susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

中山記念15(予想)

2015-02-28 21:32:49 | 中山記念
日曜日の中山メイン、中山記念の予想
芝 1800M G2 別定 11頭立て

荒れる要素は皆無だな・・穴党なら、降りるレースです。
人気4頭で消すなら、脚質的に後ろからになるステファノスを軽視したい。

で、次に穴馬なのだが、候補は3頭。
マイネルフロスト・・前走、後方からの競馬で新味だし、今回も後方で脚を貯める競馬なら、嫌いたい。
タガノグランパ・・・この馬も後方から脚を貯める競馬はイヤ・・それ以上に、中山実績ないし。。
ナカヤマナイト・・・中山金杯で本命も、見せ場すら作れず。今回も、まだ本来のデキに戻ってないとのことで。

ということで、穴馬も1頭もいないという結論。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎ロゴタイプ

ライバル3頭が休み明けの中、唯一、順調に使われている強みで。
まあ、順調とはいえ、前走のダート根岸Sを使ったのは、余計でしたが・・
芝G1馬が、ちょっと浮気心で、ダートに手を出し、調子崩したカレンブラックヒルの例があるのが心配だ。
カレンは、いきなりフェブラリーを使い、大敗したが、こちらは、堅実に、まず根岸Sで様子を見たのがよかった。
しかも、負けはしたが、見せ場は作っており、カレンのように、その年1年調子を崩すなんてことはないと見たが。


○イスラボニータ

鉄砲実績あり、中山実績あり、1800の距離はベスト。
このメンバー相手に、凡走は、まず考えられない。


▲ヌーヴォレコルト

こちらも鉄砲実績ありで、まず、休み明けは心配なし。
不安は、初の中山コースだが、阪神コースで勝っているので、そこも問題ないか。
それよりも、岩田の精神状態が、少し不安だな。

馬券は3頭の3連複1点を押さえとして、3連単以下2点で勝負!!
 ロゴ  → イスラ → ヌーヴォ
 イスラ → ロゴ  → ヌーヴォ
コメント   トラックバック (3)

阪急杯15(予想)

2015-02-28 20:40:49 | 阪急杯
日曜の阪神メイン、阪急杯 の予想
芝 1400M G3 別定 16頭立て

一番応援していた元PO馬アロマティコが引退してしまいました。
結局、重賞勝てないままでの引退となってしまい、アロマティコ引退のニュースは、ほとんど、取りあげられることもなく・・
でも、7歳まで現役続行し、ヴィクトリアMで、悲劇に見舞われた応援馬フミノイマージンのことを想うと、無事に引退でよかったかな。
母が果たせなかった重賞勝ちを、その仔に託してほしいね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎エールブリーズ

とにかく1400なら、この馬を信用しましょう。
1400実績は、京王杯SC3着を含む[5-5-3-1]と完璧です。
唯一の着外も0.3秒差ですから、1400では、10戦以上走って、まだ一度も凡走がないわけで。
前走は、不良馬場で、前に行ったもん勝ちの展開になり、参考外の1戦で、いいでしょう。
阪神コースも3歳時とはいえ、マーガレットS2着があり、右回りも、まったく問題なし。
開幕週の先行有利な阪神コースで、内枠を引き当て、楽に好位から競馬が出来そうで、ここは勝ち負け。


○ダイワマッジョーレ

前走、阪神Cでハナ、クビ差3着、ようやく復調気配が見えてきた。
ここ2走、阪神コースで、この馬本来の走りを見せてきており、今回は、陣営も狙って重賞を取りに来た。
その2走が、ともに出遅れのロスが響いての敗戦だけに、今回のポイントはスタート。
そこは、JRA騎手となり、新たなスタートをきるデムーロ兄が、いきなり重賞勝利で、自らを祝う。
大型馬ではないので、56キロで走れる今回は、この馬には有利だし、ここは久々の勝利が見えてきたぞ。


▲オリービン

阪神といえば、この馬。
阪神コースで、全5勝を上げており、この馬も阪神コースでは10戦以上走って、大敗は1度だけ。
その1度の大敗も、この馬との相性悪かった武豊が、後方待機策で、この馬の持ち味を出せなかったもの。
今回は、2走前に2着と結果を出している、JRA騎手ルメールですから、こちらも、いきなり重賞勝利を狙う。
前走は前が詰まる再三の不利がありながら0.3秒差の競馬ですし、ルメールがしっかり乗ってくれれば、阪神なら。


△マジンプロスパー

サンカルロが4度も馬券になるリピーター重賞ですから、この馬の復活もある。
前走は、G1使った休み明けで、+14キロの太目残りでの大敗なら、まったく参考外でいい。
それでも、いつもの好位からの競馬が出来ていたし、人気が上がらないままの叩き2走目の今回は、絶好の狙い目。


△コパノリチャード

リピーター重賞ですから、当然、昨年の勝ち馬は買い。
今年もコパノには、逆らわないほうがいいよね。


△レッドオーヴァル

リピーター重賞ですから、昨年の3着馬も押さえます。

馬券はエールブリーズを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (1)

後藤騎手

2015-02-27 20:55:22 | その他
ショック・・・ほんとに、まだ信じられないですね、後藤騎手の自殺・・

なぜなんだ?なぜなんだ?という、やりきれない思いが、今日1日続きました。
私はテレビ画面に映る後藤騎手しか知らないので、彼が思い悩み、苦しんでいたであろう隠された部分は分かりません。
ただ、あれほど苦しいリハビリに耐えて、何度も復活は果たした不屈の精神の彼が、自殺という道を選ぶなんて、とても信じられません。

度重なる落馬負傷が、身体だけでなく、精神をも壊していたんでしょうか。。
それでも、彼の中に、自殺という選択肢があったなんて、ほんと考えられないです。

恐らくは、衝動的なものだと思うのですが、それでも、「なぜ?」・・
先週の土曜の落馬により、騎手を続ける不安、恐怖というものが、湧き起ってしまったのでしょうか。
しかし、翌日には、元気に復帰し、勝利まで上げています。
そして、自殺直前には、楽しげな姿をフェイスブックに更新していたのに。。
先週の落馬の時、自分は助かったが、騎乗馬のリキサンステルスは予後不良になりました。
そんなことも、競馬を続けることをイヤにしたのか?
哲三のように、第2の人生を踏み出すという選択肢はなかったのか?

なんか、自分の身内が亡くなった気分で、今日一日を過ごしましたが、残された家族を思うと、また辛いですね。

今は、まだ、後藤騎手を偲ぶという気分には、なれないです。
コメント

【POG】今週は2頭の出走です

2015-02-26 21:18:08 | POGその他
先週はPO馬の出走はゼロということで、シェアポイント順位は147位から156位へダウン。
先週、出走ゼロだから、今週は、また大挙出走を期待したのだが、わずか2頭ですか・・
とりわけ、一番期待していたアーリントンCに登録のあったテイエムダンシングが結局、回避は残念・・
恐らく、登録メンバー見て、勝ち目ないと退散したのか、今年に入って、ずっと中1週続きのローテを懸念したか。
今年に入り既に4戦しており、馬に疲れが出たか、さすがに酷使しすぎと陣営も判断しての回避でしょうかね。
まあ、正直、重賞で勝負になる能力はないと言わざるを得ない成績なので、この判断は正しかったかな。。残念だが。
でも、アーリントンCは、完全に先行有利な傾向があるだけに、この馬が穴をあけるチャンスは、あったんだけどねえ。
もしかして、マイル路線から、クラシック路線へ変更で、弥生賞とか出るとか言わないよね?!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○クラウンフレイム
(牡 父オンファイア 母ハイフレンドモア 栗・大根田) 指名人数11人
 
