電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

昔の事務所の様子はたしかにこんな風だった~高度成長以前のオフィス

2013年08月08日 06時04分03秒 | 手帳文具書斎
当ブログには、「手帳文具書斎」というカテゴリーがあり、パーソナルな事務を中心とした記事を連ねておりますが、事務用機器やツール類が参考になるという理由で、オフィスの歴史にも興味を持っております。その点では、昔の事務所の様子~腕カバーをした事務員とそろばんとペンと帳簿~の再現展示は、たいへん興味深いものです。

山形県郷土館・文翔館は、国指定重要文化財であり、大正初期の石造建築としても貴重なものです。昭和末に修復されたものですが、室内の飾り天井の漆喰の見事さなど、思わず感嘆してしまいます。何度訪問しても見飽きることのない素晴らしいものですが、今回は少々違う角度から、常設展示の中でも特に興味深い、「昔の事務所」風景をご紹介しましょう。



事務所の一角では、主任らしい男性事務員が黒い腕カバーをしてソロバンに向かっています。課長と思われる年配の男性が、万年筆を手に、和服の女性事務員から話を聞いている、という情景です。昔と言っても、課長が真ん丸眼鏡をかけ、女性事務員が和服を着ているのですから、おそらくは大正~昭和初期くらいかと思われます。





机上には、赤とブルーブラックらしいインクびんと吸い取り紙があり、ペン立てには数本の鉛筆と付けペンが入っていて、鍵のかかる印箱がのっています。机上には帳簿が広げられ、本立てには関係帳簿一式が並んでおり、木製の未決箱と既決箱には、文書が入っている、という風景です。



現実には、通帳や印鑑などが入っていたと思われる、革製の出納バッグが机上に放置されることはあるまいと思われますが、幼い頃に眼にした農協や役所の風景が、ちょうどこんなものでした。小学生の頃、同級生のお母さんが農協の事務員で、鉄ペンやガラスペンにいちいちインクを付けて書かねばならない煩わしさを嘆き、万年筆の便利さを話していた記憶があります。昭和30年代、まだ元気だった祖父が、万年筆で日記や葉書を書いているのを、羨ましく眺めていた、そんな時代でした。

さすがに昭和30年代には、女性事務員も洋服を着て働いていましたので、この風景とはいささか違いますが、でもどこか懐かしさを感じるものです。

ちなみに、これは旧知事室。



そして、こちらが旧山形県庁・文翔館のサイドビューです。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 寝床用備忘録雑記帳を更新、... | トップ | 古いネクタイを処分する »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腕カバー (こに)
2013-08-08 11:28:57
今は見ませんねぇ。
卓上電話はまだ無かったのですね。
『かなり』懐かしい風景です。(^.^)
ほとんど昔話の世界ですが (おなら出ちゃっ太)
2013-08-08 18:12:39
ほぼ、「日本むかし話」と変わらないですね、これくらい古くなると。でも「腕カバー」は、父も使っていたような気がします。最近では家庭菜園やガーデニングをする女性に必須の品ですが。
あのころに比べて仕事の生産性はあがったのかも知れませんが、それで人が幸せになったのかというと、どうも首肯しがたいですね。無駄に忙しくなっている気もするし…。
こに さん、 (narkejp)
2013-08-08 19:49:20
コメントありがとうございます。腕カバーは、農業専門店で売っていました。カラフルな花柄のものもあり、今も現役ですよ。
卓上電話は、いつ頃から入ってきたのでしょうね。昔は、代表電話にかけると、お嬢さんが内線電話につないでくれるのでした。今は、味気ないですね~(^o^;)>poripori
おなら出ちゃっ太 さん、 (narkejp)
2013-08-08 19:56:52
コメントありがとうございます。大正~昭和初期の想定ですから、「日本むかし話」と変わらない……いやいや、女性事務員が洋服を着ていれば、昭和30年代前半でも、ほとんどこんな感じでしたよ。デスク上にダイヤル電話が乗り、ボールペンや電卓が普及し、ワープロがパソコンに置きかわり、LANケーブルが張り巡らされ、という具合な急激な変化があったのだと思います。
単純定型作業が機械化・自動化されたために人手が削減されて、複雑な業務を少数の人間でこなさなければいけなくなったための、労働の高密度化、でしょうね。

コメントを投稿

手帳文具書斎」カテゴリの最新記事