方が先進国であったとの意見もあるようですね。大陸との海運や鉄の産出を考えると、あながち間違いじゃないのかと思います。
その伝統をいまも伝えている方たちにはほんと頭の下がる思いがします。今後も頑張っていってほしいですね。

コメントを投稿

旅先にて」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事