goo

源氏物語千年紀「源氏夢回廊」石山寺

 雨の日が続いた8月末、晴れ間を選んで石山寺を訪れた。“月のいとはなやかにさし出でたるに「今宵は十五夜なりけり」と思し出でて・・・”お仕えしていた中宮から、新しい物語の執筆を依頼された紫式部は、いい作品がかけますようにと石山寺に参籠した。あまりにも有名な石山寺、「源氏物語」関連の展示、「源氏夢回廊」が開催中(12月14日まで)紫式部と源氏物語一色の趣でもあった。

東大門(重文) 

夢回廊への道

ふだんは未公開の部屋と前庭(枯れ山水)

 

 

多宝塔(国宝)

経蔵

格式を誇る塀

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )