社会保険労務士法人workup ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

基本給の決定要素 「仕事の内容」活用が8割/労働新聞

2022-11-11 23:53:49 | 賃金:基本給



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

厚生労働省は民間企業の就労条件全般を調査対象とし、

毎年就労条件総合調査を行っています。

賃金制度についても年によってテーマを変え、

調査を行っています。

「令和4年就労条件総合調査」では、5年ぶりに

基本給の決定要素や、賞与の算定方法などを調査しました。

調査によれば、基本給の決定要素として最も用いられて

いるのは「仕事の内容」で、管理職では79.3%、管理職以外

では76.4%の企業が活用しています。

次いで多かった「職務遂行能力」はともに66%台となり、

10ポイント以上の差が付いています。

賞与制度を持つ企業は87.9%で、このうち令和3年に

賞与を支給した割合は92.8%でした。

一方賞与制度がない企業は11.8%で、前回調査した

5年前から2ポイント増加していています。


■令和4年就労条件総合調査 結果の概況/厚生労働省


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キャリアアップ助成金 定義変更 | トップ | マイナンバーカードと健康保... »
最新の画像もっと見る

賃金:基本給」カテゴリの最新記事