 土曜の阪神2レース未勝利戦(ダート1800m 14頭立て)に鞍上が太宰に乗り替わりで出走。
 ここまで、芝で11、7着、ダートで8、4、7着と、まったく結果が出ていないのだが。
 前走は、7着とはいえ、0.5秒差で、上がりはメンバー最速で、これまでの5戦で、一番、内容は良かった。
 今回、その前走から中2週となるが、位置取りさえ、もう少し中段あたりで競馬が出来れば、勝ち負けになる。

○ナイアガラモンロー◎
(牝 父アドマイヤムーン 母マルハチメイフェア 美・堀井) 指名人数10人
 
 土曜の中山9レース水仙賞(芝2200m 11頭立て)に鞍上が石橋で出走。
 1400m、1600mで結果が出ず、1200mのレースを探すのかと思ったら、距離伸ばしてきました。
 もう、このブログで何度も書いてますが、母父ホワイトマズルで、あと母系にリアルシャダイ、ニジンスキー。
 母系はかなりのスタミナ配合であり、ホワイトマズルの血があることから、長距離戦で逃げれば面白いはず。
 先行力はあるので、楽に先手を取って、上がり勝負にならないようなレースを作り、粘り込みを図ってほしいが。

土曜の重賞アーリントンCは、テイエムダンシングが出走すれば、馬券買う予定だったが、これで馬券参戦はなし。
まあ、土曜に無駄な出費をしなくてよかったということで、日曜の2つの重賞を当てるように頑張りたい。
コメント

フェブラリーS15((結果))

2015-02-24 21:27:16 | フェブラリーS
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年2月22日(日) / 東京 1600m ダート・左 / 曇・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 4 △コパノリッキー   牡5 57 武 豊 1:36.3 1
2[7] 14  インカンテーション 牡5 57 内 田 1/2 5
3[5] 10 ◎ベストウォーリア  牡5 57 戸 崎 3/4 3
4[4] 7  グレープブランデー 牡7 57 北村宏 1/2 11
5[1] 1  ローマンレジェンド 牡7 57 岩 田 ハナ 4
6[6] 11 △ワイドバッハ    牡6 57 蛯 名 ハナ 2
7[5] 9  サンビスタ     牝6 55 Cデム 1/2 6
8[3] 5 △カゼノコ      牡4 57 浜 中 クビ 7
9[7] 13 ▲ワンダーアキュート 牡9 57 ベリー クビ 10
10[1] 2  コーリンベリー   牝4 55 松 山 アタマ 12
11[3] 6  ハッピースプリント 牡4 57 吉 原 クビ 8
12[8] 16 ○アドマイヤロイヤル 牡8 57 横山典 アタマ 14
13[8] 15  キョウワダッフィー 牡7 57 福 永 2.1/2 13
14[4] 8  レッドアルヴィス  牡4 57 勝 浦 アタマ 9
15[2] 3  シルクフォーチュン 牡9 57 江田照 3/4 16
16[6] 12  サトノタイガー   牡7 57 三 浦 ハナ 15

払戻金 単勝 4 210円
    複勝 4 130円 / 14 300円 / 10 190円
    枠連 2-7 1260円
    馬連 4-14 1570円 / 馬単 4-14 2100円
    3連複 4-10-14 3060円 / 3連単 4-14-10 12370円
    ワイド 4-14 650円 / 4-10 390円 / 10-14 1110円

今年最初のG1は、みんなが当たりやすい結果になったに、なんで、当たってないのだ・・・
分かっていることだが、ほんと、予想下手だなあ・・・

だいたい、今年のメンバー見て、コパノを信用出来なかった時点で、見る目ないわなあ・・
前走の東海Sで、2番手から競馬して、あの圧勝劇。。。で、今回もタルマエがいないメンバー構成。
単騎逃げが出来なくても、強い競馬が出来ることを前走で証明している以上、この馬に逆らっては・・

結局、逃げ宣言していたコーリンベリーが、まさかの大出遅れで、コパノも、いいスタートは切れなかったのだが・・
コパノの外にいた馬で、前を主張する馬はおらず、スタート遅れたコパノは、馬群に包まれることなく、前へ。
そこへ大外から、また、まさかのアドマイヤロイヤルがハナに立つ展開に。。。
陣営は確か「前走のように脚をためる競馬を」って言っていたのに、やってくれるぜ、横典。
レースを引っ張るはずだったコーリンベリーが逃げられないと見るや、躊躇なく、ハナを主張。
スローの流れで、前に行かないと勝負にならないと見た横典の判断は正しかったが、ロイヤルは逃げ馬じゃない・・
昨年の京都記念で逃げ馬じゃないデスペラードで逃げ、あっと言わせた実績はあるも、あの時はテン乗りではなく。
やはり、奇策は、その馬のことをよく分かっていないと、馬がその策についていけないわけで・・
大外からハナを奪いに行ったので、前半800mまでが速く、そこで脚を使った感じですな。
そこから、200mは一気にペースを落とすも、その結果、自身以外の先行勢を楽にする展開をつくることに。
結局、横典の逃げは、コパノの勝利をアシストする結果となってしまいましたな。
まあ、ダートのここで、後方ポツンなんて、やられるよりは、今回の騎乗の方が清々しいですが。

コパノは、タルマエとの再戦が楽しみになったと思ったら、レース後に骨折が判明。
全治6カ月程度ということで、春は全休し、秋のG1チャンピオンズCを目指すようです。
しっかり、治して、戻ってきてほしいですね。

馬券のポイントは2着インカンテーションですが、5番人気ですから、普通に買える1頭ではありました。
実際、カゼノコ、ローマンレジェンド、インカンテーション、グレープブランデーから2頭チョイスで迷った。。
軸を人気のベストウォーリアにした以上、相手はMAXでも5頭まで、それ以上は増やせなかったので、迷った。

まずグレープは、2年前の覇者なのに11番人気は魅力も、前走、根岸S大敗からの巻き返しはないことから消し。
続いて、インカンは、東海Sで落鉄しながら最速上がり3着は立派で、東京コースも合うとは思ったが。
マイル実績がないということと、近走、後方からの競馬になっており、マイル戦なら、また後方になるだろうと。
しかし、今回、内田へ乗り替わりという鞍上強化がポイントでした。
この鞍上強化を重視するべきだったし、もともと、この馬は、好位から競馬をしていた実績あり。
でもまさか、この馬で、追走に苦労するマイル戦で、4番手から競馬をするなんて、うまい。まさに好騎乗!
正直、横典アドマイヤロイヤルには、こんな競馬を求めていたんですけど、そもそも能力が足りなかったかな・・・

結局、4頭のうち、カゼノコとローマンを選ぶも、直前、最内枠が不安なローマンから人気急落のワンダーに変更。
まあ、この変更は、なんの意味もないまま終了・・・G1で8歳馬、9歳馬は買ってはいけません。。
で、同じマイル実績のないカゼノコの方を選んでしまっている予想下手。
しかも、カゼノコ陣営は「後方で脚をためる競馬」をすると言っていたので、その点からも、消し判断だった。
予想下手は更に、今回、スローが濃厚なメンバー構成で、追い込み馬ワイドバッハを押さえるヘタレ予想・・

買い目を絞って、ビシッと当てられたG1だっただけに、ここハズしたのは、この先の連敗街道を予感させる・・
また、予想、勉強し直しです・・二桁になる前に連敗は止めます。。
コメント

小倉大賞典15((結果))

2015-02-24 21:22:23 | 小倉大賞典
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年2月22日(日) / 小倉 1800m 芝・右 / 小雨・重
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / ハンデ

1[3] 6  カレンブラックヒル 牡6 58 秋 山 1:48.3 3
2[1] 2  コスモソーンパーク 牡7 56 丹 内 1/2 6
3[1] 1  ダコール      牡7 57 藤岡佑 1/2 11
4[5] 10 △キャトルフィーユ  牝6 55 バルジ 1.1/4 5
5[7] 13  マイネルミラノ   牡5 55 柴田大 1.3/4 7
6[6] 11 ▲マコトブリジャール 牝5 52 四 位 ハナ 12
7[2] 4 ○ラングレー     牡4 54 和 田 クビ 1
8[8] 16  レッドレイヴン   牡5 56.5 柴田善 1 2
9[6] 12  ハナノシンノスケ  牡8 52 岡 田 1/2 13
10[2] 3 ◎アロマティコ    牝6 54 藤岡康 3/4 8
11[4] 8  マデイラ      牡6 53 吉田隼 1/2 15
12[5] 9 △ヒットザターゲット 牡7 57.5 古 川 3/4 4
13[3] 5  ウインマーレライ  牡4 54 松 岡 アタマ 9
14[8] 15  ミッキードリーム  牡8 56 酒 井 2 14
15[7] 14  メイショウナルト  セ7 57.5 田 辺 ハナ 10
16[4] 7  スマートギア    牡10 54 津 村 2 16

払戻金 単勝 6 540円
    複勝 6 250円 / 2 340円 / 1 500円
    枠連 1-3 1880円
    馬連 2-6 4670円 / 馬単 6-2 7580円
    3連複 1-2-6 21520円 / 3連単 6-2-1 93800円
    ワイド 2-6 1430円 / 1-6 1790円 / 1-2 1930円

またやってしまった・・・上位3頭、綺麗に無印・・・我ながら酷い予想でただ呆れるだけ。。。

勝ったカレンブラックヒルは、メンバー唯一のG1馬だし、58キロも背負い慣れており、ここは貫禄勝ちか。
私は、この馬を完全にマイラー評価しちゃっているので、この距離でトップハンデでは信用なしと真っ先に軽視・・
しかし、昨年の秋天でも0.3秒差の競馬をしており、小回り1800のここで、距離に泣くこともないわなあ・・

2着コスモソーンパークも全6勝中5勝がマイルということで、完全にマイラー評価をして、軽視してしまった・・
しかし、この馬、小倉では1700m戦で勝ち、1800m戦でも2着という実績の持ち主でした。。見落としてた・・
更に、今回は、道悪も、この馬には味方しましたな。
今回、我が予想、まったく馬場状態を無視してまして、予想し終えてから、重馬場になるかもじゃあ、遅かった。。
この馬、不良馬場で2勝2着1回と、道悪巧者ですからねえ。。
最終人気が6番人気まで上がったのも、みんな、この馬が道悪得意であるのを知って、馬券買ったんだねえ。。

見落としてたといえば、3着のダコール。
この馬、2年前の2着馬ですやん。それなのに11番人気という完全に人気の盲点。。
穴党なら、こういう馬を拾わないと・・・コスモは買うか迷った1頭だったけど、この馬、検討すらしなかったわ・・
ヒットザターゲットを2年前の勝ち馬というだけで、今回、休み明けなのに、買っているようでは。。ダメ予想だわ・・
ダコールは、ディープ産駒ながら、ローカル重賞で、3、4着を繰り返す、この舞台では常に買いの1頭。
7歳になったとはいえ、前走の日経新春杯でも0.5秒差の5着と善戦しており、今回の人気なら押さえないとなあ。

さて、本命アロマティコですが、やっぱり、つくづく運のない馬ですね。
ここ3戦は、外枠を引き当て、枠に泣いたが、今回は、内枠を引き当てるも、馬場に泣いたな。
重馬場のエリ女で3着という実績があったので、大丈夫と思ったのだが、あの時の、この馬の上がりは34.1。
36秒台の上がりしか使えない、今回の馬場では、この馬の持ち味が生きなかった。展開も向かず・・
更に、スタートして直ぐに隣のラングレーに寄られる不利で、1頭ポツンの最後方からの競馬を余儀なくされ・・
追い込みの効かない馬場で、なおかつ、前が有利な小倉コースで、あの位置からの競馬では出番ないよなあ。
しかし、敗因がはっきりしてるとはいえ、2戦続けての大敗で、2戦続けて、上がりも平凡・・
さすがに6歳牝馬ということで、衰えが見えたということかなあ・・
このまま引退は、寂しい限りですので、とりあえず昨年と同じローテの中山牝馬S→福島牝馬Sを使って下さい。
そして、引退レースは、ダメ元でもいいので、G1ヴィクトリアM、出来れば、秋のエリ女まで頑張ってほしいが。

もう1頭の元PO馬ラングレーは、スタートで右に寄れて、マティコの邪魔をし、自身もそれで後方の位置取りに。
予想時にも書いたが、この馬、道中の位置取りが好走のカギでしたので、後方からの競馬になった時点でアウト。
重馬場も合わなかった感じだし、とにかくスタートが悪かったのが、今回全てでしょうか。
相手は強くなりますが、日経賞か大阪杯で、もう一度、見直したいね。

というわけで、期待した元PO馬2頭が、揃って惨敗という、酷く落ち込む結果となりました。
まあ、正直、重馬場の小倉ということで、この2頭には合わない舞台だなあと、少し諦めムードで見てたんですが。
それでも、2頭が揃って、同じ枠に入ったので、普段は買わない、枠連まで買って応援したのに・・ほんと残念。
コメント

フェブラリーS15(予想)

2015-02-21 22:55:49 | フェブラリーS
日曜の東京メイン、フェブラリーSの予想
ダート 1600M G1 定量 16頭立て

今年最初のG1ですから、当然、当てたいわけですが。
今年のフェブラリーSは、昨年の覇者はいるものの、その他のメンバーが、どうにもG1で期待が持てるかと言われると不安・・
そう考えれば、素直に、コパノの相手探しでいいような気もするのだが。。
逆に、どの馬にもチャンスありの混戦と見て、例年なら無理目の穴馬を狙ってもいいのかな。高齢馬とか牝馬ね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎ベストウォーリア

昨年も3番人気に支持されたのだが、13着と惨敗。
中1週での出走で、G1で勝負するには、厳しいローテだったことが影響したか。2番枠も厳しかったな。
実はこの馬、間隔を空けた方が走るタイプで、これまで2か月以上の間隔での出走なら[3-1-1-0]と凡走なし。
今回、2か月半ぶりの出走で、まさに走るローテであり、昨年のようなことはない。
ここ2走の凡走も、敗因はコース、距離と明らかであり、ベストの東京マイルのここならば、必ず巻き返す。
鞍上の戸崎との相性も、マイル以下のレースでは[4-1-1-0]と完璧であり、この舞台なら打倒コパノは実現出来る!

唯一、気になるのは、ここ10年では、前走二桁着順に負けている馬の巻き返しはないことなのだが。
まあ、11年前にさかのぼれば、前走二桁着順からの巻き返しはあるし、昨年のコパノは前走9着の大敗だし。
そのコパノは、前走1.4秒差だったが、こちらは前走1.0秒差なので、ここは気にしなくて、よさそうか。
気になるのは、前走大敗しているのに、この人気なのが、非常に気に入らないが、みんな見る目あるだよねえ。


○アドマイヤロイヤル

元PO馬で、根岸Sでもお世話になったし、ここで本命でもよかったが。
さすがに、G1で8歳馬を本命にしちゃダメだよねえ。
ダートは高齢馬が息の長い活躍をするのだが、このレース、8歳馬の好走はG1馬エスポとブルーコンコルドだけ。
この馬、G1実績ないし、昨年も14着と大敗しているだけに、買ってはいけない1頭なんだろうなあ。
それでも、エアハリファの回避で繰り上げ滑り込み出走となった幸運、外枠有利なこのコースで8枠をゲット。
そして、鞍上には、大舞台で何かをやってくれる横典。(何もやらない場合もあるので怖いが・・)

昨年の敗因は、前残りの展開で最後方からの競馬では、まったく見せ場なしも仕方なし。
この馬の好走パターンは、好位、中段からの競馬であり、位置取りが後方の時は、ほぼ惨敗。
陣営もそこは知ってか、武蔵野Sの時は、鞍上に前目で競馬をするように指示したのだが、それが逆に裏目に。
無理に押し出すような競馬をすると、どうも、馬の機嫌を損ねるようで、馬の行く気が大事なようだ。
今回、テン乗りになる横典が、どう乗るのか、陣営が、どう指示を出しているのかで、この馬の走りが変わる。
陣営は「前走のような競馬」と言っていたので、最後方ポツンだけは、絶対に辞めて下さいね。典さん。


▲ワンダーアキュート

さすがに、G1で9歳馬を買うのはダメなような気もするが。
ただ今年は、タルマエが回避し、コパノを除けば、G3程度並みのメンバー構成であり、ベテランの出番もある。
前走の負けっぷりは、さすがに衰えの不安はあるが、東京マイルのこの舞台なら、まだやれるはず。
なにせ、この舞台では、2年連続3着し、昨年は直線で馬群包まれ、追い出せず、脚を余しての6着。
ロスのない競馬さえ出来れば、まだまだ、この舞台なら勝負になる。
今回はベリーへの乗り替わりで、ある程度、勝負になる位置取りを取ってくれるはず。
この馬、ダート戦で、テン乗り、乗り替わりの成績は[3-0-1-0]とすこぶるいいので、乗り替わりで馬が変わる!


△カゼノコ

ダートマイル初挑戦というのは、大きな不安ではあるが。
それでも、前走で、現役ダート最強のタルマエに0.1秒差の競馬が出来たことを素直に評価。
鞍上の浜中は、マイル勝ちのなかったグレープブランデーで、ここを勝っており、今回もその手腕に期待。


△ワイドバッハ

とにかく展開に左右される馬だが、東京マイルは、この馬にはベスト条件。
チャンピオンズCでもメンバー最速の上がりを繰り出していたし、嵌れば、まとめて、差し切る!


△コパノリッキー

内枠に入ったので、スタートがとにかく、カギを握る。
出遅れて、前に行けないなんてことがあれば、チャンピオンズCのようなことにも。
昨年とは、立場が一転しているだけに、マークも厳しくなり、危険な人気馬の匂いがするのだが。

馬券はベストウォーリアを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (3)

小倉大賞典15(予想)

2015-02-21 21:10:38 | 小倉大賞典
日曜日の小倉メイン、小倉大賞典の予想
芝 1800M G3 ハンデ 16頭立て

予想を書き終えてから、明日の天気が雨ということに気が付いたが、本命馬は馬場悪化も対応出来るので、予想はそのままで。
ここは、元PO馬が2頭出走するので、もうその2頭の応援あるのみです。
G1フェブラリーSよりも、こちらに力が入ります。
2頭のうち、どっち勝ってもらいたいかって、そりゃあ、ここが重賞勝つ、最後のチャンスになるかもしれない方を応援しますよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎アロマティコ

ここ3走、ずっと外枠に入り、枠順に泣かされてきたが、今回は内枠をゲット。
三浦が編み出した、秘策イン突きを、今回は、何としても、乗り替わりの藤岡康には実践してほしい。
小倉1800は、2勝しており、小回り平坦コースのここは、一瞬のキレで勝負するこの馬にはベスト舞台。
昨年は、3コーナー手前から先頭に立った馬がそのまま押し切る展開を後方から追走では厳しい。
メンバー最速の上がりを使うも、大外ぶん回しでは届かないわ。
前走も、逃げ馬が逃げ切る展開を後方追走からの大外ぶん回しという、これ以上にない酷い騎乗で、出番なし。
更に、外枠から終始外を回る競馬で、無駄に脚を使って、いつもの末脚すら繰り出せず。

ただ、前走の負けっぷりが、枠順、展開の言い訳は出来るも、年齢による衰えとも取れそうで、ちょっと不安。
とにかく、この馬には、時間がもうないのだ。
なんとしても、引退までに、1つ重賞を取ってほしい。
G1で2度3着の実績の持ち主、ローカル重賞の1つぐらいは、取れる実力はあるはずで、頼むよ、康太!


○ラングレー

3歳時は、3冠レース出走をかけた前哨戦で、ことごとく結果を出せず、歯がゆかったよ。
しかし、ここに来て2連勝でオープン入りし、ようやく、その能力を発揮し出しましたぞ。
弟が、一足早く重賞を勝ちましたから、兄貴としても、ここは、弟に続かなくては、いけないですな。
これまで東京コースのみで勝っており、小回り適性に疑問があったが、前走、中山で快勝して、その不安も払拭。
この馬は、ここまで2度の大敗があるが、その2度のレースは、いずれも後方からの競馬によるもの。
つまり、この馬が好走出来るかどうかは、位置取りが極めて重要。
乗り替わりの和田が、そこのところを、ちゃんと理解して、出来る限り積極的な競馬すれば、結果はついてくる。


▲マコトブリジャール

前走の京都牝馬Sでも穴で期待したが、0.1秒差の4着なら大健闘。
実績のないマイル戦で、あそこまで走れたなら、3勝上げてる得意の1800で牡馬相手でも出番ある。
だいたい、この馬、全5勝すべて、牡馬相手の混合戦のものだし、今回、52キロのハンデならチャンスある。
小倉1800でも勝っているし、今回も好位からの競馬で一発期待!


△キャトルフィーユ

△ヒットザターゲット

馬券は5頭のBOX3連複で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (2)

【POG】先週はリアルスティールが快勝!

2015-02-19 20:56:09 | POGその他
先週は共同通信杯でリアルスティールが快勝し、PO馬重賞初制覇となりました。
更にシェアポイント狙いの2頭も賞金を加算してくれて、シェアポイント順位は190位から147位へ上昇。
今年の我がPOG、牡馬勢は、ようやく活躍しだしたのだが、牝馬勢がサッパリで・・
まあ、今回は、牝馬の指名頭数が、牡馬の半分になってしまったので、仕方ないところではあるが。
しかし、POGで上位に行くには、牡馬、牝馬ともにクラシック出走を果たさないと、まずダメなわけで。
もうちょっと、バランスの取れた指名にするべきだったと、今から反省。。

先々週8頭、先週4頭と、ここ2週間で12頭のPO馬の出走があった反動で、今週のPO馬の出走はゼロ・・
ちょっと寂しいですが、元PO馬が、G1フェブラリーSと小倉大賞典に出走しますので、そちらを応援します。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○タキオンレディー◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

 先週の土曜の京都6レース500万(ダート1200m 13頭立て)に出走し2着。
 メンバー的に、敵は、前走で先着を許した1頭だけだと思っていたが、やはり、その馬には勝てなかったか。
前走で、2馬身差をつけらていたのだが、今回も、同じ2馬身差。
完全に相手が強かったということで、あきらめるしかない。
相手は牡馬だったし、近いうちの勝つチャンスはめぐってきそうかな。

○テイエムダンシング◎
(牡 父ダンスインザダーク 母ティファイファイ 栗・山内) 指名人数22人

 先週の土曜の京都こぶし賞(芝1600m 7頭立て)に出走し、3/4馬身差の2着。
 スタートで多少遅れるも、すぐに3番手に取り付き、うまく立ち回って、よく頑張ってくれました。
7頭立てという少頭数に助けられた感はあるが、好位で競馬が出来るのは強みで、引き続き頑張ってほしい。
今年に入って、中1週ローテが続いており、既に10戦を消化しておりますが、元気で何よりです。
この勢いだと、また中1週で、重賞のアーリントンCに登録なんてこともあるかな。
正直、重賞で、どうこういうレベルではないと思うので、ひたすら500万で賞金加算に励んでほしいね。
 
◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

 先週の日曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に出走し1.1秒差の14着惨敗。
 いくら休み明けとはいえ、後方から後方のままという競馬で、まったく見どころなし・・・
 ほんと、牝馬が勝ち上がってくれません・・・
この馬の指名は、完全に「ハズレ」を引いてしまった感じでしょうか・・
 1つ上のクールオープニングもハズレだったし、もうファレノプシスの仔をPOGで指名するのは辞めます。。
  
◆リアルスティール◎◎
(牡 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 栗・矢作)

 先週の日曜の重賞、共同通信杯に出走し、3番人気でしたが、見事に1着。
 これで2戦2勝となり、一躍、クラシック候補に名乗りを上げました。
 今後のローテは、スプリングSから皐月賞へ向かうようです。
 次の課題は、中山コースへの適性ですが、兄ラングレーは、3歳時は、中山で結果が出来なかったのだが。
 今年、4歳になり、前走、中山で、鮮やかに勝ってくれましたので、弟も大丈夫でしょう。
 てか、こちらは、追い込み脚質ではなく、器用なタイプの感じだし、中山コースも問題なくこなしてくれそう。
 その兄ラングレーも、2連勝でようやく軌道に乗ってきて、日曜の小倉大賞典で古馬重賞初挑戦です。
 弟に続く、2週連続、兄弟重賞制覇を期待したいですな。
コメント

共同通信杯15((結果))

2015-02-16 21:12:17 | 共同通信杯
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年2月15日(日) / 東京 1800m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[1] 1 ◎リアルスティール  牡3 56 福 永 1:47.1 3
2[6] 8 ○ドゥラメンテ    牡3 56 石 橋 1/2 1
3[7] 10  アンビシャス    牡3 56 Cデム 1.1/4 4
4[5] 5  ミュゼエイリアン  牡3 56 ベリー 1.1/4 8
5[3] 3 △アヴニールマルシェ 牡3 56 北村宏 クビ 2
6[5] 6 ▲ソールインパクト  牡3 56 内 田 2.1/2 6
7[2] 2  ティルナノーグ   牡3 56 田 辺 1.1/4 7
8[8] 12  コスモナインボール 牡3 56 柴田大 1/2 10
9[7] 9  ショウボート    牡3 56 浜 中 3 9
10[4] 4  マイネルサクセサー 牡3 56 柴 山 大差 11
11[6] 7  シゲルケンカヤマ  牡3 56 石 川 3.1/2 12
12[8] 11 △ダノンメジャー   牡3 57 横山典 大差 5

払戻金 単勝 1 610円
    複勝 1 190円 / 8 130円 / 10 270円
    枠連 1-6 690円
    馬連 1-8 710円 / 馬単 1-8 1810円
    3連複 1-8-10 2380円 / 3連単 1-8-10 10870円
    ワイド 1-8 360円 / 1-10 990円 / 8-10 540円

せっかく、PO馬リアルスティールが、見事に2連勝で重賞制覇を飾ってくれたのに、なんで馬券当たってない・・
なんで、こんなに、馬券下手なのでしょうか・・

相手もドゥラメンテで間違いないと確信が持てていたし、あとは3着馬のみを探せばよかったレース。
当初は、3着馬筆頭に、2戦2勝も1800未経験のアンビシャスが、案外人気薄になるだろうと狙っていたが。
ふたを開けたら、4番人気と想定外に人気していたので、消しに転ずるお粗末さ・・人気で馬を選ぶ失敗パターン。

この馬消すなら、馬券妙味なしのアヴニールマルシェを消すべきだった・・
この馬を押さえで買うという消極的な予想が、今回のダメダメな結果になってしまったな。。
この馬への3連複は7.3倍、つまり、馬連と同じ配当。
この3連複を押さえに買うなら、馬連1点を押さえに買っておくべきだった。
いや、馬連が7倍もつくなら、馬連1点勝負が正解でした・・
いやいや、PO馬応援の意味なら、馬単1点で勝負すべきであり、それが出来なかった時点で負けです・・

きさらぎ賞で3連複1点勝負が出来ず失敗したように、今回は、馬連1点勝負が出来ずで、バカバカです。
そもそも、今回、馬連は、5倍程度しかつかないだろうとオッズも確認せずの、3連複のみの勝負。
7倍の3連複を買うぐらいなら、自信の2頭の馬連を買っておきべきだった・・なんでオッズ見なかったんだろう・・

とにかく後悔の多い馬券の買い方でしたが、リアルスティールが勝ってくれたことは、素直にうれしい。
これでクラシックに向けて賞金も加算され、あとは、無事に春を迎えるのみ。
今後は、矢作厩舎のダービー馬ディープブリランテと同じローテ、スプリングSから皐月、ダービーでしょうかね。
矢作厩舎に、久々に重賞勝ちを届け、あとは、ブリランテに続く、ダービー制覇を待つばかり。
いやあ、もうクラシックが待ち遠しいですわ。
皐月賞、ダービーとも、◎リアル、○ポルト、▲アッシュでいきますので、よろしく!(面白くない予想でスマン)
この3頭に、あとレーヴミストラルが加わってくれるかどうかですわ。
逆に、牝馬は、まったく不調・・POG、なかなか、うまくいきません。。

2着ドゥラメンテは、中1週のローテが影響してか、道中、クビを上げて折り合いを欠くレース。
それでも、上がりはメンバー最速で、改めて、能力が高いことは示せたが、あの気性は距離延長に不安を残したか。
今回の敗戦で、鞍上がどうなるかが、注目ですな。

なんだかんだで、また連敗の悪い流れが・・
次は、今年最初のG1ですから、悪い流れを3月に持っていかない為にも、最初のG1をきっちり当てたいね。
絶対的信頼のホッコータルマエがいないメンバー構成ですから、波乱も期待出来そうでしょうか。
いや、どうにも狙いたい馬も見当たらず、普通に、コパノリッキーの連覇が濃厚なのでしょうかねえ。
なんとか、1週間、無理やりでも、穴馬を見つけたいものです。
コメント (2)

京都記念15((結果))

2015-02-16 20:59:11 | 京都記念
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年2月15日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[6] 6 △ラブリーデイ    牡5 56 戸 崎 2:11.5 3
2[7] 9  スズカデヴィアス  牡4 55 藤岡佑 ハナ 4
3[4] 4 △キズナ       牡5 57 武 豊 クビ 2
4[3] 3 ○レッドデイヴィス  セ7 56 シュタ 1.1/2 7
5[7] 8 ▲ハープスター    牝4 54 川 田 3/4 1
6[6] 7  トウシンモンステラ 牡5 56 岩 田 3/4 5
7[8] 11  ハギノハイブリッド 牡4 56 秋 山 1 6
8[8] 10 ◎マイネルディーン  牡6 56 和 田 ハナ 9
9[5] 5  ヒラボクディープ  牡5 56 国分優 ハナ 8
10[1] 1  アクションスター  牡5 56 池 添 4 10
11[2] 2  ノーステア     セ7 56 四 位 1/2 11

払戻金 単勝 6 850円
    複勝 6 240円 / 9 350円 / 4 150円
    枠連 6-7 480円
    馬連 6-9 3040円 / 馬単 6-9 5900円
    3連複 4-6-9 2940円 / 3連単 6-9-4 24210円
    ワイド 6-9 730円 / 4-6 430円 / 4-9 640円

休み明けで、ここが目標ではない人気2頭は、危ないと見立てて予想して、この外し方は予想下手だわ・・
普通に、人気2頭の追い込み不発を想定すれば、狙うべき馬は、逃げ馬、先行馬ですよね。
素直に予想すれば、取れるわけで、だから1、2着馬は、3番人気、4番人気に支持されているわけで。
みんな、馬券買うのが、お上手です・・・

勝ったラブリーデイは、中山金杯に続く、重賞連勝で、完全に本格化したとみてよいのかな。
前で競馬が出来るのは強みで、今回は戸崎を配した当たりにも、勝負気配アリアリで、素直にここから買うべきでした。
キンカメ産駒ということで、3200の春天は、どうかと思われるが。
母父はダンスで、更に母系にはトニービン、リアルシャダイと、案外、春天でも行けるとみるが、出てくれるかな?

2着スズカデヴィアスは、2走前に同じ舞台を逃げ切っており、今回、その再現を狙って、あわやのハナ差。
この距離で2勝し、この条件はベストで、今回、単騎逃げ叶うメンバー構成なら、買わなきゃいけない1頭でした。

キズナは、メンバー最速の上がり33.3の脚を使うも、ハナ、クビ差届かず。
完全な前残りの競馬で、斤量差のあり、骨折明けの1戦とすれば、上々の走りか。
ただ、無理に勝つ必要はなかったレースとはいえ、豊がもうちょっと、うまく乗れば、勝てたのでは。
凱旋門賞を目指しているのであれば、たとえ休み明けとはいえ、このメンバーで3着はダメでしょ。
次走は大阪杯ということですが、そこでは結果が求めれそうですな。

もう1頭のハープスターは、いつもの後方待機策から、今回は中段からの競馬という試み。
この試みは、やる価値はあったと思うが、結果が伴いませんでしたね。
今回の結果を見る限り、この馬は、やっぱり後方で脚を貯めないと、弾けないタイプなんでしょうかね。
JCは不利があって参考外の1戦だったが、今回の敗戦で、ちょっとメッキが剥がれてきたか。。
それでも、次走、また、いつものスタイルに戻って、巻き返すかに注目ですね。

本命にしたマイネルディーンは、外枠から終始外を回され、勝負どころの4コーナーでも外を回っては、どうにも。
このメンバー相手に勝ち負けに参加する為には、内から距離ロスなく立ち回るしかチャンスはなかったわけで。
逃げるぐらいのつもりで、内に切れ込めなかった時点で、アウトでしたな。

そもそも、このレースはG2だし、人気薄馬でも重賞実績がないと通用しないレースでしたね。
よって、最初は、レッドデイヴィスを本命予定にしていたものの、7歳以上の高齢馬不振で、6歳が活躍する傾向。
その傾向だけを頼りに、6歳馬のマイネルディーンに本命を変えてしまった浅はか予想でした・・
まあ、レッドデイヴィスも、結局、4着まででしたので、結果は同じでしたが・・

今回、キズナとハープの馬連は180円しかつかなかったわけだが、キズナの複勝は150円もついた現実。
馬連1点で勝負した人にとっては、キズナの複勝1点で勝負すべきでしたね。
コメント

共同通信杯15(予想)

2015-02-14 21:01:03 | 共同通信杯
日曜日の東京メイン、共同通信杯の予想
芝 1800M G3 別定 12頭立て

先週のきさらぎ賞同様、ここもPO馬の応援です。
先週同様、ここも、強敵関東馬が、我がPO馬の勝利に立ちはだかる構図ですな。
それにしても、矢作厩舎、今年不振なのが気になる。。
相変わらず、重賞では結果が出ないのも、心配なのだが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎リアルスティール

矢作厩舎、今年1番の期待馬、そして我がPOGでも1番の期待馬だ。

兄ラングレーは、東京で、デビュー勝ちを決めて、キャリア1戦で東スポ杯に挑むも、4着と賞金加算出来ず。
そして次に選んだレースが、皐月賞を見据えてか、中山の京成杯だったのだが、10着と大敗。
その後も、クラッシク出走をかけた前哨戦をことごとく負けて、3冠レースに1つも出走出来ず終了・・
結果的に、年明け初戦に、中山のレースを選択したのが、失敗だったような気がするが。。
最初からダービー1本に目標を絞っていたら良かったものを、二兎追うものは一兎も得ずということね。

で、こちらは、年末の阪神でデビューして、年明け初戦に選んだのが、東京のここ。
京成杯は、ローテ的にも厳しいし、京都のきららぎ賞ではなく、ここチョイスは、ダービーを見据えての東上です。

ラングレーも、デビュー勝ちは決めたが、3番人気で、3/4馬身差での勝利。
一方、こちらは、単勝1.2倍の圧倒的な人気に応える3馬身半差の楽勝劇!
同じ血でも、スケール感が違いますよ。
デビュー戦を見る限り、まだまだ「伸びしろ」ありますよ!(R1見て、使いたくなりました・・)
デビュー戦で、負かした2着馬、3着馬は、次走でしっかり勝ち上がっており、この馬の強さが際立ちます。

気になるのは、このレース、先週のきさらぎ賞同様、キャリア1戦の馬は通用しない現実。
たしかに、ここ10年を見ても、キャリア1戦で、馬券になった馬はいません。
しかし、この10年でキャリア1戦馬の参戦は、わずか4頭のみ。
そのうち、初芝の馬が2頭いましたので、芝キャリア1戦の馬は、この10年では2頭しか出走してません。
このサンプルで、キャリア1戦は通用しないは、あまり説得力がないということで、これまでの傾向は気にしない。

同じ矢作厩舎のディープブリランテは、2戦2勝でここに1番人気で挑むも、気性が災いして2着でした。
それでも、目標としていたダービー制覇を成し遂げましたから、ここで、勝ち負けは絶対条件だ。
こちらは、超スローだったデビュー戦でも、まったく掛かる素振りも見せず、折り合いには心配ないタイプ。

ポルトドートウィユを手放した福永が、クラシックのお手馬をしっかり確保するために、ここは結果が求められる。
ここで結果を出せば、悲願のダービージョッキーが現実味を帯びてくるぞ。
ほんと、しっかり乗ってくれよ、福永。任せたぞ!


○ドゥラメンテ

アドマイヤグルーヴは過去のPO馬ということで、その仔も全てPOGでは指名。
アドマイヤテンバ、セプター、トライ、そしてボージェストまでの4頭指名・・1頭も重賞勝ってないやん。。
しかし、指名馬は関西馬のみというマイルールから、この馬、泣く泣く指名を見送ったのは、ほんと失敗したなあ・・
アドグル最後の仔ということを考慮すれば、選ぶべきだったなあ。
今年の3歳は、関東馬が、頑張っているからなあ・・

デビュー戦こそ出遅れ響いて2着も、ここ2戦の走りが圧巻。
圧勝した2戦と同じ東京1800のここで、この馬が凡走するシーンは想像出来ないね。
付け入る隙は、出走を迷っていた中1週のローテによる前走激走の疲れと、スタートに難あることか。
とにかく、リアルスティールとの一騎打ち、叩き合いが見たいものです。


▲ソールインパクト

3戦続けて重賞で、あと一歩の競馬。
前走は、ハナ、クビ、ハナ差だし、重賞でも勝ち負け出来るのは確か。
ここまで6戦して、全て0.2秒内という堅実派で、脚質的にも中山から東京に替わるのはプラス。
乗り替わりの内田は、このレース、ゴールドシップで当時は積極策で勝っており、ここもある程度の位置で競馬を。
シックスセンスっぽい成績を刻んでいる馬なので、はやく賞金を加算してくれれば、皐月賞でも穴っぽい存在に。


△ダノンメジャー

前走の「競馬の進め方には納得が行かない」とお怒りの橋口調教師は、乗り替わり指令。
指名を受けたのが、昨年、橋口調教師をダービートレーナーにした横典とくれば、そりゃあ、頼もしい。
元々、好位から競馬が出来る馬だし、横典も、前走の失敗を見てるでしょうから、今回は積極先で巻き返す。


△アヴニールマルシェ

馬券はリアルスティールとドゥラメンテの2頭軸の3連複で勝負!!
コメント   トラックバック (4)

京都記念15(予想)

2015-02-14 17:58:56 | 京都記念
日曜の京都メイン、京都記念の予想
芝 2200M G2 別定 11頭立て

普通に、キズナとハープスターの一騎打ちを楽しむレースだとは思うのですが。
そうは言っても、2頭とも休み明けに加えて、ここで仕上げてくるはずもなく、揃って飛んでも不思議なし。
でも、他のメンバーも、それほど、強そうなの、いないんだよなあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎マイネルディーン

格下感、満載なのだが、とにかく、このレースは6歳馬の活躍が目立つ。
昨年は6歳馬のワンツーで、今年は、6歳馬といえば、この馬のみ。
更に、今年はAJC杯からシルクロード、根岸S、東京新聞杯と6歳馬が重賞4連勝中。
直近3重賞では、6歳馬のワンツー決着が続いており、現6歳世代のレベルは高い。

で、この馬自身ですが、前走は、前残りの流れを後方待機策では、展開向かず。
しかも、直線では、前が詰まる不利もあって、まったく参考外の1戦とみてよし。
2200の距離は、2走前に勝っており、まったく問題なく、京都も、準オープンでアンコイルドの2着がある。
ダンス産駒は、ダークシャドウが2着してるし、母父トニービンは、昨年の勝ち馬デスペラードと一緒。
今回は、和田への乗り替わりということで、積極的に好位に取り付く競馬をしてもらい、一発期待したい。


○レッドデイヴィス

前走は、内有利な結果の中、外枠が響いて7着も0.6秒差と善戦。
長期休養明け2戦目で、復活の兆しが見えた走りで、叩き3走目の今回は、ほんとの走り頃。
この距離は、2400で勝っているだけに問題ないし、京都は、かつてシンザン記念でオルフェを負かした舞台。
こちらも母父トニービンだし、あとは、シュタルケに頑張ってもらいましょう。


▲ハープスター

JCは展開も向かなかったし、道中の不利が痛かった。
手頃な頭数のここなら、差し損ねは、ないように思うが、ジェンティルも負けた舞台だけに、過信は禁物。
京都は意外に初めてになるが、いかなるコースでも結果を出しているし、京都はディープの庭ですからね。


△キズナ

鉄砲実績はある馬だが、今回は骨折明けというのが、どうか。
そうは言っても、京都は3勝と最も得意としている舞台だし、距離もまったく問題なし。
凱旋門賞へ向けて、ここで仕上げてなくても、無様な姿は見せたくないはずで、かっこはつけてくれるか。


△ラブリーデイ

馬券はマイネルディーンを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

【POG】先週の結果と今週の出走馬

2015-02-13 22:24:12 | POGその他
先週は重賞出走2頭を含めて、大挙8頭が出走してくれましたが。
きさらぎ賞には、クラシックを期待するポルトドートウィユとアッシュゴールドが出走するも2着、3着と勝てず。
残りの6頭についても、結局、1頭も勝ち上がれず、非常に残念な結果に。
シェアポイント狙い馬が、3頭とも掲示板にも乗れず、1ポイントも加算出来ずで、超ガッカリ・・
これで、シェアポイントの順位は、182位から190位へと、またまたダウンですよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

◆レーヌドブリエ
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

 先週の土曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 15頭立て)に出走し、0.6秒差の6着。
 418キロまで減った馬体を、どこまで戻してくるかが、ポイントと思ったのに、まさかのマイナス体重。
マイナス12キロで、406キロとは、これではきついです。
馬体減のせいかどうか、マイルの流れにまったくついていけず、最後方ポツンの競馬。
前が止まらない、京都の馬場で、あの位置取りでは、勝ち負けに参加出来ないって・・
それでも、メンバー最速の上がりを使ってますし、能力はある馬なのに、ほんと、馬体の成長を頼む。
 
○クラウンフレイム
(牡 父オンファイア 母ハイフレンドモア 栗・大根田) 指名人数11人

 先週の日曜の小倉1レース未勝利戦(ダート1700m 16頭立て)に出走し、0.5秒差の7着。
 2着馬とは、クビ、クビ、クビ、クビ、アタマ差ですよ。
 こちらも、後方からのレースとなり、最後、外からメンバー最速の凄い脚で追い込むも、間に合わず。
 上がり2位の馬との、上がり差は0.7秒もあり、ほんと、凄い末脚だったんですよ。
 さすがに、小回りのダート戦で、後方からの追い込み競馬では、やっぱり、つらいわ。
 次走は鞍上強化で、中段からの競馬が出来れば、次は勝ち上がれるはず。

◆ラヴィダフェリース
(牡 父ディープインパクト 母アドマイヤハッピー 栗・池江)

 同じく、先週の日曜の小倉1レース未勝利戦に出走し、1番人気に支持されるも0.4秒差の4着。
 こちらは、3コーナー手前から捲って、先頭に躍り出る超積極策で、最後は捕まったものの、いい走りっぷり。
 次走は、また芝に戻すのか、ダート適性ありとみて、ダートを使うのか、とにかく、次走は勝ち上がってほしい。
 
○アウトゼアー
(牡 父ダンスインザダーク 母マッキーアイドル 栗・西橋) 指名人数9人

 先週の日曜の京都3レース未勝利戦(芝2200m 16頭立て)に出走し、0.5秒差の8着。
 前走が、後ろすぎる位置取りで、結果が出なかっただけに、今回は、ある程度の位置を取ってほしかったのに。
 またしても、後方からかよ・・・乗り替わりの効果、まったくなし・・
 切れる脚がない馬だけに、スタミナ勝負に持っていく前々での競馬をしてほしい。
 こちらも、外国人騎手に乗ってもらって、2400m戦あたりを使ってもらえないかね。

◆レレオーネ
(牡 父ディープインパクト 母ポトリザリス 栗・吉田直)

 同じく、先週の日曜の京都3レースに出走し、クビ、クビ差の3着。
 こちらは、中段からの競馬で、惜しい結果。
 さすが良血といった走りでしたので、クラシックに間に合わすためにも、次走勝ち上がりは絶対命題だよ。

○ナイアガラモンロー◎
(牝 父アドマイヤムーン 母マルハチメイフェア 美・堀井) 指名人数10人

 先週の日曜の春菜賞(芝1400m 16頭立て)に出走し、1.8秒差の13着と大惨敗。
 3番手追走という積極策から、直線では、一瞬だけ、先頭に立つ、プチ見せ場を作るも、そこまで。
残り200mで、完全に失速しての完敗。
 実績のある距離で、巻き返しを期待したのだが、どうにも能力が足りないようで・・
 これまでも、雨で渋った馬場の時は、惨敗してたので、雨を惨敗の理由としておきたい、現段階では・・
 更に距離短縮が必要なのか、逆に思い切って、2000mぐらいの距離を使うというのは、どうだろう。
 母系は、かなりのスタミナ配合なので、もしかしたら、中距離で能力を発揮するのでは。
 2000m以上のレースで、逃げの手を打つなんてことで打開策を見出してほしい。

○タキオンレディー◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

 土曜の京都6レース500万(ダート1200m 13頭立て)に鞍上がデムーロ弟に乗り替わりで出走。
 ここは、鞍上、大強化で、勝ちにきましたよ。
 今回のメンバーでは、前走で、2馬身離された相手も出走しているので、その相手さえ負かせば、勝てる。
 その相手は、逃げ馬ですので、デムーロ弟が、しっかりマークして、きっちり差し切ってくれるはず。

○テイエムダンシング◎
(牡 父ダンスインザダーク 母ティファイファイ 栗・山内) 指名人数22人

 土曜の京都9レースこぶし賞(芝1600m 7頭)に鞍上が小牧に乗り替わりで出走。
 でました、お得意の少頭数レース!2頭に先着すれば、まずは掲示板。
 今年に入って、ずっと中1週で出走し続け、これで、4連続の中1週での出走です。
 POG的には、こういうタフな、ある意味、無茶な使われ方、歓迎です。
 馬が元気というのは、ほんと大事なんですよ。
先月、未勝利戦2着し、次は勝ち上がってくれると期待したモズレッドファームが、屈腱炎で引退してまして・・
そろそろ、出走かなあと、この馬を調べたら、「登録抹消」になっていたことを昨日発見。。残念無念です・・
ということで、ハードなローテでも元気に走るテイエムダンシングには、この調子で、走り続けてほしいわ。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

 日曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に鞍上が武豊で出走。
 デビュー戦と同じ京都1600を再び選んできました。その時から、4か月ぶりの出走となります。
 そのデビュー戦は、1番人気に支持されるも1.1秒差5着と完敗。
 後方からのレースで、末脚にかけるも、思ったほど弾けず、非常に残念な結果でした。
 今回も4か月と間隔が空いているし、どうなんでしょうか・・あまり期待せずに、見守りましょう。
 
◆リアルスティール◎
(牡 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 栗・矢作)

 日曜の重賞、共同通信杯に、鞍上が福永で出走。
 勝って、クラシック候補に名乗りを上げる!
 ようやく、矢作厩舎、重賞を勝つ日が、久々に来たよ。

おっと、その前に、土曜のクイーンCにも、ダノンクラシアスがスタンバイ。
 阪神JFで本命にした馬だけに、ここで巻き返してほいしが、その阪神JFが、ちょっと負けすぎか。
 まあ、そのおかげで、人気急落だし、鞍上が岩田に戻ったので、なんとかならんか。
 
コメント (2)

東京新聞杯15((結果))

2015-02-09 21:20:51 | 東京新聞杯
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年2月8日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 稍重・曇
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[3] 6  ヴァンセンヌ    牡6 56 福 永 1:35.7 3
2[7] 13  アルフレード    牡6 56 柴 山 クビ 9
3[5] 10  フルーキー     牡5 56 岩 田 クビ 1
4[2] 4 ◎シャイニープリンス 牡5 56 後 藤 1/2 4
5[2] 3 ○リルダヴァル    牡8 56 ベリー クビ 8
6[6] 12 △エキストラエンド  牡6 57 Cデム ハナ 2
7[3] 5  マイネルメリエンダ 牡4 56 柴田大 1/2 7
8[5] 9  ダノンヨーヨー   牡9 57 三 浦 クビ 15
9[1] 2  アンコイルド    牡6 56 田 辺 クビ 11
10[8] 16  タガノグランパ   牡4 56 菱 田 1/2 6
11[7] 14 △サトノギャラント  牡6 56 北村宏 クビ 5
12[1] 1 ▲メイショウヤタロウ 牡7 56 内 田 クビ 10
13[4] 7  フェスティヴタロー 牡6 56 江田照 2.1/2 14
14[4] 8 △フレイムヘイロー  セ7 56 大 野 1/2 13
15[8] 15  マイネルホウオウ  牡5 56 松 岡 1.1/4 12
16[6] 11  ハノハノ      牡7 56 蛯 名 1.1/2 16

払戻金 単勝 6 600円
複勝 6 240円 / 13 790円 / 10 180円
枠連 3-7 1550円
馬連 6-13 14690円 / 馬単 6-13 21360円
3連複 6-10-13 19820円 / 3連単 6-13-10 155940円
ワイド 6-13 4170円 / 6-10 680円 / 10-13 2800円

また、やっちまった・・上位3頭無印のダメダメ予想・・
3番人気、9番人気、1番人気で決まって、4番人気、8番人気、2番人気に印を打つという綺麗なヅレ方・・・

勝ったヴァンセンヌは、3連勝中の勢いそのままに、重賞のここも突破!
もう、ここ数年言われていることですが、手薄なマイル路線は、実績がない馬でも勢いで通用しちゃうのね。
古馬重賞初挑戦で3番人気は、過剰人気とみて最後に消した1頭でしたが、東京実績もあったし、適性評価でした。
鞍上の福永も、きさらぎ賞の騎乗を蹴って、こっちを選んだ甲斐があったというものか。

今回は、出遅れ、道中も行きたがっていたし、それでも勝っちゃうあたり、さすが良血といったところか。
いきたがる気性のようなので、流れが速くなるG1の方が、より合いそうなので、安田記念でも有力の1頭。

2着アルフレードは、NHKマイル2着の実績があり、この舞台なら復活あるかとは思ったんですが・・
更に、このレースは、ロベルト持ちの馬が、よく走ってますので、シンクリ産駒の2頭にはチェックを入れていたのだが。
結局、人気のサトノを無難に選んだしまった自分の予想が情けない・・・

鞍上が、柴山に乗り替わっており、これはマイナスになるだろうと、評価下げたら、あわやの2着激走です。。
重賞で柴山だと、マイナス評価してしまう、悪いクセが、ここでも出てしまった。
柴山で過少評価になった実績馬ということで、ここは、穴党なら、買っておく1頭でしたか。

3着フルーキーは、東京実績ないのに、1番人気は、人気しすぎと消したが、岩田だから怖いと思ったら・・
やっぱり、岩田だし、角居厩舎だし、最低限の仕事はしたな。
いや、3着では、賞金加算出来ず、安田記念を目指す上では、最低限の仕事は出来てないか・・
直線、完全に前が塞がり行き場なく、仕方なく、内に進路を切り替えるロスが痛かった。
岩田得意の最初からイン狙いだったら、突き抜けていたかもですが、1番人気だったので、無難に乗ったかな。

本命にしたシャイニープリンスは、前走が早めの競馬で、後ろから差されただけに、今回は後ろから。
しかし、内枠だったし、もう少し、道中のポジションは、前目でもよかったのでは。
この馬も、直線、前が空かなかったし、もともと、好位が取れる馬だけに、後藤はちょっと慎重に乗りすぎたか。

2月は、大幅プラス計上だあと、先週、息巻きながら、この結果かあ・・・
やや重の馬場状態を見て、リルダヴァルからの馬券も買い足し、結局、その分、マイナスを増やす結果に。
こんな馬券の買い方では、年間収支プラスの道は遠のくなあ・・反省。。
コメント