おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

讃留霊王神社【香川県丸亀市[旧飯山町]】

2017年01月27日 23時14分36秒 | 神社仏閣
 丸亀市飯山町下法軍寺に『讃留霊王神社(さるれおじんじゃ)』と呼ばれる小さな神社があります。祭神は武殻王(たけかいこおう)です。
 武殻王は何者かというと、日本武尊(やまとたけるのみこと)の息子になるそうです。その武殻王が讃岐を支配し、讃留霊王と呼ばれるようになります。
 本殿の横からとった写真ですが、本殿後方に古墳があるのがわかると思います。その古墳が讃留霊王です。


 本殿は、後方にも扉があって、扉を開けることで、古墳をご神体として祀る形式になっているようです。


 香川県には数多くの古墳がありますが、被葬者が分かっているものは少ないようです。

 でも『讃留霊王』のことは知らない方が多いと思います。わたしもこの神社に行くまでは知らなかったです。以下に讃留霊王伝説を転載します。

+++++++++++++

 西暦九十二年景行天皇の頃、土佐の海にエビのような姿の大魚が現れて、船や人を飲み込み、暴れていました。それを知った景行天皇は日本武尊(やまとたけるのみこと)にその悪魚退治を命じましたが、日本武尊は自分の息子の霊子(武殻王・たけかいこおう)にその役目を命じるように天皇に進めます。悪魚退治を命じられた武殻王はさっそく土佐に向かいますが 、大魚は讃岐の国へ移動していました。大魚を追いかけて讃岐にやってきた武殻王は、船を作り兵士を集め、いよいよ大魚との戦いが始まりました。しかし大海を自由に泳ぎ回る大魚に、ついに武殻王ののった軍船は飲み込まれてしまいます。大魚の腹の中で魚の毒気にあてられてぐったりしている兵士達の中、武殻王だけは元気で、何とか大魚の腹の中から脱出する術を考えます。そして火をたくことを思い付き、火に焼かれてもがき苦しむ大魚の腹を切り裂いて、ついに脱出に成功します。武殻王の乗った大魚の死骸は福江の浜(坂出市福江町)に流れ着きました。しかし兵士達は皆魚の毒気により、半死半生です。そこへかめに入ったきれいな水を持った子供があらわれ、武殻王に差し出しました。武殻王はそれを飲んでみて、その甘くておいしいことに驚きました。武殻王はその水を兵士達にも飲ます為に、その水のある場所に案内してもらいました。そして兵士達は皆その水を飲んで元気を取り戻したのでした。武殻王に水を持ってきたのは、横潮明神という神様で、兵士達80人が蘇ったということで、その清水は八十場(八十蘇)の清水と名付けられました。大魚の亡骸は魚御堂をたてて供養しました。
 さて景行天皇に大魚退治を認められた武殻王は、褒美として、讃岐の土地を与えられ、城山に館を構え、讃留霊王となります。つまり讃岐に留まる霊王という意味です。
 晩年、海の見える館に住むことがいやになった讃留霊王は、城山から矢を放って、海の見えない新しく館をたてる場所を探します。矢が突きたったのは、東に城山、南に象頭山の山並、西に善通寺の山々、北に飯野山のある、広々とした、讃岐平野の真ん中でした。しかし矢の突きたったところはまだかすかに海が見えていました。そこでその矢の突きたった場所から少し北によった所に新しい館を構えることにしました。その場所は古代寺院法勲寺跡と伝えられています。
 矢の突きたった石はその後は矢塚と呼ばれ、大切にお祀りされました。しかし現在は道路拡張工事の為、矢塚は讃留霊王神社境内に移されています。
 その後、讃留霊王は百二十四歳まで長生きし、その亡骸は現讃留霊王神社境内にある讃留霊王古墳におさめられたといわれています。 讃留霊王神社ではその古墳を御神体として、今も地元の人々にあがめられています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八坂神社【高知県大豊町】

2016年01月11日 22時44分50秒 | 神社仏閣
 昨日の投稿記事に書いた「杉の大杉」は、八坂神社の境内にあるのですが、その八坂神社は須佐之男命を祭神とする神社です。地域の神社って佇まいなのですが。。。


【八坂神社|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

 拝殿の虹梁に彫られている巻龍がとても力感があって素晴らしいのです。


【八坂神社 拝殿龍の彫刻|2015年12月20日|Canon EOS 50D】


【八坂神社 拝殿龍の彫刻|2015年12月20日|Canon EOS 50D】


【八坂神社 拝殿龍の彫刻|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

 拝殿前の狛犬です。直方体の辺を顔の中心とした、エッジの立っている狛犬です。


【八坂神社 狛犬|2015年12月20日|Canon EOS 50D】


【八坂神社 狛犬|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

 こちらは、摂社がおさめられている建物です。


【八坂神社|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

 摂社にも立派な龍が彫られています。


【八坂神社 摂社|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

 こちらは、自然石の恵比寿さんです。日本一との表示がありました。


【八坂神社 自然石恵比寿|2015年12月20日|Canon EOS 50D】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾鷲神社【三重県尾鷲市】

2015年11月25日 22時06分54秒 | 神社仏閣
 古くから「尾鷲の総氏神」として親しまれている尾鷲神社は、道にはみ出すほど大きな楠が存在感を出している神社です。


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】

 先日紹介した馬越峠を越えて尾鷲に降り立った先に鎮座する神社です。祭神は武速須佐之男命でしたが、明治8年に、旧浦村の氏神社を合祀し、22柱となっています。という事情で、祭神としては以下のようになります。「武速須佐之男命、櫛御氣野命、大山祗神、猿田彦神、應神天皇、若狭姫尊、菅原道眞、火之迦具土神、大物主神、國之常立尊、宇迦之御魂神、彌都波能賣神、天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、熊野久須比命、活津日子根命、多岐理毘賣命、市寸嶋比賣命、多岐都比賣命、級長戸邊命、事代主神」


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社|2015年11月15日|Canon EOS 50D】

 神社と言えば地酒が奉納されてるから、その土地銘柄をうかがい知ることが出来ます。


【奉納されている清酒|2015年11月15日|Canon EOS 50D】

 冒頭でも触れたのですが、大楠の存在感が凄かったです。樹齢は1000年以上と推定されてて県指定の天然記念物となっています。


【尾鷲神社の大楠|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社の大楠|2015年11月15日|Canon EOS 50D】


【尾鷲神社の大楠|2015年11月15日|Canon EOS 50D】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二見興玉神社【三重県伊勢市[旧二見町]】

2015年11月20日 22時00分12秒 | 神社仏閣
 昨日のブログにも少し触れたのですが、伊勢神宮に参拝する前には、二見浦で禊(みそぎ)を行ってから外宮・内宮へとお参りするのが、正式な「お伊勢参り」だそうです。祭神は猿田彦(さるたひこ)大神と宇迦御魂(うかのみたま)大神です。ここ二見興玉神社では、宇迦御魂大神を伊勢神宮外宮の豊受大神の別名としているようです。


【二見興玉神社拝殿|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】


【二見興玉神社本殿|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】


【二見興玉神社鳥居|2015年11月15日|Canon EOS 50D】

 猿田彦大神は天孫降臨の際に高天原と豊葦原中津国(あしはらのなかつくに)の間の道案内を務めたことから、「道開きの神」といわれています。猿田彦大神の神使が蛙であったことから、境内には無数の蛙像が並んでいます。「無事に帰る」「貸した物が還る」「お金が返る」の「カエル」を掛けた 験担ぎの意味合いもあるようです。手水舎にも蛙です。


【二見興玉神社の蛙|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】


【二見興玉神社の蛙|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】


【二見興玉神社の蛙|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】


【二見興玉神社の蛙|2015年11月15日|Lumix DMC-GX1】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙法寺【香川県丸亀市】

2015年10月25日 21時17分11秒 | 神社仏閣
 丸亀市富屋町商店街に面している『妙法寺』は、天台宗の寺院です。本尊は金剛界大日如来です。寺伝によると、天平年間に行基菩薩が諸国を遍歴した際、豊田郡和田村(現在の香川県三豊郡豊浜町和田)の正因山に一宇のお堂を建立したことが始まりだそうです。その後、長曾我部元親の讃岐侵攻の際に焼失、文禄4(1595)年に観音寺市坂元町に再建されました。その際は日蓮宗不受布施派に属していたようです。慶長2(1597)年に、丸亀城主生駒親正の命により、現在の地に移ってきたそうです。


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】

 明和3~5(1766-68)年にかけて、数回にわたって俳人画家・与謝蕪村が妙法寺に滞在し「蘇鉄図」などを描かれたことから「蕪村寺」と呼ばれています。「蘇鉄図」は国の重要文化財に指定されています。時々一般公開されているようですが、タイミングが合わず見学したことはないです。
 小さな寺域の寺院ですが、丸亀に立ち寄られた際には、足を延ばしてみてはどうでしょうか?


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


【妙法寺|2015年9月25日|Lumix DMC-GX1】


◆妙法寺(蕪村寺)◆
所在地:香川県丸亀市富屋町9
宗派:天台宗
本尊:金剛界大日如来
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生田神社【兵庫県神戸市中央区】

2015年08月27日 15時46分50秒 | 神社仏閣
 神戸市の三宮駅北側に鎮座する『生田神社』は、稚日女尊<わかひるめのみこと>を祭神とする式内社です。旧社格は官幣中社で、西宮市の廣田神社や神戸市長田区の長田神社とともに神功皇后以来の歴史をもつ神社でもあります。


【生田神社鳥居|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】

 もともとは新神戸駅の奥にある布引山に祀られていたのですが、大洪水で山が崩壊する恐れがあり、今の生田の森に移転したそうです。最盛期は、現在の神戸市中央区一帯が社領であったようです。
 社殿は、神戸大水害・神戸大空襲・阪神淡路大震災などの被害あい、その都度復興され、「蘇る神」として崇敬を受けています。また、札所としては、神仏霊場巡拝の道66番に登録されています。


【生田神社楼門|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社拝殿|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社拝殿|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社本殿|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社本殿|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】

 本殿の北には「生田の森」と呼ばれる鎮守の森が広がっています。


【生田神社生田の森|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社生田の森|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


【生田神社生田森坐社|2015年8月22日撮影|Canon EOS 50D】


◆生田神社◆
所在地:兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
主祭神:稚日女尊
社格:式内社・官幣中社・別表神社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永保寺【岐阜県多治見市】

2015年08月19日 22時58分24秒 | 神社仏閣
 岐阜県多治見市に位置する『永保寺』は、臨済宗南禅寺派の寺院です。山号は虎渓山で、創建は正和2(1313)年です。開創は夢窓疎石で、開山は元翁本元となっています。


【黒門|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【庫裏|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【鐘楼|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【大銀杏|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】

 『虎渓山略縁起一人案内』によると、正和2(1313)年、夢窓疎石一行が道に迷っていたところ、白馬に乗った女性に出会い道を尋ねたが返事はなく、夢窓疎石が「空蝉のもぬけのからか 事問えど 山路をだにも 教えざりけり」と歌を詠んだところ、「教ゆとも 誠の道はよもゆかじ 我をみてだに 迷うその身は」と返歌して女性は忽然と消え失せ、付近の補陀岩上に一寸八分の観世音菩薩像が出現したとあります。その観世音菩薩像を本尊とする水月場(観音堂)を建立しました。そのお堂が今も残る国宝に指定されている「観音堂」です。


【無際橋と観音堂|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【無際橋|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【無際橋と観音堂|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】

 南北朝時代に建立された「開山堂」も国宝に指定されています。


【開山堂|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】

 庭園は、国の名勝に指定されています。


【庭園|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【無際橋|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【六角堂|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【心字池と本堂・庫裏|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【境内風景|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】


【境内風景|2015年7月24日撮影|Canon EOS 50D】

 境内の広さは中程度ですが、国宝建築2棟に名勝庭園など、なかなか見どころの多い寺院です。

◆永保寺◆
住所:岐阜県多治見市虎渓山町1-40
山号:虎渓山
宗派:臨済宗南禅寺派
本尊:聖観世音菩薩

コメント
この記事をはてなブックマークに追加