銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ボア

2019年06月24日 13時17分28秒 | 洋画アクション
BOAR
2018年
オーストラリア
96分
アクション/パニック
劇場未公開



監督:
クリス・サン
出演:
ネイサン・ジョーンズ
ヒュー・シェリダン
ビル・モーズリー
クリスティン・リー・ブリテン




<ストーリー>
牧場を営んでいる弟に会う為、車を走らせていたデビー一家。その途中、巨大生物による家畜の被害を耳にする。その夜から巨大な何かが住民を食い殺していく。そしてついにはデビー一家にも巨大な影が忍び寄る。

―感想―

ボア ボア ヤクルト ボア誰のものボア ボア 君のもの♪

それはジョアや!
またつまらん事を書いてしまった。
しかも俺が嫌いなごうりきのCM...。

アホ家族の顔が一瞬で凍り付く、その時の瞬間てなんか面白いよね。
だから全然同情はしない(笑)

うんまあそれなりにデカかったスよ猪。
ただ、なんで襲撃シーンが夜ばかりなのか、それが解せぬ。
親父と彼氏が食われる時は真昼間だったのにねえ、明るい方が観てても楽しいのに。
夜だと見辛いねんって。

父の様子を見に来たバーのねえちゃんが唐突に車で猪に突っ込む場面はワロタw
前振りも何も無いんやもん。
演出が破天荒過ぎ。

「殺したの?」
「死んだわ」

いや、ぜってえ死んでねえわ、て思っていたら案の定。
ちゃんと止め刺せよ、こういう類の映画てなんでか中途半端に仕留めて立ち去るから好かん。
もしかしたら作られるかもしれない続編の為に敢えてそうしているてのは分かるのだが、そんなんどんな形でも出来るやん(例えばもう1匹居たとかさ)、後腐れない決着を付けて終わって欲しいわな。

ハゲのおっさんは、他の映画で言うシュワルツェネッガー枠、もしくはロック様枠。
図体大きい強面の顔でありながら何処かお茶目さんなキャラ像、憎めない唯一の素手で戦う男。

評価:★★★
19/06/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-06-19
メーカー:プルーク

コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« アンフレンデッド:ダークウェブ | トップ | フレディ/エディ »
最新の画像もっと見る