銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

くるみ割り人形と秘密の王国

2019年03月19日 13時50分58秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS
2018年
アメリカ
100分
ファンタジー/アドベンチャー
劇場公開(2018/11/30)



監督:
ラッセ・ハルストレム
ジョー・ジョンストン
『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

出演:
キーラ・ナイトレイシュガー・プラム
マッケンジー・フォイクララ・シュタールバウム
エウヘニオ・デルベスホーソーン
マシュー・マクファディンシュタールバウム氏
リチャード・E・グラントシヴァー
ジェイデン・フォウォラ=ナイトキャプテン・フィリップ
ミスティ・コープランドバレリーナ・プリンセス
ヘレン・ミレンマザー・ジンジャー
モーガン・フリーマンドロッセルマイヤー



<ストーリー>
母を亡くし、心を閉ざしたクララは、クリスマスイヴに母からもらった卵型の入れ物の鍵を探すうちに美しく幻想的な世界へ迷い込む。

『美女と野獣』のディズニーが“くるみ割り人形”をついに映画化!

―感想―

エンドロール含めたバレエシーンはいらんけど、お話は楽しく観れました。
ディズニーらしさが出た映像美に酔い痴れますね。
悪と思った人が善で、善だと思っていた人が悪だったというちょっとした捻りのある展開も良き。
雰囲気もドロドロしたものではなく、全体的にカラっとした明るさを感じたのも個人的には好み。
何よりクララを演じたマッケンジー・フォイが可愛くて、ずっと目で追っていたなあ俺。
彼女て『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』でレネズミ・カレンを演じてた子だったんだね。
あの時は本当に愛くるしい幼女て印象だったけど、好い具合に綺麗に成長したよねえと目を細めてしまった。

とある「鍵」を巡って、クララが異世界へと迷い込む物語ですが、その「鍵」を掴んで離さないのがネズミちゃん。
クララが「糞ネズミ!」と叫ぶ程にあちこちに持って行ってしまうネズミちゃんですが、見慣れてくると中々チャーミングなんですよね。


この映画はクララとネズミに癒されると言っても過言ではあるまい(笑)。

今作のマッケンジー・フォイ図鑑


いやあおとぎの国に相応しい実に容姿端麗な美少女ですわ。
鑑賞中はマジ恋しちゃってたね、彼女が主人公で本当に幸せ。

評価:★★★☆
19/03/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-06
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 響-HIBIKI- | トップ | 切り株画像(映画『デス・ウ... »
最近の画像もっと見る

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事