おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

伊弉諾神宮の夫婦クス

2022年05月21日 23時08分31秒 | 天然記念物
樹齢900年と推定されている「伊弉諾神宮の夫婦クス」です。元々二株だったものが、結合して一株として成長しています。幹周は8m、根周り12.4m、樹高は約30mです。見事な大楠でした。伊弉諾・伊弉冉二神の神霊が宿る神木として、夫婦円満・安産子授・縁結びなどの信仰で篤く崇められています。昭和48年3月9日に兵庫県の天然記念物に指定されています。





伊弉諾神宮 放生の神池

2022年05月20日 23時30分01秒 | 街の風景
伊弉諾神宮の『放生の神池』です。古くは放生神事(鳥や魚を放して生命の永続を祈る行事)が行われていました。現在は病気平癒のための命乞に「鯉」を放ち、快癒の感謝に「亀」を放つ信仰習慣がありそうです。もともとは本殿後背の森を隔てる「ため池」と連結して、神陵の周囲に巡らされた濠の名残と考えられています。


馬路村魚梁瀬の遠景

2022年05月19日 23時02分27秒 | 自然風景
高知県安芸郡馬路村魚梁瀬の遠景です。魚梁瀬は馬路村の北部、奈半利川上流域に位置し、四周を標高1000m程の山に囲まれた地域になります。銘木として有名な魚梁瀬杉を産出する地でもあります。
壇之浦の合戦で敗れた能登守平教経が阿波祖谷山に入り、さらに危険を避けてこの地に居住したという伝承が残っています。教経の子孫は門脇氏を名乗り、多くの家来とともに当地を繁栄に導いたとも伝えられれいます。戦国時代末期には柳瀬氏を名乗る者がいて、安芸国虎より当地方を任されていたと記録が残っています。山村のため生産性が低く、良質な木材生産が村を支えていたのだと思います。先日、ブログに記載した森林鉄道も、木材生産の一端を担ったものです。
下の写真中央部の集落が魚梁瀬集落になります。



伊尾木漁港石積堤

2022年05月18日 23時37分05秒 | 街の風景
「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれている「伊尾木漁港石積堤」です。
河野の郷士久保家によって開発された港で、江戸時代の終わり漁港整備にと内港の開削を進め、石組の防波の建設に取りかかったが、藩の財政難から工事は中断。明治以降にも何度か開発が試された後、放置され、河野池として残ったものです。


魚梁瀬ダム

2022年05月17日 23時26分20秒 | 街の風景
魚梁瀬ダムは、奈半利川最上流部に造られた発電用ダムです。形式はロックフィルになります。完成は昭和45年(1970)になります。


平安宮内裏の宿

2022年05月16日 23時18分10秒 | 建物
山中油店が運用している長屋タイプのゲストハウス『平安宮内裏の宿』です。建っているのは平安宮弘徽殿があった場所だそうです。弘徽殿は天皇の居所である清涼殿に近く、後宮の中では重要な殿舎のようで、「源氏物語」の弘徽殿女御は桐壺帝に入内し、後の朱雀帝を産んだ女性となっています。





こちらはギャラリーとして活用されている建物です。

魚梁瀬森林鉄道

2022年05月15日 23時38分37秒 | 街の風景
魚梁瀬森林鉄道は、魚梁瀬で産出されていた木材の運搬に使っていた鉄道です。明治44年(1911)に、安田川沿いの田野~馬路間が開通し、その後、馬路から魚梁瀬へと延長されました。大正6年(1917)には本線終点の石仙まで軌道が伸びました。やがて、本格的な鉄道輸送の時代を迎え、奈半利川沿いにも軌道も敷かれるようになり、中芸地区を結ぶ森林鉄道が開通しました。運用は昭和38年(1963)までされていたそうです。
最初は、勾配を利用して海岸まで木材を搬出し、空になったトロッコを犬が引いて戻っていたそうですが、大正10年(1921)からは機関車による運用が始まっています。
下の写真は、ディーゼル車の野村式L69号になります。



安兵衛の餃子

2022年05月14日 22時28分54秒 | グルメ
高知市の屋台・安兵衛の餃子を久し振りにいただきました。小粒の餃子なので二人前ペロリといってしまいました。普段ビール飲まないけど、ビールが美味しかった。


出水町家

2022年05月13日 23時43分41秒 | 街の風景
昨日ブログに記載した山中油店が運用しているゲストハウス「出水町家」です。山中油店は何棟かゲストハウスを運用してて、その中の一つになります。所在地は、山中油店の店舗正面にあたります。定員は8名となっていました。建物概要は、説明文によると「1階は4畳半の部屋が2室、3畳の部屋が1室。2階は6畳と4畳半の部屋が1室ずつの合計5部屋。」となっています。


山中油店

2022年05月12日 23時02分58秒 | 街の風景
京都府京都市上京区下丸屋町に店を構える『山中油店』です。文政年間創業の食用油の老舗です。このあたりは、平安京の内裏があった場所のようで、そのことを示す表に案内板がいろんなところに設置されていました。国の登録有形文化財となっています。



野間の大けやき

2022年05月11日 23時50分13秒 | 天然記念物
国の天然記念物に指定されている「野間の大けやき」です。大阪府豊能郡能勢町野間稲地に位置します。大阪府最大のケヤキで、樹齢は1000年以上と推定されています。昭和23年(1948)に天然記念物に指定されています。


西本願寺総門

2022年05月10日 23時19分03秒 | 街の風景
京都市の西本願寺総門の見える町の風景です。もともとは境内地の総門でしたが、堀川通によって境内地と切り離されています。堀川通と交差するところに建っているので、通りから見ると一体化した、とても趣のある街の風景となっています。総門は重要文化財に指定されています。


生シラス丼@淡路島

2022年05月09日 22時12分56秒 | グルメ
生シラス丼を食べに淡路島に行ってきました。
淡路島の「生しらす」には5か条あるようです。
一、淡路島岩屋港で水揚げされたしらすである事
一、ベテラン職人が目利きし納得したもののみ使用する事
一、水揚げ後「先取り」しそのままの鮮度で瞬間冷凍する事
一、料理人は「驚き」と「感動」を与える渾身の逸品を提供する事
一、漁師・加工業者・販売店・関わる全ての者が一体となり、淡路島の「新鮮な魚」の魅力でたくさんの「笑顔」を創る事
参加店舗は65店舗となっています。
どこに行こうか迷っちゃいましたが、淡路市の「魚繁」に行ってみました。
とても美味しい「生シラス丼」で、淡路まで足を運んでよかったと思いました。





三嶺

2022年05月08日 23時04分25秒 | 行ってみたい
「三嶺」は、剣山国定公園の西端にあたり、徳島県三好市と高知県香美市にまたがる高知県最高峰です。徳島側では「みうね」、高知側では「さんれい」と呼ばれています。標高は1894mで、日本二百名山および四国百名山に選定されています。三嶺から西熊山、天狗塚(1812m)に至る山稜部一帯は「三嶺・天狗塚のミヤマクマザサ及びコメツツジ群落」として天然記念物に指定されています。まだ、踏破していないの行ってみたいです。


アンテロープキャニオン

2022年05月07日 23時41分57秒 | 行ってみたい
世界には、見事な絶景を楽しめる場所がたくさんあるようで、アメリカ・ユタ州南部にある「アンテロープキャニオン」はその一つでもあります。風と水の浸食で作られた地形に光の効果で、感動ものの風景を楽しめるようです。行ってみたいです。