goo

好天が続く

 時の移りが早く感じられるのは、自分が老齢になってきたからに間違いなかろう。
80代になったのが最近のように感じるのは、自分が80代にドップリとつかりたくない思いの表れであろうと思えるようになった。
 思えば、還暦を経て古希もすぎて、次は何だったかと考えていたら、自分の思いとは裏腹にすぐに頭をかすめたのが、傘寿だったのかな?。「それは多分間違いなかろう」と思わざるを得なかった。今は傘寿も過ぎた。
 若いころの生活の乱れや、不眠に悩んだ日々(このことに付いては今も後を引いている)。従って、毎日ではないが、医師に調剤を進められて、今でも時々寝る前に、服用してるのが、「睡眠導入剤」である。
 毎日ではないが、週に2~3回はお世話になっている。いわゆる睡眠剤ではないが、導入剤であっても服用したと、頭に叩き込んで布団に潜るとすぐにではないにしても、きずくと結構よく寝てたことがわかるのだ。
 今日も好天?。とまではいかなくても午前中は良く晴れた。午後は薄曇りというところか?。
 狭い庭に菊を数種類植えてあるのが咲きだして、いま、盛りだ。菊は花の寿命が長いし、虫も晩秋の故か、殆どつかない。
 余談だが、昨日、ホームセンターに行く機会があったので、「レモネード」という苗木を一本購入してきたのを今日移植した。来年の春、何とか新芽が出てくれることを待つのみだ。




  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日没が早い

 11月も末日となる。
 明日は師走だ。もう年末が日、一日と迫って来るのみ。
曇り空の日であったが、気温は低い方ではない。何といっても日没が早い。
 家の周りや空き地に適当に植えてある菊が、いま、真っ盛りに咲いている。
菊は切り花にする程度で鉢植えなどは一本もない。つまり、毎年、秋になれば菊の花が咲くもの
という感じで、切り花にして花瓶に挿す程度だ。丈夫で邪魔ならば、踏んづけても枯れることがない。
 便利な花と言える。 
 日中、徒歩で買い物に行ってくる。できるだけ歩くようにしている。
 車ばかりに頼っていると、いざ、車を手放す段階になった時に困る筈だ。実際にそういう状態の人も知っている。
その段階では、杖に頼ってよろよろと歩けばよい方だ。場合によっては歩けなくなっている自分に気付き、
愕然とすることにはなりたくはない。




 
 

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

日が短い

日が短くなった。
11月30日、明日からは12月。すなわち師走。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

不要なもの。ばらして処分する。

 朝食後、外は雨、しばらく様子を見たが、変わりなく、今日はグランドゴルフは休みだ。
家の中でやること、やりたいと思ってたことが、いくらでもあるので、今日は何に手を付けようかなどと思うところだ。
 2階の部屋の一つがまだ、かたずいていないので、不要なもの、といってもほとんどが不要だ。これを片付けることに思いつく。
 どこまでやれるか、やれるまでやってみよう。ガンバロウー。
 家内と一緒に2階でタンス(50年前の和箪笥。3段)外せるところは外して燃えるゴミとして出せる部分とその他に分けて次回のゴミ収集日に出せる状態にまでした。(金属などは外しておく)
 これから、順次、家具、その他についてかたずけていかないと自分(自分と妻)がいなくなった時には困るだろう。二人ともに地元の出ではないから、特に迷惑をかけることになる。
 雨が降ると実際の気温より寒く感じるのが一般的だが、痩せ老人である自分は体に応える。



 昭和10年頃の雪国、新潟、豪雪地帯の囲炉裏端付近。後方に見えるのは箱膳
(当地キョロロの)画像を無断で拝借しました。(自分の実家近くです)

 下の画像は名古屋港水族館での鰯の群舞です。
館内が暗かったので、実際の目で見た場合と比べると、光の当たっているところ、そうで
ないところで大きく差が出てしまいました。




 





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

穏やかな温かい日

 穏やかな一日だった。「この天気も明日は曇りから雨になるでしょう」
これが天気予報だ。 
 最近は雨の日が多いので、今日のような日が何日かは続いて欲しいと思うのが大方の人が思ってるだろう。
秋は菊の花がきれいだ。
 近年は菊の種類も改良がなされている。従っていろんな花を楽しむことができる。







 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

晩秋の雨

 朝、起床前から雨が降っていたようだ。11月の雨ともなれば何となく寒い感じ。朝のうち、すぐ近くの公園トイレの件で出かけてくる。話がすんだらあとは家で温かくしてのんびり。柿をたくさんいただいてあったので食べたり、テレビで見たくもない番組をみたり、あとは昔作ったホームページの整理をしようと引っ張り出したCDであるが、いまだに手付かずのまま。さてどうなるか?。何事に関してもだが、突然思い立ってあちこちからひっぱりだして整理ができない。初め思ったようには進まない。
 病院で医師に診てもらっているが、君の病は認知症であるとは言わない。しかし本人である自分にはわかるのである。何事をやるにも時間がかかる。歩く速度も従来よりも遅くなった。そして膝にも負担がかかっていることがわかるのである。
 歩く速度については、自分もそれなりに齢を重ねてきたし、やむを得ないと思っているところだが、以前から顔見知りの近くの自転車屋のご主人が昨日、片足を引きずり、杖に頼ってゆっくりと歩いているのに出会った。私の顔を見るなり、「こんな状態でしか歩けないことになってしまった」。「少し若い時から歩くことにも時間を取らないと」これはわたし。「そのとうり」とご本人。とにかく、極力、歩かないと駄目だ。わずかな距離でも車に頼る日常が招いた結果だ。
 全国、どこに行っても思うように歩けないという老人が多い。特に大都会が多いようだ。これは以前より、分かっていたことではあるが、国全体としてもこれから数10年間、大変な年月を経なければならない。(散歩コースでみるモミジ)

