susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

青葉賞15((結果))☆

2015-05-05 22:17:18 | 青葉賞
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年5月2日(土) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[4] 8 ◎レーヴミストラル  牡3 56 川 田 2:26.9 1
2[2] 3 △タンタアレグリア  牡3 56 蛯 名 1/2 4
3[3] 6  ヴェラヴァルスター 牡3 56 田 辺 1/2 5
4[1] 1  ブラックバゴ    牡3 56 戸 崎 1/2 3
5[4] 7 ○ミュゼダルタニアン 牡3 56 内 田 3/4 12
6[2] 4 △レッドライジェル  牡3 56 柴田善 アタマ 2
7[1] 2  ティルナノーグ   牡3 56 武 豊 クビ 7
8[6] 11 △ウェスタールンド  牡3 56 三 浦 1.1/2 14
9[3] 5  レトロロック    牡3 56 北村宏 1.1/4 13
10[8] 17  ストレンジクォーク 牡3 56 柴 山 クビ 9
11[6] 12  スモークフリー   牡3 56 岩 田 1.1/2 8
12[5] 9  マイネルサクセサー 牡3 56 柴田大 1.1/4 15
13[5] 10  トーセンアーネスト 牡3 56 菅 原 クビ 17
14[8] 16  マサハヤドリーム  牡3 56 和 田 1.1/2 10
15[7] 14  ビクトリーミノル  牡3 56 石 橋 クビ 16
16[7] 13 ▲カカドゥ      牡3 56 横山典 アタマ 6
17[7] 15  センチュリオン   牡3 56 吉田豊 5 11
18[8] 18  トーセンスパンキー 牡3 56 小野寺 6 18

払戻金 単勝 8 410円
    複勝 8 160円 / 3 180円 / 6 260円
    枠連 2-4 560円
    馬連 3-8 1190円 / 馬単 8-3 2260円
    3連複 3-6-8 2920円 / 3連単 8-3-6 12990円
    ワイド 3-8 490円 / 6-8 830円 / 3-6 710円

PO馬レーヴミストラルが、見事に1番人気に応えて、3連勝でダービー行きを決めてくれました。
が、せっかく、PO馬が勝ったのに、また馬券が・・・
馬連こそ、なんとか当たり、連敗は止まったものの、勝負馬券の3連複がハズれては、儲けなし・・
だいたい、なんで、馬単じゃなくて、馬連なんだよって、感じですなあ。馬券の買い方が下手すぎる・・

これで、我がPOGのダービーは、リアルスティールとの2頭出しになりますが、もう1頭います。
そう、京都新聞杯に出走予定のポルトドートウィユ。
ポルトも、きっちり京都新聞杯を勝ってもらって、なんとか3頭出しに持っていきたいですな。

今回、レーヴミストラルについては、相手に恵まれた感はあるものの、2400mを連勝した実績は大きい。
今回、圧勝ではなく、1/2馬身差という、地味な勝ち方で、本番での人気が抑えられてくれればいいのだが。
遅い時計で勝ったウインバリアシオンが、本番で、予想外に人気を落として2着したように、そうなればいいが。

2着のタンタアレグリアは、牡馬クラシックに、まだ活躍馬を出せないでいるロブロイ産駒ですが、今年はどうか。
過去、青葉賞組は、勝ち馬しか、本番では用なしが定説になっていたのだが。
2年前が2着馬、昨年が6着馬が穴をあけており、勝ち馬以外にも注目しないといけなくなっております。
しかし、ロブロイ産駒は初年度産駒のペルーサが青葉賞で4馬身差の圧勝劇を演じながら、本番ではダメでした。
昨年も久しぶりにロブロイ産駒で出走したアズマシャトルも結果は出ず。
オークス馬は出しているロブロイ産駒ですが、どうにも牡馬がダメなのは、POG的には定説に。

3着でダービー出走を逃したヴェラバルスターは、休み明けということで軽視して失敗してしまった・・
前走、東京2400mの舞台で、タンタアレグリアを負かしていた1頭だっただけに、押さえておくべきでした。
穴で期待したミュゼダルタニアンが、早め先頭から内で頑張っていたので、一瞬やったと思ったんですけどねえ・・

連敗脱出も、3連複が相変わらず当たらず、ほんまに当たらん予想が続き、辛いです。。
それでも、日曜の春天で、これまでの鬱憤を晴らしてやると、意気込んだのですが・・・
コメント

青葉賞15(予想)

2015-05-01 23:20:23 | 青葉賞
土曜の東京メイン、青葉賞の予想
芝 2400M G2 馬齢 18頭立て

ここは、なんの迷いもなく、PO馬から勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎レーヴミストラル

「権利ぐらいは取ってくるやろう」という松博先生の自信満々のコメント。
なにせ、今年が最後のダービー挑戦となるだけに、なんとしても、この馬を出したいはず。
いや、ほんとに、ここは最低でも2着して、ダービーの出走権はしっかり取ってもらいますよ。
連勝中の勢い、前走で2400mを経験した強みで、初の東京コースも、問題なくクリアしてくれるはず。
兄アプレザンレーヴも、ここ勝って、ダービー行きを決めましたし、弟も続く!
今年、例年になく勢いのあるキンカメ産駒というのも、期待が出来るというもの。
ただ、デビューから乗っていた岩田が、今回乗らなかったのはなぜ?
スモークフリーが先約だったのか?・・・うんん、わからん。
岩田で、ダービーに行ってほしかったのだが、まあ、こればかりは仕方ないか。
川田‐松博コンビは、これまで何度も結果を出しているし、大丈夫でしょう。
ハープスターが故障で、戦線離脱してしまった悪い流れを断ち切ってほしいところね。


○ミュゼダルタニアン

3年連続で穴をあけている山吹賞組ということで、今年の穴候補。
東京2400mは3走前に勝っており、コース替わりでの一変に期待。
乗り替わりの内田は、このレースで再三、ダービーの切符を取る仕事をしているし、今年も。
近親に重賞3連勝したイタリアンレットがいる血統でもあり、ベルーフに続けるか。


▲カカドゥ

前走は休み明けながら、クビ、クビ、クビ差の4着ながら、上がりはメンバー最速。
明らかに東京へのコース替わりはプラスになり、ひと叩きされた今回は、更に走ってきそう。
実際、東京コースで既に勝っているし、鞍上の横典も、日曜の春天よりも、こちらで仕事をしてくれそう。


△ウェスタールンド

レーヴミストラルと同じ、サンデーレーシングでノーザンファームの馬。
なのに、この人気の差は、なんなのだ・・
実際、未勝利戦で、レーヴミストラルとは0.3秒差であり、ここまで人気がないなら穴で狙いたい。
現在、7戦連続馬券圏内という、未勝利戦とはいえ、抜群の安定感、相手なりに走るタイプということで、ここも。


△タンタアレグリア

ここ2年連続馬券になっている大寒桜賞勝ち馬ですので、押さえる。
更に、2走前には東京2400でクビ差2着と結果を出しており、当然、ここでも有力。
でも、ロブロイ産駒の牡馬って、クラシックに行けないパターンなんだよなあ・・


△レッドライジェル

このレースと好相性の山吹賞勝ち馬なので、押さえる。
でも、東京で3戦して未勝利なのが、気になるところなのだが。
それでも、このレース3勝を上げている藤沢厩舎ですので、今年も結果出してくれるか。

馬券はレーヴミストラルを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (3)   トラックバック (1)

青葉賞14((結果))

2014-05-07 22:08:11 | 青葉賞
2014年5月3日(祝・土) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 11 ○ショウナンラグーン 牡3 56 吉田豊 2:26.5 10
2[1] 2 △ワールドインパクト 牡3 56 シュタ アタマ 1
3[7] 13  ヤマノウィザード  牡3 56 戸 崎 1/2 4
4[5] 10 △ゴールドアクター  牡3 56 石 橋 クビ 7
5[3] 6  ピオネロ      牡3 56 蛯 名 クビ 5
6[2] 3 △マイネルフロスト  牡3 56 柴田大 アタマ 3
7[8] 16  エイシンエルヴィン 牡3 56 秋 山 1/2 9
8[5] 9  ウインマーレライ  牡3 56 松 岡 ハナ 13
9[7] 15  マテンロウボス   牡3 56 松 田 クビ 16
10[4] 7  ファーガソン    牡3 56 武士沢 1/2 12
11[3] 5 ◎ラングレー     牡3 56 北村宏 アタマ 2
12[4] 8  ナンヨーマーク   牡3 56 柴田善 1 15
13[8] 17 ▲シャンパーニュ   牡3 56 内 田 3 8
14[2] 4  テオドリーコ    牡3 56 田 辺 4 14
15[6] 12  ナスノアオバ    牡3 56 三 浦 4 11
16[1] 1  タイセイクルーズ  牡3 56 田中勝 3 17
17[8] 18  アドミラルシップ  牡3 56 横山典 大差 6
18[7] 14  ケンブリッジベスト 牡3 56 大 庭 8 18

払戻金 単勝 11 5310円
複勝 11 730円 / 2 150円 / 13 320円
枠連 1-6 3010円
馬連 2-11 4990円 / 馬単 11-2 19460円
3連複 2-11-13 12190円 / 3連単 11-2-13 138430円
ワイド 2-11 1540円 / 11-13 4270円 / 2-13 550円

なんで、こんな大事なところで、出遅れるのよ、ラングレー・・・
追い込み馬が勝ったとはいえ、ラングレーは、好位から抜け出すスタイル。
全2勝も好位抜け出しだし、惨敗した京成杯や前走の毎日杯は、後方からのレースが敗因。
11着と惨敗も、着順は0.4秒差だけに、スタートさえまともだったら、普通に勝ち負け出来ていたのになあ。

しかし、今年の矢作厩舎は、重賞を勝てないばかりか、重賞では、馬券にさえ、なってくれないなあ・・
バンデが春天に出走出来ていたとしても、たぶんダメだったんだろうなあと思ってしまう流れだわ。。
今週末の京都新聞杯にも2頭が登録しているが、2頭とも厳しいなあ。

で、勝ったのが○を打った10番人気ショウナンラグーンなんだから、ほんと凹むなあ・・
PO馬の出走さえなければ、穴党としては、迷わず、人気薄のこの馬から買っていたのに。。
この馬、とにかく、ラングレーと違って、確実に終わりは切れる末脚を使ってくれます。
血統的にも、母父マンカフェ、母母メジロドーベルと、距離伸びていいタイプで、ダービーでも期待出来るのでは。
まあ、クラシックに縁のないシンクリ産駒ですが、昨年のエピファネイアの活躍で、その呪縛も解けたかも。
シンクリ産駒ということで、次も人気がないなら、穴としては、狙いたい1頭。

2着には、相手なりに走るワールドインパクトが。
こちらは、ディープ産駒だし、まだ連を外していない安定感で、ダービーでも2、3着候補と思ってしまうが。
ご存知の通り、青葉賞は、勝ち馬以外、ダービーでは、まったく用なしの歴史。
以前、青葉賞は、3着までにダービーの優先出走権があったのに、2、3着馬が、まったくダービーで活躍せず。
で、現在は、2着までの優先出走権とされてしまい、ダービーへの切符を1枚削られた経緯があるわけで。
これまでの傾向からは、ワールドインパクトは、ダービーでは買ってはいけない1頭なのだが。
しかし、今年の皐月賞、1着フジキセキ、2着キンカメ、3着スペシャルウィーク、4着ハーツクライ。
そう、皐月賞上位馬に、ディープ産駒が1頭もいないだけに、今年は、もしかしたら、青葉賞2着馬にも出番が。
だからこそ、ラングレーには、ここを勝って、ダービーに駒を進めてほしかったのに・・・
今年のPOGは馬券成績と同じく惨敗で、ダービーを待たず終了・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

青葉賞14(予想)

2014-05-02 23:22:26 | 青葉賞
日曜の春天は、どう考えても4強で決まりそうで、穴党の出番はないか・・
それでも、なんとか3着に滑り込めそうな穴馬を1頭見つけたいが。。

土曜の東京メイン、青葉賞の予想
芝 2400M G2 馬齢 18頭立て

先週のフローラSで、ようやく今年のPOG指名馬が重賞を勝ってくれ、オークス行きを決めてくれました。
その流れに乗って、ここでもう1頭、今度は、ダービー行きを決めて下さい。

◎ラングレー

前走は、直線でもっと弾けてくれると思ったのだが、ちょっとガッカリな結果。
スタートで出負けして位置取り悪く、4コーナーにかけて位置取りを押し上げるのに脚を使ったのが原因か。
2度目の騎乗となる今回は、内枠に入ったことだし、しっかりスタート決めて、好位から競馬が出来れば勝てる。
ディープ×ストームキャットは、キズナ配合で、昨年の勝ち馬ヒラボクディープとも同じで、この舞台は得意。
2頭出しの矢作厩舎、ライバルを1頭でも減らすために、僚馬タイセイクルーズを出走させているのでしょう。
春天出走に失敗してしまったバンデの無念、反省をここで挽回、晴らしてもらいましょう。
さあ、勝ってダービーへ!!


○ショウナンラグーン

ここ3戦の上がり順位が、1位、1位、2位と、末脚は確か。
特に、3走前の東京セントポーリア賞では、3着も上がりは33.4と極上の切れ味を披露。
母父マンカフェ、母母メジロドーベルで、距離伸びていい血統で、2400mはベストの条件では。
シンクリ産駒はアプレザンレーヴが勝ち、6番人気モンテクリスエスも3着と結果を出している。
メジロドーベルの主戦ジョッキーだった吉田豊が、その孫の仔で、ダービーに行くのも、いいではないか。


▲シャンパーニュ

内枠が欲しかったが、この枠順見て嫌うと、逆にやられそうで。
逃げ馬不在のメンバー構成で、外枠からでも、すんなりハナに行けそうで、楽に単騎逃げ出来れば怖い1頭。
前走負かしたのがサトノアラジンで、2走前はアドマイヤデウスと0.3秒差なら、このメンバー相手でも勝ち負け。
こちらは、母母がJC2着のファビラスラフインだし、父チチカスは一応グレイソブリン系で府中は好きかも。
あとは、このレースで、よく結果を出している内田への乗り替わりで、一発の期待は充分。


△ゴールドアクター

2走前の今回と同じ舞台ゆりかもめ賞で、ラングレーの2着。
前走もハナ2着と、距離伸ばしてから、安定した走りを見せており、ここも嫌う要素はなし。


△ワールドインパクト

前走は追い込みだったが、脚質は自在。
ここも、極端に後ろからの競馬にならなければ、当然、勝ち負けしてくるでしょう。
シルク馬、昨年のラストインパクトは、3着で、ダービーの切符を取り損ねただけに、今年こそは。


△マイネルフロスト

前走が最内から距離ロスなく、うまく立ち回っての勝利。
今回も内枠を引き当て、前走同様に、柴田大が、そつなく乗れば、こちらも普通に勝ち負けしてくるか。

馬券はラングレーを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (2)

青葉賞13((結果))

2013-04-30 22:14:36 | 青葉賞
2013年4月27日(土) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[3] 5 △ヒラボクディープ  牡3 56 蛯 名 2:26.2 7
2[2] 3  アポロソニック   牡3 56 勝 浦 アタマ 9
3[4] 7 △ラストインパクト  牡3 56 北村友 クビ  2
4[5] 10 △サトノノブレス   牡3 56 北村宏 1.1/4 4
5[7] 13 △アウォーディー   牡3 56 松 山 クビ 10
6[6] 12  アルヴェロン    牡3 56 三 浦 1.1/2 12
7[8] 18 ◎アドマイヤスピカ  牡3 56 福 永 1/2 5
8[7] 14  アウトオブシャドウ 牡3 56 戸 崎 クビ 8
9[2] 4 ○トウシンモンステラ 牡3 56 酒 井 3/4 6
10[1] 1  テイエムブシドー  牡3 56 吉田豊 1.1/4 15
11[7] 15  レッドレイヴン   牡3 56 内 田 クビ 1
12[8] 17 ▲ダービーフィズ   牡3 56 Cデム 1.1/4 3
13[6] 11  マイネルマエストロ 牡3 56 柴田大 クビ 14
14[4] 8  カフェリュウジン  牡3 56 石橋脩 1.1/4 11
15[8] 16  バンデ       牡3 56 田中勝 1.1/4 13
16[3] 6  カリスマサンタイム 牡3 56 高 倉 3.1/2 18
17[1] 2  ヘイローフォンテン 牡3 56 柴田善 1.3/4 16
18[5] 9  ツクバローレル   牡3 56 横山典 5 17

払戻金 単勝 5 2460円
    複勝 5 580円 / 3 1120円 / 7 210円
    枠連 2-3 7500円
    馬連 3-5 30590円 / 馬単 5-3 71140円
    3連複 3-5-7 40730円 / 3連単 5-3-7 428430円
    ワイド 3-5 7640 円/ 5-7 1250円 / 3-7 2870円

今回のPOGは、結局、エピファネイア1頭だけの活躍に終わってしまったなあ・・・
POGで勝つ為には、最低でも5頭は重賞で活躍しないと上位入賞は難しいわけで、今年は完敗。
ダービーの切符をかけて挑んだPO馬アドマイヤスピカであったが、展開がまったく向かず、見せ場すら作れず。

てか、福永よ~、自分はダービーで乗る馬がいるからいいけどさあ、もっと権利取りに必死の騎乗を・・
スローの流れを4コーナー15番手で大外ぶん回しでは、直線長い府中でも、どうにもなりませんよ・・・
結局、上位3頭は、前で競馬をした馬達で、完全に位置取りの差で負けた感じだわ。。

エアグルーヴの死のニュースに隠れて、先週はストームキャットの死の知らせもありました。
そんな中、母父ストームキャットのヒラボクディープと母父父ストームキャットのアポロソニックのワンツー!
こんな分かりやすい結果で、馬連3万馬券ですか・・血統&サイン派の人は、この馬券取ったかな。。

勝ったヒラボクディープは、今回3頭出走したディープ産駒の中で、一番人気のなかった1頭。
なぜ7番人気と低評価だったのか、血統からは不思議なのだが、追い切りで放馬したニュースを気にしたのか?
前走が中山勝ちも、東京でも勝っているし、2走前の東京では不利を受けて脚を余して負けており、7番人気は美味しい人気。
近年、青葉賞勝ち馬は、ダービーでも2着と好走しておりますので、今年も買いでいいのではないでしょうか。
昨年、フェノーメノで涙した蛯名が、今年は、うれし涙を流すことが出来るか、注目ですな。

2着アポロソニックは、内枠に入った逃げ馬ということで、多少、気にはなった1頭であったが・・
結局、東京芝での実績がないことで消してしまったが、人気馬全て差し馬だったし、逃げ馬は押えなくてはねえ。
ダービーで逃げ切るほどの器ではないと思いますが、思い切って逃げて、エピファネイアの援護をお願いします。

少し前までは3着までにダービーの切符があったのに、いつしか2着までになってましたね。
よって、痛恨のクビ差となったラストインパクト・・
アポロソニックよりもラストインパクトの方が、ダービーでも穴人気したのになああ。
結局、松田博厩舎は、スピカ共々、2頭ともダービーの切符取れずは、痛かったね。

まあ、もっと痛いのは、PO馬の劇走を信じて、土曜でも馬券を買ってハズした私ですが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

青葉賞13(予想)

2013-04-27 01:09:24 | 青葉賞
土曜は競馬参戦しないと言いながら、先週、元PO馬アロマティコ出走で、福島牝馬Sに手を出しハズし・・
そして、今回も、PO馬が出走するということで、やめときゃいいのに、参戦です。。

土曜の東京メイン、青葉賞の予想
芝 2400M G3 別定 18頭立て

◎アドマイヤスピカ

前走は前半1000mが1分6秒1という、とんでもない超スローペース。
そのスローの流れを最後方から追走し、メンバー唯一の上がり32秒台の末脚で差し切り!
よって、遅いタイムは気にすることなく、あの末脚が使えるなら、間違いなく府中でもいける。
しかし、3走前の府中で負けているのが、気になるが・・
あの時は、前半に折り合いを欠いたことと、レース自体がスローの前残りの展開で、仕方なし。
福永が前走から引き続き乗るのもいいし、アドマイヤはここ勝ってダービーが、過去2度あり、3度目もあるぞ。


○トウシンモンステラ

スピカ本命なら、そのスピカを前走で負かしているこの馬も黙って買い。
スピカと同じキンカメ×サンデーということで、再びこの2頭のワンツー決着期待。
こちらも府中は、共同通信杯で負けているのだが・・
あのレースは前へ行った馬で決まったレースで展開向かずで、距離も短かったということで。


▲ダービーフィズ

弥生賞組が強いレースですので、該当するこの馬も買い。
こちらも府中の東スポ杯で、惨敗しているのが気になるが、東京2000で圧勝経験があり、コース適正は充分。
デムーロ弟も頼りになるし、ジャンポケ産駒はナリタパイレーツが骨折で、ダービーに行けなくなったで、ぜひこの馬で。


△アウォーディー

ジャンポケ産駒といえば、この馬も。
父ジャンポケ、母ヘヴンリーロマンスなのに、外国産馬という変わり種ですが、血統から東京走るはず。
ここまで母の仔は、ダートでしか走ってないが、距離は長いところで活躍しており、2400はもってこい。
前走ラストインパクトには負けたとはいえ、3着馬には7馬身も離しており、この馬も強かった。
エアグルーヴ以来の牝馬の秋天勝ち馬がヘヴンリーロマンスだったという無理やりな繋がりからも期待だ。


△ヒラボクディープ

前走は中山で勝ったわけだが、インパクトがあったのは2走前。
今回と同じ東京2400の舞台で、直線前が塞がる不利で、最後方まで下がる不利を受けながらも0.2秒差まで詰めた。
完全に脚を余して負けた消化不良のレースであり、まともなら、間違いなく突き抜けていたはず。
ディープ×ストームキャットというアユサン血統で、ストームキャットも死んでしまったことからも、この馬の激走もある。


△ラストインパクト

アウォーディー買うなら、それを負かしたこちらも当然買い。
ディープ産駒に加えて、こちらは、近親にナリタブライアン、ビワハヤヒデがいる良血ですから。
松田博厩舎、スピカとの2頭だしで、その2頭のワンツーも十分にある。


△サトノノブレス

若葉Sの走りは物足りなかったが、ディープ×トニービンは間違いなく東京走る。
東スポ杯は、直線不利があっての6着であり、距離伸びて、まともに走れれば、勝ち負けになるはず。

馬券はアドマイヤスピカを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (1)