あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

お気に入りの撮影ポイント・会下山橋

2019年05月10日 05時37分39秒 | マンホールのふた
2019年4月9日の桜さんぽはこの記事でおしまい。
さて、町田の桜の名所恩田川。中でも私のお気に入りはこの会下山橋(えげやまはし)です。恩田川の上を高架で結ぶ橋の上からの撮影は、散策に疲れたところで階段を上がらねばならず、元気が残ってないと回避しがちですが、ちょっと頑張れば素敵な画像をゲットできるので、超オススメの桜ポイントです。

前回・前々回訪問時は、ここから両岸の上流・下流共に奥まで桜並木が続く構図で撮影しました。しかし今回は桜が既に散り始めであり、既にボリュームが減ってます。上から見下ろすと、川底が黒く透けてました。こりゃあ、今年はダメかも?とがっかりし始めてたのですが、例年と違い石段側にピンク色の塊がある。
あ!あれはさっき見た八重桜だ。しかも種類が違うから、色合いも白っぽいのと濃いめの桜色が混在してる。あ〜、でも逆光だぁ〜!!嬉しさ半分、悲しさ半分で撮影した。一応、色が強調出来ないか?と期待してMacの写真機能で、明るさ調整してアップしました。
では下流側へ移動しよう。ここは自動車道なので、たもとの信号を経由して移動せねばなりませんが、ぜひとも下流上流の両側を見下ろしてみてください。
下流側には足元に橋があるのです。大概ここで撮影してる観桜客がいるので、簡単にいい画像をゲットできる私のお気に入りポイントです。
でも、撮影時刻は15時20分過ぎ。画面に高架の橋の手すりの影が落ちてます。よく見ると、その影の中に撮影中の私がいる。これはこれでおもしろかったから、一応写したけども、影は敵!と思われる方には、会下山橋に限っては午前中の訪問がいいと思う。
ガラパゴス携帯の望遠機能を最大にして撮影。それでも高架の影は写り込んでますね。私の影もだ。
恩田川に戻ろうと、別の石段へ向かうと、ハナミズキが咲き始めてるのに気づく。
ハナミズキとソメイヨシノのコラボも面白いかも?と写してみた。
もう少し咲いてる木を探してもう一度。手前にある緑の生垣は、サツキかな?さすがにソメイヨシノとハナミズキとサツキの3種コラボは無理か。咲く時期がちょっと離れ過ぎ。
ここで石段を降りるつもりだったけども、午後の城山城址公園の日当たり具合もチェックしておこうと引き返す。
うん。ここも午前の方がいい。桜の多い奥に向かって青空になるのは午前中もしくはお昼時までな模様。一応記録は必要だから公園内から入り口に向けて撮影してみたけども、あんまり絵にならなかったよ。
強烈な日差しで、桜の枝の影が地面にくっきり写ってたから撮影してみた。でもガラパゴス携帯を掲げてる影も写り込んでしまった〜。やっちまった〜。ブログを書いてて気づくとは。
実は前回・前々回とこの後桜の東雲寺さんへ立ち寄りました。そこもとても素敵な桜の撮影ポイントです。斜面に寺があり、素敵な画面構成が楽にできるのだ。でもこの日、芹ケ谷公園のレンガ畳で思いっきり転けた私。ちょい痛いんだよね。痛みに鈍いと接骨院の先生に太鼓判をいただいてる私が痛みを感じるのはヤバいかも?と自重してここで町田駅へ引き返すことにした。
テンション下がるといい写真は撮れなくなってしまう私。
再生したら熱のない画像が少しだけ残ってた。
わかりやす過ぎだ。
15時51分、撮影を始めた恩田川にかかる高橋橋に戻ってきた。芹ケ谷公園に戻り転けた場所を確認。確かにレンガブロックが微妙に地面から出てる場所がある。これにひっかけたのか〜。んで、手の平を切って出血したのだね。
コケる!と思ったのに踏みとどまれなかった私。んでまたも右側を下に転けた私。コケる時、手に携帯を持ってたから、左を下に倒れなかったんだよな〜。と、反省しながら緩い坂を登り始めたまではよかったんだけど、途中で右足からピリリとなにか破れた?いや裂けた気配を感じだ。ヤバっ!思わず立ち止まる。痛いのは出血した手の平だけだったので、高をくくっていたのに、もしかして痛めてる右足のどこかをまたやっちゃったのか??
不安を感じつつ、凹みつつ、そろそろと坂を登る。
時間をかけ過ぎ。
町田の東急に着いたら既に16時47分だった。思わず時計を確認する。普通は高瀬橋から東急まで30分もみれば十分な移動距離なのに。
いや、待てよ?この日の行動を再確認。確か、町田の商店街でbook-offに寄ったよな?何も買わなかったけどさ。だから高瀬橋から1時間はありだわ。この日は色々ありました。のんきな私が右足をチェックしたのは入浴した時。破れた裂けたと感じだのは、右の膝小僧もレンガで転けて出血してたから。んで、芹ケ谷公園の坂を登ってる時にカサブタが剥がれた模様。んで、両膝に内出血が見られ、打ち身になってたわ。もう若くないんだからさ〜。特に半年も接骨院に通わねばならん程酷く痛めてる右足を犠牲にしちゃいかんのよ。大反省だ。でも仕方ないので、次行ったら先生に膝チェックしてもらおう。
コメント

カラーマンホール横浜

2017年10月25日 05時28分08秒 | マンホールのふた
2017.10.18訪問。長雨の合間に突然の晴れ間。歩きたい〜〜〜っ
ってなもので、自転車をJR町田駅へ。十数分後、中山駅到着。
この春大盛況だった全国都市緑化よこはまフェアin里山ガーデンの大花壇が、秋の大花壇2017.9.22~10.22期間限定で再公開中なのです。5月に訪れた大花壇はこの上もなく素晴らしかった。またあれが見れるならば!秋の花々で装いも新たな大花壇が見れるならば!!ぜひに見たいと思いました。でもこの長雨じゃん?残りの公開日を数えつつカレンダーを眺めてたんですよ。そこへぽっかりの晴天日。では中山駅よりウォーキングスタート!里山ガーデンの所在地はよこはま動物園ズーラシア北門に道を挟んで隣接してます。気づいたんですが、WEBで地図を見てたら近かったんですよ。ほんの2キロくらいです。ウォーキング不足解消も兼ねてなら、歩いた方がいいんじゃないかな?ってなことで青空の下歩き始めました。
歩き始めたのはいいんだけども。すぐに道は上り坂。やな予感!!!
予感はすぐに現実のものに。里山ガーデン東入口まで行程の2キロのほとんどが登りでした。まあ緩やかな坂だったからきつくはないんですが。そんな訳で視線は道路に落としがち。やがて見えてきた西ひかりが丘バス停。ここからほんの200メートルで東入口到着です。
ところで、西ひかりが丘バス停は、春の全国都市緑化よこはまフェアin里山ガーデンの時の横浜方面からのアクセスの拠点でもありました。相鉄鶴ヶ峰駅から中山駅行き(森の台小学校入口経由)もしくは西ひかりヶ丘行きです。中山駅からズーラアシア行きを使うよりよっぽど本数もアクセスも良く、一押しのバスでした。中山駅から徒歩で里山ガーデンへ向かうと、最後の最後で西ひかりが丘バス停に到着します。そこから里山ガーデンまでのマンホールの蓋が、イベントを盛り上げるためかカラーマンホールに変わってました。うん、足元に視線がいくのも悪いことばかりじゃなかったねっ。ってなことで、前置きが長くなりましたが、カラーマンホールの紹介です。
まずは全国都市緑化よこはまフェアのゆるキャラだったこれから。
  
