毎日、1000件程度のアクセス、4000件以上の閲覧がある情報発信ブログ。花や野菜作り、市民運動、行政訴訟など
てらまち・ねっと



 昨日7月13日(土)の20時16分という記録で、差出人「Microsoft」 件名「利用規約の更新」というメールが入っていた。
 これは、ウィルスかフィッシング (詐欺) か・・とまず懸念。
 もちろん開かずに、ネットで確認した。
 ・・ちゃんと解説してくれている人がいた。
 そこで、本当かどうか見ておく必要があるから、 Microsoft の本体のページにアクセスして内容を確認してみた。

 正しいメールと信じてよさそう。
 「サービス規約の変更の概要」というページを流し見。要点は、

 ★新しい規約に同意するには・・・。
 ⇒ 2019 年 8 月 30 日以降も Microsoft の製品またはサービスをご利用 (アクセス) した場合は、更新された Microsoft サービス規約に同意しているものと見なす。
 同意しない場合は、2019 年 8 月 30 日までに Microsoft の製品とサービスのご利用を停止し、Microsoft アカウントを削除。

 ★何が変わるのか・・・
 ⇒ [更新日 2019 年 7 月 10 日]/Microsoft アカウントに少なくとも 2 年に 1 回はサインインしていただく必要・・・

 変わるところは、その他いくつもあるようだけど、流し見する限りは・・・・ま、面倒だから・・・

 ★いちおう、対象は  ⇒ 適用対象となるすべての製品とサービスの一覧

 と受け止めた。だから、当該のメールは残しておくだけで、このまま使い続けることにしよう(今朝の判断)。

 なお、今朝の気温は19度。昨夕からの降雨量は20ミリほど。今も雨なのでウォーキングはお休み。昨日7月13日の私のブログへのアクセス情報は「閲覧数5,928 訪問者数1,448」。

人気ブログランキング参加中 = 今、1位から3位  ↓1日1回クリックを↓  ★携帯でも クリック可にしました →→ 携帯でまずここをクリックし、次に出てくる「リンク先に移動」をクリックして頂くだけで「10点」 ←←
 ★パソコンはこちらをクリック→→人気ブログランキング←←ワン・クリックで10点

★ 2019年7月12日 Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た   世の中は不思議なことだらけ パソコンを楽しく使うにはどうするといいのか?いろいろなコツを紹介中!
Microsoft のサービスに関する規約が2019年8月30日から変わるので、一度、確認しておいて欲しいという連絡です。この変更に納得できない場合は、2019年8月30日以降、Microsoft のサービスを利用しないでください、ということ
 ・・・(以下、略)・・・


● [更新日 2019 年 7 月 10 日] Microsoft サービス規約の変更の概要
Microsoft サービス規約に関する大きな変更の概要をお知らせいたします。すべての変更内容を確認するには、Microsoft サービス規約の全文をこちらからご覧ください。

画面上部で、公開日を 2019 年 7 月 1 日に、また発効日を 2019 年 8 月 30 日に更新しました。
「本サービスの使用およびサポート」セクションで、アカウント アクティビティ ポリシーが更新されています
・・・(以下、略)・・・

●サービス規約をより明確に
    サービス規約をより明確に|Microsoft
お使いの Microsoft のコンシューマー向けオンライン製品とサービスの使用に適用される Microsoft サービス規約の更新についてお知らせします。今回の更新では、規約を明確にし、確実にご理解いただけるようにすることに加え、対象となる新しい Microsoft 製品、サービス、および機能を追加いたします。

この更新は、2019 年 8 月 30 日に発効いたします (概要については、以下をご覧ください)。2019 年 8 月 30 日以降も引き続き Microsoft の製品またはサービスをご利用いただいた場合は、更新された Microsoft サービス規約の条項に同意しているものと見なします。


よく寄せられる質問
Microsoft サービス規約とは何ですか。
Microsoft サービス規約は、お客様と Microsoft (またはその関連会社。以下「Microsoft」といいます) の間で締結される、お客様の Microsoft のコンシューマー向けオンライン製品とサービスの使用に適用される利用規約です。この規約の適用対象となるすべての製品とサービスの一覧については、こちらをご覧ください。

Microsoft サービス規約の適用対象にならない製品とサービスはどれですか。
Microsoft サービス規約は、ビジネス ユーザー向けの製品やサービスには適用されません。これには、一般法人向け、教育機関向け、または行政機関向けの Office 365 や、Azure、Yammer、Skype for Business などが含まれます。ビジネス ユーザー向けの Office 365 に適用されるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する取り組みと関連情報については、Office 365 セキュリティ センター (https://www.microsoft.com/trust-center/product-overview) をご覧ください。

Microsoft サービス規約の変更点は何ですか。
Microsoft サービス規約に関する大きな変更の概要をこちらからご覧いただけます。

すべての変更内容を確認するには、Microsoft サービス規約の全文をご覧いただくことをお勧めします。

子供のアクティビティや購入については、依然として保護者がその責任を負いますか。
はい。Microsoft サービス規約の第 4 条 (a) の (iii) において、未成年のお子様による Microsoft アカウント、Skypeアカウント、およびサービスの利用については、サービス利用料金や購入を含め、保護者の方が一切の責任を負うことが規定されています。Microsoft のサービスの中には、Microsoft Store や Office Store から利用できるアプリやゲーム、広告なしの Outlook.com、OneDrive の追加容量、Office 365 コンシューマー向けサブスクリプションなど、料金が発生するものがあります。Microsoft ファミリでは、お子様のデバイスの使用状況を把握し、制限を設定するための、保護者向けの機能を提供しています。Microsoft ファミリの詳細については、ファミリ セーフティ ダッシュボードをご覧ください。

この規約と声明が発効するのはいつですか。
Microsoft サービス規約に関する更新は、2019 年 8 月 30 日に発効いたします。それまでは、現在の規約と声明がその効力を有します。

新しい規約と声明に同意するにはどうすればよいですか。
2019 年 8 月 30 日以降も Microsoft の製品またはサービスをご利用 (アクセス) いただいた場合は、更新された Microsoft サービス規約に同意しているものと見なします。同意されない場合は、2019 年 8 月 30 日までに Microsoft の製品とサービスのご利用を停止し、Microsoft アカウントを削除してください。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ◆色づいたミニ... ◆鉢植えのカサ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
2015.5.19 11:25
旧カウンターから移行
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
 

アクセス ナウ
→  ←