駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

山下よあなたもか

2019年08月09日 | スポーツ

            


 JOCに山下のカーテンが下りた。やっぱり、運動部とはこういうものかと時代錯誤の感覚に首をひねった。表に出ると言えない意見は傾聴に値しない。公共の仕事をする責任ある立場の人の感覚とは思えない。どんな業界にも表立って言いにくいことはあるじゃないですかと言うのは勘違い。医師会の議事録はオープンで会員なら誰でも読めます。スポーツ界に新たな暗雲出現と申し上げておきたい。

 方法は結果を毀損するというのが、糸脈の診断で物事を進め決める原則としてきた。相手もあるし弱い自分も居るので、いつも必ずとは行かないこともあったけれども、教えられ経験して導いた基本的な方針だ。これが唯一の正解とは言わないけれども、そのように努めておられる方は少なくないようなので良好な指針と感じている。

 滝川クリステルは恋多き女などと書き立てているが、魅力ある女性が四十年生きれば恋の二つや三つはあっただろう。身ごもっているというのが出会いと彼女の決断で、雑音は一掃される。お似合いのカップルですねというのが当院事務女性陣の御達しだ。

コメント