susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

宝塚記念12((結果))

2012-06-25 23:15:41 | 宝塚記念
2012年6月24日(日) / 阪神 2200m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 11 △オルフェーヴル   牡4 58 池 添 2:10.9 1
2[4] 7 △ルーラーシップ   牡5 58 ウィリ 2   2
3[1] 2  ショウナンマイティ 牡4 58 浜 中 1.1/4 6
4[1] 1 △ウインバリアシオン 牡4 58 岩 田 2 3
5[2] 4  マウントシャスタ  牡3 53 川 田 ハナ 12
6[3] 6 ○エイシンフラッシュ 牡5 58 内 田 5 4
7[4] 8 ◎アーネストリー   牡7 58 佐 藤 4 8
8[5] 10  ナカヤマナイト   牡4 58 柴田善 1.3/4 13
9[5] 9  ビートブラック   牡5 58 石橋脩 1.1/2 9
10[6] 12  フェデラリスト   牡5 58 蛯 名 3 7
11[2] 3 ▲ヒットザターゲット 牡4 58 古 川 1.1/4 14
12[8] 15  トゥザグローリー  牡5 58 福 永 2 5
13[7] 13  モンテクリスエス  牡7 58  幸  3/4 16
14[7] 14  ホエールキャプチャ 牝4 56 横山典 1.1/4 11
15[3] 5  スマイルジャック  牡7 58 田 辺 5 15
16[8] 16  ネコパンチ     牡6 58 江田照 6 10

払戻金 単勝 11 320円
    複勝 11 180円 / 7 170円 / 2 230円
    枠連 4−6 680円
    馬連 7−11 1010円 / 馬単 11−7 1760円
    3連複 2−7−11 3230円 / 3連単 11−7−2 11550円
    ワイド 7−11 520円 / 2−11 990円 / 2−7 650円

人気通りの決着、オルフェーヴルの復活Vで、穴党の出番なし。。。でもうれしかったよ。

陣営の直前での「7割のデキ」発言は何だったんでしょうか・・
確かに、本調子ではなかったにしろ、7割のデキでG1は、勝てないでしょうよ。
でも、あの発言で、過度のプレッシャーから解放されて、池添は、思い切ってインをつけたのかも。

おかげで、既に勝負付けが済んでいる相手で、オルフェの単勝が320円、複勝も180円もつきました。
2番人気ルーラーシップとの馬連が、1010円もつくんだから、普通なら5倍ぐらいのはず。2倍増しだね。
阪神大賞典、春天で単勝1倍台の人気を裏切った罪滅ぼしで、オッズ引き上げ発言をしてくれたのかな。
今回も、オルフェーヴルを信じて、単勝を買った人は、ほんとよかったですね。

しかし、私はオルフェーヴルをPOG指名しておきながら、5度のG1勝利を一度も当てていないという相性の悪さ。
オルフェーヴルを本命にしたのは、2歳の京王杯のみ・・しかも10着大敗。。
前回の春天にしたって、ビートブラック本命だったけど、資金配分は、ほとんどオルフェ絡み馬券でしたから・・
ほんとに馬券的に相性の悪い馬なので、次は、もう国内じゃなくて、絶対、凱旋門賞に行って下さい。

2着ルーラーシップは、2馬身差で完敗の形も、コース取りの差も大きかったね。
しかし、この馬は、馬群を割って、内をつく器用さはないので、いつもの大外ぶん回しも仕方なし。
それでも、内は荒れていて、外伸びの恩恵はあったはずですが、今回は、相手が悪かったね。
府中の秋の天皇賞、JCあたりで、国内G1取れそうかな。オルフェが出なければ。

3着ショウナンマイティは、阪神内外コース実績がある馬なのに、切ってしまった1頭。
ここ2戦、阪神内回りコースの重賞で、結果を出していたが、共に超スローの展開でのもの。
よって、スローの上がり勝負に強い追い込み馬として、軽視したのだが、どっこいハイペースでも飛んできました。
って、ハイペースは、基本、追い込み馬に有利な流れなんだから、この馬を消す理由はなかったわけで・・
思えば、完全前残りの超スローペースの大阪杯で、追い込みを決めたわけですから、あの走りを評価しないとね。

本命アーネストリーは、今回は積極策の4番手追走から、4コーナーで先頭に踊り出る、こちらが想定していた走り。
しかし、ネコパンチがすんなりハナに立てなかったことで、押して押して行ったもんだから、先行勢には厳しい流れに。
しかも、通常なら、4コーナーのコーナーリングで、内をついてセーフティーリードを奪えるが、今回は荒れた内を避けて外に出すことに。
結局、インをついたマウントシャスタが5着に頑張ったし、勝ったオルフェーヴルもイン付きでしたからね・・
更に、ルーラーシップが、この流れなのに、早めに仕掛けて、あっという間に抜き去る展開もきつかった。
あと、レコードが出るぐらいのパンパンの良馬場希望のアーネストリーにとっては、馬場も合わなかったね。

というわけで、G1の連敗記録を止めることが出来ず、残念無念・・
上半期の総決算だっただけに、当てて締めくくりたかったが、そうはうまくは行きませんな・・
次は夏競馬ですが、ちょっと力は入らんなあ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (6)

宝塚記念12(予想)

2012-06-23 21:06:13 | 宝塚記念
日曜の阪神メイン、宝塚記念の予想
芝 2200M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 オルフェーヴル・・・・・・3.3倍
2番人気 ルーラーシップ・・・・・・5.4倍
3番人気 トゥザグローリー・・・・・8.6倍
4番人気 エイシンフラッシュ・・・・8.8倍
5番人気 ショウナンマイティ・・・・9.0倍

まずは、天皇賞(春)で◎を打ち、万馬券をプレゼントしてくれたビートブラックの扱いをどうするか・・
宝塚記念の開催時期が6月最終週に変更になってからは、やはり、春天からのローテが最適となっている。
ここ10年、春天勝ち馬は、半分の5頭しか宝塚記念に駒を進めていないが、5頭中2頭がここでも勝ち、2着1回。
で、連対した3頭の共通点は、4歳の関西馬で、2頭は春天でも宝塚でも人気してました。
人気なかった1頭が、春天7番人気、宝塚6番人気で勝ったヒシミラクルですが、阪神内回り2勝の実績は持ってました。
では、着外だった2頭の共通点は、6歳の関東馬で、阪神コースが初めてでした。
ビートブラックは、5歳の関西馬ですが、春天では14番人気で、ここも前日9番人気と、タイプとしてはヒシミラクル型。
しかし、阪神コースで3勝しているも、3勝すべて外回りコースで、内回りコースでの実績はない。これが痛い。
昨年は、大外枠で、位置取りが後ろになり、この馬の持ち味が出せずの敗戦だけに、前で競馬が出来れば・・
と思うと、今年も買いたくなるのだが(昨年も買ってました)、コース適正を考えると買えない1頭になるな。。
でも、お世話になったしなあ・・

◎アーネストリー

コース適正を考えれば、素直に昨年の好走馬を買えばいいわけで。
昨年の勝ち馬が、初の宝塚連覇を目指して、ここに照準を合わせてきただけに、近走の不振は関係ない。
有馬でハナを切って惨敗したことから、ここ2走は「ハナに立ちたくない」という消極騎乗で、この馬の持ち味を殺すことに。
今回は、連覇のかかったG1戦で、ここ2走の反省を込めて、必ず、積極騎乗を見せてくれるはず。
幸い、ネコパンチが逃げ宣言をしているし、ビートブラックも前で競馬をするはずで、スローの流れにはならない。
3番手からの競馬で、直線で先頭に立つ昨年の競馬を再現出来れば、追い込み馬も封じ込めるはず。
佐々木厩舎-哲三といえば、タップダンスシチーもそうですが、08年、11番人気で3着したインティライミ。
後方からの競馬で結果出ず、ここで人気を落とし、3番手からの積極策で結果を出したインティとアーネストリーは被ります。
7歳という年齢は気になるが、先輩タップダンスシチーが、前年3着から、翌7歳で見事に勝利している。
先週のマーメイドS、土曜の米子Sが、共に母父トニービンのワンツー決着で、血の後押しもあり、復活の舞台は整った!


○エイシンフラッシュ

当然、昨年の3着馬も黙って買いです。
この馬、ダービー馬なんだけど、完全な小回り巧者ですしね。
昨年も、ここ3着の後、東京で連続負けて、有馬で2着ですからね。
今回は、ドバイ帰りの休み明けということで、馬の状態がどうかだが。
追い切りの動きは抜群だったし、鉄砲実績もあるので、いきなりから走れる。
コース適正、そして鞍上は頼りになる内田ということで、ダービー以来の勝利もありえそう。


▲ヒットザターゲット

穴なら、裏街道からやってきた上がり馬、ノースヒルズ第3の馬だ。
今回のメンバーでは、唯一の連勝馬であり、夏は格より勢いということで、3着候補にこの馬を指名。
阪神コースは、未勝利戦で勝ち上がれずの、2着3着だったが、函館、小倉、福島で勝ってきており小回り適正は十分。
直線坂のコースで勝ってないのが気になるが、中日新聞杯では、直線で前が壁になり進路変更するロスがあっての4着。
それでも、上がりは勝ち馬と同じメンバー最速で走っており、坂がダメというわけではない。
この馬、内枠を引き当ててから、5戦4勝と好調になり、今回も内枠を引き当て、ロスなく前目で競馬が出来ればチャンスあり。
母父は懐かしのタマモクロスで、このレースも勝ってますので、キンカメ3頭の中では、一番コース適正高く、一発あるか。


△ウインバリアシオン

悲願のG1制覇へ向けて、ブリランテの時と同様、岩田が、つきっきりで調教。
こんなニュースを聞くと、そりゃあ、買いたくなるわな。
しかし、阪神内回りコースは、この馬には、明らかに不向きなコース。
これまでの後方待機策では、届かない可能性が高いので、そこを岩田がどうのるか。
最内枠から、ロスなく追走して、直線で、どう進路を取るか、どのタイミングで仕掛けるか、岩田の腕に注目。


△ルーラーシップ

ウィリアムズ騎乗の良血馬とくれば、3週連続ありそうか。
この春、G1でも大活躍したウィリアムズですが、今年はまだG1は勝ってないので、最後に持っていきそう。
馬も海外G1を勝って、一皮むけていれば、国内G1でも通用しちゃうのか。
ただ、阪神内回りコースは、この馬には向いていないので、やはり頼みは騎手の腕かな。


△オルフェーヴル

4冠馬の復活はあるのか?
陣営が、ギリギリまで出走を迷っていたように、好調時の状態に戻りきってないのは確か。
7割のデキで、果たしてG1を勝てるのか?最初から陣営は負け宣言をしてるのか?
ただ能力は断然だし、前走の大敗も、理由がはっきりしているので、巻き返しは可能でしょう。
3連敗は許されないプレッシャーに、池添がどう乗るかが、復活のカギとなるか。
距離短縮はプラスだし、兄も勝った舞台で、この条件は悪くないはずで、勝って、凱旋門賞へ行ってほしい。

馬券はアーネストリーを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (7)

マーメイド12((結果))

2012-06-18 22:02:54 | 4~6月重賞(G2、G3)
2012年6月17日(日) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[3] 3 ○グルヴェイグ    牝4 53  ウィリ 1:59.9 1
2[4] 6  クリスマスキャロル 牝5 50  藤 懸 2   7
3[5] 7  メルヴェイユドール 牝5 50  酒 井 クビ  10
4[8] 13  シースナイプ    牝5 54  川 田 1/2   3
5[8] 14  アカンサス     牝4 54   幸  2 5
6[6] 10  ベストクルーズ   牝5 52  北村友 2 13
7[6] 9  エリンコート    牝4 56  浜 中 1.3/4 8
8[3] 4 △アグネスワルツ   牝5 55  国分恭 1.3/4 4
9[7] 11 ▲マイネエポナ    牝3 49  難 波 クビ 11
10[7] 12  タイキエイワン   牝5 50  中 井 1.3/4 12
11[4] 5 △アニメイトバイオ  牝5 55.5 和 田 クビ 6
12[5] 8  スペシャルピース  牝4 48  田中健 1 14
13[1] 1 ◎レジェンドブルー  牝6 53  高 倉 2 9
14[2] 2  スマートシルエット 牝5 53  武 豊 クビ 2

払戻金 単勝 3 230円
    複勝 3 140円 / 6 330円 / 7 500円
    枠連 3−4 800円
    馬連 3−6 1720円 / 馬単 3−6 2320円
    3連複 3−6−7 12930円 / 3連単 3−6−7 45350円
    ワイド 3−6 720円 / 3−7 1320円 / 6−7 2350円

馬場状態の想定違い、展開の読み違いで、大ハズレ・・・
当日、晴れるのは分かっていたが、前日の雨が多少残り、少なくともヤヤ重になると思ったのだが・・
展開もアグネスワルツの単騎逃げで、流れは前有利のスロー想定も、結果は後方待機の追い込み2頭が突っ込む・・
そして、本命馬がブービーとは、ひどくハズしたなあ。。。
まあ、我が予想に連勝はありえないので、次週の宝塚記念を当てるためには、ここをハズのは想定内。

勝ったグルヴェイグは、格上挑戦という立場も、血統背景、前走の勝ちっぷりから、53キロは恵まれたハンデで、ここは順当勝ち。
同期ライバルであったビワハイジとエアグルーヴですが、共に母になっても活躍馬を量産して、すごい馬です。
この勢いだと、宝塚記念は、またウィリアムズ騎乗のルーラーシップが勝つ流れですな。
復活が待たれるオルフェーヴルとの対決が見ものですが、オルフェーヴルは、ちゃんと出走してくるのでしょうか?

馬券的には、グルヴェイグから、50キロ以下の軽ハンデ馬5頭に流せば、万馬券3連複は取れていたのだが・・
正直、そういう買い方でいいのではないかと、思ったりもしたのだが、それってなんか予想を放棄しているようで。

結局、ハンデの重いアグネスワルツとアニメイトバイオを選んでしまったのが、今回の敗因ですね。
2着クリスマスキャロルは、当初、買い目に入れていたものの、最終的に、騎手見て、消しに。
近走、2、2、1着と安定した走りを見せており、今回、50キロの軽ハンデなら、チャンスは十分。
しかし、重賞初騎乗となる藤懸という初めて見る名前で、消してしまってスマン。

3着メルヴェイユドールも展開がはまって、50キロの軽ハンデを活かした形。
今回、50キロの以下の軽ハンデ馬が、すべて体重の軽い騎手の乗り替わりとなっており、どの騎手も実績不足。
そんな中、酒井騎手は、重賞3勝ジョッキーで、メルヴェイユドールに乗っても2勝しており、唯一、鞍上弱化になっていなかった。
騎手見て、買いか消しかを判断したのなら、メルヴェイユドールは買いの1頭でしたな・・・
更にこの馬は、格下でも血統的には、ステイゴールドの下であり、重賞でもやれる下地はあったね。。

万馬券を当てた後は、しばらく馬券が当たらないのは、いつものこと。
ここで大ハズししたことで、次回の上半期決算、宝塚記念が当たれば、万々歳なのだが。
まずは、レースを盛り上げる上でもオルフェーヴルには絶対、出走してもらいたいね。
出走しても、勿論、本命では買いませんが、復活して凱旋門賞を目指してほしいので、一番応援するという微妙な感情です。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (2)

マーメイドS12(予想)

2012-06-16 22:16:52 | 4~6月重賞(G2、G3)
前日予想は、馬場状態が読めず、ほんと難しいね。
土曜の阪神は、雨による重馬場でしたが、日曜の天気予報は午後から晴れるそうで、どこまで馬場が回復するのか?

日曜の阪神メイン、マーメイドSの予想
芝 2000M G3 ハンデ 14頭立て

ハンデ戦とはいえ、魅力的な穴馬が見当たらず、あまり買いたい気分にもならないのだが、それでも買うのがギャンブラー。
今週も、無理やりに穴馬を捻り出して、来週の宝塚記念の資金稼ぎをしたいところ。

◎レジェンドブルー

4年連続、人気薄の6歳馬が穴馬になってますので、今年唯一の6歳馬を素直に本命。
前走は、牡馬相手のオープン特別だったし、距離も長かっただけに、大敗も仕方なし。
2走前に今回と同じ阪神2000を2馬身半差つけ逃げ切っており、牝馬同士のハンデ戦のここなら勝負になる。
今回はアグネスワルツがハナを叩きそうだが、こちらは2、3番手からでもレースが出来るし、道悪も不良2着の実績があり。
鞍上の高倉は3年目の若手だが、1年目に最多勝利新人賞を獲得した期待のホープで、ここは重賞初制覇のチャンス。


○グルヴェイグ

今週も良血馬にウィリアウズで、重賞初制覇という流れだな。
一応、格上挑戦になるが、G1出走経験もあるし、現在2連勝中で、前走は強い勝ち方。
今回は重賞とはいえ、メンバーにも恵まれ、あっさり勝ちそうな予感。
不安要素は、このレースが、1番人気が大不振ということと、雨での馬場悪化だが、そこは名手の腕に任せよう。


▲マイネエポナ

49キロのハンデは魅力。
道悪も不良馬場のアネモネSで2着しており、苦にしないし、先行脚質なのもいい。
この馬、マイネルの馬ですが、父キンカメ、母父サンデー、母母シンコウラブリイとグルヴェイグに負けない良血です。
小柄な馬だけに、軽ハンデは、どの馬よりも恩恵になりそうで、一発の期待は十分出来そう。

 
△アニメイトバイオ

実績でいけば、この馬が断然。
近走は不振だが、前走はG1で展開が向かなかったものだし、その前2走は馬体重が大幅に増減した影響が出たか。
阪神コースは阪神JF2着、ローズS勝ちがあるし、2000の距離は秋華賞2着の実績もある。
道悪はマイナスだが、やや重までに回復すれば、大丈夫で、あとは55.5キロのハンデがどうかだけ。


△アグネスワルツ

前走は2着馬に徹底マークされる厳しい展開で、大敗も仕方なしか。
2走前に、阪神で3馬身差の圧勝をしており、更に昨年秋には、グルヴェイグにも勝っている。
この馬もフローラS2着、オークス3着の輝かしい実績があるだけに、ここらで重賞初制覇もありそう。
 
馬券はどの馬にもチャンスありということで、5頭のBOX3連複で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (4)

エプソムC12((結果))★

2012-06-12 06:06:38 | 4~6月重賞(G2、G3)
2012年6月10日(日) / 東京 1800m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[3] 6 ○トーセンレーヴ   牡4 56 ウィリ 1:46.7 1
2[7] 14 △ダノンシャーク   牡4 56 福 永 クビ 2
3[2] 3 ◎マイネルスターリー 牡7 57 柴田大 1.1/4 15
4[1] 1  セイクレットレーヴ 牡3 52 横山典 2.1/2 4
5[8] 17 △シルクアーネスト  牡5 56 池 添 1/2 8
6[8] 18 ▲レッドデイヴィス  セ4 56 浜 中 1/2 3
7[4] 8  メイショウカンパク 牡5 56 武 豊 1 10
8[6] 12  オセアニアボス   牡7 56 武士沢 ハナ 14
9[7] 13  ダイワファルコン  牡5 56 北村宏 クビ 5
10[6] 11  ヤマカツハクリュウ 牡5 56 田中勝 1.1/4 11
11[7] 15  モンテエン     牡5 56 松 岡 ハナ 6
12[3] 5 △レディアルバローザ 牝5 54 内 田 1/2 9
13[4] 7  トップゾーン    牡6 56 吉田豊 1.1/4 13
14[1] 2  キングストリート  牡6 56 石橋脩 1 16
15[5] 10  ダノンスパシーバ  牡5 56 蛯 名 3/4 7
16[5] 9  サンライズベガ   牡8 57 中 舘 3.1/2 18
17[2] 4  アクシオン     牡9 58 田中博 1/2 17
18[8] 16  レッツゴーキリシマ 牡7 57 江田照 3.1/2 12

払戻金 単勝 6 370円
    複勝 6 160円 / 14 160円 / 3 1950円
    枠連 3-7 480円
    馬連 6-14 770円 / 馬単 6-14 1490円
    3連複 3-6-14 43850円 / 3連単 6-14-3 147390円
    ワイド 6-14 330円 / 3-6 7040円 / 3-14 8940円

東京G1、5連戦を5連敗で終えてしまい、意気消沈していたところ、東京最終週に、ドカンと万馬券が的中!!
G1連戦で、資金も結構注いでしまい、ちょっと一息、宝塚記念まで馬券は買わないでおこうと思っていたのだが・・
やっぱり、当日になって、少額だけでもと買ってよかったよ。。。
この日は、風邪で体調が悪かったのだが、3年前の菊花賞で、体調が悪い中、馬券買って、万馬券当てたことを思い出し、これはもしやと。
これなら、毎週末、熱を出して、苦しみながら馬券買うといいのかもね。

勝ったトーセンレーヴは、スタートしてからずっと、引っ掛かってましたが、よく最後まで持ちましたね。
クビ差しのいだのは、ウィリアムズの腕でしょうかね。
今回負ければ、オープン大将のレッテルを貼られたでしょうが、そこは超良血馬ですね。
でも、今回の流れで、折り合いを欠いてしまうようでは、2000m以上のレースは厳しくなっちゃいますね。
かといってマイルがいいという感じの馬じゃないし、やはり気性を治さないと、今後の重賞では厳しいかも。

2着ダノンシャークは、差しそこねを心配しましたが、今回は中段からの競馬で、最後しっかり伸びてきました。
クビ差及びませんでしたが、すぐに重賞の1つは勝てそうですね。
こういう馬が、重賞勝てないまま、G1でも2着3着するんですよね。要注意。

3着に15番人気の我が本命マイネルスターリーが頑張ってくれました。
内枠から好スタートで飛びだし、道中は2、3番手の、こちらが想定していた位置取り。
4コーナーで、ラチぴったり回り、距離ロス0で、先頭に踊り出た時は、このまま勝っちゃうのかと思いましたが。
さすがに、ここは北海道じゃなかったので、脚色が鈍りましたが、2着に残れば馬連340倍!
も、さすがに、ここは4、5歳馬が強いレースでしたので、7歳馬では辛かったか。
それでも、3着は死守してくれて、久々に3連複が的中し、1、2番人気の組み合わせで430倍はついたね。

今回、まったく人気薄でしたが、前走、8着とはいえ、この馬の持ち味である先行しての0.5秒差だったので、復調兆しはあった。
今回も内枠を引き当て、メンバー的にも楽に先行出来そうだったし、前日の雨で力のいる馬場になったこともプラスになったか。
鞍上の柴田大も、今年コスモオオゾラで平地重賞でも活躍して、騎乗ぶりがさえているのか、今回も思い切った積極策がよかった。

ここで、連敗が止まってしまったので、また当分当たらないとなると、宝塚記念はダメだな。
いやいや、とりあえず、次週のマーメイドSはハズして、宝塚記念で再び爆発といきましょうか。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (1)

エプソムC12(予想)

2012-06-09 20:18:33 | 4~6月重賞(G2、G3)
喉が痛くて、寒気もしてきた・・風邪引いたみたい。。

日曜の東京メイン、エプソムCの予想
芝 1800M G3 別定 18頭立て

あんまり荒れる気はしないが、いつものように、無理やり穴狙い・・たぶん、いつものように撃沈か・・
まあ、G1じゃないので、気楽に予想しました。

◎マイネルスターリー

近走不振の7歳馬で、狙いは夏の北海道的な馬ではあるが、東京も案外悪くない。
昨年のアイルランドTでは、トーセンレーヴと6キロの斤量差がありながら、0.6秒差ですから、1キロ差の今回なら。
この馬の好走パターンは、前で競馬が出来た時であり、前走、内枠から前目で競馬が出来たことを評価。
その前の2走が後方からで、まったくダメで、今回も内枠を引き当てたので、しっかり前で競馬が出来ればチャンスあり。
魅了的な穴馬がいない時は、人気薄の母父サンデーが劇走するのです。


○トーセンレーヴ

ここまでの成績からは、完全にオープン大将なわけですが。
しかし、なんと言っても超良血であり、今回は実績のある東京コース。
前走は、マイルの速い流れに戸惑ったもので、1800への距離延長はプラス。
メンバー的にも手ごろな相手であり、鞍上にウィリアムズを迎えて、重賞初制覇へ万全か。


▲レッドデイヴィス

前走は、出遅れて後方からの競馬で、前残りの展開では辛かった。
それでもメンバー最速の末脚を使っており、復調の兆しは見せたか。
今回は、重賞2勝を上げて、最も得意としている1800の距離になり、巻き返しは必至。
東京コースは初めてになるが、母父トニービンであり、脚質的にもおそらく合うはず。
今回、鞍上には、最近元気のないアンカツから、この馬で重賞連勝した浜中に戻るのもいい。
一度、オルフェーヴルを負かした馬でもあり、ここを勝って、宝塚記念に行ってほしいね。

 
△ダノンシャーク

安田記念が、無念の除外を食らってしまっただけに、秋に向けて、ここで賞金を加算したいところ。
脚質的に、今の東京コースでは、東京新聞杯の時のように差しそこねる可能性もあるが、末脚の安定感は抜群。
先週、重賞3連勝という固め打ちを決めた福永が、その勢いで、今週で手堅くやってくれるか。


△レディアルバローザ

前走の走りや、府中牝馬Sの結果を見ると東京コースは微妙なのだが。
それでも、1800の距離なら、阪神&中山の中山牝馬Sを連覇しているわけだし、マイルよりも走りやすいか。
東京コースも、勝ってないけど、2着2回で、ヴィクトリアM3着という実績もあり、まったく合わないわけでもない。
翌週に得意の阪神で牝馬同士のマーメイドSがあるにもかかわらず、ここを使ってきたからには、勝算あってのもの。
鞍上には、頼りになる内田を迎えており、前が残る馬場を味方につけて、内枠からロスなく乗れば、チャンスはある。


△シクルアーネスト

本命予定だったが、思いのほか、人気しちゃってるので評価を落とす。
元PO馬で応援している馬なので、過剰に人気になろうが、買いますけど、まだ重賞実績がないので、半信半疑。
東京コースは、昨年、果敢に安田記念に挑戦するも、14着と大敗したが、その他は2勝2着1回と得意舞台。
1800にも実績あるし、グラスワンダー×サンデーは、2年前の勝ち馬セイウンワンダーと一緒だし、この舞台は合いそう。
 
馬券はマイネルスターリーを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (4)

安田記念12((結果))

2012-06-04 21:09:02 | 安田記念
2012年6月3日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 4 △ストロングリターン 牡6 58 福 永 1:31.3 2
2[2] 3 △グランプリボス   牡4 58 内 田 クビ 13
3[4] 8  コスモセンサー   牡5 58 松 岡 2 15
4[1] 1 ◎ダノンヨーヨー   牡6 58 北村友 1/2 17
5[1] 2  ガルボ       牡5 58 石橋脩 クビ 5
6[7] 15  リアルインパクト  牡4 58 岩 田 3/4 12
7[5] 9 ▲フィフスペトル   牡6 58 横山典 クビ 16
8[3] 6 ○スマイルジャック  牡7 58 丸 山 ハナ 18
9[4] 7 △サダムパテック   牡4 58 ウィリ クビ 1
10[6] 12  ドナウブルー    牝4 56 川 田 1/2 14
11[3] 5 △ラッキーナイン   セ5 58 プレブ クビ 7
12[7] 13  シルポート     牡7 58 小 牧 クビ 6
13[8] 16  ローズキングダム  牡5 58 武 豊 アタマ 9
14[7] 14  グロリアスデイズ  セ5 58 ホワイ 1.1/4 3
15[6] 11  エイシンアポロン  牡5 58 池 添 1.1/4 10
16[5] 10  アパパネ      牝5 56 蛯 名 クビ 4
17[8] 17  マルセリーナ    牝4 56 田 辺 3 11
18[8] 18  ペルーサ      牡5 58 安 藤 1.1/2 8

払戻金 単勝 4 670円
    複勝 4 250円 / 3 730円 / 8 870円
    枠連 2−2 8630円
    馬連 3−4 8510円 / 馬単 4−3 13920円
    3連複 3−4−8 92530円 / 3連単 4−3−8 468600円
    ワイド 3−4 2670円 / 4−8 3150円 / 3−8 9700円

1着、2着・・4着かあ。。。。我が予想らしい結果だわ・・涙

ストロングリターンからも3連複を買っていたので、コスモセンサー無印は痛かった・・・
穴予想に徹していながら、15番人気のコスモセンサーを拾えなかったのは痛恨です。。
コスモセンサーとガルボについては、G1では足りない馬という認識だったので、最初から検討外にしてしまった。
しかし、前走のマイラーズCの結果を受けて、このブログで、安田記念で狙うならコスモセンサーとはっきり書いていたのに・・
自分で書いたことすっかり忘れて、この失態・・悲しすぎる。。。人気で消したのならまだしも人気薄でしたからね・・
しかも、安田記念は前走3着内の馬が強い傾向にあり、今回、前走3着内で、一番人気がなかったのが、この馬。
今年に入って1着2着3着と、好走を続け、完全に充実期に入っていただけに、それが15番人気なら、飛びつけよ・・

勝ったストロングリターンは、昨年2着の雪辱を晴らしました。
そして、今年、G1で人気を裏切り続けた福永が、ようやく勝ちましたね。
やはり、今年も6歳馬が勝つという、これまた傾向通りの結果・・我が本命も6歳馬だったのだが・・
しかし、せっかく安田記念2連覇を果たした堀厩舎なのに、レース後の会見を拒否!
理由は「人前で話すのが不得意」というものだが、昨年は会見を受けており、なんとも理由になってない。
ファン、マスコミあっての競馬なだけに、なんだが、ちょっと腹立たしい話だわ。
これなら、矢作厩舎に2週連続G1をしてもらいたかったね。

2着グランプリボスは、やはり叩き良化型で、きっちり目標のG1で結果を出してくれました。
秋も前哨戦で大敗して、人気を落としてくれたらマイルCSでも狙いたい1頭。
しかし、昨年のNHKマイルC勝ち馬が、今回、13番人気はないよね。
人気と実績の乖離からすると、今回、軸にするべき馬は、間違いなくこの馬でしたね。。

3着コスモセンサーは、先行馬には辛いハイペースの中、よく4番手から踏ん張ってねえ。
今回、コスモセンサーを消した理由の1つに、日曜が雨予報だったことがあったのだが・・・
しかし、当日は、なんと快晴で、当然、良馬場の高速決着となりました。
この馬は、ほんとパンパンの良馬場でこその馬だっただけに、当日、天気見て、買い足す機転があれば・・

本命ダノンヨーヨーは、最後追い上げるも4着まで。
上位の馬とは、位置取りの差で負けた感じ。
最内枠だったので、もっと最初に押し出していって、中段あたりで競馬をしてくれることを望んでいたのだが。
いくらハイペースで差し馬の流れになっても、今の東京は高速馬場で、前が止まらないだけに、後ろすぎると届かない。
4コーナーで、もう少し押し上げてくれていたら、3着はあったと思うのだが・・

とにかく、今回はコスモセンサーを無印にしてしまったことが後悔しまくり・・まったく後の祭りですが・・
しばらく休むかな。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (2)

安田記念12(予想)

2012-06-02 23:00:51 | 安田記念
日曜の東京メイン、安田記念の予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 サダムパテック・・・・・・6.9倍
2番人気 ストロングリターン・・・・8.8倍
3番人気 アパパネ・・・・・・・・・8.9倍
4番人気 シルポート・・・・・・・・9.7倍
5番人気 ガルボ・・・・・・・・・10.1倍

あまりに大混戦すぎて、予想を放棄したくなるね・・
混戦に拍車をかけるのが、実力がよく分からん香港馬の参戦に、マイル実績のないペルーサの参戦。
更に朝日杯以来となるマイル戦参戦のローズキングダムに、昨年の覇者が、前走ドンジリ負けだし・・
また、昨年の1番人気馬が、今年不振で、ここで巻き返すのかどうかも分からない・・
おまけに明日の東京は雨予報ですから、馬場状態すら読めません・・ああ分かりません。

◎ダノンヨーヨー

昨年は、ウィリアムズ騎乗で2番人気も、痛恨の出遅れで、レースの流れに乗れず惨敗。
そこからスランプに陥るも、マイルCS4着で復活の兆しありと思ったが、前走マイラーズCは、いいところなく惨敗。
とはいえ、前走は、5ヶ月ぶりの休み明けだし、叩いた上積みが見込める今回は、十分チャンスありかと。
6歳となり、もう終わっちゃった可能性もあるのだが、このレースは6歳馬が強いレースだけに、ここで復活を期待!
安田記念のダンス産駒といえば、04年ツルマルボーイまで遡らないと勝ち馬はいませんが、07年ジョリーダンスが3着と健闘。
今年のNHKマイルではクラレントが3着に入り穴をあけており、穴の期待は十分出来る血統なのだ。
東京マイルは富士Sを勝っているし、内枠はマイルCSで4着しているだけに、スタートさえ決めてくれたら、勝ち負け。


○スマイルジャック

4年連続出走は、スーパーホーネットと同じだね。
ホーネットは、4年目の7歳にして、初めて安田で連対する好走を見せた例があり、この馬も。
そもそもこちらは、2年連続3着という輝かしい実績があり、衰えさえなければ、今年も十分やれるはず。
昨年は、陣営が年齢からも、最後のG1取りのチャンスと渾身の仕上げで挑むも、鞍上三浦は、その期待に応えられず・・
内枠に入りながら、後ろからの競馬で大外ぶん回し、直線では進路確保に手間取るロス・・あれがなければ。
レース後、陣営の落胆のコメントに悔しさが滲んでおり、三浦は、その後、乗り替わりとなったのは仕方ない。
その渾身の仕上げで、馬が終わってしまったのか、それから4戦連続二桁着順とまったく精彩なし。
前走は初ダートでG1戦では、まったく参考外でいいのだが、2走前の東京新聞杯の凡走をどうとらえるか。
ドンジリになったのは、横典が直線で、まったく追わなかったからで、立て直しを図られた今回、昨年の再現を期待。
今回が2度目の騎乗となる丸山が、この馬に元気を注入してくれたら、最低人気からの一発があるかも。


▲フィフスペトル

休み明け2戦は結果が出ていないが、昨年のマイルCS2着馬であり、そろそろ走りそう。
前が止まらない今の東京馬場は、脚質的に、この馬に合いそうだし、陣営も今回は前走の反省から、積極的競馬を指示。
鞍上の横典が、ヴィクトリアMのホエールキャプチャのように、この馬も乗ってくれたら、チャンスは十分ありそう。


△グランプリボス

近走不振も、マイルG1を2つも勝っている馬であり、今年のメンバー相手なら。
完全に叩き良化型だけに、この馬もそろそろ。
今回は、陣営が希望していた内枠を引き当てたので、4度目の騎乗となる内田が、うまく中段あたりで競馬をしてくれたら。
ダービーを勝って勢いにのる矢作厩舎が、厩舎に初めてG1勝ちをもたらした馬で、再び一発を狙う!


△ストロングリターン

昨年の2着馬。
昨年の勝ち馬が、前走ドンジリなのに比べて、こちらは休み明けで0.3秒差の4着と、まずまずの走り。
昨年は連勝中の勢いで、ここでも好走したが、今年はひと叩きされた上積みで、また勝ち負けしそうか。
前走に続き騎乗する福永が、ダービーの悔しさをここで晴らすか。


△ラッキーナイン

今年の日本のメンバーを見れば、また香港勢にやられそうだな。
2頭いる香港勢のワンツーもありえそうだが、どちらか選ぶとすれば、日本での好走実績もあるこちらか。
前走はグロリアスデイズに先着を許しているが、前走はドバイ帰りだったことを考慮すれば、0.1秒差なら、今回逆転。


△サダムパテック

もう、G1でウィリアムズを買わないという愚行はやめます。
しかし、マイル戦は未勝利勝ちしかなく、持ち時計もないことから、人気なら嫌いたい1頭なのだが。
それでも、やっぱりウィリアムズだし、東京コース得意というコース適正に期待して押さえましょうか。

ほんとは、もう1頭、前走、内枠で窮屈の競馬をしながら好走したマルセリーナも買いたいが、印が回らん・・

馬券はダノンヨーヨーを軸に3連複と馬連で勝負!!
大混戦ですので、軸として信頼出来そうなストロングリターンからも3連複買っておきます。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (8)