susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

有馬記念11((結果))

2011-12-27 21:32:43 | 有馬記念
2011年12月25日(日) / 中山 2500m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 9 △オルフェーヴル   牡3 55 池 添 2:36.0 1
2[4] 5  エイシンフラッシュ 牡4 57 ルメー 3/4 7
3[5] 7 ○トゥザグローリー  牡4 57 福 永 クビ 9
4[8] 14  ルーラーシップ   牡4 57 メンデ 3/4 11
5[6] 10 △トーセンジョーダン 牡5 57 ウィリ クビ 3
6[3] 3  ヒルノダムール   牡4 57 藤 田 3/4 8
7[1] 1 ◎ブエナビスタ    牝5 55 岩 田 3/4 2
8[2] 2 △ヴィクトワールピサ 牡4 57 デムー ハナ 4
9[8] 13  レッドデイヴィス  セ3 55 武 豊 クビ 6
10[7] 12  アーネストリー   牡6 57 佐 藤 クビ 5
11[7] 11 ▲ジャガーメイル   牡7 57 四 位 1.1/2 12
12[5] 8  ローズキングダム  牡4 57 後 藤 2 10
13[4] 6  キングトップガン  牡8 57 柴田善 1.3/4 13
-[3] 4  ペルーサ      牡4 57 安藤勝 取消

払戻金 単勝 9 220円
    複勝 9 140円 / 5 490円 / 7 740円
    枠連 4-6 2500円
    馬連 5-9 3170円 / 馬単 9-5 3650円
    3連複 5-7-9 24290円 / 3連単 9-5-7 78260円
    ワイド 5-9 1020円 / 7-9 1660円 / 5-7 5630円

やっぱり、競馬に神はいなかったか・・・
ブエナビスタ、有終の美を飾ることが出来ず、残念。。
有馬記念、3度目の正直に期待をしたラストランでしたが、ほんと、お疲れ様でした。無事で何より。
数々の感動をありがとう!今後は母として、いい仔を産んで下さい。
初年度は、キンカメとの交配のようですが、ビワハイジに負けない、いい繁殖馬となるはず。

レースは、逃げ馬不在でスローになることは想定していたけど、前半1000mが63秒台という超スロー。
ここまで遅いと、各馬、折り合いに専念するのが大変で、ブエナも前半、引っかかってましたね。
最後のレースぐらい、引き締まった流れの中でブエナを見たかったよ。。。
それでも、これまで展開不問で、好走を続けてきたブエナが、ここで崩れたのは、やはりJCの疲れがあったかな。
同じ5歳有馬記念が引退レースとなったエアグルーヴも、最後は5着でしたし、5歳以上の馬がJC→有馬と連続好走するのは難しいようで。

このパターンは、トーセンジョーダンにも当てはまり、有馬の危険な人気馬パターンとして買ってはいけなかった・・
そう考えれば、軸はオルフェーヴル鉄板で、相手も4歳馬と、わりと簡単に取れた万馬券だったのでしょうか。。

にしても、なんで、アーネストリー哲三は、あんなスローで逃げてしまったのか。。
スタートして、すぐには内に入らず、明らかに、誰か他の馬が逃げてくれという感じでしたね。
マークされたくない気持ちは分かるけど、あんな上がり勝負になるスローの流れじゃ、アーネストリーの持ち味はいきないよな。
JCDのエスポワールシチーでも、思い切って逃げなかったし、今年後半の哲三は、怪我もあってか、精彩欠いたなあ。
まあ、2500mという距離が、アーネストリーには長いという意識があり、思い切った逃げが打てなかったか。
このあたり、いままで、一度もハナを切ったことがない馬が逃げると、中途半端な結果になるということね。
ということで、中途半端な逃げをうったアーネストリーには、疲労もなく、年明けは京都記念からドバイに行くようで。

さて、勝ったオルフェーヴルは、展開不問の強い競馬で4冠達成となり、今年を締めくくりました。
この馬、私のPO馬なのに、どうにも馬券の相性が悪いわ。。
ここまで9回、重賞を走って、私が◎を打ったのは、たった1回。
しかも、それが、オルフェーヴルが唯一、馬券圏内を外した京王杯2歳Sなんだから、ほんと相性悪すぎ。。
来年は、凱旋門賞に挑戦するようですが、ここを勝ったことで、ドバイにも行く可能性が。
まあ、無理はしないでほしいけど、この馬なら、ドバイも凱旋門も、両方とも期待が持てるだけに、チャレンジしてほしいね。

2着エイシンフラッシュは、皐月賞の時には、中山巧者と思って穴で買った1頭でしたが、やはり中山は合いましたね。
今回は、更に、鞍上がルメールに乗り替わっていたので、人気落ちで怖い1頭と思ってましたが、印が回らなかった。
最後の1頭で迷ったが、有馬記念はリピーターG1ということで、ヴィクトワールピサの方を選んでしまった。。
まあ、軸がオルフェーヴルじゃなくて、ブエナにしてしまっていたので、どの道、ハズれてましたが・・・

3着トゥザグローリーは、リピーターG1ということで、昨年に続いて同じ3着に来ました。
こうなれば、来年、3年連続有馬3着のナイスネイチャーの輝かしい記録に並んでほしいね。
この馬に○をつけれたのが、唯一の我が予想の見せ場・・
いつもの私の有馬馬券の買い方なら、この馬からの穴の一発狙いだったんですが、今年はロマンを求めてしまった。。

というわけで、今年の我が予想を象徴するかのように、最後もしっかりハズしてしまいました・・
今年の馬券収支は、ほんと酷い有様です・・
取れてる馬券を直前の心変わりの予想変更でハズすというパターンを繰り返したのが痛かった。。
それも、金額を上げて買うG1だったから、尚更痛かったよ。。春天、ダービー、JC
この3つの3連複万馬券は取れていた馬券だっただけに、この3つをハズしたことで、収支が大幅赤字に・・

来年は、しっかり、ふらついた予想をせず、後悔のない予想でズバっと当てていきたいものです。
今年1年、馬券に関しては、ダメダメの1年でしたが、来年は頑張りますので、またよろしくお願いします。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

有馬記念11(予想)

2011-12-24 00:03:14 | 有馬記念
今週は、1鞍入魂、有馬のみで勝負です。
ということで、土曜のラジニケ杯もパスです。どうせ、PO馬出走してませんので。。

土日は、クリスマスイブ、クリスマスということで、家族サービスに、年賀状作成もせねばで、早めの予想公開。

日曜の中山メイン、有馬記念の予想
芝 2500M G1 定量 15頭

まずは、前々日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 オルフェーヴル・・・・・・2.5倍
2番人気 アーネストリー・・・・・・3.9倍
3番人気 ブエナビスタ・・・・・・・4.3倍
4番人気 ヴィクトワールピサ・・・12.3倍
5番人気 トーセンジョーダン・・・14.0倍

天皇賞の大敗で、人気が下がると思われたアーネストリーの人気が逆に上がってる?!(金曜夜のオッズなのでアテにならないが・・)
オールカマー勝ち→秋天大敗というマツリダローテで、怖い1頭ですが、マツリダゴッホが勝った時は4歳。
同じローテで挑んだ6歳時は、7着に負けているんですよね。アーネストリーも6歳、どうなんでしょうか?!

◎ブエナビスタ

過去2年、有馬ではブエナに◎を打たなかったのは、単に穴馬を本命にしたかっただけ。
しかし、今年は穴馬で勝負する有馬記念ではないと思い、素直に勝ってほしい馬に◎を献上!
強い馬が強い勝ち方で、ラストランを飾ってほしい。
中山が合っていないことは、過去2年の有馬2着の結果からも明らかだが、それでも崩れていないのが、この馬の凄いところ。
今年は最内1番枠を引き当ててしまったので、前で競馬することになりそうか。
2年前の有馬では2番枠から先行策を取るも、ハイペースに巻き込まれ、ドリジャの追い込みに屈してしまいましたが。
今年はシャドウゲイトの回避で、逃げ馬不在。
前に行くアーネストリーにしても、過去1度もハナを切ったことがない馬だけに、レースはスロー濃厚か。
断然、先行有利な流れになりそうなだけに、内枠をいかして、うまく前で競馬が出来れば、3度目の正直、グランプリVだ!


○トゥザグローリー

中山コースは特殊ゆえに、そこで行われる重賞はリピーターレースになりやすい。
御多分に漏れず、有馬記念も完全リピーターG1であり、今年は昨年の上位3頭が出走となれば、昨年の再現もあるか。
その昨年、3歳で、わずか2か月で4走も走った過酷ローテで挑んで、3着と激走。
好走出来たのは、やはり前で競馬が出来たから。
前走JCでは、11着と大敗するも、折り合いを欠くことなく4番手で競馬が出来たことが、ここで活きる。
今年は、ここが秋3走目という好ローテであり、東京から中山へのコース替わりで一変は十分あるのでは。
岩田との熾烈なリーディング争いをしている福永が、この馬では3連続凡走中であり、最後のここで馬券圏内に持ってくる。


▲ジャガーメイル

今年一番の後悔した予想が、JCでこの馬を直前に消しにしたこと。
そのJCでは、7歳という年齢を嫌ってしまったが、有馬は7歳8歳の好走例もあり、年齢で人気を下げるなら、逆に買い。
有馬での穴馬の条件は、中山重賞実績なんだけど、この馬にはないので、正直厳しいかと思うが、JCでの後悔をまた味わいたくないので。
距離はピッタリだし、重賞の穴といえば、母父サンデーだし、気楽な立場で四位が、またこっそり3着に。


△トーセンジョーダン

秋天1着、JC2着に加えて、今年のAJCC勝ち馬となれば、この舞台ならブエナ以上に期待が持てる1頭。
昨年は自分の競馬ではない逃げる展開となってしまい5着に敗れたが、それでも0.3秒差。
今年は、前走に引き続きウィリアムズが騎乗というのが心強い。
ウィリアムズは、昨年、人気薄のトゥザグローリーを3着に持ってきているし、前走も2番手から競馬をして、有馬モードになってます。
状態さえ万全なら、ブエナを負かすのはこの馬だと思っていますが、さすがに、ここ2戦の激走の反動が心配。
実際、追い切りもセーブ気味だし、馬体重も大幅に増えており、前走の疲労回復に手間取っている可能性が。
有馬での完全な危険な人気馬パターンになっている気がするが、鞍上と中山適正を考慮すれば、消せない。


△オルフェーヴル

初の古馬との対戦、勝ち鞍のない中山コースというのが気になるが。
そこは3冠馬だし、無様な競馬はしないと思うし、ローテ的には、この馬が一番ゆとりあって最適。
全兄ドリジャが中山巧者だから、弟も大丈夫とも思えるが、兄貴とはタイプが違うだけに、多少不安はある。
あとは、ピークを菊花賞に持ってきた馬が、ここで改めて、万全の状態に持ってこれるか。


△ヴィクトワールピサ

前走が8か月ぶりだったとはいえ、ちょっと負けすぎか。
というか、終始、最後方からついて回ってきただけで、まったくレースに参加してませんでしたね。
体調が万全ではなかったことと、ここへ体力温存のために、無駄に走らなかったのか。
昨年の覇者、ドバイWC覇者として、2走続けての凡走は、角居厩舎としても避けたいところ。
中山巧者、鞍上デムーロ、2枠好枠、昨年の勝ち馬と、ここで走る材料はそろいまくっているので押さえます。

馬券はブエナビスタを軸に馬連と3連複で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (21)

朝日杯FS11((結果))

2011-12-21 21:18:49 | 朝日杯FS
2011年12月18日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[2] 3 △アルフレード    牡2 55 ウィリ 1:33.4 1
2[2] 4 ▲マイネルロブスト  牡2 55 蛯 名 2 4
3[8] 15  レオアクティブ   牡2 55 横山典 1/2 8
4[6] 12  トウケイヘイロー  牡2 55 後 藤 クビ 9
5[8] 16  ダローネガ     牡2 55 佐 藤 1.1/4 3
6[1] 1 ◎サドンストーム   牡2 55 勝 浦 クビ 5
7[4] 7 △クラレント     牡2 55 小 牧 1/2 2
8[5] 10  ジョウノバッカス  牡2 55 戸 崎 1/2 16
9[1] 2 ○ローレルブレット  牡2 55 池 添 アタマ 6
10[3] 5  ネオヴァンクル   牡2 55 浜 中 アタマ 14
11[4] 8  ショウナンラムジ  牡2 55 岩 田 2.1/2 7
12[3] 6 △スノードン     牡2 55 北村友 クビ 10
13[6] 11  マコトリヴァーサル 牡2 55 メンデ 1/2 12
14[7] 14  ヒシワイルド    牡2 55 ルメー 1/2 13
15[5] 9  ニンジャ      牡2 55 藤岡佑 2.1/2 15
16[7] 13  ハクサンムーン   牡2 55 田中勝 クビ 11

払戻金 単勝 3 310円
    複勝 3 160円 / 4 270円 / 15 390円
    枠連 2-2 1660円
    馬連 3-4 1520円 / 馬単 3-4 2180円
    3連複 3-4-15 8540円 / 3連単3-4-15 30630円
    ワイド 3-4 630円 / 3-15 1160円 / 4-15 2680円

関東馬のワンツスリー決着は、関西人には取れない・・いや、単に馬券下手。。

勝ったアルフレードは、無傷の3連勝で、2歳王者に。
芝のマイルG1で、シンボリクリスエス産駒はどうかと思ったが、やはり母父サンデーの力は凄いね。
前日の阪神Cで、久々に同産駒のサンカルロが勝ったという流れもあったか。
鞍上ウイリアムスのロスない好騎乗も光りましたし、今回は相手関係にも恵まれた?!
来年のクラシックの主役になれるかは、よく分かりませんが、NHKマイルCなら、間違いなく有力な1頭でしょう。
クラシック候補は、やっぱり、今週末のラジオNIKKEI杯組とディーププリランテになるんじゃないのかな。
ディープブリランテについては、PO馬でもあるので贔屓目もあるけど、POG的には、ラジニケ杯を使ってほしかった。
まあ、共同通信杯で、また強い勝ち方を見せてもらいましょう。
グランデッツァとの直接対決は、本番まで取っておくのか?それとも弥生賞あたりで実現するのかな。
あと、先週の新馬戦を快勝したワールドエースは、名前負けしない大物感があるようで、怖い1頭です。
ということで、今年の朝日杯組からは、クラシック候補は出ないと見てるが、どうでしょうか。。

札幌2歳S3着、東スポ杯9着のマイネルロブストが、2着になったことで、尚更、その他組が強い可能性が。
でも、勝ったアルフレードは、2馬身差の圧勝だから、やっぱり強い1頭なんでしょうね。

多少の穴狙いのつもりで本命にしたサドンストームは、結局5番人気とは・・
私が予想をしていた段階では、10番人気ぐらいだったのだが・・・土曜の昼のオッズはアテにならぬか。。

馬券妙味は、前走、重賞を鮮やかに勝ちながら、8番人気と低評価だったレオアクティブの方でしたね。。
しかも、鞍上の横典は、前日に騎乗停止処分を受けており、これが、今年最後の重賞レースとなれば、気合も違っていたわけで。
しかし、あの追い込み脚質は、中山では不向きと思ったのだが、またもや、今回は後方から、よく飛んできましたね。

泣いても笑っても、JRAのG1は、あと有馬記念を残すのみ。
「終わりよければ全て良し」と言うわけで、今年は酷い予想結果続きですので、最後ぐらいは、当てたいものです。
でも、今年の有馬は、穴馬の出番はいらない。強い馬の強い走りを見て、感動したいです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

朝日杯FS11(予想)

2011-12-18 13:56:20 | 朝日杯FS
日曜の中山メイン、朝日杯FSの予想
芝 1600M G1 定量 16頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 アルフレード・・・・・・・3.3倍
2番人気 クラレント・・・・・・・・5.9倍
3番人気 ダローネガ・・・・・・・・8.1倍
4番人気 マイネルトブスト・・・・11.1倍
5番人気 ローレルブレッド・・・・11.7倍

◎サドンストーム

1200m戦を連勝して、マイルは未経験だが、京王杯2歳S2着馬は、この10年で3頭が、ここでも好走。
その3頭いずれも、マイル未経験でしたが、府中1400重賞の連対実績があれば、中山マイルはこなせる。
父ストーミングホームはミスプロ系で、このレース好走血統だし、父父マキャベリアンは、ヴィクトワールピサの母父でお馴染みなので、中山は得意かも。
母父グリーンデザートは、スプリンターを輩出しているが、昨年の勝ち馬グランプリンボスもバクシンオー産駒だったし、短距離血統でも大丈夫。
鞍上の勝浦は、ゴスホークケンでこのレースを既に勝っており、1枠は、もっとも好成績の有利な枠で、チャンスは十分だ!


○ローレルブレッド

更に相手も1枠から。
こちらはサムライハート産駒ということで、サンデー×エアグルーヴの良血ですから、もしかして大物が出る可能性も。
母父テンビーは、同じ馬主でもあるローレルゲレイロと同じ。
で、そのローレルゲレイロは、このレース2着というわけで、この馬にも2着を期待。
前走の千両賞で負かしたオリービンは、京王杯2歳S3着馬ですので、この馬も、重賞級の能力あり。
今年G1勝ちまくりの池添が、有馬を前に、また1つ、G1勝っちゃうかも。


▲マイネルロブスト

前走は、道悪に加えて、この馬自身、前半、折り合いを欠いており、直線失速。
それでも、3番手から競馬が出来たことが、今回の中山でいきる。
札幌2歳S上位2頭不在のここなら、3着馬のこの馬が主役をはれる実績。
今回は、鞍上強化でドリジャでここを勝っている蛯名を配して、札幌での走りを再現出来れば、一発あるぞ。


△アルフレード

2戦2勝で、中山マイルも勝っており、内枠を引き当て、1番人気に。
ただし、ここ10年、重賞初挑戦の馬は、昨年のリベルタスの3着が最高。そのあたりが、ちと心配。
それでも、重賞で頼りになる母父サンデーだし、キャロットファームは、リアルインパクト、フィフスペトル、ブレイクランアウトと、ここで好走馬を出してます。
昨年が外国人騎手のワンツーだったので、今年も怖いです。


△スノードン

前走は単勝万馬券の最低人気での勝利。
デビュー2戦は惨敗だったものの、休養後、前で競馬が出来るようになり、2連勝。
今回も、前で競馬が出来れば、十分チャンスはありそうだが、マイルのペースで前に行けるかが不安。
そこは、有力スプリンターを多数抱える安田厩舎が、うまく、この馬をマイル仕様にしているはず。


△クラレント

前走の東スポ杯は、放馬で、本来なら発走除外となるべきだった。
レース前に、2000m近く走っちゃったら、まともに走れないって・・・よって、まったく参考外。
デイリー杯2歳Sの走りを見れば、ここでは力が一枚上なはずだが、脚質的に、中山コースは合わないか。
それでも、能力で、なんとかしてしまうことを期待。PO馬なので。

馬券はサドンストームを軸に馬連と3連複で勝負!!

愛知杯は、レーヴディソールの復活劇があるかが大注目。
相手は、小倉コースが心配だが、エリ女で本命にしたフミノイマージンと昨年の覇者セラフィックロンプの2頭。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (2)

阪神JF11((結果))

2011-12-14 22:14:07 | 阪神JF
2011年12月11日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[7] 13 ◎ジョワドヴィーヴル 牝2 54 福 永 1:34.9 4
2[6] 11  アイムユアーズ   牝2 54 メンデ 2.1/2 8
3[8] 18 △サウンドオブハート 牝2 54 武 豊 ハナ 1
4[4] 8  イチオクノホシ   牝2 54 デムー 1/2 5
5[1] 1 △アンチュラス    牝2 54 川 田 クビ 10
6[8] 17  ガーネットチャーム 牝2 54 北村宏 クビ 14
7[7] 14 ▲プレノタート    牝2 54 佐 藤 アタマ 15
8[8] 16  エピセアローム   牝2 54 浜 中 クビ 2
9[2] 4  マイネボヌール   牝2 54 酒 井 1/2 13
10[7] 15  トーセンベニザクラ 牝2 54 藤 田 ハナ 9
11[3] 5  ファインチョイス  牝2 54 岩 田 1.1/4 6
12[5] 10 △アナスタシアブルー 牝2 54 藤岡康 1/2 7
13[5] 9  ナオミノユメ    牝2 54 北村友 3/4 16
14[2] 3  アラフネ      牝2 54 吉田隼 1.3/4 12
15[6] 12 ○ラシンティランテ  牝2 54 藤岡佑 1.1/4 3
16[3] 6  スイートスズラン  牝2 54 川 島 クビ 18
17[4] 7  レディーメグネイト 牝2 54 飯 田 1.1/4 17
18[1] 2  エイシンキンチェム 牝2 54 和 田 1/2 11

払戻金 単勝 13 680円
    複勝 13 280円 / 11 330円 / 18 210円
    枠連 6−7 880円
    馬連 11−13 4870円 / 馬単 13−11 8270円
    3連複 11−13−18 9370円 / 3連単 13−11−18 62850円
    ワイド 11−13 1820円 / 13−18 810円 / 11−18 1410円

ジョワドヴィーヴルが、キャリア1戦でのG1制覇という快挙達成!
おまけに、史上初の母仔姉妹制覇も達成!!
姉はキャリア2戦目で、1番人気での勝利でしたが、結果は、姉と同じ2馬身半差の圧勝劇!
キャリア不足、418キロの小柄な馬体と不安材料がありながらも、終わってみれば、1頭だけ力が違いました。
姉が達成出来なかった牝馬3冠を、是非、無敗で達成してもらって、父ディープに近づいてほしいですね。

これで、昨年のレーヴディソールに続いて、我がPO馬が2年連続で2歳女王に。
このレースと我がPOGは、ほんと相性がよくて、ビワハイジ、トールポピー、ビエナビスタと合わせて5頭目のPO馬2歳女王。

が、しかし・・馬券が当たっていない。。ハナ差で馬連取りのがす・・
2着アイムユアーズは、買うかどうかで、最後まで迷った1頭・・
結局、ファルブラヴ産駒ということで、距離延長はマイナスと判断して消したのが大失敗・・・
母方にダイナカール、サンデーサイレンスもいる血統だったので、距離の融通もつき、大舞台でも大丈夫だったわけか。
どうしても、ファルブラヴ産駒=短距離馬のイメージがつきすぎたのが、いけなかった・・
鞍上も、頼りないかと思ったが、どっこいメンディザバル、この馬で重賞勝っているだけのことある。
今回、スローの流れで、前走の追い込みとは打って変わっての先行策という好判断が光りましたね。

あと、このレースは、コース改修後、大荒れすることがなくなり、人気薄でも8番人気までの馬しか着てない。
で、今年も、しっかり8番人気のアイユムアーズが2着で、中荒れ。
この傾向を踏まえて、買い目をチョイスすれば、10番人気アンチュラス、15番人気プレノタートは買わずに、アイムユアーズを買えてるわけで・・

3着には、24年連続JRAのG1制覇の偉業がかかった武豊サウンドオブハートでしたが、残念ね。
JRAのG1レースもあと2つ、朝日杯、有馬記念での騎乗馬は、なんでしょうか?

それにしても、今年は当てておかなければいけないG1レースをことごとくハズして、酷い収支になっております。
あと2週、10万馬券でも当てないかぎり、プラス収支に持っていくのは苦しい状況。
今年は、ほんとに、ひどい予想続きで、もう早く来年にリセットしたいわ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

阪神JF11(予想)

2011-12-10 22:45:59 | 阪神JF
日曜の阪神メイン、阪神JFの予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 サウンドオブハート・・・・4.7倍
2番人気 ジョワドヴィーヴル・・・・5.3倍
3番人気 エピセアローム・・・・・・7.2倍
4番人気 ラティンシランテ・・・・・8.0倍
5番人気 イチオクノホシ・・・・・・9.4倍

ビワハイジ、エアグルーヴ、トールポピー、ブエナビスタ、レーヴディソール
私が過去のPOGで指名した馬達です。
そう、私のPOGと、このレースは、とっても相性がいいのです。
というわけで、PO馬が出走となれば、もう自動的にこのレースでは、本命です。

◎ジョワドヴィーヴル

母が女傑エアグルーヴを負かし、姉が17分の6の抽選をクリアして勝ったレース。
そして妹も、15分の6の抽選をクリアして、無事出走となれば、当然、親仔制覇、姉妹制覇を期待するでしょう。
姉はキャリア2戦で、前走は3馬身差の圧勝でしたが、こちらはキャリア1戦で、着差も1馬身半差まで。
タイムも姉とはかなり見劣るだけに、姉のようには行かないかもしれないが、やはり、血を信じたい。
福永‐松田博のコンビは、昨年のレーヴディソールと同じだし、サンデーレーシング‐ノーザンファームも、レーヴ、ブエナと一緒。
ノーザンファームは、このレース現在4連勝中ということもあり、キャリア不足を除けば、この馬がここを勝つ可能性は十分ある!


○ラティンシランテ

札幌2歳Sで本命にした馬なので、ここでも期待だが、ローテのみが不安材料。
中1週のローテは、このレース3着すらない不振ローテ。
とはいえ、白菊賞勝ち馬は、過去レディルージュ1頭しか出走しておらず、たまたま強い中1週馬の出走がなかっただけ。
この馬は、白菊賞を3馬身半差をつけて圧勝しており、これまでの不振データを吹き飛ばす力があるはず。
近親にトーセンジョーダンがいる今勢いのある血統だし、こちらもサンデーレーシング‐ノーザンファーム。
同じ馬主‐生産者のワンツー決着も十分ありそうだぞ。


▲プレノタート

外回りコースに替わってから荒れないレースになったが、穴馬ならこの馬か。
新潟2歳Sで本命にした馬なのだが、その時は大差のブービー負けで、マイルの距離に不安ありなのだが・・
それでも血統は父ジャンポケ母父ダンスと、バリバリの長距離血統なので、距離延長はプラスになるはず。
自信を持って挑んだJCダートでは3着に敗れた哲三だが、今回は人気薄の気楽な立場で、一発に期待する。


△アンチュラス

同じ馬主、生産者のワンツーでなければ、ディープ産駒のワンツーだ。
こちらもマイルの実績がないのが、不安材料とはいえ、阪神1400で4馬身差の圧勝があるだけに、阪神のここなら。
前走のファンタジーSも、直線でファインチョイスに一旦差されながら、最後に差し返す根性があり、200m延長も踏ん張れる。


△アナスタシアブルー

デビュー戦が4馬身差の圧勝。
前走は1番人気に支持されるも、折り合いを欠いて4着。それでも0.2秒差なら悪くない。
この馬も抽選をクリアしたサンデーレーシング‐ノーザンファームの1頭だけに、怖いぞ。


△サウンドオブハート

長距離輸送のある関東馬は、基本、軽視したいのだが。
この馬は、前走、牡馬相手の芙蓉Sを勝っての2戦2勝馬ということで、押さえます。
鞍上の武豊は、24年連続のJRA、G1制覇の記録がかかっているだけに、ここが最大のチャンス。

馬券はジョワドヴィーヴルを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (7)

JCダート11((結果))

2011-12-06 22:38:49 | チャンピオンズカップ
2011年12月4日(日) / 阪神 1800m ダート・右 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 16 △トランセンド    牡5 57 藤 田 1:50.6 1
2[5] 9 △ワンダーアキュート 牡5 57 和 田 2 5
3[3] 6 ○エスポワールシチー 牡6 57 佐藤哲 ハナ 2
4[2] 4  ラヴェリータ    牝5 55 武 豊 1/2 10
5[7] 13  ダノンカモン    牡5 57 福 永 クビ 4
6[6] 11  ミラクルレジェンド 牝4 55 岩 田 クビ 6
7[7] 14  ヤマニンキングリー 牡6 57 デムー ハナ 3
8[1] 2 △ソリタリーキング  牡4 57 メンデ 3/4 11
9[6] 12 △ニホンピロアワーズ 牡4 57 酒 井 クビ 9
10[4] 8 ◎バーディバーディ  牡4 57 プレブ クビ 12
11[1] 1  マカニビスティー  牡4 57 藤岡佑 ハナ 15
12[3] 5 ▲テスタマッタ    牡5 57 四 位 1.3/4 7
13[5] 10  フリソ       牡ル 57 ルメー 3.1/2 13
14[4] 7  ダイショウジェット 牡8 57 柴 山 1.1/2 14
15[8] 15  トウショウフリーク 牡4 57 池 添 3.1/2 8
16[2] 3  エイシンダッシュ  牡5 57 小 牧 3.1/2 16

払戻金 単勝 16 200円
    複勝 16 110円 / 9 280円 / 6 120円
    枠連 5-8 1570円
    馬連 9-16 1750円 / 馬単 16-9 2180円
    3連複 6-9-16 920円 / 3連単 16-9-6 6180円
    ワイド 9-16 530円 / 6-16 140円 / 6-9 530円

トランセンドが2連覇を達成!
大外枠を懸念して、大幅に評価を下げたのだが、まったく関係なしの強い競馬。
過去2度、8枠で負けているが、それはいずれもハナをきれなかったから。
今回は、多少強引なシーンもあったが、ハナを主張し、そのまま逃げ切り圧勝!
大外枠だったので、トウショウフリーク、エスポワールシチーの次ぐらいの3番手からの競馬になれば、危ない人気馬と思ったのだが・・
トランセンドは、ダートでは過去に3度、着外に負けているが、その3度は、ずべて3番手以下からの競馬。
逃げてこそ力を発揮するというのは、鞍上の藤田はしっかり分かっていたということ。
今回の勝利は、馬の力と鞍上の心意気、作戦勝ちでしょう。
来年は、フェブラリーSで2連覇を目指した後、またドバイに再チャレンジということで、楽しみですね。

2着のワンダーアキュートは、スタートで躓いて出遅れながら、最後はメンバー最速の上がりで突っ込んできました。
やはり阪神巧者、このコースでは、確実に走りますな。
今回の馬券勝負としては、この馬から馬連2点買いぐらいだったか。穴党の出番なし・・

3着には、ダート王者奪還を狙ったエスポワールシチー。
直線を向いて、トランセンドに並びかけた時は、この馬の勝ちパターンかと思いましたが、そこから、あっさり引き離されてしまいました。
6歳ということで、さすがに全盛時の強さは見せられませんでしたが、2強対決を盛り上げてくれたと思います。
来年も現役なんでしょうか?

本命にしたバーディバーディは、今回はスタートも良く、好位からレースを進めてくれましたが、勝負所の4コーナーで差を詰められなかったがね。
直線でもごちゃつくシーンもあり、10着と惨敗でしたが、2着馬とは0.4秒差。
昨年のように、もう少し積極的な競馬をしてくれたら、2着争いに加われたのでは。。
まあ、G1では、力が足りないことは、分かってましたが・・

泣いても笑っても、中央競馬は、あと3週。
今年は、絶不調に泣いた1年ですので、あと3つのG1ぐらいは、全部当てたいなあ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

JCダート11(予想)

2011-12-04 00:21:44 | チャンピオンズカップ
とりあえず、G1予想に全力投球ということで、土曜競馬はパスしました。
まあ、家庭の事情で、土曜まで競馬するのは、非常に厳しい環境になってしまいました・・

日曜の阪神メイン、ジャパンカップダートの予想
ダート 1800M G1 定量 16頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 トランセンド・・・・・・・2.0倍
2番人気 エスポワールシチー・・・・3.1倍
3番人気 ヤマニンキングリー・・・12.2倍
4番人気 ワンダーアキュート・・・15.7倍
5番人気 ダノンカモン・・・・・・17.3倍

このレース、単勝1番人気と2番人気の馬とでは、明暗がはっきり分かれる結果となっているだけに。
最終的に、どちらが1番人気になるのかは、すごく重要。

JCでは、期待の4歳馬達が全滅という結果でしたが・・
このレースは、2年連続、4歳馬が勝ってますし、一番充実期に入る4歳馬から狙う。
6頭いる4歳馬の中で、人気と実績の兼ね合いで、一番の狙いごろの馬がいる。

◎バーディバーディ

前走は2歳戦以来の1400戦で、58キロのトップハンデで、しかも出遅れ。
それでも、崩れることなく3着に好走したのは、力があってのもの。
この久々の距離短縮による刺激で、今回は、行き脚もつくだろうし、中1週のローテも[1-1-0-0]と実績ありで問題なし。
今年のフェブラリーS3着馬で、昨年のこのレースも、3歳馬で、見せ場十分の4着と大健闘。
それでいて、今回、単勝12番人気は、不当評価もいいところ。
只今、絶好調の池江厩舎の2頭出しの1頭。穴党なら、迷わず、人気薄のこちらで勝負でしょう。
鞍上のプレブルは、まだ今年日本では勝ってませんが、06年の安田記念を勝っており、大一番でやってくれるのでは。


○エスポワールシチー

前走のみやこS圧勝で、完全復活とみてよさそう。
唯一の不安は、このレース、2番人気がまったくの不振ということだけか。


▲テスタマッタ

前走は休み明けが影響したか、折り合いを欠きまくりで7着完敗も仕方なし。
今回は、叩いた上積みが期待出来るし、阪神1800は、マーチSで圧勝しているだけに、コース変わりはプラス。
昨年のフェブラリーS2着馬が、ほどよい人気で、狙いごろ。
鞍上の四位が、2週連続、G1の舞台で、穴をあけそうな予感。


△ソリタリーキング

ご存知、ダート王ヴァーミリアの半弟というだけで、ここでは買いです。
ダート重賞初挑戦となるが、2連勝中の勢いがあるし、阪神1800も2戦2勝と実績あり。
そろそろ、メンディザバルが、大舞台で、一発あってもよさげ。
毎度お馴染み、母父サンデーというのも、先週のジャガーメイルのように、3着あるぞ。


△ニホンピロアワーズ

ここまで12戦して、まだ馬券圏内を外していない堅実馬。
これまで先行して結果を出していたが、前走は前に行けない展開ながら、崩れなかったのは収穫。
阪神1800でも2勝しているし、母父アドマイヤベガでサンデー系ですので、穴パターンね。


△ワンダーアキュート

前走は、ここへの叩き台で、4着はまずまずの走り。
阪神ダートは5勝しており、一番得意な舞台。
叩いた上積みを考えると一番怖い馬。


△トランセンド

大外枠に入ったことで、消したい1頭だが、1番人気馬は毎年馬券になってますので。
このレース、大外枠の馬は来てませんし、この馬自身、8枠に入った過去2回、共に凡走してますので、押え評価で。

馬券はバーディバーディを軸に3連複で勝負!!
あとエスポワールシチーからも3連複は、押さえで買っておこうかな。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (8)