おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

伊豆沼・内沼はすまつり【宮城県栗原市・登米市】

2019年07月17日 23時57分35秒 | 街の風景
 宮城県栗原市と登米市にまたがる東北最大の低地湖沼「伊豆沼・内沼」では、ハスの開花時期にあわせて「はすまつり」が開催されるそうです。今年は7月20日~8月31日の期間になっています。


 湖面いっぱいに数十万本のハスの花が咲き誇るさまは、極楽浄土の様だと、多くの観光客が訪れてるようです。昨年この時期に宮城県に行ってたのですが、この情報知らなくてチャンスを逃してたのが残念です。また、チャンスが巡ってくるかな~。
コメント

大魚神社海中鳥居【佐賀県太良町】

2019年07月16日 23時37分38秒 | 街の風景
 佐賀県太良町の有明海沖に浮かぶ海中鳥居です。一度、自分の目で見てみたいと思っているものの一つです。


 海や湖に浮かぶ鳥居は、全国各地にちらほらと存在はするのですが、ここは最大6mという日本最大級の干満の差があることから、かなり特異な景観をみせてくれるようです。



 干満の様子を観察するには、それなりに時間を確保しないといけないのだけどね。
コメント

弓ヶ浜と大山【鳥取県境港市】

2019年07月15日 23時09分43秒 | 自然風景
 ちょっと霞んでますが、弓ヶ浜から見た大山です。弓ヶ浜半島は鳥取県西端部から北西に向かって延びる細長い半島です。全島は17km、幅4kmの砂州です。標高が低くて山がほとんど存在しない半島でもあります。空気が澄んでれば、大山が綺麗に見えるのです。。。天候には逆らえないのしかたないですね。


 釣り人が沢山おられました。何が釣れるのでしょうかね?
コメント

ラムネ銀泉【島根県飯南町】

2019年07月14日 18時42分00秒 | 温泉
頓原の天然炭酸温泉の歴史は古く、大国主命が岩の間から湧出しているのを発見したと伝えられ、土地の人々に利用されていたそうです。
明治13年に、製鉄業などの実業家である片山茂五郎が、この鉱泉に注目し分析したところ、多くの効能があることが証明され、翌年ドイツで開催された博覧会で「世界稀有の鉱泉なり」と賞賛されたそうです。
その源泉を利用したのがこの『ラムネ鉱泉』です。大分のラムネ温泉のように肌に気泡がまとわりつくようなお湯ではありませんでしたが、炭酸の含有量はラムネ温泉に近いものがおるようです。ややお湯の温度が低いですが、優しいお湯で、とても心地よかったです。
 
コメント

美保館【島根県松江市】

2019年07月13日 19時41分00秒 | 建築士会
今日は島根県松江市美保関町の三保館にて、建築士会の中四国ブロックまちづくり委員長会議に参加しています。ブロックでは年一度の会議なのですが、とても有意義な会となりました。
コメント

涸沢岳【岐阜県】

2019年07月12日 23時17分51秒 | 自然風景
 岐阜県と長野県にまたがる穂高連峰は、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳、明神岳などの峰々で構成されています。主峰は奥穂高岳で標高は3190mで日本第三位の高さを誇ります。絶景という観点からだと『涸沢岳(からさわだけ)』かなって思ってます。穂高連峰に足を踏み入れてないので、勝手な想像ではありますが(^^;;


 眼下に日本有数の氷河・涸沢カールが広がる山で、夏にはハクサンフウロなどの高山植物、秋にはナナカマドが真っ赤に紅葉し、絶景マニアの撮影スポットになっているようです。ここも訪問してみたい地のひとつです。 
コメント

マハロ【愛媛県西条市】

2019年07月11日 21時13分15秒 | グルメ
 今日の午後から愛媛県今治市で住宅の打ち合わせだったので、お昼ご飯を今治市に入る手前の西条市で食べようと計画。さて、西条市で何を食べようかと思案してたら、そうだ、ご当地グルメの「西条てっぱんナポリタン」を食べようと思い立ちました。そこでいろいろ調べてたら『マハロ(MAHARO)』に行きつきました。ナビをセットして、事務所から出発。住宅街の中の細い道をクネクネと、地元の人じゃないとナビが無かったらたどり着けないような場所でした。もちろん「てっぱんナポリタン」をいただきました。何組かお客さんがやってきましたが、みなさんナポリタンをオーダーされてました。


 やっぱナポリタンは鉄板の上でジュージューいってないとダメですよね。ナポリタン好きなんですよね。美味しくいただかせていただきました(^^)v
 ここ、サッカーの長友選手の叔母さんが営んでるお店だったのですね。サインが壁に描かれてました。ユニホームもディスプレーされてました。


 外観と内観はこんな感じです。かなり個性的なお店です。




◆マハロ MAHALO◆
住所:愛媛県西条市大町432-4
電話:0897-55-1122
営業時間:9時~18時
定休日:月曜日

コメント

キレット【長野県】

2019年07月10日 22時28分59秒 | 自然風景
 山登り系の書籍やWebを見てると目にする「キレット」という言葉。漢字では「切戸」と書きます。長野県の方言から来た言葉だそうで、山と山をつなぐ尾根が深く切り落ちている場所のことをさします。通常の尾根より細く、断崖絶壁であることから、難易度の高いコースが多く初心者では、技術的に厳しいルートであるようです。
 三大〇〇ってものがあるように、キレットにも「三大キレット」と呼ばれるものがあります。何かというと『大キレット』『八峰キレット』『不帰キレット』です。


 踏破をしようとは思ってませんが、なんか写真だけは撮りに行きたい気がします(^^)
コメント

霧ヶ峰【長野県】

2019年07月09日 23時16分05秒 | 自然風景
 長野県には登ってみたい山が沢山あるのですが、『霧ヶ峰』もその一つのやまです。エアコンのブランド名にも使われてるので、よく聞く固有名詞だとは思います。
 霧ヶ峰という山があるわけではなく、8つほどのピークを持つ山体の総称のようです。一番標高が高いのが車山で標高は1925mです。ハイキング感覚でトレックできるので、登山技術の低い私でも十分楽しめる山ではないかと想像しています。


 ここは湿原も有名で、『八島ヶ原湿原』は日本を代表する高層湿原でもあります。他にも『踊場湿原』と『車山湿原』があり、この3カ所の湿原は天然記念物にも指定されています。
 長野県に行く機会があれば、チャレンジしてみたいですね(^^)v
コメント

今日のほまれ

2019年07月08日 22時20分00秒 | ほまれ
なんか微妙に暑い一日でした。最近はほまれと一緒に出勤はしてなくて、もっぱら、ほまれはお留守番です。その分事務所から帰ると、遊ぼうアピールが強くて、やたらちょっかいかけてきます。それはそれで可愛いのですけどね。
甘噛みされております(^^)
コメント

塚地公園【高知県土佐市】

2019年07月07日 21時20分39秒 | 街の風景
 昨日のブログで描いた「遍路道・塚地越え」登り口には駐車場が整備されていて、周辺は「塚地公園」として整備されています。休憩スペースの東屋の横には水車が設置された「大師の泉」があります。水車横にはアンパンマンがいます。高知県でアンパンマンなのはわかるような気がしますけど、ここに設置する意味はないような。。。再考してほしいものです。本来の湧水は峠付近にあるもので、遍路の方たちの喉を潤わせているのだろうと思いますが、現物は確認していません。



 紫陽花がまだちらほらと咲いてました。雨の日の紫陽花はやっぱ綺麗ですね。





コメント

遍路道 塚地越え【高知県土佐市】

2019年07月06日 23時40分18秒 | 歴史
 高知県土佐市の高岡と宇佐をつなぐ「塚地越え」は、四国八十八箇所霊場第35番清瀧寺から第36番青龍寺への遍路道にあたります。県道39号線の「塚地坂トンネル」入口横から峠へと向かう登山道の入口になります。峠への高低差は140mになります。昭和20年代頃までは、峠のあたりに茶屋があったそうです。







 当日は雨ということもあって、ガスが降りてきてて、かなり幽玄な雰囲気となってて、趣がありました。
 このあたりが峠になります。


 近くには展望所がありました。晴れてたら横浪三里が綺麗に望めるのだと思いますが、当日の天気ではかすかに宇佐湾が見えるくらいの視界しかなかったのが残念でした。


 この遍路道は、国の史跡に指定されています。
コメント

サワガニ

2019年07月05日 23時40分45秒 | 自然風景
 先日、雨の中、少し山道を歩いた時に、サワガニが歩いてました。子供の頃は、街の中でもサワガニを見かけることがあったのですが、最近はめっきりと見ないですね。用水路もコンクリートになってるから当然といえばそうなのでしょうけど。あっぱ、雨と蟹は絵になりますね。いい雰囲気を醸し出しています。

コメント

帆竿【高知県土佐市】

2019年07月04日 23時01分20秒 | グルメ
 高知県土佐市の宇佐はウルメイワシが名物です。ウルメイワシで頭に浮かぶものは「丸干し」だと思いますが、ここ宇佐は鮮度が良いから丸干しではない鮮度抜群のウルメイワシ料理が味わえます。ということで宇佐町宇佐の『帆竿』に行ってみました。
 まずは、鮮度が良いということで「うるめ刺身」をいただきました。ウルメイワシの甘みをダイレクトに感じることが出来る美味しい刺身でした。


 次にここの人気メニューでもある「うるめ天丼」をいただきました。サクサクの天ぷらに、とても美味しいタレがかけられていて、満足のいく一品でした。


 宇佐のウルメイワシは、できる限り傷つけないよう一本一本釣りあげるのだそうです。ということから『宇佐もん一本釣りうるめいわし』と呼ばれています。そんなウルメイワシを味わえるお店が、帆竿以外にも何店舗かあるようです。また機会があれば、美味しいウルメイワシを味わってみたいです。

◆帆竿◆
住所:高知県土佐市宇佐町宇佐2747-1
電話:088-856-0847
営業時間:11時45分~14時、17時半~21時
定休日:金曜日
コメント

本島笠島の猫

2019年07月03日 23時03分15秒 | 猫・動物
 丸亀市沖合に浮かぶ、本島の笠島地区で出会った猫さんです。


 建物間の狭いスペースからこちらの様子を伺ってる、猫らしい姿です(^^)v
コメント