susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ローズS18((結果))

2018-09-19 22:36:28 | ローズS
やっぱり、重賞でルメールを無視したら、あかんって・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2018年9月16日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[7] 13  カンタービレ    牝3 54 ルメー 1:45.7 5
2[3] 5 △サラキア      牝3 54 池 添 1.1/4 2
3[3] 4 ▲ラテュロス     牝3 54 秋 山 1/2 13
4[7] 12  ゴージャスランチ  牝3 54 横山典 クビ 8
5[8] 14 ○ウラヌスチャーム  牝3 54 藤岡佑 クビ 6
6[5] 8 △サトノワルキューレ 牝3 54 デムー 3/4 1
7[4] 7 △センテリュオ    牝3 54 北村友 1.1/4 4
8[1] 1  レッドランディーニ 牝3 54 松 山 3/4 11
9[4] 6  オールフォーラヴ  牝3 54 川 田 2.1/2 3
10[5] 9 ◎アンコールプリュ  牝3 54 藤岡康 1.1/4 14
11[2] 2  ウスベニノキミ   牝3 54 和 田 クビ 10
12[6] 10  フィニフティ    牝3 54 福 永 クビ 9
13[2] 3  スカーレットカラー 牝3 54 太 宰 アタマ 12
14[8] 15  レオコックブルー  牝3 54 浜 中 クビ 15
15[6] 11  トーセンブレス   牝3 54 柴田善 2 7

払戻金 単勝 13 930円
複勝 13 310円 / 5 190円 / 4 1530円
枠連 3-7 1400円
馬連 5-13 2530円 / 馬単 13-5 5630円
3連複 4-5-13 50880円 / 3連単 13-5-4 222880円
ワイド 5-13 940円 / 4-13 8250円 / 4-5 5020円

この秋、最初の予想(馬券)は、本命馬が大敗、勝ち馬無印の大ハズレでスタート・・・・
勝ったカンタービレは、本番では乗れないルメールをわざわざ配するあたりに、勝負気配プンプンだったわけだが・・
しかも、オークスの敗因は距離で、今回、2戦2勝の1800mに距離短縮となれば、普通に「買い」の1頭なのだが・・

このレース、前走、二桁着順の大敗から巻き返した馬は、この10年で2頭のみ。
それなのに、本命にしたのが、元POG指名馬のよしみから、前走、NHKマイル16着大敗のアンコールプリュ。
なので、アンコールプリュを本命にした以上、相手に、前走大敗馬は買えない構図となり、仕方なくカンタを消す。
しかし、過去の二桁着順大敗から巻き返した2頭の2走前は、さすがに大敗は、していないわけで。
2走続けて二桁着順大敗のアンコールプリュが、ここで復活する確率は、極めて低かったわけでして・・
その点、カンタービレの2走前は、今回と同じ距離のフラワーCを勝っており、買うなら断然こっちなわけで・・

で、そのアンコールプリュですが、今回は、前走みたいに前半折り合いを欠いた感じはなかったのだが・・
それでいて、直線、全く伸びなかったのは、やはり距離が長かったのか・・・それとも単に能力が足りなかったか・・
2番手追走のカンタービレが上がり33.6で、こちらが、後方からで、上り34.4では、勝負になりません・・

2着サラキアは、懸念されたスタートが今回も悪かったが、リカバリーがうまくいき、最後はよく追い込んだ。
カンタービレより、こちらの方が、距離伸びていいタイプなのだが、秋華賞は、内回りコース・・・
となると、前で競馬が出来るカンタービレの方がレースはしやすく、今回の差を逆転するのは難しそうだな。。

13番人気のラテュロスが、3着で穴をあけました。
我が予想も、この馬の逃げ粘りを期待しての穴指名だったが、なんと逃げずに好走。
鞍上の秋山の好判断だったが、やはり、前目で競馬が出来たのが、好走の要因であり、この機動力は秋華賞でも。
恐らく、秋華賞も人気は上がらないはずであり、穴で面白い1頭だと思うが、そもそも穴馬の出番があるか?

ということで、終わってみれば、春の実績馬が上位独占して、夏の上り馬の出番なし・・・
この結果から、秋華賞も、春の実績馬で決まりそうで、アーモンドアイVSラッキーライラックの一騎打ちなのね。
コメント

ローズS18(予想)

2018-09-16 01:25:59 | ローズS
日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 15頭立て
基本、馬券(予想)はG1のみと昨年から競馬への関わりを少し薄くしたが、POG元指名馬が出走となれば、話しは別。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎アンコールプリュ

桜花賞、NHKマイルの結果を見ると、G1では足りない感じだが、手薄な前哨戦のここなら。
新馬戦、そして休み明けのフィリーズレビューで好走しているように、使い込むより、使い始めの方がいいタイプだ。
よって、4か月半ぶりの出走となるが、狙うなら、当然、休み明けのここなのだ。
阪神コースは既に勝っているし、懸念される距離についても、血統的には、全く問題ないはず。
姉シェルズレイがこのレース2着しており、ほとんどの兄弟が、中距離で活躍して、距離伸びてむしろいいタイプ。

しかし、前走二桁大敗から巻き返した馬は、ここ10年では、わずか2頭しかいません。
今年はオークス上位馬が不在で、多少手薄なメンバー構成とはいえ、この臨戦過程では、本命には、本来しずらい。
そこで、持ち出すのは、「血統」だ!
ディープ産駒が、このレースに強いわけだが、なにせ、今年は9頭も出走しており、あまり強調材料にはならんか。
それよりも注目すべきは、過去10年を見て、穴をあけている血があること・・「トニービン」だ。
ここ3年は、穴馬券になっていませんが、ならば、逆に今年あたり、再びトニービンが穴をあける。
過去10年のトニービンの穴実績(6番人気以下)は、ご覧の通り

2014年 タガノエトワール 15番人気 2着
2013年 シャトーブランシュ 9番人気 2着
2011年 マイネイサベル  10番人気 2着
    キョウワジャンヌ  7番人気 3着
2009年 クーデグレイス  10番人気 3着 

友道-金子コンビといえば、来週のワグネリアンが注目でしょうが、その前に人気薄での一発にも期待しましょう。


○ウラヌスチャーム

相手筆頭にも、「トニービン」持ちの1頭を。
前走、三面川特別2着は、昨年2着のカワキタエンカと同じ。
その前走は、直線でなかなか前が開かず、追い出し遅れて、脚を余してのハナ差2着は勝ちに等しい。
上りはメンバー最速の33.2を記録し、末脚勝負の展開になれば、当然出番あり。
 

▲ラテュロス

脚質からの穴は、「逃げ馬」だ。
今回のメンバーなら、楽にハナを切れそうで、単騎の楽逃げからの粘り込みに期待だ。
2歳時には、ラッキーライラックと0.3秒差の競馬をしているし、阪神コースも勝っている強みで一発!


△センテリュオ

前走500万勝ちの馬が穴をあけるのが、このレースなのだが・・
それをみんな知ってか、かなり人気しちゃってますね。
血統的にも全兄トーセンスターダムが、同じ舞台のチャレンジCを勝っており、この馬自身も阪神コース勝ってます。
まだ、連を外していない堅実さも魅力で、格下でも有力な1頭。


△サラキア

こちらも前走500万勝ちの1頭。
こちらは、その前走が、3馬身半差の圧勝という強い勝ち方。
春も、チューリップ賞では、致命的な出遅れで4着、フローラSは、サトノワルキューレに0.2秒差と力は見せていた。
前走でも出遅れたように、とにかく、スタートがまともに切れるかが、ポイントになりそうね。


△サトノワルキューレ

オークス上位5頭が不在となれば、自動的に6着馬のこの馬が最上位の存在に。
実績、能力的には、この馬が一番であるのは間違いないが、既に賞金は足りており、目標は次だし、なにより、この距離。
早い段階から2400mを使われ、オークス仕様の馬だけに、今回の距離短縮に対応出来るかが、ポイントか。
それでも、鞍上はミルコだし、消すことは無謀かと、押さえで。

馬券はアンコールプリュを軸に3連複と馬連で勝負!
コメント

ローズS16((結果))

2016-09-22 00:29:58 | ローズS
ここで岩田がくるか・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年9月18日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 曇・重
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[4] 7 ○シンハライト    牝3 54 池 添 1:46.7 1
2[1] 1  クロコスミア    牝3 54 岩 田 ハナ 11
3[2] 3 ◎カイザーバル    牝3 54 四 位 1/2 6
4[7] 12  デンコウアンジュ  牝3 54 内 田 1.3/4 8
5[3] 4  アットザシーサイド 牝3 54 福 永 3 3
6[5] 9  フロムマイハート  牝3 54 和 田 1/2 10
7[7] 13  アドマイヤリード  牝3 54 ルメー 1.1/4 5
8[3] 5 ▲レッドアヴァンセ  牝3 54 武 豊 クビ 4
9[6] 11  フォールインラブ  牝3 54 古 川 1.1/4 12
10[8] 14  クリノサンスーシ  牝3 54  幸  アタマ 15
11[4] 6 △ジュエラー     牝3 54 Mデム 1.1/4 2
12[6] 10  バレエダンサー   牝3 54 松 若 1.3/4 14
13[5] 8  クィーンズベスト  牝3 54 藤岡康 ハナ 7
14[8] 15  ラベンダーヴァレイ 牝3 54 浜 中 3.1/2 9
15[2] 2  ヘイハチハピネス  牝3 54 藤原幹 8 13

払戻金 単勝 7 160円
複勝 7 110円 / 1 880円 / 3 370円
枠連 1-4 4950円
馬連 1-7 7430円 / 馬単 7-1 11020円
3連複 1-3-7 24210円 / 3連単 7-1-3 105940円
ワイド 1-7 2030円 / 3-7 560円 / 1-3 10650円

本命にしたカイザーバルは、重馬場で惨敗した実績があるだけに、不安があったが、そのまま本命で購入。
結果は、四位が、秋華賞の権利取りの為に、積極的な競馬をしてくれて、直線では、突き抜けてくれると思ったが。
やはり、最後は、道悪が影響したか、逃げたクロコスミアを捕えきれず、3着も、本番への切符はゲット。
我が馬券、馬連は、シンハライトとカイザーバルの1点で勝負していたので、もうちょっと頑張ってほしかったよ・・
本番に向けては、エンパイアメーカー産駒ということで、G1で大丈夫かと不安になるが、そこは母の血で。
機動力ある脚質なので、内回りの京都コースも合っているはずで、次走も引き続き、期待したい1頭。

勝ったシンハライトは、直線向いた時は、これは、届かないと思ったが、よく間に合った。
着差は、ハナ差とはいえ、前残りの展開は、しっかり差し切った能力は、やはりG1馬と言ったところ。
ライバルのジュエラーが惨敗したことで、秋華賞では1強の様相になったが、次も人気に応えてくれそうな安定感。

惨敗したジュエラーは、敗因を道悪に求めたが、骨折休み明けとはいえ、ちょっと負けすぎか。
次の本番で巻き返す可能性はあるものの、一旦、崩れた牝馬の立て直しは時間がかかるので、次は軽視したいが。

馬券のポイントとなった2着クロコスミアは、最内枠を活かした岩田の積極騎乗が光りました。
桜花賞では乗り馬なく、オークスで乗ったアドマイヤリードが、ルメールに乗り替わりと、苦しい立場だった岩田。
1年以上、重賞勝ちがない不振が続く中で、そろそろ、重賞で、穴をあけると思っていたのだが、こことは・・
思えば、クロコスミアは、阪神JFで本命にした馬だったのだが・・
そこで8着に敗れ、3歳になってからもチューリップ賞7着、フローラS14着と、完全に終わった早熟馬と判断。
しかし、今回、プラス14キロと減っていた馬体を戻し、夏の休養がプラスとなったよう。
実は、母デヴェロッペも、3歳春は惨敗続きで、早熟と思わせて、秋初戦の紫苑Sで、しっかり2着してたなあ。

まあ、今回は何より、岩田の積極騎乗の賜物ですが、それでも、ハナ差で勝てないところに、今の岩田を象徴するね。
秋のG1戦線では、また岩田の存在感を取り戻してほしいね。アンチが多いけど、私は応援してますよ。

元PO馬レッドアヴァンセは、陣営が馬体回復に成功させた割には、弱気発言だったのが、不安だったのだが・・
これで、阪神コースは、4戦全敗となり、もうこれは、完全に、直線の急坂がダメなタイプですな。
そうなれば、実績のある京都が舞台の秋華賞で、巻き返す可能性は十分にあるが。
みんなもそう考えれば、人気はそれほど落ちないのかなあ。。
よって、本番で本命にするかどうかは、人気次第だな。。
コメント

ローズS16(予想)

2016-09-18 00:42:18 | ローズS
日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 15頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

先週の反省もなく、懲りずに、ここも、元PO馬で勝負と思ったが、思いとどまる。。。

◎カイザーバル

前走は4か月ぶりの休み明けで、プラス18キロの馬体。
そして、レースは、終始、折り合いを欠くものとなり、人気を裏切る結果も仕方ないところ。
むしろ、ここへ向けて、夏場にひと叩きされたのは、人気馬達が休み明けだけに、アドバンテージになるね。
今回と同じ舞台の阪神1800mを含めて、阪神コースは2勝と得意舞台。
チューリップ賞でも期待した1頭だったが、直線、前がまったく開かず、完全に脚を余しての0.4秒差負け。
まともだったら、間違いなく、シンハライト、ジュエラーのハナ勝負に加われていたはず。
好走と凡走を繰り返している馬だけに、今回は、好走の番ということで、今度こそ、本番の切符をもぎ取る。
不安はいまだ活躍馬の出ていないエンパイアメーカー産駒ということぐらいかな。
桜花賞に出走できず、親子制覇は叶わなかったが、母が4着に敗れた秋華賞で、母のリベジンをしたいところ。
角居厩舎としても、無念のリオンディーズの代わりに、この馬には、頑張ってもらいたいよね。


○シンハライト

オークス3着馬ビッシュが紫苑Sを快勝したし、この馬が、ここで凡走する可能性は低いのでは。
まあ、ビッシュと違って、こちらは賞金足りており、ここは本番前の試走だが、やはりG1馬として無用な走りはしまい。
この馬軸で、まったく問題ないと思います。


▲レッドアヴァンセ

春は、使わなくてもよかったチューリップ賞を使ったために、歯車が狂ったね。
チューリップ賞でマイナス14キロと馬体重を落とし、桜花賞、オークスは、馬体戻らぬまま、本来の力を発揮できず。
それでもオークスは、外枠から終始外を回る距離ロスありながら、直線見せ場を作っての0.4秒差で、力の一旦は見せた。
夏場の休養は、馬体回復のために、大きなプラス材料であり、実際、中間、450キロ台に戻したようだ。
ただ、当日輸送で、馬体が落ちるので、当日の馬体重発表は、しっかり見ておきたい。
脚質的に、小回り2200mの秋華賞より、外回り1800mのここの方が、この馬には合っており、勝負はここだ。
でも、音無調教師は「いいころのデキには戻っていない」とトーン低めなのが、気になるところだが・・
しかも、3番人気と馬券妙味もなく、元PO馬じゃなかったら、買ってないぞ。。



△ジュエラー

桜花賞以来の怪我からの復帰初戦ということで、凡走の可能性があるなら、ここか。
しかし、G1馬だし、普通に能力なら、シンハライトと同等なので、さすがに消すのは怖い。
馬券妙味を考えれば、ここで消しが正解かもしれないが、今は妙味よりも、まず当てることを優先しよう。。。

馬券はカイザーバルとシンハライトを軸に3連複2点、馬連は1点で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

ローズS15((結果))

2015-09-24 22:13:17 | ローズS
9月より予想を再開したものの、さっぱり当たりません・・
この3日間開催も、重賞2つは、ともにハズレて、連敗が止まりません・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年9月20日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 15  タッチングスピーチ 牝3 54 ルメー 1:45.2 7
2[4] 8 △ミッキークイーン  牝3 54 浜 中 1.1/2 1
3[7] 13 △トーセンビクトリー 牝3 54 武 豊 1.1/4 2
4[5] 10  レッツゴードンキ  牝3 54 岩 田 1.3/4 3
5[8] 16  クイーンズリング  牝3 54 Mデム 1 5
6[2] 3 △アンドリエッテ   牝3 54 横山典 3/4 4
7[6] 12  ディープジュエリー 牝3 54 柴 山 1.1/4 6
8[5] 9  サンクボヌール   牝3 54 松 山 クビ 9
9[1] 1  レッドカーラ    牝3 54 四 位 ハナ 15
10[1] 2 ▲テルメディカラカラ 牝3 54  幸  1.1/4 13
11[4] 7  ペルフィカ     牝3 54 菱 田 1/2 14
12[6] 11 ○レーヌドブリエ   牝3 54 吉田豊 アタマ 12
13[7] 14  ティーエスクライ  牝3 54 和 田 4 17
14[2] 4  シングウィズジョイ 牝3 54 内 田 3.1/2 8
15[3] 6 ◎ライトファンタジア 牝3 54 川 田 2.1/2 10
16[3] 5  プレミオテーラー  牝3 54 福 永 ハナ 11
17[8] 17  メジャーガラメキ  牝3 54 小 牧 大差 16

払戻金 単勝 15 1220円
複勝 15 300円 / 8 130円 / 13 200円
枠連 4-8 720円
馬連 8-15 1760円 / 馬単 15-8 4640円
3連複 8-13-15 3670円 / 3連単 15-8-13 25340円
ワイド 8-15 680円 / 13-15 1430円 / 8-13 390円

元PO馬で、贔屓の矢作厩舎の馬であるレーヌドブリエを本命にするのをグッと堪えたのに・・・
ここは冷静に、穴となる軸馬を選定したつもりが、結果は散々・・・
予想の時にも書いたが、あまりに分かりやすい穴馬だったので、本命にするのは罠の匂いがしてたのよ。。。
マイナス12キロの馬体減も影響したかな。
というわけで、今年はトニービンの血が穴をあけてくれなかったが、来年また期待したいね・・懲りずに。。

勝ったタッチングスピーチは、前走500万勝ちとはいえ、夏馬を使われ、前走上がり1位で、穴資格はあった。
しかし、阪神コースで1勝してるも、チューリップ賞、忘れな草賞と惨敗してたので、コース替わりがプラスとは思えず・・
でも、やっぱり頼りになるのは、ディープの血なのか・・そして外人騎手。
本番では、3番人気ぐらいになりそうだが、あの後ろからの競馬は、内回り京都では危険な香りだな。

2着ミッキークイーンは、スタートの出遅れが響いたものの、さすがはG1馬の走りで連を確保。
ここは本番への叩き台だったわけだし、上々の走りを見せたことで、本番もこの馬が1番人気かな。
こちらも、内回り京都では、今回のような出遅れは致命的になるだけに、絶対的な信頼は置けないなあ。

3着トーセンビクトリーは、ここで権利取りが絶対だったが、きっちり3着で豊は仕事を果たす。
こちらは本番に向けては、血統的にコース替わりで逆転があっておかしくないね。
母は、秋華賞では1番人気で13着と惨敗したものの、京都コース、小回りコースはむしろ得意。
母及び兄2頭とも有馬記念で好走し、京都コースも得意だったことから、京都内回りはプラスになりそう。

4着レッツゴードンキは、ハイペースで逃げて、4着に粘ったわけだから、負けて強しと言えるのだが。
競られたわけじゃなく、明らかに制御が効かずのハイペースだったので、本番の2000mにも不安ありだな。
叩き良化型で、直線短い内回り京都はプラスになりそうも、だから人気も下がらないだろうから馬券妙味はない。

本番へ向けて、ここから、あえて穴馬を探せば、先行力が魅力のシングウィズジョイぐらいしかいないが、能力が足りないか。。
ここ一番での内田の逃げに期待したいが、本番でも岩田ドンキが逃げるのかな。
コメント

ローズS15(予想)

2015-09-19 20:28:32 | ローズS
日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 17頭立て

先週の京成杯AHの結果も踏まえて、ここは、元PO馬から勝負しようと思っていたが・・
やっぱり、矢作厩舎の牝馬は、どうも信用出来ない。。。
先週の紫苑Sのアースライズも凡走したし・・というわけで、素直に過去の傾向から穴馬をチョイス。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎ライトファンタジア

このレースは、春の実績馬が強いのだが、穴馬の条件は明確。
夏場を使われてきた馬、トニービン持ちの血統という傾向があり、今年、該当するのが、ズバリこの馬。
松田博厩舎といえば、数々の名牝を送り出してきた厩舎だが、昨年も15番人気の馬で、秋華賞の切符をゲット。
そして、鞍上の川田もこのレースとの相性がいい。
7番人気のマイネレーツェルで勝ち、10番人気のクーデグレイスで3着、3年前も3着してます。
松田博厩舎の馬では、昨年、紫苑Sで見事にレーヴデトワールを秋華賞に導き、きっちり仕事をしている。

ちょっと、あまりに穴馬にピッタリすぎて、この馬を本命にするのは、罠の匂いがするのだが・・
それでも、速い上りが使えるし、好位で競馬ができるのも強みで、ここでも勝負になるとみる。
兄に有馬で大穴あけたアドマイヤモナークがいるし、もう1頭の兄アドマイヤカーリンは我が元PO馬だったり。
というわけで、前日、9番人気という美味しい人気のままなら、勝負だ!


○レーヌドブリエ

勝ち上がるまでに6戦も要してしまい、春のクラシックは断念。
最後の1冠を目指して、初の強豪相手の重賞挑戦となるが、血統だけ見れば、充分通用しておかしくない。
ここは、ロブロイ産駒のワンツー決着に期待です。
今回、4カ月半ぶりの休み明けとなるが、410キロの小さな馬体だったゆえ、この休養は成長を促し、プラスのはず。
非力な馬体も、前走で東京の坂も克服しており、阪神の坂も問題あるまい。
前走は、吉田騎手の1100勝に合わせて、矢作調教師がわざわざ東京に、この馬を持っていった経緯が。
当然、吉田騎手は、その粋な計らいに応えるべく、今回も結果を出してくれるはず。


▲テルメディカラカラ

レーヌ同様、こちらも500万を勝ったばかりで格下の存在も、母はジョリーダンス。
そう、阪神牝馬Sを2勝した阪神巧者の血を引き継ぎ、その仔が激走のシナリオ。
実際、阪神の未勝利戦を12番人気で買っており、穴馬は何度も穴をあける法則。
夏を使われ、結果を出した強み、2走前はメンバー最速の上がりも記録。
スイートピーSでも0.3秒差と健闘しており、大穴なら、この馬しかいない。


△トーセンビクトリー

夏の上り馬。
血統的にも、ここで権利を取り、G1でも勝負になる器であり、過剰人気でも消せない1頭。


△アンドリエッテ

桜花賞で本命にした馬。
その桜花賞は、完全に展開に泣いた形で、上りはメンバー最速を記録しており、能力は示した。
今回は横典に乗り替わって、ベテランの腕で、きっちり権利を取る競馬をしてくれるか注目。


△ミッキークイーン

オークス馬ですから、能力は断然。
不安は、目標がここじゃないので、どこまで仕上げて挑んでくるかだけか。
それでも、阪神コースも実績あるし、大崩れは、ないでしょうね。

馬券はライトファンタジアを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (3)

ローズS14((結果))

2014-09-22 22:21:59 | ローズS
2014年9月21日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[3] 6 ○ヌーヴォレコルト  牝3 54 岩 田 1:46.0 2
2[2] 3  タガノエトワール  牝3 54 小 牧 1.1/4 15
3[8] 16 ▲リラヴァティ    牝3 54 松 山 1.1/4 9
4[7] 13 ◎ブランネージュ   牝3 54 秋 山 ハナ 6
5[1] 1  ヒルノマテーラ   牝3 54 田中勝 クビ 4
6[7] 14  レッドリヴェール  牝3 54 福 永 1.3/4 1
7[4] 8  レッドオリヴィア  牝3 54 武 豊 クビ 7
8[2] 4  アドマイヤアロマ  牝3 54 和 田 1/2 13
9[6] 11 △サングレアル    牝3 54 戸 崎 クビ 3
10[8] 17  プリモンディアル  牝3 54 浜 中 アタマ 8
11[5] 10 △リリコイパイ    牝3 54 吉田隼 ハナ 12
12[1] 2  メイショウラバンド 牝3 54 武 幸 3/4 16
13[5] 9 △ディルガ      牝3 54 ペロヴ アタマ 14
14[4] 7  アドマイヤビジン  牝3 54 四 位 ハナ 10
15[3] 5 △アドマイヤシーマ  牝3 54 藤岡康 1.1/4 5
16[6] 12  ダンツキャンサー  牝3 54 藤 田 4 11
17[8] 15  リックタラキチ   牝3 54 吉 井 4 17

払戻金 単勝 6 250円
    複勝 6 120円 / 3 2950円 / 16 690円
    枠連 2-3 3240円
    馬連 3-6 21060円 / 馬単 6-3 28160円
    3連複 3-6-16 172890円 / 3連単 6-3-16 759650円
    ワイド 3-6 5930円 / 6-16 1430円 / 3-16 55280円

このレースは、当てる自信あったんだけどなあ・・・
リラヴァティが逃げ粘る所に、満を持して、ヌーヴォレコルトとブランネージュが抜け出す・・よし◎○▲で決まった!
と思ったのも一瞬、なんで未勝利勝ち上がったばかりの15番人気の馬が、メンバー最速の上がりで突っ込んでくるのよ。。

今回、予想の最初の段階で、前走、未勝利戦、500万を負けている馬は、過去10年好走例がないので、即消し・・
この段階で、我が予想のハズレが確定してしまったわけだが・・
この消し作業をした後で、穴馬探しとして、トニービンの血を持っている馬を探したのだが・・・
なんてこったい・・せっかく、タガノエトワールに、トニービンの血があったのに、前走未勝利で先に消してもうたわ・・
最初に消し作業ではなく、穴馬探しから入れば、今年は、人気薄でトニービン持ちは、この馬とレッドオリヴィアのみ。
レッドオリヴィアは、穴人気していたので、穴馬という意味では、ダガノエトワールは、買えていたかも。。