                            傘寿越え 俺もそろそろ 断捨離か

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

終日、寒い雨天だ

 寒い。夜来の雨ですが、終日降りっぱなしだ。こうなると「寒さが余計に応える」というもの。私の住んでいる地域は子供の数は少ない。半面、老人は多いようだ。ここに限った現象ではないが、色々な面で日本国も、ピークを過ぎて下り坂に向かっているように思えてくるのは自分だけだろうか。気になるところではある。
 気候の面でも不安定続きで10月の末であるにもかかわらず、台風情報が頻繁にテレビで知らせている。さて、季節は食欲の秋でもある。柿、リンゴ、ナシ、ミカンなど。
 気のせいか食事も旨い。やがて寒さがやってくる。昨日は灯油売りがタンクローリーで回ってきた。ストーブであれ、エアコンであれ、掃除したり暖房の面でもぬかりなくしなくてはならない。
 加齢のために体の機能全般にガタガタになっているので、病院通い、は毎月決まっているし、当然のこと、薬の量も種類も増えている。
 最近はさっぱりご無沙汰しているが、以前毎日のように歩いていたコースに「日の出不動」がある。そこの駐車場のうえに石塔がいくつも立っている。その一つに「還暦も過ぎ古希近し・・・・・」というのがあったが、100年にも満たない過去の石塔である。
 戦争に負けて日々の生活にも困窮して過ごした日々が長く続いた。栄養が摂れず子供であっても亡くなってしまった人も多い。今の日本の平均寿命は当時から見て随分伸びている。
 テレビで「キンは100才、ギンも100才
」という放送があったが、当時から見ても100才以上のひとたち
多さは比較にならないものがあると思う。
 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

11月になってしまった。

 もう、11月、「加齢とともに年月の経過は正比例して早くなる」。以前、ある先生に教えていただいた記憶がある。
 まったく、そのとおりである。わが家でも昨日、石油ストーブを2階からだしてきた。早速、燃料を入れて、点火してみる。つい最近まで、暑い暑いといってたのにもう、ストーヴの世話になるとは。情けない思いやら、仕方ないことと、納得するやら、みじめな思いになる。田畑の作物は既になくなった。
 来春までの辛抱だが、体力の衰え著しい自分のこと、元気で春を迎えることが可能か否かは不明。まあ、それはどっちでもよろしいことだが、長女、長男それに孫たちがそろって、元気に日々を送ってくれていることが一番だ。ありがたいことです。
 私たち夫婦は地元の長寿会で毎日やっている公園でのグランドゴルフの仲間にいれていただいて、雨が降らなければ、原則ウイークデーに毎日参加させてもらっている。私が一番下手だけれども、目的は気分転換だ。みんなで笑ったり、冗談を言い合ったり、結構たのしい。
 あとは町内に独居老人が多いので、そういうお宅の庭木などが夏の間に伸びすぎた枝の剪定もだ。庭木でも確実に成長する。
 素人ゆえに、おおざっぱに切断するだけだが、それでも住人の希望を入れて切ってやれば、日当たりがよくなったり、さっぱり感がでてくる。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

晩秋

 寒かった。時期外れのこの寒さ。今年は気候を初め、いろいろと日本列島の一次産業、農業、漁業といったところに影響があった。大型台風が私の居住する地域には、直撃することも無く、良かったこともある。リンゴも例年、「収穫目前に暴風雨のため、一年の丹精が無駄」になった。というニュースが流れる地方があるが、今年はそういうことも無いようだ。海の潮流の変化か、イワシが多量に撮れたなどのこともあったようだ。
 加齢に伴ういろいろな症状も体に感じている。持病により、長年世話になっている薬の量も、減ることはない。体重の維持に気をつけているつもりだが、油断すると、すぐ下がってしまう。ボランティアで出来ることは、極力参加することにしているが、体力がものをいう場合はだめだ。そして能力(頭)の衰えが著しい。日曜日を除き、雨が降らなければほぼ連日、午前の一時間半程度、近くの公園でグランドゴルフ(地元の長寿会がやっている)に参加して、声をだし、笑いあったりしている。それが終わってから、家内と一緒に散歩に。途中で、喫茶店に寄る。(11時までモーニングサービス)午後は、やりたいことはいくらでもあるのだが、結局何もやらずに、新聞テレビなどで、気付くと夕刻だ。
 
老いるということを、いま、実感している。今日の午後は大掃除とまでは言えないが、普段出来ない場所の掃除をやった。一回ではできないから少しずつ、済まそうと考えた。 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )