三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

堀川恵子『裁かれた命』1

2012年06月19日 | 死刑

名張毒ぶどう酒事件の再審開始決定が取り消されたが、土本武司氏は妥当な決定だというコメントを新聞に寄せている。
私は元最高検察庁検事の土本武司氏はばりばりの死刑大賛成、厳罰化推進論者だと思っていた。
しかし、堀川恵子『裁かれた命』を読むと、隠れ死刑反対派ではないかという気がする。

堀川恵子氏が光市母子殺害事件の死刑判決について意見を求めると、土本武司氏の口から「あれは、ちょっと厳しすぎるんだよね……」という言葉がもれた。
そして、死刑についてこのように語っている。
「死刑っていうのはまさに究極の刑なんです。みんな、死刑とはたくさんある刑罰の中の一つくらいにしか思っていない。私も公に意見を求められたら、まあ、型通りに死刑で当然と見解を述べますけれど。そもそも今の社会で死刑について深い議論を交わすことなんて出来っこないですから。だから私も死刑については突っこんだ議論はしないんですよ」
光市事件の死刑判決は厳しすぎると土本武司氏が思っているとは驚きである。

さらに土本武司氏は死刑に関する議論の底の浅さに不満を述べる。

「悪い事をしたら罰を受ける、人を殺したら命で償うというのは分かりやすいロジックではあるけれど、死刑は法律が認めた、いわば国家による殺人と言ってもいい。目の前で動いている、生きている人間を殺すことなんですから。死刑は本来、究極の選択でなくてはならないんですがね……」
土本武司氏の口から死刑が「国家による殺人」だという言葉が出るとはね。

池田小学校での無差別殺害事件の加害者の執行についても、こんなことを話している。
「あの死刑囚が処刑された後に遺族の方たちのコメントが新聞に載りましたね。多くは早期の死刑執行に不満をうったえていました。それは早期の執行そのものに反対するのではなくて、執行する前に反省させてほしかった、謝ってほしかったというものでした。ご遺族の気持ちはもちろん理解できますが、それでも私はこの種の感情に簡単には同調できないんです。
死刑というのは、命を奪うこと、つまり本来なら神様しかしてはいけないことを、法の名の下において人間がやっているわけですから。それは単なる謝罪という次元を超えた最大の償いなんです。命を差し出すのだからこれ以上のことはない。それに対して謝罪してほしかったというのは本来、筋が通らない話です。それほど死刑というのは重いものであるはずなのに、多くの人はそれを理解していない」

土本武司氏は司法修習生のときに、死刑を廃止するための方策について論文を書いている。
「だけど検事に任官してから、私の中で死刑に対する考えは百八十度、変わったんです。色んな被疑者を取り調べる中で、世の中には死をもって償わせるしかない罪が存在するのだと思うようになったのです」

そうは言うけれども、土本武司氏が死刑制度に賛成なのは、法律で死刑という刑罰が定められているからであり、法律は守られるべきだという、法律家としての信念からじゃないかと思う。
千葉景子法務大臣が死刑執行の文書にサインしないことに対して、土本武司氏は「サインしないのなら辞職するのが筋である」と新聞社にコメントしている。
「死刑判決が確定しながら法的な特段の事情もないのに執行をやめるというのは、法治国家というは自らを破壊することになる。執行しない死刑制度というものを残しておくのは矛盾です。執行しないなら、もともと死刑制度そのものを廃止しなきゃいけないだろうと思うんです」
たしかに筋は通っている。

しかし、かつて土本武司氏が死刑を求刑した長谷川武について、こう言う。
「一個人、土本武司からすれば、もはや彼(長谷川武)に対して冷たいロープを首にかける必要性はなかったんじゃないかと思いますよ。そんなこと、よくある死刑事件と事件を起こした犯人であって、死刑は手続きの流れの一環に過ぎないじゃないかというふうに冷たく突き放す、わたしには突き放すことがいまだ出来ないんですよ……」

堀川恵子氏は土本武司氏について「ただひとりのか弱い人間にすぎない自分の心に生まれた死刑への疑問をかき消すために、普段の彼はあえて強硬な言葉を並べて死刑を語っている。それは社会から一方的に期待される元検事、そして法学者としての役割を果たそうとしているようにも思えた」と書いている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
« 無着成恭『ヘソの詩』とヤマ... | トップ | 堀川恵子『裁かれた命』2 »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつも最初に (解語の花)
2012-06-19 15:55:30
コメントしては、ややもすると私と円さんの書簡集になりかねませんので、今回はご遠慮申し上げて、ほかの方のご意見お待ちしてみましょう。
どっぽさんは、最近またご旅行?
むずかしい (どっぽ)
2012-06-19 19:07:14
先生方の論説やご意見は難しく、覗かせていただいてはおりますが、中々入り込めないんです。お声を掛けられたので書き込みに来ましたが、我が国も法治国家であり、死刑という刑があります。単純ですがその国の掟ですから法に従って裁かれ、執行されることだと私は思っています
ぎょえっ (わたし、アホ)
2012-06-19 20:58:03
どっぽさん、うちのお母さん、先生じゃないよ。単純でおっちょこちょいな人だよ。人見る目ないなぁ。美人っていうのは、うん、正しいかも。死刑問題、これ、ほんとにむずかしい。忘足さんに教えられて、「吉田松陰の恋」古川薫著を読んでみたけど、まだ、よくわかんない。
敬語 (どっぽ)
2012-06-20 07:58:22
どっぽの口癖、見ず知らずのお方には先生付けする悪癖?良癖?がります。考えてみりゃ、アホに先生呼ばわりは失礼ですね。訂正します。
どっぽ先生! (解語の花)
2012-06-20 17:38:47
老舎とか茅盾とか、作家の名の書いたコメント見てたら、先生と間違えられるの無理ございませんわ。私ね、実は、両親が先生でおまけに祖母まで先生で、「先生の子のくせに」って言われるのを極力恐れて猫かぶった幼少のみぎりを過ごしましたの。ですから、この言葉にどうも、過剰反応致しますのよ。でも管理人の円さんのこと、先生だなんて大変嫌みですわよ。
ところで、私の見たい映画ご覧になっていて参考になりました。有難うございました。
先生と言われるほどの (円)
2012-06-20 17:59:04
>どっぽさん
人を殺せば死刑に必ずなるかというと、もちろんそんなことはありません。
実際にやったのかどうか、ということもありますし、殺意の有無、計画性の有無、被害者の数、強盗や強姦が加わったり、いろんな要素がからみます。
名張毒ブドウ酒事件のように一審では無罪だったのに、死刑が確定した事件がありますし、逆に八海事件のように一審、二審で死刑判決が下されたけれど、最高裁で無罪になった事件もあります。
人が亡くなったことは事実だけれど、殺そうとは思っていなくて、たまたま死んでしまった場合もあります。
となると、なぜこの人が死刑になって、この人は無期懲役、もしくは有期刑なのか、その線引きは非常に難しいです。
裁判員制度では一般人がその判断をしないといけません。
どっぽさんはできますか。

「先生」と言われたら、くすぐったいですね。
裁判員 (どっぽ)
2012-06-20 21:35:07
に指名されれば裁判所に赴き、その役割を果たそうと思います。死刑や無期懲役になるような重大な事件の裁判では、客観的証拠がっかりしていて誰が見ても畔にであるという疑いのない事案は過去の判例に照らし量刑の決定は裁判人全員がほぼ同じ結論になるかもしれない。証拠が疑わしかったりする場合には、非常に問題ですね。どっぽは木と迷ってできないですね。幸いどっぽはもう指名が来ない年です。
ご指名のこないお年 (解語の花)
2012-06-21 09:52:25
そうなんです、私、そういうお年の方と学習会しておりますが、そのお仲間、皆様、しっかりしたお考えをお持ちで責任感のある方が多いんです。選挙権はお持ちで、もちろん、投票もされています。うちの母なんて、ディサービスで何回も選挙演説聞いており投票もしておりますわ。裁判員は無理でも、暇なので新聞は隅から隅まで読んでいるので、結構一言居士ですのよ。指名来る来ない、どういう基準で決めたのかしら?
私、銀座で働いたらご指名される自信たっぷりありますわ。
今からお中元のお買いもの。円さんには洗濯くらいご自分でなさるように洗剤とシュンプー・リンスの詰め合わせセット。どっぽさんは、中国で行く先々でガールフレンドへの素敵なお品物、物色されていました。で、私もガールフレンドの末席に加えてくださいとお願いしたら、ご主人のいる人はダメとお断りされたので、今回はパスです。
明々白々とはかぎりません (円)
2012-06-21 16:53:14
>どっぽさん
被告が自白し、検察の主張を認めているとしても、事件がその通りだったかどうかわかりません。
よろしければ↓を読んでみてください。
http://blog.goo.ne.jp/a1214/e/9fe59e510a91b4183d1da06ca1b06839
情状面をどう判断するかということもあります。

>解語の花さん
裁判員の候補になっても拒否する人が多いそうです。
いくら責任感があるといっても、いろんな面で負担は大きいですから。
まして死刑判決を下すとなると。

私はシャンプー・リンスは不要ですので、希望を言いますと美味なるものがよろしいかと。
テレビに出るは一部の方 (解語の花)
2012-06-21 18:34:27
大変な決断を下すわけですもの、かなり悩み苦しむと想像します。テレビに出てお話されていつ方って、ほんの一部の方でしょう。ほかの方のお気持ち察すると、こちらまで気が重くなってしまうときあります。そんなとき、かつての名のある人の読んだ辞世の歌や漢詩を読み、魂は残ったのだな、と少し納得するわけです。でも一般人の方の場合??立花隆さんの本で死刑囚は最後に何を所望し何を食べたかを読みました。やはりほとんど食しなかったそうです。
吉永小百合さんは生涯現役で女優をしたいそうですが、首つり、あのシーンだけは、もう絶対演じたくないと言っていた雑誌読みました。

美味なるものって?円さんの場合は、何かしら?フルーツ?桃・マスカット私は大好きです。円熟したら賞味したいわね。

コメントを投稿

死刑」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事