susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

菊花賞18(予想)

2018-10-21 01:25:43 | 菊花賞
日曜の京都メインレース、菊花賞の予想
芝 3000M G1 馬齢 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

浅い血統知識で当たるのが、菊花賞ですから、ここは、浅い浅い血統予想で・・

◎グレイル

皐月賞、ダービーに続いて、懲りずに、3度目の正直を期待して、ここも迷わず本命だ!
いや、ここ3戦の後ろ過ぎる位置取りが、ちょっと気になるところなのだが、ここまできたら、3冠レース全て本命で。
前走、セントライト記念は、骨折明けながら、3着と、まずまず健闘。
しかも、スタートで、隣の馬に寄られて、位置取りを悪くし、直線でも内の進路が開かず、外に持ち出すロスの多い競馬。
そんな状況でもメンバー最速の上りを使えたし、既に賞金も足りており、目標はあくまでここということで、叩かれて上昇。
ここまで、凡走した共同通信杯、ダービーが、東京コースということで、左回りがダメなのかもしれない。
今回、2戦2勝の京都に舞台が移り、この馬の出番となるのは、間違いないところだ。
距離延長もハーツクライ産駒で、母系にはロベルトの血もあり、まさに、菊でこそ、その血が開花する。
鞍上の岩田は、このレースは既に勝っているし、今年の春天も制しており、長距離での実力は疑う余地なし。
土曜も3勝して好調だし、更に、今回、内枠を引き当て、道中はロスなく立ち回れ、直線は、岩田得意のイン突きが炸裂だ!
秋華賞で、出走取消になった鬱憤をここで晴らしてくれそうだよ。


○タイムフライヤー

すっかり落ちぶれたG1馬・・というか、G1馬であることすら忘れられ・・
しかし、こちらも、舞台が京都となれば、強かった2歳時の頃を思い出すというもの。
京都は、萩Sを圧勝し、京都2歳Sでもグレイルのアタマ差2着と好走。
そして、距離延長も、グレイルと同じく、ハーツクライ産駒で母系にロベルトとくれば、ここで復活はあって不思議なし。
前走は、休み明けの影響か、前半折り合いを欠いたことで、直線で失速してしまったが。
それでも、その直線では、一旦、先頭をうかがう見せ場は作っており、ひと叩きされて変わってくれるか。
鞍上は、昨年、13番人気ポポカテペトルで穴をあけた和田となれば、今年も穴期待は充分だ。
このレースでは、他にも6番人気、9番人気でも馬券になっており、菊花賞での穴請負人だ。
今年は、宝塚記念で、久々のG1制覇も果たし、スプリンターズSでも、11番人気で2着して穴をあけている。
神戸新聞杯凡走から、ここで馬券になった馬は、過去10年では、4頭います。
エアスピネル、ユキソルジャー、フローテーション、ナムラクレセントですが、4頭全て6番人気以下の人気薄だ。
この4頭の共通点は、連勝実績があるということ。
今回、該当するのは、この馬とエポカドーロだが、エポカは人気しているので、来るのはこっちだ!


▲ステイフーリッシュ

この馬も神戸新聞杯凡走馬なのですが、こちらは連勝実績がないので、巻き返しは厳しいのだが・・
しかし、過去のG1で本命にした馬という意味では、ホープフルSで本命にしているし、矢作厩舎ということもあり、買います。
こちらは、京都新聞杯が強い勝ち方だっただけに、舞台が京都になれば、馬も変わってくるはず。
前走は、休み明けの影響か、パドックから入れ込んでおり、レースでも前半折り合いを欠きぎみでした。
更に、ゴール前では、前が塞がる不利もあっての5着ということで、ひと叩きされての巻き返しに期待したい。
血統は、このレースに実績のあるステゴ産駒だし、この馬も母系にロベルトの血があり、ロベルト繋がりのワンツースリーに期待だ!
そして、鞍上には、昨年、10番人気で2着、10年前には15番人気で2着している藤岡佑ということで、今年も穴で一発お願いします。


△ユーキャンスマイル

菊花賞と言えば、ダンスインザダークということで、母父ダンスのこの馬にも注目。
母は秋華賞8番人気で2着し、近親のチャペルコンサートはオークスを12番人気で2着する穴血統でもある。
前走、阿賀野川特別勝ちは、昨年のポポカテペトルと一緒だし、京都で2勝している実績も心強い。
更に、心強いのが、鞍上だ。
武は、デビュー戦からずっと乗っていたし、何より菊花賞は4勝を上げてますし、秋のG1も連続馬券になってます。
馬も追い切りでは、同厩エタリオウに先着して、好調のようで、使い古されてますが、2頭出しは人気薄の方で。


△シャルドネゴールド

このレースは前走1000万勝ちの馬が、よく穴をあけるのだが、1000万を勝ち、次の1600万でも2着なら更に狙いが立つか。
京都は京都新聞杯でメンバー最速の上りで3着の実績があるし、エタリオウを負かした実績もある。
大外枠、鞍上と不安もあるが、穴馬としては、十分に期待出来そう。


△メイショウテッコン

毎年、神戸新聞杯で馬券になった馬が、本番でも馬券になってますので、押さえます。
ただ、今回は、同型馬が多く、恐らく2、3番手に控えることになりそうだが、控えても結果を出しているので、ここでも。


△エタリオウ

毎年、神戸新聞杯で馬券になった馬が、本番でも馬券になってますので、押さえます。
ダービーでは13番人気だった馬が、ここで、2番人気になるとはねえ。。
ただ、この舞台は、後ろからでは届かない危険があるので、ミルコがどこでゴーサインを出すのかが、ポイントか。

馬券はグレイルを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント

【POG】エスポワールがデビューですが・・

2018-10-19 00:17:20 | POGその他
今週は、富士Sに、元POG指名馬レッドアヴァンセが出走するので、馬券を買うか、迷うところだが・・
でも、日曜の菊花賞で、ドカンと勝負したいので、土曜は静観でしょうかね。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑菊花賞の情報は、こちらから探してみよう。

先週は、2頭と寂しい出走数でしたが、2頭とも掲示板を確保してくれて、ちょっとうれしかったです。
でも、タイセイスキャットには、勝ち上がりを期待していただけに、物足りない部分もあったわけだが・・

○タイセイスキャット 未勝利  3着(0.9秒差)7・2着
(牡 父ヨハネスブルグ 母マルカジュリエット 栗・高橋) シェアポイント7頭目 指名人数19人
 単勝3.1倍の2番人気に支持され、こちらとしても、勝ち上がりを大いに期待したのだが・・・
 1番人気の勝った馬は強かったにしろ、2着は確保してほしかったが、3着まで。。
 一応、4着馬には、7馬身差をつけているので、よく走ってはいるが、今回は、初の左回りで多少戸惑ったかな。。

○ウインプランツ   未勝利  4着(2.0秒差)11・11着
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンシプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数8人
 前走大敗からの連闘策で、全く期待していなかったが、4着と掲示板を確保する大健闘の走り。
 勝ち馬が強すぎて、逃げて2着馬に7馬身を引き離したので、2.0秒差負けだが、3着馬とは0.3秒差と踏ん張った。
 今回は、2番手から競馬が出来たが、やはり、前で競馬が出来れば、掲示板確保のチャンスは広がるというもの。
 この先も、ガンガン使ってもらって、3、4着で、賞金を稼いでほしいね。

さて、今週は、エスポワールが日曜の京都でデビューします。
アドミラブルの半妹になりますが、父がディープからオルフェーヴルに代わって、どうなるか?
近親のヴィクトリーを過去にPOG指名しているので、この馬も指名したいのだが、指名枠はあと1つ・・・
指名候補の1頭ラブズオンリーユーが、兄リアルスティール同様、矢作厩舎に入ったので、この馬のデビューを待ちます。
ということで、エスポワールの指名は見送りで。
この同じレースには、ワールドエースの全弟ワールドプレミアも出走しますので、この2頭の良血対決が見ものです。
他にも土曜の東京では、サトノダイヤモンドの全弟サトノジェネシスがデビュー。
更にエアグルーヴの血を持つ、ランフォザローゼス、グルーヴィットも出来れば、指名したかったが・・
あと、ウオッカの仔もデビューしますな。。

○コスモポルベーラ 5着
(牡 父ロージズインメイ 母マイネマキアージュ 美・松永) シェアポイント3頭目 指名人数15人

日曜の新潟1レース未勝利戦(芝1200m 18頭立て)に鞍上が木幡に乗り替わりで出走。
4か月ぶりの出走となりますが、前走のデビュー戦は、0.9秒差の5着と、なんとか掲示板にのりました。
再び、芝1200mですが、頭数がフルゲートなだけに、掲示板争いも熾烈になりそうだな。

◆レッドエンヴィー 6・4着
(牡 父ジャスタウェイ 母スタイルリスティック 栗・須貝)netkeiba5頭目

日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 9頭立て)に鞍上が福永に乗り替わりで出走。
芝で2戦して、勝ち上がれずで、ダートに矛先を変えるのは、ちょっと早くないか・・
前走は、0.4秒差の4着で、それほど負けておらず、今回は、相手関係を見て、少頭数のここを選んだのか。
ダートさえ問題なければ、ここはあっさり勝ち上がれるはずで、勝って、再び、芝に戻ってほしいけどね。

○ブラックアーシャ
(牝 父ブラックタイド 母ノーズトウショウ 美・和田) シェアポイント9頭目 指名人数7人

日曜の新潟5レース新馬戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が菊沢でデビュー。
母父ブラックホークで、近親にトウショウドラフタがいる血統。
過去に、同じく近親のレジェトウショウをシェアポイント部門で指名した経緯もあるので、指名。
まあ、それよりも、指名人数が、10名以下だったので、指名したのだが。。
だから、土曜夜までに、指名人数が、15名以上に増えるようなら、指名を解除する予定。
コメント

秋華賞18((結果))☆

2018-10-17 00:41:03 | 秋華賞
強すぎるぜ、アーモンドアイ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2018年10月14日(日) / 京都 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 11 ◎アーモンドアイ   牝3 55 ルメー 1:58.5 1
2[7] 13 △ミッキーチャーム  牝3 55 川 田 1.1/2 5
3[1] 2 △カンタービレ    牝3 55  武  1 3
4[3] 5 △サラキア      牝3 55 池 添 3/4 4
5[1] 1 ○ラテュロス     牝3 55 秋 山 ハナ 13
6[2] 4  ランドネ      牝3 55 戸 崎 クビ 8
7[8] 16  プリモシーン    牝3 55 北村宏 ハナ 6
8[7] 14  ゴージャスランチ  牝3 55 横山典 1.1/4 10
9[4] 7  ラッキーライラック 牝3 55 北村友 クビ 2
10[5] 9  サトノガーネット  牝3 55 浜 中 クビ 15
11[4] 8 ▲トーセンブレス   牝3 55 藤岡佑 アタマ 11
12[3] 6  パイオニアバイオ  牝3 55 柴田善 3.1/2 9
13[8] 18  ダンサール     牝3 55 デムー 1/2 7
14[5] 10 △オールフォーラヴ  牝3 55  幸  1.1/4 12
15[7] 15  ハーレムライン   牝3 55 大 野 4 17
16[6] 12  オスカールビー   牝3 55 川 須 2.1/2 14
17[8] 17  サヤカチャン    牝3 55 高 倉 3.1/2 16
−[2] 3   スカーレットカラー 牝3 55 岩 田 取消

払戻金 単勝 11 130円
複勝 11 110円 / 13 280円 / 2 220円
枠連 6−7 710円
馬連 11−13 880円 / 馬単 11−13 1000円
3連複 2−11−13 2360円 / 3連単 11−13−2 5600円
ワイド 11−13 420円 / 2−11 340円 / 2−13 1500円

とにかく、アーモンドアイの強さだけが、際立ったレースでしたな。
1頭だけ、次元の違う走りを見せつけ、この世代には、敵はいないことを立証。
レース後、ルメールはインタビューで「今、日本で一番強い馬」と言っていたが、あながち、言い過ぎではないな。
桜花賞後に、「三冠」という言葉を口にし、実際、あっさり達成しただけに、ルメールの言葉には真実味があるわ。
日本で一番強い馬かどうか、次走、是非とも、JCに出走してほしいね。
舞台的には、直線の長いコースで、3歳牝馬が活躍する傾向もあり、勝つチャンスは充分すぎるほどあるな。

2着ミッキーチャームは、なんなく単騎逃げが叶って、自分のペースで逃げられ、完全な勝ちパターンだったが・・
これは、相手が悪かったとしかいいようがないね。
オスカールビーが、逃げ宣言していたが、結局は、馬の格の違い、騎手の腕の違いが、出た結果でしたな。
今年は、ローズSのレベルが低いと言われ、紫苑S1、2着が不在でしたので、夏の上り馬が2着に来たのは必然か。

3着カンタービレは、ローズS同様、前で競馬をすると思ったら、まさかの後方待機策。
鞍上武豊いわく「折り合い重視の競馬をした」そうだが、まさか、アーモンドアイをマークする競馬をするとはね。
そして、きっちり、上り33.9の末脚を引き出して、3着を確保するあたり、さすが4000勝ジョッキーです。
そして、今年も、やっぱり、ローズS組が、ちゃんと馬券になりました。
終わってみれば、ローズS上位3頭が、順番そのままで、その上に、強い馬が2頭いたという構図でした。

馬券は、何とか的中したけど、穴馬が1頭も絡まず、安い配当で、儲けは、ほぼなし・・・
予想的には、2番人気ラッキーライラックを何の迷いもなく消せたし、穴人気馬にも惑わされず、良かったのだが。
穴人気プリモシーン、ランドネあたりは、このレースの傾向通り、関東馬、関東騎手軽視で、大正解でした。
ダンサールは、完全にミルコ人気でしたが、過去の傾向通り、500万平場から馬券になった馬はいないからね。
あと、オークスで本命にしたパイオニアバイオを、ここでも本命にしそうなものを完全に消したのも正解でした。
それから、矢作厩舎頼みの予想にしなかったもの正解。

穴で一番期待したラテュロスは、一瞬やってくれたと思ったのになああ・・
直線、ミッキーチャームが逃げ込みを図るところに、外からアーモンドアイ、更に内からラチュロスも来て。
ほんと、一瞬ですが、これは、ほぼ、本線大的中だと「やった!!!」と思ったが、甘くなかった。。。。
ラテュロスは、ほんとにローズSの再現通りを走りを見せてくれたが、強い馬が更に2頭いたということ・・

ということで、秋2戦目で、的中となったものの、ほぼ儲けは出なかったので、次の菊花賞で何とかしたい。
予想の精度としては、今回、なかなか良かったと思うので、次こそは、穴馬を見つけて、ドカンと一発です!
コメント

秋華賞18(予想)

2018-10-13 23:29:27 | 秋華賞
当初、本命候補と考えていたウラヌスチャームが、抽選漏れ・・
代わりに本命に指名したスカーレットカラーが、まさかの出走取消・・
これって、もう馬券を買うなと、勝負事の神様が教えてくれているのかも。。。でも買うよ・・

日曜の京都メインレース、秋華賞の予想
芝 2000M G1 定量 18頭立て

スカーレットカラーが、左後肢ハ行で出走取消となり、17頭立てになってしまいました。
結構、自信満々のスカーレットカラー本命だったので、脱力感が半端ない・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

もう、こうなれば、素直にこの馬から、おとなしく買うしかないな。。

◎アーモンドアイ

3冠達成への唯一の不安は、小回りコースへの対応だけだと思っていたが。
それも、オークスで披露した機動力を見せられては、もはや、この馬に喧嘩を売るのは、ドブに金を捨てるようなもの。
オークスから直行というローテも、本来は大きなマイナス材料なのだが、この馬の場合は、間隔を空けた方が走るしね。
よほどのアクシデントがない限り、この馬が、よもや馬券圏内を外すことは、考えられません。
穴党であっても、素直に、この馬から馬券を買わせて頂きます。


今年の前哨戦ローズSは、オークス上位馬不出走で、低レベルだったと言われているが、終わってみれば、やっぱりローズS組かあの結果を期待し

○ラテュロス

過去10年を見ても、毎年、必ずローズS組が馬券になってますので、相手はローズS組からです。
毎年言ってますけど、このレースの穴馬は、ローズSで好走しながら、本番で人気のない馬。
昨年は、それで、カワキタエンカを本命にして失敗したけど、一昨年は、カイザーバルを本命にして成功してます。
その他、この10年を見ても、ムードインディゴ、アニメイトバイオ、キョウワジャンヌが、このパターンで穴を演出。
昨年のカワキタエンカが馬券にならなかったのは、逃げ馬だったからね。
この10年、一度も逃げ馬は馬券になってないのだ。
ならば、これまで逃げて実績を上げてきたこの馬は消しが正解なのだが、前走、控える競馬で見事に結果を出した。
今回も、オスカールビーが、ハナを主張しそうで、他に前に行きたい馬が数頭おり、普通に、4、5番手で競馬が出来そう。
そうなれば、ここでも、ローズSの再現が期待出来そうだ。
そのお膳立てとばかりに、今回、最内枠を引き当てましたので、内でじっと我慢して、直線、最内をスルスル。。あるぞ!


▲トーセンブレス

過去10年を見ても、毎年、必ずローズS組が馬券になってますので、相手はローズS組からです。
前走ローズSは、ドンジリ負けでしたが、フケの影響があったそうで、参考外の1戦でいいでしょう。
元々、阪神JF、桜花賞で、ともに4着と好走しており、遠征競馬は問題ないし、G1でもやれる力がある馬。
デビュー戦で、プリモシーンを負かし、アルテミスSでは、ラッキーライラックを抑えて1番人気に支持されたほどの逸材。
前走、二桁着順の大敗から巻き返した馬は、過去10年では3頭いるが、共通点は、重賞連対かオープン勝ちの実績があった。(使い回し)
この馬は、フラワーC2着の実績があり、それをクリア。
このレースは、関西馬が圧倒的に強く、ここ10年で、馬券になった関東馬は7頭のみ。
その7頭中5頭は、鞍上が関西の騎手でした。
残りの2頭は、関西G1連対実績があった馬(アパパネ、アニメイトバイオ)。
そこで、今回、主戦の柴田善から藤岡佑への乗り替わりは、大きなプラス材料。
藤岡は、今年、悲願のG1制覇を果たし、好調であり、土曜も2勝して、今年、京都は京都記念、京都新聞杯も勝っている。
前走、先行して失速した反省から、今回は、末脚を活かす競馬をしてくるなら、先行馬多数で流れも差し馬に向きそうでチャンス!


△オールフォーラヴ

過去10年を見ても、毎年、必ずローズS組が馬券になってますので、相手はローズS組からです。
そのローズSでは、9着と大敗したが、休み明けの影響か、前半、何度も口を割るシーンがあり、スローの流れに折り合いを欠いたのが敗因。
もともと、スローから瞬発力勝負より、ある程度、流れた展開での底力勝負が合っているタイプ。
ハイペースとなった忘れな草賞を早めに動いて勝っているように、着差はわずかでも強い競馬でした。
今回、先行馬多数で、流れが速くなりそうだし、この馬の出番がありそうだ。
このレースに強いディープ産駒で、更に、このレースに強いキングマンボの血も持っており、一発あって不思議なし。
京都でも勝っているし、2000mでも勝っており、この舞台は、まさに、うってつけではないか!


△カンタービレ

過去10年を見ても、毎年、必ずローズS組が馬券になってますので、相手はローズS組からです。
距離が長かったオークス以外は、崩れておらず、内回り2000mのここなら、距離に泣くこともあるまい。
鞍上は、4000勝騎手武豊であり、G1スプリンターズSでも、その存在感を見せつけましたので、再度、内枠からやってくれそう。


△サラキア

過去10年を見ても、毎年、必ずローズS組が馬券になってますので、相手はローズS組からです。(しつこい・・)
ゲートに難があるのが、最大の不安だが、まともにスタートさえ切れれば、アーモンドアイと一緒に飛んでくるのは、この馬か。
脚質的に内回りコースがプラスにはならないが、2走前の小倉戦を圧勝しており、問題ないとみる。
当初、モレイラ騎乗予定も、騎乗停止で、池添のままになったのは、乗りなれている分、逆にプラスになるのでは。
前走、結果を出した池添を下ろす決断をしていたあたり、かなりの勝負気配ありと見て取れるし、普通に買いの1頭。


△ミッキーチャーム

近年馬券になっている紫苑S組が、今年は1、2着馬が不出走ですので、そうなれば、別路線組の出番。
今年、唯一の夏の上り馬であり、もしかしたら、アーモンドアイを脅かす、唯一の存在かもしれない。
逃げて、結果を出している馬だが、2走前は、2番手に控えても圧勝しており、今回も番手からの競馬で、その再現はありえる。
鞍上は、秋最初のG1スプリンターズSを勝った川田で、その川田は、先日、テン乗りで、サトノダイヤモンドに久々の勝利をプレゼント。
今度は、この馬で、大金星もあるかも。

馬券はアーモンドアイを軸に3連複と馬単で勝負!!
トリガミになる馬券は、買わないつもり。。
コメント

秋華賞18(予想)(まぼろし・・)

2018-10-13 20:51:56 | 秋華賞
日曜の京都メインレース、秋華賞の予想
芝 2000M G1 馬齢 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎スカーレットカラー

前走の大敗は、休み明けの影響か、前半折り合いを欠き、更に直線では他馬に挟まれる致命的な不利。
全く参考外の1戦としていいでしょう。
もともと、この馬は、休み明けは、全くダメなのだ。
デビュー戦2着、3か月ぶりのアルテミスS5着、2か月ぶりのチューリップ賞7着、そして5か月半ぶり前走と、休み明けは走らない。
つまり、叩かれて良くなるタイプであり、ひと叩きされた今回こそ、絶好の狙い目となるのだ。
前走、二桁着順の大敗から巻き返した馬は、過去10年では3頭いるが、共通点は、重賞連対かオープン勝ちの実績があった。
この馬は、フェアリーS2着の実績があり、それをクリア。
G1桜花賞では、8着でしたが、3着リリーノーブルからは、0.3秒差であり、展開ひとつで馬券圏内は可能だ。
京都コースも白百合Sでリリーノーブルから0.2秒差2着の実績があり、コース代わりもプラスになりそう。

何より、血統が、このレースでの激走を予感させる。
近年、マキャヴェリアンの血を持つ馬が、馬券になっており、今年は、ヴィクトワールピサ産駒のこの馬だけが該当。
2年前には、同産駒は、パールコード、ジュエラーの2頭が、2着、4着と好走。
そして、その2頭ともが、前走トライアルを大敗からの巻き返しだったのだ。
おまけに、その時の勝ち馬ヴィブロスもマキャヴェリアンの血を持ってました。

強調材料はまだある。騎手だ。
鞍上の岩田は、このレース、既に3勝を上げており、非常に相性のいいG1だ。
3勝の中には、11番人気で大穴あけたブラックエンブレムもいる。
で、この馬の母父が、ブラックエンブレムの父ウォーエンブレムという血の繋がりもあるぞ。
更に、今回、3番枠という内枠を引き当て、距離ロスなくレースを進めて、岩田得意のイン突きが炸裂すれば、一発ある!
先行馬が多数揃った今回のメンバーなら、流れも速くなりそうで、展開は差し馬に向くはずで、内からスルスル、あっと言わせる!


と、まず本命馬を決めて、予想をやりだしたのに・・・
まさかの、スカーレットカラー、左後肢ハ行で出走取消・・・・

また、最初から予想のやり直しです。。。マジか。。
コメント

【POG】バンクショットがデビューしますが・・

2018-10-12 00:51:25 | POGその他
今週は、G1秋華賞があります。
我がPOG指名馬で、唯一、出走の可能性があったアンコールプリュは、距離適正を考慮して、信越Sに回ってしまった・・
秋華賞は、1400m勝ちのある馬が、よく穴を出す傾向があったので、アンコールプリュは、穴馬として狙えたのだが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑秋華賞の情報は、こちらから探してみよう。

先週はPOG指名馬の出走が、大挙7頭も出走しましたが、勝ち上がりは、わずか1頭のみ・・
シェアポイント部門の3頭が3頭とも、二桁着順の大敗だったのもガッカリだったが、一番のガッカリはタンタラス・・

○キョウエイビーコン 未勝利 11着(2.2秒差)16・11着
(牡 父トーセンジョーダン 母キョウエイダルク 美・武藤) シェアポイント4頭目 指名人数17人
 スタートで出遅れ、後方からのレースとなり、結局、後方のままという、何の見所もない競馬・・・

◆バニュルス     未勝利  4着(1.1秒差)2着
(牡 父ロードカナロア 母ピーチブローフィズ 栗・藤原)netkeiba3頭目
 1番人気に支持され、レースも2番手につける積極策も、直線で失速して、完敗の4着・・・
 デビュー戦が、後方からメンバー最速の末脚で追い込んできただけに、脚を貯めるレースの方が合っているのかな。

◆ランブリングアレー 新馬戦  1着(‐0.0秒差)
(牝 父ディープインパクト 母ブルーミングアレー 栗・友道)netkeiba8頭目
 人気は3番人気でしたが、見事にデビュー勝ちを決めてくれました。
 レースは中段前目、馬群に入れる位置取りで、直線では先に抜け出した馬には届かないと思ったが。
 ゴール直前、外から迫られると、それに反応して差し返す勝負根性を見せ、ゴール前でひと伸びして、アタマ差勝利。
 乗り難しいという鞍上のコメントがあったが、レースを使って、徐々に解消してほしいですな。

○シロボシ      未勝利 14着(5.8秒差)11・13着
(牡 父トーセンホマレボシ 母ウィンディガーデン 美・小桧山) シェアポイント5頭目 指名人数14人
 芝のデビュー戦5.0秒差負けよりも、更に酷い5.8秒差負けとは・・・
 芝でもダートでもこれでは、もう登録抹消の道しかないような・・・

○ウインプランツ   未勝利 11着(2.4秒差)11着
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンシプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数8人
 前走が不利を受けての大敗だったので、多少の巻き返しを期待したが、結果は一緒だった・・・

◆ホウオウライジン  未勝利  3着(0.5秒差)4・2着
(牡 父キングカメハメハ 母ガールオンファイア 栗・矢作)netkeiba2頭目
 スタートで出負けしたが、中段まで押し上げレースを進め、直線でも、それなりの脚は使ったが3着まで。
 レース内容は、それほど悪くなく、次走あたり、勝ち上がってくれると思いたい。。

◆タンタラス     新馬戦  9着(1.0秒差)
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba9頭目 
 単勝1.8倍の1番人気に支持されながら、掲示板にも乗れない大敗という結果に涙・・・・
 レースは、道中、勝ち馬とほぼ同じ位置取りで進めるも、いざ直線に向いた時には、全く伸びずの大敗・・
 これといった不利もなかっただけに、この負け方はショックでしたが、叩かれつつ良くなることに期待したいが・・
 姉2頭は揃ってデビュー勝ち後に、伸び悩んだだけに、逆に違うタイプということで、いいように考えましょう・・

さて、今週は、バンクショット(父トーセンジョーダン 母バプティスタ)がデビューします。
これまで、兄バディスティーニ、姉フラウティスタを指名しているので、この馬も指名予定でしたが。。。
この馬については、地獄モードで指名しようと思っていたのに、結局、今年は地獄モード(ウマジン)が開催されず・・
netkeibaのPOG指名枠は、あと1頭になってしまっているので、さすがにトーセンジョーダン産駒は指名出来ません。。
ということで、ここは、指名を見送りますので、今週は、シェアポイントの2頭のみの出走。

○タイセイスキャット 7・2着
(牡 父ヨハネスブルグ 母マルカジュリエット 栗・高橋) シェアポイント7頭目 指名人数19人

土曜の新潟2レース未勝利戦(ダート1800m 頭立て)に鞍上が鮫島で出走。
前走、ダート替わりで、見事、0.1秒差の2着と好走してくれましたので、ここは、期待大だ。
舞台が阪神から新潟に替わったが、距離は同じ1800mだし、相手関係も楽そうで、ここは勝ち上がってほしいぞ!

○ウインプランツ 11・11着
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンシプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数8人

土曜の京都2レース未勝利戦(ダート1400m 11頭立て)に鞍上が高倉に乗り替わりで出走。
連闘策に打ってできましたか・・
デビュー戦の芝でダメで、前走、ダート替わりも、これまたダメで、今回、やけくその連闘策か。
前走1800mからの距離短縮で、なんとか、変わってくれればいいが・・

さて、秋華賞ですが、これはもう、アーモンドアイの3冠は確実でしょうから、予想も相手探しでいいでしょうね。
そうなると、必然的に、相手は、人気薄を選ばないといけなくなるので、ちょっと無理めな予想になりそう・・・
そんな中、本命候補だったウラヌスチャームが、抽選漏れしてしまい、出走叶わず、ガッカリ・・予想のやり直しです・・
コメント

【食べ放題】ミスタードーナツ(イトーヨーカドー川崎)

2018-10-11 23:30:46 | 食べ放題
新しく発売された「クレームブリュレドーナツ」を食べに、またミスタードーナツの食べ放題に行っちゃいました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑競馬の記事はこちらからどうぞ!

今回行ってきた店は「イトーヨーカドー川崎」ショップでございます。
イトーヨーカドー川崎の1Fのフードコート内にあります。
システムは他店と同じで、60分、1,200円(税込)で、一度に3個まで取ることが出来ます。
事前の予約はいりません。
日曜日の11時30分頃で、まだお昼前ということもあり、席はたっぷり空いておりました。
食べ放題客は、どうやら私1人のようでした。
今回、クレームブリュレドーナツ目当てだったが、嬉しい誤算がありました。
「misdo meets 五島軒」として、函館にある老舗洋食屋の五島軒とのコラボパイがあったのだ。
実はこのパイ、ネットでは10月12日発売とありましてね。
しかし、私が、この店を訪れたのは、10月7日で、まだ発売されてないはずなのにね。
4種類のコラボパイを全て食べることが出来て、ちょっと得した気分でした。

食べ放題の結果は、前回同様、15個となりましが、摂取カロリーは4,000キロオーバーとなりました。
ちなみに、過去3回の結果は、

① 新浦安店  15個 3,051円 3,566kcal
② 中野店   18個 3,719円 4,085kcal
③ 川崎駅前店 15個 3,545円 3,957kcal

で、今回食べた15個が、以下の通りです。
① クレームブリュレドーナツ(カスタード)    172円  233kcal
② マスクド・レディ               183円  322 kcal
③ フランクフルト                216円  369 kcal
④ クレームブリュレドーナツ(マロン)       172円  233kcal
⑤ ポン・デ・エンゼル               140円  262 kcal
⑥ ホット・セイボリーパイ(ビーフシチュー)   237円  316 kcal
⑦ クレームブリュレドーナツ(アップルシナモン) 172円  224kcal
⑧ チョコチュロ                 129円  282 kcal
⑨ ホット・セイボリーパイ(デミグラスハンバーグ)237円  299 kcal
⑩ クレームブリュレドーナツ(カスタード)    172円  233kcal
⑪ フレンチクルーラー              108円  170 kcal
⑫ ホット・セイボリーパイ(エビグラタン)    237円  304 kcal
⑬ カスタードクリーム              129円  216 kcal
⑭ 紅茶のマンナンスティク(プレーン)      140円  136kcal
⑮ ホット・セイボリーパイ(イギリス風カレー)  237円  293 kcal
 計                      2,681円 3,892 kcal

① ミスド アイスコーヒー            270円
② アイスティー(レモン)            270円
③ 青森県産ふじりんご100%ジュース       259円   83 kcal  
④ ミスド アイスカフェオレ           302円   65 kcal
 計                       1,101円 148 kcal

 合計                      3,782円 4,040 kcal   

個数は、中野店の時の18個には及びませでしたが、金額は、自己最高を更新・・・
やはり、パイは、金額も高いが、カロリーも高いということで、これは太りますよ。。。。


ヨーカードーの入り口を入って、すぐ右手にフードコートがあり、一番手前にミスドがあります。


まず最初の3個「クレームブリュレ(カスタード)」「マスクド・レディ」「フランクフルト」
今、ハロウィンの時期なので、ハロウィン関連のドーナツも売っておりまして。
こんなもんは、見た目だけので、絶対に食べないつもりだったが、つい1つ、手を出してしまいました。
しかし、これが、予想外に美味くて、よかったです。(スロベリーチョコも、ココア味の生地もよかった)


お代わり3個「クレームブリュレ(マロン)」「ポン・デ・エンゼル」「ホット・セイボリーパイ(ビーフシチュー)」
今回行った店には、なんと、ミスドの定番ドーナツであるエンゼルフレンチが置いてなかったのだ・・・
その代わりなのでしょうか、「ポン・デ・エンゼル」があったので、こちらを食べましたが、やっぱり美味しい。
五島軒コラボのブーフシチューのパイも、美味しかったです。(勿論、温めてもらいました)


お次の3個「クレームブリュレ(アップルシナモン)」「チョコチュロ」「ホット・セイボリーパイ(デミグラスハンバーグ)」
これで、クレームブリュレドーナツ3種を全て制覇しました。
3種類とも、美味しく頂きました。


更に3個「クレームブリュレ(カスタード)」「フレンチクルーラー」「ホット・セイボリーパイ(エビグラタン)」
今回の目当てが、クレームブリュレドーナツだったので、カスタードをお代わりしました。
ここまでで12個。
12個までは、美味しく頂くことが出来ましたよ。
いや、この段階での、エビグラタンは、ちょっと気持ち悪かったです・・・


最後の3個「カスタードクリーム」「紅茶のマンナンスティク(プレーン)」「ホット・セイボリーパイ(イギリス風カレー)」
これで、五島軒コラボのセイボリーパイ4種を全制覇しました。
どれが一番美味しいかという評価は、恐らく食べる順番によって左右されるので、なんとも・・・
だって、最後のカレーは、味わって食べることが出来ませんでした・・・きつかった。。。
最後はさっぱりしようと「紅茶のマンナンスティク」を選んだが、これは失敗・・・・
甘党にとっては、甘さが足りず物足りないし、最後に食べるには、相当、モサモサした食感で、美味しいとは言えず・・


ドーナツのお代わりはさすがにギブアップで、最後は、アイスカフェオレで、締めました。
どうもご馳走さまでした。
コメント

【POG】ランブリングアレーとタンタラスがデビュー!

2018-10-04 23:37:01 | POGその他
先週、オトナノジジョウという変なネーミングの馬が、8番人気で新馬勝ちしました。
実は、この馬をシェアポイント部門で指名しようとしていたのだが、指名人数が20名を超えたので、直前に解除・・
そしたら、翌日の激走だもん、ショック・・・ちょっと凹んだ。。。
母の名が略奪愛(リャクダツアイ)で、その仔が大人の事情という、ふざけた名前も、血統は近親にモーリスがいる良血。
ほんとに、直前に指名を解除して失敗しちゃいました。(過去にもケイティブレイブを直前解除して失敗してます)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑毎日王冠、京都大賞典の情報は、こちらから探してみよう。

で、先週はPOG指名馬の出走はなかったのだが、今週は、その反動というか、3日間開催も相まって、7頭の大挙出走!
期待は、当然、2頭のデビュー馬です。
あと、元指名馬ですが、シーリアが6か月半ぶりに復帰で、500万の平場(芝2000m)に出走するので期待したい。
それと、東京の六社S(芝2400m)に、4か月ぶりに連勝中のグローブシアターも出走するので、こちらにも期待だ。

○キョウエイビーコン 16・11着
(牡 父トーセンジョーダン 母キョウエイダルク 美・武藤) シェアポイント4頭目 指名人数17人

土曜の東京1レース未勝利戦(ダート1300m 16頭立て)に鞍上が武士沢で出走。
芝のデビュー戦がとんでもない負けっぷり(6.9秒差)だったが、前走、ダートで11着とはいえ1.3秒差なら望みが出た。
再度、ダートのここは、なんとか頑張って、掲示板にのってほしいところです。

◆バニュルス 2着
(牡 父ロードカナロア 母ピーチブローフィズ 栗・藤原)netkeiba3頭目

土曜の京都3レース未勝利戦(芝1800m 8頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
2か月半ぶりの出走ですが、その前走デビュー戦は、0.2秒差の2着と、まあ健闘。
負けた相手ドラウプニルは、次走のアスター賞を2着して、今週、重賞サウジアラビアRCに出走します。
ということで、バニュルスが負けたのは、相手が強かったということで、ドラウプニルには、是非頑張ってもらいたい。

◆ランブリングアレー
(牝 父ディープインパクト 母ブルーミングアレー 栗・友道)netkeiba8頭目

土曜の京都5レース新馬戦(芝1600m 13頭立て)に鞍上が浜中でデビュー!
母父シンボリクリスエスで、近親にトーセンラー、スピルバーグがいる血統。
2年連続、兄スヴァルナ、兄トルネードアレイを指名している関係上、3度目の正直として、この仔に期待だ。
上2頭は、POG期間中に勝ち上がったものの、クラシックにはのれず、POG的には失敗だったが、今度こそ。

○シロボシ 11・13着
(牡 父トーセンホマレボシ 母ウィンディガーデン 美・小桧山) シェアポイント5頭目 指名人数14人

日曜の東京1レース未勝利戦(ダート1400m 16頭立て)に鞍上が山田に乗り替わりで出走。
芝で2戦して結果が出なかったので、ダートにきましたね。
全く期待はしてませんが、なんとか掲示板にのってくれたらなああ。。。

○ウインプランツ 11着
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンシプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数8人

月曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 14頭立て)に鞍上が菱田で出走。
芝のデビュー戦が、3.5秒差の大敗でしたので、当然ながら、ダートに回ってきました。
アドマイヤマックス産駒なので、本来なら、距離はもっと短い方がいいと思うので、ここも期待薄だな・・・

◆ホウオウライジン 4・2着
(牡 父キングカメハメハ 母ガールオンファイア 栗・矢作)netkeiba2頭目

月曜の東京3レース未勝利戦(芝1800m 14頭立て)に鞍上が藤岡佑に乗り替わりで出走。
中1週で東京遠征という、ちょっと過酷なローテで挑んできました。
前走は完敗の2着も相手が強かったということで、わざわざ中1週で遠征してくるぐらいだから勝算ありと信じたい。

◆タンタラス
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba9頭目 

月曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 12頭立て)に鞍上が川田でデビュー!
ビワハイジ、ブエナビスタと指名している身としては、その仔全て指名していきますよ。
上2頭は、期待通りには走ってくれませんでしたが、こちらも3度目の正直、3番子が大物であることを願う!
上2頭とも、デビュー勝ちは決めたものの、その後が鳴かず飛ばずで、ほんとガッカリでしたからねえ。。。
このレースには、もう1頭良血が出走しており、ダノンプラチナの全妹ミッキーバティーラが強敵となりそうだな。

今週末は、G1はないけど、3日間開催に加えて、凱旋門賞があるので、馬券は買わないけど競馬三昧の週末ですな。
コメント

スプリンターズS18((結果))

2018-10-04 00:08:56 | スプリンターズS
秋最初のG1、荒れたのに、大ハズレ・・・
終わってみれば、セントウルS上位3頭の決着って・・分かりやすい。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2018年9月30日(日) / 中山 1200m 芝・右 外 / 雨・稍重
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[4] 8 △ファインニードル  牡5 57 川 田 1:08.3 1
2[5] 9  ラブカンプー    牝3 53 和 田 クビ 11
3[1] 1  ラインスピリット  牡7 57  武  1/2 13
4[3] 6  ダイメイプリンセス 牝5 55 秋 山 クビ 10
5[5] 10 △レッツゴードンキ  牝6 55 岩 田 3/4 4
6[2] 3 ▲ワンスインナムーン 牝5 55 石 橋 クビ 3
7[6] 12 ○ナックビーナス   牝5 55 モレイ アタマ 2
8[4] 7 ◎キャンベルジュニア 牡6 57 田 辺 1.1/4 12
9[1] 2  ヒルノデイバロー  牡7 57 四 位 ハナ 15
10[8] 16  レッドファルクス  牡7 57 戸 崎 1/2 5
11[7] 13  ティーハーフ    牡8 57 国分優 クビ 16
12[6] 11  セイウンコウセイ  牡5 57 池 添 1 8
13[8] 15  ムーンクエイク   セ5 57 ルメー クビ 7
14[3] 5 △アレスバローズ   牡6 57 藤岡佑 1.3/4 6
15[2] 4  スノードラゴン   牡10 57 大 野 5 14
-[7] 14  ラッキーバブルズ  セ7 57 プレブ 中止 9

払戻金 単勝 8 280円
複勝 8 150円 / 9 510円 / 1 1400円
枠連 4-5 1150円
馬連 8-9 4140円 / 馬単 8-9 5260円
3連複 1-8-9 65370円 / 3連単 8-9-1 209620円
ワイド 8-9 1340円 / 1-8 3740円 / 1-9 13850円

台風の影響で、泥んこ馬場になるかと思ったが、そこまで雨は降らず、稍重で開催されました。
それでも、本命にしたキャンベルジュニアは、やっぱり渋った馬場は苦手だったようで、見せ場すら作れず完敗・・
この馬本来の持ち味である好位からの積極策が取れず、後ろからの競馬になった時点でダメでしたね・・・
やはり、スプリントG1で、1200実績のない馬を本命にするのは、無理がありました。。反省。
1200実績がないとの理由からムーンクエイクは無印にしたのに、全く、チグハグな予想だわ。。。

勝ったファインニードルは、着差はクビ差でも、1200では国内に敵無しと言える強い勝ち方でした。
相手関係、馬場状態を考慮しても、この馬が馬券圏内は外すことは考えられず、この馬から穴馬へが正解でしたね。
これで同一年の春秋スプリントG1制覇を達成し、国内制圧を成し遂げましたので、次は、年末の香港ですな。

2着ラブカンプーは、休みなしで、夏に重賞を3つも使われたローテから、お釣りなしとみて、速攻消した1頭・・
展開的にも厳しいとみて完全軽視の1頭に、ここまで走られては、ぐうの音も出ません・・馬を見る目なし。。。
買える要素としては、前哨戦好走(セントウルS2着)しているのに、人気薄という、分かりやすい穴馬でしたが。
あと、こういう荒れた馬場の時は、軽量(53キロ)が活きるということでしょうかね。
毎年、牝馬が好走しているレースでもあったが、今年はナックビーナスだろうと思っていたら、まさかのこっち・・

3着ラインスピリットも、休みなしで、夏に重賞3つ走ったローテで軽視した1頭。
しかも、7歳という高齢で、G1高松宮記念を2年連続二桁着順の実績から速攻で消した馬。
しかし、前哨戦セントウルSでは0.4秒差の競馬をしていたわけで、7歳とはいえ、成績からは完全に晩成型。
血統的にもこのレースに強いフォーティナイナー系に加えて、毎年、好走馬を出しているニジンスキーの血を持つ馬。
更に、毎年、穴を出している「内枠」だったこともあるし、前日に4000勝を一気に達成した武豊の勢いもあったか。
結局、2着の和田も土曜に重賞勝っていたし、武含めて、土曜の阪神で活躍した2人が穴を演出しました。
そういや、ラブカンプーにもニジンスキーの血があったわ・・穴馬探しは、この血からだね。

内枠の穴馬として、みんな、ワンスインナムーンに目を付けた結果、まさかの3番人気・・・
3連覇を狙うレッドファルクスや重賞連勝中のアレルバローズより、人気が上なんて誰が想像したか・・
昨年は穴馬だったのに、今年は人気の一角に祭り上げられてしまっては、この時点でダメだったか・・・

今回は、クビ差4着だったダイメイプリンセスを含め、激走した人気薄3頭を全て無印にした酷い穴予想でした・・
これを反省し、次の秋華賞では、しっかり穴馬を見つけたいと思います。。。
コメント

スプリンターズS18(予想)

2018-09-30 00:08:46 | スプリンターズS
台風の影響で、日曜の阪神競馬が中止になってしまいました。

日曜の中山メインレース、スプリンターズSの予想
芝 1200M G1 定量 16頭立て

雨による馬場状態だけが心配だが、こればっかりは、当日にならないと分りません・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

今年は馬場状態関係なく、予想はすんなり決まったぞ。
こういう時は、当たるのか、当たらないのか??

◎キャンベルジュニア

1200の実績がない馬をここで本命にしていいものか、ちょっと悩みましたが・・
いや、ロードカナロア引退後の、スプリント界のレベルは低いままだし、別路線だった馬でも通用しちゃうはず。
前走、初の1200戦で、ナックビーナスには完敗だったものの、2着馬には0.3秒差と、まずまずの走りを見せた。
前が止まらないレース展開で、ナックビーナスは必要以上に走りすぎた感じもあるし、あの着差は気にしなくていい。
前走で1200を経験したことで、今回は、レースの流れにも乗れそうだし、いつもの好位からの競馬が出来れば一発ある。
今回は調教で効果があったブリンカーをレースでも着用するので、ブリンカー効果で、更に能力開花か。

何より、この馬を本命にしたのは、抜群の中山実績です。
[2-3-0-1]とほぼ完璧で、唯一の着外は、逃げて直線で捕まった4歳時のダービー卿CTで、本来のスタイルではなかった。
南半球生まれで、6歳にして本格化した感じで、今年、2度の重賞2着があり、京王杯はアタマ差で勝ちに等しい内容。

血統も産駒に、このレースを10番人気で勝ったウルトラファンタジーがいて、この舞台の適正はありそう。
今回乗り替わりの田辺は、2年前もテン乗り、乗り替わりだった9番人気ソルヴェイグを3着に持ってきている。
中山重賞での田辺は、頼りになる騎手であり、ここでも、大仕事をやってくれそうな予感。
厩舎も同じ南半球生まれのキンシャサノキセキをG1馬にした堀厩舎ですし。

不安は、台風接近による天気、馬場状態だ。
それでも、日曜の中山競馬場の天気予報は、当初の暴風雨から弱雨に替わったので、泥んこ馬場まではならないか。
この馬、過去、雨の重馬場で2度、大敗しており、馬場悪化はマイナスになりそうですが。
しかし、スプリント戦の持ち時計のない、この馬にとっては、時計勝負にならないのは、むしろプラスに働くか。
あくまでも、プラス思考で、秋G1のスタートを穴馬券で仕留めたいものよ。


○ナックビーナス

前走はモレイラマジックが炸裂して、とにかく強かった。
そのモレイラは、土曜も初の中山で5勝と大活躍。
そして、今回も、そのモレイラが継続騎乗となれば、当然、ここでも最有力の1頭に。
馬自身も、今年の高松宮記念で3着(私も○を打った)と、G1でもやれる走りを見せており、鞍上強化で更に上を望む。
何より、この舞台は、この馬が最も得意としている中山芝1200。[2-4-0-0]とパーフェクト!
もう、不安といえば、前走が、前哨戦なのに、ちょっと走りすぎた反動ぐらいでしょうかね。


▲ワンスインナムーン

昨年本命にして、見事3着に粘って、的中馬券をプレゼントしてくれました。
今年も、それほど、人気が上がらないとなれば、再度の一発に期待したいところ。
昨年と同じ、朱鷺Sを勝っての参戦だし、賞金不足もレーティング上位で出走出来た幸運もある。
今回、同型馬が多くて、昨年のようにはいかないというのが、人気を下げている理由みたいだが、ほんとにそうか?
ラブカンプーにしろ、セイウンコウセイにしろ、何が何でもハナを切りたいタイプではなく、控える競馬も示唆している。
前走、逃げて大勝したナックビーナスも、本来、逃げ馬ではないので、今回は、ハナを主張しないはず。
こちらは、絶好の内枠を引き当てたし、今年もやっぱり、この馬の1人旅で、昨年の再現がありそうよ。


△レッツゴードンキ

国内G1スプリント戦、3戦連続2着と、あと一歩のレースが続き、ここがラストチャンスか。
陣営も、なんとかしてスプリントG1を取りたいはずで、前走は、まさにここへの叩き台なら、5着も気にすることなし。
内枠を引き当てれなかったのは、マイナス材料だが、道悪は得意そうで、馬場を味方にできれば、悲願なるか。


△アレスバローズ

昨年、ワンスインナムーンを本命にした根拠に連勝中だったことがある。
今年、連勝中なのは、この馬のみね。
それも、CBC賞、北九州記念と重賞の連勝であり、これは、08年勝ち馬スリープレスナイトと同じだ。
ここ2戦の勝ちタイムも優秀だし、中山実績もあるとなれば、G1のここでも充分に勝ち負け出来そうね。
ただ時計勝負に強そうなタイプで、時計のかかる道悪は、この馬にはマイナスになりそう。


△ファインニードル

今年の高松宮記念を勝ち、前哨戦のセントウルSも快勝、道悪も問題なしとなれば、消す理由はなし。

馬券はキャンベルジュニアを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント

【POG】今週は出走ゼロだけど、G1あるからね。

2018-09-28 00:16:41 | POGその他
早くも、秋のG1がスタートです。
昨年は、いきなり、スプリンターズS的中して、好スタートが切れたので、今年もスタートダッシュを決めたいね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑スプリンターズSの情報は、こちらから探してみよう。

先週は、3頭が出走し、2頭が2着と惜しい結果に終わりました。

○タイセイスキャット 未勝利  2着(0.1秒差)7着
(牡 父ヨハネスブルグ 母マルカジュリエット 栗・高橋) シェアポイント7頭目 指名人数19人
 先行した2頭が直線で抜け出して、逃げ込みを図るところをメンバー最速の末脚で猛然と追い込み、2着に食い込む。
 初ダートだったが、脚抜きのいい不良馬場がよかったか、直線では、いい脚を使ってくれました。
 距離は、1800m前後が良さそうで、今回ぐらい走ってくれれば、未勝利脱出もそう遠くはなさそう。

○ウインプランツ   新馬戦 11着(3.5秒差)
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンシプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数8人
 スタートを無難に決めて、好位の4番手からレースを進めるも、4コーナーで他馬と接触して、外に弾かれ・・
 それで、馬の戦意が喪失したか、一気に失速して、ブービーの大敗・・・
 単勝262倍の最低人気だったので、期待はしていなかったが、今後、接触した後遺症がなければいいのだが・・

◆ホウオウライジン  未勝利  2着(0.9秒差)4着
(牡 父キングカメハメハ 母ガールオンファイア 栗・矢作)netkeiba2頭目
 3カ月ぶりの出走で、+22キロと大幅な馬体増となってましたが、今回は相手が強かったか・・・
 4コーナーまでは、勝ち馬とほぼ同じ位置取りだったが、直線に入って、あっさり突き放されてしまいました。
 こちらの上りが35.1で、勝ち馬の上りが34.2ということで、完全に上りの差で完敗でした・・
 一度使われたことで、次は変わってくれることを期待しますよ。

今週は、指名馬の出走はゼロで寂しい限りですが、G1スプリンターズSがありますので、的中目指します。
もう既に、本命馬が決定済みで、あとは相手を絞るのみ。
いつものように、土曜の深夜に予想を更新する予定です。
コメント

【食べ放題】川崎のホテルでスイーツブッフェ!

2018-09-24 13:21:20 | 食べ放題
私の見るテレビ番組のスポンサーに必ず「ハズキルーペ」がいるのは、気のせいか?!
てか、たかだか老眼鏡もどきに、あれほどの広告費を投入して大丈夫なのか??

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑競馬の記事はこちらからどうぞ!

さて、先日、またまた、新たな食べ放題に行ってきたので、その報告を。
今回行ってきた場所は、川崎日航ホテルの「夜間飛行」のスイーツブッフェです。
ここは、ネット上でも評判のいいので、以前から行きたいと思っていたのだが、ようやく、予約して行ってきました。
ここのスイーツブッフェは、定期開催ではないので、事前にHP等で、開催日を確認して、予約するのがいいです。
9月、10月は「秋の収穫スイーツブッフェ」ということで、9月はさつまいも、10月はかぼちゃのスイーツを提供。
ビュッフェじゃなくて、ブッフェなんですなあ。。
時間は12:00~14:00と14:30~16:30の2時間の二部制になっております。
値段は3,000円(税込)ですが、無料のホテル会員になると10%引きになり、2,700円で利用出来ます。
みんな会員になっている感じでしたし、当日に、会員登録している人も見かけました。

ここまで、ここを利用しなかった理由の1つに、駐車場の料金がありましてね。
ホテルですので、当然駐車場があるのだが、JR川崎駅ほぼ直結の立地条件なので、ホテル自体に駐車場がないのだ。
提携駐車場はあるのだが、3,000円利用で1時間無料、6,000円利用で2時間無料の料金設定。
今回、2人で行ったのだが、ホテル会員だと2人で5,400円になるので、1時間しか駐車場は無料にならない。
なので、今回は、すぐ近くの「タイムズ川崎駅東口」を利用。
ここは、いつでも、6時間までなら1,000円という最大料金の設定があるのだ。
よって、6時間を有効活用するために、ビュッフェの予約は14:30でしたが、12時には川崎に着いて、ぶらぶら。
「夜間飛行」(ホテル10階)には、14:15に到着。
しかし、既に店前には、10人以上の人が待っておりました。みんな予約者のようでした。
10分前には、席に案内されましたが、ビュッフェ開始は、14:30からで、それまでは飲み物を飲んで待って下さいと。
そして、時間になり、いざケーキを取りに行こうとするも、既に、ケーキ前には大行列が・・・
でも、私は、最初は、軽食から食べようと思っていたので、行列の出来ていない軽食コーナーの方へ。
そんなに慌てなくても、無くななったケーキは補充されるので、最初は並ばなくていい軽食から行った方が絶対いいぞ。

そんなこんなで、2時間みっちり店内にいまして、スイーツブッフェを堪能しましたが・・・
まあ、いつものことですが、やっぱり、甘い物は、そんなに食べられないわ・・・
一応、ほぼ一通りのスイーツは食べましたが、美味しかったものをお代わりする余裕(時間じゃなくて、腹具合)はなし・・
一緒に行った嫁は、そもそも、それほど甘い物が好きというわけではないので、今回は、あまりお気に召さなかったよう・・
スイーツの種類は、それほど多いわけでないが、私個人は、どれも美味しく頂けたので、またリピしたいと思ったが。
嫁は、もう、ホテルのスイーツブッフェはいいと、次回はないと拒否・・ウェスティンの「ザ・テラス」もそうでした。。

残念だったのは、私はスイーツの中でも「スイートポテト」が上位に入る好きなものなのだが、今回出されたものは・・
ちょっと、思っていたものと違った・・・
よくあるスイートポテトの形状ではなく、見た目も味も、カップケーキみたいなもので、これは、ちょっと残念でした。

次回11月は、チョコレートスイーツブッフェで、値段も1,000円アップの4,000円とグレード上がるようです。
チョコレート大好きな私としては、是非、行きたいのだが、嫁からは、絶対に拒否されそうだ・・
一応、予約を入れたので、嫁に拒否されたら、1人で行ってこようかな。。






























まず最初に軽食ということで、サラダ、からあげ、ポテト、パスタ、サンドイッチ
そして、スープは「ビーフと大麦、ライスヌードル入りスープ」だそうな。
からあげは、評判通り美味しかったが、今回はスパイシーということで、味付けが、ちょい濃いめ。
一番美味しかったのは、実はドレッシングで、「すりおろし野菜ドレッシング」がとても美味かったです。


次にようやく主役のスイーツということで、とりあえず、皿に乗るだけ持ってきました。
さすが、ホテルのケーキということで、どれも、とても美味しかったです。
全ての種類を食べられるようにと、どれも、小さくカットされているは、嬉しい心遣いね。


好きなサイズに切ってくれるカッティンサービスの「さつま芋のロールケーキ」
これは、嫁が切ってもらったやつですが、一口食べて、生地が固めなのが、気に入らなく、私にパス。。。
私は、美味しく頂きましたよ。お代わりしたかったが、お腹一杯で断念・・・・


一回目にのりきれなかったスイーツを取ってきました。
スイーツで唯一お代わりしたのが、この小さい「スイートポテト」
スイートポテト好きなので、お代わりはしたが、私が求めていたスイートポテトではなかった・・・
食べたスイーツの中で一番美味しかったのは「秋のパフェ」
上にさつまいもチップスがのり、中はチョコ、ナッツ、クリームと、これは美味しかったです。
しかし、甘い物はすぐに受け付けなくなり、お代わりは出来ませんでしたが・・・


もうケーキはお腹一杯ということで、お次がフルーツ。
スイカ、オレンジ、ぶどう、パイナップル、グレープフルーツ、キュウイ
そして、いつの間にか届いていたテーブルサービスのアイス。(右上のやつね)
上はメレンゲを焦がした感じで、その下にアイスがあるのだが、カチンコチンでしたよ・・・
嫁はいらないと言ったので、私が2つ食べました。美味しかったです。


もう甘い物は、受け付けなかったので、サラダをお代わり。
ドレッシングは「オニオンドレッシング」に変えてみました。これも美味かった。


そして、最後のお代わりは、やはり、甘い物は、ノーサンキューということで、サラダとからあげ、ポテトで。
どうも、ご馳走様でした。
コメント

【POG】ポルトラーノがデビューですが・・

2018-09-22 00:04:48 | POGその他
日曜の中山でポルトラーノ(父オルフェーヴル)がデビューです。
エアグルーヴ、ポルトフィーノとPOG指名したきた身としては、その仔たちも当然指名なわけだが・・
ポルトフィーノがそうだったように、その仔ポルトフォイユ、ポルトドートウィユ共々、体質が弱い。。
それでも、栗東に入ってくれたら、ポルトラーノも指名するつもりだったが、今回は、美浦。
あと指名枠3頭しかないなかで、予定では、ディープ産駒の牝馬2頭と、ブエナビスタの仔を指名予定。
ということで、今回は、泣く泣く、ポルトラーノの指名は見送ることに。
これが、どういう結果になるでしょうかねえ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑オールカマー、神戸新聞杯の情報は、こちらから探してみよう。

先週は、3頭の出走がありましたが、その中でもフランクリンには大いに期待したのに・・・・

○キョウエイビーコン 未勝利 11着(1.3秒差)16着
(牡 父トーセンジョーダン 母キョウエイダルク 美・武藤) シェアポイント4頭目 指名人数17人
 前走が6.9秒差のドンジリ負けですから、今回の1.3秒差負けなら、この馬にしては、大健闘か。
 5着馬とは、0.5秒差だったし、今後もダートなら、相手次第では、掲示板ぐらいは、狙えそうかな。 
 
○イマジンラヴ    未勝利  4着(2.4秒差)8着
(牡 父シンボリクリスエス 母マッキーロイヤル 栗・梅田) シェアポイント6頭目 指名人数19人
 デビュー戦が2.9秒差負けで、今回も似たような着差ですが、なんとか掲示板は確保してくれました。
 1、2着馬が強くて、そこから10馬身も離されて3着馬が入り、更に2馬身半遅れての4着でした。
 それでも5着馬には、5馬身差をつけてますので、今後もギリギリ掲示板には顔を出してくれたらいいけどね。

◆フランクリン     新馬戦  4着(0.8秒差)
(牡 父ディープインパクト 母ロベルタ 栗・音無) netkeiba7頭目
 追い切りの動きが悪いとの情報があったので、ちょっと心配していたのだが、心配した通りの結果に・・・
 レースは勝ち馬のすぐ後ろを追走する、極めて理想的な位置取りだったと思ったのだが。
 いざ、直線を向いて、追い出されると、思ったほどというか、ちっとも伸びずの完敗の結果。
 良血馬ですから、一度叩かれての変わり身に期待しましょう。

さて、今週は、3頭が出走します。
3頭の中では、休み明けになりますが、ホウオウライジンに期待するしかあるまい。

○タイセイスキャット 7着
(牡 父ヨハネスブルグ 母マルカジュリエット 栗・高橋) シェアポイント7頭目 指名人数19人

土曜の阪神1レース未勝利戦(ダート1800m 13頭立て)に鞍上が鮫島で出走。
デビュー戦が、芝1200で、そこで結果出ずで、今回が、がらっと条件変更のダート1800。
とはいえ、前走は1.3秒差の負けですから、もう少し、芝で頑張ってほしい気もするが。。。

○ウインプリンツ
(牡 父アドマイヤマックス 母プリンプルレディ 栗・奥村) シェアポイント8頭目 指名人数12人

土曜の阪神5レース新馬戦(芝1600m 12頭立て)に鞍上が菱田でデビュー。
母父アグネスデジタルで、近親にテイエムオーロラ、テンザンセイザがいる血統。
木曜の段階では、指名人数が10名を切っており、尚且つ、近親に重賞勝ち馬がいたので指名。
アドマイヤマックス産駒なので、マイルを選んだでしょうが、日曜の2000m戦は5頭立てだから、あっちの方がチャンスあったぞ。

◆ホウオウライジン 4着
(牡 父キングカメハメハ 母ガールオンファイア 栗・矢作)netkeiba2頭目

日曜の阪神2レース未勝利戦(芝1800m 8頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
デビュー戦4着から、3カ月ぶりの出走となります。
デビュー戦4着とはいえ、1.4秒差も離される完敗だっただけに、間隔を空けて、馬が変わっているかどうか。
でも、そのデビュー戦の2着馬と5着馬は、次走でしっかり勝ち上がっているので、レベルの高い1戦だったはず。
ならば、こちらも、ここは頭数も少ないですし、しっかり勝ち上がってほしいところね。
コメント

ローズS18((結果))

2018-09-19 22:36:28 | ローズS
やっぱり、重賞でルメールを無視したら、あかんって・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2018年9月16日(日) / 阪神 1800m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[7] 13  カンタービレ    牝3 54 ルメー 1:45.7 5
2[3] 5 △サラキア      牝3 54 池 添 1.1/4 2
3[3] 4 ▲ラテュロス     牝3 54 秋 山 1/2 13
4[7] 12  ゴージャスランチ  牝3 54 横山典 クビ 8
5[8] 14 ○ウラヌスチャーム  牝3 54 藤岡佑 クビ 6
6[5] 8 △サトノワルキューレ 牝3 54 デムー 3/4 1
7[4] 7 △センテリュオ    牝3 54 北村友 1.1/4 4
8[1] 1  レッドランディーニ 牝3 54 松 山 3/4 11
9[4] 6  オールフォーラヴ  牝3 54 川 田 2.1/2 3
10[5] 9 ◎アンコールプリュ  牝3 54 藤岡康 1.1/4 14
11[2] 2  ウスベニノキミ   牝3 54 和 田 クビ 10
12[6] 10  フィニフティ    牝3 54 福 永 クビ 9
13[2] 3  スカーレットカラー 牝3 54 太 宰 アタマ 12
14[8] 15  レオコックブルー  牝3 54 浜 中 クビ 15
15[6] 11  トーセンブレス   牝3 54 柴田善 2 7

払戻金 単勝 13 930円
複勝 13 310円 / 5 190円 / 4 1530円
枠連 3-7 1400円
馬連 5-13 2530円 / 馬単 13-5 5630円
3連複 4-5-13 50880円 / 3連単 13-5-4 222880円
ワイド 5-13 940円 / 4-13 8250円 / 4-5 5020円

この秋、最初の予想(馬券)は、本命馬が大敗、勝ち馬無印の大ハズレでスタート・・・・
勝ったカンタービレは、本番では乗れないルメールをわざわざ配するあたりに、勝負気配プンプンだったわけだが・・
しかも、オークスの敗因は距離で、今回、2戦2勝の1800mに距離短縮となれば、普通に「買い」の1頭なのだが・・

このレース、前走、二桁着順の大敗から巻き返した馬は、この10年で2頭のみ。
それなのに、本命にしたのが、元POG指名馬のよしみから、前走、NHKマイル16着大敗のアンコールプリュ。
なので、アンコールプリュを本命にした以上、相手に、前走大敗馬は買えない構図となり、仕方なくカンタを消す。
しかし、過去の二桁着順大敗から巻き返した2頭の2走前は、さすがに大敗は、していないわけで。
2走続けて二桁着順大敗のアンコールプリュが、ここで復活する確率は、極めて低かったわけでして・・
その点、カンタービレの2走前は、今回と同じ距離のフラワーCを勝っており、買うなら断然こっちなわけで・・

で、そのアンコールプリュですが、今回は、前走みたいに前半折り合いを欠いた感じはなかったのだが・・
それでいて、直線、全く伸びなかったのは、やはり距離が長かったのか・・・それとも単に能力が足りなかったか・・
2番手追走のカンタービレが上がり33.6で、こちらが、後方からで、上り34.4では、勝負になりません・・

2着サラキアは、懸念されたスタートが今回も悪かったが、リカバリーがうまくいき、最後はよく追い込んだ。
カンタービレより、こちらの方が、距離伸びていいタイプなのだが、秋華賞は、内回りコース・・・
となると、前で競馬が出来るカンタービレの方がレースはしやすく、今回の差を逆転するのは難しそうだな。。

13番人気のラテュロスが、3着で穴をあけました。
我が予想も、この馬の逃げ粘りを期待しての穴指名だったが、なんと逃げずに好走。
鞍上の秋山の好判断だったが、やはり、前目で競馬が出来たのが、好走の要因であり、この機動力は秋華賞でも。
恐らく、秋華賞も人気は上がらないはずであり、穴で面白い1頭だと思うが、そもそも穴馬の出番があるか?

ということで、終わってみれば、春の実績馬が上位独占して、夏の上り馬の出番なし・・・
この結果から、秋華賞も、春の実績馬で決まりそうで、アーモンドアイVSラッキーライラックの一騎打ちなのね。
コメント

ローズS18(予想)

2018-09-16 01:25:59 | ローズS
日曜の阪神メイン、ローズSの予想
芝 1800M G2 馬齢 15頭立て
基本、馬券(予想)はG1のみと昨年から競馬への関わりを少し薄くしたが、POG元指名馬が出走となれば、話しは別。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎アンコールプリュ

桜花賞、NHKマイルの結果を見ると、G1では足りない感じだが、手薄な前哨戦のここなら。
新馬戦、そして休み明けのフィリーズレビューで好走しているように、使い込むより、使い始めの方がいいタイプだ。
よって、4か月半ぶりの出走となるが、狙うなら、当然、休み明けのここなのだ。
阪神コースは既に勝っているし、懸念される距離についても、血統的には、全く問題ないはず。
姉シェルズレイがこのレース2着しており、ほとんどの兄弟が、中距離で活躍して、距離伸びてむしろいいタイプ。

しかし、前走二桁大敗から巻き返した馬は、ここ10年では、わずか2頭しかいません。
今年はオークス上位馬が不在で、多少手薄なメンバー構成とはいえ、この臨戦過程では、本命には、本来しずらい。
そこで、持ち出すのは、「血統」だ!
ディープ産駒が、このレースに強いわけだが、なにせ、今年は9頭も出走しており、あまり強調材料にはならんか。
それよりも注目すべきは、過去10年を見て、穴をあけている血があること・・「トニービン」だ。
ここ3年は、穴馬券になっていませんが、ならば、逆に今年あたり、再びトニービンが穴をあける。
過去10年のトニービンの穴実績(6番人気以下)は、ご覧の通り

2014年 タガノエトワール 15番人気 2着
2013年 シャトーブランシュ 9番人気 2着
2011年 マイネイサベル  10番人気 2着
    キョウワジャンヌ  7番人気 3着
2009年 クーデグレイス  10番人気 3着 

友道-金子コンビといえば、来週のワグネリアンが注目でしょうが、その前に人気薄での一発にも期待しましょう。


○ウラヌスチャーム

相手筆頭にも、「トニービン」持ちの1頭を。
前走、三面川特別2着は、昨年2着のカワキタエンカと同じ。
その前走は、直線でなかなか前が開かず、追い出し遅れて、脚を余してのハナ差2着は勝ちに等しい。
上りはメンバー最速の33.2を記録し、末脚勝負の展開になれば、当然出番あり。
 

▲ラテュロス

脚質からの穴は、「逃げ馬」だ。
今回のメンバーなら、楽にハナを切れそうで、単騎の楽逃げからの粘り込みに期待だ。
2歳時には、ラッキーライラックと0.3秒差の競馬をしているし、阪神コースも勝っている強みで一発!


△センテリュオ

前走500万勝ちの馬が穴をあけるのが、このレースなのだが・・
それをみんな知ってか、かなり人気しちゃってますね。
血統的にも全兄トーセンスターダムが、同じ舞台のチャレンジCを勝っており、この馬自身も阪神コース勝ってます。
まだ、連を外していない堅実さも魅力で、格下でも有力な1頭。


△サラキア

こちらも前走500万勝ちの1頭。
こちらは、その前走が、3馬身半差の圧勝という強い勝ち方。
春も、チューリップ賞では、致命的な出遅れで4着、フローラSは、サトノワルキューレに0.2秒差と力は見せていた。
前走でも出遅れたように、とにかく、スタートがまともに切れるかが、ポイントになりそうね。


△サトノワルキューレ

オークス上位5頭が不在となれば、自動的に6着馬のこの馬が最上位の存在に。
実績、能力的には、この馬が一番であるのは間違いないが、既に賞金は足りており、目標は次だし、なにより、この距離。
早い段階から2400mを使われ、オークス仕様の馬だけに、今回の距離短縮に対応出来るかが、ポイントか。
それでも、鞍上はミルコだし、消すことは無謀かと、押さえで。

馬券はアンコールプリュを軸に3連複と馬連で勝負!
コメント