イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

紀ノ川河口釣行

2016年08月26日 | 2016釣り
場所:紀ノ川河口
条件:小潮 6:46干潮
釣果:ボウズ


まだスズキはいけるか・・・。
午前4時に出港して万全の態勢で臨んだがスズキもタコもノーフィッシュで終わってしまった。

暗い中、いつものポイントでトップウオーターからスタート。今日も暗いうちに1回だけアタリがあった。やはり魚はいたのだ。
しかし、アタリはこの1回だけ。



続いてタコ釣りに変更。
潮は引き潮なのでかなり流れが速い。20号のオモリを追加したがそれでもなかなか底が取れない。
その速さが原因なのか、こっちもアタリがない。

違うポイントを探そうと水軒一文字の新々波止の際に移動してみた。
ここはそれほどの速さがなくなんとか底は取れている。
しかし、捨て石の上なのでよく根掛かりをする。エンジンを後退させながら何回かはリカバリーできたが、とうとうテンヤを失ってしまった。エサは1匹しか持っていなく、今日はこれで終了。

心配した台風のうねりもなく、十分釣りにはなりそうな状態だったがそんなに甘くはなかった。
残念。




午後からは小船の生け簀の水漏れ修理。すでに生け簀の樋は固着してしまっていて機能していないので物入れとして使っているが樋の周りから少しずつ水が漏れていた。何度か陸に揚げた時に修理を試みていたが数時間でまた海水に浮かべるためどうしてもパテやコーキング材が固まらなくてずっと漏れたままになっていた。
ところが、船底がフジツボで覆われてしまったせいか水が止まっている。この期を逃さず樋の周辺をコーキング材で厚く覆ってやった。多分、これでカキを落としても水は止まるのではないだろうか。



10分ほどの作業だがこの暑さでは汗が滴り落ちてくる。
塗り終わったあとでいつもお世話になっているちからさんのお店でかき氷をいただいた。
暦通りなら行く夏を惜しんでというところだが、この暑さでは暑気払いだ。



早朝は幾分涼しさを感じるとはいえ、いったいいつになったら涼しくなってくるのだろうか・・・。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「旅をする木」読了 | トップ | 「うまいもの事典―これが世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016釣り」カテゴリの最新記事