銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ダーク・オブ・ザ・デッド

2009年11月09日 20時00分54秒 | 洋画ホラー
VIRUS UNDEAD/08年/独/93分/劇場未公開
監督:ウォルフ・ウォルフ
出演:フィリップ・ダンケ、アンナ・ブレウラ

<ストーリー>
感染すると凶暴なゾンビになってしまう新型ウイルスが蔓延し、人々を恐怖に陥れる。
<感想>
前置き長過ぎやって。
何時になったら物語が進展するんかとイライラしてしもたわ。

鳥インフル?
豚インフル?

なんか知らんけど、カラスがバッタバッタと落ちてきて、そのウイルスが空気感染によって人々に蔓延。
感染した人間は、いきなり凶暴になり、皮膚にでかくて気持ち悪い腫瘍が出来、その後ゾンビ化して人肉を求め始める。

舞台が山奥の山荘なので、まぁ規模の小さいこと。
ゾンビの数も少数と恐怖度もなく、何か一通り暴れたら皆死んじゃったという話の膨らみも無い。

ドイツ映画にしてはグロ描写も控えめだしね。

睡魔に襲われる事数回。
「オブ・ザ・デッド」系にはご用心を!

評価:
09/11/09DVD鑑賞
ゾンビ・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

ブレイブハート

2009年11月09日 19時41分07秒 | 洋画ドラマ
BRAVEHEART/95年/米/177分/劇場公開
監督:メル・ギブソン
出演:メル・ギブソン、ソフィー・マルソー、パトリック・マクグーハン、キャサリン・マコーマック

<ストーリー>
家族を皆殺しにされ、故郷を離れ成長したウォレスは、イングランドへの怨念と復讐に燃え反抗軍を組織。愛国心に溢れ、現状打破を求めるスコットランドの民衆は、彼のカリスマ性と指導力にひかれ続々と集まってくる……。(allcinemaより抜粋)
<感想>
ざっと関連ブログを拝見したら、かなり評価・評判良いですね。
アカデミー賞作品というのも最近知りました。

観るまでのネックとなっていた部分はやはり177分という長尺。
120分でもキツいのに3時間とは・・・。
で、自分なりにキリの良い所を見つけて2部構成で観ようと勝手に決めて鑑賞。

が、結局最後まで観てしまった!!

ギブソン監督作では『パッション』という傑作があるけれど、それ以前にもこれ程熱くて心を揺さぶられる作品を撮っていたんですね。

友情あり裏切りありの壮大なストーリー、血肉飛び散る迫力の合戦、ソフィー・マルソーの堪らないほどの美しさ、そしてウォレスという男の民衆に夢と希望を与える勇ましさ。

断頭台でウォレスが

「自由だ~!!」

と叫ぶハイライトシーンは、己の執念を最後まで貫き通した一人の英雄の心奥底から仲間に託した想いというものが見て取れて、とても感動的でした。
格好良過ぎですウォレス!!

評判通りの素晴らしい作品でしたが、ここ最近の歴史劇を観ている者としては、若干クオリティ的に見劣りする部分も多い。
合戦シーンも当時では迫力あったとは思うのだが、やはり『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『レッドクリフ』等で目が肥えてしまっている私としてはかなり物足り無く思えました。

でも未見の人は十二分に観る価値はあると胸を張って保証出来ます。

どうでもいいけど、生ケツに矢が刺さってそのまま死ぬのは、情けなさ過ぎて嫌だな~^^;

評価:★★★★
09/11/09DVD鑑賞
メル・ギブソン 歴史劇ドラマ ソフィー・マルソー アカデミー作品賞 カイル・クーパー DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (1)