goo

9月も終わり

 今日もいい天気に恵まれました。昨夜も、まん丸のお月様がよく見えた。
そして今日、朝から涼しく、秋らしい天候になった。午前、知り合いの方に家に、庭の木の枝が伸びてしまっていたので、少しだけ剪定(?)してきた。 まったくの素人、小さな「のこぎり」と「枝きりハサミ」を持参して、1時間ほど、手伝ってきた。女性ですが、独居老人、一人暮らしだ。私の住む地区も、独居での1人暮らしが日増しに増えていくイメージだ。それ以前に、8時半から、1時間半位、公園でグランドゴルフに興じる。わたしは1番下手な方だ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

中秋の名月

 昨夜は中秋の名月だった。「よく見えたよ」と聞く。小生、不覚にも気づくことなく、寝てしまった。今夜、晴れればスーパームーンが見られるという。中秋の名月の次の夜、晴れて、月が見えた時の表現らしい。月が地球により近づくので大きく見えるという。 
 高齢者になると、何事においても「面倒なことはいやだ」ということに。結果的には、今朝方、いやな夢を見てしまった。

寝起きがよくない。「健康管理は自分で責任を持たねば」と自覚は十分してるが、思いと現実とは一致しない。
昨日より「ハックション」をくりかえしている。



 

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

秋の彼岸入り

   今日、彼岸の入り、昨日に次いで晴天。但し、朝晩に比べて昼間の暑さは相当なもの。真夏日を感じさせる。
 午前、「鵜沼宿祭り」にいつてきた。メーンは例年通り「木遣り音頭」だが、私の狙いは酒蔵の「試飲コーナー」。しがない年金暮らしの身にしてみれば、美味しい日本酒を幾種類も飲める。勿論、試飲なれば、小さな器に少しずつしか入れてくれないが、それでも、美味いものは変わらない。何回も繰り返し試飲すれば、飲んだ気もする。そこで、町内の酒好きの人に会う。日頃、公園でグランドゴルフを楽しむ仲間だ。「類は類を呼ぶ」ということだろう。

 ついでだからと一升瓶入りを1本購入してくる。これは長女夫婦(長女は私の病院通いのたびについていってくれている。毎晩2人で晩酌を欠かさない)への御土産だ。
 帰り道、各所に赤い花(曼殊沙華・彼岸花)が咲いていた。この花は不思議なことに、まつたく気づいていないのに秋の彼岸にはちゃんと咲いているから、不思議だ。




 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

作ってランチ

 今日は毎月1回開かれている「つくてランチ」の日だ。10時から12時過ぎまで、小学校の調理室を利用して、校下の大人(あらかじめ申し込み予約してある60人の大人が参加)。中年から後期高齢者が多い。私も参加した。(今日は女性のほうが少しおおかつた)
 今日の料理は、時節柄、栗ご飯とサトイモ、のおかずに、けんちん汁だ
。美濃加茂市で郷土料理の研究を続けているグループが、来てくれまして、指導にあたる。
 グループごとに別々ののテーブルにわかれて、教えてもらう。説明のあと、実際の料理にとりかかるが、簡単ではない。私は見ている時間のほうが、長くてつらいところだが、致し方なし。各テーブルともに、1時間30分ほどすれば、大体出来上がり。
 「いただきます」の声で、しばらくの間、静かになります。校長先生(留守ならば教頭)が、食べるときだけ、特別参加。


 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

長寿会 お楽しみ会

  13日は地区の「長寿会お楽しみ会」がコミュニティーセンターで10時から15時、行われた。初めに市役所の担当者による、講演。市内の後期高齢者の割合。これからのこの割合の推移する予測、それに対して求められるいろいろな施策。経費など。人口の年齢別の割合と5年後、10年後の状況。その他、予想される事態についても、スライドなども使い、説明がなされた。わかりきつたことであるが、高齢者は加速度的に増加。半面、若年者、子供が減る。覚悟はしていたが、ひととうり聞いたあと、お楽しみ会の始まりです。
  ビンゴゲームで景品をいただいたり、お酒、ビールも出て、満足できた。
 帰宅後、すぐに近くの神社で神殿を新しくされていて、そのことにちなんでか「餅投げ」が行われた。
  もう、間に合わないかと思たが、行って見た。神社に到着できないうちにドーン、ドーンと太鼓を打つ音が。もう間に合わないところだが、そこは齢のなせる業、神社 には近道して裏から入る。既に、餅まきの年男たちが台の上から、どんどんなげている。私は年男たちが乗つている 台の下、 組んであるパイプの中にはいる。餅が転がってくる胸に大きなエプロン風のポケツトがあるので、転げてくる餅を次々ポケツトにれる。大きな餅を10個ほど、拾えて帰り道、コミセン前で長寿会の片付け、などを終えて出てきた人に、何個かあげた。餅まきなどでも慣れてくると、楽をして実を挙げるのだ。齢のなせる業だ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

台風18号の被害

 台風18号が熱帯低気圧に変化して大雨を列島にもたらした。心配していた台風による被害。大きなものになる。

昼夜の別なく、降り続いたが、結果は「川の氾濫」。大災害。
 自然の猛威は人類の持つ力をはるかに越えていた。
 伊勢湾台風級とも見られるところもある。
  死者が少ない点を除いて。

車をはじめ、家屋など、保険をしっかりと掛けていなかったひともあるだろう。
最終的な被害の程度は、当分算定できないだろう。
 国レベルの損失だ。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

秋雨前線

 雨が続く、いつまでも。何ともなりません。
どなたも同じ思いかと想像するだけ。喜んでいるのは田んぼや 池のカエルぐらいのもの。畑も中に入ればグチャグチャに土が付くだけで野菜の収穫もできないでしょう。
わかりきつたことだが、それでも毎朝、天気予報をみる。

 近年、予報も実によく当たる。
たまには予報も外れてもいいのでは。などと考えてみたりも。
 メディアに出てくる天気予報を知らせる人に申し訳ないことですが。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )