susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ダービー15(予想)

2015-05-31 00:11:37 | 日本ダービー
日曜の東京メイン、ダービーの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

PO馬3頭出しなので、穴馬探しは放棄・・まったく面白くない予想でスマン。

枠順見た瞬間に、誰もが思った穴馬は、1枠に入ったタンタアレグリアでしょう。
ここ2年連続、穴をあけている青葉賞負け組ですし、先行脚質なのも、穴馬にピッタリ。
が、ロブロイ産駒というのが、やはり引っ掛かる。
牡馬ロブロイ産駒は、とにかくクラシックでは活躍出来ない。
4戦4勝でダービーに挑んだペルーサでさえ、6着に沈んでますので、やっぱり牡馬ロブロイ産駒はは消しで。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎リアルスティール

さあ、ダービー勝って、凱旋門賞へ向かおう!
と、世界まで見据えている矢作厩舎期待の1頭。私も期待!
不安は、やはり鞍上ということでしょうか。
福永といえば、ダービー15連敗中ではあるが、そろそろ、機は熟したのでは。
って、2年前のエピファネアの時も、同じようなことを書いたかもしれないが、今年こそ、やってくれるのでは。
皐月賞は、中山で勝つ為の最高の騎乗をしての2着だったし、まったくミスはなかった。
府中2400だって、オークス3勝の実績があるわけだし、このコースの勝ち方は分かっている。
デビューから4戦オール連対、馬との呼吸はピッタリ合っており、あとは運だけ。
外枠に入ったのは運がないのかもしれないが、ライバルのドゥラメンテは更に外。そこに運があるのか。


○ポルトドートウィユ

3歳になってから、結局まだ未勝利と、ちょっと成長の速度が遅いか。
強くなるのは来年か、それとも、一気にダービーで、良血が開花、覚醒するのか。
京都新聞杯2着から、わずか3週間で、馬が強くなるとは思えないが、そこは血の力に期待したい。
そして、ダービー5勝の豊の、大一番での威力を上乗せすれば、もしかしての激走はある。
その豊も、現状の馬の力は少し足りてないが、好位で競馬が出来る強みを生かしたい的なコメント。
つまり、上位人気馬より前で競馬をしてくれるはずで、そこに勝機があるとみた。

東京コースは初めてになるが、血統的には、間違いなく東京は合うはずで、このコースでこそ真価を発揮。
エアグルーヴの血は言うまでもないが、ディープ×クロフネという配合も、東京で威力を発揮するのでは。
同じ配合のステファノスが、マイラーじゃないのに、東京の富士Sを勝っているし、東京は走る。
同厩舎、同配合シャイニングレイは、クラシック候補と騒がれながら、ここに立つことは出来ませんでした。
そのシャイニングレイの分まで、この馬が頑張ると。
こんな良血が、7番人気で買えるのは、ここだけだぞ。


▲レーヴミストラル

この馬も、強くなるのは来年なのでしょうか・・松博さんは、そう言ってますが。
いやいや、とにかく1戦ごとに、確実に強くなっているのは、間違いない。
松博さんは、ダービーには思い入れはないと素っ気ない発言をしているが、そうは言っても、最後のダービー挑戦。
回りのスタッフ、そして鞍上の川田は、最後のダービーで、なんとかしたいという強い思いはあるはず。
そもそも、岩田が乗っていたのを、青葉賞から川田にスイッチした馬だし、川田も意気に感じているだろう。
土曜も3勝と好調だし、今年、東京芝では、3着内率40%以上と、これまた好調であり、大仕事をやってのけるか。

巷では、後方から大外ぶん回しの不器用なタイプということで、危険な人気馬という評価もあるが。
さらに、血統的にもG1ではワンパンチ足りない、青葉賞の平凡な勝ちタイムと、不安な要素はある。
ここ10年で馬券になっている青葉賞組5頭は、青葉賞以前に重賞経験していたのだが、この馬は・・
2400m戦を3戦連続使うという馬への疲労も心配になってしまうのだが・・いや、追い切りの動きはよかった。
松博さんも「まだまだよくなる馬だけど、ここまでよくなるとは思わなかった」と追い切り後のコメント。

青葉賞では、4コーナーで9番手まで押し上げ、確実に前を捕える競馬をしており、実は機動力もある。
あとは、川田が、どれだけ積極的な競馬をしてくれるか。
陣営からの指示は「じっくり行け」だが、青葉賞同様、4コーナーでは10番手以内まで押し上げてほしい。
サトノラーゼンではなく、こっちを選んだんだから、少なくともラーゼンよりは先着は最低限の仕事だぞ。


△サトノラーゼン

1枠がとにかく来るダービーですから、穴人気になっても無視出来ず。
内枠に入った先行馬で、鞍上が岩田となれば、一番怖い1頭だな。
我がPO馬レーヴ、ポルトと2頭とも負かしている天敵なので、もしかして、ここでもう1頭のPO馬も負かす?
と、当初買い予定も、やっぱり、今回は、出来るだけ、買い目を減らしたいので、泣く泣く消す。
東京コースでキタサンブラックに完敗していることと、ダービーでの乗り替わりはマイナスを重視しましょう。


△ドゥラメンテ

唯一の懸念は、気性ということで、この外枠がどう出るか。
能力的には、この世代No1でしょうから、デムーロが無難に乗れば、凡走はなさそうだが。
それでも折り合いを重視しすぎて、後方大外一気の大味な競馬になれば、差し損ねもありそうか。

馬券はリアルスティールを軸に3連複3点勝負!!
コメント (3)   トラックバック (7)

【POG】ダービー3頭出しで有終の美へ

2015-05-28 21:40:03 | POGその他
先週は4頭の出走がありましたが、1頭も勝ち上がれず・・
シェアポイント部門も、ポイントを加算出来ず、順位は、309位から316位へと、ダウン。
で、今週のシェアポイント狙い馬の出走はなしで、我がポイントはもう確定してしまいました。
つまり、これ以上順位が上がることはなく、あとは、下がって、ピッタリ400位の飛び賞になることを祈るだけ。
いや、ポルトドートウィユを指名しちゃっているので、ポイント加算の可能性はあるのだが。
なにせ、ポルトの指名人数は、13,493人なので、シェアポイントは稼げません・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

◆ライムスカッシュ
(牝 父キングカメハメハ 母ライムキャンディ 栗・藤岡)

先週の土曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に出走し、ドンジリの2.6秒差15着。
7か月半ぶりの出走で、しかも初ダートだったので、この結果もありえると思ったが、まさかの1番人気でした。
ベルシャザールの近親という血統から、ダートでもやれるという期待があったんでしょうかねえ。
2歳弟サムライロックは、同じ藤岡厩舎に入りました。
父が新種牡馬のワークフォースに変わっておりますが、キンカメと同じキングマンボ系の種牡馬ですな。
この馬を指名するなら、ウマジンの地獄縛りのPOGで指名するかな。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

先週の土曜の新潟3レース未勝利戦(ダート1800m 15頭立て)に出走し0.1秒差の2着。
中1週での出走でしたが、前走同様、今回も逃げる競馬で、頑張ったものの、2番手追走の馬に最後差される。
結局、POG期間中に勝ち上がることは出来ず、もうファレノプシスの仔をPOGで指名することはないな。

◆クローディオ
(牡 父ハービンジャー 母シーザリオ 栗・石坂)

先週の土曜の京都4レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に出走し1.1秒差の8着。
まさか、シーザリオの仔で、ハズレを引くことになるとも思いもしなかった。
ハービンジャーとの相性が悪かったのでしょうかねえ。
2歳弟は、父がキンカメになります。
父キンカメといえば、初年度産駒トゥエルフスナイトがそうでしたが、3歳秋にデビューとなるもデビュー勝ち。
しかし、結局、その1戦だけで引退してしまったので、実力のほどは、分からずじまい。
とにかく、2歳弟も、栗東に入ることになれば、迷わず指名します。

○アウトゼアー
(牡 父ダンスインザダーク 母マッキーアイドル 栗・西橋) 指名人数9人

先週の土曜の京都5レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に出走し、0.8秒差の6着。
好位から競馬してくれという再三の願いも虚しく、また後方からの競馬ですか。。
逃げた馬の上がりが34.9で、この馬の上がりが34.8ですから、そりゃあ、勝てませんよ・・
それほど、切れるタイプじゃないのだから、ほんとに前で競馬してほしいよ。
前に行けないのなら、追走が楽になる2400m以上の長距離戦に出てほしい・・その願いも叶わなかったよ。。

今週で最後となるPOGですが、最後に相応しく、ダービー出走の3頭に期待です。
3頭ともチャンスありと思ってますので、夢のダービー、PO馬ワンツースリー独占を!

◆リアルスティール◎◎
(牡 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 栗・矢作)

7枠13番。鞍上は福永。想定単勝人気は、2番人気。
4戦2勝2着2回と、ここまでパーフェクト連対。
東京実績もあり、ダービー制覇へ期待せずには、おられまい。
2歳全弟プロティガルサンは、矢作厩舎ではなく、美浦の国枝厩舎ということで、POG指名するか、迷う・・
2歳弟は、サンデーレーシングじゃなくて、金子さんが買ったんですな。

◆レーヴミストラル◎◎◎
(牡 父キングカメハメハ 母レーヴドスカー 栗・松田博)

4枠7番。鞍上は川田。想定単勝人気は、4~5番人気か。
5戦3勝で、現在3連勝中で、勢いは一番。
2歳弟は、父がディープに変わってますが、栗東に入ることになれば、当然、指名します。

◆ポルトドートウィユ◎◎
(牡 父ディープインパクト 母ポルトフィーノ 栗・高野)

3枠6番。鞍上は武豊。想定単勝人気は、6~8番人気か。
7戦2勝2着4回で、前走の京都新聞杯は2着。東京コースは初出走。
2歳全弟ポルトフォイユは、栗東の高野厩舎ということなので、これは、POG指名確定。


◆レレオーネ
(牡 父ディープインパクト 母ポトリザリス 栗・吉田直)

日曜の京都2レース未勝利戦(芝2400m 18頭立て)に鞍上が北村友で出走。
ポトリザリスの2歳の仔は、いないんですね・・
近親のディアデララノビアの2歳の仔は、父がハービンジャーなので、たぶん指名しない予定。
コメント

オークス15((結果))

2015-05-26 21:55:55 | オークス
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月24日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[5] 10  ミッキークイーン  牝3 55 浜 中 2:25.0 3
2[7] 14 △ルージュバック   牝3 55 戸 崎 3/4 1
3[8] 17 △クルミナル     牝3 55 池 添 1/2 6
4[6] 12 ○アースライズ    牝3 55 三 浦 2 13
5[7] 13  アンドリエッテ   牝3 55 川 田 クビ 7
6[4] 8  ローデッド     牝3 55 柴 山 1/2 14
7[2] 4  ココロノアイ    牝3 55 横山典 クビ 4
8[1] 2  マキシマムドパリ  牝3 55 武 豊 1.1/4 12
9[3] 6  クイーンズリング  牝3 55 Mデム クビ 5
10[1] 1 △レッツゴードンキ  牝3 55 岩 田 3/4 2
11[8] 18 ▲ディアマイダーリン 牝3 55 福 永 2 11
12[4] 7  キャットコイン   牝3 55 柴田善 クビ 8
13[8] 16  ノットフォーマル  牝3 55  黛  1.1/2 15
14[6] 11  ペルフィカ     牝3 55 菱 田 1.1/2 16
15[7] 15  トーセンラーク   牝3 55 江田照 3/4 17
16[5] 9  コンテッサトゥーレ 牝3 55 ルメー 1.1/2 10
17[3] 5 ◎シングウィズジョイ 牝3 55 内 田 1 9
-[2] 3  トーセンナチュラル 牝3 55 吉田豊 取消

払戻金 単勝 10 680円
    複勝 10 210円 / 14 160円 / 17 300円
    枠連 5-7 780円
    馬連 10-14 1160円 / 馬単 10-14 3030円
    3連複 10-14-17 4140円 / 3連単 10-14-17 20150円
    ワイド 10-14 510円 / 10-17 1020円 / 14-17 890円

今年のフローラSは、レベルが低い・・世間の評価は、やっぱり正しかったんですね・・
まさかの、本命シングウィズジョイ・・ドンジリ。。。。恥ずかしい予想・・・凹むわあ・・
好スタートからハナに立つ勢いも、外からノットフォーマルがハナを主張し、ローデッドも前に来て、3番手追走。
前半の流れはスローであり、前有利の展開かと思ったが、ルージュバックが早めの競馬をしたことで、後半厳しく・・
ルージュバックめがけて、後続の追い上げが早まったことで、先行勢は、あっさり飲み込まれることに。。
しかし、それ以前に4コーナーで既に手応え悪く、直線向いた時点で、逃げた2頭に引き離させているようでは・・
私の馬を見る目がなかったということね。。。

勝ったミッキークイーンは、桜花賞が出走叶えば、本命予定だった馬でしたが、今回、迷って消した1頭。
軽視した理由は、追い込み脚質と、東京遠征は、クイーンCでマイナス20キロと大きく馬体を減らしていた過去。
今回も、輸送による馬体減で、420キロを切るぐらいの馬体になれば、G1を戦うには厳しいと判断。
が、馬体重は、なんと、プラス4キロで出走と、不安視することは、なかったわけで・・・
位置取りについても、中段やや後ろ程度で、極端に後方になることなく、浜中が実にうまく乗ったなあ。
そうなれば、やっぱり、府中の2400mは、マンカフェじゃなくて、ディープ産駒ですね。。。
秋も主役となりうる1頭で、馬体の成長を待ちましょう。

2着ルージュバックは、桜花賞の敗因を位置取りに求めた戸崎が、今回は、積極騎乗。
結果的には、早めの競馬が、後続の標的になってしまい、最後、差される形になってしまったが、まあ仕方ない。
あの強気の競馬で、押し切れるほどの能力は、この馬には、現段階ではなかったということですな。
凱旋門賞に登録してますが、そこまでの馬ではなかったということで、ひとまず国内でG1取りを目指してほしい。

3着クルミナルは、またもや出遅れましたが、道中は、早めに位置取りを上げ、池添も前有利を意識したナイス騎乗。
桜花賞で一番強い競馬をした馬が、今回、6番人気というのは、馬券的に、一番妙味があったわけで。
この馬を本命に出来ないあたりが、ダメダメ予想ですなあ・・・
この馬も、ディープ産駒・・やっぱり、この舞台は、ディープ産駒ですなあ。

とくれば、ダービーは、あの馬とあの馬で大丈夫ね。
よし、ダービーは、PO馬のワンツー決着ですよ。
ダービー当てないと、また上半期G1全敗の危険にさらされてしまいますので、ほんまに当てたいわ・・
コメント

オークス15(予想)

2015-05-23 22:55:26 | オークス
日曜の東京メイン、オークスの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

トーセンナチュラルが、右肩ハ行で、出走回避となり、17頭立てになりました。
実は、トーセンナチュラルは、大穴候補として、▲を打つ予定だったんですが・・・
先週のミナレット同様、常に人気にならない馬で、穴馬は何度でも穴をあける法則からも狙いだったわけで。
メンバー唯一の東京2400の経験馬でもあったし、先週、穴あけた吉田豊が鞍上なのも魅力だったのだが。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎シングウィズジョイ

今年のフローラSは、低レベルというのが、世間の評価。
ゆえに、連勝中のフローラS勝ち馬のこの馬が、10番人気とは、馬券的には妙味十分。
フローラS組は、この5年で6頭が馬券になっている主要ステップ。
しかも、6頭中5頭は5番人気以下の人気薄が馬券になる穴ステップでもある。
で、その5頭の4コーナーでの位置取りはみな9番手以内であり、追い込み馬ではないという共通点。
フローラSを2番手から早めの競馬で勝ったこの馬が、再び内枠を引き当て、先行抜け出しで、一発期待!

今年のメンバーの中でも距離延長が一番プラスになりそうな血統でもあり、前残る、今の東京馬場も有利。
ロベルトのクロスを持つ母系のスタミナ血統を活かす競馬を内田が、早めの競馬でやってくれるか。


○アースライズ

マンカフェ産駒のワンツーに期待。いや、矢作厩舎に期待か。
桜花賞は、超スローの流れを先行して展開利ありながらの8着大敗で、まったく評価が上がらないが。
そもそも、スローの上がりの競馬には、向かない馬だし、距離伸びて、スタミナ勝負でこその馬か。
桜花賞も、結局、完全にキレ負けした形であり、決して、ゴール前、バテていない。
この馬も、距離伸びて、早めの競馬からの粘りの競馬で一発を期待したい。


▲ディアマイダーリン

フローラS勝ち馬を本命にしたなら、そのレースで1番人気でクビ差の馬も当然評価。
大外枠というのは、大きなマイナスではあるが、その分、人気が下がるのであれば、馬券妙味は充分すぎる。
福永への乗り替わりもオークスでは、大きなプラスになりそうだし、この馬も距離伸びていいタイプ。
ハーツクライ産駒は、昨年、ヌーヴォレコルトが勝っているように、この距離でこそだし。
キングマンボの血は、先週、大穴をあけた血であり、その流れで、今週は、この馬が穴をあける。
とにかく、東京では崩れていないし、コース適正はメンバー随一ということで、あとは福永の手腕頼みだ。


△レッツゴードンキ

母マルトクがスプリンターということで、距離不安が囁かれているが。
基本、この時期の牝馬同士のレースでは、距離適性よりも、絶対能力が勝るというもの。
まあ、何気に、この馬、母系にリアルシャダイがおり、スタミナ補給はされており、距離は持つはず。
先週、1番人気を裏切った岩田が、ここで、その悔しさを晴らすか。


△クルミナル

この馬も、外枠がマイナスなのだが。
しかし、そのせいで、前日6番人気と、人気が下がっているなら、馬券妙味はある。
とにかく、桜花賞で一番強い競馬をしたことを素直に評価します。


△ルージュバック

桜花賞は、いろんな敗因はあるでしょうが、東京なら巻き返しはあるはず。
距離延長もプラスだし、桜花賞で下げて失敗した戸崎が、今回はある程度の位置で競馬をするなら、差し損ねもないか。
この馬とのマンカフェ産駒ワンツーが、一番現実的だなあ。

馬券はシングウィズジョイを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (5)

【POG】今週は4頭の出走(あと2週!)

2015-05-21 22:58:56 | POGその他
先週はシェアポイント狙いの2頭のみの出走でしたが、タキオンレディーが2勝目を上げてくれました。
これで、シェアポイント部門の順位は、360位から309位へと、久々にアップしました。
しかし、残り2週間で、上位100位以内に入るのは不可能であり、ここは、飛び賞の300位に狙いだな。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○スナークエンジェル
(牝 父タニノギムレット 母スナークスマイル 栗・川村) 指名人数13人

土曜の京都3レース未勝利戦(ダート1200m 16頭立て)に出走し、1.0秒差の4着。
好スタートから前に取り付き、直線向いた時には3着あるかの勢いも、最後は力尽き、3着馬に5馬身も離されたか。
中1週で、来週出走することは、なさそうなので、POG期間での未勝利脱出はなりませんでした。
もっと早く、芝に見切りをつけて、ダートで走らせていれば、期間中に、勝ち上がれたかもなあ・・

○タキオンレディー◎◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

土曜の京都6レース500万(ダート1200m 16頭立て)に出走し、1/2馬身差つけて、見事1着でした。
中1週で、前走に続き、新人の加藤が騎乗しましたが、2番手から、直線は内をつくロスない競馬でうまかった。
もう少し早く2勝目を上げて、ダートのオープン特別ぐらいには、出走してほしかったなあ。残念。

今週は4頭の出走がありますが、4頭とも未勝利戦です・・・この時期、まだ勝ち上がってないとは。。。
残念ながら、オークスには、1頭もPO馬を送り込むことが出来ず、今年は牝馬選びに失敗したなあ・・・

◆ライムスカッシュ
(牝 父キングカメハメハ 母ライムキャンディ 栗・藤岡)

土曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が藤岡佑で出走。
ハズレ牝馬の1頭ですが、昨年10月にデビューして、7着大敗から、なんと、7か月半ぶりのお目見え・・
POG期間に、もう見ることはないと思ってましたが、なんとか戻ってきてくれて、うれしいよ。
デビュー戦の芝から、今回ダートとなるが、近親にベルシャザールがいるので、ダートで変わってくれるか。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

土曜の新潟3レース未勝利戦(ダート1800m 15頭立て)に鞍上が木幡で出走。
ハズレ牝馬の2頭目ですが、中1週で、前走と、まったく同じ条件に出走してきました。
その前走が、初ダートで逃げて0.2秒差の3着と頑張ったので、今回は、是非勝ち上がってほしいね。

◆クローディオ
(牡 父ハービンジャー 母シーザリオ 栗・石坂)

土曜の京都4レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が内田で出走。
こちらも、中1週で、前走と、まったく同じ条件に出走してきました。
その前走が、0.3秒差の3着で、今回、その時の2着馬ノミネーションも出走しているので、敵はその馬のみだ。

○アウトゼアー
(牡 父ダンスインザダーク 母マッキーアイドル 栗・西橋) 指名人数9人

土曜の京都5レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上が和田で出走。
中3週ですが、こちらも、前走と、まったく同じ条件に出走してきました。
その前走が、0.4秒差の4着と健闘してますし、京都2000mの時計だけで言えば、この馬が一番速いので、期待。
血統的には、2400m以上のレースでの走りを見たかったのだが、POG期間に、それは叶わず。
なんとか、秋には、菊花賞に駒を進めるぐらいに出世してもらいたいのだが。
コメント

ヴィクトリアマイル15((結果))

2015-05-19 22:27:16 | ヴィクトリアマイル
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月17日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[3] 5  ストレイトガール  牝6 55 戸 崎 1.31.9 5
2[4] 7 △ケイアイエレガント 牝6 55 吉田豊 アタマ 12
3[8] 18  ミナレット     牝5 55 江田照 1.3/4 18
4[2] 4  レッドリヴェール  牝4 55 ルメー 1.1/2 3
5[1] 2  カフェブリリアント 牝5 55 福 永 クビ 4
6[7] 15 ○ヌーヴォレコルト  牝4 55 岩 田 1/2 1
7[3] 6 △ディアデラマドレ  牝5 55 藤岡康 ハナ 2
8[8] 17 △ショウナンパンドラ 牝4 55 浜 中 2 7
9[5] 10  ハナズゴール    牝6 55 丸 田 1/2 16
10[6] 11  スマートレイアー  牝5 55 武 豊 1/2 6
11[8] 16  リトルゲルダ    牝6 55 Mデム 3/4 15
12[2] 3 ◎スイートサルサ   牝5 55 田中勝 3/4 9
13[4] 8  バウンスシャッセ  牝4 55 北村宏 アタマ 11
14[5] 9  ベルルミエール   牝4 55 川 島 1 14
15[6] 12  アルマディヴァン  牝5 55 勝 浦 アタマ 17
16[1] 1 ▲タガノエトワール  牝4 55 川 田 1.1/4 10
17[7] 13  メイショウマンボ  牝5 55 武 幸 1/2 8
18[7] 14  ウエスタンメルシー 牝4 55 内 田 8 13

払戻金 単勝 5 1410円
    複勝 5 490円 / 7 1020円 / 18 8500円
    枠連 3-4 4510円
    馬連 5-7 36880円 / 馬単 5-7 73990円
    3連複 5-7-18 2860480円 / 3連単 5-7-18 20705810円
    ワイド 5-7 5410円 / 5-18 86300円 / 7-18 86580円

2,070万馬券ですかあ・・・当てた人、羨ましい・・・・
リピーターG1なのは分かっていたが、今年は、種牡馬までリピートするとは、まさかのマンボ違い・・・

当初の予定では、昨年本命にしたケイアイエレガントを今年も本命にする予定だったのだが・・
どうにも、予想が不調の時は、変に予想、考えをいじくり回して、結局、大ハズレの酷い結果に・・
最終的に、今年は過去の傾向を重視して、「6歳以上は不振」「内枠有利」という、この2点重視で予想。
で、結果が、6歳馬のワンツーに、大外枠の馬が3着なんだから、もう、どうにもなりません。。。

ケイアイエレガントを本命にして、予想を組み立てていれば、前残り、先行勢中心の予想になるわけで。
そうなれば、好位で競馬が出来るストレイトガールも、逃げ馬ミナレットも買えていたのかも・・無理か。。

勝ったストレイトガールは、昨年、直線不利がありながらの僅差の3着で、マイルはまったく問題ない馬。
むしろ、近走1200では位置取りが後ろになってしまうので、楽に好位が取れるマイルの方が競馬はしやすかったか。
このレースは、フジキセキ産駒が2頭も勝っているG1でもあるし、昨年より、前で競馬出来たことが勝因か。
リピーターG1でもあり、この馬は買いとは思っていたのだが、前走大敗の6歳馬ということで、軽視・・・
その前走は、道悪という明確な敗因があったわけなので、良馬場で見直せたか・・やっぱり、6歳が引っ掛かった。

2着ケイアイエレガントも6歳ということだけで、評価を下げてしまったが、昨年本命にしたんだから、今年も・・
今年の方が、昨年より、順調さは欠いているように見せて、ローテは楽になり、ここへピークを持ってこれた。
また、今年は、2番手追走も、逃げ馬が大逃げしてくれたおかげで、実質の単騎逃げの形になったのもよかった。
自分の予想を信じて、今年もこの馬から行けなかったことを激しく後悔・・ほんま、競馬辞めたくなったよ。。。

3着ミナレットは、18番人気なんだから、みんなそうだろうけど、まったくのノーマーク。
逃げ馬だけど、前走でも逃げれてないし、この馬、ハナ切れてない時の方が多かったからなあ。
そして、今回、大外枠ですから、枠の恩恵もないし、とうてい、この馬が単騎逃げを打つなんて想像出来なかった。
穴の江田なんて言われ、昔は結構、一発を期待した騎手でしたが、まさか、ここでやってくれるとは。。。
しかし、今回、絶妙な逃げを打ったわけではなく、明らかに暴走ぎみのハイペースであり、直線垂れるはずが。
前走、逃げることが出来ずの厳しい競馬の中、0.2秒差に粘る競馬をしており、馬自身の体調も良かったのかな。
前走のストレスかかる競馬から、今回一転、単騎の大逃げで、後続のプレッシャーもなく気分良く走れたからなあ。

今回、前で競馬をする人気薄の馬は、ケイエア、ミナレット、ベルルミエール、リトルゲルダと4頭しかおらず。
ベルルとゲルダは、マイル実績がなかったので、結局、買える馬はケイエアとミナレットの2頭だったわけで。
あと人気サイドの先行勢ヌーヴォレコルト、ストレイトガール、カフェブリリアントの計5頭BOXでよかったか。
3連複でも280万馬券ですから、先行決着、ストレイトガールは前に行けると判断できれば、取れたわけね・・

急遽本命にしたスイートサルサは、後方から後方のままでは、まったく出番なし・・
前走のように早めに上がる競馬をしてくれることを期待しての本命だったが、勝春に期待したのが間違いだった。
もともと、差し追い込みタイプの馬だし、そんな馬を本命にした自分の予想センスが情けない・・・やめるか・・

やっぱり、G1予想が、当たりません・・・
上半期、オークス、ダービー、安田記念、宝塚記念と、あと4つあるが、5月中になんとか、G1当てたいよ。。。
G1が当たらないと、ほんま、競馬熱が冷めるよなあ・・まだ冷めたくないので、当てます・・・
コメント

ヴィクトリアマイル15(予想)

2015-05-17 00:06:32 | ヴィクトリアマイル
日曜日の東京メイン、ヴィクトリアMの予想
芝 1600M G1 馬齢 18頭立て

毎年、さっぱり当たらないG1なのだが、今回も、例年以上によくわからん・・・
時間もあまりないし、ここは、内枠有利の傾向を信じてみましょうか。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎スイートサルサ

G1ではワンパンチ足りない印象も、内枠を引き当て、一発の可能性が。
前走が、出走取消明けで、体調が万全ではない中での重賞初制覇。
しかも、実績のない福島コースでのものだし、早めに動いて勝てたという自在性も見せた。
その前走の走りを今回に生かせれば、チャンスは充分にあるはず。
東京は[3-1-2-4]と得意にしている舞台だし、4度の着外も大きく負けたのは距離長かったオークスのみ。
東京マイルは、この馬にはベストの舞台だ。

末脚勝負では、マドレやレイヤーに勝てないのは府中牝馬Sで分かったはずだし、追い込みは利かない舞台だ。
そのあたりを鞍上の勝春が、どれだけ理解してくれて乗ってくれるか。
先週のNHKマイルでも東京マイル重賞は得意と穴期待するも、結果を出してくれなかったので、今回は頼むよ。
ここも直線が長いと思わずに、前走同様、福島と思って、早めの競馬で、一発お願いします!


○ヌーヴォレコルト

まず3着を外すことは、ないでしょう。
唯一の不安は、久々のマイル戦ということぐらいだが、マイル実績はあるので、問題ないでしょう。
過去も、ウオッカ、ブエナ、アパパネとG1馬は、しっかり結果出してますので、まず凡走はないはず。


▲タガノエトワール

東京実績なし、マイル実績なしで、ここで買う馬ではないのだが。
内枠を引き当てたことと、ハープスターに替わっての代役激走に期待したい。
2、3走前は、出遅れが響いての敗戦だったが、前走は好スタートから好位に取り付き、強い競馬。
今回も最内枠だけに、スタートがカギであり、スタートさえ決めれば、チャンスの芽が出る。
ヌーヴォ相手にローズS、秋華賞で連続接戦を演じた実績があれば、ここでも十分通用はするはず。


△ケイアイエレガント

昨年、本命にした馬ですので、今年も期待します。
6歳馬には、分が悪いレースなのだが、過去2頭のみ好走した6歳馬の共通点は、前走勝っていた。
で、この馬も、前走、京都牝馬Sを勝っていますので、6歳馬ながら、好走出来る資格あり。
昨年は、中山牝馬S、福島牝馬Sと連続好走しての参戦で、ピークが過ぎたか、疲れもあった。
今年は、予定していた中山牝馬Sを捻挫で回避したことで、楽なローテになったことが吉と出るか。
更に今年は、単騎逃げが濃厚なメンバー構成だけに、逃げ残りの可能性は充分ありで、買いましょう。


△ディアデラマドレ

元PO馬なので、本命とも考えたが、いかんせん、脚質が・・
今回のメンバーを見渡せば、この馬が最後方を走ってそうな感じだけに、17頭を差し切るのは困難だぞ。
過去の結果を見ても、最悪でも4コーナー13番手内までに持ってこないと3着までも届かない。
勝つ気であれば、なんとか4コーナー10番手内を目指してくれ。たのむぞ、康太!


△ショウナンパンドラ

父ディープ、母父フレンチと、まさに、ここで買う血統。
秋華賞で、ヌーヴォを負かした実績だけで、ここで威張れる存在だし、血統から、この舞台は合うはず。

馬券はスイートサルサとヌーヴォレコルトの2頭軸での3連複勝負!!
買い目には、上記4頭の他に、もう1頭のディープ産駒スマートレイアー、リピート激走マンボも買います。
コメント (3)   トラックバック (6)

【POG】今週は2頭のみの出走

2015-05-14 21:48:41 | POGその他
先週は7頭が出走し、その中でポルトドートウィユが、京都新聞杯2着で、ダービー行きを決めました。
出来れば、勝ってダービー行きを決めてほしかったが、負けて、ダービーは多少人気が下がるので、逆に狙い目か。
これで、ダービーには、リアルスティール、レーヴミストラル、ポルトドートウィユの3頭出しになりますよ。
シェアポイント部門については、先週は1頭も出走なく、順位は、348位から360位とまたまた後退。
狙いは、ほんま、飛び賞の400位狙いだな・・400位でも、3000円のクオカードがもらえるぞ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

 先週の土曜の新潟2レース未勝利戦(ダート1800m 15頭立て)に出走し0.2秒差の3着。
 芝で結果出ずで、ダートに矛先を変えての参戦で、まったく期待してませんでしたが、逃げて3着に粘りました。
決して、楽逃げではなく、終始2番手の馬に突かれる展開ながら、よく最後まで粘ったと思います。
現状は、ダートの方がいいんでしょうかねえ・・・って、POG終わりますけど。。
 
◆クローディオ
(牡 父ハービンジャー 母シーザリオ 栗・石坂)

 先週の土曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に出走し0.3秒差の3着。
 初のマイル戦での変わり身に期待したのだが、まずまずの走りを見せてくれましたが、POGは終わります・・
  
◆メリーモナーク◎
(牡 父キングカメハメハ 母リッチダンサー 栗・橋田)

先週の土曜の京都6レース500万(ダート1400m 9頭立て)に出走し2.9秒差のドンジリ9着。
前走1800mからの距離短縮が不安だったが、やっぱりの結果に・・・
 血統的に、ダート1400は、合わないでしょうよ。なんで、このレース選んだのかねえ・・POG終わるよ・・

◆ハッピーユニバンス
(牝 父ジャングルポケット 母アドメイヤセラヴィ 栗・平田)

 先週の日曜の新潟2レース未勝利戦(芝2000m 15頭立て)に出走し、3馬身差をつける圧勝!
 5か月半ぶりの出走だったので、期待してなかったのだが、強い競馬でしたよ。
 しかし、もうPOG終わりですから、もっと早く復帰してほしかったね。。

◆レレオーネ
(牡 父ディープインパクト 母ポトリザリス 栗・吉田直)

先週の日曜の京都4レース未勝利戦(芝2400m 11頭立て)に出走し1.1秒差の5着。
3か月ぶりの出走だったが、もうちょっと頑張ってくれると思ったのだが、残念・・・
この馬は、結局、ハズレだったが、今週は、近親の元PO馬ディアデラマドレがG1出走なので、そっちに期待。

◆レーヌドブリエ◎
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

 先週の日曜の東京5レース500万(芝1800m 8頭立て)に出走し、見事1着に。
 京都の矢車賞(芝2000m 6頭立て)があったのに、何で、わざわざ東京を選んだのかと思ったら。
母ドーベルの主戦ジョッキーだった吉田豊騎手の1100勝達成に合わせて、東京に連れていったとのこと。
矢作調教師、なんて、粋なことするんでしょうか。
それも、きっちり、勝てる仕上げで連れていっているわけで、凄いねえ。
 中1週のローテで東京遠征ということで、馬体減を心配しましたが、マイナス6キロで、410キロ台でした。
 やっぱり、マイナス体重となり、ギリギリの馬体だったと思いますが、馬がよく頑張りました。
オークスには、間に合いませんでしたが、夏、休養して、馬体の成長を期待し、秋華賞を目指してほしいね。

