♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して67年の
「世の光」を文字で 

■このうえない人生 / 関根弘興

2019年08月09日 | Weblog
2019/7/5放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。
 福音書を読んでいくと、イエス・キリストの弟子たちが何をいつも議論していたかが良く分かってきます。それは誰がこの中で一番偉いのかという議論でした。

 そんな弟子たちにイエス様はこう言われました。「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者はみなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。」

 ある方はこういうことばを聞くと、「いや、私は偉くなりたいなどと思っていないので、このイエス様のことばは関係ないですねえ。」と、そう感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、この「偉くなりたい」と訳されていることばには、この上ない人生を送りたいというような意味もあるんです。この上ない人生を送りたいと誰もが思いますよね。イエス様は、もしあなたがこの上ない人生を送りたいなら権力を振るう生きかたや威張り散らす生き方ではなく、仕え者・しもべになれ、と言われたのです。

 それでは、仕える者・しもべになるとはどのようなことなんでしょうか。聖書はどう教えているのでしょう。身体のことを少し考えてみましょう。もし身体の器官が自己主張したり自分勝手なことをし始めたらどうでしょうね。口がこれ以上食べ物をただ噛んで飲み込むだけじゃあ物足りないと言ってボイコットしたら、栄養は身体に入っていきませんね。手が足に向かって、(お前は)必要ないと言ったらどうでしょうか。身体の健康はそれぞれが自分の役割を知り、それぞれが仕えることに徹しているときに健康が保たれていくんですね。そしてどんな小さな器官も必要でないものなど何一つないのです。私たちはそれぞれが身体の器官の一部のような、そんな存在なんですね。それぞれの個性も性格も違います。できることもみな違います。ですから、決して人と比べないでください。あなたはあなたでなければならない大切な大切な存在、一人なんです。

 時々、いやあ私は何もできないと思うことがあるかもしれませんね。でもあなたの小さな笑顔がほんの一言が励ましや慰めをもたらしていくんです。私たちはこの世に生かされている限り、生涯現役のしもべです。この上ない人生を送りたいと思うなら、しもべになりなさいとイエス様はおっしゃっています。愛をもって互いに仕えながら、そんな人生を送らせていただきましょう。

     (PBA制作「世の光」2019.7.5放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。