おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

倉敷美観地区【岡山県倉敷市】

2019年06月07日 21時56分55秒 | 街の風景
 倉敷美観地区は、江戸時代初期・寛永19年(1642)に江戸幕府の天領に定められ倉敷代官所が当地区に設けられ、行こう中国南部のびっしの集散地として発展してきた町です。周辺一帯は白壁やなまこ壁の屋敷が建ち並び、天領時代からの街並みをいまも良く残しています。倉敷は、香川県丸亀市から瀬戸内海を挟んで対岸ということもあり、子供のころから比較的、訪問する機会が多い街でした。当時はフェリー航路もあったりして、遠足で大原美術館見学にも出かけていました。
 なまこ壁が並ぶ街並みも大好きですが、個人的には運河越しに本瓦屋根の建物が見える、このポイントが好きなんです(^^)v

コメント (2)