三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり。

慈悲と善巧方便にもとづく殺生(4)

2021年10月17日 | 仏教

岡野潔「釈尊が前世で犯した殺人 大乗方便経によるその解釈」は、『大乗方便経』に説かれる、方便としての殺人を肯定する教えは後世の仏教に悪影響を与えたと指摘しています。
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/16922/p139.pdf

釈尊がカディラ樹の破片で怪我をした出来事の前生譚(前世での殺人譚)は、後代の大乗徒と密教徒にとって「菩薩が殺人を犯しても罪悪とならず、逆に福徳を生じさせる場合」として、殺人が許容される場合の判例の役割を果たした。

『大乗方便経』の編集者が船上の殺人の話の扱いにおいて、その殺人行為を英雄譚とし、話の結末において殺人という罪の行為が何ら悪業を生じさせなかったと記述したことは、この殺人譚は後世に禍根を残した。
結果的にその後の大乗仏教の道徳観の形成に、独善的な傾向性のあるネガティブな影響をも与えることになった。

釈尊が前世で殺人を決意した段階では、菩薩はその業により地獄に堕ちるつもりでいた。
慈悲と自己犠牲の精神により殺人を犯したのである。

しかし、『大乗方便経』の編集者が殺人行為に無罪を宣告し、殺人の結果をハッピー・エンドにしたことによって、その行為から自己犠牲の性質が失われてしまった。

この法話を聞いた後では、大乗徒たちは殺人という手段が目的さえ尊ければ許され、しかも自己犠牲も必要とせず、人を殺しても得をする場合があることを意識するようになったであろう。
そのような打算的な意識が心のどこかにあれば、自己犠牲の行為は穢されてしまい、台無しにされてしまう。
人がもし『大乗方便経』のこの殺人譚の幸せな結果だけを見て、最重要な「自分はこの行為によって自ら地獄に堕ちよう」という菩薩の自己犠牲の生き方を見ないのであれば、単純に無節操な殺人の肯定に結びつく。

密教の注釈家たちは後期密教における呪殺を正当化する聖典的根拠の一つとして、『大乗方便経』のこの話を挙げる。
呪殺とは密教行者が隠れて秘かに行う方法であり、『大乗方便経』の菩薩のような自己犠牲の精神がない。
自分が傷つかず、いかなる悪業も受けずに人を殺せることを当たり前のことと考える。
殺人請負人のように、他人から依頼されて謝礼を受けて呪殺を行うこともある。
菩薩行とはかけ離れた打算がある。

呪殺については正木晃『性と呪殺の密教』が詳しいです。
https://blog.goo.ne.jp/a1214/e/a5804d7d0e9183226d9636884b002bed

岡野潔さんはこのように締めくくります。

この話を編集者が釈尊の無業報の立場を取る『大乗方便経』の中に採用したことによって、殺人行為が悪業を発生させず、逆に十万劫の間、輪廻を超越するメリットがあったという蛇足的な記述を、必然的に話の最後に付け足さざるを得なくなった。しかしその蛇足こそがこの英雄譚から自己犠牲の性質を奪ってしまい、後世においては、自己保身のために邪魔な者を抹殺しようとする、虫のよい自称仏教徒たちの卑怯な振舞に口実を与えてしまったように思う。
『大乗方便経』のこの話は、後期密教の思想の影響を受けたオーム真理教が犯した殺人行為につながってゆくのである。


釈尊はいかなる意図があろうと殺生を禁じていることは、律の殺人戒を読めばわかります。
http://www.sakya-muni.jp/pdf/mono18_r25_010.pdf

ところが、殺人を方便だとして許容し、殺すほうも殺される側も死後に天界に転生すると説いたのですから、オウム真理教のポアの考えとどう違うのかと思います。

増谷文雄『仏教概論』に「仏教の歴史は異端の歴史」だとあります。
時代や地域、社会が異なれば、教えや決まりも変わってきて当然です。
教祖の言葉を一字一句変えず、教団も同じ形のまま維持しようとするなら、それは原理主義であり、今を生きる教えにはなりません。
だからといって、自分の都合のいいように変えていいというわけではありません。

外してはならない基本線というものがあります。
仏教では縁起と不殺生だと思います。

釈尊が前世で、盗賊を殺すことによって多くの人命を救ったということだけなら許容範囲かもしれません。
しかし、盗賊を殺すことで盗賊が地獄に堕ちることを防いだのだから、殺人の罪報を受けることはないとし、さらには盗賊は殺されたことで天界に転生したと説くのですから、不殺生という仏教の基本線を越えています。

戦前の仏教界は、兵士が戦争で敵兵を殺すことを菩薩行だと賞賛しました。
釈尊の前世だけに認められた慈悲と善巧方便にもとづく殺生(一殺多生)を拡大解釈したのです、
外道に堕したわけです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

慈悲と善巧方便にもとづく殺生(3)

2021年10月07日 | 仏教

藤田光寛「〈菩薩地戒品〉に説かれる「殺生」について」は『瑜伽師地論』「菩薩地戒品」に説かれる殺生肯定論ついて論じています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jeb1947/1995/191/1995_191_L152/_pdf

古代インドにおいて、不殺生 (ahimsa) という教えは、ジャイナ教、 バラモン教などに共通してみられ一般的倫理だった。
インド仏教においても、初期の時代から不殺生が仏教の基本的立場だった。
比丘の具足戒において、波羅夷法(これを犯せば僧伽から永久追放)の断人命戒では人を殺すこと、他の人に教唆して人を殺させることが禁止され、さらに自殺や安楽死も否定されている。

波逸提法(これを犯せば比丘の前で懺悔しなければならない)では、掘地戒(大地に生命があると世間では信じられているので、自分の手で大地を掘ったり、他の人に指示して大地を掘らせてはならない)、伐草木戒(植物に生命がやどるので、自分で草木、樹木を伐ったり、他の人に伐らせてはならない)、用虫水戒(虫が死ぬから、水の中に虫があるのを知りながらその水を用いたり、泥や草の上にその水をそそいではならない)、奪畜生命戒(殺そうという意志をもって動物を殺してはならない)、飲虫水戒(水の中に虫があるのを知りながらその水を飲んではならない) などがあり、人のみならず、動物や植物などあらゆる生き物を殺してはならないとしている。

在家者は五戒を保つのであるが、その第一が不殺生戒である。
ところが、インド仏教の基本的な倫理である不殺生に反すると思われる記述が大乗仏教経典に見られる。

「戒品」には、在家の菩薩が有情に対する憐愍(思いやり) の心をもち、利他のための善巧方便として行なうならば、性罪を犯しても許容されるとする記述がある。
性罪(しょうざい) とは、仏陀によって禁止されているか否かに関係なく、殺生などのように本質的に罪悪である悪行為です。

すなわち、十善戒のうち、①不殺生、②不偸盗、③不邪淫、④不妄語、⑤不両舌、⑥不悪口、⑦不綺語は一定の要件においてであれば犯しても罪にならないとする。
もっとも、出家の菩薩には①~⑦のいずれかを犯すことも許容されない。
この場合の「在家の菩薩」とは、世俗社会においてさとりを求めて修行する大乗の仏教者の在家者であれば誰でもというのではない。

不殺生に関して「戒品」に次のように説かれている。

多くの[五]無間業の行為をなした強盗や窃盗が、多くの生き物、如来、声聞・独覚・菩薩たちを少しの財物を欲しいために殺そうとしている。それを見た菩薩は次のように考える。〝たとえ私がこの強盗や窃盗の命を奪って地獄に再生するであろうとも、私は喜んで地獄に再生したい。この有情が無間業をなして地獄におちることなかれ〟と。菩薩はこのような意向をもって、自分のこの意向が善なる心、または無記の心 であると知り、[他の方法がないので]恥じつつも、本来のこの有情(強盗、窃盗)に対する哀愍の心をもって(この有情にとって本来において利益となることを考えて) この人を殺す場合、違犯のある者にならず、かえって多くの福徳が生じる。

望月信亨『仏教大辞典』に「古来、一殺多生の説と称せらるゝ所なり」とある個所です。

「戒品」に説かれる戒律観は、インド中期密教(7世紀頃) の経典にもみられる。

『大日経』「受方便学処品」に説かれる十善戒の解説の中において、その第一の不奪生命戒では、その人の悪業の報いという苦しみから解脱させるために、自分で罪悪なることを受け入れて、恨みの心はなく大悲の心をもって殺すことが方便行として認められている。

ブッダグフヤ『大日経広釈』では、「受方便学処品」の解説に、「戒品」に依拠して般若と善巧方便をもった在家の菩薩が利他のために、時には十の不善なることを行なっても許されるが、出家の菩薩には許されないと説く。

『理趣経』「降伏の法門」でも、「もしこの般若波羅蜜多の理趣を聞いて受持し読諦し[修習するなどの十法行を]なすならば、[その人はすべての煩悩を既に]調伏することになるから、たとい三界の一切の有情を害しても、悪趣に堕せず、速やかに無上正等菩提を得ることができる」とある。

『初会の金剛頂経』「降三世品」に「一切の有情の利益のために、仏陀の教説の故に、もし一切の有情を殺しても、彼は罪悪に汚染されない」という記述がある。

このような考えはインド後期密教 (約8~12世紀) においてさらに展開する。

メナンドロス1世(紀元前2世紀)とナーガセーナとの対話である『ミリンダ王の問い』にも殺人を肯定している個所があります。

デーヴァダッタがサンガを破壊し、そのことで一劫のあいだ地獄で苦しみを受けることを釈尊は知っていたのに、なぜ出家を許したのかと、ミリンダ王がナーガセーナに問います。

「デーヴァダッタが業の上に業をつみかさねて、一兆劫の間、地獄から地獄へ、破滅の所から破滅の所へと行くのを見られたのです。善き師は全てを知る智慧によって、「かれの無限の業は、わが教えの下で出家したならば終りをつげるであろう。前生〈につくった業〉に基づく苦しみは、終りをつげるであろう。だが、出家したとしても、この愚かな人間は一劫の間、〈苦しみをうける〉業をなすであろう」と知って、デーヴァダッタを出家させたのです」
「尊者ナーガセーナよ、しからば、ブッダは〈初めに人を〉打ったのちに、〈傷に〉油を塗る。崖に落としたのちに、〈救いの〉手をさしのべる。殺したのちに、蘇生を求める。すなわち、ブッダは初めに苦しみを人にあたえ、そののちに楽しみを付与してやるのですね」
「大王よ、如来は人々の利益のために〈かれらを〉打ち、人々の利益のために〈かれらを〉落とし、人々の利益のために〈かれらを〉を殺すこともするのです。大王よ、如来は人々を打ったのちにかれらに利益を付与し、落としたのちにも人々に利益を付与し、殺したのちにも人々に利益を付与するのです」

かなり古くから、救済や教化のための殺生を正当化していたようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

慈悲と善巧方便にもとづく殺生(2)

2021年10月02日 | 仏教

岡野潔「釈尊が前世で犯した殺人 大乗方便経によるその解釈」によると、釈尊が前世で盗賊を殺した話は、小乗の経典と『大乗方便経』では大きく違っています。
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/16922/p139.pdf

小乗文献では、前世の釈尊はこの殺人の罪により、死後久しく地獄で苦しみ、さらにその業の残余がカディラの破片の事件となって現われたとする。
『大乗方便経』では、前世の釈尊はこの殺人により地獄に堕ちるどころか、「十万劫の間、輪廻を滅ぼし、捨て去った」とする。

『大乗方便経』の智勝菩薩への話は、船での殺人という釈尊の前生譚(Aパート)と、カディラ樹の破片が足に突き刺さった今世の出来事(Bパート)に分かれている。
Bパートは次のように説かれます。

舎衛城に、最後身の者(解脱前の最後の生存にある者)20人と、その20人の怨敵である20人がいた。
そして怨敵20人はそれぞれの悪だくみをもって、「私らは友のふりをして、それぞれの怨敵の家に入り込み、彼らを殺そう」と考えた。
釈尊のもとに40人が赴いた。
釈尊は目連に「この場所からカディラ樹の破片が出現して如来(釈尊のこと)の右足の裏に突き刺さるであろう」と語った。
カディラ樹の破片が地面に刺さり、如来がカディラ樹の破片の上に足を踏み下ろした。

アーナンダは私(釈尊)に「世尊がいかなる前世の業の障礙を作られたので、その業の異熟がこのように現われたのでしょうか」と尋ねた。
私は「アーナンダよ、私は前世に大海を航行していた時、奸佞な商人を矛で突き刺して殺した。これはその業の残余である」と説いた。

すると殺害を意図して友のふりをしていた20人は「如来ですら業が異熟するなら、われらにどうして業が異熟しないだろうか」と考えた。
彼らはただちに釈尊に「世尊よ、私どもは人を殺害しようと思っておりました。われらは世尊の前で、その過ちを告白しますので、世尊は私たちの告白をお受け下さいますようお願いします」と、罪過を告白した。
釈尊は彼らに、業の作用と、業の消滅・業の発動等々の法を教示したので、40人に智慧の現観があった。

釈尊の足にカディラ樹の破片が突き刺さったのは、このような因と縁によるものであり、これも菩薩と如来の善巧方便である。

船上の殺人が前世の業因であることを釈尊が説いた小乗の聖典を論拠にして、小乗徒が前世の悪しき業繋を主張したため、『大乗方便経』の編集者は、アーナンダへの説法を釈尊が自ら否定するという構成を取って、小乗徒が依拠する聖典の権威を無力化することを意図した。

『大乗方便経』では、小乗の聖典が釈尊の足の怪我は前世の殺人が業因であると説いたことは、40人を教化するための方便であり、その怪我も釈尊がわざとやった芝居であって、過去世の業報ではなかったとする。

前世での菩薩の殺人事件を全否定するより、英雄譚に変えることが得策であり、その際に菩薩による殺人が可能な条件を細かく明らかにすべきであると判断したのではないか。

『大乗方便経』がAパートで、前世の業因となった殺人事件を取り上げ、その殺人行為を正当化したことが思想史的に重要な意味をもったことは否定できない。
「菩薩が積極的に殺人を犯すことも特定の条件の下ではありうる」という大乗特有の律を示す重要な例として、その後の大乗における戒律の考察に影響を与えた。

特に『瑜伽師地論』(4世紀)「本地分」の「菩薩地戒品」にある三聚浄戒の違反の規定には、『大乗方便経』の菩薩の殺人の記事を参照していると思われる記事である。
菩薩の殺人は菩薩戒に違犯するところにならず、それどころか多くの功徳を生じるという。

『大乗方便経』によって、殺生が罪にならないとされるようになったわけです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

慈悲と善巧方便にもとづく殺生(1)

2021年09月26日 | 仏教

大悲導師(釈尊の前世)が500人の商人を殺して財物を奪おうとした盗賊を殺したという話が『大宝積経』「大乗方便会」にあることは以前紹介しました。
https://blog.goo.ne.jp/a1214/e/28fafa4db3f587af4c90ee1e32a0fc3b

この話はどういう流れで説かれたのかが、岡野潔「釈尊が前世で犯した殺人 大乗方便経によるその解釈」に説明されています。
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/16922/p139.pdf
『大宝積経』「大乗方便会」と『大方広善巧方便経』は異訳経典で、紀元前後の成立だそうです。
岡野潔さんはチベット訳『大乗方便経』をテキストとしています。

釈尊がカディラ樹で足を怪我する。
それは前世において救済のための方便として盗賊を殺した、その業報だった。
しかし、過去世の業報だと説いたのは、衆生を導くための方便だった。
仏や菩薩は衆生教化のための方便として殺生することが認められる、そして仏や菩薩は悪業の業報を受けることはないことを示した。

大悲導師の話は一殺多生を説いていると思っていましたが、一殺多生とは「慈悲の心と善巧方便にもとづく殺生」の一種なのです。
以下、岡野潔さんの論文の要旨です。

超越的な仏陀観を掲げる大衆部系諸部派との論争にそなえるため、上座部系の部派は釈尊が世間を超越した存在ではないことを示すために、釈尊の生涯における災厄をリスト・アップし、それぞれ過去世の因縁話を付けて説明した。

『大乗方便経』は、上座部系の仏陀の業報リストの伝承を、すべて善巧方便であって、過去世の業の余殃ではない、仏陀や大菩薩が宿世の悪しき業報を持つことはないと主張して、釈尊の今生の事件と悪業の前生譚の結びつきを切り離した。

小乗上座部系の有する〈仏陀の業報リスト〉の一つ、正量部が伝承する十六項目から成るリストからいくつかをご紹介。

(1)正等覚カーシャパに関し、「禿頭(カーシャパ仏)に悟りがどうしてありえようか、悟りは得難い」と語ったゆえに、その業の異熟として菩薩(釈尊)は[六年間の]苦行をした。

(2)師の命令を破って、なすべき行為をなしたゆえに、五比丘が師(苦行中の釈尊)を見捨てた。

(5)大薬[という大臣]として、敵対する王を分裂させたゆえに、デーヴァダッタが僧伽を分裂させた。

(11)遊女を殺してから、[奪った]彼女の装飾品を勝者(辟支仏)の住処にあずけたゆえに、世尊はスンダリーに誹謗された。
釈尊は前世で強盗殺人を犯したという伝承があるとは驚きました。

上座部系諸部派はこのリストを仏説として正典化し、大衆部系の仏陀観を批判する論争上の聖典的根拠として用いた。
大衆部系諸部派は〈仏陀の業報リスト〉の正典としての権威を無力化するために、その伝承を換骨奪胎して書き換えた。
『大乗方便経』は、諸部派が伝える仏伝記事を、仏による方便という立場から解釈し直すことを目的として作られた。

『大乗方便経』の最後に、上座部系の〈仏陀の業報リスト〉をベースにした如来の『十の業繋』が示され、釈尊の前世の悪業の残滓による業報と見えるものは、凡夫に業報の不可避であることを知らせるため、釈尊すら例外ではないと誤解させ、衆生を業の力に戦慄せしめるための善巧方便、つまり衆生を教化するための芝居だとする。

釈尊の今世の報いとしての出来事一つ一つに、悪しき行為の前生譚が貼り付けられた。
『十の業繋』、つまり釈尊に起こった十の悪い出来事の最初が、「仏はある時、地面から突き出たカディラ樹の破片を右足に突き刺した」ということです。

この話は2つのパートに分かれている。
Aパート 船上の殺人の前生譚(カディラ樹の破片の怪我に対する前世の業報譚)
Bパート カディラ樹の破片が足に突き刺さった今世の出来事
Aパートの前生譚が大悲導師の物語です。

如来は智勝菩薩に説かれた。
昔、五百人の商人が航海した。
その隊商の中に、商人に変装して他人の財を強奪する男がいた。
その男は「商人たちが財を得たら、商人たちを殺して金品を奪おう」と考えた。
商人たちは財を得て、国に戻るため渡海した。
その時、同じ船に乗っていた大悲という名の隊商主に海に棲む神が夢の中で教示した。
「この隊商の中に、こういう男がいて、『商人たちを皆殺しにして、あらゆる金品を奪い取ろう』と考えている。この男が商人たちを殺すなら、最大の罪の行為をなすことになる。なぜか。五百商人は悟りに向い、退転しない者だからである。もしこの男が菩薩たちを殺したら、彼は各菩薩が無上正等覚に達するまでの期間、もろもろの大地獄で焼かれるであろう。そこで隊商主よ、この男によって五百商人が殺されることがなく、またこの男も大地獄に堕ちないですむ善巧方便を考えなさい」
このように教示されると、大悲という隊商主は「この男によって五百商人も殺されず、この者も大地獄に堕ちない方便はどのようなものがあろうか」と、七日間熟考した。
そして、「商人も殺されず、この男も大地獄に堕ちない方便は、この男を殺す以外ない。もし私がこの事実を商人たちに知らせれば、商人たちはこの男を殺し、大地獄に堕ちるであろう。私がこの男を殺せば、十万劫の間大地獄で焼かれるであろうが、私は大地獄の苦しみを堪え忍べる。五百商人が命を失うのはよろしくないし、この男に大きな罪の業が増えることもよろしくないので、私がこの男を殺すべきである」と考えて、大悲は大悲心と善巧方便でその男を矛で突き刺し殺した。
私(釈尊)こそが大悲だった。
五百商人たちは無上正等覚を悟る五百菩薩たちである。私は善巧方便と大悲心により、十万劫の間、輪廻を滅ぼし捨て去った。その賊も死後生まれ変わり、天界に生まれた。

『大乗方便経』はこの前生譚を次の文で締め括っている。
「その善巧方便と大悲心によって、十万劫の輪廻を滅ぼし、捨て去ったところのその事を、もし菩薩の業の障礙であると見なしたり考えたりすべきではない。善巧方便であると見なすべきである」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

刑務所の食事

2021年09月18日 | 日記

「教誨あれこれ」7号をいただきました。
府中刑務所の食事について書かれていたのでご紹介します。

一日一人あたりの給与熱量や標準栄養量などが法務大臣訓令等で定められている。
献立は職員である管理栄養士が作成している。
文化や宗教、アレルギーや持病などから通常の献立では食べられない人にはそれぞれに対応した献立を作成する。

たとえば、とんかつの場合、ベジタリアンや高血圧等の持病があり、治療が必要な人には野菜コロッケ、豚肉を食べないイスラム教徒はチキンカツ、小麦アレルギーの人はオムレツといった具合に献立を変更する。
イスラム教のラマダン月には、断食を希望する人のための献立も用意する。

毎月1回、日本各地のソウルフードを模した献立を取り入れたり、日本でラグビーワールドカップが開催された時は、対戦国の料理を模した献立を取り入れたりしている。

毎年1回、全員に食事に関する嗜好調査を行なっている。
この調査結果を毎月の会議で献立を作成する際に参考にしている。
傾向としては、肉を使ったボリュームのある料理、甘みの強い料理が好まれる。

令和2年度の調査では、唐揚げチリソース(肉を使っている)、さつま芋グラッセとチョコチップ入りパン(どちらも甘みが強い)が好きな献立の上位3位。
嫌いな献立上位3位は、肉を使っていない高野豆腐煮、車麩卵とじ煮、八宝菜。

主食は米麦食が基本、パンは週に4回、麺類は週に1回。
パンを主食にする国の人には、希望すれば週3回の米麦食を除きパンを給与している。

府中刑務所ではパンを所内で製造している。
月に1回程度、レーズンやチョコチップなどを入れたコッペパンや、黒糖や紅茶などのフレーバーを練り込んだコッペパンを給与している。

祝日、毎月実施される誕生会の該当者、運動会、クリスマス、節分の日など、年に何回かお菓子や飲み物を飲食できる。

優遇措置の区分に応じて、月に1回ないし4回、お菓子や飲み物を購入してを食べる集会がある。

食事の内容や集会のやり方は刑務所によって異なっているようです。
ある長期刑務所ではこういう感じだそうです。

豚を食べない人、甲殻類のアレルギーがある人、歯が悪くて刻み食や軟菜の人、タンパク質やカリウム制限の人は別の食事が用意されている。
パンを食べることができない人はご飯、米食がダメな人は毎食パンが主食となる。

パン工場がないので、パンは月6回で、作業のない日に出る。
レーズンパンは月に1回。
卵サラダや魚フライの時は、パンにはさんでサンドイッチにする人もいる。

ワンプレートではなく、汁椀、大皿、小皿で配食されるので、食器を洗うのは大変だろうが、見た目がいい。

年に1回の食事のアンケートは以前していた。
好きなおかず、嫌いなおかず、運動会の弁当に入れてほしいもの、正月の折詰に入れてほしいもの、正月に食べたいお菓子等、アンケート結果は集計され、工場に掲示され、意見も取り入れていた。
しかし、アンケートは数年前になくなった。

給食委員会が半年に1回ある。
一つの工場から5つまで意見を出すことができ、かなり難しい意見(予算的に厳しいものや片寄ったメニュー)以外のことは考える。

優遇措置の一類、二類、三類の人は集会で購入したお菓子と飲み物を食べることができる。
集会には一類集会と一・二類集会と一・二・三類集会とがある。
それとは別に一類弁当がある。

お菓子の種類は集会で違う。
月に1度の三類集会は一類と二類の人も参加できるので一・二・三類集会という。
金額は500円以内で、品目は毎月違っている。
8月の場合だと、Aセット443円(爽抹茶フラッペ、じゃがりこサラダLサイズ、サンガリアのコーヒー)とBセット422円(チョコレートアイスパフェ、堅あげポテト、ラムネ王)のどちらかを選ぶ。

二類の人はこれとは別に集会がもう1回ある。
それには一類の人も参加できるので一・二類集会という。
以下の品を組み合わせてお菓子2品、飲み物で500円以内にする。
ぼんち揚237円、パイの実162円、ココナッツサブレ162円、シガーフライ162円、サラダうす焼き141円、ローゼンワッフル140円、ポテトチップス(うすしお、コンソメ)135円、キャラメルコーン129円、飲み物(コーラ、コーヒー、ミルクティー、オレンジジュース)123円。
たとえば、ぼんち揚、キャラメルコーン×2で495円。

板チョコ、かき氷、生菓子も選べるが、注文できる季節が決まっている。
ゼリーよりアイスクリームのほうが人気あるのは、ゼリーは食べごたえがなく、一品減らされたように感じるので、同じ値段ならアイスクリームを買う人が多い。

以前は休業日に体育館でバラエティ番組を見ながら食べていた。
しかし、今はコロナの影響で体育館が使用できないため、平日の作業時間中に工場の食堂でNHKのテレビを見ながら食べる。

一類の人は別にビデオを見ながらお菓子を食べる集会が別にある。
一類ビデオ集会で選べるのは、ポテトデラックス162円、おにぎりせんべい189円、ムーンライトクッキー216円、瀬戸内レモンパイ162円の中から1品だけ。
500円以内でお菓子と飲み物を選ぶことができる時もあれば、何種類かのローテーションの時もある。

一類になると、月に一度、お弁当を自弁で購入できる。
ホカホカ弁当の弁当大盛りに味噌汁+飲み物と、セブンイレブンのおにぎり、カップ麺、サラダ+飲み物が交互にある。
その月で組み合わせは決まっていて、1000円以内。
夏は冷麺が人気がある。
集会と弁当は同じ週にはない。

ある短期の刑務所では、以前は集会はみんなでビデオを見ながらお菓子を食べていたが、現在は単独室で食べている。

こんなことを書きますと、受刑者は優雅に暮らしていると思う人がいるかもしれませんが、それは誤解です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地球温暖化と陰謀論(3)

2021年09月11日 | 問題のある考え

地球は温暖化しているか、温暖化しているとして原因は何か、どういう影響があるかなどについて、どの意見が正しいかは素人にはわかりません。
とはいえ、地球温暖化肯定論の背景には陰謀があるという考えはおかしいことはわかります。

渋谷で若者対象ワクチン接種に朝から大行列というニュースに対し、ワクチン反対派の人たちがエキストラだとツイートしています。
http://urx3.nu/QRXg
陰謀論者の想像力には驚くばかりです。

ワクチン陰謀論者の主張は矛盾に満ちているし、人によって考えも違っています。
だからといって、陰謀論者の間で論争があるわけでもないようです。
これはなぜなのか不思議だったのですが、ナカイサヤカさんによると、解釈の相違にすぎないそうです。

國枝すみれ「新型コロナ 「反ワクチン派」は何を考えているのか」

ワクチン反対派の一部が、トランプ前米大統領の選挙での敗北を認めずに連邦議会議事堂に突入した陰謀論者「Qアノン」に合流していくのだ。白人至上主義者や、政界などが小児性愛者に操られていると信じる人たち、そしてワクチン反対派が、一つの傘の下に集まる。寄せ集めで主張もまとまりがなさそうなのに、「Q」がネットで発する文脈を共有することで共存する現象が起きている。なぜだろう。
「コミュニティー型だからでしょう。Qアノンは、与えられた言説を信じるのではなく、Qという人物の謎かけに対して、ああでもない、こうでもない、と自分たちで回答を考える集団です。自分たちが編み出した答えだから、どんな内容であってもそれは正しいのです。答えが千差万別であっても、それは解釈の相違なのです」

https://mainichi.jp/articles/20210707/k00/00m/040/134000c

池内了『疑似科学入門』にこうあります。
政治家は信用できない、大手企業は自分たちの利益しか考えない、メディアの伝える情報は歪んでいると我々は思いがちだ。

途上国開発や、巨額な予算の使い道や、企業の不正に対して私たちが憤るのは大事なことだ。その怒りをまっとうにぶつければ実のある成果が得られるだろう。なのになぜか怒りの矛先が的を外れ、子供じみた空想と結びついてしまった。「巨大製薬会社は悪だから代替医療のほうがいい」と考えるのと同じくらい浅はかで短絡的である。


代替医療についてもナカイサヤカさんの説明が参考になります。

「代替医療やマルチ商法も反ワクチン派の温床です。代替医療にとって、治らない病気を抱える人はいつまでも通い続けてくれる上客です。代替医療やマルチ商法に取り込まれると、ちゃんとした医者に行かなくなるので、客の囲い込みになるのです」


ワクチンに反対している人の中には、真面目に否定している人ばかりではなく、金儲けのためにウソを垂れ流している人もいるようです。
ロバート・ケネディの息子ロバート・ケネディ・ジュニアも反ワクチン派だそうです。
「米国民に広がる接種の抵抗感、なぜ…? 著名な反ワクチン活動家・ケネディ氏に聞く」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/76341

しかし、ロバート・ケネディ・ジュニアは反ワクチンで294万ドル稼いだそうです。
「「反ワクチン」が産業に 収益40億円、雇用も生み出す―NGO」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081200307&g=int

池内了さんはこのようにも書いています。

地球環境問題の否定派は、それだけを見れば真っ当な意見を述べる。(あるいは、真っ当な点のみを取り上げる。)間違ってはいないのだ。そして逆に、肯定派が犯した間違いや盲点をついて、いかにも環境問題は誤認の上で騒いでいるに過ぎないという印象を与えることに腐心する。非常に巧みな戦術である。

歴史修正主義者の手口がそうです。

池内了さんによると、環境問題などないと主張する理由の一つは責任逃れです。

環境問題は存在しないと批判している人の意見にも聞くべきところはある。かれらの言うことは部分的には正しいのだ。しかし、環境問題に責任を感じなくてもよいと安心させてくれるため支持されている側面も忘れてはならない。環境問題に人間が関係していることは間違いなく、それを免除するかのような意見を一面的に受け取るのは危険なのである。

「環境問題に責任を感じなくてもよいと安心させてくれる」ということが重要です。

グレタ・トゥーンベリさんは中国の手先とみなされているそうです。
志葉玲「「グレタさんは中国を批判しない」は本当?―10億人の子ども達が直面する危機とは」

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんについて、日本テレビが「グレタさん“日本は世界の子ども苦しめる”」と題した記事を今月21日に配信したことが、一部ネット上で論議を呼んでいる。ツイッターなどでは、右派/保守系層を中心に、最大の温室効果ガス排出国である中国をせず、日本を名指しするのはおかしいとの投稿が相次いだが、実際にはグレタさんは日本だけを名指ししたわけではない。日テレの記事タイトルにも問題があるが、グレタさんに「中国の手先」とのレッテルを貼ることで、温暖化防止に対する自国の責任をうやむやにしようとする、日本のネット上の風潮もおかしいのだろう。

志葉玲さんは門田隆将の「スポンサーと噂される中国に益々肩入れ(?)のグレタさん。立派な大人になりましたね。」というツイートを引用しています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20210830-00255727

「温暖化防止に対する自国の責任をうやむやにしようとする」のはなぜか。
我々が快適な生活を求めたために環境が破壊し、地球は温暖化したとなると、我々一人ひとりにも責任があります。
それはイヤだし、温暖化防止のためには今の生活を変えないといけない。
それよりも、地球は温暖化していない、環境は破壊されていない、今まで通りの生活をしていいんだ、と学者言ってくれたほうがうれしいです。
たとえそれがウソであったとしても。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地球温暖化と陰謀論(2)

2021年09月03日 | 問題のある考え

世界経済フォーラムやディープステートの陰謀を告発した「グレートリセット:パンデミックはチャンスである」という番組を製作したCBNはクリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワークの略で、テレビ伝道師のパット・ロバートソンが1960年に設立じた放送局です。
パット・ロバートソンはプロテスタント保守派で、1988年の大統領選挙では共和党の予備選に出馬しています。

この番組に出てくるジャスティン・ハスキンズはハートランド・インスティテュートの論説員、研究員です。
https://www.heartland.org/about-us/who-we-are/justin-haskins

ハートランド・インスティテュートは右派系の利益団体で、タバコ会社、石油産業、資産家などから資金を提供されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Heartland_Institute
ハートランド・インスティチュートは地球温暖化の人為的要素を否定しています。

三井誠「アメリカで根強い「地球温暖化懐疑論」は、誰が支えているのか?」
ハートランド研究所は「なぜ科学者は地球温暖化に同意していないのか」という110ページの冊子を、アメリカ国内の小中高校の理科教師や政治家、メディア関係者ら約30万人に無料で配った。

ハートランド研究所ジョセフ・バスト所長「地球温暖化は否定しないが、(大部分は自然変動の結果であり)人間活動のために引き起こされた地球温暖化はわずかだ。さらに、地球温暖化の悪影響は小さく、恩恵のほうが上回るはずだ」

https://honsuki.jp/pickup/19100.html

気候変動に関する学校教育を誘導する運動にハートランド・インスティチュートが資金提供していたことが問題となっています。
「気候変動否定派、米学校教育へ関与する動き発覚」
https://www.afpbb.com/articles/-/2861353

キリスト教福音派と共和党支持者には地球温暖化を認めない人が少なくないようです。
ナカイサヤカさんの福音派についての指摘にはなるほどと納得しました。

國枝すみれ「新型コロナ 「反ワクチン派」は何を考えているのか」

トランプ氏の支持基盤であるキリスト教福音派も偶然を信じない傾向がある。
「すべては神の計画どおりなのです。神が自然のなかに残したさまざまな法則を、神に導かれた人間が再発見する。それが科学でした。そこに進化論がきて大論争が起きる。進化論が衝撃的だった理由は、『進化は突然変異による偶然』と主張したからです。神が残した法則を探していたつもりなのに、それは偶然でした、と言われてしまった。だから、福音派は絶対に進化論を否定するのです」

https://mainichi.jp/articles/20210707/k00/00m/040/134000c

つまり、地球が温暖化しているとしても、それは神の意志であり、我々にはうかがい知れない神の計画があるのだから、人間が環境問題をはからうべきではないということでしょう。

共和党支持者は保守的で敬虔なキリスト教徒が多いとされます。
そして、共和党は小さな政府を志向し、政府の介入を最小にしようとします。
共和党は地球温暖化に懐疑的な議員が多く、経済を優先する傾向があります。
ジョージ・W・ブッシュ政権が都議定書から離脱し、トランプ政権もパリ協定から離脱しています。 

企業は温暖化対策の費用が莫大かかるので、利益を最優先とする経営者は温暖化を認ようとしません。
そうした企業は規制緩和を推進する共和党を支持するわけです。

町山智浩『トランピストはマスクをしない』はトランプのこんな発言を紹介しています。
地球温暖化をウソだと否定しているトランプは、グレタ・トゥーンベリさんの2019年9月の国連での演説の翌日、「自由を求めるなら自国に誇りを持て。民主主義を求めるなら自国の主権を守れ。平和を求めるなら自国を愛せ。優れた指導者は何よりも自国第一に考える。未来は国際主義者ではなく、愛国者のものだ」と演説した。
すぐにドイツの代表が「国際協調こそが愛国だ」と反論した。

トランプは環境問題を無視します。
マイケル・ムーア『華氏119』は、ミシガン州フリント市の水道水汚染を取り上げています。

『トランピストはマスクをしない』もこのことについて書いています。
ミシガン州フリント市は財政が破綻し、経費節減のために水源を近くのフリント川にしたため、2014年から水道の水が飲めない事態が続いている。
フリント川は廃液で汚染され、しかも水道管に安い鉛管を使ったので、子どもたちに化学物質や鉛による健康被害が出た。
被害者のほとんどは引っ越す金がない最貧困の黒人だった。
オバマ大統領は飲料水を配給し、水道管の設置工事を始めたが、2019年9月現在もまだ飲める水道水は出ていない。
オバマ政権は川や湖などの水質の最低基準を設定したが、トランプはその規制を撤廃すると発表した。

マイケル・ムーアはリック・スナイダー前ミシガン州知事はもちろん、オバマ大統領も批判しています。
ちなみに、リック・スナイダーは起訴されました。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/flint-water-rick-snyder_jp_5ffe37f2c5b6c77d85eb0424

地球温暖化を認めない立場にある人たちは反知性、反政府の傾向があると言えそうです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地球温暖化と陰謀論(1)

2021年08月28日 | 問題のある考え

カナダで49.6度、ギリシャで47.1度、イタリアで48.8度を記録し、各地で山火事が相次ぎました。
シベリアの北極圏でも38度です。
ドイツや中国などで大雨が降って河川が氾濫し大きな被害が出ました。
日本でも毎年のように水害によって大勢が亡くなっています。
異常気象が続くのは地球温暖化が要因の一つだと思うのですが、温暖化を否定する専門家がいます。

地球温暖化否定論には、
・地球温暖化そのものを否定する人。
・温暖化は自然変動の結果であり、人為的要素が引き起こしたのではないとする人。
・地球温暖化は認めるが、悪影響はほとんどないと考える人。
などがあり、主張が異なっています。

温暖化否定論を信じる人はどれくらいいるのでしょうか。
南龍太「地球温暖化の原因を、世界の人々はどう考えているのか」

2019年10月にアメリカの成人男女3,627人を対象に行った調査では、「人間活動が地球規模の気候変動に与える影響」について尋ね、49%が「とても大きい」と回答、30%が「ある程度」、20%が「それほど大きくない/全くない」と答えた。気候変動が人為的とみる人の割合が大きい一方、その影響を軽視する人も2割ほどいたという結果を示した。
回答を政治思想別に見ると、民主党支持者の方が人間の影響を認める傾向が強く、特にリベラル層は84%が「とても大きい」、12%が「ある程度」で計96%を占めた。共和党支持者は逆の結果を示し、保守層で「とても大きい」と答えたのは14%だった。ただ、保守層でも、「とても大きい」と「ある程度」を合わせると半数を超えた。
一方、「気候変動に対する地球環境の自然サイクルの影響」について尋ねたところ、全体の35%が「とても大きい」、44%が「ある程度」と答え、約8割は自然現象による影響もあると考えていると読み取れる。政治思想別では、自然現象によると答えたのは、民主リベラル層ほど少なく、共和保守層ほど多い結果となった。

https://energy-shift.com/news/f445fa6f-0442-4fed-b3d0-a832bd6e2d84

地球温暖化を否定する人は保守派が多く、アメリカでは共和党支持者に多いようです。
上坂昇『神の国アメリカの論理』に、福音派の人で「温暖化のたしかな証拠がある」と答えた人は70%、「温暖化は人間活動の結果」と考える人は37%とあります。

2017年、トランプ大統領がパリ協定から離脱を発表したのは、キリスト教福音派の支持を取り付けるためだそうです。
http://www.yasuienv.net/MitsuiBookUSA.htm

トランプ支持者、アメリカ大統領選挙に不正があったと主張する人、新型コロナウイルスの存在を否定する人。ワクチン反対派は地球温暖化も認めないように感じます。

私の知人も地球温暖化の人為的要素を否定しています。
知人がシェアしているフェイスブックの投稿は温暖化陰謀論というべきものです。

キャスターが「97%の科学者が気○温○化に同意しています」と言うのに対して、こう述べます。
「政府は2.5億ドルを毎年気候調査に使っています。このお金は民○党の推すグローバルな気○温○化の科学的結果を出す科学者に支払われます。だから彼らは選べません。お金が貰いたければ、彼らの立ち位置をサポートするしかありません。ですから87%の発表されている科学的論文はグルーバルナ気○温○化を肯定するものなのです。何故か。それは政府がお金になる方に資金を出すからです」
https://www.facebook.com/100012815677013/videos/223557476166040

動画の右に貼られているリンクをクリックすると、CBNニュース「グレートリセット:パンデミックはチャンスである」という番組でした。
世界経済フォーラム(ダボス会議)のグレートリセットを批判しています。

世界経済フォーラムは世界の動き方を変えるため、コロナウイルスパンデミックを歴史的チャンスと見ている。
デイル・ハード「彼らの解決とは、基本的に世界的社会主義です。グリーン・ニューディールとCOVID19ロックダウン制限の組み合わせを考えてください。そして、第4次産業革命と呼ばれるものが投入されるのです」
ジャスティン・ハスキンズ「社会のテクノクラート達ですが、最も教育された人間であり、社会を操作する能力があり、社会のレバーを引くのです。そして、社会を操作します」
デイル・ハード「トランプの再選は、グレートリセットに巨大な穴を開けるところでした。選挙の一週間前に、イタリアの大司教であるカルロ・マリア・ビガノが書きました、公開書簡を大統領にです。彼に警告したのです、グレートリセットは、冷酷で、正体不明の専制だと。これは全人類を征服するものだと。そして、トランプ大統領と米国は、ディープステート、闇の子供への最終攻撃に対する防波堤だと」
ジャスティン・ハスキンズ「過去4年間にわたり、ドナルド・トランプは単一の最大の障害物でした、国際的・グローバリスト的アジェンダを推進する者にとってです」
デイル・ハード「ダボスのエリート達が今頼っているのは、バイデンの勝利です、彼らのグレートリセットを前に進めるためにです。世界経済フォーラムとバイデン選対は同じスローガンを掲げてさえいるのです。Build Back Better(よりよい復興)です」
ジェームズ・デリングポール「このフレーズは他でも聞きますね。ジャスティン・トルドー、法王、チャールズ皇太子、世界のリーダー達です。驚くでしょうね、いかに多くの世界リーダーが、このグローバリストの計画に乗っているかをです。保守派と自称する人達でさえもです。これはナチズムより悪いです。これは共産主義より悪いです。ファシズムよりもです。この連中は、世界征服を計画しているのです」
デイル・ハード「ホワイトハウスにいようがいまいが、ドナルド・トランプが力であることが期待されています」
https://jimakudaio.com/yt?v=4JB9-uL9o-w&lang=ja

この番組は世界支配を狙うディープステートという陰謀論を説いているわけです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジェシカ・ブルーダー『ノマド 漂流する高齢労働者たち』(3)

2021年08月19日 | 

町山智浩『トランピストはマスクをしない』に、一時雇いの働き手による経済のギグ・エコノミーに触れています。
空いてる時間に働いてお金を稼ぐという働き方だともてはやされた。
しかし、正規雇用されないから仕方なしにやっている。

宅配業者の募集広告に「月に20万円から100万円稼げる」などと書かれているが、出来高制だから、1日100軒以上配達する必要がある。
1日8時間で100軒以上配るには、1回の配達を4分から5分でこなさないといけない。
仕事のために自分で車を買う必要があるので、仕事がないと赤字になる。

ギグ・エコノミーが増えたのは経営者がコストを削減するため。
残業代や有給休暇、労災、保険、年金を負担しなくていいし、怪我や事故は自己責任。
ノルマを課すだけでいい。
その実態がケン・ローチ『家族を想うとき』で描かれている。


カリフォルニア州のディズニーランドにはホームレスがいっぱいいる。
入り口でチケットをチェックする人、ゴミを片付ける人、アイスクリームを売る人などのうち、500人は家賃が払えなくて、友達の家や自動車に寝ている人、家を失う寸前の人たちだという。

ディズニーランドの従業員の最低時給はカリフォルニア州の最低賃金で、12ドル台、月給にすると2200ドル。
ディズニーランドがあるアナハイム市の2LDKの家賃の平均は月1835ドル。

ファストフード店やスーパーの従業員にもホームレスやホームレスぎりぎりの人が増えている。
全米に50万人以上いるといわれるホームレスの4割がワーキング・ホームレスだという。

ジェシカ・ブルーダー『ノマド 漂流する高齢労働者たち』によると、ノマド(放浪生活者)はホームレスと呼ばれるのを嫌い、ハウスレスを自称する。
自分たちをワーキャンパーと呼ぶ。

ワーキャンパーとは短期の雇用を求めてアメリカじゅうを車で移動する季節労働者。
仕事は農場での果物摘み、スーパーボウルの売店、パイプラインのガス漏れ検査員、キャンプサイトの管理などなど。
食事や電気、水、下水道つきの無料駐車スペースが仕事の対価で、時給を払うのは雇い主の一部。
体力的にきつい仕事なので、勤務が終わってもお互いに交流などできないほど疲れてしまう。
怪我をする人、病気になる人も多いが、福利厚生や社会保険をほとんど要求しない。

キャンプ場のスタッフは管理人、レジ係、清掃員、警備員、歓迎係などをこなす。
辞める人がいるのはトイレ掃除などの汚れ仕事が多いから。
時給は去年より20セントアップして9ドル35セント。(当時のカリフォルニア州の最低賃金は時給9ドル)
週40時間働く契約で雇われるが、長時間労働が前提。
45時間以上働かされることもあるが、超過勤務分が支払われないことがある。
予約が減ると勤務時間を減らされ、週給は290ドルを切ってしまう。
雇用契約では随意契約で雇われたにすぎないから、理由や予告なしにいつ解雇されても文句は言えない。

森林局が民間業者に営業許可を与えて管理を任せているが、森林局はスタッフの苦情が寄せられても、対処する権限も、調査する権限もないと言って、関与しない。

アマゾンの倉庫は荒野の中にあり、配送量が増える繁忙期、つまり3~4か月のクリスマスセールの間はノマドを雇う。
近くのトレーラーパークは早くに予約されるので、片道1時間半かかる遠方のトレーラーパークを利用する人もいる。

最低でも10時間は通しで働き、1回の勤務で24キロ以上歩く人もいる。
ある男性は週5日12時間の深夜勤務で、休憩時間(30分1回、15分2回)以外はほぼ立ちどおしで荷受けし、バーコードをスキャンして腱鞘炎になるので、鎮痛剤は無料。
繁忙期が終われば雇用は打ち切られる。

車上生活者はネットやキャンプなどのネットワークがあるそうです。、
ゴミやトイレの後始末方法、車を無料で停める駐車場探し、車の改造方法などを、ネットやコミュニティで情報を交換したり、初心者への指導と助言をする。

私は『ノマドランド』を見て、美しいアメリカの風景、最低限の物で一所不住の生活、助け合いながらも距離を保つノマドの生き方にいいなと憧れました。
とはいえ、ノマドの生活は厳しいです。

冬には車外の気温は氷点下になり、暑い時は40度を超す。
いつ病気になるかわからない。
いつ車の運転ができなくなるかわからない。
いつ仕事ができなくなるかわからない。

国や州の規制が強化され、ノマドは生きづらくなっている。
車上生活者の圧倒的多数は白人で、その理由は、黒人だと警官の人種差別的な取り締まりの犠牲になりかねないし、通行人とのいざこざもあるから。

『ノマドランド』は、高齢者がきつい仕事をしながら移動を続けざるを得ない政治や社会の問題に目を背け、美化しているようにも感じました。

ジェシカ・ブルーダーはこう書いています。
取材を始める前、ノマドの記事を手当たり次第にあさったが、見つかった記事の大半は、ワーキャンパーという生き方を、楽しく明るいライフスタイルか、変わった趣味であるかのように報じていた。
あるニュース番組は、車上生活のわくわく感と連帯感を強調するもので、多くの人に生き方を根本的に変えさせる原因となった困難については話題にするのを避けていた。

だけども、ジェシカ・ブルーダーは政治批判を書いていません。
トランプ大統領をノマドたちはどう思っているのでしょうか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジェシカ・ブルーダー『ノマド 漂流する高齢労働者たち』(2)

2021年08月11日 | 

ジェシカ・ブルーダー『ノマド 漂流する高齢労働者たち』によると、アメリカの構成者、特にひとり暮らしの高齢女性の生活は厳しいです。

高齢者の大半は公的年金が唯一の収入源となっているが、年金額は驚くほど少ない。
退職後に働かずに過ごせる見込みの人は17%しかいない。
中流層の半数近くは、退職後は日に5ドルの食費でやりくりすることになる。

2016年に65歳以上のアメリカ人被雇用者数は900万人ちかくで、10年間で60%増加し、全労働者に占める高齢者の割合も増え続けている。

アメリカでは2015年の国勢調査によると、貧困ラインを割っている高齢者の数は、女性は271万人と、男性(149万人)の倍近い。
ひとり暮らしの高齢女性は6人に1人以上が貧困ライン以下の生活をしている。

公的年金は平均で女性は男性より月341ドル少ない。
男性の収入1ドルに対して女性の収入は80セント程度と賃金格差があるから。
平均寿命は女性が男性より5年長いから、女性は男性より少ない貯蓄で長期間やりくりしなければならない。

アメリカでは毎年1万2000~3万6000人がインフルエンザで亡くなる。
治療費を払えないから。
アメリカ人の3人に1人以上が歯科治療をカバーする保険に加入していない。

経済学者モニーク・モリシー

私たちが直面しているのは、退職後の保障が無に帰すという、近代アメリカ史上初の事態です。後期ベビーブーム以降に生まれた人たちは世代が進むほど、リタイア後にそれまでと同程度の生活をするのが難しくなっています。


家を失ってホームレスになる人、車で生活しながら移動するノマドは高齢者ばかりではありません。

町山智浩『トランピストはマスクをしない』によると、アメリカでは家族単位でホームレスになるケースが多く、学齢期の子どもが含まれる。
公立学校の生徒の1割がホームレスないしホームレスに落ちる寸前だといわれる。
カリフォルニア州では30万人以上の子どもがホームレスだと推測されている。
ホームレスの7割が英語の基礎テストに落第し、6割が高校を卒業できない。
そんな子どもたちに最低賃金以上の仕事を得ることは難しい。
ノマドは10代や子連れもいます。

「コロナ禍のアメリカで立ち退き猶予措置が失効 数百万人がホームレスになる恐れ」(2021年8月2日)
新型コロナウイルス禍で家賃が払えなくなった人向けに米政府が設けていた立ち退き猶予措置が、7月末で期限切れとなった。数百万人の借り手が住む場所を失う恐れが出ている。(略)
家主でつくる団体は立ち退き猶予措置に反対し、家賃収入なしでは住宅ローンや税金、保険料の支払いに苦慮する家主も一部で出ている。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/post-96822.php

全米で50万人がホームレスになっており、ロサンゼルスでは年間5千人が路上で死んでいますが、10倍近い人が家から追い出されるわけです。
家賃が滞納しては、土地価格の急騰で、家主も税金が払えなくなります。

それでも、行政や民間が貧困対策をしているそうです。
各都市がホームレスの住処を建て始めている。
サンフランシスコ市は2024年までに1700世帯を収容できる住居を建設すると発表。
ニューヨークでは毎年1億ドルの予算で2800世帯を目標に建設計画を立てている。
ホームレスが自分の住居を持てるように手助けをするため、シェルターと食事を提供し、就労のカウンセリングや医療ケアを行うことで自立を助ける民間団体がある。


カリフォルニア州では、個人事業主に対しても正規雇用と同じ待遇にしなければならないとする州法が成立した。
これが実施されると、企業の負担が3割増しになる。

では、日本はどうなのか。
各国の男女の格差を分析した指数であるジェンダーギャップ指数は、日本は2018年は110位、2019年は121位、2020年に156カ国のうち120位。
韓国や中国、ASEAN諸国より低い。
ところが自民党は選択的夫婦別姓、LGBT法案、クオータ制に反対しています。

竹中平蔵さんはこんなことを言っています。

私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。(東洋経済 2012年11月30日)

https://toyokeizai.net/articles/-/11927?page=2

人件費を切りつめることが大好きな新自由主義者の竹中平蔵さんが内閣参与をしているのですから、緊縮財政を続け、医療や福祉などは切り詰めるでしょう。
非正規雇用(女性が多い)の正規化など弱者のための政治は難しく、アメリカのことを言っておれなくなるように思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする