三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

五木寛之・鎌田東二『霊の発見』

2007年02月24日 | あやしい教え・考え

私は五木寛之の熱心なファンではないが『大河の一滴』を読み、これは大したものだと思ったのだが、スピリチュアリティ入門とも言うべき『霊の発見』にはがっかり。
五木寛之も結局のところは梅原猛らと同じ日本教信者なのかと納得した次第である。

「今の(霊能者)ブームの主役である霊能者さんたちの多くは、日本古来の宗教である神道の影響を、どこかで強く受けているようにも見うけられますが。
話題のテレビ番組「オーラの泉」の江原啓之さんも、神道の修行をしてらしたようですね。霊ブーム、スピリチュアル・ブームの底流には、これまで日本人の心の深くに潜んでいた、神道的な日本人の霊性が、ふっと表にあらわれ出てきたような気がしているんですが」
という問題提起を五木寛之がする。

ところが、鎌田東二がぶっ飛んだ発言をしまくるんですな。
「秋田で小学生の女の子が自分の母親に殺されるという事件が報道されていますが、警察のずさんな捜査より、直接イタコさんに聞いてみたほうが早いかもしれません」
これはまじめなのか、冗談なのか。
鎌田東二がこんな人とは思わなかった。

あるいは、五木寛之は「私も、いまだに交通安全のお札をもらう」そうで(五木寛之が車にお札をぶら下げているというのはがっかり)、
「そのお札を捨てるというときに、屑籠へポイというわけには、どうしてもいかないんですね。ポイ捨てできないというところに、なにかがあると、私は考えるんですが」
と話をふるのに対して、鎌田東二は「話は飛びますが」と、こういうことを言いだす。
「霊的なものにたいする関心とハレー彗星の到来とは、相関関係があると。ハレー彗星が地球に近づくとき、霊能力者ブームが起きるという仮説をたてているんです」

あるいは、五木寛之は「人を殺してなぜいけないか」と子供に問われたとき、「人を殺すとバチがあたるよ。呪われるよ」と答えることにしていると言う。
「そういう怖ろしさが根底にないと、人間にブレーキはかけられないと思うんです」
すると鎌田東二は
「怨霊ばかりでなく、生霊も祟ります。生霊は、場合によっては、死霊、怨霊よりたちが悪いことがありますから」

やれやれ。
鎌田東二のこういう考えを五木寛之は本音のところではどう思っているのだろうか。

だけど、五木寛之も変なことを言う。
五木寛之は幽霊を見たこともなければ、霊の気配を感じたこともないが、
「仏教では元来、霊視というようなことは、特別なことじゃない。しかし、それにとらわれてはいけないと」
と驚く発言。
そして、
「それでも私自身、聖地と呼ばれるような場所で、なにか不思議な感覚にとらわれた体験は、これまでに三、四回くらいありましたね」
とささやかな神秘体験を語り、二人の話は盛り上がる。

鎌田東二「霊がもつ力は、一つが無意識の底にあるエネルギー、もう一つは無意識の底にある情報だと、ぼくは思うんです」
五木寛之「ああ。そう考えると解りやすい」
何がわかりやすいのやら。

五木寛之はガイア説を紹介し、
「私はこういう考えかたが、ひょっとしたら二十一世紀の環境問題に大きなインパクトを与えるんじゃないかと思うんですね。そうすると神道は、二十一世紀に大きくたちあらわれてくる宗教ではないか。このごろそんな気がしてくるんです」
そして二人してアニミズム賛歌。
「地球にも、生き物の呼吸点とか、ツボとか、下腹部にあたるとか、そういう所がきっとあるのだろうと思えるんですよ。心臓の鼓動の聞こえる場所とか」
うーん、本願寺関係が五木寛之に講演を依頼するのはやめたほうがいいと思う。

「ある会合でのことなんですが、他人のオーラが見えるという人物が一人いたんです。「自分のオーラにはなにが見える?」と、冗談半分に言ってるようだけれども、じつは本気で聞いている」
こういう話は本気にしないけれども、どこか魅かれ、影響を与えている、と五木寛之は言うが、その通り。
二人の対談を読んで、影響を受ける人もいるだろう。

「新幹線に乗ると、関ヶ原から京都のあたりで、左右に集落が点在しているのが目につきます。集落の中で、お寺は瓦屋根がちょっと高い。それがかならず集落に一寺ずつある。その風景を見ていると、日本という国は、類い稀なる宗教国家、霊魂を大切にする国家だったんだなあということが、よくわかってきますね」
とか、
「蓮如は、「本願誇り」というのを、いちばん戒めていました。自分が念仏者だということを、人に言うなといっているんです。ということは、蓮如はほんらい、本来の意味で隠し念仏なんですね」
といった五木寛之の発言を読むと、結局のところ、五木寛之の真宗理解はこの程度だったのかとタメイキでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
«  阿満利麿『法然の衝撃』4 | トップ | 『現代日本人の意識構造』1 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えらい事に・・・・ (京都8月2日)
2007-02-24 21:00:15
えっ?五木さんが、そんな発言を・・・・
映画「蓮如物語」や前進座の「蓮如」を観にいきましたが・・・・

発言の背景は解りませんが、以前と考えが変わりましたと言うレベルじゃないですよね。五木寛之っていう影響力で、映画や舞台観に行った人もいますしね。






偉くなると神かかるというか・・・ (おまつ)
2007-02-25 13:20:25
五木寛之は気にもしてなかった作家なんですが、、、

やっぱ、こういう発言をするようになったんですねぇ。これってパターン化してませんかねぇ。

今東光が好きで沢山読んでますが、「俺はその人の知性を神秘的な物の理解度で計る」とか言ってます。

神秘的なものがサッパリ理解できないと、知性も無いってことなのか考え込んでしまいましたけど、、、

「物を粗末にするとバチが当たるよ」とかね。大事にする気持ちからの発言が、ドコか方向が逸れて神がかってくるんですよね。

神様も茶碗になったりお札になったりと忙しいねぇと、違う方を心配するおまつです。
知性の泉 (円)
2007-02-25 16:44:37
久しぶりにトラックバックしてもらったので喜んでのぞいてみると、オーラの色とはねえ。
やれやれ。

五木寛之がいつからスピリチュアル信者になったのか、よくわかりませんが、もとからその手のものが好きだったのかもしれませんね。
それとも、年をとると日本教に回帰するのか。
五木寛之をヨイショするのはやめたほうがいいようです。

>「俺はその人の知性を神秘的な物の理解度で計る」
神秘的なものを頭っから信じ込む人間は知性が低い、という意味なら賛成です。
ユリ・ゲラーがスプーンを曲げていたころ、今東光が超能力は珍しくないとテレビで言ってました。
手品師にだまされるようでは、人の知性がどうのこうのと言えないと思うのですが。
バレバレ (硝煙)
2008-01-31 13:55:46
五木は 宗教に造詣が深いのだろうが出鱈目発言で儲けている方。

江原も同じですね。
足が付きにくいので素晴らしい商売だと思われます。
足元に火がついたか (円)
2008-01-31 20:31:47
五木寛之の本はいいことを書いていると思うんですよ。
小説も好きです。
だけど、こうした変な発言をされると、あれは何だったのか、と思ってしまいます。

江原啓之のボロが出だしましたね。うふふ
こうなるとマスコミは手のひらを返したようにバッシングにまわるでしょう。
細木数子のように生き残れるか、宜保愛子のように忘れ去られるか、江原はどちらでしょうか。

コメントを投稿

あやしい教え・考え」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

オーラ診断法 (江原啓之 オーラ診断法)
オーラ診断法です。質問に答えていけはあなたのオーラカラーが分かります。でも、人間って1色だけではありませんが・・・