goo

下呂合掌村 土雛まつり

 地震と津波、原発事故と続き、日本はいま、かって誰も体験したことのない状況におかれている。亡くなられた方、被災された方、があまりにも多く、ただただ祈ることぐらいしか出来ない私がもどかしく、じっとしていられない気持ちです。こんな最中ですが以前から予約してあったので下呂へ一泊で出かけてきた。合掌村で「土雛祭り」をやっていた。「土雛」や「陶器雛、」などが沢山集めてあって、立派なものだ。地域で、それぞれの家庭で保存していたものを、提供してもらったということだ。

 村内には「狛犬館」もある。狛犬は古代オリエントが発祥地であるとの解説を見て私はいままで全く知らなかったことを恥じる思いである。表情が面白い「瀬戸狛犬」陶器製。

 宿で寝る前と、夜中過ぎに一度づつ地震があり、テレビを見るといづれも、震源地は下呂市の地下であったことから、複雑な思いに駆られた。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

大震災

 今回の大震災には、驚愕した。これからがすべての日本人、老若男女を問わず、それなりの覚悟が必要だとおもっているところ。どんなに大変でも、あの戦争と敗戦、戦後を知っている世代としては、特に強く思う。世界の主な国々、そのほとんどが、今回の地震について、日本人のマナーの良さに驚いているといったニュースに接し、何よりの励ましと受け取らねばならない。そして日本の技術力の凄さをほめたたえ、本当の意味での大国である云々、の記事に接して多くの人たちが失意のうちにも力が湧いてくるであろうと思う。日ごろ政治のことで失望したり、マナーの悪い人に腹を立てたりしている自分だが、年齢には関係なく未来を見つめる生き方をしなければと強く思う。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )