草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

桧原湖の京ケ森近くより磐梯山を仰ぐ 5首

2013年08月29日 | 短歌

桧原湖と二つに裂けし磐梯は今も変わらず智恵子慟哭

裏磐梯かくまでさみし人気なき波立つ風は秋の色なり

日を追うてあたり一面芒(すすき)野に磐梯山は天に聳える

水面(みなも)には風通りたる幾筋も涙の痕を消すがごとくに

雲かなし磐梯かなし桧原湖も孤影を映す天地なりし

政治 ブログランキングへ

                    ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

にほんブログ村   blogramで人気ブログを分析

コメント

西田参議院議員のパイを増やす経済政策を断固支持する!

2013年08月29日 | 経済

 消費税増税やTPPに反対する私の立場からすれば、自民党のやっていることを全て容認しているわけではない。経済政策で正論を吐く西田昌司参議院議員がいるから、今なお支持しているというのがあたっている。西田議員の経済政策は明確である。デフレから脱却をするためには、税金を上げたり、公務員の給料を下げたりするというのは、愚の骨頂だというのだ。「税収を増やすためには、経済のパイを増やさなくてならない」からだ。消費税増税ありきに異を唱えたのである。もちろん、増税そのものを否定しているわけではない。そのタイミングを問題視しているのである。デフレ下で増税をしたらば、GDPを減らすことになると、民主党政権時代から訴えてきた。そして、公共事業の必要性を説いた意義も大きい。財政出動をすれば、乗数効果によって末端にまで金は流れるのである。にもかかわらず、民主党政権は「コンクリートから人へ」とのキャッチフレーズで国民に誤解を与えた。目先のことしか頭にない財務省は、政権が民主党から自民党に代わっても、増税路線まっしぐらである。西田議員も指摘している通り、財務省のそうした方針は、ミクロ経済学では正しいが、マクロ経済学的には逆効果でしかない。経済の規模が小さくなったのであれば、国が積極的に関与して、経済の規模を拡大するしか方策はない。アベノミクスも当初はそれをぶちあげた。しかし、第三の矢の成長戦略で、規制緩和が前面に出てきた。それで混乱が生じているのだ。構造改革の失敗を繰り返さないためにも、今こそ西田議員の出番なのである。デフレ下での増税を行えば、ようやく上向いた景気は、すぐに失速するのは目に見えているからだ。

 

政治 ブログランキングへ

                    ←消費税増税は後回しにすべきだと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

にほんブログ村   blogramで人気ブログを分析

コメント