更に、松田博厩舎は、サングレアルとの2頭出しだったが、サングレアルについては「馬体がすぐ減る」と弱気コメント。
実際、当日も、オークスで減った馬体重を戻しておらず、サングレアルを買うなら、超人気薄のエトワールの方だったな。

本命馬についても、当初は、人気を考慮するとリラヴァティが美味しい存在と思ったのだが、前回より予想方法を修正。
人気を見ての穴馬軸よりも、基本に立ち返り、勝つ可能性の高い馬ということで、ブランネージュとヌーヴォを指名。
レッドリヴェール消しで、この2頭で決まるという見立ては、間違ってはなかったと思うのだが、そう簡単にいかないのが競馬ね。

勝ったヌーヴィレコルトは、まったく危なげない完勝。
この後は、栗東滞在ということなので、馬体についても回復するとなれば、秋華賞でも軸鉄板ですね。
相手も、京都の内回りとなれば、今回本命にしたブランネージュで大丈夫だと思うのだが。
今回の我が予想が、そのまま秋華賞でも使えそうな気がするな。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

ローズS14(予想)

2014-09-20 22:28:21 | ローズS
日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 17頭立て

◎ブランネージュ

オークスは距離が長かった。
血統的にも、距離短縮のここで狙う馬。
阪神1800でも勝っているし、人気3頭より、前で競馬が出来るのも強み。
母父フレンチデピュティというのも、このレースで好走する血統だし、休み明けも鉄砲実績ありで、ここはチャンス。


○ヌーヴォレコルト

オークス馬が相性悪いレースではあるが、この馬は大丈夫か。
阪神コースでも実績あるし、何より、岩田との相性が抜群であり、前哨戦のここでも、崩れることはなさそう。
このレースと相性のいいトニービンの血もあり、G1馬の走りをしっかり見せてくれそう。


▲リラヴァティ

穴をあけるなら、先行馬か。
前走は、直線で前が塞がる不利があって4着も、内容は悪くなかった。
阪神コースにも実績あるし、この夏、馬体を増やして、成長も感じさせるぞ。
キャロットファーム、ハープスターが不在で、バウンシャッセが不振なら、第3の馬として、ここで権利ほしい。


△サングレアル

オークスは、輸送による、大幅な馬体減が敗因。
ここは、どれだけ馬体回復出来ているかがポイントか。
休み明けは走る馬だし、とにかく、馬体の成長を確認だね。


△ディルガ

矢作厩舎ということで、追いかけている馬だが、重賞では足りないか。
それでも、阪神コースは[1-2-0-0]と最も得意としているコースだし、ある程度の位置取りで競馬が出来ればチャンスある。
そこは、また新しい外人騎手が、人気もないことだし、積極的にガンガン行ってくれたら面白いのだが。


△リリコイパイ

昨年、2頭を秋華賞に送り込んだ藤原厩舎だが、今年はまだ。
で、ここに2頭のディープ産駒を送り込んで、何とか権利取りに成功したいところ。
その2頭の比較では、血統的には母父フレンチのプリモンディアルだが、脚質的には、先行出来るこっちだ。
ここ2走の走りも、勝ちきれないまでも、それほど悪くはなく、3着争いなら。


△アドマイヤシーマ

アドマヤ3頭出しで、一番可能性がありそうなのが、この馬か。
叩き2走目、コース替わり、ディープ産駒ということで、押さえる。

馬券はブランネージュとヌーヴォレコルトの2頭を軸に3連複で勝負!!
馬連は、ブランネージュとヌーヴォレコルトの1点で。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (2)

ローズS11(予想)

2011-09-18 00:10:41 | ローズS
今週は3日間開催ですので、土曜はおとなしく静観。
日曜は野路菊SにPO馬(地獄モード)ルリシュブールが出走。
人気はなさそうですが、7頭立てなので、なんとか上位に入ってほしいが。

日曜の阪神、メインレース、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 14頭立て

◎マイネイサベル

ここまでの戦績からはサウスポーの感じもするが、阪神での2戦の内容は悪くない。
阪神JFは、直線で前をカットされる不利がありながら、最後盛り返しての0.4秒差6着。
今回の同じ舞台のフラワーCでは、追い込み決着の流れを早めの競馬で4着に粘り込んだ。
前走のオークスでは、直前の雨を気にしたということで、それでもマルセリーナとは0.1秒差だから善戦してます。
今回、急遽、松岡から小牧へ乗り替りとなったが、阪神コースなら、小牧への乗り替りはプラスになるはず。


○ハッピーグラス

前走500万勝ちながら、オークス8着、フローラSが0.1秒差の4着。
そして忘れな草賞がエリンコートに0.1秒差と、決して格下ではない実績の持ち主。
今回乗り替りの川田はこのレースをマイネレーツェルで既に勝っているし、藤原厩舎もブロードストリートで勝っている。
ここは休み明けながら、しっかり3着以内で権利を取ってくれそうな雰囲気はある。フジテレビ的にも。


▲メデタシ

前走、500万条件を負けたのは、いただけないが・・
それでも0.1秒差だったし、スタートで出遅れたし、休み明けということを考慮すれば、目をつぶれるか。
阪神コースはチューリップ賞3着、桜花賞4着と、実績を残しているだけに、コース変わりでの巻き返しに期待。

 
△ホエールキャプチャ

G1勝ちまであと一歩が3度も続きました。
4度目の正直の秋に向けて、ここは負けられない1戦か。
ここまで8戦して3着を外していない堅実馬ですから、軸馬としては、この馬が一番ね。


△マルセリーナ

松田博さん、またアンカツを降ろしましたか。
今年リーディングで絶好調の福永への乗り替りですので、マイナスではないですが・・
レーヴディソールが秋華賞には間に合わないから福永なのか、エリ女のことまでは考えてないのかな。
まあ桜花賞馬ですので、阪神コースのここで無様な競馬はしないか。


△エリンコート

オークス馬で、現在3連勝中で、阪神コース2戦2勝。
普通に考えれば、この馬で軸は間違いなさそうなのだが、なんだか信用出来ないのはなぜだろう?
まだデュランダル産駒を中距離で信用出来ないんですよね。それにオークス馬は、このレース不振ですから。
更に同厩のレディアルバローザも休み明けで人気を裏切ってましたしね。
 
馬券はマイネイザベルを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

コメント (4)   トラックバック (4)

ローズS10(予想)

2010-09-19 01:04:45 | ローズS
土曜は重賞もなく、馬券参戦はしませんでしたが、我がPO馬アドマイヤバートンが札幌の未勝利戦に出走。
デビュー戦は相手が悪かったの2着で、今回は単勝1.3倍の断然人気となり、楽に勝ち上がってくれると思ったら、3着とは・・
すべての自分のPO馬が勝つわけではないですな。。。

そんな土曜の札幌6レースの未勝利戦に昨年のPOG指名馬トゥエルフスナイトが、ようやくデビューを果たしてくれました。
あまりにも遅すぎるデビューとなりましたが、見事、3歳未勝利戦でデビュー勝ち!!
父キングカメハメハ、母シーザリオという良血ですから、今後の走りに大注目です。

日曜は、阪神の新馬戦にディープ産駒のヴィジャイとハーツクライ産駒のリフトザウイングスの2頭のPO馬が同じレースに出走。
その2頭が人気を分け合っていますので、結果も2頭のワンツーを期待ですな。

日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 別定 12頭

春2冠馬のアパパネが、ここから始動。
力の違いを見せるのか?それとも伏兵現わるか!
おおよそ、春の勢力図そのままの結果になるのだが、それでも無理やり新興勢力探しだ・・

◎トゥニーポート

前走が我がPO馬アマファソンを負かしての逃げ切り勝ちということで、そのアマファソンの代替本命として期待!
今回、メンバー的にはアグネスワルツとのハナ争いになりそうだが、順調に使われている強みで、ねばり込めるのはこっちだ。
阪神コースでも勝っているし、距離も前走で目途がついた。
鞍上の和田は、過去の同じ阪神コースのマーメイドSをコスモプラチナで逃げ切っており、今回も積極的な騎乗を期待。
ステイゴールド産駒いえば、マイネレーツェルがこのレースを勝っているし、ナカヤマフェスタの凱旋門賞の前祝いとして、この馬が勝つ流れもあり。


○エーシンリターンズ

大敗したオークスは距離が長かった。
距離短縮に加えて、実績のある阪神で巻き返しは十分可能。
その阪神コースは今回と同じ1800mで勝っているし、チューリップ賞、桜花賞連続3着の実績が光る!
このレース過去10年で6度も馬券になっている福永が鞍上というのも心強いぞ。

 
▲レディアルバローザ

本命にしたトゥニーポートにここ2戦、いずれも先着。
こちらを本命にしてもよかったが、1800の距離で、どうかということで、迷った。
ただ阪神コースは3勝と得意にしており、Fレヴューでも3着の実績あり。
乗り替りの幸がどう乗るかがポイントになりそう。


△アニメイトバイオ

距離が長いと思われたオークスで4着と好走。
桜花賞こそ8着と掲示板を外したとはいえ、0.4秒差で、すべてのレースで安定した走りを披露。
阪神コースは阪神JF2着があるし、距離もこのぐらいが合っていそうで、ここも上位争いは必至。


△アグネスワルツ

骨折休み明けだったフローラSを2着し、オークスでも3着と健闘。
ここでも楽に逃げ切ってしまうだけの能力はあるだろう。
ただ、本番は次だし、どこまで仕上げてきているのか。


△アパパネ

牝馬3冠が次走にかかっているだけに、ここはどうなの?!
デビュー戦、休み明けのチューリップを取りこぼしているだけに、今回も絶対的立場ではなさそう。
オークス勝ち馬が、ここ10年、4頭出走して、1頭も馬券圏内に入っていないのもイヤなデータだし。
目標は次ということで、ここは押さえ評価。

馬券はトゥニーポートを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

コメント (2)   トラックバック (18)

ローズS09(予想)

2009-09-19 20:50:22 | ローズS
土曜はPO馬の出走がなかったが、日曜は4頭のPO馬が出走。
期待は、野路菊Sのリルダヴァルとアマファソンの2頭ね。
PO馬2頭のワンツー決着を期待してます。

日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 18頭

オークス2~4着馬に、阪神JF3着馬、Fレヴュー勝ち馬、フローラS2着馬と、
ブエナビスタ以外の有力関西馬が、すべて出走してきた感じですな。
対ブエナビスタ1番手を決めるに相応しい戦いとなりそうね。

◎ボンバルリーナ

そんな春の実績馬達を差し置いて、本命は性懲りも無くPO馬から。
勝ち上がるまでに6戦を要し、500万条件も4戦して勝ち上がれず。
と、歯がゆいレースが続いておりますが、相手なりに走るタイプで、終わってみれば、3着滑り込みで秋華賞の切符ゲットだ。
鞍上もここ1番で、いい仕事をする哲三だし、今年3歳が不振の松国厩舎が、どうしても秋は盛り返したいと地味に2頭出し。
連闘までして、この馬を送り込んだわけだし、それなりに勝算あってのことと思いたい。


○ブライダルベール

松国厩舎、2頭出しのその2。
この馬も、勝ち上がるまでに7戦を要し、500万条件も2戦して勝ち上がれずと、ボンバルリーナと似た感じ。
2頭とも、500万を勝ち上がれてないだけに、ここで推すほどの強調材料はないのだが・・
それでも、前走、0.2秒差つけられたラインドリームは紫苑Sで2着と好走しているし、2走前もクビ差2着。
3走前には、阪神コースで勝っており、こちらも相手なりに走る3着候補だ!って、どっちも3着候補かい・・

 
▲ワイドサファイア

オークスが、まさかの放馬で除外・・
その無念を、ここで晴らすか、今度は、この馬が藤原厩舎3頭出しのトップに立つ!
スタートにさえ、つければ、岩田で、この馬は2戦2着2回と好相性で、今回も2着ありそう。


△レッドディザイア

ブエナビスタのいない、ここでは負けられない立場。
オークス2着馬が、強いレースでもあり、人気に応えてくれそうね。
生まれた年が悪かったと、ブエナがいなけりゃ、無敗の3冠馬の可能性があった馬。
とにかく、ここは、強い勝ち方で「ブエナよ、待ってろよ!」と、秋華賞を盛り上げる走りを期待。


△ジェルミナル

前哨戦を敗退して、人気を下げて、本番で好走ってな感じの馬ですが。
それでも、このレースに強い福永が鞍上なだけに、やっぱり押えておかなきゃいけない馬ね。


△ミクロコスモス

春は期待を裏切りまくったが。。。
有力馬達が、秋初戦なのに対して、この馬は夏をひと叩きされている強みで。
しかも、前走、1000万条件をしっかり勝っており、ここへ向けては、準備万全だ。
あとは、豊に戻って、どうなるかだけ・・

馬券はボンバルリーナを軸に馬連と3連複で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

コメント (4)   トラックバック (29)

ローズS06(予想)

2006-09-16 20:03:45 | ローズS
続きまして中京のメイン、ローズSの予想
芝 2000M G2 馬齢 17頭立て

先週の紫苑Sで、オークスを大敗したキープユアスマイルが2着しただけに、やはりオークス組は強いのか。
しかし、今年は中京開催というのが、ちょい気になる。

◎シェルズレイ

  ここまで人気が下がれば、距離不安承知で本命で狙いたい。
小回りの中京2000Mなら、なんとかごまかせるだろう。
実際オークスだって、コンマ7秒差、アドマイヤキッスからはコンマ3秒差で、それほど負けていない。今回、岩田が中山で四位に乗り代わるが、それほどマイナスにもなるまい。
前々で競馬が出来れば、3着以内に残れるとの結論を出したが、いかに!


○ホウショウルビー

 日曜の中京競馬場の天気は雨。
となれば、前走、重馬場で勝っているこの馬に触手が動く。
2000MのフローラSを12着と大敗しているものの、着差はコンマ5秒なだけに、距離延長は対応出来るはず。
鞍上の藤岡は、今年中京の重賞東海Sを勝っているだけに、同じ舞台の重賞で再び!

 
▲ステラマドレード

 ハンデ戦とはいえ、牡馬相手のラジオNIKKEI賞を3着し、2走前には、今回と同じ中京2000で勝っているとあれば、人気になっていても、積極的に買いたい1頭。
秋山騎手も中京重賞は、愛知杯、東海Sと2年連続で勝っているだけに、今年はこのレースで3年連続と行きたいところ。


△ソリッドプラチナム

 前走マーメイドSは、小柄な身体だけに49キロのハンデが活きた感じだが、それでも古馬相手に豪快な差しきり勝ちは素晴らしかった。
中京コースも未勝利戦で4馬身勝ち、2走前の白百合Sでは、最速の上がりで2着と、追い込み不利なコースでもきっちり仕事をしているだけに、同世代の牝馬相手なら、勝ち負けは必至か。


△アドマイヤキッス

オークスは人気を裏切った形となったが、それでも4着は死守しただけに、前哨戦のここは、桜花賞2着馬の意地は見せたいところ。
鉄砲実績は、チューリップ賞で既に実証済みなだけに、大崩れはさすがにないでしょ。


△ニシノフジムスメ

最後の印は、フサイチパンドラと迷ったが、オークスで本命にしただけに、こちを買います。
 パンドラは、実績上位だが、蓄膿とはいえ手術明けだけに、半信半疑。ここは秋華賞前の試走か。
 フジムスメも藤田が中山に行っちゃったことが、非常に不安なわけだが、仕上がり万全との陣営の言葉を信じてみましょう。

馬券はシェルズレイを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
競馬@サーチ
コメント (4)   トラックバック (50)