susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

高松宮記念12((結果))

2012-03-26 21:50:49 | 高松宮記念
2012年3月25日(日) / 中京 1200m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[5] 10 △カレンチャン    牝5 55 池 添 1:10.3 2
2[8] 17 △サンカルロ     牡6 57 吉田豊 クビ 3
3[1] 1 △ロードカナロア   牡4 57 福 永 1/2 1
4[7] 15  ダッシャーゴーゴー 牡5 57 横山典 クビ 6
5[6] 12  マジンプロスパー  牡5 57 浜 中 3/4 5
6[7] 14 △グランプリエンゼル 牝6 55 藤岡佑 クビ 9
7[2] 3  アグネスウイッシュ 牡4 57 武 豊 クビ 7
8[8] 18  トウカイミステリー 牝6 55 四 位 クビ 13
9[6] 11  サクラゴスペル   牡4 57 ピンナ 3/4 10
10[2] 4 ○レジェトウショウ  牝6 55 松 山 クビ 18
11[8] 16  ジョーカプチーノ  牡6 57 内 田 1/2 4
12[4] 7  アポロフェニックス 牡7 57 吉田隼 クビ 16
13[4] 8 ◎ツルマルレオン   牡4 57 小 牧 クビ 11
14[7] 13  タマモナイスプレイ 牡7 57 渡 辺 1/2 17
15[3] 5  エーシンリジル   牝5 55 和 田 アタマ 12
16[1] 2  サンダルフォン   牡9 57 古 川 クビ 15
17[5] 9  エーシンダックマン 牡5 57 川 田 1.3/4 8
18[3] 6 ▲ベイリングボーイ  牡8 57 勝 浦 1.1/2 14

払戻金 単勝 10 390円
    複勝 10 130円 / 17 160円 / 1 120円
    枠連 5-8 670円
    馬連 10-17 950円 / 馬単 10-17 1750円
    3連複 1-10-17 1070円 / 3連単 10-17-1 5930円
    ワイド 10-17 330円 / 1-10 230円 / 1-17 420円

荒れると予想して、この結果ですから、もう完敗です・・・
人気通りの決着では、手も足も出ません。。これでは我が予想の出番なし・・

カレンチャンは、やっぱり強かった。
好スタートから2番手追走の正攻法で、最後サンカルロの猛追をクビ差凌ぐ。
昨年の最優秀短距離馬が、ひと叩きされて上積み十分の臨戦態勢、枠順も好枠に入って、まさに順当な結果。
力のいる馬場になった新中京コースは、この馬にとっては、プラスに働いたようで。
差し馬有利なコースとも言われてましたが、そんなことは関係なかったですね。

2着サンカルロは、昨年続いてあと一歩及ばず・・
1頭だけ、直線の末脚が際立ってましたので、最後、突きつけるかと思いましたが、クビ差及ばずは、この馬のキャラのせいか。
マイルだと、末が甘くなる感じの馬なので、G1取れるなら、今回だったよなあ。惜しかった。

3着には、1番人気のロードカナロアが、何とか踏ん張りました。
相手強化、初の左周り、直線の坂、最内枠と、断然人気の割りには不安要素満載でしたが、3着確保で力のある所は見せました。
今回の経験を糧に、秋にはG1奪取もありえそうですね。

本命にしたツルマルレオン、懸念したスタートは、やはり、多少もたつきましたが、それでもここ2走よりはまし。
直線勝負に期待したものの、馬群を割れず、結局、まったく見せ場のない後方のままで、レースは終了・・
展開も向きませんでしたし、今回は、穴馬の出番はありませんでした。。
まだG1で勝ち負け出来るレベルには達してませんでしたね。
まあ、ハーツクライ産駒の初G1制覇が、高松宮記念というのは、やっぱり、ちょっと違うよね。。

先週、予想が連勝し、調子にのって大穴狙いで挑んだG1予想でしたが、まったく見当違いの大ハズレでした。。
4月からはクラシックも始まりますので、そこで早いとこ、G1当てておきたいですな。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

高松宮記念12(予想)

2012-03-24 16:31:04 | 高松宮記念
今年は土曜の競馬を自粛することを決めており、ダブル重賞も見物のみ。
ネコパンチの逃げ切りなんて、予想も出来なかったので、やっぱり買わなくてよかった。。

毎日杯は、1番人気ヒストリカルが、豪快に差し切ってくれましたが、この馬、POGで、迷って選びそこなった馬。
先週、スプリングSを勝ったグランデッツァも、迷いに迷って、選ばなかった馬で、今年のPOGは、チョイスミス連発です・・

日曜の中京メイン、高松宮記念の予想
芝 1200M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ロードカナロア・・・・・・2.6倍
2番人気 カレンチャン・・・・・・・4.5倍
3番人気 サンカルロ・・・・・・・・5.3倍
4番人気 ダッシャーゴーゴー・・・13.9倍
5番人気 ジョーカプチーノ・・・・14.4倍

◎ツルマルレオン

長期休み明けのシルクロードSは、ハデに出遅れるも、ロードカナロアと同じ最速の末脚で4着に追い上げる好内容。
前走オーシャンSでも、またも出遅れ・・最後追い込むも6着まで。
思ったほど最後伸びなかったのは、重馬場の影響と、初の輸送競馬で馬体を大きく減らした影響か。
今回は全3勝を上げている小牧に手綱が戻るのが心強く、叩き3走目、スタートさえ五分に出れば、チャンスあり。
橋口厩舎‐小牧コンビは、リディルでここに挑む予定も、リディルの脚部不安で、馬チェンジも、逆にいい結果が待っているか。
橋口厩舎といえば、ツルマルガール&ボーイでもお馴染みですが、スリープレスナイトでスプリント界を既に制圧。
このレースは、13番人気ペールギュントで大穴あけたこともあり、今回のレオンも大いに期待が持てるわけで。
ペールギュントもそうですが、とにかくサンデーの血を持った馬が毎年来てるし、母父キングマンボなら力のいる馬場も問題ないはず。
ハーツクライ産駒は、先週ギュスターヴクライが大金星を上げているが、今週は、この馬が再び大金星!!


○レジェトウショウ

ワンカラット引退を含め、3頭の回避馬が出たことで、ギリギリ出走叶った運を味方に。
今年の高松宮記念のCMがキングヘイローだから、その産駒が勝つというのは安直か。
昨年3着で穴をあけたアーバニティが、元PO馬だったのに買わずに失敗。
同じ失敗を繰り返すまいと、この馬も元PO馬ということで。
前走で重賞2着だったアーバニティと比べ実績は劣るも、同じ出戻り組で、関西馬から関東馬に変わった点も同じ。
先行脚質から追い込みへの脚質転換も同じで、そして人気がないという共通点。かなり無理やり・・
ここ2走は、実績のないマイル戦ということで、惨敗も仕方なし。
それでも、前走はメンバー最速の上がりで走っており、デキ落ちはない。
実績もある1200に戻って、そして左回りになるのもプラスになるはず。
東京1400で[1-0-0-4]ですが、4度の着外は4着3回5着とすべて0.4秒以内と崩れていない。
左回り1200mという条件が、この馬にとってのベストかもしれないだけに、今回ハマルかも。
重賞初挑戦だったキーンランドCでは、カレンチャンと0.5秒差、グランプリエンゼル、ジョーカプチーノには先着。
今回、テン乗りになる松山ですが、同じ中京の中日新聞杯で重賞初制覇を飾っており、今度はG1で一発を期待!
松山は、土曜に降着して騎乗停止処分になっており、ここで頑張るしかないでしょ。


▲ベイリングボーイ

前哨戦を人気薄で好走し、本番でも人気しないというのは、昨年のアーバニティと一緒。
この馬、3走前も13番人気で3着だし、過去にも15、11、10番人気で馬券になってるリーピーター穴馬だ。
左回りでも勝っているし、前走の重馬場での走りや、過去、不良馬場でも勝っているので、道悪は歓迎。
サンデー×リファールというメイショウオウドウの血統構成は、穴をあけたペールギュントと同じなので、もしかして、穴再現。


△グランプリエンゼル

一時のスランプから完全に脱し、近走は安定した競馬を披露。
今の力のいる中京の馬場は、この馬に合いそうなだけに、G1のここでも有力の1頭。
左回りのG1は、NHKマイル3着、ヴィクトリアM4着と、人気薄で激走しており、今回も。
ワンカラットでG1取りを目論んでいた藤岡佑であったが、コース適正は、こちらの方がありそうで、逆にチャンスが広がったか。


△サンカルロ

前走は、本番前の余裕残しの仕上げで、終始外を回るロスもあり、3着なら悪くない。
阪神コースの昨年2着馬、一昨年の中京コースでも僅差の4着と、G1でも常に勝ち負け出来る1頭。
前走に続きまたも外枠に入ってしまったが、今の中京は外差しが決まる馬場だけに、突き抜ける可能性はある。


△カレンチャン

前走は香港帰りの休み明けで、差のない4着なら悪くない。
連勝が止まり、勢いを失っている点は気になるが、昨年の短距離女王として、このメンバー相手なら崩れない。
オルフェーヴルで失態を演じた池添が、ここで汚名返上の騎乗を見せてくれるか。


△ロードカナロア

1200で6戦6勝で、重賞連勝中とあれば、1番人気も納得ですが。
勝ったレースは、すべて直線平坦の右回りのレース。
今回、坂が出来た左回り新中京コースへのコース適正に不安を残す。
土曜、単勝1.4倍のルーラーシップを飛ばした福永が、最内枠をどう捌くか、見どころであり、不安でもある。

馬券はツルマルレオンを軸に3連複で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (8)

スプリングS12((結果))☆☆

2012-03-19 22:54:57 | 1~3月重賞(G2、G3)
2012年3月18日(日) / 中山 1800m 芝・右 内 / 曇・重
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 14 △グランデッツァ   牡3 56 デムー 1:50.7 3
2[6] 9 ◎ディープブリランテ 牡3 56 岩 田 1.1/4 1
3[3] 4 ▲ロジメジャー    牡3 56 内 田 3.1/2 10
4[6] 10 △サトノギャラント  牡3 56 横山典 ハナ 6
5[5] 7  ビービージャパン  牡3 56 武 幸 2 12
6[1] 1  モンストール    牡3 56 柴田善 1.1/4 11
7[3] 3  マイネルロブスト  牡3 56 武 豊 1/2 4
8[2] 2 ○ストローハット   牡3 56 田 辺 2.1/2 7
9[4] 5  バンザイ      牡3 56 後 藤 クビ 9
10[7] 13 △ゼロス       牡3 56 川 田 ハナ 5
11[5] 8  ショウナンカンムリ 牡3 56 吉田豊 クビ 13
12[7] 11  アルフレード    牡3 56 松 岡 1.1/4 2
13[7] 12  サトノプライマシー 牡3 56 石橋脩 クビ 8
14[4] 6  コウユーサムライ  牡3 56 田中勝 大差 14

   払戻金 単勝 14 600円
    複勝 14 190円 / 9 130円 / 4 720円
    枠連 6-8 380円
    馬連 9-14 700円 / 馬単 14-9 1830円
    3連複 4-9-14 8980円 / 3連単 14-9-4 45030円
    ワイド 9-14 270円 / 4-14 3510円 / 4-9 1160円

阪神に続いて、こちらも3連複が大的中で、先週末は連勝となりました。
こちらも2番人気アルフレードを消しての的中なので、満足の結果。。
しかし、期待のPO馬ディープブリランテが、またも負けてしまった・・・
前回がラジニケ2着馬に差され、今回がラジニケ3着馬に差されるという同じような結果・・

前回が折り合いを欠いてハナに立つというダメダメな競馬をしてしまったが、今回もやっぱり引っ掛かってました・・
それでも、今回は逃げ馬が数頭いたので、その馬達を前に置きながら、内ラチに進路を取り、離れた4番手追走。
直線では、コースが中山ということもあり、早めに抜け出すも、どんどん馬場の悪い内に切れ込み・・
結局、外からグランデッツァに、鮮やかに差しきられてしまいました・・
マークされて、先に仕掛けた分、差されましたが、あれが、この馬のパターンだけに仕方なかったか。
最後に脚色が鈍るのは、やはり前半、折り合いを欠いて、無駄な体力を消耗しているからだろう。
結局、課題を解決出来ぬまま、本番を迎えることになってしまうが、これで本番は4番人気ぐらいになるはず。
多少、気楽な立場になるので、岩田には、思い切った騎乗をしてもらいたいですな。

勝ったグランデッツァは、前走ラジニケ杯が順調さを欠いての3着だったので、今回が本来の走り。
中山コースで結果を出したことで、皐月賞最有力候補に。
未対決ワールドエースとの力関係が、分からないので、どちらが本番で1番人気になるか。
グランデッツァは、POGで、迷って指名しなかった馬で、今年のPOG最大の失敗となりました・・

3着には父同様、人気薄でギリギリ皐月賞の出走権を取ったロジメジャー。
ハナ差でサトノギャラントに競り勝ってくれて、馬券的には、こちらの方が高配当だったので、内田グッジョブです!
父は、本番で見事に勝ちましたが、こちらは、2着馬に3馬身半差をつけれており、ちょっと厳しいね。

昨年から続くスランプで、馬券はまったく当たらず、1月2月を経過し・・
3月も本命にした馬が勝つも、相手抜けや、馬券買ってない予想が大当たりしていたりとチグハグであったが。。
ようやく長いスランプから脱出出来て、いい形でG1高松宮記念に挑めそうで、今度は早いうちにG1的中を決めたいですね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

阪神大賞典12((結果))☆☆

2012-03-19 22:48:53 | 1~3月重賞(G2、G3)
2012年3月18日(日) / 阪神 3000m 芝・右 内 / 曇・稍重
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[1] 1 ◎ギュスターヴクライ 牡4 55 福 永 3:11.8 3
2[8] 12 ○オルフェーヴル   牡4 57 池 添 1/2 1
3[5] 6 ▲ナムラクレセント  牡7 57 和 田 2.1/2 5
4[2] 2  ヒルノダムール   牡5 58 藤 田 1.1/4 2
5[4] 4  ジャガーメイル   牡8 57 四 位 2.1/2 4
6[3] 3  トウカイトリック  牡10 56  幸 1.1/4  8
7[6] 7  ピエナファンタスト 牡6 56 木 幡 5 10
8[8] 11  オウケンブルースリ 牡7 57 安 藤 2.1/2 7
9[5] 5  コスモヘレノス   牡5 56 柴田大 1 9
10[7] 10 △ビートブラック   牡5 56 浜 中 7 6
11[6] 8  コパノジングー   牡7 56 藤岡佑 大差 12
-[7] 9  リッカロイヤル   牡7 56 秋 山 中止 11

払戻金 単勝 1 1340円
  ぢ複勝 1 170円 / 12 110円 / 6 330円
    枠連 1-8 410円
    馬連 1-12 400円 / 馬単 1-12 2160円
    3連複 1-6-12 1860円 / 3連単 1-12-6 18590円
    ワイド 1-12 220円 / 1-6 1130円 / 6-12 390円

単勝1.1倍オルフェーヴルが、まさかの大迷走!
大外枠から、好スタートを切ってしまったがゆえ、前に馬を置けず、行きたがって、途中からハナを切る展開。
それでも、この馬の力をもってすれば、そのまま逃げ切ってしまうと思った3コーナーで事件発生!
コーナーを曲がりきれず、外ラチに向かって、オルフェが逸走・・
池添は必死にブレーキを掛けながら制御すると、馬はずるずると後退。。。一瞬故障かとヒヤッとしましたね。
普通の馬なら、この致命的なロスで、大敗になるところ、オルフェは、そこから、また先頭に取り付くんだから凄い。
最後、ロスなく内を回ったギュスターヴクライを交わすことは出来なかったが、なんとか2着は確保。
過程はどうあれ、最後は勝ってほしかったですが・・・
改めて、オルフェーヴルの強さと見たと同時に、この馬が抱えている欠点、課題を露呈・・

池添が、ずっと課題の折り合い、気性難を克服しながら、3冠馬になったのに、また元の問題児になってしまったのか。
調教再審査となり、春天への出走も、どうなるのか、検討されるみたいだが、馬込みにさえ、入れれば問題ないはず。
今回、池添は、もっと大事に乗らなければいけなったよね。
スタートをわざと遅らせて、内に潜り込ませるなどの工夫をするべきだったし、ちょっと慢心があったのでは。

勝ったギュスターヴクライは、重賞初制覇となりましたが、JC繰り上がりのローズキングダムの時みたいな微妙な空気。
それでも、長距離重賞を連続好走して、ステイヤーとしての資質を示し、G1春天でも、十分に期待出来そうです。
ハーツクライ産駒初のG1制覇を目指して頑張ってもらいたいね。

3着ナムラクレセントは、最初からハナを切るかと思ったら、中段待機でビックリしたけど、やっぱり我慢出来ずに、途中からハナへ。
しかし、この馬は、気分よく走らせたほうが、断然いい馬で、和田のこの判断はよかったね。
このナムラの動きに、オルフェが反応しちゃって、大騒動になってしまったのだが・・

馬券は、オルフェがヒルノダムールの進路をカットするナイスアシストもあり、3連複が本線的中!
安い配当でしたが、2番人気ヒルノダムールを消して、2点買いでの的中でしたので、満足の結果。
とはいえ、3月中旬のこの時期に、ようやく今年初的中は、遅すぎですね・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

阪神大賞典&スプリングS12(予想)

2012-03-17 21:39:06 | 1~3月重賞(G2、G3)
土曜の若葉Sは、ワールドエースの圧勝で、これで皐月賞の1番人気は、この馬になりそうなのかな。
フラワーCは、またも関東馬が勝って、桜花賞はジョワドヴィーヴルVS関東馬の構図ですね。

日曜の阪神メイン、阪神大賞典の予想
芝 3000M G2 馬齢 12頭立て

このレースは、見るレースですね。
それは分かっていても馬券を買うのがギャンブラー。
ヒルノダムールを切る理由は、まるでありませんが、配当的な問題だけです・・

◎ギュスターヴクライ

前走ダイヤモンドSは、行った行ったの展開の中、メンバー最速の上がりで2着に割って入る。
負けたとはいえ、ステイヤーとしての適性は見せてくれたので、今回も期待は出来るぞ。
同期オルフェーヴルとは初対決になるが、順調に使われている強みと、2キロの斤量差で、大金星奪取なるか。
現在8戦連続馬券圏内という堅実な走りと、ピンチヒッター福永もそつなく乗ってくれるはずで、オルフェ負かして一躍春天の主役に!


○オルフェーヴル

テイエムオペラオーは4歳になってから重賞8連勝を達成しましたが、既に6連勝中のオルフェなら、この記録をあっさり破ってしまいそう。
休み明け、距離、阪神コース、相手関係、すべて3歳時にクリアしてしまっている条件だけに、連勝は伸びそうか。


▲ナムラクレセント

近走不振も、昨年の覇者だけに、ここは意地を見せてほしい。
前走の大敗が不可解だが、おそらく太目残りが原因か。
立て直しを図って、昨年の再現を。
今回は逃げ馬不在で、スロー必至の中、ハナを切る可能性もあるが、折り合いさえつけば逃げ粘れる。

 
△ビートブラック

重賞ではワンパンチ足りない感じだが、スロー必至の今回、2番手からの流れ込みで3着の可能性はある。
 
馬券はギュスターヴクライとオルフェーヴルの馬連1点とその2頭軸の3連複2点で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、中山のメイン、スプリングSの予想
芝 1800M G2 別定 14頭

このレース、昨年はPO馬のワンツー決着で、3連複もきっちり取ったレースだけに、今年も人気でもPO馬から勝負です。

◎ディープブリランテ

前走は休み明けもあり、折り合いを欠いてハナに立つ最悪の展開。
それでも2着に粘ったのは、力のある証拠で、叩いて上積みのある今回は、当然巻き返します。
追い切りも前回はちょい足りない感じで太目感もあったが、今回はしっかり追い切れており、状態は万全。
中山は初めてだが、先行有利なコース形態だけに、脚質的には合うで、走りなれた1800なら強いブリランテが見れるはず。
道悪が残るようなら、更なるプラスだし、今回は1番人気に応える!!


○ストローハット

前走の共同通信杯はブリランテからは0.1秒差の4着と健闘。
こちらも中山は初めてだが、好位から競馬が出来るタイプだけに、コース替わりは問題なし。
堀厩舎は、このレース、既にアリゼオで勝っているし、土曜のフラワーCを勝ち、今回は牡馬の出番。
乗り替わり田辺は、弥生賞でテン乗りトリップを2着に持ってきており、今回もひと仕事やってくれそう。

 
▲ロジメジャー

京成杯はキャリア1戦という身でもあったし、距離も多少長かった。
デビュー戦のやや重の中山で、しっかり勝っているので、コース適正はあるはず。
父は、このレース11番人気で3着しているし、この馬も、ここで穴をあける。
乗り替わりの内田は、土曜のフラワーCで人気薄を3着に持ってきているので、ここでも。


△サトノギャラント

父シンボリクリスエス、母父サンデーは、アルフレードと同じ。
実績は断然アルフレードだが、こちらは、既に中山1800を勝っており、距離適性でこちらを取る。
同じ血統構成のミルドリームは、若葉S3着で、惜しくも皐月賞の切符を取れなかったが、こちらは3着でOK。
同じ舞台のフラワーCでも、同じ血統構成のサンキューアスクが人気薄で3着しているので、この馬もここ3着。
鞍上の横典は、このレースを既に3勝している得意重賞だけに、大金星の可能性もありか。


△ゼロス

前走の若葉Sでワールドエースを負かしたのは、展開のアヤだが、3連勝中の勢いはやはり怖い。
先週の中山牝馬Sで同じキンカメ産駒のレディアルバローザが逃げ切っているだけに、ここも、この馬がハナを切れば、その再現も。


△グランデッツァ

ラジニケ杯は筋肉痛の影響もあって3着なら悪くない。
この馬も中山は初めてだが、先行脚質だし、対応出来そう。
鞍上はテン乗りのネオユニヴァースで、このレースを勝っているデムーロだし、ブリランテを負かすとすれば、この馬でしょうね。

馬券はディープブリランテを軸に3連複で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (9)

フィリーズレヴュー12((結果))

2012-03-13 21:57:39 | 1~3月重賞(G2、G3)
2012年3月11日(日) / 阪神 1400m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[2] 4 △アイムユアーズ   牝3 54 ピンナ 1:22.8 1
2[3] 5  ビウイッチアス   牝3 54 武 豊 1.1/4 8
3[5] 9 △プレノタート    牝3 54 安 藤 クビ 7
4[8] 16 △イチオクノホシ   牝3 54 石橋脩 1/2 2
5[1] 1  サトノジョリー   牝3 54 岩 田 1.3/4 10
6[7] 13 ▲ラシンティランテ  牝3 54 四 位 1 4
7[1] 2  レッドクラウディア 牝3 54 浜 中 1/2 5
8[7] 14  マコトナワラタナ  牝3 54 北村友 クビ 15
9[4] 8  アンチュラス    牝3 54 川 田 1/2 3
10[2] 3  コスモルーシー   牝3 54 柴田大 1/2 12
11[8] 15  レディーメグネイト 牝3 54 飯 田 3/4 14
12[4] 7 ◎ファインチョイス  牝3 54 池 添 1.3/4 6
13[6] 12  アイラブリリ    牝3 54  幸  クビ 13
14[3] 6  エイシンキンチェム 牝3 54 和 田 3.1/2 9
15[5] 10  ダームドゥラック  牝3 54 小 牧 3 16
16[6] 11 ○サクセスセレーネ  牝3 54 藤 田 7 11

払戻金 単勝 4 350円
    複勝 4 160円 / 5 420円 / 9 350円
    枠連 2−3 1640円
    馬連 4−5 2700円 / 馬単 4−5 4420円
    3連複 4−5−9 10610円 / 3連単 4−5−9 50550円
    ワイド 4−5 870円 / 4−9 870円 / 5−9 2330円

まるで明後日・・完敗の予想結果・・
勝ったアイムユアーズは、実績からも、このメンバー相手なら、順当勝ち。
未勝利を勝ってから、1着2着を繰り返しており、次の桜花賞は2着の番なので、本番も軸馬としては最適?
でも、ファルブラヴ産駒というのが、G1レースでは、どうにも信用出来ないなあ。
一応、母系にはサンデー、ダイナカールの血があり大舞台でも通用しそうなのですが。。
良血ダンスファンタジアも人気を裏切りましたからね。

しかし、ジョワドヴィーヴルがあっけなく負けてしまった現状においては、この馬が一番期待出来るか。。
それにしてもチューリップ賞がハナズゴールで、アネモネSがパララサルーと桜花賞トライアルはすべて関東馬が勝っちゃいましたね。
本番でも関東馬が上位独占してしまうのか?

2着にも関東馬ビウイッチアスが入り、阪神で関東馬のワンツー決着。
鞍上が武豊で、関東馬で、そこそこ穴人気しており、ちょっと買いたくない1頭でしたね・・
今回は、内枠から終始ラチ沿いを回り、直線でも不利なく内を突く、武豊の好騎乗。
それで完敗の2着ですから、距離に限界がありで、武豊も、1400のここが勝負レースだったと言ってたので、本番は用なしか。

3着プレノタートは、1頭、最後方からポツンの思い切ったレース。
桜花賞の権利取りが、かかったレースで、よくもあんな大胆なレースが出来たものです。さすがアンカツ。
1400で2勝していたので、距離短縮は問題ないと思ってましたが、やはり血統的にも距離は長い方がよさそう。
桜花賞での巻き返しが、一番期待出来そうですが、こういう追い込み馬は、実力以上に人気しちゃうのが、馬券的にはマイナスだなあ・・
本番でもアンカツが乗るなら、人気になっても買いの1頭か。

桜花賞ではなく、ここが勝負レースと判断して本命にしたファインチョイスであったが、見せ場なく惨敗・・
阪神JFで底を見せてしまい、どうやら早熟馬だったのか。。
それとも1400でも距離が長かったかもで、1200戦で見直しの1頭ですな。

先週は、土曜に用事があり、予想更新する時間がなく、中山牝馬Sを諦めて、このレース1本で勝負したのだが・・
一応、印だけは打っておこうと、いつも予想に使用しているJRA-VANネクストに◎○▲を打って予想。
レディアルバローザを本命にしたのだが、昨年の覇者なのに、昨年が阪神だったからか、案外人気してなく、馬券的には楽しめそうだったのだが・・
結局、中山は予想だけして馬券は買わず・・その結果は、◎→○→▲という、パーフェクト的中!・・
ハイ・・買ってないときに限って、こういうものです。。。3連複でも8万9千円ですかあ。。凹むなあ・・・
予想の流れが、最悪に流れています・・・誰か助けて。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (4)

フィリーズレヴュー12(予想)

2012-03-11 01:46:06 | 1~3月重賞(G2、G3)
今週も、土曜はちょっと忙しく、予想更新が遅くなりました・・
2つ予想する時間がないので、中山牝馬Sはパスということで。。
フィリーズレヴューには、PO馬アロマティコが登録してましたが、やっぱり除外に・・残念。。

日曜の阪神メイン、フィリーズレヴュの予想
芝 1400M G2 馬齢 16頭立て

前走、エルフィンSか阪神JF組が強いレースなんだけど、今年はエルフィンS組が、みんなアネモネSに行っちゃったね。
なら、残った阪神JF組から狙うのが、素直というものでしょう。

◎ファインチョイス

阪神JFは、多少折り合いを欠いてハナに立つ競馬をしてしまい、大敗も仕方なし。
マイルの距離も長かったようで、陣営もそれを認め、賞金は足りていても本番より1400のここが勝負レース。
1200を連勝して函館2歳Sを勝ち、ファンタジーSちょい負け、阪神JF大敗のローテは、04年3着のフィーユドゥレーヴとまるで同じ。
今回、池添に乗り替わりとなっているが、中山のホエールキャプチャを蹴って、こちらを選んだとすると勝負気配は強いぞ。


○サクセスセレーネ

連闘策になるが、抽選で出走かなった運を味方につけて。
サクセスに藤田とくれば、02年にサクセスビューティが、ここを勝ってます。
この馬は、芝未勝利とはいえ、デビューの芝戦がオリービンにクビ差3着だったし、ディープ産駒ですから大丈夫。
アネモネSもディープ産駒が勝ったように、とにかく、ここ一番でのディープ産駒は強いだけに、ここも。


▲ラシンティランテ

前走フェアリーSで本命にしましたが、惜しくも0.1秒差の6着。
阪神JFでは折り合いを欠いて大敗しただけに、前走、気性的な成長があったのは収穫。
それでも距離短縮したほうが競馬がしやすいのは確かで、1400で弾ける可能性は高いぞ。

 
△プレノタート

マイルの阪神JF、クイーンCは、ともに0.6秒差でそこそこ好走。
1400m戦では2勝しているだけに、こちらも距離短縮がプラスに働きそう。
アンカツへの乗り替わりも勝負気配プンプンで買いの1頭。


△アイムユアーズ

ファンタジーS勝ちに、阪神JF2着の実績は、ここでは一番。
本番を見据えた一戦ともいえるが、血統的には1400のここが勝負の感もあるし、ピンナを配してきて、やはり怖い。


△イチオクノホシ

阪神JF4着に加えて、クイーンC2着と堅実。
休み明けの実績馬より、ひと叩きしている分、こちらの方が怖いか。
 
馬券はファインチョイスを軸に3連複で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (5)

弥生賞12((結果))

2012-03-06 23:16:29 | 1~3月重賞(G2、G3)
2012年3月4日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 曇・稍重
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[3] 5 ◎コスモオオゾラ   牡3 56 柴田大 2:03.9 9
2[2] 2  トリップ      牡3 56 田 辺 1.1/4 3
3[3] 4 △アーデント     牡3 56 藤 田 クビ 5
4[5] 9  ソルレヴァンテ   牡3 56 後 藤 クビ 12
5[8] 15 ○エキストラエンド  牡3 56 デムー 1/2 6
6[5] 8  フェノーメノ    牡3 56 岩 田 ハナ 2
7[1] 1 ▲メイショウカドマツ 牡3 56 藤岡佑 1/2 7
8[7] 12 △アダムスピーク   牡3 56 内 田 クビ 1
9[6] 10  ジョングルール   牡3 56 三 浦 クビ 4
10[4] 7  アーカイブ     牡3 56 石橋脩 ハナ 13
11[8] 14 △サイレントサタデー 牡3 56 松 岡 1/2 10
12[7] 13  クラレント     牡3 56 小 牧 1/2 11
13[2] 3  タイセイスティング 牡3 56 田中勝 1/2 15
14[6] 11  ブリスアウト    牡3 56 北村宏 3 8
15[4] 6  セトブリッジ    牡3 56 柴田善 3/4 14

払戻金 単勝 5 2910円
    複勝 5 540円 / 2 260円 / 4 300円
    枠連 2-3 2330円
    馬連 2-5 7830円 / 馬単 5-2 22190円
    3連複 2-4-5 14380円 / 3連単 5-2-4 126790円
    ワイド 2-5 1940円 / 4-5 1870円 / 2-4 880円

せっかく9番人気の◎コスモオオゾラが快勝してくれたのに・・
なんで、3番人気トリップ勝ってないの。。。

今年初的中を万馬券的中で決めることが出来ていたのに、相変わらずツメの甘い予想で・・
トリップは、岩田から田辺への乗り替わりというか、岩田が関東馬のフェノーメノを選んだので、軽視したのだが・・
しかし、トリップは、前走のラジニケ杯で1番人気に支持されていた馬だし、前で競馬が出来る脚質的にも、内枠の今回は買っておかないと・・
クロフネ産駒ということで、芝の中距離では信頼出来ないとも思ってしまったが、母父サンデーは、重賞では信頼出来たなあ。。
痛恨の予想結果となってしまいました・・・的中への道は険しいなあ。。

弥生賞って、前走の着順より、2走前の着順が重要なんだよねえ。
今回も、1~3着馬の2走前は、すべて1着なんですよねえ。
この法則で、2番人気のフェノーメノを切ることが出来たのに、なんで2走前勝ってるトリップまで切るの・・

勝ったコスモオオゾラは、今回と同じ中山2000の葉牡丹賞を不良馬場で勝ってましたので、今回の条件はベスト。
超スローの先行有利な流れで、やや重の時計のかかる力のいる馬場も味方しての快勝となりました。
これで中山2000を2戦2勝、2000mで3戦3勝となり、皐月賞に向けては、一躍主役候補に。
しかし、この手のタイプの馬は、弥生賞3着ぐらいで、皐月賞の絶好の穴馬的存在になるはずだったのに・・
2000mで3勝しているとはいえ、いずれも時計は平凡。
厳しい流れになるはずのG1で、人気に応えれるかは微妙な気はするが、今年はレベルが低そうだからなあ。。

ロジーズインメイ産駒としては、JRA重賞初制覇となりましたね。
この馬の母はマイネシャローナというが、これは祖母ザナックから由来しているのはすぐ想像がつく。
アメリカのロックバンドであるザ・ナックの79年大ヒット曲「マイ・シャローナ」からマイネルの馬なので、マイネシャローナに。
ザ・ナックはマイ・シャローナ1曲の一発屋として有名ですが、マイネシャローナも500万で、13番人気2着と穴を一度だけあけた一発屋。
その仔コスモオオゾラは、母方の血の通り、一発屋として終わるのか、それとも本番で、もう一発あるのか?!

とにかく、皐月賞では、人気がなければ、コスモオオゾラは黙って買いですが、人気するなら嫌いたいですな。
って、弥生賞馬ですから、当然人気するんだろうな、次は・・
ちなみにここ10年の弥生賞勝ち馬で、皐月賞で人気にならなかったのは10年前のバランスオブゲームだけ。
結果は、7番人気で8着でした・・つまり、弥生賞馬は、本番で人気にならないとダメなわけで・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (1)   トラックバック (2)

弥生賞12(予想)

2012-03-03 19:07:18 | 1~3月重賞(G2、G3)
先週は、土日忙しく、競馬参戦出来ずで、ブログも2週間ぶりの更新に。
今年から土曜競馬の参戦を見送ることにしていたが、チューリップ賞にPO馬ジョワドヴィーヴルが出走で、ちょこっと馬券購入。
買わなきゃよかった・・
まさか、3着に負けてしまうとは・・・馬体が420キロと、まったく成長がなく、桜花賞へ向けて、不安なスタートに・・
今年の我がPO馬、3歳になって、ディープブリランテも人気を裏切り、どうにも流れが悪いです・・
弥生賞には、PO馬の1頭、クラレントが出走するも、中山では買えない1頭だな。距離延長も微妙だし・・

日曜は、新装中京で、開催日変更の中日新聞杯がありますが、買いたい馬いないし、まったく分からないのでパス。
中山の弥生賞1本で勝負です。

日曜の中山メイン、弥生賞の予想
芝 2000M G2 馬齢 15頭立て

◎コスモオオゾラ

前走の共同通信杯は、3番手からの積極策で、直線では見せ場も作るも5着まで。
それでも、2着馬とは0.3秒差で、まずまずの走り。
2走前に今回と同じ中山2000の葉牡丹賞を勝っており、コース替わりのここなら、重賞でもやれる。
2000mは2戦2勝で、距離延長はプラスになりそうで、枠も内目で、好位で競馬が出来れば、一発ある。


○エキストラエンド

2連勝中の勢いに加えて、鞍上がチューリップ賞で金星上げたデムーロで怖い1頭。
京都、小倉と直線平坦コースでの連勝で、中山コースはどうかだが、兄に中山記念2勝しているローエングリンがいるだけに問題ないでしょう。
全兄のリベルタスも朝日杯3着の実績があり、同じ角居厩舎の弟も、重賞でもやってくれそう。
ベストディールを回避させた社台ですが、この馬で、十分勝負になるということなのでしょう。


▲メイショウカドマツ

最内枠に入り、逃げ宣言をしているこの馬の逃げ残りに注意。
実際、前走の寒竹賞で、中山2000を2馬身半差つけて逃げ切っており、その再現もあるかも。
マイル戦だったデビュー戦こそ大敗したが、その後1800以上の6戦すべて0.4秒以内の競馬で堅実。
同型が多いメンバー構成だが、土曜のオーシャンSを勝って勢いにのる藤岡佑が内枠を活かし、すんなりハナを切ればチャンス。

 
△サイレントサタデー

こちらも逃げ馬ですが、外枠に入り、今回はハナを切れないか。
それでも、前走で負かしたヒストリカルが、きさらぎ賞で2着しているので、この馬も。
母マニックサンデーは、我がPO馬だった馬で、未勝利を勝った直後のオークストライアルを9番人気で勝っているだけに、その血の流れで。
今回は、先週の中山記念で絶妙な逃げを見せた松岡に乗り替わりで、松岡は昨年、7番人気のプレイで2着。
今年のこの馬も、前日人気は7番人気で、またやってくれるか。


△アーデント

前走の京成杯は大外枠の不利もありながら、4着とまずまず健闘。
今回は内枠に入り、スムーズに前で競馬が出来れば、当然勝ち負けしてきそう。
土曜の黄梅賞を2頭出しで、ワンツーを決めたキャロットファームが、ここも3頭出しで上位独占か。


△アダムスピーク

今回のキャロットファームの大将格。
同じ2戦2勝のディープ産駒ジョワドヴィーヴルが、人気を裏切ってしまっただけに、この馬も多少不安が。
勢いの止まったディープ3歳勢の流れを、また引き戻すことが出来るかな。押さえで。
 
馬券はコスモオオゾラを軸に3連複で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (6)