あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

皇居二の丸庭園

2017年12月25日 05時58分55秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
皇居東御苑の二の丸庭園は、江戸時代に小堀遠州が造り、3代将軍徳川家光の命で改修されたと伝えられる庭園でありましたが、長い年月の間に度々火災で焼失し、明治以降は荒廃していました。現在の回遊式の庭園は、昭和39年(1964)に、9代将軍徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に造られたものです」
説明板を読んでこれは現代の作庭家が徳川将軍時代の庭をドリーム想像して作った庭だと知る。んで?作庭したのが前回の東京オリンピックの時って世界からくる人達のおもてなしだったのかも?と想像してみる。

諏訪の茶屋は二の丸庭園にある建物で、二の丸庭園にある建物はこれだけなので、来るたびに撮影してしまう。

築山に上がると赤いモミジの向こうに池が見える。凄いですわ〜。視力がいい人は、池の石橋や石灯籠も見えるのかな?

で、池です。池は浅い。ヒレの長い綺麗な鯉が泳いでます。どこかの国から先の陛下への贈り物だったものを、国民の皆にも見れるようにと放されたとか。でも数がね。池の広さに比べ少ない。前回来た時はもう少し多かったと思うのですが。いつだったか鳥が鯉を狩るので何度鯉を入れても食べられてしまう。というニュースを見たことあるんだけども。野生には勝てないね。

回遊式の庭なので、池の周りをぐるりと。池の奥に雑木林が見えます。昨日紹介した武蔵野の雑木林を再現した場所。中央の大きな木の下に、ベンチがたくさんありました。そこでおやつ休憩しました。5月にはツツジ(さつきかもしれん)がお花畑になる場所です。

場所は上の地図で確認して下さい。

二の丸庭園にあるトイレと休憩所。ダンナを待つ間紅葉を撮影。気づいたのですが、外国人が多いのね。彼等は日本の観光場所をよく知ってます。感心するわ〜。

一つ上の画像右奥に写ってる照明です。もともとは皇居正門の橋の照明でした。
ここにも皇居の電燈がっ!!(2011.5/21)の記事こちらの記事に江戸たてもの園・皇居伏見櫓・東京芸術大学にあるかつて皇居正門の橋の照明だった電燈の画像があります。
大手門から外へ。
濠沿いに東京駅へ向かいます。

皇居に残る江戸城の名残。奥は富士見櫓です。江戸城の本丸が焼失した後は、富士見櫓が代用されてました。将軍様はここから隅田川の花火を眺めたとかなんとか。手前の櫓とのコラボもあって、人気の記念撮影ポイントです。

東京駅から続く行幸通りの銀杏並木を楽しみに来たのですが、あれ?この道って中央にこんなに大きな歩道があったっけ??
残念ながら楽しみにしていたイチョウ並木はすでに見頃過ぎの木が多かったです。まあね、12月3日だし。仕方ないですね。

ちなみに、お濠端の街路樹もイチョウです。逆光なのが残念ですが、実際にはもうチョイ水面に逆さに映るイチョウは綺麗でした。不精せずに行幸通りの反対側へ渡って撮影すべきだったなあ〜。
丸ビルのクリスマスツリーをちょい見。昼間だからイルミは灯されていない。

丸ビルからKITTEへ。画像奥左に東京駅。右手前が東京中央郵便局。で、今日は時間が惜しいので2・3階に入ってる東京大学の博物館をパスして5階へ。

目的は東京駅の建物を見下ろすことと、映画『シン・ゴジラ』の最終決戦池を見ること。

ついでにしばらく東京駅を発着する列車や新幹線を眺めました。列車爆弾はロマンでしたね。まさか映画で見れるとは思いませんでしたが。

さあ、次だ!とエスカレーターへ。ふと?上からツリーを見下ろすのもアリかも?と写してみた。ここもイルミがあるんだけども、今は昼間なので(二度目)

千代田線大手町駅へ移動する途中、工事の終わった東京駅を正面から撮影してみた。逆光だった。ここさ、順光撮影できる時間帯ってあるんですかね?ちなみに撮影時刻12:10です。
皇居乾通り通り抜けのついでにお勧めの散策コース(2017.12/4)の記事 こちらの記事は12/3の散策のまとめ記事です。
どっちも岩崎家ゆかりの庭園です(2017.12/5)の記事 こちらの記事は、皇居周辺散策の後に行った場所のまとめ記事です。
コメント

皇居東御苑の二の丸雑木林の紅葉

2017年12月24日 05時29分25秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
2017.12/3 10:30~。皇居乾通り通り抜けに参加。東御苑から二の丸庭園へ。ここに昭和天皇が東京近郊から失われていく武蔵野の雑木林を皇居内に造ろうと、昭和58年から(1983)3年かけて造成した雑木林がある。なんと土壌も武蔵野の雑木林から移したので、土に混じって植物の根や種子、昆虫や土壌植物も一緒に移されて、とてもここが皇居と思えない素晴らしい武蔵野の雑木林が復元されている」と、去年昭和記念公園で開催されてた写真展でオススメされていたので期待してきました。

期待を上回る素晴らしい雑木林が眼の前にっ!!

雑木林の中に何本もある細い散策路を、足の趣くままに進みます。圧倒的な暖色系の色の洪水が、進むごとに次々と展開されてもう大変!

なんで今までこなかったんだ〜!!私のアホ〜~っ!!二の丸庭園へは既に何度も訪問済み。梅・ツツジ・花菖蒲・紅葉と季節を変えて訪問していたのに、雑木林には注目してませんでした〜。手抜かりしたわ〜。

普段私の散歩に付き合っても撮影はほぼしないダンナも撮影を楽しんでる様子。案内してよかったよ。

武蔵野の雑木林って私の田舎の讃岐の雑木林と違い、落葉樹が多いんですね。讃岐は常緑樹が多いので冬でも緑色の木が多めなんだよね。

歩くの楽しい〜〜っ!!

上の画像は既出のこの日の散歩のまとめ記事に載せたもの。ここも二の丸庭園の雑木林にあるので載せてみた。
上の画像の右奥にある照明はこちらです。

元は皇居正門の石橋にあった照明です。現在はあちこちで飾られてます。確か上野の芸大で見た記憶があるわ。

二の丸庭園の紅葉が素晴らしかったので、記事を2つに分けて明日は日本庭園部分を紹介します。
コメント

皇居乾通りの紅葉見物

2017年12月23日 05時56分13秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
2017.12.3訪問。例年11/30&12/3は帰省新幹線の指定席事前受付で町田駅に予約券を提出した足で紅葉散歩をします。今年も同じく朝一に町田駅でダンナをホームの待合室に残し私だけ下車し予約券の受付を済まし、小田急東京メトロ切符を購入。東京メトロ千代田線二重橋駅へ。予測して日比谷公園側の馬場先門・明治生命館最寄出口へ。
地上に出て異変に気付く。皇居乾通り通り抜け参加は今回で3度目です。でも前回は大勢の参加者で溢れてたんですよ。なぜに休日の通り抜けに人出が少なめなのか?疑問に思いつつ足は止まらない。途中で楠木正成像がある広場からの団体客がどんどん合流し、それなりの数の参加者と共に皇居前広場を目指す。
やがて見えてきた行列の最後尾。短いっ!なぜだっ??
理由はすぐに判明した。皇居乾通り通り抜けは10時スタートなのですが、既に開始されており行列もとおに動いていたのです。やっちまったわ〜。

行列が少し進んでは止まる。ある程度の参加者をテントの持ち物検査場に通して、検査待ちの参加者が終わったら次を通すを繰り返してました。上の画像で9:38です。この後、ボディチェックテントがあり、後は行列の後ろを追いかけて坂下門から入場する。

坂下門に9:42到着。ボディチェックからここまで行列はスムーズに流れました。

最初の見所は、富士見櫓を背景の紅葉したモミジと記念撮影です。前回もここで記念撮影しました。
前回に比べ紅葉の盛りを超えてる気がスル。紅葉の先が痛んでるのもきになるわ。

でもまだ見物客が少ない時間帯なのは嬉しい。背景に宮内庁の建物をバックに〜も楽に撮影出来ました。

コース地図発見。

山下通りは紅葉の名所ですが、既に落葉済みのモミジが多く見栄えがイマイチ。

兜門の紅葉。手前のオレンジ色に輝く紅葉が綺麗です。人気です。撮影者がいっぱい。
この先に富士見多聞と美しい石垣のコラボポイントが。ついでに紅葉も入れて3つをコラボしたのがトップ画像です。

ここも人気の撮影ポイントですね。

これで紅葉の見頃の盛りだったら言うことなしだったのに。

春の公開では大人気のしだれ桜が美しい道灌濠。上の画像右手に天皇陛下の御住まいの吹上御所があります。

この先が出口の分かれ道。直進すると乾門。右折すると東御苑です。前回の公開時は2度とも直進して、北の丸公園から靖国神社へ向かいました。北の丸公園の紅葉山。靖国のイチョウ並木も素敵でした。

今回は二の丸庭園の雑木林が見たいので、右折します。

西はね橋から乾通りを振り返って撮影。前回も同じ場所から撮影しましたが、今回は前回より早い時間だからか太陽の位置が悪い。逆光で太陽の光が入っちゃった。

水のたまった水路は蓮池濠。夏には蓮が美しい場所ですが、それを見るには皇居見学ツアーに申し込まねばなりません。これまた逆光です。でも石垣が美しく輝いてます。
橋の先は2段構えの石垣が出迎えてくれた。
 
中には大名が納めた石もありますね。

野面積みかな?

道なりに抜けたら江戸城の天守台が目に飛び込んできた。そりゃあ登るでしょう。既に登りの行列ができてるけど、行列は長くない。

天守台から北の丸公園を撮影。奥に日本武道館の玉ねぎ屋根が見えます。手前の門は北はね橋門、乾通りを通り抜けて右折するとここから東御苑に戻ってきます。

見物客が次から次にやってくるので、足早に移動します。

秋の雅楽演奏会を聴きに来た時に開館時間待ちに行列した場所から、天守台を振り返る。行列がどんどん長くなる。ここから道なりにくだり坂。美しい石垣の白鳥濠へ出ます。

長いスロープの石垣の奥に二の丸庭園の紅葉してる雑木林が見えた!これが見たかった!!
コメント

映画シン・ゴジラの撮影場所

2017年12月15日 05時07分38秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
2017.11/24都内大イチョウ巡り。明治神宮外苑イチョウ並木→六本木ミッドタウン・21_21DESIGN SIGHTでANDO建築スタンプラリー押印→徳川吉宗ゆかりの赤坂氷川神社で樹齢400年超えの大イチョウ→江戸の鎮護の山王日枝神社さんで大イチョウを探しきれず!くっ!→永田町界隈イチョウ並木散策後、国会前庭へ今ここです。
国会前庭は、幕末の桜田門外の変で水戸浪士のテロリストの襲撃に遭い死亡した時の幕府のトップだった井伊直弼の屋敷跡。ちなみに井伊家の前身は加藤清正の屋敷です。現在は国会議事堂の正門の左右の緩い坂にあります。道を挟み南北に庭園があり、トップ画像は北地区のもの。敷地内には憲政会館もあります。普通に歴史散歩するなら憲政会館を見学するのもいいけども、この日は都内大イチョウ散歩がメインなのです。憲政会館はまたいつか。で、何しに国会前庭を訪問したか?というと、ここでお昼ご飯をいただくため。
そして映画『シン・ゴジラ』で多摩川作戦決戦直前に、「うちの先生が言っていました」と言ってたのはたぶん映画の主人公官房副長官矢口さんの秘書だと思うんだけど?彼がフリージャーナリスの早船さんと打ち合わせしてた場所です。ダンナをモデルに同じ感じで撮影したかったのだ!

本当はダンナに右手にももう一人欲しいところです。アホなことをやってないでパンと熱いお茶でお昼ご飯をいただく。
この場所の歴史探訪は既に何度も紹介済みなので今回はパスします。が、歴史にほとんど関心がなかったダンナに軽く歴史解説。まあ国会前庭に往時の井伊家の屋敷を偲ぶものはほとんどのこってないのですが。石燈籠と、お濠脇の桜の井戸跡くらいですし。

でもこれだけは!井伊家の敷地から桜田門を望む。上の画像の左奥に白い漆喰塀が見えるのが分かりますか?あそこが桜田門です。井伊直弼は毎日お屋敷からあそこまでを行列していたのですよ。私がゆっくり歩いて徒歩5分程度ですね。で、テロ襲撃を受けて死亡したと。当時の幕府のトップの暗殺事件です。映画やドラマで何度も見ましたし、歴史検証番組でも「なぜ襲撃が成功したのか?」を議論されてましたね。事件の現場で近さをダンナに感じて欲しかったのだ!

国会正門から皇居のお濠へまっすぐ伸びる道の左右の銀杏並木を撮影したくて道を横断する。
ここでうっかり!しかもこの日の散歩コースとして大分致命的な失敗をしてしまいました〜。
そもそも我が家の最寄駅は小田急電鉄でして、小田急東京メトロ切符を購入すれば、東京メトロは乗り降り自由になります。だから都営地下鉄はほぼ使わない。何を言ってるのか??東京では東京メトロと都営地下鉄という2つの地下鉄会社がありまして、この2つは相互性がない。つまり運賃は別支払いなんですよ。で、普段東京メトロを利用してる私は、都営地下鉄の路線図が頭に入ってない!で、国会前庭から都営地下鉄大江戸線の六本木駅へ戻るコースを選択してしまいました〜。本当ならば、国会前庭から日比谷公園へ抜けて、日比谷公園のくびかけイチョウと銀杏並木を見物後、都営地下鉄三田線の日比谷駅に乗車すべきだったんだよ〜〜。それなら移動10分位で済んだのに〜〜。六本木駅は遠かった!アホか〜〜っ!!
道々ぼやきつつ見つけたものを紹介します。

これ、何〜だ?
答え:首相官邸の石垣。
私のブログを日々チェックして下さってる方にはお分かりですね。私、石垣見るの好きなんですよ。石垣の組み方や石をタガネで整えた削り跡を眺めて、そこに藩の印を見つけた日には小躍りしちゃいます。石垣にだって歴史あり。どこかの寺院仏閣で使われてた石の構造物が、石垣として再利用してたりもあり!ですし。
で、首相官邸の石垣のは?採点するなら100点満点で10点かな?いや、10点でも多いわ〜。画像の石垣部分をよく見て欲しい。特に上の石垣。縦線が3つあるよね?これさ、なんちゃって石垣なの。つまりパネルなの!つまり石でさえない可能性が!!まあこれが現代日本の石垣です!といえばそうなんでしょうが。これを石垣だとは認めたくないわ〜〜。
繰り替えしますが、これ、首相官邸の石垣なんですよ。びっくりですわ〜。
溜池交差点に戻る。気付けば緩い下り坂だった。国会のある場所は小高くなってたのね。

で。なんだかレトロなビルが向いに。む〜〜?コンクリートにしては色が白過ぎるかな?
近づいてびっくり。これさ、もしやして白大理石を貼付けてある!うわ〜。お金に余裕のある時に作ったんや。で、どこのビルなの?
重機のコマツのビルでした。白大理石が珍しかったので表面をなでなでしちゃいました。おかしい人に見えたかも?
で。だね。歩く。歩く。てくてく歩く。帰宅後気付いたんだけど、もしかして道を走る都バスに乗れば時間短縮出来たんじゃないの〜??散歩に使ってるのは都営1日券なんですよ。なぜに都営地下鉄にこだわったんだろうか?自分!都営1日券は、都営バスも1日乗り放題なんですよねっ!
ドアホかっ!!ダンナには内緒にしておこう。私のうっかりで1時間も歩かされたと知ったらさすがに怒るかもしれん。

でもまず二度と歩かない道はそれなりに新鮮でした。上の画像は何でしょうか?
答え:首都高の裏側。
首都高は確か前回の東京オリンピックに間に合わせるために突貫工事で作られた高速道路です。前回のオリンピックといえば1964年ですわ。アレから最早50年。突貫工事の道路なので老化具合が酷い。でも耐震工事とか法律が色々変わっててそうそう新しく作れない。で、現状はせめて落下物がないように工事したようですね。
私、涙ぐましい保守具合を見た時になんだかアレに似てる。と思いました。人間骨折したら石膏で固めるじゃん?もしくはハリボテ?80年代に中国を旅した時に、こういうの見た気がする。足場が全部竹で作ってた驚きの工事現場も併せて記憶が蘇っちゃったよ。これはこれで一見の価値あり!でしょう?
で、歩き疲れ、ヘロヘロになり都営大江戸線六本木駅に戻って来た。次は麻布十番へ移動です。都営大江戸線六本木からは隣駅〜。歩いても近いんじゃ。でももう疲れた。今日の分の動けるネネルギーはもうレッドゾーンよ?予定通りに消化出来そうにない〜。

コメント

靖国神社の紅葉

2014年12月15日 01時02分38秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
皇居乾通りの一般公開北の丸公園のモミジときて、靖国神社に到着しました。靖国神社は春・秋と既出で何度か紹介しているので、今回は2014年の紅葉状況を紹介します。

やはり見事なのは参道のイチョウ並木です。タイミングバッチリでした。





参道の左右が駐車場ってアリなのか??毎回思うけどとっても不思議です。だって参道が駐車場ってアリなのか??まあ神さまが通るとされる参道の真ん中は空けてるけど…。
バスの窓に並木の黄色が映り込んでますねえ~。
さて、トップ画像ですが、誰の銅像かといえば、明治維新の十傑の一人兵法家の大村益次郎です。ちなみに東京三大銅像の一つです。

神社前の売店。

こんなんありました!
東日本大震災の折り、あちこちで石灯籠や鳥居が倒れたり壊れたりしたので、灯籠も耐震工事した模様です。ここの灯籠はでっかいし、海軍・陸軍の著名な場面が装飾されてるので壊れる前の対策はいいと思う。まあ軍事にアレルギーある人多いから語らないけど。

一応対象の石燈籠は上の画像の中央奥のやつね。参道の左右に設置されてます。

参道奥を振り返ってみる。時刻は12時15分。この時間だと鳥居の手前から写しても奥から写してもイチョウが綺麗に輝くのね。太陽の位置って大事だな。

参拝後、トイレ前を通りかかったら一人も並んでなかった。ついでにトイレに立ち寄ったら、利用者は私一人だけだった。やっぱり…。北の丸公園の公衆トイレに行列してる人に教えてあげたいわ。
さて。本殿裏手にあるお庭もチェックです。

しかしこちらは太陽の位置が悪いのか?それとも紅葉具合が見頃を外してしまったのか?あんまり綺麗でない。だけど近くのイロハモミジは綺麗です。



本殿裏手より。画像に写ってないけど、社殿の形が素敵です。

ついでに神楽殿と黄葉したイチョウ。神楽殿の右手には東京の桜の開花を告げる木があります。
さて、少し歩いてJR中央線市ヶ谷駅を目指します。

コメント

北の丸公園のイチョウ

2014年12月14日 01時21分49秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
皇居乾通りの一般公開は、入場するまでまず行列。その後たっぷり時間をかけて乾通りを楽しんだ後乾門から外へ出た。人々は東御苑と北の丸公園へ別れて散開。私は北の丸公園へ向い、北の丸公園のモミジを楽しみました。靖国神社へ向おうとしてまず一驚き。公衆トイレに長~い行列がありました。
うわおっ!!
見なかった!と。先へ進みますと、武道館前に綺麗に色づくイチョウがありました。

うん。せっかくだから武道館と一目で分かる角度から撮影しよう!

満足して田安門へ向いますと??
ン??何あの行列は~!!

もうちょっと近づいてみようか?

行列発見!!しかも行列に並んでる人はイチョウを見ていない。何してるんだ??
行列の先にあったのは、またしてもトイレですっ!
うわぁ~…。酷い事になってるなぁ。

私ならここをパスして靖国のトイレを使うけどね。皇居・乾通りの一般公開を旅のメインに持ってきた旅行会社はここで客をピックアップです。しかし…。迷子の客とかトイレ客待ちとか、ガイドさんはとても大変そう~。くわばらくわばら。

武道館まえの大銀杏は、今年も綺麗です。

田安門です。建立以前はこの付近に田安台と呼ばれていた事ならこの名前があります。
田安門の石垣も素敵だよな~。

いつもの~。モミジ越しの田安門のショットを押えて移動です。でもこのポイント、近いうちにまわりの木が大きくなり過ぎてこの時期の撮影ポイントはナシになりそうだ。
通り前の歩道橋を渡ると、靖国神社に到着です。

期待通り参道のイチョウ並木が綺麗に色づいてます。


コメント

江戸城北の丸公園の紅葉

2014年12月13日 01時21分00秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
訪問は皇居乾通りの秋の一般公開初日の2014年12月3日です。
乾門を出たら視線の奥に綺麗な黄色が見えたのです。乾通りの通り抜けを楽しんだ後、参入者は2方向へ別れます。一つは東御苑行き
こちら秋の東御苑の記事です。皇居東御苑の紅葉82011年12月21日)の記事皇居・東御苑がかつて江戸城二の丸庭園だった時代の庭を彷彿とさせてくれます。
これは引き返す形になりますね。もう一つが北の丸公園に向う人。私も信号を渡りました。が!!直進すると大勢と共に行くことになる。へそまがりな私は信号を渡り切った所で左へ向いました。そこにあるのはトップ画像の近代工芸館。かつての近衛師団司令部庁舎です。ゴシック様式の近代洋風建築です。館内は日本の伝統工芸から現代工芸までを展示する東京国立近代美術工芸館となっています。
手前に綺麗なイチョウがあったので、ぜひこれとレトロ建築物をコラボ撮影したかったのですが、行ってみたら休館でした。あれ~~??

仕方ないので一応全景を押えて移動です。

こちらは春に大人気の千鳥ヶ淵の桜です。しかし、桜は紅葉の早い植物。さすがに季節の運行が早い今年は既に葉が落ちた後。つまらない。でもせっかくだから散策路を終点まで進みました。と。

イチョウで止まり。画像の左下奥に見えるのは、靖国神社のイチョウです。あちらも綺麗な感じだね。

この場所はかつては江戸城のお濠の上で見張りとか立てられたのかな?少し盛ってあります。だから武道館の全景が拝めます。あ。ちなみに、手前の駐車場の一杯止まっているバスは、日本全国から皇居・乾通りの一般公開へやってきたツアーバスです。すんごい数押し寄せてます。ここの駐車場に置けなかったバスはなんと靖国神社に止まって客が戻るのを待ってます。

既にイチョウも葉っぱを落としてる時期で、足元は黄色い落ち葉で一杯です。この時期の北の丸公園の目玉はもみじだよな~。

ってな事で移動です。
期待通り美しい~~~っ!!

さっそくベンチを確保。上の画像を眺めつつあんパンとヴァームでお昼ご飯~~。
あれ??
なんか…。オバさんらが笑顔で寄ってきた。私、いきなりの観光ガイドにジョブチェンジです。
「この後のおススメは靖国神社のイチョウ並木です。武道館の先の田安門を抜けると、左手に歩道橋がありますから渡って下さい。渡ったら首を左に振ればイチョウ並木が見えます」
「他にです?近場はJR市ヶ谷駅から一駅の飯田橋から小石川後楽園かな?庭園内に500本だか600本だかのモミジがあるんですよね。私は市ヶ谷から千駄ヶ谷へ移動して新宿御苑へ行くつもりです」
「あと!北の丸公園の公衆トイレはどこも行列でしょうから、靖国神社のトイレがおススメです」
みたいな~。皇居乾通りの紅葉が素晴らしかったので、みんなテンション高いんです。そうね。こんなに綺麗な紅葉は今年最後かもしれないから心ゆくまでたのしんでくれたまいっ!
「ここですか?まあ何度か訪れてます。今年の紅葉は色が綺麗です。落葉は例年より早いみたいですが」とガイド出来る程度には再訪してる私。さて。お腹もふくれたので散策再開です。

モミジに日が辺り見頃でした。地面にはモミジのじゅうたんが出来てます。本格的なカメラの人もいます。彼らに指導され観光客が撮影を楽しんでます。ちと人が多かったのでシャッター切りつつ移動です。







構図とか考える時間も余裕もなかったけど、素材の紅葉が綺麗なので悪くない画像になりました。

さて、次は靖国神社~~~って!!何この行列っ!!
行列の先頭は、公衆トイレでした…。さもあらん…。
コメント

皇居乾通り一般公開2014.12.3現在

2014年12月12日 01時20分29秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
天皇陛下の傘寿を祝して特別に公開された皇居・乾通りの通り抜けの記事は本日で最終です。今日は富士見多聞から道灌濠・蓮池濠・乾濠・そし出口の乾門の画像を紹介します。

富士見多聞を右手に進むと、左手に春の公開時にしだれ桜が大人気だった道灌濠が見えてきました。しかし道灌濠近くにめぼしいモミジの紅葉はなくて人気はない。一枚抑えて前進します。





やがて乾通りは2方向に分岐します。右折すれば天守台と東御苑。直進すれば乾門があります。ここが思案のしどころです。何しろ天守台方面を選択したら戻ってこれないのです。安全を考慮して一方通行なのね。









乾濠です。ここの石垣は高さがあるよ。









やがて視線の奥に乾門が見えてきました。

出口が近づいたので、一度振り返ってみました。あまりの人波です。公開初日は57000人超えの参入者があったとか。さもあらん…。

こちらは乾門内左そば。よく見ると、画像の奥に皇宮警察の派出所があります。派出所の奥へはいけません。奥に天皇陛下のお住まいがあります。

なんだかんだで10時34分に坂下門を抜け、乾門を抜けたのが11時19分。わずか数百メートル進むのにこんなに時間をかけてたとは…、今更ながらにびっくりです。坂下門を抜けると、視線の奥に北の丸公園の紅葉が見えました。次はあそこを目指します。
の前に…。乾門を抜けたら設置してあったのがこれ。

公開初日は、複数の旅行会社のツアーがいました。出口でツアーの旗を降ってるガイドさんの姿もありました。はぐれたら集合場所と集合時間をなんで決めておかなかったのか?!まあーーー大変でした。
乾門を抜けた所に自動車道があり信号はまたも警察官が必至で交通整理してました。この信号は混雑というより混乱してた。凄かった!何がって細い道路なのに横断歩道を渡る二人宮がまるで渋谷のスクランブル交差点なんだもん。


春の蓮池濠の画像はこちら。皇居蓮池濠全景&乾濠(2014年4月22日)の記事春は東御苑と乾門への分岐地点周辺の撮影はもっと自由でした。秋は警官が逆戻り禁止を完全にする為警備してて撮影出来ませんでした。なので蓮池の石垣の全景は、4月22日の記事で確認して下さい。

今年も紅葉散歩のフォトチャンネルを作りました。
2014紅葉散歩

紅葉シーズンが終わる前に情報を!
公開前の記事の画像も掲載してます。よかったら見て下さい。
コメント

紅葉の富士見多聞

2014年12月11日 01時44分55秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
秋の皇居乾通りの一般公開に参入したのは秋の公開初日の12月3日でした。初日なら少しは人が少ないかな?と思ったけれど、そんなことはなく…。

宮内庁庁舎に着いたのが10時40分でした。

こちらは進入禁止の場所。

一方公開された乾通りはこの画像奥でして、大勢詰めかけてます。

ちょっと進んで再び進入禁止の通り。
後ろからどなたかの声。「皇居の植木屋になったらいつも入れるんや~」
まあそうだけど、無理でしょ?庶民は公開された時いそいそと来るのです。

一方乾通りは宮内庁前の広場に比べ道幅がぐっと狭まって参入者は通りで牛歩やってます。
確かに通りには色とりどりのモミジがあって美しいんだ。春の桜の時は既に見頃過ぎてたからね。秋の今回の方がもっと楽しいんだけどね。
ええ。人の多さに目をつむってしまえばね。

あ。富士見多聞が見えて来ました。

後ろからどんどん人が来るので、足を止めるのはNGです。パパッと撮影して先へ進みます。

ああっ。でもでも石垣好き~の萌え心が燃え盛ってますわ。

せ・せめて携帯電話の望遠を最大にして撮影してみる。古い旧式の形態電話のスペックだとほとんど拡大出来ないんですけどが・がんばってみる!

どうだ??

どうだ~~~っ!!



列の一番右端で撮影しつつ先へ進みます。
もちろん通りはいよいよ人でぎゅぎゅ~~~っと!詰まってきちゃいましたが…。視線は前でなく横!!ですっ!
前はね。見ないの…。

でもちょっとだけ左橋には寄ってみた。だってイロハモミジが輝いてるんですもの。

皇居・蓮池濠と道灌濠(2014年4月21日)の記事春の乾通り一般公開の時の記事です。訪問が遅かったので、桜はほぼ散ってました…。


コメント

皇居・乾通り通り抜け参戦

2014年12月10日 01時48分53秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
時は2014年12月3日早朝。私は気合いが入っていた。なぜなら1月3日の新幹線の指定席の発売日なのであ~るっ!朝一に町田駅に予約票を出さねばならないっ!!
と。テレビから「本日から秋の皇居・乾通りの通り抜けが始まります」と聞こえてきた。
ナヌッ!!今日からだとォ??
即座に行き先変更ですっ。予約票は朝6時半から受付開始ですが、発券開始は午前10時より。更に指定席の受け渡しは正午からでして、その間の待ち時間を使い毎年紅葉見物に出かけてます。今年はまだ行ってない新宿御苑に行こうと思ってましたが、その前に皇居だぁ~~~っ!!
てな事で、東京メトロ千代田線・二重橋前駅下車。春は大手町よりの6番出口を利用して東京駅方面から来る客と合流して大変だったので、今回は日比谷よりの2番出口を使うのだっ!!
あれ??
2番出口が閉まってる…。あれ~~??
これは夜のニュースで判明したのですが、混雑回避で、一番便利な出口は閉鎖してあったのです。

結局近くの1番出口から地上へ出たのですが。なんか、地上は既に臨戦状態だったのです。
まあ、地下鉄のトイレが階段まで伸びる長蛇の列だから予想は出来たのですがね。今回は春と違い警察が本気モードです。今回はメンツにかけても事故など起こさないっ!何しろ皇居・乾通り通り抜けイベントは、天皇陛下の傘寿記念を祝して行われるのだっ。不祥事はどんな些細な事でもダメなのだっ!!
という意気込みで皇居・乾通り一般公開初日は開始です。
上の画像は千代田線二重橋前駅1番出口すぐに止めてあった警察車両です。ここの交差点では、警察官が立っていて、皇居側では警察官が方向指示のプラカードを持ってたり、至れり尽くせりです。この時点で時刻はまだ9時52分!さて、馬場先門を抜けて皇居広場へ。と。再び警察官登場です。警察官が通せんぼしてるのは信号前。え~と??信号は青なんだが…。ンン??
どうもね。これも渋滞から起こる事故を防止する為の処置のよう。

そんなこんなで動く行列に並びます。なぜに動く行列か??といえば。あまりに多い参入者を効率よく捌くために皇居前広場をぐるっと歩き回して移動させる訳です。そんなこんなで上の画像は、馬場先門から西に移動し、北上するポイントで撮影。これね、背景に写ってるの日比谷公園だからっ!だいたい距離感がわかる?
ところで、何でサクサク動く列が進むか??すんごく疑問だったのですが、これも夜のニュースで判明しました。あまりの客の多さに、10時からの開始時刻を30分繰り上げて開始してるから!ええ。そうなの歩いてる時点で既に乾通りの通り抜けは始まってるのです。

奥に見えてるのが桜田門。ふっふっふ~~~っ!!歩く速度が早過ぎる。ハア…。大変っ。私でコレならば、年配者が更に大変だよな~?!でもな、遠回りさせられても列は動いてるからな。
と思ったのもつかの間。すぐに列は止まってしまいました~。

待ってると、左に新たに動く列が現れて、左隣はどんどん進んでいきます。んん~??
多過ぎる参入者のため、皇居広場をぐるりと列回ししただけでは行列がさばけなくなったのです。よって客を捌くため、こっから列を2本・3本と増やしていくのです。

有名な二重橋前に到着です。観光客が二重橋を見物してる姿もありますが、彼らの導線はどうなってるのか…。
この辺りに臨時のトイレが設置してあります。行列を抜けてトイレに向う人の姿もあるのですが、トイレから出て行列へ戻るのは大変そ~~っ!!連れがいると更に大変っ!!
ところでオバさんという生き物は、隙があればおしゃべりを始めるのです。もうね。列が進まないから暇だったのね。しかし、話題が皇室の家庭問題を選択するのはいかがなものか?
「愛子ちゃんねえ~反抗期よね~」
「あと3年続くわ」
「甘やかしすぎよ~」
お・オバさんオバさ~~んっ!!
女の年を取ると怖いものナシだよな…。クワバラクワバラ。
やがて列は最初の関門。持ち物検査&身体検査を待ちます。
ここで一番早く進むのが男性列です。なぜに男性列と女性列があるのか?というと、検査してる警察官が男性か?女性か?ということだ。
おっさんおっさん、なぜに女性列に並ぶっ!!一歩左の列へ移動しろっ!!もういい年なんだからさ~、エロ方面も引退しろやっ!!ということもありつつ。
列を抜けると更に列。しかも列は一旦皇居を背に東京駅方面へ向います。

警察車両がズラリと並ぶと壮観。

あ。列はターンしていよいよ入口の坂下門が見えて来た。

そんなこんなで坂下門を抜けたのは、10時34分です!だいたい30分ちょいの列で入れました。夜のニュースでは初日の参入客数は57490人だったとか…。
ふう、ヤレヤレですわ。

列してる時も上空を報道のヘリが飛んでたけれど、坂下門を抜けた所にも報道のスペースが設置してありました。

お昼のニュース番組にはまだ早い時刻だったからか、結構だらけてらっしゃいますぅ~~。ここはニュースで度々報道されてた富士見櫓の側なのね。

皇居はかつては江戸城だったのですが、江戸城時代の遺物はほとんどないっ!かつての姿を思い浮かべる建物はこれくらいですわ。だから本日のトップ画像は色づくモミじと富士見櫓を使いました。明日に続きます。
ちなみに春の皇居乾通り一般公開の入場列の様子はこちらの記事で参照してね。
皇居乾通り通り抜け参戦(2014年4月20日)の記事
コメント

開場45分前なのに~

2014年10月28日 05時08分21秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
馬場先濠で見かけた石垣のお掃除に一驚きしただけで、急いで東御苑を目指します。

なぜに道路の真ん中で撮影出来たか?というと、横断歩道の途中で赤信号になってしまったからです(爆)あ。画像の奥に見えてるのが東京駅の駅舎ね。
うオ~~~~~っ!!急いでるのにぃィイイイ~~~ッ!!!
現在時刻は12時26分。日比谷公園から15分ちょいの時間でここまで移動したのは、私としては可能な限り早歩きした結果です。でもな…。当選ハガキの最後の一文が不安を煽るのです。
【満員の場合は立ち見になることがございます】
当選ハガキは一枚につき入場出来るのは一人のみ!なのになぜに立ち見が発生するのか?というと、当選枚数を多めに発行してる可能性ですね。
2014年の宮内庁の秋季雅楽演奏会は、10月24日・25日・26日のそれぞれ午前と午後の計6回あります。
大人気なんだね。かくいう私も3年目の申込で始めて当選しましたので。なので、開場時間の午後1時30分ではなく、午後1時までには到着しときたいのだ。特に年配の人が集まるイベントでは、たいがい早め早めの行動をする人が多いので注意が大事なの。

ン??なんか…濠が…おかしいような~??
あれ~~??

犯人はお前だっ!!
なんか、濠の水の中が藻で一杯です。この時は「掃除しろや!」で終わったんだけどね。演奏会終了後、「なんで掃除してないんだよっ!!と愚痴りまくる場面に出会ったのです。あ。これは明後日の記事にでも書くとして、先を急がねばっ。

そんなこんなで到着した大手門の姿にまたもやびっくり仰天したのです。
何コレ~~~??あれ?東日本大震災の折りに、大手門の白壁が剥落して半年くらい放置してから修理したじゃん?あれからまだ3年しか経ってないのに、最早改修するの~~??何でやねんっ!!
謎です。

東御苑の入園時には、入園票を受け取らねばなりません。受付でちょっと前の人をさばくのを待っていると、視線の先にツワブキの黄色と桜の花を見つけました。これね、たぶん十月桜って奴ですかね~?
あ。花を愛でてる場合じゃなかった!時刻は既に12時35分です。

白鳥濠のススキを横目に汐見坂を登ります。ええかげん辛い…。うん。脳梗塞の麻痺の影響がなかった右足に負担がかかってるな。でも今は無視じゃっ!!
ようやく到着した楽部の前には、既に行列が出来てました。
うそ~~んっ!!
到着したのはまだ12時45分です。これは~。開場1時間前に到着しとかなイカンかったんかぁ~~。
ともあれ、行列の最後尾探します。こんな事なら富士見櫓方面の坂を上がればよかった~~。
列は、2列縦隊。列の整理に宮内庁警察の職員と宮内庁の職員が当たってます。客は大人しく待ってるわ~~。
時刻は流れて1時を回りました。と。案内の人が前から順番に説明しつつやってきます。
曰く「混乱防止の為まず30名様づつ案内います。始めに手荷物検査を行います。お手元に25日の日付が確認出来るように当選ハガキをご用意下さい。
尚、お一人様一枚づつハガキをお手元に準備下さい。ご友人のハガキを預かった方がいらっしゃいましたら、お早めに渡して下さい。ハガキがありませんと入場出来ません。
またご本人以外に当然ハガキを利用出来ません。ご本人確認の為に免許証もしくは保険証を御用意下さい。ご本人確認が出来ない場合入場できません】

どこの基地の入場じゃっ!!
つーか、横須賀の米軍基地よりも、福生の横田基地よりも、座間キャンプよりも、横須賀の海上自衛隊のチェックよりもじ~~っくり手荷物検査がありました。私、ショルダーバックだったんですけどね。ショルダーの小さなファスナーも開けた上でじっくりバックを触りながら「ナイフやカッターは入っていませんね」などと確認されたの始めてかも~?まあ行列といっても演奏会場に入れる人しか並んでないので、じっくり手荷物検査しても問題ないという所か。
そんで、手荷物検査が終わったからといって、まだ入場出来ません。演奏会場前に4列縦隊の行列がありました。私は開場45分前に到着していたので、行列の前の方です。時間が進んでいくと、4列の隣に更に4列の列が作られていきます。
あれ?何やら馴染み深いこの行列は、コミケの一般列かしら~??などと。冗談飛ばしてると、また案内の人が前からやってきた。まもなく開場いたしますが、場内を大勢の人が一度に入場致しますと危険です。特に足元に白砂が敷いてありますので、混乱防止の為20名様づつ案内させていただきます。」だそうで。
4列縦隊だからして、私の前の人5人づつ進むんだね。

桃華楽堂が徐々に近づいてきます。でもここで雅楽演奏会じゃないのよ。

雅楽演奏会の会場はこちらです。並んでる間にあれこれ有益なおしゃべりも聞こえてきます。
「中は700人くらいお席があるから、大丈夫よ~」既に複数回目の観覧当選なんだね。
「私は今回2階席にしようと思うの」ほうほう、2階席があるのか?私は正面前の方を目指すわ。観世能楽堂の観覧では正面が上席だったからな。
と。次第に気分が盛上がって来ます。
ふと。頭の上を見上げると?

大きな楠の下でした。ほっこり~。巨木スキーのハートに余裕ができた。
さて。いよいよ開場時刻が近づいてきました。
「ではご案内を開始します。ゆっくりとお進み下さい」

桃華楽堂に近づいて、建物のモザイク模様の上部に、飛天が舞っているのを見つけました。
4列5人。20名づつの案内だとじれったいですねえ。

あ。後1回の待ちでいけるか?

行けなかった~。でも私の右隣のおじさんは、ストップかかってるのに強引に進んで行ってしまいました。もう70才超えてるよね?ちょっとはマナーとか守れよ。ええ大人が情けない。
とか思ったのもつかの間。いよいよ私の番です。
さあ~、突撃~~~っ!!
コメント

見頃過ぎの千鳥ヶ淵の桜

2014年04月23日 05時32分48秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
4月8日、公開最終日の皇居乾通りを見学した後、千鳥ヶ淵を散策しました。
トップ画像は、かつて『坂の上の雲』で阿部寛さんが演じていた秋山好古氏も勤めていた、かつての近衛司令館です。
この通りは種類豊富な桜が植えられていて、綺麗です。



半蔵濠と内堀通りの桜です。こっちは石垣じゃないのね。ここは千鳥ヶ淵の桜を見るために何度も見てるのに、今、気付いた!



千鳥ヶ淵の信号を渡って、千鳥ヶ淵の緑道へ向かいます。
さ~て?どれだけ桜が残っていることか…。乾通りのソメイヨシノは、殆ど花びらが残ってなかったからな~。

着いた!案の定、見頃は過ぎている。うっすらピンクが残るのみ。

見頃は過ぎているが。これはこれで綺麗かも~?





緑道の足元には、既に初夏の花のシャガが咲いています。

いっつも大勢の花見客で溢れている千鳥ヶ淵ですが、今日は程よい人の数でした。
さて、千鳥ヶ淵を靖国通りと合流。ここから西へ。JR市ヶ谷駅へ向かいます。
この通りに食べ物屋なんかない!と思っていたのですが、それは勘違いで安くて様々な飲食店が並んでました。や。失敗したな~?お昼はここらの店にすれば良かったぜ。や。いつものパン&お茶を持参してるのだ。向かうのは………。
私「ここで問題です!改修が終わった上野東照宮。もしくは遅咲きの桜が見頃の新宿御苑。見たいのはどっち?

市ヶ谷駅のホームからは、外堀と外堀通りの桜がよく見えました。
人気ブログランキングへ
コメント

皇居乾通り通り抜け参戦

2014年04月20日 05時50分21秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
天皇陛下の80歳をお祝いして、皇居の乾通りが今年特別公開になると知ったのが、3月中旬でした。そこで、以前皇居の見学に参加皇居参観の買い物は(2009年6月16日)の記事 こちらの記事に、皇居参観の方法を記載しています。
富士見櫓(2009年6月16日)の記事 こちらの記事に、実際参加した時の参観手順やコースの様子を記載しています。
宮内庁(2009年6月17日)の記事 この頃、1記事に複数画像を貼付けられるのを知らず、画像1枚につき1記事を投稿していた時代でして、記事の数が多いです。
皇居宮殿東庭(2009年6月17日)の記事 一般参賀の時に使用される場所です。
二重橋の由来(2009年6月18日)の記事
伏見櫓(2009年6月18日)の記事
蓮池濠(2009年6月19日)の記事
皇居一般参観コースって?(2009年6月19日)の記事 こちらの記事に一般参観のコース地図を掲載しています。この地図中央の上下に走る道が、今回公開になった乾通りです。
した友人を誘い見に行く事に。ですが、調度年度末にかかり友人の休みが確定しない。「誰か他の人を~」というのを「桜咲いてなくても構わない~。乾通りを通り抜けたら、上野の新しくなった東照宮を見に行こう?っつーか、桜が見たかったら新宿御苑に行けば良い。あそこなら八重咲き桜も一杯あるし~?と押切、結局公開最終日の4月8日に訪問しました。
小田急町田駅で待ち合わせ。最寄りの二重橋前駅に付いたのは午前10時16分でした。下調べの6番出口から地上に出ると、歩道は東京駅から続く見学客の列が皇居方面へ途切れる事なく続いていたのです。しかも!道路反対側の和田倉濠側の歩道も行列してます!や。ニュースで連日報道してるからね。入場まで1時間かかるけどいいよね?と互いに納得しての参戦だからして、もう人の流れに身を任せついてくのみ!です。
行列は内堀通りで西折れし、道路向こうの行列とも合流し先へ先へと人々を促します。皇居前広場の松並木の隙間から、広場の向こうの行列も見えた!ここでああ、そういう事!と気付きました。
最寄駅の二重橋前駅で下車したものの、行列は日比谷公園の側まで皇居前広場へ西進し、北へ折れて桜田門を望み。(トップ画像はここで撮影しました。画像奥の門が桜田門です)今度は二重橋濠に沿って東進するのです。
この辺りの撮影ポイントはもちろん二重橋。
10時39分
不吉な赤いコーンのレーンが意味するのは…。
もっと見物客が押し寄せて混雑したらば、ここで西に東に列を折り畳んで人員整理するのですね。分かります。
並んでると、何やらコミケの一般列を思い出しますが、あれと違うのは老若何女更に外国人も行列に混じってるので歩スピードに差があるのです。つまりだね。行列の中で追い抜き可能なの。

この状態なので、追い抜きは結構危険なのですが、何が一番怖いって歩スピードが違う人々の中に日傘を広げてる女性の存在でした。女性といってもこれも若者からおばさん、さらにはおばあさんまで混じってるのです。そこへ大量の人々が先へ先へと行列してるのね。もう~~~!日傘って凶器だよな~~っ!!刺してる本人は危ないって思わないんですかね?
とかイライラしてるうちに見えて来たのは、持ち物検査のテント。その先の危険物を所持してないか?の服装チェックです。この時点で時刻は既に10時50分。
二重橋前駅に着いたのが10時16分だから、既に30分以上過ぎてる訳ですが、予想は坂下門を抜けるまで1時間!だったので、まあ許容範囲です。

坂下門に近づくと警備の人の数が増えてきました。制服以外の人も混じってますが、この方々は警察の人かな?

坂下門が近づきます。ワクワクと込み上げて来たわ~~。

坂下門の石組みが私の石垣スキーの萌を呼び覚ます!
そうだった!皇居はかつての江戸城の一部!!となると…。
皇居見学ではちらりとしか見えなかった、蓮池濠の石垣が見放題!!なんじゃあ~?
うオオオオオオ~~~テンションMAXじゃあ~~っ!!
という事で、明日の乾通りの様子は『皇居』カテゴリーではなく『お城&御所』にて掲載します。
坂下門を抜けると、こちらはお正月の一般参賀へ向かう方向。
ここは比較的広くて撮影し易いです。

宮内庁の庁舎です。



ちなみに、画像奥に写っているのは富士見櫓です。皇居見学に申込むと、画像奥に続く道から案内され、係員に連れられて一般参賀のある広場へ向かいます。皇居見学のコースは一般参賀の広場の向こうの二重橋を往復し、二重橋上から伏見櫓を見上げ、外国のお客様や陛下に謁見する時に入る玄関を眺めて、

確かこの坂を降りて来たような…?

皇居見学では、案内人に連れられての見学で、足を止めて撮影は出来ませんでした。だからね。蓮池濠の向こうの立派な石垣も遠くから眺めるしかなかったの!
今日は石垣見放題だよ~~っ。

石垣の角の化粧組の部分が色が変わってるからよく分かる~。カーブがっ!カーブが素敵~~~ッ!!(桜見物はどうした!)
人気ブログランキングへ
コメント

井伊直弼の屋敷跡

2013年10月30日 05時49分18秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
9月の国会議事堂ー日比谷公園の松本楼でお昼ご飯ー法務省散策の後、向かったのは旧彦根藩井伊家の屋敷跡です。
あの桜田門外の変で、井伊直弼がどこからどこまでかごに乗ったのか?って思うでしょ?その出発点の屋敷跡です。これが…。あんまりに桜田門と近いから笑うよっ。つーか、たったこの距離をかごで乗り付ける井伊直弼も大概だけど、殿を守れなかった家臣はもっとクズだわ~。

そんな井伊直弼のお屋敷跡は、警視庁の向かいです。国会議事堂の正面北側の、前庭公園と憲政会館のある場所です。な。目と鼻の先でしよ?
さて、お屋敷の痕跡は…。
これが殆ど残ってません。
そこでトップ画像です。これは江戸の名水「桜の井」です。
お濠沿いの道の側にあります。
説明板発見「東京都指定旧跡 江戸の名水「桜の井」
「桜の井」は名水井戸として知られた「江戸の名所」で、近江・彦根藩井伊家上屋敷の表門外西側にあったが、ここは加藤清正邸跡(都旧跡)で、清正が掘ったと伝えられている。三連式釣塀井戸で、縦約1.8m、横約3mの石垣で組んだ大井戸で、三本の釣瓶を降ろし、一度に桶三杯の水が汲め、幕末当時江戸城を訪れる通行人に豊富な水を提供し、重宝がられた。
江戸名所図絵に絵入りで紹介され、歌川(安藤)広重の「東都名所」の「外桜田弁慶桜の井」(天保14(1843)図にも描かれている。

安政7年(1860)3月3日には大老井伊直弼がこの井戸の脇から登城途中、暗殺された。
大正7年(1918)に史蹟に定められ、東京都は昭和30年(1955)旧跡指定。
昭和43年(1968)道路工事のため交差点内から原形のまま10メートル離れた現在地に移設復元された。
 東京都教育委員会 以上。
加藤清正って井戸掘ったり、城建てたり土木建築好きだよなあ~。確か、明治神宮のパワースポット、清正の井戸
も彼が掘ったって言われてるんだよな。つーか、明治神宮も確か井伊家のお屋敷だったハズ。

ん~?説明の棒が立ってます。
「この公園一帯は、江戸時代初期にが肥後熊本藩主加藤清正の屋敷でした。加藤家は二代忠広の時に改易され、屋敷も没収されました。
その後、近江彦根藩主井伊家が屋敷を拝領し、上屋敷として明治維新まで利用しています(歴代当主は、掃部の頭を称しました)。
幕末の大老井伊直弼は、万延元年(1860)3月に、この屋敷から外桜田門へ向かう途中、水戸藩士等に襲撃されました。」だそうで。
って事は、加藤家が改易になった時に江戸初期の大家の井伊へ拝領になぅった!って事か?
さて、公園に入ってみよう!
ここは霞ガーデンというレストランがある。松本楼でなければここ!っていう位、辺りにレストランってないんだよね。あ?法曹会館の所にレストランあったっけか?この辺りは官公庁が密集してるのに、どこでお昼食べてるんだろう?建物の中に専用のレストランがあるのか??
さて。霞ガーデン、この前に石燈籠があります。

これがもう一つの井伊家のお屋敷の名残りです。つーか、これだけしか在りし日を偲ぶものは残ってません。まだホテルオークラの庭の方が、井伊家のお屋敷の名残りを感じられるなあ…。
あと、この公園にはもう一つ興味深いものがあります。

これ、何~だ?
説明板発見:「日本水準原点標庫 東京都指定有形文化財
日本全国の統一された標高決定のための基準として、明治24年(1891)5月に水準原点が創設されたが、この建物はそおの水準原点標を保護するために建築されたものである。設計者は工部大学校第一期生の佐立七次郎(1856-1922)。建物は石造で平屋建て。建築面積は14、93平方メートルで、軒高3、75メートル、総高4、3メートル。正面のプロポーションは柱廊とその上部のエンタープラチュア(帯状部)とペディメント(三角妻壁)のレリーフの装飾で特徴づけられる。
日本水準原点標庫は石造りによる小規模な作品であるが、ローマ風神殿建築にならい、トスカーナ式オーダー(配列形式)をもつ本格的な模範建築で、明治期の数少ない近代洋風建築として建築史上貴重である。 東京都教育委員会」 以上。

そういえば、3、11東日本大震災の時、日本の標高の基準であるこの場所が動いてしまったとかなんとかいうニュースを見たような…。あの時は24時間どのテレビ局でもニュースやってたから、その後どうなったか分かんないんだけどね。

さて、当初のお散歩計画では、公園内の憲政会館でフィニッシュだったのですが…。
あれ??
なんか、工事してます。それも外装のやり替えではなく、中も工事してる??あれ~??
どうやら改修工事中のようで。…間の悪い時に来ちゃったなあ…。
仕方なく最寄りの東京メトロ永田町駅へ。
「あ。あっこさん、この右手が国会図書館だよ?確か教科書に載ってるような文献とかの展示もやってるハズだけど、入る?」と誘ってみた。
ンでももうフィニッシュ気分になっていたので、そのままおしまいにしました。
ま。体調回復のリハビリの散歩としては、充分楽しかったよ。歴史散歩も満足満足~。あっこさんも満足出来た?
幕末・明治(日本史) ブログランキングへ
昨日まで愚痴ってた左開きの冷蔵庫ですが、本日無事到着しました。
もうね。選択肢がなかったからね。仕方ないんだけどね。
これ、とっても開けにくいっ!!
冷蔵庫が開けにくいって…。
朝からもう、米びつの中の米を出したり、レンジやオーブントースターなどでタワーになってるのを移動して、冷蔵庫が置ける様にしたりっ。
あれこれあれこれ移動しまくりでしたっ。腰をやるかと思った…。
でも一つ。
ネット通販で、冷蔵庫の購入と同時にリサイクル回収も申込んでたのですが、設置と同時に回収してくれた助かりましたっ!
ネット家電店は、店によってその辺に差があります。後日回収する店もあるので要注意ですねっ。
そして、テレビのリモコンか限界を迎えた…。
なぜにあれもこれもいっぺんに壊れるんだぁ~~~(魂の叫び)
でも今回は楽勝です!YAHOO!にも楽天にも売ってませんでしたが、アマゾンに在庫があったので、注文ポチッと!
つーか、「地デジ」に切り替わらなくなったので、選択の余地がない~~っ!
コメント

法務省赤れんが史料展示室見学

2013年10月11日 05時15分05秒 | 皇居・丸の内・永田町・九段下
日比谷公園から徒歩で数分。法務省法務史料展示室メッセージギャラリー見学へ。

法務省は向かいが警視庁。隣が裁判所の公安。公正取引委員会と検察庁と、犯罪者が裸足で逃げる配置です。ンでもレトロ建築物なの~。
ん?
なんか、発見です。

米沢藩上杉家江戸藩邸跡
そうなのか~。ここはかつて上杉家の屋敷があったのね。
説明板には、『関ヶ原の戦いの後、上杉景勝は徳川家康によって出羽米沢30万石に移封されました。慶長8年(1603)、桜田門外の当地(現法務省の一部)に建てられた上杉家の江戸屋敷は「桜田屋敷」と呼ばれ、幕末まで江戸藩邸として中心的な役割を果たしました。
下の絵図は、江戸時代初期に製作された「江戸図屏風」に描かれた藩邸周辺の様子です。』

さて、入口は…。

あれかな?
ここ、ちょっと見学が面倒臭くってね。
1)入口の守衛さんに「史料展示室を見学したい」と申告する。
2)歩き方の説明。建物に入ると、ガードマンが史料展示室入口まで案内してくれる。
というふうに、勝手に見て歩けません。ま。な。法務省だし、一般人が気軽に入れたらそっちの方が問題だよね。
ってな事で。
サクサク入口へ移動です。こんなに雰囲気のある赤れんがの建物は…。
説明冊子ゲット!
赤れんが棟物語:明治政府は、諸外国との条約改正の先立ち、近代国家としての体勢を整えるため、明治19年(1886)に西洋式の建築による官庁集中計画に着手しました。そしてその計画案の策定のためにドイツの高名な建築家で、共同の建築事務所を開いていたエンデとベックマンを招聘しました。
まず、ベックマンが来日し、大規模な官庁集中計画案を作成しましたが、その帰国後、完成案を持ってエンデが来日しました。エンデは、冬至の政治状況や反対者の意見を考慮して、ベックマン案を縮小し、日比谷に諸官庁を建てる案を作成しました。
実際に建てられたのは、司法省と大審院(後の最高裁判所)の建物でした。司法省の庁舎(赤れんが棟)は、明治21年に着工され、同28年に竣工しました。赤れんが棟は、関東大震災では、ほとんど被害を受けませんでしたが、昭和20年の戦災により、れんが壁とれんが床を残して焼失しました。戦後、同25年までに改修され、その後、法務省の本館として使用されてきました。そして、平成3年に復原改修工事が始められ、同6年に創建当時の姿に復原されました。
なお、赤れんが棟の外観は、平成6年12月に国の重要文化財に指定されています』だそうで。
さて、史料展示室の展示品は…。

日本の司法の近代化の展示物があるこの部屋は、かつての旧司法大臣官舎大食堂でした。創建当時に撮影された写真を基に、当時の姿を復原したものです。床は楢と黒檀の寄木張り、壁は漆喰塗りで、腰壁には欅を使用しています。この部屋は「近接撮影禁止」と案内板に書いてあったのですが、「後悔したくない」と受付のお姉さんに「部屋を撮影してもいいですか?」と質問した所、「史料の近接撮影でなければ問題ありません」とのこと。
いや~、聞いてみるもんだね~。
ちなみに奥の飾りもこんな感じに復原されてます。

ここ、ドラマ撮影とか雰囲気あるよな。ま。展示ガラスケースとか邪魔だけどな。
さて。私、展示史料に感動しました。
や。実のところ、ここを訪問したのは2回目なのですが、初訪問時はたまたま横の道を歩いてる時に中が見学可能だとしり、ふらりと立ち寄ったものだから、明治の知識が色々不足してたのです。だからせっかくの史料も殆ど感動ナシだったのね。でも!!今は違うのっ!NHKの大河ドラマ『八重の桜』をかかさず見てるからして。明治の日露戦争を舞台にした『坂の上の雲』もかかざすに見たからして。史料に出てくる江藤新平・山田顕義の名前を見ると、何した人かくらいは分かるようになりましたっ。あ。山田顕義さんのお墓は護国寺にありまして、護国寺の墓所巡りした時に彼のお墓も見つけてたりして。ちなみに、初代司法大臣が山田顕義氏です。
ンで、何に一番驚いた!かといいますと、日本の司法が今の形になったのが明治4年にスタートしてる!って事ですね。
凄くね?
だって、4年前まで江戸時代だよ?
刑罰と言えば、張付け獄門・斬首・遠島・刺青・百叩きだったものが、遠島廃止して刑務所に収監。獄門&斬首から絞首刑に4年で変更出来たんだよ。
明治時代ってどんだけ無茶苦茶だったのか…。この辺りのメチャメチャさをドラマ化してくんないかな~?NHK。大河ドラマなら予算つくんじゃないかな?タイトルもズバリ『明治時代』で。面白いと思うんだけどな~。CG多用してもいいから~。
や。最近あの頃は良かった!『昭和の良き時代』みたいな懐古風味のドラマや映画が流行ったりしましたが、日本が一番元気だったのは実は明治時代じゃないかと。ちょっと前まで水吞み百姓の倅だったのに、下克上に成功して末は総理大臣や財閥の当主。大会社の社長に成り上がった人がゴロゴロいた時代なんて凄いでしょ?
まあ。NHKの大河ドラマはその前の日本がメチャメチャだった戦国時代がお好きみたいだけどね~。
あ。それた。
ツー事で、法務省の史料展示室は中々に穴場です。見学者も殆どいませんし~。

史料展示室の奥に、メッセージギャラリーがあります。ここは裁判にただの人がある日突然量刑を判断しなきゃならなくなった現在、裁判員に選ばれた人が勉強出来る場所になってます。
ま。裁判員に選ばれたら再訪しよう。

さて。次は…。
「あっこさん、警視庁の向かいのあれがね、『桜田門』なの。井伊直弼が殺害された桜田門外の変があった場所なの。次はかつても井伊家のお屋敷跡だから、距離感を掴むために見ててね~」
日本史 ブログランキングへ
や。一回更新が途切れるといけませんねえ。ついついブログ書くのをほったらかしてました。ま。お出かけもこの所してないんですが。ならば、何をしてる?かというと、8月頃から『どうせ来年には消費税が上がるんだから、その前にいつか近い未来に買い替える予定だったアレコレを、こだわって買い替えちゃおう~~!!作戦決行中でした。
何それ??
例えば我が家のゴミ箱。これはぼちぼち20年近く使用してるものでした。購入当時はとっても気に入ってたのですが、素材が藤で編まれた自然素材でした。と、さすがに時間の経過の為か、上のかがってる部分がほころんできまして、さすがにこのままでは…。
ってな事で、今お気に入りのUSAっぽい奴で…みたいな?
サイズとかにもこだわってみた。

次!ご飯を食べる食卓の椅子を1脚買い替え~。
や。食卓なので、椅子は全部で4脚あるんですけど、ついつい高い所にあるものを取ろうとして、椅子の座面に上がったら、座面が壊れてしまったの。や。直して使ってたんだけど、これってば使用にコツが必要なの。座るのにコツがいる椅子ってどうなの??コツが掴めないと、座ると座面が平行を保てずガタってなるってどないな漫画?いやアニメか…。そんな余計なスキル付きの椅子って面白いのは私だけ~~。っと。
ンで遂に買い替える事にしました。
食卓の椅子も結婚した時に購入したので結構長い事使ってるんですけど、問題は最近私が年をとったせいか、ごつい椅子が重くて使いづらいんだよね。使用のたびに椅子を引き出し使用後にまた押し込むのがもう面倒くてね。ンで、どうせ買い替えるならば、軽い椅子がいいな~と。立つ時にいちいち椅子を引かずとも、座面が回転すればいいんじゃないかな~?と。
ダンナ曰く、食卓の椅子じゃないね~。だって!ま。な。でも使い勝手いいでしょ?
それから~。この夏暑かったから、温度計&湿度計が一体になったものが欲しいな~。って探し出したら、今どきは温度計&湿度計と更には時計が合体してる製品が販売されていたのね。
我が家で一番活躍してる時計は、ダイニングキッチンの壁時計です。ところがこの壁時計は、あの3、11の折りに壁から落ちてしまいまして…。時計の表面のガラスが壊れたのだ。まあ、ガラスがなくとも時計本体は壊れてなかったので、ガラスなしで使用してましたが…。その時に八角形の木枠もゆがんでしまい、それはまあ私が自力で組み直しましたが、ゆがんだ事実は覚えてる訳で。どうせ温度計&湿度計を買うならば、時計機能もついてる壁時計型のにしよう!と思いつきまして。
ンでもって、既にゴミ箱・食卓の椅子を買い替え済みだったから更にハードルを上げて、買い替え予算は2000円以内!!って決めて温度計&湿度計付き壁時計を探しました。
…これが、無理ゲーのごとく大変で、さすがに予算2000円はないか~。3000円にハードルを上げるべきか~。でもそれは負けた気がするなあ~。と。
そんなん諦めてネットで探せよ!!ってなのも考えましたが、予算2000円なのにネットはなあ~?と。徒歩圏もしくは自転車圏でホームセンターやら家電量販店やでっかいスーパーなどを巡ってました。
自転車だと片道1時間は移動出来るんで、結構あちこち回れます。
結局これが何気に時間がかかってしまい、ゴールはMEGAドンキ・ホーテでした。予算ギリギリの1990円で温度計&湿度計付き壁掛け時計をゲット~~っ!!

みたいな…。
殆どゲーム感覚でお買い物の日々を過ごしてました。
他に買い替えしたのは、木製まな板ゴム製まな板へ。
コルク&成形木製アイロン台蒸気が抜けるアルミシートのアイロン台へ。
ンで一番難航したのが、MYフェイバリットな携帯電話の記憶メモリーのMicroSDカード2GBだったりします。
これってば、ちょっと前までどこの量販店にも1個300円前後で売ってたのに、気付いたら2GBの商品の需要自体がほとんどなくなってまして…。なら4GBを使えよ?
や。試してみたさ。4GBのSDカード!したら、動きやがらねえんでやんの!!
私の携帯電話ってば、使えるのは2GBのMicroSDカードのみでやんの!!
となると、アウトレット商品じゃなく、高い日本製のしかないの。日本製ってば、1個1000円超えでやんの~。
ふざけてんの??
これってちょっと前まで1個300円前後だったんだよ??それがなんで1個1000超えやねんっ!!払えるか~~っ!!
や。1ドル=100円前後になったじゃん。となると、300円だった去年に比べ50円~100円までなら値上がりは許容範囲~ならば、予算は1個500円未満で~~って探したらこれが見つからない見つからない。
や。これはさすがに家電店をまわってもまわっても見つからないんで。10店舗近く回ったっけ?さすがにネットで買おうとしたら、ものはあったけど、送料やら振込やらで1個500円超えになりがちでして~。ってな事で。一番探すの時間がかかってしまいました。

後は…。
洗濯機です。
これも買いたい商品は既にピックアップ済み。日立のビートウォッシュ7Kg。ところが…。また予算が折り合わないんだな。
や、去年なら予算内で納まってたのに、ビートウオッシュってば今年の6月にモデルチェンジがありまして、型番が変わってしまいました。その結果、現在出回っている型番は前代機に比べ20000円も値上がりしちゃいました~。
もうどんな無理ゲーなの!?
んで、しぶしぶ予算を値上げしました。1万円だけ。
ところが…。
どうも消費税が上がる前に~っていうお客さんが多いようで、2万円上がったってのに、なかなかに値段が下がってこないっ!!
家電店の設定価格も、上は85000円也で販売してる店もあれば、66000円って店もある。
もう66000円にしゃえよ!とも思うけど、ものが洗濯機だけに配送料・設置代・使用済洗濯機の回収代など余分なものがかかるんですよ~。すると支払い価格は軽く70000円に迫ってしまう。
となると。
もしかしたら、消費税が上がってしまって、消費が冷え後んで値下がりするのを待った方がお得かも??
そう。テレビが地デジ化した時に、地デジが始まってから値段が投げ売りになった時のように。
あの時は、地デジ化して2-3ヶ月後に買い替えたんだよなあ~。と。
何気に楽しくやってます。
9月上旬に最悪だった体調は、この所随分持ち直して来ました。まだ長時間のお散歩には出かけられないんだけど~。というのも、血圧が突然上が220超/下が110超。おまけに脈拍も軽く100超になってしまいまして、動けなくなってしまうのです。
なぜだ~??
さすがに寝てて夜中に突然苦しくなって目が醒めてしまい、血圧を測定したら200もあるとヤバイんでないかい?とのんき者の私も原因をさぐるべく病院へ行ったのですが、原因は掴めず。
数々の検査代を返せ~~っ!!
や。そうではなく、お散歩もままならぬ状況で。
散歩に出かけないと、ブログネタもない訳で。という日々で、ブログ更新が停止してました。
さぼってただけじゃないんだよ~~~。
や。殆ど関心がお買い物だったのは否めんが。
ぼちぼち消費税が上がる前の買い物リストも残りわずかになって来たのでまたお出かけしようか?と。あれこれ申込中です。
や。抽選参加のものも多いんで、まあ、当選したらネタも出来るし更新出来るんだけどね。
当たるといいなあ。
コメント