引き続きましてはこれ。
  
かわいいけど、どこのゆるキャラでしょうね?
実は途中でカラーマンホールに気づいたのかもしれない。ブログ記事作成中に気づいたのですが、上のゆるキャラは春夏秋冬がテーマらしい。なのに春がない!ということはヌケがあるハズ。コンプリート出来てない模様です。あのあたりのマンホールの蓋を全てチェックしてないからさもあらん。
ちなみに、横浜市の一番ありふれたマンホールの蓋はこれ。
ベイブリッジです。
ちなみに、里山ガーデンの大花壇の様子は明日紹介します。が1枚だけ。

今年の夏の長雨と天候不順で東京近辺のコスモスの名所ではコスモスが伸びなくてお花畑にはなりませんでした。大花壇にも様々なコスモスが植栽されたようですが、私が訪問した10月18日に見頃路だったのはチョコレートコスモスだけ。でも赤いコキアと山吹色のマリーゴールドがとても綺麗でした。大勢の見物客も訪れていて、これ、来年以降も大花壇を続けてくれないかな?と思いました。ならさ、見落としたカラーマンホールのチェックも出来るしな。
コメント

カラーマンホールなど

2017年10月24日 06時00分28秒 | マンホールのふた
今日は暇ネタです。撮影したものの、記事の中で収まりが悪いので載せられなかったものを数点紹介します。まずはトップ画像から。
1)八王子市のカラーマンホール 撮影日:2017年9月21日。撮影場所:JR八王子駅南口路上

2)八王子市のカラーマンホールその2 トップ画像と同じ日同じ場所にてゲット。色違いです。
この日は全国都市緑化はちおうじフェアを見に行きまして、八王子駅の南口から会場直行無料シャトルバスが出てました。カラーマンホールはシャトルバスの降車場所から駅へ続く道沿いにありました。カラーマンホールファンのために詳しく所在地を書いてみた。

銭湯 撮影日:2017年8月24日 撮影場所:JR浅草橋駅近く。
友人とねこ休み展を見に行き、駅に向かってたらありました。連れが暑さにやられてへばってたので、画像を抑えることしかできなかったのね。現役で営業してる銭湯かどうか確認してないのが心残り。近くにあった鳥越神社さんへも寄れなかったのだ。
3)八王子市のマンホール 撮影日:2017年9月21日 撮影場所:富士森公園内
1・2と同じく、全国都市緑化はちおうじフェアを見に行き、メイン会場の富士森公園散策中にゲット。

4)都立公園のマンホール
 撮影日:2017年10月1日 撮影場所:神代植物園内
10月1日は都民の日。東京都が運営する動物園・水族館・公園の入園料が無料になる日です。画像は深大寺門からバラ園に移動中に見つけました。そう珍しいマンホールじゃないかも?でも「都立公園」とがっつり書いてあるんだもの。つい写してしまいました。

5)セグウェイ通行中 撮影日:2017年9月24日 撮影場所:お台場東京テレポート駅からダイバーシティを結ぶ散策路にて。
9月24日はダイバーシティにユニコーンガンダム立像がお披露目になる初日でした。ゆりかもめの青海駅に到着したら、13時のパフォーマンス開始までほとんど時間がなくて、急いで移動してたら地面に見慣れぬ交通標識があった!
 
6)おろしたてのトイレの香りに勝てる! 撮影日:2017年10月12日 撮影場所:神奈川県大和市西鶴間あたりの民家
ダイエットのために自転車で1〜2時間こぐのがこの日の目的でした。でも辛いサイクリングは勘弁なので、BOOK-OFF西鶴間店→日産座間工場のひまわり→県立谷戸山公園と無謀なルートで自転車を走らせていたら、強烈な匂いがどこからか漂ってきまして、匂いの元を探したら、まさかの巨大な金木犀を発見しちゃいました。画像で大きさがわからないかも?ですが、金木犀の下に1階建ての民家がありますね。金木犀の足元はアスファルトに覆われた駐車場です。そこが一面オレンジに染まってました。太陽光でオレンジがわかりにくい画面になってしまい残念ですが。金木犀もこれだけ多くの花が咲くと、おろしたてのトイレの芳香剤より強烈です。見とれてたら、同じく匂いにおびき寄せられたおじさんがやってきてたまげてました。わかる〜。

おまけ:ヒアリのポスター 撮影日:2017年10月11日 撮影場所:相模原公園
ヒアリは今年のトレンドですかねえ?相模原公園の近所に、道保川公園というのがあるのですが、どうも夏の終わりにカエンダケが見つかって、テレビのニュースになってました。そういえば、数年前は蚊が問題になってましたね。今年はちっともニュースになりませんでしたが。日本は集中的に騒いでみんな注意するんですが、喉もと過ぎたら誰も注意しないしニュースにもならない。追跡しない。反省しない。ところでヒアリって越冬するんですかね?寒さに弱いといつだかの蚊と同じ扱いになるかも〜?
コメント

長楽院常性寺さん

2017年10月11日 05時48分38秒 | マンホールのふた
2017.10.1訪問。
10月1日は都民の日。東京都が運営する施設の入場料が無料。今年は10月1日が日曜だったので、ダンナを誘って神代植物園と井の頭自然文化園へ行きました。
小田急相模原駅→小田急永山・京王永山→布田駅へ。神代植物園へのアクセスだと調布駅からバスを利用すべきなんだけども、あまりにいいお天気だったので、布田駅から深大寺まで歩くことにしました。
布田駅から北へ歩くと、徒歩2分くらいで成田山の文字が飛び込んできた。ダンナが厄年の厄除けに成田山を参拝してる縁で、ついでに立ち寄りました。

長楽院常性寺:当山は成田山長楽院常性寺と称す。鎌倉時代の創建で、往古多摩川沿いに建立されたが、慶長年間に旧甲州街道沿いの現在r地に移設させられたものである。

ちなみに、調布七福神巡りのうち、常性寺さんは布袋尊が祀られています。
ちなみにちなみに、トップ画像は不動尊。

右奥に薬師堂。庭には小さめの石像がたくさんありました。

季節の花が生けられていて、一番気に入った花を生けられていたのがこちらの石像。

お地蔵さんかな?
さてと?先を急ぎましょう!
ん?

足元にカラーマンホール発見。調布の市の花は百日紅(サルスベリ)ですか。珍しいかもしれん。
コメント

松田山の斜度は凄いの

2017年02月10日 07時34分04秒 | マンホールのふた
昨日の松田山ハーブガーデンの河津桜と富士山のコラボの続きです。
まずはトップ画像をご覧下さい。

水平あってますよ。決して右手に写ってる斜面が間違ってる訳ではありません。松田山の河津桜が一番多いこの遊歩道は、急斜面にあるのです。
訪問したら上りは150円支払いシャトルバス。帰りは遊歩道を道なりに降りてしまえば、シャトルバスの乗車バス停は斜面の上なので、もっぺん上る気力がなく小田急線新松田駅まで徒歩で降りてます。

しかし今日は遊歩道奥に見える富士山と河津桜のベストポジションを探しつつ降りてるので急斜面もへっちゃらです。(坂道が急だと上るのも降りるのも辛いよね)

満開を迎えた河津桜の花が多過ぎて、風流を好む日本人には下品の域だと感じる方もいるようで、撮影マニア(マニア言うな。愛好家じゃ)の方々は、花の少なめで綺麗な枝を探し、なおかつ富士山が見えるポジションを探して会場を隅々まで勢力的に動いてます。
凄いわ〜。私より年を問ってる人が多いのに、とても真似出来ません〜。ただ撮影大好きなおじさんたちの会話がちょこちょこ耳に入って来て「露出をちょっとプラスにするといいんだ」「花色は好みだけどね」とか。「それってどんなカメラでも出来るの?」「今どきのカメラは大体出来るよ」うん!今すぐ使えるテクニックが拾えます。
私も桜の花色を美しく撮るには露出をちょいプラスがいいと思う。オジさん達が遊歩道を登って行くのを見送って、私のコンパクトなショボいデジカメの露出をちょいプラス。でもさ〜、私のコンパクトデジカメはショボ過ぎて、一端電源オフにすると設定したあれこれがノーマル設定に戻ってしまうんじゃ!気が短い私は、ノーマル撮影で数打ちゃ当たる!のポリシーで撮影を続けます。一番ストレスないから好きよ〜。ちなみに昨日の記事の2枚目の河津桜のアップ画像だけスーパーマクロ撮影してみました。本日の目的の一つ、青空と河津桜のピンクのコラボはこの1枚で満足〜。(スーパーマクロ機能すげえっ。今まで1回も使った事なかったけど)

しかしベトナム旅行でマイフェイバリットな携帯電話を古都フエの川に落としてさよならして以来、画像を失う万一の場合でカメラ2機体制で撮影してます。ブログに使う画像はガラパゴス携帯で撮影した画像です。昨日写真屋でデジカメと携帯の両方を持ち込みプリントしてみたら、機種により河津桜の色味がだいぶん違う事に気付きました。撮影時間・撮影場所・光量をほぼ同じ条件なのに、花色が違う事実。かつてのフィルムカメラ時代の青い富士フィルム。赤いサクラカラー。黄色のコダック時代を思い出しました!今どきはカメラの機種を取り揃えて皆さん自分好みの色に写せるカメラを探してるんじゃろか?
さて、上の画像が松田山の河津桜の遊歩道終点です。JR松田駅から徒歩でハーブガーデンを目指すとここが遊歩道入口でもあります。素敵な構図で邪魔者なカーブミラーですが、画像奥に自動車道があるのでミラー撤去は諦めましょう。道がさほど広くないので、カーブミラーはど〜してもいるんじゃ!

だいぶん降りて来た。今日の画像セレクトは、富士山が見える同じ場所から望遠・標準で撮影したもの。もしくは同じ場所から縦位置・横位置で撮影したものを意識して2枚ならべてます。ってな訳で、次も上の画像を横位置で望遠かけて撮影してみた。

ちょこちょこ写り込む電線や鉄条網みたいなのが邪魔かも。

高低差高低差とぼやいてますが、先程いた松田山の河津桜の遊歩道は、上の画像のピンクの斜面です。左右に走る白いラインは東名高速道です。
遊歩道を降りて来る途中でどこかのおじさんが「先週東名を走ったんだけど、河津桜咲いてるかな?と窓から探したけど見えなかったわ」とぼやいてた。すかさず連れのおじさんが「それ下り?上り?海側の車線はここの斜面が見えないんだよね」だって。ああ。松田山の坂はどんだけ急坂なのか?道の右左で高低差が違うから車線を独立して作ってるなんて!!
ちなみに、湯歩道の途中で河津桜越しの東名を撮影してました。

画像奥の白くカーブしてるのが東名高速道です。ちなみに松田山の上り下りの車道、バスの車窓から東名高速のバス停が見えた。なんと!東名高速を走る高速バスを利用すると、松田山の河津桜会場の遊歩道入口まで徒歩1分で到着出来ます。これって、最強の公共交通機関じゃなかろうか?まあ使う人はそうそうおるまいが〜。小ネタを挟んでみました。
急坂を降りるので視線は足元に固定されーー。松田町のマンホール発見!
 
日本のマンホールの蓋って個性あるよね?土地土地の特徴があって、観光名所や祭りや市の花なんかがモチーフなんだよね〜。
さてJR松田駅まで戻って来た。今回はぼっち桜散歩(くっ)なので、ダンナにお土産が欲しい。けど正式なさくら祭り開催前につき、上で萌えるお土産に出会えなかった。ので、てけてけ辺りの店を冷やかしつつ出たり入ったり。ンな中で発見し買い求めたのがコレ。
 撮影に失敗したので再度翌日梅サイダーだけ撮影し直しました。酒粕は既に粕汁作成で一部使っちゃったので撮影断念。
曽我梅林の十郎を使った梅サイダーと、隣町大井町のお酒の酒粕(500gで200円)の激安価格です。
朝起きた時は今日は曽我梅林で白梅と青空と白雪をかぶる富士山のコラボ画像と青空と河津桜と富士山のコラボの2つをゲットしたかったのですが、体調が今一。無理すれは曽我梅林にも行けそうですが、ぼっち散歩なので無理はしない〜。ってな事で撤収〜。小田急線新松田駅からやって来た急行新宿駅に乗車。途中海老名駅で普通に乗換…。
あれ?向いに見た事のない車両がいるわ〜。

もしかして新しいロマンスカーじゃなかろうか?
車窓から発見!たまたま急行の前方車両に乗ってたのを後悔する。小田原よりまでホームを可能な限り素早く移動して急いで数枚撮影してたらはや普通がやってきちゃった〜。謎の車両の画像は明日、別だて記事で紹介します。だってカテゴリーも閲覧して下さる方の萌え方向も違うんですもの〜。
コメント

12/3は金沢動物園へ

2016年12月08日 04時23分40秒 | マンホールのふた
1/3の帰省切符をゲットすべく、12/3の土曜日、朝7時半に我が家を出発。
JR町田駅の窓口に、予約券を出して受付完了。いただいた引換券は57番でした!!
なんと…。12/1とほぼ同じ時間に到着したというのに!通勤客の予約も今日はないというのに!!1/3は奮発して特急しおかぜ&のぞみの2種類の指定券が欲しのだけれど、どうだろ?ヤバいかもしれん…。ダンナは隣で「57番か〜。早い番号が取れたね〜」と見当違いのコメントをしてるけど、全国一斉販売開始が10時だとして、町田駅の予約番号は57番で安心できるハズがない!!
しかし、落ち込んでても指定席の受け渡しは12時を過ぎないとダメなので、3時に町田に戻る計画でJRに飛び乗った!
計画では、9時半の開園時刻に、金沢動物園の入口に並んでる事!が理想なのです。だって、今日は先着100名様に来年のカレンダーの配布があるんだもの〜。
毎年11月には来年のカレンダーを、ビッグカメラでいただいて来るのだけれど、11月半ばにぎっくり腰をやっちゃって、動けない間にカレンダーは既に配布終了してましれ、まだカレンダーをゲット出来てないのだ。
JR町田〜横浜駅。京急横浜〜金沢文庫駅。9時22分発金沢動物園行き(土日のみ運行)のバスを利用。
動物園に到着するタイミングで入園開始です。

バスがね、急坂を昇り出した時に予感はしていたのですが、金沢動物園は、里山の頂上にありました!
金沢動物園は初訪問。紅葉スポットに入ってたからそれを期待しての訪問でしたが、ぎっくり腰回復間もなくの高低差のある場所は避けたかった〜。知ってたら、他へ行ったわ〜、
気を取り直し、入園券購入。大人:500円。来年のカレンダーも無事ゲット!
金沢動物園は入園ゲートを入るとトンネルです。珍しいよね。トンネルは子ども等を喜ばせる工夫に溢れてます。


 
記念撮影スポットもあります。お約束〜。



パンフレットの順路に従い、まずはアフリカ区から。

モモイロペリカン

ヒガシクロサイ。「いや〜、久々にサイを見たけど、でっかいねえ〜」ダンナが大喜び〜。

キリン。3頭もいるね。パンフレットによりますと、「オスの身長は4〜5メートル」だそうです。久々に見ると、キリンも大きいわ〜。
ん?空っぽの展示場が…。雑草で一杯だし…。何ここ??
実はですね、ここ、オカピの展示場なのです。12月ともなると寒いのでオカピは寝室にいるんだって。
オカピが見たい…。
いそいそと寝室に行ったのですが、「ただ今清掃中。ちょっと待ってね」
だってさ。

等身大のイラストもいいけどさ。そこにオカピがいるというのに、イラストで満足出来るハズが…。
去りがたく粘ってたら、ダンナは外のベンチでほっこりしてた!

気持ちは分かるけどさ〜。パンフレットを眺めてたら、順路に沿って動物を見物すると、最後のユーラシア区を見物したら動物園の出口にはオカピのいるアフリカ区を通って出るコースです。
…オカピ!後回し!!
「行くよ〜」ダンナを引っ張って次のオセアニア区に移動します。
ここで予想してましたけども、順路は里山の勾配に従い昇らねばなりません。
うお〜〜〜っ!!
ぎっくり腰はほぼ完治してるんですが、上りより下りが辛いんじゃ!!前屈みになりたくないんじゃ〜〜っ!!
さて到着しましたオセアニア区、まずはコアラ館へ。

なんと!ちょうどお掃除の時間でして、コアラがアクティブ!!素早く動いてるし、たってるし、器用に足で脇掻いてるし!!見た事ない動きをしてます。

早く来たごほうびですね!しか〜し!!性能のだいぶん低い携帯電話が仕事してくれない…。ガラス越しに撮影した画像はボケボケでした…、な、なんてこった〜!!

コアラの次はカンガルー!!
カンガルーの展示場はピカピカです。

すぐそこにカンガルーが一杯!!これさ、30頭以上いるよねっ。

寒いからひなたぼっこしてるのか?野生を忘れてるのか??カンガルーは地面にのぺ〜っと寝そべっています。
カンガルー展示場の外に、ベンチがありまして、ダンナがまた一服し始める。まだ朝一なのに〜。
私は次のワライカワセミの展示場を探すことに。パンフレットにはすぐこばにワライカワセミの展示場があるハズなのに、見あたらなんだよね〜。ふと?存在を主張するオセアニア休憩所が目にはいる。パンフレットによると、休憩所とワライカワセミの展示場は近いハズなのです。もしや?と思い休憩所を覗くと…。

いました!檻が2つ。合計3羽。日本のカワセミは、何度も見てるけども、撮影しようとすると、カワセミの小ささに何度も嘆きましたが、ワライカワセミは比べると大きい。まあカラス程大きくはないけどね。
しばらく、ダンナが来るのを待ってたんだけども、来ない!
全然来ない!
仕方ないんで、呼びに行ったら、ダンナがいなかった!!先に行ったのかぁ〜〜〜っ!!なんてぇ奴だっ!!
順路に従って追いかける!

んが!!オセアニア区から次のアメリカ区は遠い。なんと!しばらく上り坂です…。急げない………。
視界は美しいオレンジです。

もうね、紅葉の見頃なんだよね〜。一人だけども。動物園でお一人さま。なんと空しい…。
順路にしいの木山展望台なるものがあったので、昇ってみた!

本当に素晴らしい錦秋の里山が広がってました。ここまで京急金沢文庫駅からバスで6〜8分なんですよ。びっくりじゃ!
順路を進めると、展望台を過ぎてしばらくすると下り坂になりました。
足元に動物園仕様のカラーマンホールがあった。
この辺りからビューポイントが続きます。八景島シーパラダイスが見えるし海も望める。
しかし順路は一端下るのです。マジか〜。せっかく昇ったのに〜ィ〜〜。

順路の底はメタセコイア並木だった。視界の奥に進むと、動物園の出口です。

象のオブジェが置いてある。しかしだよ。順路は既に上り坂なんだよね〜。ダンナには追いつかないし。待っててくれてもバチは当たらないと思うの。くそ〜〜〜っ!!

アメリカ区に到着しましたが…。何もいない…。何でやねんっ!!
ふと、視線の奥で動くものが…。
もしや、あれが展示動物なのか?
動物のすぐそばに、白い柵が見える。おそらく見物台だろう…。という事は、あのてっぺんまで昇らないといけないと?
マジか………。
コメント

相模湖の紅葉2015.11.13現在その2

2015年11月15日 04時23分36秒 | マンホールのふた
ダヤンのお店でまったりした後、相模湖ダムを目指して出発です。ダヤンのお店は金・土・日曜の変則営業日ですが、紅葉の綺麗なウォーキングポイントにあるのでいかれる方は休憩場所におススメです。

さて、時刻は早くも午後2時21分。ダムへと続く道の紅葉も見ごろに差し掛かってました。画像の左側が嵐山といって、ここを散策するウォーキングコースもあります。ちなみに山の反対側にこの時期さがみ湖イルミニオンで有名なプレジャーフォレストがあります。

ボケた画像ですみません。でもこの看板散策する人には非常に有用な情報が書かれてまして。すなわちウォーキングコースの眺望ポイントと高低差です。
相模湖の紅葉を見に行こう!と決めて、WEBの海を徘徊したのですが、最後まで手に入らなかったのが紅葉が綺麗な場所情報でした。
道沿いになにげに立ててあった看板は、眺望ポイントが書き込んでありまして、これに従いまずは相模湖ダムの上を目指すことに。
そして到着して撮影したのが今日のトップ画像です!ああ。なぜに青空でないのか?せめてもう少し光りが欲しかった~。
ま。充分綺麗ではありますが…。
ダムの反対側は相模湖です。

左右の高低差は大きいです。両側の水面までの距離は60メートル程差があるんだって!高所恐怖症の人は耐えられまい…。
相模ダムの上から隣のアーチの橋へと移動です。
と??橋の中程にバス停がありました!
ええ~~??何でやねんっ!
ちなみに、この橋揺れます。上の画像で橋桁を探してみて下さい。ないですよね?この橋はいわゆる吊り橋なのです。だから車が通ると揺れます。揺れる橋の上のバス停でバスが来るのを待つ。なかなかに出来ない体験でした。揺れるの嫌いな人は体感で恐怖を味わうくらいかも~?

おそらくですが、橋を渡るとバス停に出来る道幅がないのでしょうね。だって、この先はこれだもの~。

てか。このバス停の行く先は一つのみ「相模原市三ケ木行き」時刻表を見ると1時間に1本の間隔で運行してるらしい。更には次のバスの発車予定は14時46分。へ~、それってあと1分じゃん!
ここで問題です。今日のツレとの待ち合わせは、JR橋本駅のホームに午前10時でした。ツレは駅までバスで来ました。もしかして??
「このバス乗ったら自分ちの最寄りのバス停にいくの?」とたずねてみた。
「いや、終点で乗換だけど、そこバスのターミナルだから。確かにこのバスに乗ればうちへ帰れる!」
さあ大変です。今日の目的の年賀状をまだ受け取ってません。バスが車で残り1分程度。互いに急いで用意していたブツを探します。
あった!『年賀状代を入れた袋』あった!『年賀状~』ついでと本日のおやつにするつもりで持参していたあられを彼女に渡し、彼女からは手みやげをもらった。慌ただしく交換しているとバスが滑り込んできた。運行予定に正確な路線のようです。ちなみにこのバスにのれば、プレジャーフォレストにも行けるらしい。バスの横腹に書いてありました。
ってな訳で慌ただしく挨拶を残して彼女は去って行った。スマン。今日のメインの紅葉散歩の相模湖を見ずに帰宅せねばならぬとは…。弁天橋に寄ったばかりに…。反省です。
ま。お散歩は一人でもやるけどな~。
って事で、嵐山洞門から相模湖と見ごろの紅葉を望む。

今日のメインに設定してあった紅葉ポイントです。

満足出来る紅葉具合です。満足出来ないのは今日の天候です!なぜにこないに空が暗いのか?せっかくの紅葉を水面に写しても今ひとつ美しくないっ!
ほどほどの洞門をすすんだだけで相模湖公園に向います。

相模湖公園到着は15時4分でした。近いので紅葉散歩にはいいルートです。

デートポイントとしても二人乗りのボートもスワンボートもあります。



相模湖公園の木々は赤く色づいてました。充分の見ごろです。

なんつーか、JR中央線で高尾駅から相模湖まで9分なんですよ。八王子からでも15分の所要で着きます。こんなに近い場所で、しかも駅から徒歩10分程度にあるポイントを今まで知らなかったのは悔しいです。おススメかもしれん。

池にでっかいスワンが移動していきます。今の時期、船上から綺麗な紅葉と相模湖を見ると綺麗だろうな~。
ちなみにスワンの他、くじらやイルカの遊覧船もあるようで。1周25分。遊覧料800円が相場らしい。自分の足で歩きたくない人にはおススメの観光方法です。

ちなみに場所はこれ。周辺の山までのとトレッキングコースと温泉も点在していて今の季節は特におススメ。
あ。ちなみに足元は突然ツレがトレッキングしよう!といいだしてもかまわないように、トレッキングシューズ履きが無難です。ゴメン。今日のツレは私の気まぐれで災難だったのう…。
相模湖公園あら相模湖駅までの道沿いに、カラーマンホールが並んでました。

私も相模原市在住ですが、ちょっと前までここは相模原市緑区じゃなくて、相模湖町だったんだよね。
って事で、今日のお散歩のゴールは午後3時半に相模湖駅。駅に着いたら電車が15時52分発、東京行き特快でした。ちと待ち時間があったのがもったいなかったな~。
コメント

潔いタバコ

2015年03月10日 00時12分20秒 | マンホールのふた
ネタ切れです。
や~、土日に梅を見に行こうと計画立ててたのですが、雨の上に最高気温も10度を割ってたのですよ。さすがに梅散歩に行く気力も湧かず、家で画像整理してました。
んで。まだ掲載してなかった画像を紹介します。
トップ画像は、近所のタバコの自販機です。
なんつーか、1種類しか売ってません。潔いいいよね?
ここはタバコ好きには知る人ぞ知る!というお店のようです。なんつーか、前は自販機1個全て外国タバコって時もありました。私はタバコを吸いませんが、見た事もないようなレアなのもありました。ンで、今はこんなに沢山の種類を売る事が出来るのに1種類しか入ってないって…。これって、タバコ好きの人にしたら嬉しいのか?どうなのか??とっても疑問です。ちなみに、このタバコ屋さんは、葉巻とかパイプも売ってます。今どき…。需要はあるのだろうか?知る人ぞ知るだから、遠くから常連が買いに来るのか??

続きましては~、大磯町のカラーマンホールです。

ついでに熱海市のカラー消火栓。
うっかり熱海市の温泉マンホールを撮影しそびってしまいました~。あちこちで見かけたから、どうせならカラーのをと、探してるうちに撮影し忘れるという…。間抜けな失敗をしてしまいました~。

最後はコレ。確か~??相模大野のビルに入ってる雑貨屋さんの店頭にあったキン肉マン。たぶん実寸よりちょっと小さいサイズ。記念撮影OKと書いてあるけど?これがどれだけ店の客寄せになるか謎の物件です!
コメント (2)

蔵出し画像

2014年12月31日 01時08分01秒 | マンホールのふた
今年も最後の一日となりました。今年は体調を崩してしまい、ブログ記事の更新も途絶えがちになってしまいました。
思いの外嬉しかったのは、ブログ更新をさぼってたのに、アクセス数はさほど減らなかったことです。心優しい皆様が、私のブログを閲覧して下さってるのだなと。気付けた事も嬉しかったです。2014年最終日は、秋口に記事の中に入れにくくて、掲載を見送ってしまった画像を紹介します。
まずトップ画像は?
横須賀市観音崎公園から浦賀駅に向って歩いてたときに撮影した、カラーマンホールです。確かかもめ団地近くで見つけたような…。
引き続きましてもカラーマンホール

こちらはJR中央線国分寺駅近くで撮影しました。国分寺の市の花なのですかね?WIKIによりますと、国分寺市の市の花はサツキとありました。
続きましては、靖国神社の門前の店で今年採取した総理大臣シリーズの土産もの。



毎年靖国神社を訪問してる訳ではありませんが、訪れる度に違う総理大臣シリーズが出迎えてくれるのはいかがなものか?
何を呆れてるのか?というと、こちらの記事を参照し手下さい。
靖国神社と北の丸公園の銀杏(2012年12月17日)の記事こちらに帰って来た晋ちゃんまんじゅうの画像があります。
太郎ちゃんまんじゅう&純ちゃんまんじゅう(2008年12月7日)の記事こちらに麻生太郎総理・小泉純一郎総理の時の総理大臣シリーズの画像があります。
靖国神社のイチョウ並木(2011年12月18日)の記事こちらに野田総理の時の総理大臣シリーズの画像があります。
続きましては懐かしのスラムダンクカード!

よく本屋やおもちゃ屋の前に置いてあるカードです。それのビッグ板。何が凄いって、これ撮影したの今年なんだもの。スラムダンクが週間ジャンプに載ってたのって、今から20年以上前だよな。私スラムダンクのコミックス全巻持ってるわ。スラムダンクの隣に、ドラゴンボールが置いてあるのもなかなかのセンスです。おもちゃの世界の流行りってよくわからない…。
最後は面白いと思う人がどんだけいるのか??と思いつつ今まで放置し続けてた画像です。

これ、何~ンだ?
答え:木耳!

最近、スーパーとか伊勢丹デパートのきのこ売り場って、謎のきのこが並んでる事があります。栽培出来る食用きのこが増えてるのでしょうか?きくらげもこれ、生キノコの状態で販売されてました。キクラゲといえば、ラーメンのトッピングとか中華料理で使われてるコリコリする奴です。大概感想した状態で売られてます。私、中華のきくらげと豚肉と玉子を炒めたの大好きなんですよ。生きくらげも豚肉と炒めて食べちゃいました!でも需要はあんまりなさそう~。だって、きくらげの生のパック見たのこの時だけだったんだもの。

最後はヤギです。
これ、最近流行りのヤギに雑草を食べさせるプロジェクトです。伊勢原市日向薬師へ彼岸花を見物に行ったときに撮影しました。これって役立つのと手間なのとどっちがお得なんだろう?どうなんだろうな~?
人気ブログランキングへ
コメント

国分寺の美しい散策路

2013年12月04日 05時18分35秒 | マンホールのふた
訪問日は2013年11月29日。JR中央線国分寺駅南口から2分の近代別荘庭園・殿ケ谷戸庭園(一般:150円)で紅葉を満喫した後、国分寺市の観光協会推奨のウォーキングコースから「こくぶんじ恋のみちコース」を選択。その選択はど~よ?って気もちらりとしましたが、このコースはなかなかの歴史散歩コースでもあるのです。
コースは不動橋と石造物ー都立武蔵国分寺公演ー真姿の池湧水群ー国分寺市武蔵国分寺跡資料館ーお鷹の道ー国分寺市おたかの道湧水園ー史跡の道おたカフェー国分寺ー万葉植物園ー武蔵国分寺跡僧寺金堂・七重塔とか(国史跡)ー市立歴史公園武蔵国分尼寺跡(国史跡)ー伝鎌倉街道(市重要史跡)距離:5キロ。所要歩行時間:約1時間50分となっています。
では早速。
殿ケ谷戸庭園から南へ。すぐに国分寺崖線が現れます。崖線はいわゆる多摩川の段丘です。過去にも、静嘉堂文庫~喜多見までウォーキングした時世田谷散歩開始(2013年1月12日)の記事 岩崎家廟(2013年1月14日)の記事 に、国分寺崖線のせいでウォーキングコース内に何度も坂が現れて大変だったのですが、今回の国分寺ウォーキングでも崖はウォーキングの難易度を上げてくれます。
ではウォーキング開始。まず現れたのがトップ画像の不動橋と石造物
こちらは国分寺村の元町用水と野川が合流する所に架かる橋です。橋の北側に不動明王碑が祀られていることから、名付けられました。碑の横には庚申塔があり、松の木をはさんで、石橋供養塔があります。供養塔は、かつて石橋だった不動橋を供養する意味と、村に災害の侵入を防ぐ意味から天保3年(1832)に建立(再建)されました。「以上、国分寺歴史・観光マップより」
石橋を渡ると西へ向かいます。道の入口に「お鷹の道」はこちらの案内が出てます。
生活道路をしばし。と。何かある!

撮影禁止と書かれてあったので、少し離れて店の外観を撮影してみた。何が撮影禁止なのか?といえば、店の入口に生きたふくろうが2羽木に止まってるのだ!目が合った~~。驚いた~~。
生活道路だからか?昔道なのか?道路は結構曲がりくねってて、三叉路とか、二叉道が次々と現れて惑います。
ああ、動揺する心を慰めてくれうカラーマンホールよ…。
やがて、「お鷹の道入口」とある細い道発見!

お鷹の道は小さな水路を伴ってます。地元の愛好家がこの水路でカワニナを育ててるようで。「カワニナを取らないで下さい」との札も出てます。どうやらホタルの出現ポイントなのね。
って!!ここは東京都の生活道路だよ?ホタルがいるんか~~??凄過ぎる…。

お鷹の道は良いウォーキング道です。今どきは住宅の庭のモミジも綺麗ですし。
ちなみに「お鷹の道」の名前の由来は、江戸時代に尾張徳川藩の御鷹場だったことから名付けられた散策路なんだそうで。
お鷹の道に沿って流れていた水路はある時北へと折れてました。

視線の先に斜面があります。あれって国分寺崖線だよな~。って事はまだ上り?…ま。行ってみるか?
斜面の手前にあったのが真姿の池湧水群です。
東京都指定名勝・全国名水百選(昭和60年)・都名湧水57選)
嘉祥元年(848)、絶世の美女・玉造小町が思い病気に苦しみ、国分寺の薬師如来に祈ると、一人の童子があわられ池の水で身を清めるように言いました。小町が身体を洗うと、たちまち病気が治癒し、元の美しい姿に戻ったという伝承から、この池を「真姿の池」と呼ぶようになりました。
真姿の池湧水群などの国分寺市内の湧水は、野川の源泉です。
野川は世田谷区の二子玉川で多摩川に合流しています。(国分寺歴史と観光マップより)
さて…。
実はですね、ウォーキングにあたり、YAHOO!の地図をプリントアウトして持参してるのですが、真姿の池湧水群周辺は既に旧武蔵国分寺跡で史跡公園にあたる事はわかるのですが、広い公園のどこに史跡があるのか?が分からない。しかもっ!!現地に来てみて分かりましたが、公園内を国分寺崖線が横切っていて、公園内には高低差が発生し公園を見渡す事が出来ないのです。
どこに行けば…。取り合えずお鷹の道に引き返し、更に西へ向かう事に。や。目の前の坂道は、出来る事なら上らずにおきたい…。帰宅後気付いたんだけど、歴史散策の観点から見ると、ここで崖線は上っておくべきでした。実は斜面の上に史跡武蔵国分寺跡・僧寺北東地域に該当し、かつての国分寺の北限の境界溝の様子を復元した断面などがあったのです。やっちまったぜ…。道沿いに設置してある地図を見て後悔したものの、今更引き返すのは…。惰弱な体力がな…。

お鷹の道沿いになんかあった!

おたかの道湧水園・武蔵国分寺跡資料館です。入園料:一般100円。
ハイっ!ケチッちゃいました!私のアホ~~っ!!視界の奥にこれ見て入るのをケチる自分が哀れじゃ…。
なぜにパスしたかというと、携帯電話の残り撮影可能枚数です。昨日の記事でもぼやいてますが、訪問日の11月29日はお正月の帰省切符の12月29日分予約発売日でして、町田駅に朝予約に向かったのです。例年ならば、ここで新宿御苑で紅葉の様子を撮影してまた町田駅へ引き返します。ところが、携帯電話の撮影可能枚数があと50枚程度しかなくてですね。急遽行き先変更したのです。だからして、ここで撮影してしまうと国分寺跡の撮影が出来ない~~っ!とま、諦めたのですよ。や。綺麗な紅葉は一期一会。歴史巡りは今にこだわるモノでもなかったのでここは入場しとくべきだったと、帰宅後反省しましたよ。
お鷹のみちを更に西へ。
と。突然でかい楼閣が見えてきた!
何コレッ!?
あ。説明板発見:市指定重宝・国分寺楼門昭和51年10月7日指定
建物は間口三間(約6、2メートル)奥行き二間(約3、7メートル)の楼門造り、板金葺きで、江戸時代の建築様式をよくとどめています。
この門は、米津出羽守田守(通称内蔵助)の元菩提寺として建立された米津寺(東久留米市)の楼門を明治28年に移築したものです。国分寺の境内の諸建築物とともに、国分寺の変遷を知るうえで重要な建物です。
*米津出羽守 出身地は、三河の国碧海郡米津村で出羽守田盛の時に久留米村前沢を知行地とする。
       石高は、一万五千石。大阪常番を勤める。

先ほどの狭いお鷹の道の先に突然現れたから驚いた!
楼門の奥には真言宗のお寺もあった!や。跡地だと思ってたからして、まさか国分「寺」が現存してるとは…。
地図にあったのは万葉植物園だったんだけどね。ホラ。今秋でしょ?となると、植物はあらかた葉を落としてます。もう説明板に書かれてる植物がどれがどれなんだか???
さて…。次はどこへ行こうか?って。なんか校外学習の集団が南へ向かっています。
ーーー着いてってみようかな?
関東旅行 ブログランキングへ
コメント

りっくんランドでパンツァーフォー

2013年07月05日 05時33分33秒 | マンホールのふた
訪問日は遥か彼方の2013年3月9日(土曜日)です。今年は3月に入ると同時に気温が急上昇。梅だっ!桜だっ!!と。お花見散歩の記事を優先してしまい、後回しにしていた記事です。もう記憶もあんまり鮮明ではないから、サラッと紹介しますね。
3月9日。朝8時29分発の小田急相模原駅の小田急線に乗って、代々木上原駅から千代田線へ入る。明治神宮前駅で東京メトロ副都心線に乗換えて、終点和光市駅へ。到着したらば既に9時48分でした。大分ヤバいです。なぜって、スプリングフェアの開催は午前10時からなのだ。スプリングフェアに合わせて、大型トラック体験試乗を実施。定員144名に入れないと試乗出来なくなってしまう~~~。
そんな訳で、和光市駅から猛ダッシュで陸上自衛隊朝霞駐屯地にあるりっくんランドを目指します。

足元にカラーマンホール発見!つーても暢気に撮影してる場合ではないっ。
猛ダッシュといっても、トロい私のこと。到着したらもう10時は超えてました~~~。

やっちゃったよ…。
既に大型トラック試乗体験希望者が行列しています。普段は乗ることの出来ない大型トラックの荷台に乗って、朝霞駐屯地を1周するこのイベントは、大人気の模様。前段:午前10時ー午前11時半。後段:午後12時半ー午後2時半。スケジュールはかくの如く。先着順で整理券を配布していました。もちろん私たちも列に並んだけどっ。もらった整理券には、5組 12時45分にイベントホール集合との印刷文字が!!
うそ~~んっ。本日の予定は、りっくんランドー椿山荘で椿鑑賞ー小石川後楽園で梅鑑賞ー亀戸天神で梅鑑賞と。予定が盛りだくさんなのです。
まづは、亀戸天神を諦めたっ!でも~~。さすがに12時45分集合は…。ああ。もう少し早く出発しとけば…。後の祭りです。
と。とにかく、先にスプリングフェアを楽しもう!
気持ちを切り替えて、さっそく屋外展示の車両見物へ。

最初に登場したのは、陸自の救急車です。

中はこんな感じ。
救急車の隣に、まさかの10式戦車発見!
こ・これって、陸自の今の主力戦車じゃなかったっけ??いいのかっ??
実はこの10式戦車の記事は既出なのです。
10式戦車の見学に(2013年3月22日)の記事
この時、去年の秋ー冬に放送していた『ガールズ&パンツァー』の延期になってた本放送があり、最終回前にど~しても10式戦車の記事を~~と。先出ししてあったのです。超クールな戦車はこちらの記事でご覧下さい。
さて。10式戦車以外にも戦車の展示が複数あってテンション上がりまくりっ。

つーても、私、戦車は詳しくないの。今まで参加してたイベントも海自と米軍ばかりだったから、戦車の本物自体始めて見ました!

屋外展示は数台車両があったから、明日も戦車紹介続きます。

やっちまった~。
最近は寝る時にベランダの窓を開けたまま寝てるんですけど。朝起きたら窓の前が濡れてました~~。
へ・凹むっ。
どうやら夜の間に雨が降ってたらしい。しかもっ!風が強かったのか、雨が吹き込んでたらしい。
気付けよっ!!
たとえ寝たとしても気付けっ!!
や。実はベランダのコンテナに植えてあるユリがようやく開花して、今芳香を放ってまして、窓は明けときたいの。という訳で、今現在も時折降る雨&強い風で窓を閉めたり開けたりを繰り返しています。
コメント

面白看板&カラーマンホール

2012年05月08日 05時31分55秒 | マンホールのふた
散歩して疲れて来ると視線が足元に落ちて来ます。するとたまにマンホールに色がついているのを見つけるんだな。
トップ画像は、立川市のマンホール。JR立川駅から昭和記念公園に向かう途中の道で見つけました。
続いては鎌倉市のカラーマンホール。
鎌倉市のマンホールの蓋は、他の街に比べて普通なので今まで撮影したことなかったんですが…。
中央のササリンドウが鎌倉市です。ちなみにササリンドウは源氏の印です。
源氏と言えば…。
不動産屋のシンボルマーク
JR鎌倉駅を降りると、正面にバス乗り場があります。そこを抜けた所にある不動産屋さんのものです。ここ最近鎌倉で複数見かけるようになりました。ちなみに画像はJR鎌倉駅の西口で採取。どうみても、流鏑馬がモチーフです。
最後はコレ。

わかります~?江の電の江の島駅近くで採取しました。
信号待ちしてて気づいたんですよ。画像に写ってる魚・貝・エビに注目!
気づきました?
あ。分からない?
ではアップでハイ。

ええ、そうなんですよ。このお店の名前ふなぜんさんの文字で魚・貝・エビの身体が描かれてるのです。
遊び心があってこういうの好き~。   人気ブログランキングへ
カラーマンホール過去記事
掃雲台がないっ!(2011年11月15日)の記事
川越で見かけた萌え(2011年7月17日)の記事
海が見たい(2011年2月6日)の記事
座間のカラーマンホール(2009年9月27日)の記事
マンホールの蓋(2010年7月16日)の記事

コメント (2)

南足柄紅葉ウォークング

2012年02月06日 05時40分53秒 | マンホールのふた
最乗寺の最寄りバス停の道了尊で乗客を待つバスを横目に車道とハイキング道の「天狗の小径」と名付けられた杉並木を下る。
杉並木は樹齢450年以上のものから600年を数えるものが主流で、なかなかに素敵です。これが梅雨の季節ともなれば、車道両脇には10000株のあじさいが連なってるのだ。っといってもここ数年あじさいの花数は寂しくなってるらしい。
んなことはどうだっていい。道了尊のバス停からバス停一つ分を下った所でハイキングコースが登場する。これが「丸太の森」行き。
いそいそとハイキングコースに入って後悔。

ハイキングコースは険しかった。上の画像を写した時はまだ余裕があったけど、この後厳し~い道へと変わります。べつにこのハイキングコースを通らなくても丸太の森には行けるんだよ~。ただここがショートカットのコースだったんだもん…。

さて、最乗寺の道了尊バス停を出発したのが10時46分。ハイキングコースで奮闘のかいあって、南足柄市森林公園丸太の森に到着したのは11時15分。取り合えず疲れた。
丸太の森の入場料を400円支払う。
「今、見頃の紅葉の場所を公園案内図に書き込んで下さい」といつものお願いを。
チケット売り場のおじさんは親切だった。ついでに「昭和展を郷土資料館でやってます」と案内された。
これが結構楽しかった。

画像はこれしか撮影してないんだけど(疲れ具合がわかるなあ~)。
興味深かったのが日本全国金太郎人形展示です。
金太郎は足柄山にいたんだね。だから南足柄市としても注目アイテムな訳だ。んでクイズがいくつかありました。
どうして金太郎の身体は赤いの?
答え:赤は昔から魔を追い払う力があると信じられていました。金太郎の身体が赤いのは、病魔から身を守るためのものなのです。
また「お父さんが赤竜だから」とか。「お乳のかわりに酒を吞んで育ったから」などともいわれています。
どうして金太郎はオカッパ頭なの?
答え:河童の髪型に似ているのでオカッパ頭といいます。
雷神の異称「水神」が落ちぶれると「河童」になるといわれています。「赤竜」=「雷神」の子である金太郎がオカッパ頭なのはこうした理由からかもしれません。
また「相撲」の起源は、水神に供養する為の舞い、すまい(相舞)といわれ、古くは神事でした。
へえへえへえ~~。
あ。郷土資料館は入場料と別料金になります。

丸太の森には古民家・明治の小学校もあります。

ここ、ドラマやCM・映画の撮影にもいいかも~。
あ。中も見学出来ます。

いいでしょう?
 
足踏みオルガンなんか、今の子どもら知らないよね~?私はかろうじて小学校の音楽室に残ってた世代です。踏み踏みしつつ授業を受けました。
古い小学校を見学した所でいい頃合いになりました。
お昼の時間です。
あれ?いつものアンパンじゃないの?と思われた方もいますよね。私だってたまには作るんですよ。この時は朝が早かったから、前日渋谷で能楽を見た後すぐに帰宅して、夕飯を作るついでにサンドウィッチを作ったのだ。画像で分かる通り、いい具合に紅葉中。

丸太の森は山を利用して作ってあるので、園内は山有り谷有りです。しかも傾斜角は結構急なのね。
早まったか?と後悔しつつ足柄山野草園を抜けると、チケット売り場のおじさん一押しの紅葉の広場に到着。
しか~しっ!!
紅葉広場といいつつ実は広場ではありません。山の傾斜をそのままに利用した坂にモミジの木が植えてあるのだ。
それはこちらの記事でご確認下さい。
南足柄の紅葉(2011年12月5日)の記事
なぜが忍者がいた!侍もいた!でも忍者の髪が金髪で、侍の髪は銀色だった!!
コスプレイヤーの方々が楽しく撮影会を催しておりました。
…なんのコスだろう?作品名がわからん。無念だ。
チケット売り場のおじさんおすすめの紅葉ポイントは川の側。キャンプ場やターザンロープのアスレチック場でしたが、無理っ!!もう尾根を下ってもっぺん登る気力が残ってない。丸太の森の見所はまだまだありましたが、気力が遂にエンプティー。
帰ろう…。
欲張っちゃいけないんだよ。
だって、ここから大雄山駅までまだウォーキングしないとならないんだから。
しっぽを巻いて退散。
でもついでだから帰りは別の道。この近くにきらめく里山があるハズなんだよね。
が!
事前に調べたんですが、今一場所がわからない。
うろうろしてたらみかん畑を見つけました。農家の人がみかんを売っていたので道を尋ねて山を下ります。
撮影時間13時42分。
こちらは民家です。なんかざる菊の植わってる場所が大雄山線沿いにいくつか点在してて、ここもその一つ。私が訪問したのは11月27日ですが、ほんの1週間前までざる菊まつりをやっていた様子。
てくてくと道なりに降りてくと、最乗寺の墓地に到着しました。
萬霊塔
時代をおびた墓石。いわれもあったんだけど、撮影し忘れちゃいました。まずい~~。分からない~~。

大雄山駅からバスで10分の乗車時間だった杉の参道。そこまで戻ってきました。
ここは仁王門。門を過ぎたら3キロの杉並木の上り坂の参道の始まりです。昔の人は健脚ですが、仁王門の手前にはかつての門前町。道の両側に旅館だった建物が並んでいます。今でもいつくかは営業中のようです。
大雄山駅に向かって道を下っていると、神社がありました。
南足柄神社(飯沢八幡社)です。
立て看板発見。「室町時代の1394年(応永元年)に大雄山最乗寺が創立された時に毎日のこと足柄明神と飯沢八幡の二人の神が手伝いに来たといわれています。もちろんこの話は伝説に過ぎませんが、それでも最乗寺の山主様が代わられた時には必ず八幡社に参詣して挨拶する事になっています。昔から境内には多くの五輪の塔がありましたが、今は崩れて下の畑に積まれています。しかしこれらの塔は鎌倉時代から室町時代にかけてのもので、石造物としても文化財の価値の高いものです。
この五輪の塔の細やかな形の移り変わりを一目で知る事が出来ます。この五輪の塔は、昔は武士階級でないと造る事が出来ませんでしたから古くから八幡社を管理していた豪族がいたと考えてよいでしょう。
「新編相模風土記稿」には磯崎左京太夫という人から12代目の惣左衛門という人が管理者であるとなっていますが、或はこれらの家のものかも知れません。祭神は八幡・神明・白山などの神々様で江戸時代の例祭は八月でしたが、今は四月の桜の花の満開の頃で最近まで神楽殿で神楽や歌舞伎などが行われていました。明治になって市内の神様を合祀して南足柄神社と呼ばれ現在に至っております」
へえ~。五輪の塔がたくさんあったのか~?で。今は下の畑に積まれてるのか?
…見てみたい。
探してみましたが、そもそも畑がない。つーか、家ばっかりだったので諦めました。現存してるんだろうか?

道を下ってると、南足柄市のマンホールを見つけた。やっぱ絵柄は金太郎なのね。
大雄山駅に到着したのは14時半を過ぎてました。
大雄山駅周辺で、もしやないかとご当地土産の<金太郎牛乳>を探したんですが、ありませんでした。残念です。
あ~れ~??
南足柄市のアンテナショップってどこにあるんだろうなあ~?
そして大雄山線に乗車。朝みた富士山は帰りもまだ見えてました。
小田原駅に到着したら15時。早めに撤収しないと。秋の夕暮れはつるべ落とし。つーかもう疲れ果てたよ…。   人気ブログランキングへ
コメント

東大のレトロな建物

2012年01月03日 06時21分37秒 | マンホールのふた
本郷の東京大学はレトロな建物がいくつもある。正門から安田講堂、法文2号館と進んで文学部3号館へ。ってか、これ上がビルになってたのか~。単なる通路だと思ってました。
たぶんトップは図書館だと思うんだけどね。や、メモしてなかったからね。三四郎池に沿って移動してます。


あ、マンホール発見!どんなふたかな~?
 
おおっ!東京帝国大学の文字がっ!!大学の構内のマンホールも楽しいなあ。以前うちの近所の相模女子大へ行ったら、陸軍時代のマンホールのふたがあったりしたし。旧陸軍通信学校将校集会所(2011年5月17日9の記事 マンホールの蓋を確認出来ます。
宇宙研究所のJAXA相模原キャンパスに行ったら、JAXA仕様だったし。夢とロマンが詰まった部屋(2011年8月26日)の記事JAXA相模原のマンホールと共に、面白いペイントの飲み物自動販売機の画像を確認出来ます。
大学ってあんまり立ち入らない場所ですが、それぞれにマンホールのふたがあるんですかね?どうだろう~?文化祭や見学で中に入ったら…チェックする必要ありか?
これは…正門入って左右にあった建物のどっちか~か?多分法文1号館じゃないかと?どっちにしても、白金台の東大医化学研究所の建物と同じ。入り口の三角屋根も同じでしょ?
   人気ブログランキングへ
コメント

掃雲台がないっ!

2011年11月15日 05時21分18秒 | マンホールのふた
大久寺を出て国道1号線を西へ。
東海道新幹線の高架下をくぐった所でストップ!道路が二俣に分かれてます。え~と?地図によると、ここで1号線を逸れて細い方へ行ったほうがよいのだな…。
細い道と侮ってはいけないっ!実はかつての旧東海道なのです。
感動したいところですが、私、も、疲れています。
普段なら、説明板を発見すると取りあえず読んでみるのですが、もうそんな元気は残っていない。
先だっ!先へ進むんだっ!!
トップ画像を撮影したのは午後1時過ぎ。一日で一番暑い時刻です。
ううっ。焦げる~。
とかノロノロ、トロトロ歩いていると、あれ?
この辺りに「掃雲台入り口跡」があるハズなんだけど~?
あ~れ~~??

掃雲台は、三井財閥を支えた実業家にして、世界初の総合商社三井物産の設立にかかわり、日本経済新聞の前身である中外物価新報を壮観した益田孝が箱根板橋に作った別邸です。
益田孝は茶人として有名で、小田原箱根には近代の茶人が集まりました。掃雲台では数多くの茶席をたてたそうです。
ちなみに、茶人としての益田孝の名前は、鈍翁。先ほど拝見した小田原文学館のある西海子小路に「鈍翁in西海子」があり、茶器やゆかりの品々を展示しています。
掃雲台は南向き斜面の広大な邸宅跡は、健在は分譲され、正門があった付近は道路となっています。
って小田原市の観光協会から送ってもらった「ドラマの主人公たちと小田原」のパンフレットに書いてあるんですけど。う~ん。名残も残ってないのかなあ~。
あれ~~~??

掃雲台入り口を探しながら道なりに進んでいると、なんだか素敵なレトロ建築がありました。朝倉邸です。
またこんなレトロな豆腐屋さんもあった!

あれ~?このお店って確か…。
街かど博物館ガイドマップに載っていたような~??
あ。そうだ!とうふ工房(下田とうふ店)です。
ガイドマップによりますと「関東大震災後に建てられた出桁造りの建物が、独特の雰囲気を醸し出しています。店内には、おかもちを担いだ行商姿の写真など、店の歴史をパネルで紹介しています」だそうです。
でも本日は日曜日。定休日でした!残念。

あ。カラーマンホール発見。疲れてくると、視線が下に落ちるんだよねえ。
カラーマンホールは散歩の後半に見つける事が多いんですよ。
道をそれて北の坂道へ。
緩い坂をゆるゆる上っていくと、ありました!

やった~。あった~。古稀庵だ~…。

東京ガスからガスの使用量お知らせという名前の領収書がやってきた!
ふんふん「11月分は10月14日から11月11日まででご使用量30立方メートルで請求額は5172円です」とのこと。
あれ??ガス代が5000円越えですと??電気代が震災以後の節電効果で5000円ちょっとなのに、ガス代が5000円ってマジかっ!!
…おたくの街のガス屋さんに比べて東京ガスのガス代ってどうなの?水道代は水源に何を使ってるかで日本全国の市町村のバラつきが凄いのは知ってますけど、ガスってそもそも原料って輸入だよね?それで全国のガス屋でバラつきがないの前提だよな?違うのか??
一応念のため、過去のガス代を調べてみる。月間のガスの使用量は、平成22年6月が30立法メートルで4767円。んん~??同じ使用量なのに、去年は5000円を切ってるっ!!5172÷4767=108パーセント!って!!これっ!1年で8パーセントもガス料金が上がってるってこと??なんでやねんっ!今って史上一番の円高じゃないんかいっ!なんでガス代が去年比108パーセントなんじゃっ!!
念の為更に遡ってみる。
平成21年11月は30立方メートルで4593円。
平成18年6月は30立方メートルで4626円。
平成16年5月は30立方メートルで4548円。
平成10年11月は30立方メートルで4599円。
ってことは、これ、今年急激に値上がりしてるんですね。な、なんでだろうなあ~?東京電力のニュースは見るけど、東京ガスのニュースを見た記憶ないんですけど。って、これって東京電力だけ?理由はなんだ??みなさん、気になってませんか~??  人気ブログランキングへ
コメント