あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

青梅市・梅岩寺のしだれ桜2019/4/6午前現在

2019年04月09日 08時39分12秒 | しだれ桜
またまた接骨院へあと5分でいかねばならんので、画像だけ先に投稿します。
青梅駅から西へすぐ、梅岩寺さんの境内には大きなしだれ桜が2本あり、訪問した先週土曜日朝9時過ぎには見頃でした。
樹齢はこっちの方が上。
説明板発見:梅岩寺のしだれ桜 市指定天然記念物 昭和32年11月3日指定
市内、天ヶ瀬の古刹、金剛寺のしだれ桜の姉妹樹であるといわれており、ともに、都下はもとより、関東地方でも代表的な名桜である。
四月の初めの花期に、うす紅色の花枝を多数、垂れる樹姿は周囲の景観と調和して大変美しい。
シダレ桜は桜の代表種であるエドヒガン(江戸彼岸)の枝垂性で各地に名木が多い。
植物名:バラ科イトザクラ
幹回り:302cm (平成6年3月現在) 青梅市教育委員会」
あ。電車の音が聞こえる。
青梅線の車両が写せた。位置関係はこんな感じです。
昨日は先に投稿済みの画像やら文章やらの補完作業をしてました。今回のようにとりあえず画像だけ先に投稿した記事は、後で文章をつけて完成させます。今は画像を先にお届けします。
所在地。地図右上に青梅駅。駅の左上のピンクが梅岩寺です。
2019年4月17日に文章を追加と記事カテゴリーを「しだれ桜」に変更しました。
コメント

荒井城址公園のしだれ桜2019/3/31現在

2019年04月01日 17時48分13秒 | しだれ桜
昨日見てきた桜を、今日続けて投稿しました。3つめは真鶴町・荒井城址公園のしだれ桜です。真鶴町観光ホームページには、3月31日現在7分咲きとなっていました。満開とは8分咲きになったところとお天気キャスターが言ってたので、期待して東海道線真鶴町に到着。駅から緩やかな登り坂。荒井城址公園の石の表示を見つけたところで登りの石段が1つ2つ3つと折れ曲がり、登っていくと視界が開け、ピンクのしゃくなげが数本並んでいる。すぎると広場で、さくら祭りの最中でした。そこを通り過ぎ更に坂道を上がると、目的のしだれ桜がある。素敵だったので画像増量で貼り付けます。
撮影時刻は2019年3月31日12:32−13:07です。
こんなに素敵なのに、しだれ桜の周辺でお弁当を広げていないのは、しだれ桜周辺は飲食禁止だからです。見上げてお花見しながらお弁当を食べたい人には残念ですが、撮影したい人には願ってもない場所です。ってなことで、撮影枚数増えちゃった。
ここのいいところは、しだれ桜が複数あることです。工夫して、奥のしだれ桜を構図に取り入れる。



奥に見える濃いピンクの花がしゃくなげ。画像ではしゃくなげの木のサイズがわかりませんが、結構大きい。んでもってたくさん花を咲かせてます。
しだれ桜ゾーンを後に、さくら祭り会場へ移動。坂を利用して、U字形に石段があるので、腰掛けてお昼ご飯にしました。小田原城では人が多すぎたのでここまで我慢してたのだ。ちなみに、珍しく自分で作ったハンバーガーを持参したのですが、リュックの中で潰れてしまいました〜。そんな画像を掲載するのはどうよ?と思ったけども、石段がわかるのはこの画像しかなかったんだ〜。
ちなみに、表から見た舞台と背後の石段はこう。逆光になる。
小田急線やJRの駅やホームに貼り出されてる荒井城址公園のしだれ桜のポスターです。
昨日はこの後、東海道線真鶴駅から鴨宮駅へ移動。徒歩移動で国立印刷局のさくらを見に行きました。普段入れない場所ですが、桜の時期に2日間だけ一般公開されます。こちらの画像は後日紹介します。だって今紹介してももう入れないんだ。3月30日と31日だけの公開だったからね。
コメント

入生田のしだれ桜2019.3.31午前現在

2019年04月01日 08時40分33秒 | しだれ桜
昨日は入生田のしだれ桜〜小田原城の桜〜真鶴町の荒井城址公園のしだれ桜〜小田原国立印刷局の桜〜かながわの名木100選の上輩寺のいちょうを見てきました。あと5分ででかけなばならんので、入生田のしだれ桜だけアップします。
急ぐ理由はすでに散り始めてるから!見たい方は急いで出かけてください。
到着時刻は2019年3月31日午前9時17分から9時30分までです。
入生田駅から徒歩20分程度。けっこうな登りです。
説明板発見:長興山のしだれ桜 小田原市指定天然記念物 昭和32年3月30日指定
シダレサクラは、本州中部以西に生えるエドヒガン(ウバヒガン、アズマヒガン)の変種で、枝が垂れ下がる点が特徴です。また。サクラの種類のうちでも寿命が長く、大木になり、特異な樹形になることから、神社や寺院の境内によく植えられ、市内でも早川の真福寺、下大井の保安寺、城内の二宮神社などに見られます。
この木は、枝を八方へ平均に広げ、シダレサクラの基本的な形を整えています。3月下旬から4月上旬にかけて濃い緑の樹叢を背景に開花する姿はまことに美しく、県下にも比類のない名木です。このサクラは、稲葉氏が紹太寺を建立した頃、その境内に植えられたもので樹齢330年以上と推察されます。
4月1日午後11時頃、以下の文章と画像を追加しました。
上の画像の見取図ですが、右が低く左が坂の上になります。一番右の総門跡から入り左へ進む。途中で道がY字に分かれる。
ここがY字。右を進んでも左を進んでもしだれ桜に行けます。右を進めば緩やかなアスファルト道。左の石段はかつてのお寺の参道になってます。石段が続きます。
体力に自信がある方は石段を登り、降りる時はアスファルト道がオススメ。歴史に浸れるからね。私は体力には全く自信がないので、アスファルト道を登り、帰りを石段にしたのですが、失敗しました。上の画像に写る石段をよく見てください。石段は苔が生えてたり、昔の石段なので、水平じゃなかったり、自然林の中にあるので朝まで雨が降っていたので濡れてたり。すんごく降りづらかったです。ぶっちゃけ石段に平行に立ち、真横に1段1段降りました。そうした上で滑らないように注意して指先に力を込めたので、帰宅したら右足の指先が赤く腫れぼったくなってました。ちなみに、石段の左右は自然林なので、巨木にハマってる私は木に萌え萌えしてました。
この辺りは石段でなく、土道だったり、石畳だったりの道でした。
いつものダンナのハイライト撮影。こうすれば、参道両脇の木が巨木なのがわかるかも?
この辺りの木にもびっしり苔やシダっぽい植物が幹に張り付いてます。植物好きにもオススメ。
階段は急です。登るより降りるのが大変な感じの石段です。
ここを抜けると道案内の表示があるので見落とさないように気をつけてください。
なぜかというと、迷ってるおじさんに「ここを行けばしだれ桜に行けますか?」と聞かれ、数人の中国人も迷ってた。見落とすと後悔するよ〜。だからしだれ桜の画像だけでなく、道順とかもブログに載せようと思ったのだ。
ちなみに、この標識を左に行くと稲葉一族のお墓があります。
石段を登ったところに立ち上るお墓。画像右奥の白い服の女性の左にあるのが春日局のお墓。その左となりが春日の局の息子、稲葉正勝のお墓です。稲葉一族は小田原城の藩主になります。ちなみに麟祥院というのが春日局の院号なので、それを目印にしてください。
右肩に「麒祥院殿」と彫ってあります。五輪塔です。
稲葉一族のお墓の手前にあった巨木。巨木サイトをあちこち見てますが、入生田のしだれ桜の道々の巨木を紹介してるのを見たことない。巨木ファンの皆様、オススメです。比較的楽に巨木を鑑賞できると思うんだ。
昨日は山道の両側に、こんな山草が見頃を迎えてました。あちこちにあります。お花好きならば、しだれ桜のついでに撮影できるので石段道もオススメ。アスファルト道にはこの山草を見かけませんでした。
この辺りはかつての自然林も残ってて、巨木があちこちにあります。上の画像手前は、石橋。橋の両側は川。湿気が多いので、木の表面に苔や湿度を好む植物が巨木の幹に張り付いてていい鑑賞ポイントでした。ここを抜けるとしだれ桜。できればすぐにしだれ桜の方へ行かず、短いけど急な登りを上がってください。
こんな感じの道で多くの人が撮影してるのは、しだれ桜を見下ろして全景です。トップ画像はここから撮影しました。
なだらかなアスファルト道を選択すると、しだれ桜が見えた。何気にしだれ桜の一番上の枝部分に花がないのが気になる。これ、枯死してるんじゃなかろうな?以前訪問した時の記事を検索したら、やっぱしだれ桜のてっぺんの枝に花があると姿がいいな。
歴史好きならば、ここから入生田の駅側から秀吉の一夜城にウォーキングコースもあります。上の画像左下のバーは1000メートル。
上の記事で2010年の満開時のしだれ桜の画像を確認できます。
こちらは湯島にある春日の局のお墓の記事です。入生田にあるのは供養塔で、湯島のが本当のお墓。
2019年4月8日に画像と文章などを再追加しました。
コメント

相模原公園せせらぎ地区の桜2019.3.27現在

2019年03月28日 15時55分31秒 | しだれ桜
昨日は青空だった。朝接骨院に行く時、リュックにパンとお茶を突っ込んで出かけた。
接骨院でフルコース。パルスとかいう、麻痺がある人に使う奴は、自分がカエルになった気分。こうね、腰やら足やらにハリをうち、そこに電気を流したら筋肉が勝手にピクピク動くのだ。これをやると、午後にはぐったりするんだけども、その前に桜を見ながらお昼ご飯という趣向。そうなの!まだまだ接骨院に通ってるの!なんつーの?今月下旬の水・木みなんか自費治療が半額になる!というフェアをやってるので、いつもは月木に通ってるのを水木に変更中です。今日まで。なので、桜を見に遠くへ行けないので、近場ということで、相模原公園のせせらぎ地区へ行きました。
途中、道の側に立ってたしだれ桜が満開!
画像では分かりにくいかも?でも満開!なんか、この桜は今年は少し花芽が少なかったのかな?ボリュームが足りない。
撮影時刻は11時14分で、太陽の位置が順光撮影しようとしたら道路側だった!これ以上右側へ行けない!
坂道にあるので、見上げての撮影は楽なんだけども、だいぶ頭の上で咲いてるの。
ちなみに、お目当てのせせらぎ地区の桜は、神代曙が見頃。陽光が見頃過ぎ。さかんに花びらが強風にあおられて散ってました。
ラッキーにも小松乙女桜の側のベンチが空いてたので、小松乙女を見上げながら、桜の月餅をぱくつきました。
これが小松乙女。神代曙と同じくぼちぼち見頃。ちなみにソメイヨシノはまだ咲いてない。開花間もない感じでした。朝ニュースで全国のソメイヨシノの標準木が老朽化してる。次代の桜は?
というのをやっていた。WIKIでソメイヨシノで検索かけると、次代の桜は神代曙とこの小松乙女押し!と書いてある。ということは、やがて今のような桜の開花全線にも変化が起きるんだろうなあ。だって、標準木がソメイヨシノから別の桜の品種に変わった場所が混じるかも?ってことだよね。って事で、1日遅れの情報です。今日もようやっと動けるようになったんじゃ!あのパルスとかいう電気を体に流すとな。ど〜してもダメージが残るんじゃ!でもこれで足先の痺れが取れるなら頑張るよっ!ああ。頑張るともさ!
一服したので階段を降りてせせらぎ地区の下の桜をめぐる。
まだ咲いてる品種は少なめ。しかし足元にも春がある。
1周したらお昼ご飯〜。簡単にヤマザキ。今の時期はシール集めもしてるから山崎のパンばっかりさ。ああ、なんて罪作りな白いお皿。
桜の最盛期には、背後のソメイヨシノに桜が咲き乱れ夢のように綺麗になる。あと数日先です。
2019年4月5日10時8分の様子(2019.4.9に上の画像を追加しました)
コメント

高尾のしだれ桜

2019年03月26日 10時21分02秒 | しだれ桜
新しいバージョンでの記事書きを試してます。文字テストばかりだとつまらない。せっかくなので一昨日の2019年3月24日の京王電鉄1日乗り降り自由券(¥900)で行くしだれ桜と巨木探訪
の撮影画像を使ってみた。
貼り付け画像は2019年3月24日午前11時50分過ぎの高楽寺さん。ここのしだれ桜は樹齢200年・幹回り4メートル・枝回り40メートルもあります。環境省の巨木基準は目通り3メートル以上なので、この桜も十分巨木。
う〜む。本文に画像貼り付け作業が前のバージョンに比べてムズい。ってか面倒い。
私はPC投稿で、MacBookの一番ちっさい画面だと、書き込みスペースが狭いので、すごく面倒だ。スクロールを繰り返すうちに書こうとしていた文章を忘れてしまう。文章にだって読み良いリズムがあると思うんだ。ブツ切れになると、調子が悪くなるんだよな〜。
貼り付けると書き込み画面に画像が表示されるようになったのはとっても嬉しい。でも段落替えとか投稿記事を見たらあれ?となった。これは慣れるしかないな。
高楽寺さんのしだれ桜はとても花のボリュームがあってフォトジェニックです。前回感動するほどに素晴らしかったので再訪したのですが、日曜は見頃には少し早めでした。今週末には満開になってるんだろうなあ。という事で、前回訪問時の記事のリンクに挑戦してみる。
え〜と?リンクの貼り付け法は3つあるみたい。
リンクアドレスと記事タイトルと記事の全文貼り付けかな?まずは1回目なので記事タイトルを選択してみた。どういう風になるんだろうか?
上の画像だけサイズを変えて原寸で貼り付けてみる。
ついでに、高尾駅周辺のしだれ桜。高尾梅郷の方へ歩く。JR中央線の高架と川が交わる場所で、川沿いに北へ。道なりに行くと金南寺さんが見えてくる。画像の左奥にうっすらしだれ桜が見えてます。まだ咲いてない!ちなみに、背後の丘の右の中腹に、大きな桜がもうすぐ咲きそう。高尾駅には徒歩圏にしだれ桜と多摩森林科学園があるので周辺で1日遊べると思う。ちなみに、京王電鉄1日券ならば、途中下車しつつ更に範囲を拡大し、山田駅近くの広園寺さんへも気軽に行けます。私は巨木目指し次の目的地府中へ移動しちゃいましたが。
さて、ここらで一度送信してみる。ちなみに、昨日6枚しか画像を貼り付けられなかった!とぼやいてたけど、工夫したら画像追加出来そうなので、送信後画像追加するかもしれません。
まずはテストじゃ!いざ送信!ポチッ。

ここから一度送信した後で画像貼り付けや文章修正ができるかテストしてみる。
記事の訂正や画像追加は簡単だった!
そしてボヤいてた画像追加が出来ない理由もわかったわ〜。
記事入力画面で、下にある程度スペースがないと画像が貼り付けられない模様です。段落換えしてある程度スペースを確保してから画像追加貼り付けしたら追加出来ます。面倒臭いけども。慣れればいける!
では、1つの記事にリンク記事を複数貼り付けられるかどうか挑戦してみる。

複数貼り付けも出来そうだ。でも予め改行してスペースを確保してないと、リンクした後に文章を書けそうにない。本当は下のリンクアドレスの下に文章を書き込みたかったんだけども、何が悪いんだろうか?出来ない。記事を書いてる1行目にカーソルが飛ばされてしまう?
ちなみに、貼り付け画像は府中駅下車。国の天然記念物のケヤキ並木を進むと大國魂神社さんがある。そこのしだれ桜です。撮影時刻は2019年3月24日13時27分。
下のリンク記事は、前回大國魂神社のしだれ桜を見物した時の記事です。この時は大國魂神社スタートで→東京競馬場の桜→東郷寺のしだれ桜→多磨霊園の参道の桜道→多磨霊園で坂上の雲の登場人物のお墓めぐり→武蔵野森公園→スタジアム通りの桜→飛田給駅ゴールでした。歩きすぎ。
 
改行のやり方が分かった〜。(2019.3.26.16:14下の画像と文章を追加する
赤い線の中央にカーソル合わせたら「改行」の文字が出た!押したら改行出来た!
ので、画像を更に追加してみる。
上の画像は2019年3月24日午後2時40分過ぎの南大沢駅からアウトレットと首都大学を撮影。いや、手前の道路の斜面が一面菜の花だったので写してみました。
コメント

新しいバージョンテスト

2019年03月25日 17時22分01秒 | しだれ桜
新しいエディターで投稿テストです。
トップ画像は昨日2019.3.24 11:00過ぎの京王線高尾駅のホームから、大光寺さんの樹齢200年の桜を撮影。
で、2枚目貼り付けてみた。一々画像貼り付け画面が消えるのが面倒臭いなあ。
1つの記事に沢山画像を貼り付けたい人には使いにくいかも?
右のバーが真っ白い四角のが3つ出てるけども?これは何かよ〜わからん。
ま。勘で書き進めてみる。
上の画像右下に、京王線高尾駅のホームが写ってます。ここからトップ画像を撮影した。
で、大光寺さんには樹齢400年のしだれ桜もある。こちらも既に満開!
せっかく青空だったので、白い桜の花びらが、青空に綺麗に浮かぶように撮影。
うお〜〜!!これ以上貼り付けられない〜??
この記事にもう一枚画像貼り付けしたいんだけども?もう一度挑戦!

無理だった!
ということは1つの記事に6枚までって事?うわ〜〜!!
記事の数を増やすか?
画像を厳選するか?
もしくは旧バージョンに戻すか?
私としては、運営さんに改善を要求したいです!
ってな事でここで投稿する。
ちなみに、画像貼り付けサイズは中でやりました。


コメント

東郷寺のしだれ桜2019/3/24 開花情報

2019年03月25日 16時52分25秒 | しだれ桜
何か今日からgooのPC投稿が大幅に変わるとか?
テストを兼ねて昨日の東郷寺のしだれ桜の画像をアップしてみる。
記事も書いてみる。

撮影時刻は2019年月24日午前9時半。東郷寺のしだれ桜は身延山久遠寺からきたやつなので、早咲きです。正面に向かって右に3本左に2本だっかかな?

右の1本は満開です。ってか、既に散り始めてました。

これがそう。
後のは2〜3部咲きです。
ってな具合で送信してみる。3/2516:59
で?#ハッシュダグってどうやってつけるのだろうか?
てっきりジャンルが#ハッシュタグに変わると思ってたんだけども?わからんなあ。
ちなみに、明日からしばらく分の記事は予約投稿済みなので、昨日までので書いたんだけども??
ま。ぼちぼちよ。おばさんは変化に弱いのよ。
コメント

町田駅周辺の3本のしだれ桜

2018年04月13日 05時11分29秒 | しだれ桜
2018.3.29、朝一で相模大野にある相模女子大の百年の桜を見物へ。毎年定点観測のごとく訪問してますが、今年はタイミングばっちり!満開&青空で大満足。10:16大学を後に。自転車を町田駅に走らせる。途中青柳寺のしだれ桜を見ようと自転車を止めた。トップ画像は駐車場そばの山門とソメイヨシノです。ソメイヨシノは満開でした。

でもしだれ桜は既に見頃過ぎでした〜。あ〜、ここのしだれ桜はソメイヨシノより先に咲くタイプだったか〜。毎年覚えておこうと思ってるけども、この桜が満開の姿を見たことないんだ〜。残念〜。滞在時間10:31-10:34
自転車をJR町田駅裏の自転車預かり所へ預ける。1日100円でとても便利です。
次のしだれ桜は原町田中央通りにある浄運寺さんです。
去年は橋本駅最寄の城山カタクリの里へ見物した時などによったら綺麗だったんだけどもね。

あはは〜。もう青葉出てんじゃんっ!!早すぎる〜。
ちなみに、本堂横のソメイヨシノは美しかったです。

本堂横の像もいい味出してました。

滞在時間10:50-10:54
原町田大通りを芹ケ谷公園へ。
原町田5丁目交差点角にもしだれ桜があるのです。

ダメだ〜。もうがっかりだよっ!

今年はな〜、本当に咲くの早いけども、見頃を過ぎるのも早すぎるっ。残念すぎるんじゃ!
撮影時刻 11:03-11:04。
信号を渡ると道幅が狭くなる。そして下り坂。

芹ケ谷公園に到着しました。到着時刻は11:10です。満開の桜でした。

コメント

こどもの国へしだれ桜を見に2018.3.28

2018年03月30日 13時00分56秒 | しだれ桜
WEBで東急の沿線桜スポットを閲覧。こどもの国もピックアップ。桜の開花情報はしだれ桜の画像。素敵〜。以前満開の時に訪問した感動を思い出す。あのしだれ桜を見に行こう!近所のチケット屋さんで、入園料:大人600円を450円の割引券を購入。東急ワンデーオープンチケット(¥660)を握りしめ、2018.3.28に訪問しました。 9:40過ぎ東急こどもの国駅に到着。
しだれ桜は期待通りに素晴らしい
なので画像増量でご覧下さい。



















もう大満足ですっ!!
しだれ桜だけで30分かけちゃった。撮影にも勢いがついたっ。素晴らしい桜が一杯なので、記事を分けて紹介します。今日の画像はしだれ桜のみなので、カテゴリーもしだれ桜に分類しました。
ちなみに、こどもの国春の花ガイドのチラシにはしだれ桜:3月下旬〜4月上旬開花 中央広場にて
エドヒガンの変種で枝が枝垂れ下がる種類の桜。中央広場のシダレサクラは色の濃い一重のベニシダレ。色が濃く八重のヤエベニシダレとシダレサクラの3種類が植栽されている。色の濃いベニシダレの方が開花がやや遅く、ヤエベニシダレはさらに数日遅れる。」と紹介されてました。
コメント

相模原公園近くのしだれ桜2018.3.26正午現在

2018年03月27日 07時33分49秒 | しだれ桜
米軍住宅の桜を見物後、自転車を飛ばし相模原公園へ。普段は麻溝公園の駐輪場に自転車を預けるんですが、昨日は検査のために朝ごはん抜き。先にお昼ご飯を食べたいっ!ってなことで、相模原公園と麻溝公園をスルーして、みちなりに自転車を飛ばす。
目的地は相模原公園のせせらぎ地区なのですが、ここは相模川の段丘を一つ下がったところにあるのです。最短コースは水道みちを突っ切り段丘を降りるのですが、買ったばかりの自転車に悪路を使いたくないのでアスファルト道を行く。

坂の途中にしだれ桜がありました。見頃!

奥の丘の上の桜は、相模原公園のドッグランのへりに咲く桜です。

最後に見上げてから坂を下る。

目的地の相模原公園せせらぎ地区に到着。上の画像中央は神代曙。右奥は小松乙女。ソメイヨシノより若干早咲きの品種です。せせらぎ地区は段差がありまして、一段下ったところのベンチでお昼ご飯〜。時刻はちょうど12時を回ったところです。
コメント

小田急相模原駅前しだれ桜2018.3.26午前現在

2018年03月27日 06時44分47秒 | しだれ桜
毎月通院してまして、日々服用してるお薬の在庫がなくなってしまった。計画では、桜の季節はもう少し後でしたが。で、朝一で病院&検査。幸い数値はほとんど変化なく、お薬も現状維持できました。
病院を出ると時刻は10時過ぎ。今から都内の主だった桜ポイントへ出かけても花見客が多いだけ。ならば!と行きつけの院外へお薬を出していただくべく移動がてら近所の桜ポイントのチェックに行きました。

ここは小田急相模原駅から北口のバス乗り場へ向かうと正面に見えるしだれ桜です。早咲き気味なしだれ桜ですが、まさかの散り初めに入ってました!!

マジで??今年はまだしだれ桜見に行ってないのに〜〜?
しょんぼりしつつ、道を北上。米軍アーミーの住宅へ着きました。

ここの桜ももうぼちぼち見頃なんだぁ〜。
近年うちの近所の桜がどんどん姿を消しています。一軒家のお庭の桜が綺麗で、「あのお家の桜が咲いたらお花見へ〜」という指針の桜でした。世代交代でしょうか?一軒家は取り壊され、お庭も潰され、跡地にアパートが建てられました。それが数カ所。小田急相模原駅前のしだれ桜も一軒家のお庭のものです。数少なくなった桜チェックの桜です。毎年の定点観測の木です。今年初めての開花状況チェックです。来年のために記録しときます。
続いて、米軍アーミー住宅の庭の桜の開花状況の記事を投稿します。ここも毎年定点観測地なのね。

昨日は4本記事を投稿してます。毎日ブログをチェックして下さってる方は、よかったら見てやってください。
今日はこの後、米軍住宅の桜→相模原公園から段丘を一つ下がる途中の坂のしだれ桜の記事を連投します。
時間があったら、相模原公園せせらぎ地区の桜も投稿したいけども、記事を書くより先に桜を見に行きたので間に合うかどうか??
頑張ります。
コメント

吉祥院の桜

2017年04月08日 05時50分05秒 | しだれ桜
2017.4.5訪問。東郷寺のしだれ桜→京王フローラルガーデンで各種木蓮→多摩センター駅からウォーキング(鶴牧西公園の樹齢200年のしだれ桜→乞田川の桜並木→吉祥院のしだれ桜(←今ここ)です。
乞田川を西から東へ。途中の上之根橋で乞田川と別れ南へ。京王&小田急の高架をくぐってすぐ、左手に吉祥院があります。
吉祥院はしだれ桜の名所です。行ってみれば、小さな境内に数種類の桜が盛りの時期を微妙にずらして次々と咲く場所のようで。
最初に目に入るのがトップ画像のしだれ桜ですが、訪問した4月5日はまだ見頃前でした。
んん〜??東京都天然記念物の石碑があるけどさ、この程度のしだれ桜ならば、ちょっと古い庭の桜にもあるよな??

あれ??そういえば…。鶴牧西公園の樹齢200年のしだれ桜って吉祥院のしだれ桜をいただいて来て〜って説明板にあったよな〜??あれ〜〜??
帰宅後調べたところ、「吉祥院は3月下旬から四月上旬にかけて小彼岸桜・枝垂れ桜・染井吉野が順次開花を迎える。
本堂手前には信州高遠の門外不出の小彼岸桜がある。
樹齢40年ほどの枝垂れ桜には逸話がある。
昭和39年の台風の被害にあうまでは、その場所に東京都の天然記念物だった樹齢600年のしだれ桜があったという。新田義貞の子・新田義興が北条氏討伐を祈願して植えたという伝説の桜。
今の枝垂れ桜も、鶴牧西公園の樹齢200年の川井家のしだれ桜もともにその子ども。」
う〜む。かつての樹齢600年の枝垂れはいかばかりの見事さだったのだろうか…。想像すると面白い。目の前のまだ40年の若木もそのうち見事な桜になるのかな?
では境内にある他の桜は現在どんな咲き具合か?













境内を撮影させていただいたご報告にお賽銭入れて参拝。時刻は14時50分から15時になっていました。
本来はもう一度乞田川に戻り、京王&小田急永山駅そばまで両岸の桜並木を追いかけるつもりでしたが、この近所にある東京都立埋蔵文化財調査センターに寄りたいんだよね。
ここ行った事あります?しばしば縄文人の暮らしをキミも再現してみないか?とばかりに、縄文人の主食のどんぐりでクッキーを作る!だの縄文人の衣服を作る!だの(しかも布を織る所から)コンセプトが変わってるんですよね?館長さんの方針かしら?実際に縄文土器に触れたり、その縄文土器を持ち上げて重さを実感出来る歴史好きな人や異世界トリップのラノベが好きな人にはぜひぜひ足を運んでいただきたい施設です。おススメです。そういや、実際に縄文土器を作って焼くのも再現してましたね。
そんな場所に、桜散歩を中断してまで立ち寄った訳はといいますと、去年の11月、多摩センター駅から10キロ里山ウォーキングに参加した折、【南多摩発見伝 丘陵人の宝もの〜遺跡からみた多摩丘陵の歴史〜】と題した展覧会がありまして、そこに展示してあった朝鮮新羅様式の馬具に歴史好きのアンテナが反応してしまい…。5月のCOMITIA合わせの『歴史の現場に行って見たら驚いた!』をテーマに漫画を描こうと考えてましてね。ぜひぜひなぜに多摩センターに朝鮮の馬具があったのか?も描いてみたいな〜と。
ついでに11月に展示物を見た時に、うっかり画像撮影しそびったので、今回画像撮影したいと思ったのね。

11月のセンターに立ち寄った時に疑問に思った私は、居合わせたセンターの先生に質問したら、「かつて多摩地域には朝廷直轄の牧場がありました。在郷の富豪により馬を管理生産し、周辺の村々では馬具や武器を作る鍛冶場工房が増加。馬と鉄の生産がやがて武士団の形成に…」というお話が。
その時に「かつて日本に馬いませんでしたよね?どっから連れて来たの?」だの「馬を生産して中央に連れてってたの?年貢代わりに」だのあれこれ質問攻めにしちゃった私。
先生は「朝鮮から馬を連れて来て、世話人や生産者も共に来て。なぜが木曽経由で関東へ来た!」と教えてくれたんだけども。今回ど〜しても確定しときたかったのがその時期です。ええ。さっき吉祥院で新田義貞の名前出たし。多摩で馬や鉄製の馬具や鉄製武器を大量生産出来る力があったとして、最終的に新田義貞登場?鎌倉幕府倒れる?なのか??
いや、日本に朝鮮からあれこれ入って来たのって白村江の闘いだとして、仏教伝来?いやそれはあまりにも昔過ぎる。なら日本の奈良・飛鳥時代のルネサンスの時か??とか肝心な時期を聞き逃してたのよね〜。
何をくどくど語ってるか?といえば、4月5日に訪問したら、3月末で展示替えして現在は馬具展示されてませんでした…。
やっちまった〜〜。あと1週間早く来とけば…。いや、そもそも東郷寺のしだれ桜って毎年3月末には見頃なのに〜〜。画像がないと馬具がかけない。この場合、馬具がネタの肝だったのにぃ〜〜。終わった〜〜。
ちなみに、時期だけは特定したいと思い、受付のお姉さんに質問したら【南多摩発見伝〜】の無料パンフレットをいただいてきました。パンフレットによりますと、多摩・八王子・あきる野に大きな馬の牧場があったのは平安時代だそうです。
へ・平安か〜。中央は貴族社会だねっ。馬の需要なさそう〜。貴族が乗るの牛車だし。も、妄想がはかどらない〜。
とぼとぼと…。多摩センター駅へ向い小田急線で帰路につきました。
予定では五月台駅で途中下車して丘を下り、麻生川の桜並木と青林寺さんの小彼岸桜並木と塔のコラボ画像撮影したかったんだけども〜。妄想エネルギーが足りない…。大人しく帰る事にしました。尚、4月5日午後は、高架の上から見下ろした麻生川の桜並木はほとんど咲いてない状態でした。今(2017/4/7午前)調べたら、昨日・一昨日と暖かかった為か既に満開だそうです。

すぎ様へ。
コメント書き込みありがとうございます。
おススメした高尾しだれ桜巡りの参考にして下さればと思いまして、過去記事を貼付けておきます。
超満開の高楽寺のしだれ桜(2015年4月1日)の記事 2015年3月31日の桜散歩です。私が回ったコースも記載してます。参考になりましたれば。
コメント

鶴牧西公園のしだれ桜

2017年04月06日 06時01分17秒 | しだれ桜
2017.4.5訪問。本日3本目の記事です。
東郷寺のしだれ桜→京王フローラルガーデンで各種木蓮見物の後、京王線で多摩センター駅へ移動。我が家の最寄駅は小田急線なのですが、東郷寺への路線は、小田急永山駅から京王永山駅に乗換します。帰りも同じ…ンン??京王多摩センターと小田急多摩センターでも乗換出来るじゃん!
検索検索検索…。
多摩市の桜の見所に、鶴牧西公園のしだれ桜がヒットしました。
あれ?鶴牧西公園って、去年11月に10キロウォーキング大会で通ったような?素敵な竹林があった所です。
あ。あそこか〜…。と!ウォーキング大会と同じ行程で鶴牧西公園を目指して失敗しました!というのも、ウォーキング大会は10キロになるようにかなり遠回りだったと!気付いたのは、鶴牧西公園から乞田川へ移動しててから!多摩センター周辺は坂道が多いんです。比べて、しだれ桜がある場所は、坂下でして、無駄に坂を登ってしまいました〜。もうね。最近坂道大嫌いなのに!疲れたくないのに〜〜。
あ。愚痴ってる場合じゃなかった。では画像紹介を。
まづトップ画像ですが、公園のある場所はほとんど坂の上でして、そこから坂下に移動するスロープから撮影しました。しだれ桜の横にある竹がいい味だしてるよねっ。

坂下に降りてきました。夏になるとこの周りに田んぼが出来ます。今はのどかでメルヒェンな雰囲気ですが。

多摩市の桜情報では平成29年4月3日現在、鶴牧西公園のしだれ桜は7分咲きとなっていました。ホームページの最盛期の画像と比べると花のボリュームがまだ控えめですが、充分に綺麗です。

周囲を移動すると、どんどん桜の形が変わって行くのが面白い。

説明板発見:多摩市指定天然記念物 シダレザクラ
樹種名はイトザクラ(別名シダレザクラ)。サクラ属、エドヒガンの枝垂れ品種。
主幹の幹周り(目通り)約4メートル、樹高約18メートル(地表高)、枝張り約20メートル、推定樹齢は約200年以上とも言われています。樹勢も良好です。
本樹は、乞田の吉祥院にあった元東京都指定記念記念物のシダレサクラの子孫であるという伝えがあります。多摩市及び都内でも最大級のシダレSザクラであり、開花時には非常に多くの見学者が訪れ、多摩市の自然を代表する名木、巨樹です。
シダレザクラは、細い枝が糸のように長く可憐な小さい花を咲かせますが、そのあでやかさが愛され、近くで見ると見事さにひかれ、離れた所から眺めると、昔ながらの民家や土蔵、竹林などが織りなす景観は、多摩の原風景をかもし出しています。
元は川井家の敷地内にあり、「川井家のシダレザクラ」と呼ばれていましたが、平成23年4月に川井家から多摩市に、シダレザクラと幹周辺の土地及び土蔵が寄付されました。
●指定:昭和48年5月26日 多摩市教育委員会



時間が惜しいので、パパッと撮影して乞田川へ移動します。
鶴牧西公園滞在は、13時40分から13時55分まで。一番近い出口に沿って小川が流れてます。それを右に追いかけると、小田急の高架。更に京王の高架をくぐる。突き当たりの乞田川。ああ、多摩センターからこの道をくれば近い上に坂道登らないで済んだんじゃん〜〜っ!

現在既に6時半。出来たら乞田川のソメイヨシノの桜並木の咲き具合を紹介するまで記事立てしたかったんだけども朝ご飯を作らなきゃ〜。今日は8時からgooブログのメンテナンスが入るのでもう無理ですね。無念じゃ!
が。頑張る!だって、今すぐ見に行けば綺麗な状態の桜が見れるんですもの。ご近所に住んでる方ならば、この記事の画像を見てから見物に行けるしね。







以上4枚は撮影時刻14時15分から14時41分です。なんと!既に見頃です!
乞田川は京王多摩センター駅&小田急多摩センター駅からすぐ。坂を上がらずに反対側にあります。たぶん駅から徒歩1〜2分で着くハズ。アクセス便利なのでおススメです。
コメント

東郷寺のしだれ桜2017.4.5午前現在

2017年04月06日 04時12分42秒 | しだれ桜
2017.4.5訪問。ソメイヨシノが中々見頃にならないので、東郷寺のしだれ桜を見に行きました。京王多磨霊園前駅から徒歩数分。わさっと!桜色が見えて来た!まだ見頃ではないか〜!
到着は10:15。
予想より花見客が少ないっ!なぜかしら〜?でもラッキーなのです!だって《順路》標識が境内に点在してまして、花見客の多さが伺えます。綺麗なので画像増量で紹介します。





こちら、門の手前左手のしだれ桜は8分咲きかな?まだ花数は少なめですが、その分花色が濃い目です。

山門の階段の上からまだ8分咲きと紹介した桜を逆光で撮影しました。

東郷寺さんのしだれ桜は、階段があるから真横から撮影出来る貴重なしだれ桜ポイントです。

ど〜みてもプロ!というひと味違うカメラと佇まいの男性が花見客に話しかけられ、「桜は10時までに撮影しないと、花色が薄くなる」と答えてたのでついつい聞き入る。
ふむふむ。桜の花色がぼやけるのは、太陽光のせいか〜。午前中に毎朝飲んでるお薬のせいで行動力が落ちる私には、厳しい条件だねっ。

東郷寺さんの名前がある石碑としだれ桜のコラボ。上の画像の左手の桜は、すでに散り初めに入ってます。しだれてる枝の先に若葉が出始めてる枝がまじっています。一方右手の桜は、8分咲きで、まさに見頃です。



花色の綺麗な時間帯というのもありますが、東郷寺さんの撮影は太陽の位置を考えると、午前中がいいようです。山門に向って順光が良いみたい。曇りの日は太陽の光を考えずに済みますけども?ど〜せなら、青空の下で見たいよね?前回訪問した時は、家を出た時は青空だったのに、東郷寺さんに到着時には曇ってたのです。

山門に向って右手のしだれ桜の周りには散策路があるので、ぜひ回って下さい。

説明板発見:「東郷寺のしだれ桜は彼我の差別のない英霊供養を願い建立された当山の為に、総本山身延山久遠寺境内より苗を頂戴し植樹したものです。
世界平和を渇望しながら、遠い異国の地に散った若き無名兵士達の御魂が美しい花となって咲き誇ります。」
東郷寺はかつて東郷平八郎の別邸があった所です。徒歩圏の多磨霊園に東郷平八郎のお墓があります。
東郷平八郎は日露戦争時、日本帝国海軍の艦隊指揮をした人です。横須賀の三笠公園に、日露戦争で旗艦船だった戦艦三笠が資料館となって展示されていますが、東郷平八郎の部屋とかが当時のままに復元展示されてるので、興味のある方はおススメな場所です。
 青字部分を2017.4.7に文章追加しました。

桜の根元にも春の花があって、コラボ撮影も楽しい。

ただしこの散策路は道幅が狭いので、花見客が少なくないと撮影は難しいかも?

上の画像のしだれ桜は山門に向い右手の一番近い桜です。これも既に散り初めです。出来れば今日の午前中にかけつけるのがおススメ。天気予報を見ると、週末まで雨&強風のコンディションなのですもの〜。
ちなみに、東郷寺さんのしだれ桜は例年ですと3月末までが見頃です。そういえば、毎年しだれ桜が終わってからソメイヨシノが満開なんだよね。今年のデーターは平年の参考にはなりませんね〜。

実は今日の投稿は昨日の記事の続き目黒川の桜洗足池でお昼ご飯&勝海舟のお墓と西郷隆盛の石碑チェック池上本門寺の春祭り(重要文化財の五重塔ご開帳・花祭り・墓域で著名人の墓巡り&日蓮上人入滅の地)に桜の撮影ポイントで記事立てするつもりだったのですが、4月2日はまだ桜が咲いてなかったんですよ。それでも昨日が20度超え!で一気に桜が咲くという事態にならなければそれも良しだったのですが、昨日(2017.4.5)に東郷寺しだれ桜京王フローラルガーデンで各種マグノリア見物&お昼ご飯多摩センター駅からウォーキングで鶴牧西公園の樹齢200年のしだれ桜見物乞田川の桜並木吉祥院のしだれ桜と桜見物したら、乞田川のソメイヨシノが既に5分〜7分咲きになってて見頃でした…。もうね。歩いてる間にもどんどん咲き進んでる感じですわ。いや〜〜、昨日も城山かたくりの里に行ったんだけども、2枚服を減らしたにも関わらず、汗だくになるほどの気温上昇でした。早回しの神様視線で桜の花が開く感じって始めてでした。ンな事はどうでもいい!すぐさま記事をアップしないと、今日はどこの桜を見に行こうか?迷ってる方の参考にならない!と深夜に投稿してます。もしかしたら、今日・明日しか今年の桜が楽しめないかもしれないからねっ。なので今日はgooブログのメンテナンスがこの後8時からあるそうなので、記事が間に合うかどうか分かりませんが、昨日の桜散歩の様子を続けて投稿します。よろしくねっ。
コメント

しだれ桜がもう見頃!?

2017年03月25日 01時04分43秒 | しだれ桜
陸軍登戸研究所の連載の途中ですが、駅前のしだれ桜がもう見頃になっててびっくりしたので、昨日2017.3.24のしだれ桜の開花状況をお知らせします。
トップ画像は10:35撮影。近所のスーパーに買い出しに出かけたら、散歩道で白木蓮が満開になってまして、青空に映えてとても綺麗だった。ふと?そういや、小田急線小田急相模原駅北口のデッキから見えるしだれ桜はもう咲いてるかな?と。確認に行ったらば!なんと!!
撮影時刻12時25分
既に見頃になってました〜!!
え??ちょっと待って!なら相模大野の相模女子大のしだれ桜ももう咲いてるかも?町田駅側の青柳寺さんのしだれ桜も咲いてるかも??かも?かも?かも〜??
かも?じゃないわ!確認しなきゃ分からんわ!と。出かけました。
相模女子大学の正門側のしだれ桜は全く咲いてません。そっか〜!次!
撮影時刻13時11分
青柳寺さんのしだれ桜はようやく数輪花が咲いてました。来週ですね。
次!
実は相模原在住のgooブログで読者登録させていただいてる方の記事でごく最近「原町田交差点のしだれ桜」の画像を見た事がありまして。それはまだ咲いてなかったんだけども。原町田ってJRの線路向こうだったよね?と。駅近くの町の案内所で「原町田交差点でしだれ桜があるって見たんですけど、それってどこにありますか?」とお尋ねした所。
「あそこが原町田5丁目交差点です。桜は〜〜??もしかして咲いてますね?」
「ええ!うっすらピンク色が見えます。行ってみます〜」と。わくわくして信号を目指しましたらば!!
撮影時刻13時29分。
うおおオオオ〜〜〜!これもう8分咲きくらいだよね?
惜しむらくは、午前にスーパーに買い出しに出かけた時は青空だったのに、お昼ご飯食べて自転車を走らせたとたん強風の中自転車を漕ぐ事になりましてね。や〜な予感はしたのよね。相模大野→町田と進むにつれどんどん雲が増えてゆき、原町田交差点に到着した時には、いつ雨が落ちて来ても不思議でない空模様になっていました〜。マジか〜…。
でも目の前に8分咲きのしだれ桜があるんだよ?なんとか綺麗なさくらの画像にならないものか!

う〜〜。ムズい。8分咲きなら、さくらの花びらの色が一番綺麗で濃いハズなんだけども…。

太陽の光がもっと欲しい所ですが叶いませんでした〜。

この画像ならもう随分咲いてるのが確認出来るかと?
うん!ダメだわ。このコンディションでは繊細なさくらの色が再現出来ないわ。
ってか、風が強過ぎる。しだれ桜の枝が右へ左へゆらゆらしてて桜の花を大きく写すの無理〜〜っ!!
そういや、浄運寺さんてこの近くだったよな?

着いたらまず参拝。本堂横の椿が見頃です。でもこの椿、何か変?

アップで撮影してみた。ピンボケした…。やっちゃったわ〜。

引きで撮影してみた。ちょっと変わった椿です。豪華だね。
浄運寺さんの本堂前にもしだれ桜がありました。

こちらは5分咲きくらいかな?
しだれ桜って、ソメイヨシノより少し前に見頃を迎える印象でしたが、しだれ桜と言っても違う種類なのかな?咲く時期が微妙にズレてるのね。今まであまり気にしてなかったわ〜。
ってな事で、明日は旧陸軍登戸研究所資料館の外、明治大学生田キャンパスに残る戦跡巡りに戻ります。
コメント