susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

京都大賞典&毎日王冠13(予想)

2013-10-06 00:15:49 | 7~9月重賞(G2、G3)
今年ようやくPOGで1勝目。
レーヴデトワールが、断然1番人気に応えて、デビュー勝ち。
ハナ差の勝利で、冷や冷やでしたが、それでも勝ったことに将来性を感じます。
阪神JFは、3連勝でデイリー杯を制したホウライアキコが最有力ですが、デトワールもなんとか駒を進めてほしい。

日曜の京都メイン、京都大賞典の予想
芝 2400M G2 別定 13頭立て

このレースは、基本荒れないので、今年も確固たる軸馬がいるし、素直に予想します。
馬券的には、3着馬を当てるレースでしょう。

◎ゴールドシップ

休み明けは大丈夫だが、問題は、レコードが出るほどの早い開幕週の馬場だけ。
それでも、オルフェ、キズナが凱旋門賞で日本を留守にしている中、この馬には、日本でしっかり頑張ってほしい。
そして、強いゴールドシップのまま、JCか有馬でのオルフェとの最初で最後の対決を見たい。


○トーセンラー

舞台が京都なら、逆転の目があるのが、この馬。
実際、春天では、ゴールドシップに先着しており、あとは、乗り替わりのマイナスがどれだけあるかだけ。


▲ヒットザターゲット

実績からは完全なローカル巧者なわけだが。
それでも2走前の目黒記念では、直線、前が壁になる不利がありながら0.4秒差4着と好走。
平坦巧者だけに、直線平坦な京都は合うはずだし、距離も問題なし。
このレースはトニービンの血を持つ馬が、毎年好走しており、母父タマモクロスでグレイソブリンの血がありOK。
内でじっとして、直線、空いたラチ沿いをするする抜けてくれば、3着あたりなら間に合うのでは。


△デスペラード

母父トニービン。今年の穴馬は、こっちか。
鉄砲実績がないのが気になるが、京都は2勝と得意舞台。
日本を留守にしている兄貴の替わりに、弟が得意の穴をあけてくれ。


△エクスペディション

実績からは完全な夏馬、小倉巧者なわけだが。
秋の中央で実績がないのが、これまで、その時期走ってなかっただのこと。
実際、京都や阪神でも勝っているので、案外、G2のここでも、なんとかなるか。
あとは、2400の距離が問題なのだが、ステゴ産駒だし、なんとかもってくれるか。


△トレイルブレイザー

休み明けで2着したかと思うと、前走はシンガリ負けと、ムラ馬で困るのだが。
京都は、京都記念でトーセンラーを負かしているし、距離延長も、実績的にはむしろプラス。
最後の1頭はトニービン持ちのアドマイヤラクティにしたかったが、オッズを見て、こちらに。

馬券はゴールドシップ、トーセンラーの2頭軸で4頭への3連複4点勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

次に東京メイン、毎日王冠の予想
芝 1800M G2 別定 11頭立て

11頭と小頭数も、芝実績のないボレアス以外の10頭にはチャンスありの混戦、難解なレースに。

◎クラレント

東京重賞3勝の得意舞台なら、休み明けでも信頼。
とはいえ、今回は岩田が乗らないのはマイナスなのだが、それでも川田なら、大丈夫か。
岩田からバトンタッチといえば、オークスのジェンティルドンナで勝っているし。
今年も、フィリーズレヴューとマーメイドS勝ちは、共に代打騎乗でのもの。
前走で1800の距離をこなしたのは大きいし、先行馬有利の開幕週の東京だけに、チャンスあり。
エプソムC勝ちのダンス産駒の4歳馬といえば、2年前のダークシャドウと一緒だし、ここ勝って秋天まで。


○タッチミーノット

ダンス産駒のワンツー期待ということで。
ダークシャドウじゃなくて、人気落ちのこっち狙い。
前走は休み明けに加えて、荒れた馬場がまったく合わなかった。
このレースは昨年3着だし、東京コースは得意舞台。
ついに、コディーノと初対決の横典が、意地を見せて、必ずコディーノよりは先着してくれるはず。

 
▲ミッキードリーム

京成杯AHで本命にしたので、ここでも穴で期待の1頭。
実際、2年前に3着という実績もあり、東京コースも問題なし。
前走は抜群の好スタートを切るも、なぜか控える競馬で、位置取り悪くしての4着。
最後はいい脚を使っており、乗り方ひとつで、なんとかなったはず。
そういう意味で、鞍上が再び三浦なのはマイナスなのだが、前走の反省から、今回、前で競馬をしてくれれば。


△エクストラエンド

格下で、尚且つ、休み明けで鉄砲実績がないのは気になるが。
まあ、実績的には京都新聞杯3着や、日経新春杯で0.3秒差5着があり、重賞でもやれる下地はある。
東京コースで2連勝中という実績だし、兄ローエングリンは、このレース、2着、3着しており、血統的には怖い。
あとは、気楽な立場の乗り替わり松岡の思い切った騎乗での一発に期待。


△ジャスタウェイ

昨年の2着馬。
ここ2走も重賞で連続2着と勝ちきれないが、堅実に走っており、ここでも当然勝ち負け出来る。
今回、福永がこの馬に乗らずに、エイシンフラッシュに乗っているのは何故でしょうか?
勝てたレースを勝ち損なったということで、須貝厩舎が怒って、乗り替わりにしたのか?
まあ、昨年、テン乗りで2着した善臣先生なら、今年も無難に乗りこなしてくれるでしょうか。


△ショウナンマイティ

実績的には、この馬も当然勝ち負けでしょう。
ただ、この春の休み明けでは、折り合いを欠いてしまっていたので、今回も、そこだけが心配。
まあ、こちらは、浜中が、しっかり乗りに来ているので、大丈夫でしょうか。

 馬券はクラレントを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (7)

オールカマー13((結果))

2013-09-24 22:23:47 | 7~9月重賞(G2、G3)
2013年9月22日(日) / 中山 2200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[6] 12  ヴェルデグリーン  牡5 56 田 辺 2:12.0 9
2[2] 4 △メイショウナルト  セ5 56 武 豊 クビ 2
3[5] 9 ◎ダノンバラード   牡5 57 川 田 クビ 1
4[1] 2  サトノアポロ    牡5 56 蛯 名 アタマ 5
5[4] 7 △アスカクリチャン  牡6 56 柴田善 クビ 7
6[2] 3  ハナズゴール    牝4 54 丸 田 1.1/4 8
7[7] 13  オーシャンブルー  牡5 57 戸 崎 1.1/2 6
8[8] 15  ダイワファルコン  牡6 56 北村宏 3/4 4
9[3] 5 △ムスカテール    牡5 57 内 田 クビ 3
10[1] 1  マイネルキッツ   牡10 57 柴田大 3 10
11[6] 11 ▲カリバーン     セ6 56 田中勝 クビ 13
12[4] 8 ○コスモラピュタ   牡6 56 丹 内 1/2 12
13[7] 14  モンテクリスエス  牡8 56 吉田隼 3/4 16
14[5] 10  イケトップガン   牡9 56 大 野 3.1/2 15
15[8] 16  メイショウサミット 牡7 56 松 岡 1.1/2 14
16[3] 6  ネコパンチ     牡7 56 勝 浦 4 11

払戻金 単勝 12 3800円
    複勝 12 600円 / 4 160円 / 9 140円
    枠連 2-6 4600円
    馬連 4-12 7060円 / 馬単 12-4 21420円
    3連複 4-9-12 5840円 / 3連単 12-4-9 64420円
    ワイド 4-12 1830円 / 9-12 1330円 / 4-9 290円

こっちも、万全を期して、1番人気ダノンバラードから馬券を買って、ハズすとは・・・情けない。。

勝ったヴェルデグリーンは、中山3勝のコース巧者だったので、最後まで迷った1頭だったのだが・・
このレースは、一応G2ということで、わりと格がものいうレースであり、重賞実績が必要。
というわけで、ヴェルデグリーンは、前走が、初めての重賞挑戦で、しかも10着大敗。
この実績では、中山巧者といえども、G2のここでは、通用しないと、普通の予想をしてしまった・・
もう終わってる感じのコスモやカリバーンを無理やり穴馬として買うぐらいなら、この馬を押えるべきだった。
そして、1番人気を軸にしたのなら、コース、距離合わないムスカテールは、人気を考えれば、消すべきでしたな・・・
なんて、予想下手なんでしょうか・・・

しかし、終わってみれば、またまた母父スペシャルウィークというオチですか。
セントライト記念、神戸新聞杯に続いての3連続の母父スペシャルウィーク重賞勝ちとなりました。
エピファネイアが勝つのは分かっていたので、その血の流れを気にしておけばよかったな。

1、2番人気が絡んでの3連複5840円、こういう馬券をきっちり取っておかないと収支プラスにならんわ・・

おまけに、PO馬オリエンタルポピーも、デビュー勝ちどころか、9着という酷い結果・・もう、いや。。

というわけで、連敗が止まらないまま、秋のG1スプリンターズSに突入することになってしまった。
悪い流れで、秋のG1を迎えることになったが、まあ、連敗をG1的中で止めるというのも、いいではないか。
しかし、スプリンターズSは、ブログ予想を始めてから、まったくカスリもしない酷い結果続きなんですよねえ・・
ダイタクヤマト本命にして、大当たりした、あの頃が懐かしいです・・ああ、久しぶりに当てたいわ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

神戸新聞杯13((結果))

2013-09-24 22:16:33 | 7~9月重賞(G2、G3)
2013年9月22日(日) / 阪神 2400m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[5] 10 ◎エピファネイア   牡3 56 福 永 2:24.8 1
2[7] 15  マジェスティハーツ 牡3 56  森  2.1/2 7
3[2] 4 △サトノノブレス   牡3 56 岩 田 3/4 2
4[7] 14  アクションスター  牡3 56 秋 山 1 8
5[7] 13  タマモベストプレイ 牡3 56 和 田 3/4 6
6[2] 3  ナリタパイレーツ  牡3 56 小 牧 3/4 16
7[1] 2  ラストインパクト  牡3 56 北村友 クビ 3
8[4] 7  テイエムイナズマ  牡3 56 四 位 1.1/4 5
9[1] 1  カシノピカチュウ  牡3 56 西 田 ハナ 13
10[6] 12 ○ヤマイチパートナー 牡3 56 武 幸 ハナ 9
11[8] 18 ▲バッドボーイ    牡3 56 菱 田 1.1/4 11
12[5] 9  ウインアルザス   牡3 56 中 井 ハナ 12
13[3] 5 △プランスペスカ   牡3 56 浜 中 1/2 14
14[3] 6  ソロル       牡3 56 池 添 ハナ 15
15[8] 17  カッパドキア    牡3 56 松 田 2.1/2 17
16[8] 16  トーセンハルカゼ  牡3 56 川 須 1.1/4 10
17[6] 11 △ヒルノドンカルロ  牡3 56 藤 田 クビ 4
18[4] 8  ミヤジタイガ    牡3 56 松 山 1.1/4 18

払戻金 単勝 10 140円
    複勝 10 110円 / 15 520円 / 4 150円
    枠連 5-7 530円
    馬連 10-15 1760円 / 馬単 10-15 2000円
    3連複 4-10-15 2720円 / 3連単 10-15-4 10410円
    ワイド 10-15 710円 / 4-10 200円 / 4-15 1650円

エピファネイアが、まったく危なげない競馬で完勝し、断然1番人気に応えました。
今回は、相手関係が楽で、課題は、折り合いのみでしたが、その課題を見事クリア!
レース後の福永のインタビューも、ばっちり折り合えたことで、とてもうれしそうでしたね。

今回のレース内容次第では、秋天にいくプランもあったと思うが、これで菊花賞に行くことになりそう。
更なる距離延長に不安はあるものの、ライバルが不在で、相手関係は、引き続き楽となれば、次も自身との戦い。
シンボリクリスエス産駒の初クラシック制覇に期待しましょう。

2着マジェスティハーツは、2000m以上の距離経験なしで、前走マイル戦ということで、軽視しちゃったな・・
距離延長に対応出来ないと思ったのだが、そこはハーツクライ産駒ですな。
祖母が、あのタイキシャトルに先着したことがあるテンザンストームだったので、2400mは、もたないと思ったが・・
このレースの傾向としては、前走が重賞以外の馬で馬券になったのは、ここ10年で2頭だけ。
その2頭は、共に前走1000万条件勝ちで、尚且つ3連勝中という上がり馬でした。
今年は、低レベルメンバーゆえ、3連勝馬はいなかったが、1000万勝ちの連勝馬は、この馬のみ。
そういうわけで、前走マイル戦ということを目を瞑れば、この馬は、絶対に買っておくべき1頭でした・・
更に、ここ10年で馬券になった馬は、すべて8番人気以内の馬で、このレースで、無謀な穴狙いは禁物。。
4着に頑張ったのも、8番人気の前走ダービーだったアクションスーターだし、まさに過去の傾向通りで・・

ちなみに、前走1000万勝ちから、ここで馬券になった2頭は、2頭とも、菊花賞馬になってます。
2度あることは3度あるなら、マジェスティハーツは、菊花賞を勝ってしまうのか?!
しかし、森一馬って、誰よ?・・今年3年目の、まだ減量騎手ですなあ。。
土曜は、1鞍しか騎乗馬がいなかったが、その13番人気の馬で2着と穴をあけておりました。
今後、穴騎手として、期待出来るのでしょうか?

ということで、万全を期して、エピファネイア本命で、馬券買っても、ハズレとは・・・
ヒルノドンカルロの単騎逃げで、どスローの先行馬有利の展開を予想したものの・・
まさか、ウインアルザス中井が、藤田に喧嘩を売って、ハナ主張するとは思わなんだ。。。
これで、後方待機のマジェスティハーツが、突っ込んでくる流れに・・競馬は難しい。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

神戸新聞杯&オールカマー13(予想)

2013-09-21 23:18:42 | 7~9月重賞(G2、G3)
日曜の阪神メイン、神戸新聞杯の予想
芝 2400M G2 馬齢 18頭立て

元PO馬の出走で、断然の1番人気であっても、ここは黙って買い。
相手探しの1戦。その相手をどう捻るか。。

◎エピファネイア

ダービー馬キズナが凱旋門挑戦、ロゴタイプ、コディーノも別路線に。
ライバル不在となった菊戦線で、絶対的本命馬として、前哨戦のここも、相手関係からは、負けられない1戦。
敵な己であり、休み明けゆえに、折り合いの心配がついて回る。
春の弥生賞の時は、福永が乗れずに、引っ掛かってしまったが、ひと夏越して、精神的に成長しているかがカギ。
キズナのいないこのメンバーなら、普通に乗れば、楽勝出来るはず。いや、してもらわないと困るよ。


○ヤマイチパートナー

菊トライアルは、当然、菊花賞で好走が期待出来る馬を応援したくなるわけで。
それで、昨年、セントライトでスカイディグニティ、ここでユウキソルジャーを本命にしたわけだが。
結果は、ユウキソルジャーこそ、ここでは馬券にならなかったが、本番では3着と好走してくれました。
そして、今年、菊花賞で期待したくなる血統の持ち主である、この馬のトライアルでの好走も期待。
母父リアルシャダイという、ステイヤー御用達血統に加えて、母系にはダービー馬2頭を出したシーホークの名も。
函館で2勝してきたが、阪神2200でも勝っており、コース替わりも対応可能。
今回、兄が中山に行き、弟に乗り替わりは多少不安だが、そこはソングオブウインドの再現といきましょう。


▲バッドボーイ

これだけメンバーがしょぼいのに、なぜ、この馬、これほど人気ないのか。
前走は準オープンで0.1秒差の3着と健闘。
阪神コースは、ラジニケ2着に、毎日杯3着の実績の持ち主。
先週セントライト記念のダービーフィズ的な存在なのに、この人気のなさは、絶対に買いの1頭でしょう。


△プランスペスカ

このレース、前走500万条件の馬の好走例はない。
しかし、今年の3歳勢のレベルは低く、ローズS、セントライト記念と続けて500万勝ち馬が好走。
なら、低レベルと言われている今年なら、前走500万でも、連勝中という勢いだけで、太刀打ち出来る。
2走前には、ここと同じ阪神2400で勝っているし、母父ブライアンズタイムという血統も魅力。
そして、何より浜中への乗り替わりというのが、勝負気配漂い、権利取りに来てます。


△ヒルノドンカルロ

逃げの戦法にしてから、1、2、1着と大成長。
今回もハナは譲らないと言っており、そして鞍上はあの藤田。
土曜の阪神メインでも見事に逃げ切りを決めた藤田だけに、ここもオラオラの威圧逃げ炸裂か。


△サトノノブレス

ここで権利を取らねば、菊花賞には行けない1頭。
そこは、重賞で連続好走しているアスカクリチャンではなく、こちらを選んだ岩田が、しっかり3着以内に。

馬券はエピファネイアを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、中山メイン、オールカマーの予想
芝 2200M G2 別定 16頭立て

◎ダノンバラード

堅くて申し訳ないが、宝塚記念で本命にしてお世話なっている以上、ここでもお世話になります。
だって、宝塚2着はもちろん、ここと同じ舞台のAJCCも勝っており、相手関係も楽となれば、連は外すまい。
2頭出しの池江厩舎、オーシャンブルーは弱気だったが、こちらは、自信ありで送り込んでいるでしょう。


○コスモラピュタ

本命を1番人気にしたら、相手はやはり人気薄から。
かなり無理スジではあるが、人気薄の逃げ馬の一発にかける。
近走不振も、前走、ちゃんとハナを切れたことで、多少きっかけをつかんだか。
中山は3勝と得意コースだし、単騎で逃げることが出来れば、残り目は充分あるとみた。

 
▲カリバーン

無理スジ、2発目!
去勢して成功したのが、メイショウナルトなら、失敗例が、この馬か。
去勢してから、さっぱりの成績が続いているが、ここ2走は好位から競馬が出来ており、復調兆しあり。
このレースは、去勢前とはいえ、2年前に3着しており、実績あるコースでの大復活に期待。
いつも、我が馬券の邪魔をする勝春よ、ここでは、我が馬券的中に協力してよ。


△アスカクリチャン

中山は初めてだが、小回り実績はあるので、対応出来るでしょう。
乗り替わりも、昨年勝っている善臣なら、そうマイナスにはならないはず。
このコースは、セントライト記念同様、ノーザンテーストの血がいいようで、その血統にも期待。


△ムスカテール

中山は向かない気もするが、日経賞3着の実績があり、やはり怖い1頭。
ほんとは、京都大賞典の方がよさそうなのに、ここを使うのは、鞍上の都合かな。
それなら、その責任で、内田は、しっかり、ここで結果を出さないと。


△メイショウナルト

今年の武豊には逆らうな。
馬は、中山初も、脚質的には、対応出来そうだし、今年はメンバー手薄で、重賞勝ちの勢いでここも。

 馬券はダノンバラードを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (7)

ローズS13((結果))

2013-09-18 00:00:43 | 7~9月重賞(G2、G3)
セントライト記念、買わなきゃよかった・・
1着3着・・痛恨の2着抜け。。無理に会社のトイレで、スマホから買ったのに・・
回顧は、レース映像まだ見てないので、明日にでも・・

2013年9月15日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 雨・重
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[1] 1 △デニムアンドルビー 牝3 54 内 田 1:47.7 1
2[7] 15 △シャトーブランシュ 牝3 54 北村友 1/2 9
3[1] 2  ウリウリ      牝3 54 浜 中 ハナ 10
4[8] 18  メイショウマンボ  牝3 54 武 幸 クビ 4
5[2] 3  ウインプリメーラ  牝3 54 和 田 クビ 8
6[4] 8  ローブティサージュ 牝3 54 岩 田 1.1/2 5
7[6] 11  リメインサイレント 牝3 54 柴 山 2 16
8[8] 16 △ノボリディアーナ  牝3 54  幸  3/4 7
9[7] 14  ピクシーホロウ   牝3 54 菱 田 2 13
10[7] 13  ボロンベルラルーン 牝3 54 国分優 1/2 18
11[4] 7  トーセンソレイユ  牝3 54 四 位 クビ 6
12[2] 4  コレクターアイテム 牝3 54 小 牧 クビ 11
13[5] 10  レッドオーヴァル  牝3 54 川 田 ハナ 3
14[3] 5 ○エバーブロッサム  牝3 54 戸 崎 3.1/2 2
15[3] 6 ▲セレブリティモデル 牝3 54 松 山 3 15
16[5] 9  ブリュネット    牝3 54 酒 井 1/2 17
17[6] 12  アサクサティアラ  牝3 54 池 添 クビ 14
18[8] 17 ◎リラコサージュ   牝3 54 松 田 1.1/2 12

払戻金 単勝 1 380円
    複勝 1 180円 / 15 570円 / 2 680円
    枠連 1-7 2730円
    馬連 1-15 7840円 / 馬単 1-15 14600円
    3連複 1-2-15 47410円 / 3連単 1-15-2 269150円
    ワイド 1-15 2060円 / 1-2 1640円 / 2-15 7110円

◎・・18着、○・・14着、▲・・15着。。。酷すぎる予想結果だな・・

前日の阪神競馬場の天気予報は、曇りから弱い雨になり、強い雨になるのは夕方からと・・
しかし、実際は、結構早い段階から、強い雨が降っていたようで、馬場状態は「重」!

「重」確定と分かっていたら、シャトーブランシュを思い切って本命にしていたのになあ・・
でも前日、確か14番人気だったシャトーブランシュは、当日、馬場悪化確定で、一気に9番人気まで浮上。
そして、結果も、道悪馬場もスイスイと、後方からの鮮やかな追い込み!
「やや重」「不良」「重」と3連続、道悪競馬で、結果を出すという完全な道悪巧者。
陣営は、レース前に「決して、道悪がうまい馬ではない」と言っていたので、もしかして、普通に強い馬なのかも。
今回は、重馬場なのに、前半58秒台というハイペースのおかげでもあって、追い込み馬向きの展開もはまったが。
更に、このレースで、穴をあけまくる「トニービン」の血を持っていたこともよかったのかもね。
本番で、買うかどうかは、迷う1頭。勿論、雨なら迷わない。

勝ったデニムアンドルビーは、脚質から、道悪は絶対マイナスだと思っていたが、よく差し切ったなあ。
春は、混戦の3歳牝馬だったが、この結果を見ると、秋華賞はデニム1強のような感じかな。
ただ、あのスタートの悪さから、京都内回りの秋華賞では、取りこぼしもありそうで、絶対的存在ではないか。

3着ウリウリは、これまで掲示盤を外したのが、チューリップ賞の6着だけの堅実馬で、当初買い候補の1頭だったが。
結局、同じディープ産駒のアサクサティアラの方が気になり、更に雨予報で、シャトーブランシェに変えて。
しかし、ウリウリって、本命にしたリラコサージュと同じ藤原厩舎の2頭出しの1頭。

リラコサージュ 本賞金1300万 鞍上 松田
ウリウリ    本章金 900万 鞍上 浜中

これ見れば、藤原厩舎にとって、どっちの馬が、勝負気配が高かったかは一目瞭然・・ああ失敗。。
過去の傾向として、前走オークス組が強く、500万組はダメという傾向・・これを普通に採用してしまった・・

1番人気が人気に応えての、3連複4万7千馬券・・しかも、2着馬は分かりやすい重馬場巧者
3着馬も、昨年上位独占したディープ産駒・・この馬券は、取らないとなああ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

ローズS13(予想)

2013-09-14 22:41:23 | 7~9月重賞(G2、G3)
台風の影響で、日曜、月曜は雨模様。
馬場状態が、どこまで悪くなるかが、分からず、前日予想は、ちと不安。
まあ、当日予想にしたところ、どうせ当たらないから、結果は同じね・・・

日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 18頭立て

オークス直行組が断然強いレースで、昨年はディープ産駒のワンツースリー決着。
今年も同じくディープ決着になるなら、と第3のディープとしてアサクサティアラかウリウリが気になる。
当初、アサクサティアラを買い目に入れたが、雨降るとダメそうなので、1頭、雨歓迎馬とチェンジ。

◎リラコサージュ

レディルージュが全姉ということで、オークスはやはり距離が長かった。
フラワーC3着、スイートピーS勝ちの実績ある1800への距離短縮で、ここなら出番あり。
馬体が400キロそこそこと極端に小さく、それで3戦連続遠征競馬で、よく頑張った。
今回は、休み明けで、滞在競馬は、馬体成長も見込めて、かなりのプラス材料。
大きく馬体を増やしたスイートピーSが快勝だったように、ここも二桁増の馬体増が希望。
ブライアンズタイム×キングマンボの血統から、道悪はむしろプラスになりそうで、雨希望。
鞍上の松田大は、同じ舞台の土曜の野路菊Sを7番人気馬で勝っており、その勢いで、重賞初制覇を!


○エバーブロッサム

このレースは、オークス馬よりも、オークス2着馬の方が、好成績。
戸崎-堀コンビは、とにかく、買っておかないとね。
東京コース向きの馬ではあるが、中山のフラワーCでも2着があり、外回りコースのここなら、対応可能か。


▲セレブリティモデル

オークスで本命にするも、出遅れて、後方のまま出番なしで終了。
前走のクイーンSは、中間の熱発の影響もあって6着と結果が出なかったが、それでもオークスの走りよりはまし。
忘れな草賞勝ち→オークス大敗→クイーンS大敗のローテは、08年2着のムードインディゴと一緒。
デムーロ兄弟しか結果を出していない外人好きなセレブモデルだが、G1で本命にした以上、しばらく買います。
切れる脚がないだけに、積極的な早めの競馬で、活路を見出してほしい。


△シャトーブランシュ

雨降って、馬場が荒れてくれば、出番到来。
前走、不良馬場を鮮やかに差し切り。
2走前も、やや重の馬場を最低人気ながら、メンバー最速の上がりで2着。
このレース、ここ10年で6番人気以下の穴馬好走8頭のうち、5頭には、トニービンの血が。
今年は、この馬が該当する。
昨年、テン乗りのスギノエンデバーで北九州記念を勝った北村が、今年は、この馬で、テン乗り重賞制覇も。


△ノボリディアーナ

オークス組に対抗できるのは、連勝している勢いのある馬。
前で競馬が出来るのは強みだし、フレンチ×サンデーは、桜花賞馬レジネッタと同じで、重馬場だったここでも3着。
道悪もプラスになりそうだし、鉄砲実績もあり、怖い1頭。


△デニムアンドルビー

とにかく極端な競馬しか出来ないだけに、ここも取りこぼし心配。
最内枠、道悪もプラスにはならないだろうし、押さえ評価。

馬券はリラコサージュを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (5)

小倉2歳S13((結果))

2013-09-02 23:25:09 | 7~9月重賞(G2、G3)
2013年9月1日(日) / 小倉 1200m 芝・右 / 曇・重
サラ系2歳 / (国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[2] 3  ホウライアキコ   牝2 54 和 田 1.08.8 2
2[7] 12 △ベルカント     牝2 54 武 豊 1.1/4 1
3[1] 1  ラブリープラネット 牡2 54 福 永 クビ 3
4[2] 2 ▲ダンツブロード   牡2 54 藤 懸 1/2 13
5[3] 4 △エイシンキサナドゥ 牡2 54 松 山 1.3/4 5
6[6] 11 ○マイネヴァリエンテ 牝2 54  幸  1/2 6
7[4] 6  ネロ        牡2 54 川 田 1.3/4 7
8[8] 15 △シゲルカガ     牡2 54 高 倉 1.1/4 4
9[4] 7  ハッシュ      牝2 54 藤岡康 クビ 10
10[5] 8  ベルルミエール   牝2 54 川 島 1/2 9
11[5] 9  カシノタロン    牝2 54 国分優 クビ 15
12[3] 5  グランプリブレイド 牡2 54 北村友 クビ 14
13[6] 10  ウメ        牝2 54 佐久間 1.1/4 11
14[7] 13 ◎ウインスプラッシュ 牡2 54 中 井 2 8
15[8] 14  メイショウカフウ  牡2 54 武 幸 2 12

払戻金 単勝 3 460円
    複勝 3 160円 / 12 130円 / 1 170円
    枠連 2-7 650円
    馬連 3-12 720円 / 馬単 3-12 1630円
    3連複 1-3-12 1280円 / 3連単 3-12-1 6010円
    ワイド 3-12 310円 / 1-3 520円 / 1-12 330円

荒れる前提で予想して、人気通りの決着では、手も足も出ませんが・・
そうは言っても、1、4、5、6番人気の馬を買って、無印の2、3番人気に好走されるとは馬を見る目なし・・
で、本命はブービーだし・・

その本命ウインスプラッシュは、出遅れて終了・・・
前で競馬してくれること前提での本命なので、あの出遅れでは・・
ここでウイン・マイネルに期待したが、劇走したのは、ここじゃなくて、新潟のコスモというオチとは・・

勝ったホウライアキコは、デビュー戦が1分7秒8、逃げて上がり33.8の好時計だったのでで、実力通りの走り。
鞍上の和田も、これで、このレース3勝目と、得意舞台で、充当勝ちか。
今回、速いタイムで勝ったアキコちゃんには、重馬場はマイナスだろうと評価を下げたのだが、強かったなあ・・
新種牡馬ヨハネスブルグは、既に7頭が勝ちあがっているという好調ぶりで、その当たりにも注目するべきだった・・
同じ新種牡馬マツリダゴッホの方を注目してしまったが、小回り1200の舞台適正は、ヨハネスブルグが上でしたね。

このレースは、とりあえず、勝ち馬以外は、もう来年の重賞、クラシックには出番はないから、無視でいいかな。
と思ったが、昨年9着だったクロフネサプライズが、その後、阪神JFで2着、桜花賞では1番人気に。
というわけで、ここで負けた馬の中に、この後の穴馬が潜んでいるのかも。

その候補の1頭、大穴で期待したダンツブロードは、最後いい脚で突っ込んで、大健闘の4着。
大振り予想として、本命にしようかとも考えていた1頭だったので、3着に着てたら、悶絶してたな。

9月も、やはり大ハズレの黒星スタート・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

キーンランドC&新潟2歳S13(予想)

2013-08-25 03:44:12 | 7~9月重賞(G2、G3)
日曜の函館メイン、キーンランドCの予想
芝 1200M G3 別定 16頭立て

16頭中14頭が牝馬という今年の状況では、牝馬が活躍するというデータはあまり意味がないなあ。

◎アドマイヤセプター

函館SSに続き、ここでも当然本命。
その前走は内枠有利、先行馬有利の中、外から追い込み0.1秒差は立派。
今回は外差しも届きそうだし、流れも速くなりそう。
前走届かなかった点は、今回、岩田がしっかり調整するはず。


○レジェトウショウ

前走は6カ月半ぶりで+22キロは、明らかに太め残り。
洋芝実績はあるし、気楽な立場での一発に期待。
10カ月半ぶりだったシルクロードSで0.2秒差の競馬をしており、重賞でもやれる力はある。


▲レオンビスティー

頼りにしてます矢作厩舎。
格上挑戦とはいえ、重賞2着の実績あり、相手なりに走るタイプ。


△シュプリームギフト

前走は内有利の馬場で外を回して失敗。
今回は乗りなれた秋山に戻り巻き返す。


△フォーエバーマーク

最内に入って逃げ宣言。
ここ2走の重賞での好走を素直に評価。


△パドトロア

前走は59キロがこたえた。
57キロなら2走前の走りが出来る。

馬券はアドマイヤセプターを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、新潟メイン、新潟2歳Sの予想
芝 1600M G3 馬齢 18頭立て

とにかく、前走、上がりの速かった馬狙い。

◎デスティニーラブ

ダリア賞は最速上がりではなかったが、タイム差なしの3着。
その前2走は、いずれも最速の上がりを出しており、期待は持てる。
善臣は2年前にここを勝っているし、斎藤厩舎は今年、函館2歳Sを勝っているだけに、ここも。


○セトアロー

デビュー戦がオープン特別という異例。
結果は出なかったものの、鞍上は内田で厩舎の期待は高かった。
前走はダート戦とはいえ、逃げて上がり最速。
今回は、福永がわざわざ乗りに来ているだけに、勝負気配はある。


▲マイネルメリエンダ

マイネルのチーフベアハート産駒というだけで、ここは買い。
内田への乗り替わりも勝負気配高い。


△マーブルカテドラル

デビュー戦は上がり最速で快勝。
負かした馬が、土曜の新潟マイル戦を勝ち上がっている。
母ヘルスウォールで早熟血統なのもいい。


△マイネグラディア

ダリア賞は最速上がりで2着。
デビュー戦は33秒台の上がりを披露。
好調マイネル軍団、ここは取りに来てる。


△ダウトレス

前走、新潟マイル戦を最速上がりで勝ったのを素直に評価。

馬券はをデスティニーラブ軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (4)

北九州記念13((結果))

2013-08-19 21:41:35 | 7~9月重賞(G2、G3)
2013年8月18日(日) / 小倉 1200m 芝・右 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[4] 7 ▲ツルマルレオン   牡5 55 小 牧 1:06.7 6
2[7] 13 △ニンジャ      牡4 53 藤岡康 3/4 5
3[8] 14  バーバラ      牝4 53 高 倉 1/2 2
4[4] 6 ○ローガンサファイア 牝3 50 武 幸 クビ 7
5[8] 15 △スギノエンデバー  牡5 57 福 永 1/2 4
6[6] 11  ハノハノ      牡5 55 酒 井 ハナ 11
7[7] 12  マイネルエテルネル 牡3 54 柴田大 クビ 3
8[1] 1  アイラブリリ    牝4 53  幸  1/2 9
9[2] 3  カラフルデイズ   牝5 53 岡 田 クビ 14
10[3] 5 △サドンストーム   牡4 56 国分優 クビ 1
11[5] 8 ◎アンシェルブルー  牝6 53 中 井 1/2 12
12[6] 10  キョウワマグナム  牡6 55 北村友 1/2 10
13[3] 4  テイエムタイホー  牡4 54 太 宰 1/2 13
14[2] 2  ザッハトルテ    牝6 52 松 山 2. 1/2 8
15[5] 9  ケンブリッジエル  牡7 51 藤 懸 2 15

払戻金 単勝 7 1020円
    複勝 7 350円 / 13 300円 / 14 220円
    枠連 4-7 1080円
    馬連 7-13 4630円 / 馬単 7-13 9480円
    3連複 7-13-14 8770円 / 3連単 7-13-14 55230円
    ワイド 7-13 1670円 / 7-14 1250円 / 13-14 800円

ここは、大荒れを期待したのに・・なんで、今年の小倉は荒れないの??

このレースは、差し追い込み馬、牝馬の活躍が目立っており、それを前提に本命馬探し。
当初、ローガンサファイアを本命にしようかと思っていたが、穴人気してたので・・
で、厩舎の今回は「控えて貯める競馬」をするというコメントを信じて、アンシェルブルー本命に。

確かに、今回は、「控える」競馬はしたが、4コーナーで4番手まで押し上げており、「貯める」競馬は出来てない。。
やっぱり、2年目の中井には、まだ、重賞で、指示通り、思惑通りの騎乗を期待するのは、酷だったか・・
流れは、想定通り、追い込み馬の流れになったので、もう少し我慢して、末脚を引き出してほしかったが。

勝ったツルマルレオンは、2年前の高松宮記念で、本命にし、スプリント界を背負ってほしいと思っていた馬。
昨年勝ったスギノエンデバー的な雰囲気があり、ここでも本命候補の1頭だったが、何せ、大荒れ想定だったので・・

2着ニンジャと合わせて、やはり小倉は、トニービンの血が活きるようで。

3着バーバラは、重賞実績なくて、2番人気は、ちょっと過剰人気と思ったが・・
それより、今回は、先行馬は、全部軽視の方向で、予想したので、前走、2番手から快勝しているこの馬も軽視。
しかし、その前走は1分6秒9という好時計だし、何より、この馬、過去、準オープンを追い込みで勝っていたのね。
単なる快速先行馬だと思っていたら、自在性のある馬でございました・・

ローガンサファイアは、最後いい脚で突っ込んできましたが、小倉1200で、最後方のあの位置取りは辛いよ。
折り合いに難のある馬だから、あの位置取りになったのかもだが、もうちょっと頑張ろう、幸四郎・・
いや、頑張ろうは、我が予想だな・・・
8月競馬も、あと1週になってしまったので、次当てないと・・・また連敗街道続くのか。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

札幌記念&北九州記念13(予想)

2013-08-18 02:24:21 | 7~9月重賞(G2、G3)
時間がなくて、PCが使えなく、スマホからの慣れない更新の為、簡易予想で勘弁。

札幌記念

◎エアソミュール
○アンコイルド
▲ラブイズブーシェ
△アスカクリチャン
△トウケイヘイロー
△ロゴタイプ

今年は函館での札幌記念ですので、素直に函館記念組を重視。
その函館記念で 1番人気を裏切ったエアソミュール。
敗因は終始、折り合いを欠いたこと。
今回は巴賞で快勝した松田に戻り、折り合いはつきそう。
今回はネコパンチもハナを切りたいようで、流れは多少速くなりそう。
鳴尾記念で0.2秒差をしており、重賞でもやれるはず。

北九州記念

◎アンシェルブルー
○ローガンサファイア
▲ツルマルレオン
△スギノエンデバー
△ニンジャ
△サドンストーム

ここは、差し馬そして牝馬が活躍。
アンシェルブルーの前走は初の直千競馬で6着は健闘。
その前2走は逃げて大敗。
今回は控えて貯める競馬を指示しており、鞍上がその通りのれば。
馬は元々、自在性のある馬で、差し追い込みで結果を出している。
かつてカレンチャンと接戦を演じており、ハンデ戦のここなら。

コメント   トラックバック (3)

アイビスSD13((結果))

2013-07-29 23:47:29 | 7~9月重賞(G2、G3)
2013年7月28日(日) / 新潟 1000m 芝・直線 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[7] 13 △ハクサンムーン   牡4 56 酒 井 0:54.2 1
2[2] 4  フォーエバーマーク 牝5 54 村 田 3/4 3
3[7] 14 ▲リトルゲルダ    牝4 54 柴田大 3.1/2 6
4[8] 17 △レオパステル    牝6 54 蛯 名 3/4 8
5[5] 9  デュアルスウォード 牡5 56 横山典 1/2 12
6[5] 10  アンシェルブルー  牝6 54 池 添 アタマ 11
7[4] 7  スギノエンデバー  牡5 56 福 永 3/4 4
8[7] 15  アウトクラトール  牡8 56 伊 藤 クビ 13
9[3] 6  ローブドヴルール  牝7 54 嘉 藤 1.1/4 17
10[6] 11  パドトロワ     牡6 59 勝 浦 ハナ 2
11[4] 8  プリンセスメモリー 牝6 54 松 岡 クビ 5
12[8] 18  スプラッシュエンド 牡7 56 北村宏 1/2 16
13[6] 12  カラフルデイズ   牝5 54 吉田豊 3/4 14
14[3] 5  コンフォーコ    セ8 56 大 野 1/2 18
15[1] 2  インプレスウィナー 牡6 56 田中勝 ハナ 15
16[2] 3 ◎アフォード     牡5 56 柴田善 アタマ 9
17[8] 16 △ヤマニンパピオネ  牝5 54 石 橋 3/4 7
18[1] 1 ○ビラゴーティアラ  牝6 54 田 辺 2.1/2 10

払戻金 単勝 13 210円
    複勝 13 120円 / 4 240円 / 14 260円
    枠連 2-7 720円
    馬連 4-13 1000円 / 馬単 13-4 1510円
    3連複 4-13-14 2840円 / 3連単 13-4-14 10140円
    ワイド 4-13 400円 / 13-14 470円 / 4-14 1050円

こっちは、ひどい予想結果となりました・・
◎が16着で、○がドンジリとは・・・・酷すぎる。。
まあ、荒れる前提で、予想して、見事、堅い決着でしたので、この結果は仕方なし。

当初、リトルゲルダは本命候補で、フォーエバーマークも買い目に入れていたのだが・・
リトルゲルダは、穴人気しており、フォーエバーは、直千経験がないのに、人気しすぎかと。。
それでも、前走の走りから、ハナを切れれば、しぶといとは思ったが、まさか直千競馬で、ハナに立てるとは。
フォーエバーマークが、そこまでテンの脚が速いとは、想定外・・さすが直千競馬得意の村田ということか。
その村田が蹴ったアフォードを本命にしたわけだが、結果は、フォーエバーを選んだ村田の選択が正しかったわけ。

で、本命アフォードですが、昨年同様、重賞のここでは、スピードが足りないようで、前に取り付けず・・
最後の末脚に期待するも、横典デュアルスウォードに、強引に進路に割り込まれ、戦意喪失?!
まあ、あの時点で、既に手応えはなかったんでしょうけどね。
今年からの降着ルールを熟知した横典の強引騎乗だったのでしょうか。そのおかげで、馬は5着掲示盤に。

勝ったハクサンムーンは、危なげない強い勝ち方でした。
人気薄での高松宮3着も、あれで、馬が本格化したのでしょうか。
この勢い、9月のスプリンターズSまで、持続することは出来るのでしょうか?
ロードカナロアは、ぶっつけでスプリンターズSのようで、夏休み返上で働く者と、ゆっくり休んでいる者。
2頭には、どういう結果が待っているのでしょうか?
2頭とも、スプリンターズSに、名前がないというオチだけは、勘弁下さい。

今回の予想、59キロきついパドトロア、脚質厳しいスギノエンデバー、プリンセスメモリー消しまではよかったが・・
そこから軸馬探しに、大失敗・・素直にハクサンの相手探しとするか、せめて牝馬を軸にするべきでした。。反省。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (3)

オールカマー12((結果))

2012-09-25 21:17:29 | 7~9月重賞(G2、G3)
2012年9月23日(日) / 中山 2200m 芝・右 外 / 雨・重
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[7] 13 △ナカヤマナイト   牡4 56 柴田善 2:15.5 2
2[2] 3 △ダイワファルコン  牡5 56 北村宏 1.1/2 4
3[4] 8  ユニバーサルバンク 牡4 56 ピンナ 3/4 6
4[1] 2 △ルルーシュ     牡4 56 横山典 クビ 1
5[8] 16 ◎コスモファントム  牡5 56 丹 内 2.1/2 9
6[3] 5  メイショウカンパク 牡5 56 蛯 名 ハナ 10
7[5] 10  サンテミリオン   牝5 54 三 浦 クビ 13
8[3] 6  マイネルキッツ   牡9 57 松 岡 1/2 11
9[5] 9  ダコール      牡4 56 佐 藤 クビ 3
10[1] 1  アースシンボル   牝7 54 木 幡 ハナ 15
11[6] 12  ヒットザターゲット 牡4 56 古 川 3 8
12[8] 15 ▲マイネルスターリー 牡7 56 柴田大 3/4 12
13[7] 14  ネヴァブション   牡9 56 吉田隼 4 14
14[4] 7  ラッキーバニラ   牡5 56 中 舘 大差 7
15[2] 4 ○コスモラピュタ   牡5 56 大 野 7 5
-[6] 11  スノークラッシャー 牡7 56 石橋脩 中止 16

払戻金 単勝 13 310円
    複勝 13 160円 / 3 390円 / 8 510円
    枠連 2-7 1270円
    馬連 3-13 1790円 / 馬単 13-3 2740円
    3連複 3-8-13 8140円 / 3連単 13-3-8 31940円
    ワイド 3-13 690円 / 8-13 1070円 / 3-8 2620円

西でゴールドシップが勝てば、こちらも同じステイゴールド産駒が勝つだろうと思ったが、その通りに。
中山は重馬場だったが、今年の不良馬場のAJCCでルーラーシップの2着だったナカヤマナイトがここを勝つのは順当ね。
血の勢いも凄いもので、オルフェーヴルがフォア賞を勝ってから、ステイゴールド重賞勝ちまくり!

2着ダイワファルコンは、ジャンポケ産駒ながら、中山5勝の中山巧者ですから、ここでの好走は納得。
前前で、競馬をした北村は、さすが中山での走り方をよく分かっております。

3着のユニバーサルバンクが、馬券的には難しかった。でも、6番人気なのよね。
過去、中山2戦がいずれも大敗で、今年の重馬場だった日経賞では、後方から何も出来ず大敗しており、今回も重馬場では・・
しかし、そこは外国人騎手ですなあ・・馬を前にやる技術というか、積極さは凄いね。
困った時の外国人頼みですな。。
結果的に、やはり重馬場は苦手ということで、道中の行きっぷりは一息も、4コーナーで3番手まで押し上げたのがよかった。

本命にしたコスモファントムは、やはり大外枠が応えた感じはあったし、4コーナーでごちゃつき、大きく躓いたロスが痛かった。
あそこで先行勢に差をつけられてしまい、そのまま、その差は埋まりませんでした。。
大外枠でなければ、あと2、3頭前で競馬が出来て、2、3着争いに加われたと思うが、枠を承知で本命にしたのだから、言い訳にならぬな・・

このレースは、やはり重賞実績がものをいうし、前走も重賞がいいという、はっきりした結果に。
その傾向に当てはまらなかった1番人気ルルーシュ、3番人気ダコール、5番人気コスモラピュタ、7番人気ラッキーバニラは、揃って敗退。
更に、今回は、重馬場ということもあり、前で競馬が出来る重賞実績馬を買えば、簡単に当たっていたわけね。
その傾向を重視して予想しながら、ハズす我が予想は、何なのですか・・まったく。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

神戸新聞杯12((結果))

2012-09-25 21:12:38 | 7~9月重賞(G2、G3)
2012年9月23日(日) / 阪神 2400m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 14 ○ゴールドシップ   牡3 56 内 田 2:25.2 1
2[4] 6 ▲ロードアクレイム  牡3 56 福 永 2.1/2 8
3[6] 11 △マウントシャスタ  牡3 56 川 田 1.3/4 2
4[2] 2 ◎ユウキソルジャー  牡3 56 秋 山 2.1/2 9
5[6] 10  ローゼンケーニッヒ 牡3 56 小 牧 3/4 10
6[3] 5  エーシングングン  牡3 56  幸  ハナ 14
7[4] 7 △ヒストリカル    牡3 56 浜 中 3/4 3
8[1] 1  ミルドリーム    牡3 56 江田照 3 6
9[3] 4 △カポーティスター  牡3 56 武 豊 ハナ 5
10[5] 9  ベールドインパクト 牡3 56 四 位 1/2 4
11[5] 8  メイショウカドマツ 牡3 56 藤岡佑 7 7
12[8] 15  ブレイズアトレイル 牡3 56 岩 田 3/4 11
13[7] 12  フミノポールスター 牡3 56 太 宰 6 12
14[2] 3  テイエムハエンカゼ 牡3 56 国分優 3.1/2 15
15[7] 13  ナムラビクター   牡3 56 和 田 8 13

払戻金 単勝 14 230円
    複勝 14 120円 / 6 480円 / 11 120円
    枠連 4-8 840円
    馬連 6-14 5230円 / 馬単 14-6 7500円
    3連複 6-11-14 3350円 / 3連単 14-6-11 26300円
    ワイド 6-14 1370円 / 11-14 180円 / 6-11 1100円

4着では1円にもならないのだよ、4着では・・・
印的には、かなり、いい予想が出来ていたのになあ。。。
ここは、荒れない重賞、素直にゴールドシップから馬券を買っていれば、馬連5230円は美味しい配当だよなあ。。

勝ったゴールドシップは、さすがG1馬の走りを披露。
追い切りの動きが鈍いとか、叩き台とか、マイナス要素も聞こえてきてましたが、まったく関係なし。
陣営としては、ダービーを人気で裏切ったことから、ここは、前哨戦とはいえ、結果を求めていました。
過去の傾向からも、ダービー最速上がりで最先着馬ですから、ここでは鉄板的存在でした。
7割程度の仕上げで、ここを勝ったことで、上積みもありそうで、血統的にも菊花賞最有力ですな。

2着ロードアクレイムも、前走は不完全燃焼でしたが、今回は良血の力で、無事、菊の切符をゲット。
でも、血統的にはダービーが一番合う舞台だったと思うだけに、淀の3000mはどうでしょうかね。
長距離は騎手の腕がものを言いますので、福永の手腕に期待でしょうか。

3着マウントシャスタは、距離伸びて良さそうなタイプとも思えず、距離適性の差が出た3着では。
宝塚記念に挑戦したぐらいだから、次も菊花賞じゃなくて、秋天の方が面白いかも。
とはいえ、昨年の菊も、ステイゴールド、ハーツクライで、3着にはディープが着ており、馬券的にディープを切り捨てることは出来ないな。。

本命にしたユウキソルジャーは、積極的な競馬で、直線一瞬先頭に立つシーンもあったが、最後は実績馬との力差か。
権利取りの3着狙いのレースではなく、あくまで勝ちに行っての結果ですから、仕方ないところ。
運が悪かったのは、先行勢には厳しい流れになってしまったことだね。
カドマツの単騎逃げで、たんたんとした流れから、先行勢が粘り込める展開を予想したのだが、それがハズレ・・
血統的に、ぜひ菊花賞に出走してほしかった馬だっただけに、馬券抜きにも、3着に来てほしかったなあ。。

まあ、馬券抜きは嘘ですけど、やっぱり当てたかった・・
予想的には、本命を人気が近いロードアクレイムと迷ったのだが、どっちが菊で期待出来るかを考え、ユウキを選んでしまった・・

いわゆるたて目を食らったというやつですが、3連複は、3着と4着の着差があったので惜しくなかったな。。
今回は、荒れないと踏んでいたので、ほんとに素直にゴールドシップから絞り込んだ予想をするべきだったです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

神戸新聞杯&オールカマー12(予想)

2012-09-23 00:06:46 | 7~9月重賞(G2、G3)
今週は、我がPO馬のデビューがありませんでしたが、秋華賞の秘密兵器である元PO馬アロマティコが出走。
先週のローズSではなく、古馬相手の準オープンのムーンライトハンデに出走とは、これいかに。
まあ準オープンとはいえ、少頭数で、ハンデ戦ですから、チャンスは十分。
と、ひそかに、その走りに注目しようと思ったら、なんと、断然の1番人気ではないか・・・
ここを勝ったら、秋華賞の秘密兵器じゃなくて、普通に人気しちゃいそうだな。。

日曜の阪神メイン、神戸新聞杯の予想
芝 2400M G2 馬齢 15頭立て

荒れない重賞なのは、分かっておりますが、それでも、ギリギリの線での穴馬から勝負します。
どうせ、ゴールドシップが勝つとは思いますが・・

◎ユウキソルジャー

父トーセンダンス、母父オースミタイクーンって、あまりに地味すぎ・・
しかし、菊花賞を盛り上げるために、ほぼダンスインザダーク産駒のこの馬に、ここで権利を取ってもらいたい。
距離伸ばして頭角を現した馬だけに、2400のこの舞台はもってこい。
阪神コース4戦0勝という成績は気になるが、2走前の阪神2200の三田特別は0.4秒差。
レースでは、前半何度も口を割って折り合いを欠いており、結局、前残りの展開で位置取り悪く、鞍上と合わず。
その点、今回は、この馬で2勝の秋山に戻るのはいいし、絶好の内枠に入り、すんなり先行出来れば粘り込める。


○ゴールドシップ

ダービー組が断然強いレースですので、順当なら、この馬があっさり勝ちそう。
そのダービーは5着とはいえ、上がりはメンバー最速であり、着差も0.2秒差で、2400の距離も問題なし。
オルフェーヴル、フェノーメノとステイゴールド産駒が勢いにのってますので、その流れで、今週はこの馬か。


▲ロードアクレイム

父ディープに母レディパステルと、血統だけみれば、この馬が1番ね。
前走ラジニケ賞は、位置取りが後ろすぎた上、直線でも外に出せず、もたもたしてる間に脚を余して8着。
阪神2戦して結果を出していないが1800戦であり、距離伸びるここなら大丈夫。
2200の大寒桜賞では、トーセンホマレボシから0.1秒差だったし、何より今回は鞍上が福永。
福永といえば、ワールドエースのリタイアで、菊の乗り馬がいなくなっただけに、この馬で権利を取りたいはず。

 
△カポーティスター

神戸新聞杯といえば、武豊だ!
この10年で、3勝に2着4回3着1回と、複勝圏内8割の好成績!!
まあ、基本、神戸新聞杯での武豊の騎乗馬は人気馬なのだが、今回は5番人気と微妙なので、どうかだが。
しかし、武豊も、菊花賞に乗り馬がいない状態だけに、福永同様、ここで権利をぜひ取りたいはずね。
すっかりディープと差をあけられたハークツライ産駒が、ここで一矢報いてほしいぞ。


△ヒストリカル

今回、アンカツから浜中への乗り替わりが気になるが・・
ダービードンジリ騎乗で、乗り替わりとなってしまったのか。
そのダービーは、輸送による馬体減に加えて、ゲートでトモをぶつけるアクシデントもあり参考外の1戦。
阪神コースは毎日杯を快勝しているだけに、あとは馬体が回復し、距離に対応出来れば、突き抜ける可能性はある。


△マウントシャスタ

果敢に挑戦した宝塚記念が見せ場十分の5着と大健闘。
ワールドエース、トーセンホマレボシと3歳2枚看板を失くした池江厩舎としては、この馬で結果を出さねば。
 
馬券はユウキソルジャーを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、中山のメイン、オールカマーの予想
芝 2200M G2 別定 16頭立て

阪神でゴールドシップが勝ったら、こっちもステイゴールドのナカヤマナイトが勝つんだろうなあ。。
こちらも荒れない重賞であることは、よく分かっておりますが、それでも、ギリギリの線の穴馬で勝負。
ここは、コスモ、マイネルが大挙出走で、狙ってきている感がありますので、私も素直にそこを攻めます!

◎コスモファントム

大外枠は痛すぎるが・・
それでも、中山での重賞実績を重視すれば、この馬が当然浮上してきます。
昨年の中山金杯を勝ち、今年も3着、AJCCでもトーセンジョーダンから0.3秒差4着。
前走の函館記念は、休み明けもあったし、洋芝適正もなかったのだろうし、57.5キロも応えたか。
その点、今回は、56キロで出走出来るのは大きいし、叩き2走目で走りごろ。
逃げる2頭を前に見ながら、3、4番手から抜け出す競馬で、しっかりと結果は出るはず。


○コスモラピュタ

こちらを本命予定であったが、最終的に前走がオープンじゃないことが減点で。
それでも、前に行く馬が有利だし、今回、絶好の内枠を引き当て、すんなり先行して、前走の再現だ。
中山でも3勝を上げているし、重賞も菊花賞5着、阪神大賞典4着という、ちょい微妙な実績ありだ。
前走が2番手からの競馬で結果を出せたので、今回もラッキーバニラを前に見る形で、直線抜け出せばOK。
ファントムの丹内は不安なのだが、こちらの大野は今年トランワープで重賞2勝し、ここでも期待出来るか。

 
▲マイネルスターリー

コスモのワンツーと来て、とどめに3着にマイネルで、どうだ!
洋芝巧者のこの馬に、高速馬場の今の中山が合うかは、微妙だが、先行出来る脚質は合っている。
あと、何と言っても、札幌記念組が、一番、このレースと相性がいいわけなので、ローテ的には一番怖い存在。
今回も外枠を引いたのは痛いが、鞍上の柴田大が思い切って、最初から前に付ける競馬をしてくれればチャンスあり。


△ダイワファルコン

中山重賞実績重視なら、今年の中山金杯2着のこの馬にも注目。
2200という距離が微妙も、中山は5勝上げている得意コースだけに、ここは相手にも恵まれ重賞制覇の可能性も。


△ナカヤマナイト

中山重賞実績といえば、この馬も当然有力。
中山は、今年のAJCC2着を含む、2勝2着2回と完璧な成績ですから、例年通り荒れなければ、この馬が勝つ。


△ルルーシュ

重賞実績のない馬は、出番がないのが、このレースなのだが、今年のメンバーなら。
夏の上がり馬、勢いなら間違いなく1番であり、9月に重賞2勝している横典が、ここでも決めるか。

 馬券はコスモファントムを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (5)

ローズS12((結果))

2012-09-19 22:07:06 | 7~9月重賞(G2、G3)
2012年9月16日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 6 △ジェンティルドンナ 牝3 54 岩 田 1:46.8 1
2[6] 7 ▲ヴィルシーナ    牝3 54 内 田 1.1/2 2
3[7] 8 △ラスヴェンチュラス 牝3 54 川 田 3/4 3
4[3] 3 ○キャトルフィーユ  牝3 54 福 永 クビ 5
5[4] 4  トーセンベニザクラ 牝3 54 武 豊 ハナ 4
6[5] 5  サンマルクイーン  牝3 54  幸  2.1/2 7
7[8] 11  ニコールバローズ  牝3 54 秋 山 クビ 9
8[7] 9 ◎サトノジョリー   牝3 54 ピンナ 4 8
9[2] 2  スピークソフトリー 牝3 54 武 幸 2.1/2 6
10[1] 1  スズカウインダー  牝3 54 岡 部 9 10
-[8] 10  ハナズゴール    牝3 54 田 辺 取消

払戻金 単勝 6 150円
    複勝 6 110円 / 7 110円 / 8 190円
    枠連 6-6 170円
    馬連 6-7 170円 / 馬単 6-7 230円
    3連複 6-7-8 420円 / 3連単 6-7-8 800円
    ワイド 6-7 120円 / 6-8 270円 / 7-8 340円

人気通りの決着・・3連複420円の馬券は、買えません。。。

荒れる要素が、ほとんど無い中、無理やりの穴狙いは、やはり無理がありました・・
◎サトノジョリーは、外枠から好スタートを切るも、前に馬を置けず、引っ掛かって終了。。
芝に実績のない馬でしたが、芝でも前に行けたものの、まだ重賞レベルの馬ではなかったようで。。
人気もなかったことだし、スローの流れだったし、思い切って逃げた方が面白かったかも。

勝ったジェンティルドンナは、次走を見据えてか、スローの流れを見据えてか、2番手からの積極策。
目標は次であっても、力の違いを見せつけ、正攻法の競馬から完勝!
これで牝馬3冠、そして4冠までもが、視野に入ってきましたね。
今回の競馬が出来たことで、小回りコースの秋華賞も問題なく立ち回れそうで、次も単勝1倍台の人気は確定ね。

2着ヴィルシーナは、またしてもジェンティルの2着という結果でしたが、相変わらずの安定した走りで、次も有力。
今回、ジェンティルよりも後ろの位置取りになったが、本番は、またジェンティルより前で競馬して、早め抜け出し策でしょうね。

3着ラスヴェンチュラスは、マイナス10キロの408キロの馬体重を見て、危険だと思ったんですが、よく最後伸びてきました。
本番では、馬体回復がカギになりそうだが、栗東滞在で回復すれば、本番でも穴候補の1頭か。
でも、直前まで馬体重は分からないので、予想する上では難儀な馬だな。
次は消しにするかは、人気との兼ね合いね。

なんだか、秋華賞も、堅い決着になりそうな雲行きですな。。。
3着に着そうな、穴馬探しが精一杯になりそう・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント