電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

宮城谷昌光『孟嘗君』第4巻を読む

2006年04月16日 20時18分52秒 | -宮城谷昌光
桜前線はもう福島県と山形県の県境あたりまで来ていると思いますが、開花を前に気温の方はやや足踏み状態です。昨日今日と家内も風邪気味で、終日自宅で過ごしました。こうなると、読書もはかどります。『孟嘗君』第4巻を読み終えました。

「それぞれの道」の章は、斉の宰相である鄒忌(すうき)の悪役ぶりが描かれる。馬陵の戦いで、孫子の指揮のもと、斉軍は魏に劇的な勝利をおさめる。しかし、凱旋する田忌将軍を待っていたのは、讒言により反逆者として亡命する運命であった。田文の親友である夏侯章の父は、田忌将軍のために重傷を負う。
「父と子」の章では、隻真とともに田嬰を仇と狙う隻蘭が、実は真犯人である鄒忌に騙され復讐心を利用されて、心ならずも王の子を宿したこと、そして鄒忌の手から田文に救われる経緯が描かれる。
「流別」の章では、白圭のもとで隻蘭が王の子を産む。蘭は誤った復讐心により失った心の平安を悔い、黄河の治水に挑む白圭のもとで無償の事業に打ち込む田文を慕う。白圭は蘭を洛芭(らくは)と改めさせ、田文を慕う心を憐れみながら、秦の公孫鞅のもとに行かせる。最後の一夜を共にした洛芭は、田文の子を宿す。
「壮者の時」の章では、秦の孝公が没し、暗愚の子・恵公が即位する。宰相である公孫鞅を憎む恵公は、商鞅の亡命を許さず、これを討った。公孫鞅の妻・風麗は白圭の妹であり、逃亡の途中で山賊の手に落ちる。田文らは身代金を運び、風麗らを救い出す。
一方、「靖郭君」の章では、田文の子を伴って秦を脱出した洛芭が子どもと離れ、趙の公叔家に捕われの身となる。偶然に出会った養父隻真に、真の仇は田嬰ではなく鄒忌であることを伝え、ようやく脱出に成功する。その頃、鄒忌は政敵の田忌の復帰を妨げるべく楚に向かうが、その隙に田嬰は謹慎を解かれ、韓の昭侯と魏の恵王を斉の威王のもとで同盟を結ばせることに成功する。この外交上の成果により、田嬰は靖郭君と呼ばれるようになる。
「徐州の戦い」の章では、田文が楚の亡命先に田忌将軍を訪れる。斉の威王は、魏との外交上の成果を賞し、鄒忌を罷免し靖郭君・田嬰を宰相とする。斉と楚の戦いは楚の勝利に終わるが、田嬰家の食客であった張丑を伴って公孫閲が粘り、田嬰の失脚は阻止される。

斉の国を蝕む悪役・鄒忌の存在感はたいへん大きいものがあります。田嬰の最大の政敵であると同時に、田文・洛芭の二人にも、不倶戴天の敵役でもあります。これだけ強力な悪役を描くと、いかに打倒するかが中心になり、悪役が倒れた後の描きかたが難しいと思いますが、さてどうでしょうか。

写真は、河原のネコヤナギの新芽です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 担当者とサンプルデータ | トップ | なぜ高校生は田舎を嫌うよう... »

コメントを投稿

-宮城谷昌光」カテゴリの最新記事

トラックバック

「あなたのパソコン、ズバリ言うわよ!」 (☆゜\'・:*:.。真夜中の星の庭。.:*:・\'゜☆)
あいかわらず惰眠をむさぼって生きてます。 ちょっと風邪気味。 正午の寸前に起き出して、依頼された書類をちゃちゃっと作り、 亀の歩みであてのない作業。 夕方、気分転換に散歩に出て、電器屋へ。 画面の大きいパソコンがほしいとか、いいかげんにFDからDVDに変えようかと