あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

栗の里ローズガーデンのばら2018.5.14

2018年05月31日 05時38分31秒 | バラ散歩
日本フルハーフから山際交差点近くの栗の里ローズガーデンは自転車で約10分ほどです。迷わなければ。
迷っちゃいました。何でや〜〜っ!!
近くまで来てるハズと、小学校で庭木のお手入れをしていたおばさんに場所を尋ねて、ようやくにたどり着けた。

ローズガーデンはつるばらが見頃になってました。いや〜、良かったよ。まだ咲いてくれてたよ。

栗の里ローズガーデンは、レストランのお庭です。そこがバラで一杯です。



庭にテーブルと椅子が置かれてて、建物の中で注文して外でバラを愛でながら食べることもできます。

建物の中でいただくのも素敵です。窓の外にばらが咲いてますから。

ここの濃い紫のばらは他で見たことないなあ〜。栗の里のばらは花付きが素晴らしいわ。昨日来れてたらもっと素晴らしかっただろうなあ。何しろこの日の早朝までしっかりと雨が降ってたから、大分満開の花びらが落ちてしまってます。

ここのばらは小さくない。

大きめの花でゴージャスです。

訪問した時が正に満開だったテーブルでは、年配のご夫婦がランチを楽しんでました。

WEBの栗の里ローズガーデンのページには、お庭のテーブルの予約も可能のようです。事前調べで来客を案内したり、彼女をデートで連れていくならば、見頃のテーブルを予約していくのも素敵かも?一生の思い出になるでしょう。

白いつるバラが見頃でした。これを眺めつつ庭でランチ出来るテーブルもグループが利用中でした。

ちなみに栗の里さんの玄関に出てたメニューです。ちょい高め。でも美味しそう〜。食事じゃなくともスイーツ休憩もいいかもね。

最後にもう一度花一杯の庭を見回して栗の里さんを後に〜〜?
んん??今まさに出発しようとしてる車から、知らないおばさんが降りてきて、私に向かってくる。
道案内?私、あんまりこの辺知らないんだよね〜。とか思っておたおたしていたら、おばさんが栗の里の割引券を2枚くれた。
???
「うち遠くてこの割引券無駄にしそうだから、よろしかったら使ってください」
ラッキー。ありがというございますっ!
と笑顔で受け取ったものの、ハタっと!むいっぺん相模川の河岸段丘を上り下りの往復はいやだ〜〜っ!!
嬉しいけども。ドリンク無料券だけども。これを使うにはもれなくあの河岸段丘上り下り往復がついてくるんだよ。
時刻は12時7分。移動です。
コメント

座間桜百華の道のあじさい2018.5.25

2018年05月30日 18時25分51秒 | アジサイ散歩
隣町へ買い出しに行く時、ふと桜百華の道にもあじさいあったよな〜?今年の咲き具合を確認してこよう!と、言ってみたら、既にあじさいが色づいていました。
咲き具合を画像で確認してください。









まだピンクのさつきつつじの見頃が保たれています。咲き始めのあじさいとコラボして画面を構成してみました。
座間市桜百華の道は相模原市南区の行幸道路と今年3月に新規開店したイオン座間店の間を結ぶ散歩道です。3月から4月下旬まで、早咲きから遅咲きまでいろんな桜が楽しめますが、今はピンクのさつきつつじとあじさいを追いかけて散策できます。おススメです。
コメント

日本フルハーフのばら2018.5.14現在

2018年05月30日 05時21分38秒 | バラ散歩
2018年5月14日、早朝までしっかりとした雨でした。急速に天候が回復。お出かけ日和になったので、数年ぶりに相模川段丘を降りて川を渡り反対側の段丘を登り日本フルハーフにばらを見物にきました。11時20分到着。
朝までしっかり降った雨がイカンかったのか、見頃のばらはあまりなかった。残念です。ってか、毎年恒例のばら鑑賞会は2018年は5月20日(日曜)9:00−14:00に開催だというのに、5月14日にこの有様では、せっかくの鑑賞客もがっかりするだろうなあ。今年の春は季節の進行が早いけど、もうぼちぼつ平年通りにスピードダウンしてほしい。
でも来ちゃったものは仕方ないんである。工場のフェンス沿いに敷地の周囲をみて回る。



かろうじて見頃の1輪を見つけた。

でももうつぼみもほとんどないなあ〜。


ねっ。こんな感じだもの。ばらの香りもほとんどしない。

なぜか社員用の自転車置き場の外、この一角だけは花が多めに残っていたので道路の反対側からばらのフェンスを撮影。社員さんになればこの記事ばらを愛でながらお昼ご飯出来るのか。うらやましいなあ。
さて、次の栗の里ローズガーデンはまだばらが残ってるかな?ってか、1回行ったことあるから地図も持参してないんだけども。大丈夫かな?
コメント

巨木探訪・依知神社のイチョウ

2018年05月29日 05時29分16秒 | 巨木・古木・ご神木・盆栽
2018.5.14訪問。
生田緑地のばら苑(5/11)横浜港の見える丘公園と山下公園のばら(5/12)と見物して、今年のばら鑑賞はもう充分だわ〜と思ったのですが、朝起きたらお出かけ日和でした。自転車を新調したし、膝の具合もぼちぼちだしと、久々に相模川を越えて厚木市の日本フルハーフと山際の栗の里ローズガーデンにばら見物に出かけることにした。自転車で。
自転車をこぐだけなので、横浜でこしらえた足のでっかいマメに影響がないのですよ。幸いにして。
というわけでリュックサックにパンと水筒とデジカメを突っ込んで出発です。
まずは10時16分、モナの丘に到着。モナの丘は相模原オープンガーデンに参加してて庭の見学ができるんですよ。ところが、訪問日は月曜で、休日でした。無念。道路からお庭の様子を撮影。いい感じなので後日改めて訪問しよう。そうしよう。
相模川の一つ目の段丘を降りる。小さな川を2つ越えると、下溝八幡宮に10時21分到着。

前回2013年5月21日に下溝八幡宮に参拝した時は、本殿が焼失した直後でした。
つつじの壁がある!2013年5月23日の記事 こちらの記事に狛犬の向こうに社殿のない画像があります。焼失してわずか数年で社殿が復活してて驚きました。氏子さん達が頑張ったようです。
参拝し、今日の散策が無事に楽しくなるようにお祈りします。
振り返る。

大きな木だけ残った風情の境内。

参道の脇に御神木。2本のうち奥の1本は枝が切られてしまってましたが、手前の1本は御神木の風格たっぷりです。

順調に自転車はすすみ八景の棚に10時31分到着。モナの丘から相模川の段丘を一段降りてるのですが、JR相模線の下溝駅を超えてすぐ名所の八景の棚があります。アジサイの花がスタンバイ中。この花芽はどんな花色になるのでしょうか?画像の奥に相模川にかかる橋が見えますね。今からあそこを超えて、反対側の河岸段丘を登ります。では出発。
頑張ろっ。

昭和橋から相模川の流れを撮影。左奥の丘上にぽつぽつと電塔が立ってます。先ほどいた八景の棚はあの辺りにありました。
橋詰めで信号待ち。大きな木が2本。そういえば、あの木は確か?

説明板発見:依知神社のイチョウ かながわの名木100選
「均整のとれた木が2本並び、相模川沿いの立地に恵まれて樹勢もよく、夏の静かな夜にはイチョウが水分を吸い上げる音が聞こえたと言われている。
厚木市の天然記念物に指定されている。
樹高:30メートル 胸高周囲:5、6メートルと6、8メートル
樹齢:約500年(推定)
イチョウは、中国原産の落葉高木で、その仲間は古生代から中生代にかけて栄え、日本にも化石が産出する。1科1属1種の雌雄異株の裸子植物である。
樹高45メートル、胸高周囲14メートル、樹齢約2000年に達するものもあると言われている」

予想以上に凄い木でした。いや、前に日本フルハーフに行く途中でも見たんだけども、今年は巨木がマイブームなので、あれこれ知った上で見るとな。更にな。
しかし!やっぱイチョウの撮影は葉っぱがない冬にすべきですねっ。真下から見上げても、葉っぱが邪魔でイチョウがどんな枝を持ってるのか?まるでわかりません。

イチョウといえばやっぱり樹齢100年以上になると出来る乳状の突起が見どころなんだけどさ〜。この木にも見える範囲に乳状下垂があるのはわかるんだけども、どんな形なの?数は?大きさは?ともなると全くわからない。これは葉のない冬に再訪せねばならんのか?相模川の河岸段丘登りは大変なんだよ〜。膝の調子のいい時を狙って再挑戦??〜〜〜嫌かも。
あ。厚木市の教育委員会製の説明板がもう一枚あったので紹介。
「厚木市指定天然記念物 依知神社のイチョウ 昭和43年11月30日指定
依知(えち)神社は、古くは「赤城明神社」といい、依知郷全体を守る総鎮守社と伝え、イチョウも神社の神木として地元の人々によって大切に守られています。
この2本のイチョウは、神社の由緒によると、鎌倉幕府の2代征夷大将軍に任ぜられた源頼家が、神社の建物を再建し、その記念として境内に植えたものであると伝えられています。
樹齢約500年以上と推定されますが、樹勢が盛んで、木の幹には古木特有の乳状下垂がみられ、神奈川県の名木百選にも選ばれています。
現在は、社殿とイチョウの間に県道が通っていますが、昔は一体の神社の境内にあり、イチョウのほかにもタブ・エノキ・ケヤキなどの大きな木がおい茂っていたようです」
現状、依知神社は小さな社殿があるだけの小さな神社です。イチョウがあるのは地域の公民館の駐車場ですし。でもイチョウだけは残したという風情で、現在の依知神社にめぼしい木はありません。少し残念ね〜。
さて、厚木側の河岸段丘を上るぜっ!頑張ろう!ああ、頑張らないと〜。

昨日、麻溝公園のあじさい相模原公園の水無月園に花しょうぶを見に行きました。2018年5月28日の開花状況を記事3つに分けて投稿してあります。今日のモナの丘〜相模川〜依知神社の大イチョウは、麻溝公園と相模原公園のついでに寄ることができます。今ならどこも綺麗かと。おススメです。
コメント

相模原公園花しょうぶ開花情報2018.5.28

2018年05月28日 19時30分09秒 | 相模原公園と麻溝公園
麻溝公園のあじさい見物後、相模原公園の水無月園に移動。相模原公園には3つ花菖蒲池がありまして、メインはトップ画像の池。伊勢系が綺麗です。
 
品種によっては既に満開。

こちらは江戸系。まだまだ株がこじんまり。

肥後系もこじんまり。画像に2羽のカルガモが写ってますが、江戸系のとこにもう1羽。去年は小ガモもいたけど、今年は観れるでしょうか?期待はもちろんしてますが。タイミングが大事なんだよね。

伊勢系は全体の2割程の品種が咲き始めてます。散策していたら、公園の管理をしてるおじさん達が、「今年は花芽が多いな」「どんどん出てるね」とおっしゃってて、嬉しい情報をいただきました。

2つ目の池に移動。ちょうどお手入れ中で、管理の方が雑草取り作業中でしたので、早々に撤収しました。

3つ目の池に移動。ここ数年はショボい池です。花数が寂しい。今年は期待してもいいのかな?

ショボいんだけど、一番近くで咲いてたんですよね。望遠かけずに上のような画像を撮影できるのは、ショボい2つ折りガラパゴス携帯で撮影してる私にはとても嬉しいです。
パッと見、今年の相模原公園の水無月園の花しょうぶは花芽は多そうなので期待したいです。

6月10日に花しょうぶまつりが開催予定。
コメント

麻溝公園あじさい開花情報2018.5.28現在

2018年05月28日 16時20分45秒 | アジサイ散歩
先程麻溝公園の山アジサイが見頃ですと記事を投稿しましたが、続いて山アジサイ以外の咲き具合をご覧下さい。
トップ画像は芝生グラウンドの縁にのアジサイ。
 
今日は花曇りで湿度70%のコンディションで、アジサイは元気です。


 
グラウンドの南、駐車場側のフェンス沿いのアジサイはまだほとんど咲いてません。

アスレチック場外縁のあじさい順路のあじさいを紹介します。




 
西洋あじさいは見頃まであと少し。現在色づきは順調です。
ここに山アジサイの七段花がまとまって植栽されてて。現在見頃の最盛期の模様です。

1周したので麻溝公園の遊具の側の道から公園を横断する水道みちを見下ろして撮影。
ちょうどお昼時になったので、山アジサイの植栽されてる側、カフェのある辺りのベンチでお昼ご飯にしました。

上の画像右奥の木に、植物が絡まってるのが見えます。

絡まる植物は、左の木が「つるあじさい」右の木が「イワガラミ」です。見頃までもう少し。
この後、隣接する相模原公園の花しょうぶも見に行きました。
コメント

麻溝公園山アジサイが見頃 2018.5.28現在

2018年05月28日 15時44分43秒 | アジサイ散歩
今朝お天気キャスターの依田さんが「今日の湿度は70%です」と言っていた。湿度が70%もあればアジサイもぐったりしてないのでは?と相模原市麻溝公園のアジサイ見物に出かけました。麻溝公園には約200種・7400株のあじさいが植栽されています。先週5月22日に麻溝公園のアジサイの開花情報の記事を投稿しました。その時は山アジサイが見頃始めとお知らせしましたが、公園に到着してみれば、まさに山アジサイは見頃でした。


 



 

 


山アジサイの植栽されてる隣に、カフェがあります。
 






山アジサイの周りの姫あじさいも既に青く色づいていました。先週は青空で湿度20%くらいの中の訪問でした。その時は姫あじさいや日が当たる場所の山アジサイはぐったりしてましたが、期待通り花は元気の上を向いていました。

6月17日にアジサイフェアが開催とポスターが掲示してありましたが、それまで見頃が続くかどうか心配です。
今日はもう1本麻溝公園のアジサイ散策路のあじさいの開花情報を投稿予定です。
コメント

赤レンガ倉庫・新港中央広場・汽車道2018.5.12

2018年05月28日 05時15分49秒 | 横浜
山下公園でばらを楽しんだ後大桟橋方面へ向かってると、周辺は翌日開催のトライアスロン会場になっててあちこちで通行止めになっていた。道路に車が走ってないと非日常感が増すなあ〜。
さて、赤レンガ倉庫に到着。時刻は12時48分。赤レンガに近づくと、賑やかな音が聞こえてきた。音にひかれていくと、ブラスバンドかな?ルパン3世のテーマを演奏中。2〜3曲聴き続けました。旗が並べてあって、後ろに座る女の子が気になる。演舞とかあるかも?と期待して待ちましたが、足が〜。靴がぁ〜〜!!
いやさ、4月21日の皇居東御苑と根津神社のつつじ→谷中散歩→寛永寺の徳川将軍御霊廟特別参拝→谷中霊園で徳川慶喜の墓参り散策を楽しんだ時に、靴がやたらすり減ってるのに気づきまして、捨てました。
で、5月より新しい靴に変えたんですがぁ〜。新しい靴のためにまだ足に馴染んでないんだね。
痛いです。確実に豆ができてるね。んもう〜〜〜!!このあと横浜駅まで歩くつもりだったのに、痛みに負けましたっ。JR桜木駅へ向かいます。

赤レンガ倉庫から汽車道に向かいます。通りを横断する。通りはこんなふうに規制がかかってます。

去年、全国都市緑化フェアで会場だった新港中央広場が素敵なお花畑になってます。





これなんか、CGで描いた絵みたいだよ〜。

さてと、移動です。あの穴あきビルを抜けて汽車道へ〜〜〜。
あれ?通れないっ。柵を設置してある。更に警察官が歩行者を止めてる。例外は車椅子の身体障害者のみ。
コースですっ!
迂回ですっ!
って、どこへ迂回せよと??まさか、赤レンガ倉庫前のあの!横断歩道まで引き返せと?この足で??
うそ〜〜んっ!
いや待てっ!あっちに丸い歩道橋がある。あそこを使えばいいんだっ。
ってなことで迂回です。

汽車道を抜けて〜。変なのが来たっ!
でっかいボートです。何人もがろを漕いでます。人力で進むボートが、視界に数隻。あ!今、カヌーが見えた。カヌーが大岡川に向かってった。

何か来た〜〜〜っ!!
あれは何?水陸両方進めるっぽいフォルムです。あんなん横浜にいたの??初めて見たわ〜。左の日本丸テーマパークのとこから出てきたんだけども。日本丸とどんな関係があるのか?

黄昏れてたら、海面にくらげがたくさん見えた。君もなぜいるの?まだ5月ですよっ!9月じゃないのに!多すぎるんじゃ??
謎は謎のまま、JR桜木町から横浜へ。相鉄線に乗車する。
ん??なんか、変な色の車両が。海老名駅に着いたら向かいのホームにも黒っぽい車両が止まってました。

特急だと?そんなのが相鉄にあったっけ??久々に乗ると知らないこと増えますねっ。

小田急線海老名駅のホームに到着。時刻はまだ14時半ですが、足がいたすぎるので帰りました。
幸い豆は潰れてませんでしたが、右の親指とその隣の指の間にでっかい水ぶくれが。左足の小指とその隣の間にも中程の水ぶくれが。更に右足裏の皮が浮いてるみたいだ。皮と身の間に水が溜まってる感じです。これは〜〜!!絆創膏の出番じゃ!
コメント

山下公園のばら2018.5.12訪問

2018年05月27日 05時32分18秒 | バラ散歩
2018.5.12、みなとみらい線元町・中華街駅→アメリカ山公園→港の見える丘公園→山下公園に11時30分到着。
去年は全国都市緑化フェアーでスペインのパティオっぽく飾りつけていた場所は、今年はこんな感じです。



奥にみなとみらい地区が見える。

階段を下りてる時に山下公園がいつもと違うことに気づく。

訪問は5月12日でした。翌13日(日曜)に山下公園がトライアスロン大会のコース。だから通りも選手の事前練習をしてたのね。
ま、まあともかく、目的地の未来のバラ園へ。

ばらは満開でしたっ!











氷川丸が重要文化財になったようです。船体の横断幕にそう書いて有りますっ。
時刻はすでに12時です。計画ではここでお昼ご飯を食べる予定でしたが、空いたベンチが見当たらないっ。でもあった!

中央の椅子。でパンとお茶でお昼ご飯です〜。っか、パン1個では物足りないので、ここでおやつのあられもあけちゃおうっ!

さてと、出発です。

バラのアーチを抜けてバラ園を後にする。
大桟橋方面に向かって進むと、噴水を抜けた辺りで通行禁止になった!うわ〜、あっちに抜けれるんだろか??

なんか、トライアスロンの選手とかコーチとかチームの人と警備員とかボランティアが出入りしてます。フード屋台が並びお祭りみたいですが、すでにお昼ご飯は終わってるし、ともかくどう抜けていいかわからんので迷惑なだけです。トライアスロン大会は1日だけなのだから、どうせならば、前後の人の動線を地図で貼り出してほしいです。歩いた先で「この先は通行禁止です」と来られて楽しかったテンションだだ下がりです。
大桟橋あたりでは通りも自由に渡れなくなりました。警察が誘導してる横断歩道だけ渡れます。計画では日本大通りの400メートルの花通りを、横浜公園まで往復するつもりだったのですが、渡れん〜っ!!
諦めたっ!
ので、象の鼻パークを抜けて赤レンガ倉庫方面に抜けることとする。
象の鼻テラスにマンモスみたいなのが見えた。

惹かれて入ったら綺麗な歌声が聞こえてきた。

合唱中でした。何曲か、休憩がてらに聞いてから次へ。時刻は12時40分です。


コメント

港の見える丘公園バラとカスケードの庭2018.5.12

2018年05月26日 05時35分13秒 | バラ散歩
港の見える丘公園のイングリッシュローズの庭香りの庭バラとカスケードの庭(今ここ)です。
約80品種500株のバラが、カスケードに西洋館のある丘を彩り、絵画のような景色が楽しめます。と、パンフレットで紹介されてるお庭です。

丘の高低差を利用して画面構成。

スケッチして水彩画にしてみたい。

とはいえ、時間が経つにつれ観覧客が増えて行く。絵画っぽく撮影したいんだけど〜〜。

山手111番館をバックに。

同じく山手111番館の表側。

イギリス館の裏手は草花の中にバラが点在してます。

いい感じの画面構成〜〜〜ン?奥の黄色いのは??あ!ハトバスじゃんっ!!

草花がいっぱいで、どう切り取っても綺麗ですねっ。

遠くにベイブリッジが見える。ばらの庭とベイブリッジの両方を撮影したいんですが、二つ折り携帯では無理そう〜。

香りの庭から山下公園方面に移動します。と?去年の都市緑化フェアのマスコット、ガーデンベアがいました。

旧イタリア領事館の風車が見えますか?ここはシャクナゲが咲いてました。
人形の家を越えると、山下通りを見通す高架を渡る。通りのイチョウ並木の新緑が綺麗です。しかしですよっ。なんか通りが非日常な光景です。なんか、警察の機動隊のバスが通りを通せんぼしてます。こりゃなんだ??あ?奥から何か来た。どうみても自転車です。競技用のやつ。乗ってる人もなんかユニホーム着込んでるっぽい。なんじゃろか??
コメント

港の見える丘公園香りの庭2018.5.12現在

2018年05月25日 05時47分00秒 | バラ散歩
イングリッシュローズの庭に隣接する香りの庭へ。約100品種の香りのバラや香りの植物を集めたローズガーデンです。

かつては沈床花壇だったところを去年の都市緑化フェアで大改造。今年はアーチに絡まるつるバラも大きく成長し、ばらの香りのシャワーになってました。天然の香水の威力が気分を浮き立てせてくれましたっ。















言いたい事もありますが、満開の香りの庭の素晴らしさは自分で足を運び見ないと伝わらないっ!去年は見頃前の訪問だったから、今回に比べ感動が薄かったんだよね〜。だから私が語らずに、「堪能したい!と思ったら、満開の季節に見に行こう」とすすめたい。ちなみに、港の見える丘公園は無料見学出来るのですよ。花の香りが素晴らしい朝一に訪問するのがベストです。観光客もまだ少ない時間だと感動割増出来ること間違い無し!です。

今、今年のバラ散歩の記事をまとめて書いてます。香りの庭のバラは本当に素敵で、バラがアーチになってるから、目の高さで美しいバラが咲いてて足が痛い私はしゃがまずに撮影できてとても助かりました。
しかしブログを書こうと撮影画像を見返せば、アーチばかり写してました。あれ〜??現場の私はバラのアーチの感動が一番インパクトが強かった模様です。
コメント

横浜アメリカ山と港の見える丘公園2018.5.12現在

2018年05月24日 05時35分55秒 | バラ散歩
去年の春、横浜で都市緑化フェアが開催されました。素晴らしい花々の共演に3回も足を運びました。あれこっきり!と思ってたらば、集客数が凄かったのか今年もガーデンネックレスと名付け、花々を多数見せてくれました。

地図でピンクに塗り分けてるのが会場です。今年も何度か訪問するつもりだったけど、右足の痛さに負け、4月はなかなか外出出来ず〜〜!!しかしばらが見頃なんですよっ!チューリップもつつじも諦めたが、ばらだけは〜〜っっ!辛抱たまらずお出かけです。
2018年5月12日午前9時40分、みなとみらい線元町・中華街駅到着です。
何気に港の見える丘公園を目指す時は、JR石川町駅から山手の洋館通りを抜けて行くのが通常です。なぜってJRだと横浜ー石川町154円。みなとみらい線だと横浜ー元町・中華街210円で、JRのほうが安いからです。
しかしだね、右足が痛い現状少しでもお散歩距離を縮めたい&坂道回避したいので、みなとみらい線元町・中華街から坂をショートカット出来るエレベーターを使います。
で、ホーム前方6番出口ならばエレベーターで一気に行けるんですよ。ちなみにトップ画像はエレベーターの出口です。ここを出たらもうアメリカ山公園です。

園内は素敵な花壇がありました。

寄せ植えの花のチョイスが素敵〜。お金かけてるなあ〜。

説明板発見:アメリカ山
1867(慶応3)年7月25日、現在の山手本通りから和親坂通りにかけての200区画の競売がおこなわれ、山手地区は外国人居留地として解放されました。
アメリカ山公園が位置する山手97番地は、以前から、アメリカ公使館の用地として予定されていました。ところが、当時のアメリカ公使ヴァルケンバーグはこの場所に住むことなく、山手27番地(現在の横浜山手女子中学校・高等学校校地)に自邸を構えたため、公使が住まなくなった山手97番地には、アメリカ公使館の書記官を務めていたポートマンが住むようになりました。
1876年(明治9)からは、山手82番地の横浜一般病院、(現在の財団方針ブラフ・ホスピタル)で活躍したイギリス人医師ウィーラーが住んでいましたが、1923年(大正12)9月1日の関東大震災でウィーラーは命を落とし、震災後の1925(大正14)年には永代借地権が売却され、以降は民有地となりました。
終戦後、山手97番地はアメリカ軍によって接収され、敷地内には米軍住宅が建設されましたが、1971年(昭和46)に返還を受けて国有地となり、2004年(平成16)に横浜市が国から用地を取得(一部借り受け)し、このたびアメリカ山公園として整備されることになりました」
ここで地図を再度ご覧ください。右手にRFと赤字で書いてアメリカ山公園(展望園地)とありますね。ここはつまり屋上=丘の上なんですよ。で、丘の下に行きたいならば5番出口。丘の上に行きたいならば6番出口を利用する。これで坂を上らなくて済むんです。体力温存したい方にオススメです。
地図に赤字で現在地をありますね。ここを右へ出るとまずは外国人墓地

ついで横浜地方気象台

ここの石垣が何気に凄かった〜。

石を成型して組まれてます。表面にノミ痕が残ってるからさ、幕末ないしは明治期の早い段階でつくられた石垣です。日本の石垣の組み方じゃないし、と石垣をついつい鑑賞しちゃいます。

港の見える丘公園前の信号待ち。向かいの建物はレストランでしょうか?山手洋館めぐりをして港の見える丘公園を散策してここで休憩するのもいいかもな。

さて、本日の目的地の一つ港の見える丘公園(イングリッシュローズの庭)に到着しました。

期待通りばらが満開です。いや〜、去年はまだ咲き始めのタイミングだったからさ。バラの花数が少なめで、ばらより草花の方が目立ってたんだよね〜。

イングリッシュローズの庭から見たハーバーブリッジです。

イングリッシュローズの庭は約150種、1100株のイングリッシュローズを中心に、シルバーやブルーを中心とした草花による色彩のハーモニーあふれる庭園です。

まだ午前10時8分ですが、今日はこまめに休憩を挟みつつ花を楽しみたいので、ここで最初の休憩を。

お茶請けはゴディバチョコ。早めに食べないと暑さで溶けちゃいそうだし。

ラッキーです。午前だから庭のベンチも空きがあった。一息入れてお散歩再開。
コメント

相模原公園花しょうぶ開花情報2018/5/22現在

2018年05月23日 21時49分54秒 | 相模原公園と麻溝公園
さっき麻溝公園の山あじさいが見頃に入ったと記事を投稿したので、あじさいを見に麻溝公園を訪問したら、隣接する相模原公園の菖蒲池も鑑賞したくなるでしょう!と、昨日撮影した花菖蒲の画像です。
トップ画像は2つめの菖蒲池。ここは花しょうぶを近くで見えるので撮影するのが楽ですが、木道はまだ立ち入り出来なそう。赤い工事現場でよくあるコーンと黄色と黒の2色のロープを張ってました。画像は木道の外池の縁から撮影。まだ池に水は入ってません。

こちらがメインの一つ目の菖蒲池。これは加賀系?だったっけ?咲いてるのは伊勢系の紫の1種類だけ。

池の側は肥後系。

こっちも肥後系。手前のさつきつつじが綺麗です。
江戸系はまだぽつぽつ咲き始めたところでした。
咲き始めちゃっててびっくりでした。
ついでと言っちゃあなんですが。

相模原公園ではタイサンボクが咲き始めています。

そしてサカタのタネグリーンハウスでは、さつき展が開催中、多くの素敵なさつきがありましたが、モデルが艶やかなオートクチュールを着てランウエイを歩いてるがごとくなこのひと鉢をチョイスしました。

グリーンハウスの2階展望テラスから、新緑のメタセコイア並木。煉瓦色に色づくメタセコイアもいいけども、新緑のメタセコイアも素敵ですよ。
最後はこれ。

謎の鳥。始めてみたよ。何て名前の鳥かしら?と思って撮影したけど?と考えてたら、グリーンハウス2階で野鳥の写真展を開催中。おじさんが1枚1枚丁寧に鳥の解説をしてくださったので、おじさんならあの鳥の名前をご存知かも?と期待して画像を見せたところ「コジュケイじゃないか?」と一発で解答が来た!すごいわ〜。嬉しくなっておじさんと話し込み。鳥撮影の心得を教えていただきました。やっぱ鳥の探し方とか望遠かけての鳥の撮影法とか教えてもらえてすんごく勉強になりました。

とりあえず、私のように鳥を走って追いかけちゃイカンみたい。追いかけたら逃げられた〜。追いかけつつシャッター切ったらボケボケになった〜。千載一遇のシャッターチャンスだったのに。何やってんだ〜!!私のアホ〜

ちなみに相模原公園のせせらぎ地区。一番華やぐ桜の季節が過ぎ、静かでした。
コメント

麻溝公園の山あじさいが見頃2018.5.22現在

2018年05月23日 21時18分40秒 | 相模原公園と麻溝公園
昨日は相模原公園と麻溝公園を散歩しました。語りたいことも多々ありますが、細かいことは後日別記事を立てるとして、既に山あじさいが見頃を迎えています。
相模原市麻溝公園には、約200種・7400株のあじさいが植栽されています。最初に見頃となるのが山あじさい。ちょっと咲き具合を見てやろう!と気楽な気持ちで行って仰天。まさかの見頃始めに入ってました。ともかく画像で咲き具合を確認してください。






 

イワガラミと名札が出てました。それ、知ってる〜。鎌倉の東慶寺さんで毎年期間限定で公開されてるのがイワガラミ。見に行きたいと思いつつ果たしてなかったのですが、まさか麻溝公園にあったとは!といのも、イワガラミが絡みついてる木は、去年まで散策路から見えなかったのです。昨日行ったら、散策路の一部が谷の水道みち側に伸びてて、そこを行ったらありました!びっくりです。

なんというか、今窓の外は雨が降ってますが、昨日はカラカラに乾いていて、東京の湿度は20%ちょいしかありませんでした。ご存知の通り、あじさいが綺麗に見えるためには湿度が必要な花です。ので、日向の山あじさいはくったりしてて撮影に耐えられません。例えば、見頃だと思われる「黒姫」はこの有様です。

後から縁が赤く染まる山あじさいを除くと、既に見頃になってますので、今、雨が降ってるからさ。明日の午前中などは絶好の撮影日和じゃないかなあ〜。
でもって、他のあじさいの咲き具合は?

東屋付近は木陰でくったりしてませんが、グランドの縁取りの青いあじさいはもうぐったりしてました。

で、最後に真白になるアナベルも既に緑を脱しつつある場所も。

これは麻溝公園を横断する水道みちの花壇のところのアナベルです。背後にうっすら見えてるのがハコネウツギ。ハコネウツギもちょうど見頃です。

水道みちにはこんなのも花芽が一杯でてました。これさ、柏葉あじさいに似てるけど違う。柏葉あじさいも水道みちにあるので、見比べてみたけどやっぱり違う。麻溝公園に200種か〜。よっぽどあじさいに詳しくないと200種も判別出来ないよ〜。
コメント

生田ばら苑開花情報2018.5.11その2

2018年05月23日 06時11分27秒 | バラ散歩
トップ画像はブルームーンと名がついてます。とても香りが強い種類です。画像から香りが伝わらないのが残念です。
2018年5月11日は今年のばら苑開園2日目ですがすでにどのばらも満開でした。最初は気に入ったこの1輪を探すつもりだったのに、咲きすぎで一輪は無理そうなので、こんな感じで撮影してみた。












 
おやつ休憩です。

ばらを楽しみつつのベンチが空いてないので、ばらとあられの画像を撮影してから空いてる椅子を探しました。

確保〜〜!!おやつとついでにお昼ご飯も食べた。次に空いてる椅子が確保できる気がしないので。

最後に一回りして満開の視界が色とりどりのばらで埋まるのを楽しんだら生田緑地のハイキングコースを抜けます。

今回はいつもは右へ曲がった分かれ道を左へ曲がってみた。生田緑地の全体図がありました。左の水生植物園って行ったことないな。行ってみようか?とちらりと思ったのですが、今回は自重してパスします。翌日ダンナと横浜へばら見物に行くのでここで疲れられないんですよ。

日本民家園前の菖蒲田だけは確認しました。黄菖蒲が咲いてました。やはりばらと花菖蒲両方を楽しむのはタイミング的に無理みたいですね〜。この後向ケ丘遊園駅から戻りました。
コメント