先週が7頭も出走があったので、今週は通常POGの指名馬の出走はなし。
シェアポイント狙いの2頭のみの出走となりました。
今回のPOGも、残すところ、あと3週ですので、ほんとラストスパートです・・
まだ未勝利戦を走っているようでは。。

○スナークエンジェル
(牝 父タニノギムレット 母スナークスマイル 栗・川村) 指名人数13人

土曜の京都3レース未勝利戦(ダート1200m 16頭立て)に鞍上が和田に乗り替わりで出走。
ようやく、芝に見切りをつけ、ダート戦に出走ですか。
ダート戦は、3走前に地方の笠松で、2着と、一応、結果を出しているので、ここも期待したいところだが。

○タキオンレディー◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

土曜の京都6レース500万(ダート1200m 16頭立て)に鞍上が加藤祥で出走。
中1週で、前走に引き続き、新人ジョッキーが騎乗です。
この条件は、前走こそ7着と大敗したが、好走実績あるコースなので、なんとか結果を出してほしいね。
コメント

NHKマイルC15((結果))

2015-05-12 21:51:49 | NHKマイルC
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年5月10日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[4] 7 △クラリティスカイ  牡3 57 横山典 1:33.5 3
2[5] 9  アルビアーノ    牝3 55 柴 山 1 4
3[6] 12 △ミュゼスルタン   牡3 57 柴田善 クビ 2
4[1] 1 △アヴニールマルシェ 牡3 57 北村宏 1.1/2 5
5[1] 2  グランシルク    牡3 57 戸 崎 クビ 1
6[7] 14  ヤングマンパワー  牡3 57 松 岡 アタマ 10
7[7] 15  フミノムーン    牡3 57  幸  1 13
8[8] 17  ニシノラッシュ   牡3 57 田 辺 クビ 9
9[5] 10  アルマワイオリ   牡3 57 勝 浦 クビ 6
10[7] 13  コスモナインボール 牡3 57 柴田大 1/2 16
11[8] 16  ダノンメジャー   牡3 57 武 豊 1/2 8
12[2] 4 ◎グァンチャーレ   牡3 57 蛯 名 クビ 11
13[6] 11  ヤマカツエース   牡3 57 池 添 クビ 7
14[2] 3  クールホタルビ   牝3 55 吉田豊 2 18
15[4] 8 ○ナイトフォックス  牡3 57 田中勝 1.1/2 17
16[3] 6 ▲レンイングランド  牡3 57 内 田 1/2 14
17[8] 18  マテンロウハピネス 牡3 57 浜 中 2 12
18[3] 5  タガノアザガル   牡3 57 松 田 クビ 15

払戻金 単勝 7 640円
複勝 7 210円 / 9 260円 / 12 230円
枠連 4-5 1510円
馬連 7-9 2800円 / 馬単 7-9 5990円
3連複 7-9-12 6200円 / 3連単 7-9-12 36720円
ワイド 7-9 1120円 / 7-12 780円 / 9-12 1260円

大荒れ狙って大振り予想も、それをあざ笑うかの堅い決着・・・・
掲示板には、人気上位5頭がみんな入り、極めて順当な結果。
混戦と言われる時ほど、堅く収まる傾向が、最近は多い気がするなあ・・

今年は、マイル路線組のレベルが例年以上に低いとみて、軸はクラシック路線組からとしたのは正解だったが・・
今年は距離短縮組が6頭出走したが、4頭が上位独占し、それで3連複が6200円もつくのかあ・・・
マイル路線組を軽視しておいて、この馬券が取れないなんて、ほんと予想が下手すぎる・・
って、穴で選んだ2頭は、マイル路線組だから、予想がブレまくっているわけですが・・

勝ったクラリティスカイは、2000mの弥生賞、皐月賞で結果が出ず、実績あるマイルに戻って本領発揮。
よって、次走も、ダービーではなく、状態を見て、安田記念に挑戦するかもとのこと。
父クロフネ、母父スペシャルウィークとも、このレースで結果を出している血統ですから、この舞台は合いました。
横典も、春天に続いての2週連続のG1制覇と、のっている時は、いい騎乗を見せますなあ。

2着アルビアーノは、3戦3勝と、まだ底を見せていない馬でした。
こういう馬を安易に消すのは、バカですね・・
逃げてしか勝ってないことと、前走のフラワーCの相手レベルが低かったことで、軽視してしまったな。
血統もサンデーの血を持たない外国産というのもイヤだったし、鞍上の柴山も人気馬では信用おけなかったな。
しかし、2番手からの競馬でも、まったく問題なかったし、展開も緩い流れで、この馬には味方したな。

3着ミュゼスルタンは、陣営の超強気コメントもあっては、一時は1番人気に支持されてましたな。
今回は、展開が向かなかった感じ。
そんな中で、よくクビ差の3着まで来たということで、頑張ったほうじゃないでしょうか。
NHKマイル出走の賞金上位組が、ダービーに駒を進めないようなら、この馬のダービー出走の可能性はありそう。
ベテラン善臣先生に、ダービーの出走機会を与えてほしい気もするなあ。

本命にしたグァンチャーレは、スタートの出遅れが痛かった。
今回の前有利のスローの流れになってしまっては、あの位置取りは辛い。
更に、直線では、騎手が立ち上がるほどの致命的な不利も受けるしで、もう踏んだり蹴ったり・・
まあ、あの不利がなければ、2着はあったかと言われれば、微妙・・・掲示板が精一杯だったかな。
皐月賞を挫石で回避と順調さを欠いた馬をG1で本命にするというのは、やっぱりダメでしたかね。

もっとダメだったのは、いくら穴狙いとはいえ、過去に好走例のない前走オープン特別惨敗馬を買ってはねえ・・
馬のレベルを見極め、無理な穴狙いではなく、危ない1番人気馬を消して、あとは順当に買えばよかったわけで。
1番人気グランシルクは、重賞未勝利、東京未勝利の実績から、明らかに過剰人気馬の典型でしたね。
前走、不利がなければ勝っていたという評価でしょうが、そのNZTのレベルが低かったですからねえ。

しかし、矢作厩舎は、ここではダメだったが、9レースで14番人気、10レースで13番人気が3着で穴あけ。
その流れで、ここも穴あけてほしかったが、さすがに3連続大穴は、なかったですね・・・

G1レースが、ちっとも当たりません・・
頼りは、PO馬とするなら、ヴィクトリアMは、あの馬から買うか・・でも軸にするには脚質が不安だな。
てか、そもそも、人気するから、軸にするのはイヤだなあ・・
コメント

京都新聞杯15((結果))☆☆

2015-05-12 21:50:11 | 京都新聞杯
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月9日(土) / 京都 2200m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[2] 4 △サトノラーゼン   牡3 56 川 田 2:11.3 2
2[1] 2 ◎ポルトドートウィユ 牡3 56 武 豊 1/2 1
3[8] 15 ○アルバートドック  牡3 56 藤岡康 ハナ 6
4[2] 3 △トーセンバジル   牡3 56 岩 田 アタマ 4
5[1] 1  ダノンリバティ   牡3 56 浜 中 3/4 3
6[5] 9  スピリッツミノル  牡3 56 酒 井 1.1/4 5
7[6] 11  レントラー     牡3 56 北村友 1.1/4 10
8[6] 12 ▲シュヴァルグラン  牡3 56 内 田 アタマ 7
9[3] 6  シャッターチャンス 牡3 56 小 牧 3 12
10[7] 14  ジェネラルゴジップ 牡3 56  幸  1 13
11[5] 10  スワーヴジョージ  牡3 56 池 添 ハナ 8
12[4] 7  リベレーター    牡3 56 太 宰 クビ 11
13[4] 8  タイセイアプローズ 牡3 56 松 山 1.1/4 15
14[7] 13  ゼンノブレーメン  牡3 56 和 田 6 14
15[8] 16  ロードクロムウェル 牡3 56 福 永 1.3/4 9
16[3] 5  ネオアトラクション 牡3 56 武 幸 2.1/2 16

払戻金 単勝 4 460円
    複勝 4 170円 / 2 160円 / 15 240円
    枠連 1-2 380円
    馬連 2-4 1110円 / 馬単 4-2 2460円
    3連複 2-4-15 2860円 / 3連単 4-2-15 13160円
    ワイド 2-4 430円 / 4-15 770円 / 2-15 820円

勝ってダービーに行ってほしかったなあ・・ポルトドートウィユ。。。
2着賞金加算で、一応、ダービーへの出走は確定させたものの、ここで勝てないようでは、本番は厳しいか・・
直線は、もうちょっと弾けてくれると思ったが、現状、まだ成長途上と言ったところでしょうか。。
母父クロフネというのが、距離延長を拒んでいるのでしょうか?
本番に向けては、ここを負けたことで、人気もさほど上がらないなら、穴で狙えるかな。
本番まで、まだ少し時間があるので、それまで、どれだけ成長、上積みを見込めるかだな。
あとは、ダイナカール、エアグルーヴという府中2400を勝った血が、同じ舞台で、どれだけ騒いでくれるか。

勝ったサトノラーゼンは、前走500万を快勝した勢いそのままに、ここも危なげない勝利。
池江厩舎は、ベルーフがダービー回避の噂があるし、アッシュゴールドは、春ダメだったし・・
そんな中、しっかり、ダービー行きを決めてくるあたり、さすが実績ある厩舎ですなあ。
鞍上の川田は、ダービーにはレーヴミストラルに騎乗ということで、ダービーの鞍上が未定に。
今年は、岩田が、まだ、ダービーの騎乗馬が決まっていないはずなので、恐らく、岩田あたりに落ち着くのでは。
鞍上が岩田に決まれば、ダービーでも、無視出来ない存在だなあ。。

3着アルバートドックは、ハナ差でダービー行きを逃す結果に。
結局、2年前の再現となるディープ産駒のワンツースリー決着。
とにかく、このレースは、ディープ産駒が強い。(それ以前は、マンカフェ産駒が強かったが)

馬券は、ようやく3連複が当たったが、いかんせん、安い・・・
ここは、ポルトとアルバートの2頭は、かなり自信があったので、2頭軸3連複勝負で絞って買うべきだったな。
まあ、調子こいて、馬単、3連単で買わなかったのだけは、よかったが。
やっぱり、馬券は、PO馬絡みしか当たらない状態になっているなあ・・
PO馬の出走がないNKHマイルは、当たらないということか。。。。
コメント

NHKマイルC15(予想)

2015-05-10 02:27:43 | NHKマイルC
日曜日の東京メイン、NHKマイルCの予想
芝 1600M G1 定量 18頭立て

今年は、ここに、PO馬の出走もないし、荒れるG1ですので、何の気兼ねもなく、思いっきりぶん回します!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎グァンチャーレ

春天のミロティックに続いて、ここも、乗り替わりの蛯名に期待だ。
蛯名といえば、昨年、12番人気の馬で、3着と穴をあけましたし、5年前には、2着もあります。
東京マイルG1は、安田記念もヴィクトリアMも勝っている男ですから、ここでも、やってくれるはず。

馬は、皐月賞を挫石で回避も中山2000mは、この馬には合わなかったので、ここに切り替えは結果オーライ。
東京コースで結果が出ていないといえ、いちょうSは、ハデな出遅れで勝負にならず。
それでいて、上がりはメンバー最速の33.5ですから、直線の長いコースは、この馬に合っている。
東スポ杯では、直線、馬群に包まれっぱなしで、脚を余しての0.3秒差ですから、まともなら勝っていたよ。
シンザン記念こそ勝ったものの、ここまでは、騎手に恵まれてこなかった感もあり、今回の乗り替わりはいいぞ。

そしてスクリーンヒーロー産駒といえば、今年、モーリスが、いきなりマイル界を席巻!
モーリスは、中山マイルでの3連勝とはいえ、あの末脚をみれば、東京でダメということは、あるまい。
グァンチャーレがここを勝つようなことがあれば、モーリスも安田記念を勝っちゃうな、これ。
ロベルトの血は、過去、母系で穴をあけるスパイスになっていたが、アルフレードの2着あるし、そろそろ父系で勝っても。
母系には、タイキシャトルでお馴染みのデビルズバックの血があり、マイルでこそ輝く血です。

枠も内目の好枠を引いたし、まさに先週のミロティックのようで、しっかり内で脚を貯めれば、爆発します!


○ナイトフォックス

前走、橘Sを使って惨敗したことで、まったく用なしの存在に見えるが。
NZTでは、早めの競馬から直線で先頭に躍り出て、あわやの4着と見せ場たっぷりの大健闘。
先行勢壊滅の追い込み馬決着の中、0.2秒差の競馬ですから、展開ひとつで、逆転は充分にある。
そのNZTからのローテだったら、きっと穴人気したはずだが、橘Sを使ったことで、まったくの人気薄に。
橘Sは、ローテ的にも使いたくなかったはずだが、ここへ向けて賞金加算が必要で仕方なく。
しかし、結局、賞金加算出来なかったわけだが、運よく、ギリギリで出走にこぎつけたツキを味方に、ここで一発!

その前走は、中1週の厳しいローテもあったし、1400mの忙しい距離も合わなかった。
外枠だったことで、馬を前に置けず、脚を貯めることが出来なかったのも敗因のひとつ。
今回は、内目の枠を引き当てたし、実績あるマイル戦、そして何より東京での競馬。
この馬、ここまで2度、凡走しているが、その2度はいずれも関西遠征でのもの。
東京マイル戦は、未勝利戦だが、ソールインパクトから0.1秒差の2着と好走。
3歳になってソールインパクトは失速してしまったが、2歳時は東スポ杯3着の実績馬でしたから。

血統もバクシンオー産駒は、グランプリボスが、このレースを勝っている。
母父のダンスインザダークは、クラレントが3着で穴をあけている。
近親には、ナリタブライアン、ビワハヤヒデがいる良血でもあり、G1の大舞台でも通用する下地はある。
鞍上の勝春は、このレース、2年前2着してるし、東京マイルは安田記念も勝っている。
他にも東京新聞杯3勝、富士S2勝と、東京マイル重賞は、得意だ。
大竹厩舎、ルージュバックの前に、この馬で、大金星があるかもしれんぞ。


▲レンイングランド

無理を承知も、やっぱり矢作厩舎の馬なので、気になってしょうがない。
矢作厩舎は、このレース、グランプリボスでの勝ちを含め、3年連続馬券になっている得意G1だ。
実績的には、芝では1200までしか勝ってない09年、13番人気で3着したグランプリエンゼルに近い存在だ。
ここ2走の大敗は、道悪に泣いたもので、良馬場なら巻き返せると、陣営も期待を寄せている。
マイルの距離についても、シンザン記念を逃げて0.1秒差まで粘っているので、距離は持つはず。
昨年のタガノブルグや2年前のインパルスヒーローと、マイル実績のない馬が穴をあけており、今年はこの馬。
血統的にも父クロフネ、母父バクシンオーとも、このレースに実績ある血統で、激走あって不思議なし。
母はアイビスSD2着のスプリンターですが、近親には札幌記念2着のファイトコマンダーがいる。

今回、乗り替わりの内田は、この馬で既に勝っているし、穴をあけたグランプリエンゼルにも乗っていた。
内田といえば、このレース、17番人気のピンクカメオでも勝っており、ここは、穴で期待出来る騎手だ。
土曜のプリンシパルSでは最低人気馬が3着にきており、この時期の3歳馬は、何が来るか分からない。
その穴馬は、先行馬だったし、この馬も、内枠から楽に先行して、早めに抜け出す競馬で粘り込みに期待。


△アヴニールマルシェ

マイル重賞は、やっぱりディープ産駒は無視できない。
今年は、この馬1頭のみの出走だし、共同通信杯5着の実績だけでも、このメンバーなら実績上位だ。
あとは、藤沢厩舎が、ここを勝ちに来てるのか、ダービーへの叩き台としるのかの仕上げ具合だけか。


△クラリティスカイ

実績上位というなら、朝日杯3着のこの馬も外せない。
東京マイルは、いちょうS勝ちもあり、クロフネ産駒もいいし、母父スペシャルウィークは昨年の2着馬と一緒。
横典の2週連続G1制覇が見られるか。


△ミュゼスルタン

前走は7か月ぶりの休み明けで0.5秒差なら、まずまずか。
この春の3歳G1は、キンカメ産駒が連勝しているだけに、3連勝の可能性もあるよねえ。

馬券はグァンチャーレを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (5)

京都新聞杯15(予想)

2015-05-09 00:08:25 | 京都新聞杯
土曜の京都メイン、京都新聞杯の予想
芝 2200M G2 馬齢 16頭立て

先週の青葉賞がPO馬レーヴミストラルが、しっかり勝ってくれたので、その流れでいけば、今週は、この馬がやってくれる。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎ポルトドートウィユ

ダービー男に、今年、まだ確定したダービー騎乗馬がいないのでは。
青葉賞のティルナノーグで権利取り失敗しており、ここは、なんとしても勝って、ダービー行きを決めたい武豊。
ここでダメならの保険として、NHKマイルのダノンメジャーがいるけど、やっぱり、この馬で決めたいよね。
今年の武豊は、2月のフェブラリーSまでは絶好調だったんだけど、その後の流れは、悪いですなあ。
桜花賞は勝負にならない人気薄馬、皐月賞は直前回避の憂き目、そして、春天でのキズナの惨敗・・
そんな悪い流れを、この馬で断ち切ってもらいたいものですな。

キズナを持ち出すまでもなく、このレースとディープ産駒の相性はいい。
母系のトニービンの血も、このレースには好相性であり、ほんとに、結果を出してほしい。
京都コースも勝ってはいないが、2戦2着2回と崩れておらず、コース適性はある。
ダービーで好勝負するには、このメンバー相手に負けるわけにはいかないぞ。頼むぞ!!


○アルバートドック

2頭目のディープ産駒。
前走の毎日杯は、4着で賞金加算出来ずも、0.1秒差と差のない競馬。
2走前には、今回、前日1番人気に支持されているサトノラーゼンを負かしている。
京都でも勝っているし、ハープスター引退は残念な松博厩舎も、レーヴミストラルに続くダービー切符取りだ!


▲スワーヴジョージ

穴は、休み明けで人気を落としている、この馬か。
前走、クビ、アタマ差の3着だったが、その1、2着馬が、青葉賞で2、3着なら、この馬も、いけるはず。
重賞の東スポ杯でも、0.3秒差の競馬をしており、実績的には、このメンバーに入れば、上位の存在。


△シュヴァルグラン

さぶちゃんキタサンブラックに続けるか、佐々木家の馬。
前走の毎日杯は、位置取りが後ろ過ぎての5着も、上がりはメンバー2位の脚を使っており、乗り方ひとつ。
内田もダービーの騎乗馬がいないはずなので、ここで権利を取りたいところ。
アルバートドックを京都の未勝利戦で負かしているので、この舞台なら、チャンスは充分ありそう。


△サトノラーゼン

3頭目のディープ産駒。
3年前にディープ産駒が3着まで独占した実績があるだけに、今年も、その再現は充分にありそう。
こちらは、展開利があったとはいえ、京都未勝利戦で、レーヴミストラルを負かした馬。
ここで、この馬が勝てば、川田は、ダービーで、レーヴとどちらを選ぶのでしょうか?


△トーセンバジル

岩田も、ダービーで騎乗する馬がいないのでは。。
ならば、ここで結果を出さねば、ならない立場。
こちらも、未勝利戦で、サトノラーゼンを負かしております。
トーセンホマレボシが勝ったレースですから、血の流れで、この馬にもチャンスはあるか。

馬券はポルトドートウィユを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

【POG】今週は7頭が出走!

2015-05-07 21:50:36 | POGその他
先週は4頭が出走しましたが、レーヴミストラルが、見事、青葉賞を勝ち、ダービー行きを決めてくれました。
残りのシェアポイント狙いの3頭については、掲示板にも乗れず、ポイント加算ゼロに終わってしまいました。
これで、シェアポイント順位は、331位から348位とまた後退し、もう400位狙いしかない状況です・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○アルボルデヴィダ
(牝 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田) 指名人数26人

先週の日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に出走し、ドンジリ負け・・
もうレース映像すら見てません。勝ち馬から4.4秒差負けですから・・
そして、登録抹消されてしまいました・・・
とにかく、次回のPOGへの教訓として、わけわからん産駒の馬は、絶対指名しないことね。。当たり前か・・

○タキオンレディー◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

 先週の日曜の京都5レース500万(ダート1200m 14頭立て)に出走し、0.9秒差の7着。
 2番手追走の積極策も、直線垂れて、掲示板すら乗れませんでした・・
2か月半ぶりの出走で、新人騎手への乗り替わりも不安でしたが、2番人気だったので、頑張ってほしかったが。
 5月中に、あと1回、走ってくれるでしょうか。なんとか2勝目が見たい。

○ミュストレディ
(牝 父ゼンノロブロイ 母レディマールボロ 栗・矢作) 指名人数27人

先週の日曜の新潟6レース未勝利戦(芝1800m)に出走し1.2秒差のこちらも7着。
中1週という強行軍でしたが、果敢に逃げの手を打つも、直線で止まってしまいました。
この時期走るロブロイ産駒の牝馬なんだけど、この馬はダメでしたか。
こちらも、5月中に、あと1回出走してもらって、なんとか未勝利を脱出してもらいたいね。

さて、今週は、京都新聞杯にポルトドートウィユが出走を予定しております。
若葉Sの敗戦を受けて、皐月賞は捨てて、ダービー1本に絞ったわけですが、ここは勝ってもらわねば。
正直、青葉賞、春天での武豊の乗り方を見ると、ここでも不安がよぎるのだが、しっかり乗ってね。
その他に、今週はシェアポイント狙い馬は1頭も出走せず、以下の通常POG指名5頭が出走予定です。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

 土曜の新潟2レース未勝利戦(ダート1800m 15頭立て)に鞍上が2年目の木幡に乗り替わりで出走。
 芝で3戦して結果出ずで、ダートに矛先を変えてきましたが、まったく期待してません・・・
 
◆クローディオ
(牡 父ハービンジャー 母シーザリオ 栗・石坂)

 土曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が内田に乗り替わりで出走。
 中5週での出走となるが、今回が、初のマイル戦ということで、変わってほしいが。
 期待したシーザリオの仔だったのに、まさか、5月で未勝利戦に出ているとは・・・
 
◆メリーモナーク◎
(牡 父キングカメハメハ 母リッチダンサー 栗・橋田)

土曜の京都6レース500万(ダート1400m 9頭立て)に鞍上が酒井に乗り替わりで出走。
中1週のローテになるが、前走がダート1800mで勝ち上がったので、今回の距離短縮はどうなの?
 血統的には、芝の中距離での走りが見たいのだが・・・

◆ハッピーユニバンス
(牝 父ジャングルポケット 母アドメイヤセラヴィ 栗・平田)

 日曜の新潟2レース未勝利戦(芝2000m 15頭立て)に鞍上が津村に乗り替わりで出走。
 5か月半ぶりの出走となりますので、ここでの勝ち上がりは難しいと思うが、なにせ、もう5月ですから・・
 POG終わっちゃうんで、いきなり走って下さい。

◆レレオーネ
(牡 父ディープインパクト 母ポトリザリス 栗・吉田直)

日曜の京都4レース未勝利戦(芝2400m 11頭立て)に鞍上が藤岡康に乗り替わりで出走。
3か月ぶりの出走となりますが、前走が京都2200mで3着と好走してますので、この条件はいいはず。
この距離なら、別のPO馬アウトゼアーに出走してもらいたかったのだが・・中1週だから出てこなかったか。

◆レーヌドブリエ◎
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

 日曜の東京5レース500万(芝1800m 8頭立て)に鞍上が吉田豊に乗り替わりで出走。
 京都の矢車賞(芝2000m 6頭立て)に登録があったのに、何で、わざわざ東京を選んだのでしょうか?
 中1週というローテだし、410キロ台の小さな馬体を考慮すれば、前走勝った京都の方がよかったのでは。
 もう、オークス出走も間に合わないわけだし、なんで、京都じゃなくて、東京なのでしょうか??
 2000mという距離延長に不安があったのでしょうかねえ。。それでもなあ・・

先週のG1春天では、元PO馬のカレンミロティックが3着と頑張ってくれました。
この流れでいけば、新潟大賞典も、元PO馬ラングレーの激走があるのでは。
でも、ラングレーは、弟の活躍もあり、過剰に人気しそうで、馬券妙味はなさそうだな。。
NHKマイルCは、PO馬の出走なしで、G1なのに、あんまりやる気がおきないなあ・・
コメント

天皇賞(春)15((結果))

2015-05-06 22:44:17 | 天皇賞(春)
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月3日(日) / 京都 3200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 1  ゴールドシップ   牡6 58 横山典 3:14.7 2
2[7] 14  フェイムゲーム   牡5 58 北村宏 クビ 7
3[1] 2 ◎カレンミロティック セ7 58 蛯 名 3/4 10
4[2] 4 △ラストインパクト  牡5 58 川 田 クビ 5
5[2] 3  ネオブラックダイヤ 牡7 58 秋 山 1/2 16
6[3] 6  ホッコーブレーヴ  牡7 58  幸  ハナ 11
7[7] 13  キズナ       牡5 58 武 豊 1.1/4 1
8[5] 10 ▲ラブリーデイ    牡5 58 ルメー クビ 8
9[8] 15 △サウンズオブアース 牡4 58 内 田 1 4
10[6] 12  デニムアンドルビー 牝5 56 浜 中 1.1/4 9
11[6] 11  フーラブライド   牝6 56 酒 井 クビ 14
12[8] 16 △ウインバリアシオン 牡7 58 福 永 3/4 6
13[4] 7  トーセンアルニカ  牝5 56 池 添 3 17
14[3] 5  タマモベストプレイ 牡5 58 津 村 1/2 15
15[8] 17 ○アドマイヤデウス  牡4 58 岩 田 7 3
16[5] 9  クリールカイザー  牡6 58 田 辺 2 12
17[4] 8  スズカデヴィアス  牡4 58 藤岡佑 クビ 13

払戻金 単勝 1 460円
    複勝 1 260円 / 14 630円 / 2 610円
    枠連 1-7 690円
    馬連 1-14 6060円 / 馬単 1-14 8480円
    3連複 1-2-14 57160円 / 3連単 1-14-2 236300円
    ワイド 1-14 2300円 / 1-2 2460円 / 2-14 6010円

◎カレンミロティックは頑張ってくれたのだが、1、2着馬無印では、はなしにならん、酷い予想結果・・・

ミロティックは、テン乗り蛯名が完璧に乗ってくれました。
内枠を活かして、道中はインの3番手で距離ロスのない完璧な位置取り。
逃げた馬が早めにバテてしまった誤算はあったが、4コーナーでスパートし、直線で後続を引き離して先頭に。
あの時点で、これは大金星!勝ったかと思いましたが、最後は自力の差というか、長距離適正の差が出ましたかね。
いやあ、10番人気で3着と頑張ってくれたのに、ここで馬券が取れなかったのは、あまりに痛すぎる・・・
次の宝塚記念では、もう人気するのは必至であり、馬券妙味ゼロだけに、ここで、当てないとなあ・・・

勝ったゴールドシップは3度目の正直となる悲願の勝利でしたが、横典の神騎乗が凄すぎます。
馬券は、実は最後にゴールドシップを、横典が前で競馬する可能性があったので買い足したのだが・・
結果的に、2着馬が無印だったので、結局ハズレに終わってしまいました・・

スタートは出遅れなかったが、結局、馬が前に行かずの最後方からの競馬を見て、今年もダメだと思いましたが。
まさかの、残り1000mからのロングスパート、そして、4番手に取り付いてからの2段階スパート炸裂!
あそこで、早めに脚を使いながら、直線、まだ脚が残っているという規格外のスタミナですな。
昨年は、出遅れて、後方のまま、何も出来ずに終わってしまったが、2年前はロングスパートをしてたよなあ。
2年前との違いは、2年前はロングスパートから、そのまま直線勝負になり、直線では余力がありませんでした。
が、今回は、早めのロングスパートで、一旦、好位まで取り付き、直線までしばらく脚を貯める時間を作った。
で、直線に向いてから再スパートする脚を残した横典の好騎乗が素晴らしすぎました。

高速馬場に対応出来ないとして無印にしたが、昨年でも上がり34.2の末脚を使っており、馬場適正ではなかったな。
あくまでも、この馬の場合、位置取りと脚の使い方ひとつであり、ここ2年の結果で、安易に消す馬ではなかった。
だいたいカレンミロティックを本命にしたなら、宝塚で1、2着した相手なんだから、セットで買えよ・・
あの時も3連複は5万馬券で、今回も5万馬券と、せっかくビッグな馬券をプレゼントしてくれたのに。。。

2着フェイムゲームは、このレースでこないダイヤモンドSからのローテで真っ先に消してしまった・・
昨年も同じローテで、本番6着と馬券になっていなかったので、今年も同じ結果だろうと簡単に考えてしまった。
しかし、昨年のダイヤモンドSは、有利な内枠、55キロで勝ったものが、今年は、不利な外枠を58キロで完勝。
明らかに内容が良くなっており、昨年とほぼ同内容のメンバー構成だった今年は、勝負になるとみなければ。。。
だいたいカレンミロティックを本命にしたなら、同じハーツクライ産駒のフェイムゲームも押さえろよ・・
血統でみれば、フェミゲームの方が、このレースと好相性のサッカーボーイが近親にいる血統だし。
母父リボー系というのも、このレースに合った血統。
で、何気にボールドルーラーの血もあり、カレンミロティックと共通する部分もありで、なんで買わなかったの?

1番人気キズナは、まあ、こんなもんでしょ。
実績的にも古馬G1では、まだ馬券になっていない馬だし、長距離実績もない、明らかな過剰人気馬。
レース前、陣営からは「体型がマイラーになってきている」と距離不安を暗に語っていただけに、やはりの結果。
この舞台で、人気に応えられる馬でないことはハッキリしましたので、次の宝塚記念で頑張ってもらいましょう。

というわけで、ほんま、ここを当てることが出来なかったのは痛恨すぎます・・
これで、上半期G1全敗という、悪夢が、また見えてきてしまいました・・
次のNHKマイルは、PO馬の出走もなく、狙う馬が、まったく見いだせない状況で、ハズレは確定的。。
そうは言っても、早くG1当てたいので、また荒れる前提で、NHKマイルは無茶振りしたいと思います。
コメント

青葉賞15((結果))☆

2015-05-05 22:17:18 | 青葉賞
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月2日(土) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[4] 8 ◎レーヴミストラル  牡3 56 川 田 2:26.9 1
2[2] 3 △タンタアレグリア  牡3 56 蛯 名 1/2 4
3[3] 6  ヴェラヴァルスター 牡3 56 田 辺 1/2 5
4[1] 1  ブラックバゴ    牡3 56 戸 崎 1/2 3
5[4] 7 ○ミュゼダルタニアン 牡3 56 内 田 3/4 12
6[2] 4 △レッドライジェル  牡3 56 柴田善 アタマ 2
7[1] 2  ティルナノーグ   牡3 56 武 豊 クビ 7
8[6] 11 △ウェスタールンド  牡3 56 三 浦 1.1/2 14
9[3] 5  レトロロック    牡3 56 北村宏 1.1/4 13
10[8] 17  ストレンジクォーク 牡3 56 柴 山 クビ 9
11[6] 12  スモークフリー   牡3 56 岩 田 1.1/2 8
12[5] 9  マイネルサクセサー 牡3 56 柴田大 1.1/4 15
13[5] 10  トーセンアーネスト 牡3 56 菅 原 クビ 17
14[8] 16  マサハヤドリーム  牡3 56 和 田 1.1/2 10
15[7] 14  ビクトリーミノル  牡3 56 石 橋 クビ 16
16[7] 13 ▲カカドゥ      牡3 56 横山典 アタマ 6
17[7] 15  センチュリオン   牡3 56 吉田豊 5 11
18[8] 18  トーセンスパンキー 牡3 56 小野寺 6 18

払戻金 単勝 8 410円
    複勝 8 160円 / 3 180円 / 6 260円
    枠連 2-4 560円
    馬連 3-8 1190円 / 馬単 8-3 2260円
    3連複 3-6-8 2920円 / 3連単 8-3-6 12990円
    ワイド 3-8 490円 / 6-8 830円 / 3-6 710円

PO馬レーヴミストラルが、見事に1番人気に応えて、3連勝でダービー行きを決めてくれました。
が、せっかく、PO馬が勝ったのに、また馬券が・・・
馬連こそ、なんとか当たり、連敗は止まったものの、勝負馬券の3連複がハズれては、儲けなし・・
だいたい、なんで、馬単じゃなくて、馬連なんだよって、感じですなあ。馬券の買い方が下手すぎる・・

これで、我がPOGのダービーは、リアルスティールとの2頭出しになりますが、もう1頭います。
そう、京都新聞杯に出走予定のポルトドートウィユ。
ポルトも、きっちり京都新聞杯を勝ってもらって、なんとか3頭出しに持っていきたいですな。

今回、レーヴミストラルについては、相手に恵まれた感はあるものの、2400mを連勝した実績は大きい。
今回、圧勝ではなく、1/2馬身差という、地味な勝ち方で、本番での人気が抑えられてくれればいいのだが。
遅い時計で勝ったウインバリアシオンが、本番で、予想外に人気を落として2着したように、そうなればいいが。

2着のタンタアレグリアは、牡馬クラシックに、まだ活躍馬を出せないでいるロブロイ産駒ですが、今年はどうか。
過去、青葉賞組は、勝ち馬しか、本番では用なしが定説になっていたのだが。
2年前が2着馬、昨年が6着馬が穴をあけており、勝ち馬以外にも注目しないといけなくなっております。
しかし、ロブロイ産駒は初年度産駒のペルーサが青葉賞で4馬身差の圧勝劇を演じながら、本番ではダメでした。
昨年も久しぶりにロブロイ産駒で出走したアズマシャトルも結果は出ず。
オークス馬は出しているロブロイ産駒ですが、どうにも牡馬がダメなのは、POG的には定説に。

3着でダービー出走を逃したヴェラバルスターは、休み明けということで軽視して失敗してしまった・・
前走、東京2400mの舞台で、タンタアレグリアを負かしていた1頭だっただけに、押さえておくべきでした。
穴で期待したミュゼダルタニアンが、早め先頭から内で頑張っていたので、一瞬やったと思ったんですけどねえ・・

連敗脱出も、3連複が相変わらず当たらず、ほんまに当たらん予想が続き、辛いです。。
それでも、日曜の春天で、これまでの鬱憤を晴らしてやると、意気込んだのですが・・・
コメント