オモロイ英字新聞

信号で青はgreen、黄色はorange。知ってました?英字新聞には、オモロイ言葉、アッと驚く情報が。挑戦しましょう。

resentmentの○○人と、無縁の日本人

2017-01-04 14:30:11 | Weblog
<resentment、きょうはコレ。恨みつらみ…だ=記事は難物でなく、T700級はスイスイ、に近いはず。>

大戦中の米による日系人の強制収容。さぞ積もり積もったresentmentを皆さんは抱いている、と思いきや。そうでもなさそう。なにしろ収容所prisonを戦後、夏休みの行事風にcampと呼んでいた。12月17日、NTの大見出しに驚く。 ↓↓

When internment breeds patriotism

語るのはNBC digital reporter AMANDA SAKUMA、日系三世。

(AMANDAはmixed raceで、Hispanicに間違われる。)

一族の様子は要するに。 ↓↓

My family responded to years in confinement (ここからです)by rapidly assimilating into American culture (さらに、なんと)and supporting the U.S. president-elect.

野球やれば大入りよ、とobaachanが冗談を言ったのは収容されていたprisonだった。3年近く押し込まれていたカリフォルニアのinternment campだ。

彼女は、chrstianでRepublican支持。先の選挙でTrumpを支持した。かつて大おじは輝ける(highly decorated)442nd Infantry に従軍。彼らの特徴は経験した辛いことはplay downする。anger、bitternessを見せない。といって、過去を忘れた訳でなく、収容所送りのさい、新聞に掲載された写真が家庭に飾られている。

それは、chilling reminderで米国にとってlow pointなのは変わりないが。

ただ、assimilationを旨とする生き方からは、いま問題のMuslimとのsolidarityなんぞ感じない。なにしろ、父親はJapaneseを一切話さず(話せず?)通訳抜きではcommunicate出来なかったほど。

*新年早々、恥ずかしい。記事の日付は不正確かも。ゴメン。*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバマは何を トランプの様子は | トップ | big stick とは arrivals とは »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事