susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

有馬記念15((結果))

2015-12-28 21:44:19 | 有馬記念
今年もやっぱりハズレたかあ・・・
上位5頭中、4頭無印とは、相変わらずのトホホすぎる予想結果だな・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年12月27日(日) / 中山 2500m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[4] 7  ゴールドアクター  牡4 57 吉田隼 2:33.0 8
2[5] 9 △サウンズオブアース 牡4 57 Mデム クビ 5
3[6] 11  キタサンブラック  牡3 55 横山典 3/4 4
4[8] 16  マリアライト    牝4 55 蛯 名 アタマ 12
5[2] 4  ラブリーデイ    牡5 57 川 田 1/2 2
6[5] 10 ◎トーセンレーヴ   牡7 57 ボウマ クビ 14
7[3] 5 ○アドマイヤデウス  牡4 57 岩 田 ハナ 11
8[8] 15 △ゴールドシップ   牡6 57 内 田 クビ 1
9[4] 8  ワンアンドオンリー 牡4 57 浜 中 1 10
10[7] 13  ルージュバック   牝3 53 戸 崎 クビ 6
11[3] 6 ▲アルバート     牡4 57 アッゼ クビ 7
12[2] 3  ラストインパクト  牡5 57 菱 田 クビ 9
13[1] 2  ヒットザターゲット 牡7 57 小 牧 1/2 13
14[7] 14  ダービーフィズ   牡5 57 大 野 1.1/4 16
15[1] 1  オーシャンブルー  牡7 57 石 川 9 15
16[6] 12 △リアファル     牡3 55 ルメー クビ 3

払戻金 単勝 7 1700円
    複勝 7 410円 / 9 290円 / 11 340円
    枠連 4-5 5010円
    馬連 7-9 6840円 / 馬単 7-9 13780円
    3連複 7-9-11 20360円 / 3連単 7-9-11 125870円
    ワイド 7-9 1760円 / 7-11 2300円 / 9-11 1720円

我が馬券は、スタートで終わってしまった・・
まさか、ボウマン、トーセンレーヴ出遅れとは・・・暮れの中山で後方2番手からの競馬では辛い・・
しかも、レースは、前半1000mが62秒台の超スローとなり、完全な前残りの競馬・・
しかも、最後の直線では、前が狭くなる不利もあり、なんとも、もったいないレースとなった。
上がりはメンバー最速の34.4の末脚を披露し、7歳、連闘策というマイナス要素を跳ね飛ばす激走でした。
まともに競馬をしていたら、間違いなく勝ち負けに加われていただけに、軸にしたことは間違いなかったぞ。
来年は8歳になるが、まだまだやれそうであり、G1なら、宝塚記念でチャンスありではないのかな。

しかし、なんで、勝ち馬ゴールドアクターを買ってないのだ・・
仮に、トーセンレーヴが3着に突っ込んでいたら、3連複は21万馬券。
私は、トーセンレーヴを軸にしながら、この21万馬券を取り逃す、大失態をやらかすことになっていたわけだ。
そう考えたら、トーセンレーヴは、善戦の6着に終わって、よかったのかもしれない・・・
いや、自分の予想を反省しろ。。。
今回の予想、馬の実績、格よりも、勢い重視で、2連勝中のトーセンレーヴと4連勝中アルバートを買ったわけで。
なのに、なんで、3連勝中だったゴールドアクターを買ってないのだ・・・
買わなかった理由は、まず、前走のアルゼンチン共和国杯の勝ち方が、あまり強さを感じなかったこと。
菊花賞3着のG1実績も、離された3着だったので、サウンズオブアースとの比較から、アクターの方が下と判断。
そして、中山で勝ってはいるが、中山でのオープン実績はなかったことで、最終的に消しとしてしまった・・
もう、完全に馬を見る目がないですなあ・・・
脚質を考えたら、中山は合うとみるのが正解だったなあ。
しかも、モーリスの活躍で、今年一番勢いのあるスクリーンヒーロー産駒であることも考慮すべきだった。

内枠が有利と言われる有馬記念で、今年、内枠に入った先行馬は、ゴールドアクターとラブリーデイの2頭。
ラブリーデイは、使いすぎに加えて距離不安もある中での2番人気ですから、馬券的には嫌って妙。
そうなれば、一桁枠からすっと前に取り付けるゴールドアクターは、絶好の狙い目かあ・・終わってみれば・・
実際、抜群のスタートから、すんなり距離ロスないラチ沿い3番手の絶好位置につけれたのが、最大の勝因。
レースを引っ張ると思われたリアファルが、レース中に左肩ハ行となり、流れがスローになったのも助かったね。
ということで、展開の助けはあったとはいえ、4連勝でG1制覇ですから、来年の春天では、主役の1頭ですね。

2着サウンズオブアースは、スローに泣いて、前半、折り合いを欠いたのが、最後の伸びに影響したか。
着差がクビ差だけに、4コーナーでごちゃついたロスも痛かったし、勝てたレースだけに、惜しかったねえ。
それでも、さすがミルコ、中山で勝つ方法が分かっているというか、スローを察知してか、さすがの位置取り。
この馬、てっきり、後方待機策かと思ったら、しっかり3番手の好位に取り付く、ナイスな位置取りでした。
ボウマンにも、3番手とはいわなくても、せめて、アドマイヤデウスの位置取りで競馬をしてほしかったよ・・
やはりG1で頼りになるのは、ミルコ・・今回の軸は、サウンズオブアースが、正解でしたなあ・・

3着キタサンブラックは、リアファルとの力関係から、今回は着順が逆転するとみて、消したのだが・・
中山実績ある馬だし、3歳菊花賞馬と有馬との相性を考慮すれば、簡単に消しにしたのは、失敗だったな。
どうも、私の悪いクセで、有名人が馬主の馬をいつも過少評価するというか、軽視してしまいまして・・
佐々木さんの馬とか、コパノの馬とか・・・
キタサンブラックについては、3冠レースでも無印にしたし、ほんと、評価してこなかった馬で、ほんまスマン。

結局、前に行った4頭での決着で、完全に、最初の位置取りで勝敗が決まってしまった今年の有馬でした。
ハ行さえなければ、リアファルが突き抜けていたんじゃないかと思うが、展開も変わっていたかな。。

この流れであれば、ラブリーデイが勝ってもおかしくなかったのだが、やはり連戦の疲れが、ここで出たな。
川田は距離を敗因に求めているが、JC3着した馬なら、中山2500は問題なかったはず。
ちょっと、川田は、距離を気にしすぎて、積極的な競馬が出来なかったなあ。
本来であれば、この馬が、3番手ぐらいに位置取って、早めの競馬で、先行勢を完封出来たはずだったが。
それが出来なかったのは、状態面が万全ではなかったんでしょうね。

引退レースとなったゴールドシップも、得意の2段階スパートの、2発目が不発となり、見せ場までとなりました。
6歳という年齢を考えたら、まあ仕方ないところであり、無事で走り終えて、お疲れ様でした。

ということで、今年もやっぱり、ハズレで終わった1年でした。
もう毎年のことになってしまったが、今年も酷い予想結果でした。
今年のこの酷い結果を踏まえて、来年は、基本、G1だけ予想して、馬券を買おうと思ってます。
もう、あまりに当たらないので、沢山、手を出しても、マイナスを増やすだけですので。
あとは、PO馬が出走する重賞は、応援の意味で、馬券は買いたいと思います。

今年も1年、ハズレ続きの酷い予想で、誠に申し訳ございませんでした。
まあ、ブログタイトルが「ほんまに当たらん」と銘打っているので、嘘はついてないわけだが・・・
しかし、これだけ当たらないと、ほんまにブログに予想を公開するのが、虚しくなってきますね。
来年こそは、勝率3割、回収率は、当然100%越えを目指して、なんとか、頑張りたいです。
来年、今年のような酷い結果に終わるようであれば、ほんとにブログ終了というか、競馬引退を考えます。
引退をかけた戦いを来年は、挑みます!
どうも、今年1年、ありがとうございました。
コメント

ホープフルS15((結果))☆

2015-12-28 21:42:51 | ホープフルS
期待のPO馬、バティスティーニは完敗・・・馬券もトリガミ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年12月27日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[5] 6 △ハートレー     牡2 55 ボウマ 2:01.8 3
2[6] 9 △ロードクエスト   牡2 55 Mデム 1.1/4 1
3[6] 8 ◎バティスティーニ  牡2 55 ルメー 1.3/4 2
4[8] 13 ○ブラックスピネル  牡2 55 松 若 1/2 6
5[1] 1  アドマイヤエイカン 牡2 55 岩 田 1/2 4
6[2] 2 △プランスシャルマン 牡2 55 戸 崎 1 5
7[7] 11  ブレイブスマッシュ 牡2 55 横山典 クビ 7
8[7] 10  プレイヤーサムソン 牡2 55 アッゼ クビ 8
9[4] 4  オンザロックス   牡2 55 川 田 3.1/2 11
10[8] 12  クラウンスカイ   牡2 55 吉田隼 3.1/2 12
11[4] 5  ラブレオ      牡2 55 三 浦 1.1/4 9
12[3] 3  ネコダンサー    牡2 55 石 橋 5 10
-[5] 7 ▲ディーマジェスティ 牡2 55 蛯 名 取消

払戻金 単勝 6 740円
    複勝 6 180円 / 9 110円 / 8 120円
    枠連 5-6 630円
    馬連 6-9 1220円 / 馬単 6-9 2850円
    3連複 6-8-9 840円 / 3連単 6-9-8 7790円
    ワイド 6-9 400円 / 6-8 450円 / 8-9 170円

スタートさえ決めてくれたら勝てると信じていたのだが、現状、力不足でしたか・・
ルメールは馬の力を信じて、追い出しを有力馬2頭が動いたのを確認してから、満を持して追い出すも・・
いざ、追い出してみたら、ちっとも伸びず・・・完全に切れ負けの完敗の結果になってしまった・・
前走の捲りの競馬は例外的な戦法と思ったが、現状は、早めに動く競馬が、この馬には合っていたということね。
ルメールは、バティスティーニに切れる脚があると思って、追い出しを遅らせたが、そういうタイプではなかった。
この結果で、ルメールは、間違いなくクラシックのお手馬をサトノダイヤモンドにしたでしょうね。
となると、来年は、新しい乗り役探しからとなりそうだが、是非、この馬の特性を捕えた乗り方をお願いしたいね。
クラシックへ向けては、ここで賞金を加算出来なかったのは痛いが、しっかりトライアルで結果を出してほしい。

勝ったハートレーは、キャリア1戦での重賞制覇ということで、さすが、ディープ産駒ですな。
結局、クラシックには、サトノダイヤモンドもそうですが、ディープ産駒が主役として出てくるんだよなあ。
バティスティーニの敵は、同じサンデーレーシングの馬と思っていましたので、この結果は、やっぱりという感じ。
鞍上のボウマンは、ここでJRA重賞初制覇となりました。
土曜に騎乗停止になったので、しっかり、ここで賞金稼ぎましたね。

2着ロードクエストは、初の2000mで、休み明けでもあり、人気で飛んでくれることを期待したが・・
最後方からの競馬も、中山コースを意識してミルコも、早く動き出し、なんとか2着は死守。
上がりはメンバー最速を記録し、新潟2歳勝ち馬の力は見せた1戦となりました。
距離も問題ないようで、来年のクラシックへ向けては、視界良好か。

朝日杯のリオンディーズに続いての、PO馬の連続重賞制覇を期待したのだが、そうはうまくいかないね。
馬券もトリガミで、ほぼハズレと同じ状態だし、非常にガッカリした中で、有馬に挑むこととなったが。
コメント

有馬記念15(予想)

2015-12-26 20:25:16 | 有馬記念
さて、渾身の有馬記念の予想です。
嫁からは、そんなことより、早く、年賀状書けと怒鳴られていますが・・・
いや、そんなことより、今は有馬記念だ。
今年も酷い予想結果が続いたが、終り良ければ総て良しですので、有馬は当てたいよ。

日曜の中山メイン、有馬記念の予想
芝 2500M G1 馬齢 16頭立て

本命馬は、二転三転、迷いましたが、最後は、馬、厩舎、騎手の総合評価で、本命馬を選出しました。
けして、無理筋な穴狙いではありませんよ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎トーセンレーヴ

性懲りもなく、元PO馬というだけで、本命指名・・大丈夫か。。
異例の連闘策となるが、池江調教師が、連闘してでも有馬で勝負になると判断してのことですから、勝算はある。
実際、この馬、3歳時ですが、青葉賞3着→プリンシパルS1着と、見事、連闘で結果を出している。
今回は、中山への連続輸送と厳しいローテも、前回も、東京への連続輸送で、結果を出しており、タフな馬です。
中間の馬体重が、492キロでプラス14キロと馬体減りどころか、飼い葉の食いもよく、状態に問題はない。
今は既に7歳ですが、キャリアはまだ24戦で、ラブリーデイやゴールドシップよりも走ってなく、まだ馬は若い。

有馬記念は、馬の鮮度が重要であり、ここが秋3戦目のこの馬には、ここで激走する資格は十分あり。
現在、池江厩舎が4年連続馬券になり、外国人騎手が5年連続馬券になっている。
この2つを同時に満たすのが、今回、この馬ということで、穴馬として激走する下地は揃った。
池江厩舎の有馬多頭出しは、2010年から続いているが、9番人気で2度、そして10番人気で穴馬券になっている。
直近の昨年、そして3年前は、共に外国人騎手により穴演出であり、今年、その再現は十分に期待できる。

鞍上のボウマンは、この馬で、JRA初騎乗初勝利を上げて、2戦2勝と、相性抜群のコンビなのだ。
まだ、大舞台となるG1で、その存在感を出していないが、中山芝は3戦2勝と結果を既に出している。
日曜も外国人騎手で唯一、有馬と同舞台のグッドラックハンデに騎乗して、予行演習出来るのがいい。
そんなボウマンが、土曜に騎乗停止処分を受け、年明け騎乗出来ないとなれば、有馬で奮起するのは必然。

馬自身は、古馬になってマイル路線を歩み、勝ちきれないレースが続いたが、この秋、2000mを使って変わった。
オープン特別での連勝とはいえ、前走は59キロ背負っての強い勝ち方であり、中山で勝ったことも大きい。
2500mは未知の距離とはいえ、距離延長で馬が変わった事実から、更なる距離延長で、更に馬が覚醒する可能性も。
血統的にも上に、このレース2着ブエナビスタ、菊花賞2着アドマイヤジャパンがおり、距離延長は問題なし。
中山コースもコース改修をしてから、時計が出るようになり、ディープ産駒が来るコースに変わった。

有馬記念は、1年の世相を反映するというサイン馬券が炸裂したりするのだが、今年はパリ同時多発テロ。
そこから、フランス絡みで、馬を見れば、「レーヴ」とは、フランス語で「夢」という意味。
有馬記念は、みんなの夢、今年は、フランス語で言ってみましょうよ。


○アドマイヤデウス

外枠に泣いた、ここ3戦から、待望の内枠をゲットして、ついに本領発揮だ。
この舞台は、今年、日経賞を勝っていることからも、絶好の条件であり、ここで走らなくて、いつ走るの?
この秋、精細を欠いている岩田も、最後の最後で、らしい所を見せてくれるはずだし、当然、一発目論んでるはず。
有馬記念は、鮮度が大事と、さっきも言ったが、この馬も、ここが秋3戦目で、まだ鮮度あり。
しかも、秋初戦の秋天は、ほとんどレースに参加していない消耗度の低い1戦。
続く、JCは、思い切った積極策でレースには参加するも、この馬の力は出していない。
秋天で、貯めて使える末脚、JCで機動力を確認出来て、そして、得意舞台で、能力全開となるわけだ。
年明けに重賞連勝も、秋天、JC凡走で人気急落は、アドマイヤモナーク、トゥザグローリーと同じ穴パターン。
この秋の凡走は、有馬での激走の為としか言いようがないシチュエーションで、この分かりやすい穴馬は当然買い。


▲アルバート

アドマイヤデウスが来るなら、一緒に同じドン産駒がやってくる。
勢いだけなら、現在、4連勝中のこの馬が一番であり、実績のなさは、勢いでカバーだ。
前走のステイヤーズSは、相手が弱かったとはいえ、5馬身差の圧勝劇は、強いの一言。
4人の騎手、4つの競馬場という、全て違う条件で、4連勝を上げており、一気の相手強化も対応出来そう。
今年、リーディングトップの堀厩舎が、あえて送り込むわけだから、勝算は十分ありとみているのだろう。
ここまで、全く、その存在感を示せていないアッゼニが、最後の最後で、一発やってくれるか、注目しましょう。


△サウンズオブアース

有馬は外国人騎手を買っておけなら、当然、ミルコも。
この秋、秋天をパスして、ここが3戦目という、鮮度ありなのもいい。
重賞未勝利、中山実績がないというのが、気になる材料も、日経賞では上り最速で0.3秒差なら悪くない。
ネオユニ産駒は中山得意だし、むしろ、この舞台は、この馬は合いそうで、ここもミルコが持っていくのか。


△リアファル

有馬は外国人騎手を買っておけなら、当然、ルメールも。
菊花賞は逃げ馬が入れ替わる激しい流れの中を前で崩れることなく、3着に粘ったのは負けて強しの1戦。
中山芝は初めてになるが、スタミナが問われる流れになれば、この舞台は、間違いなく合いそう。
逃げ馬不在の今年のメンバー相手なら、単騎逃げからの逃げ切りは、十分ありそうだぞ。


△ゴールドシップ

ピークはさすがに過ぎていそうだが、それでも来るのが有馬記念。
JCを叩き台に、ここを勝って引退のシナオリ通りとなるかどうか?
シナリオ通りの走りをしないのが、ゴールドシップだけに、ここは、半信半疑だが、有馬ですから買います。

馬券はトーセンレーヴを軸に3連複と馬連で勝負!!
どうしても当てたいので、アドマイヤデウス、アルバートからも3連複は押さえておこうかな。
コメント   トラックバック (3)

ホープフルS15(予想)

2015-12-26 16:44:42 | ホープフルS
年賀状をまだ書いてないのだが、大丈夫か・・・
有馬が終わるまで、手を付ける気がおきないなあ。。

日曜の中山9レース、ホープフルSの予想
芝 2000M G2 馬齢 13頭立て

この秋G1以外は馬券買ってなかったのだが、PO馬の出走となれば、そりゃあ、応援の意味も込めて買います。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎バティスティーニ

我がPO馬、リオンンディーズに続いて、この馬もクラシックの主役へ!
ルメールは、クラシックへはサトノダイヤモンドを選びそうな感じも、この馬も手放したくない走りを見せろ。
現在、2戦2勝も、課題は、スタート。
デビュー戦は、出遅れるも超スローの流れで、途中からハナに立つ展開。
ゴール前で追い込み馬が猛追すると、さっと、もうひと伸びして、危なげない勝ち方。
前走も出遅れて、後方2番手からの競馬になるも、4コーナー手前から捲って、直線早め先頭で押し切る。
前に行ける機動力があるので、初めての中山コースも問題なく対応できるはず。
とにかく、スタートさえ、無事に決めてくれたら、無傷の3連勝は見えてくる。


○ブラックスピネル

サンデーレーシング2頭目。
サンデーレーシング、今年は、朝日杯には、1頭も出走させず、ここへ3頭出しで、勝ちに来ました。
よって、バティスティーニの敵は、同じサンデーレーシングの馬になるとみている。
前で競馬が出来るタイプで、中山も合いそうだし、スマートオーディンを負かした実績はここでは上位。
若手の松若が、来年のクラシックを向けて、ここは結果を残したいところだね。


▲ディーマジェスティ

昨年の勝ち馬はディープ産駒だったし、やはり怖いのはディープ産駒。
3戦目での勝ち上がりとなったが、3戦全て、上りはメンバー最速を記録しており、能力は高い。
2走前の中山での走りから、コース替わりも問題ないし、ディープ産駒で、この人気なら積極的に買いだ。


△ハートレー

2頭目のディープ産駒で、3頭目のサンデーレーシングの馬。
キャリア1戦のわりには、人気しすぎだが、それだけ評判も高い馬ということで、押さえます。


△プランスシャルマン

朝日杯の3着がジャンポケ産駒だったので、ここも同じ結果を期待。
ここまで4戦、連を外さない堅実な走りを見せ、中山2000は芙蓉Sでプロディガルサンの2着がある。
昨年、9番人気馬を3着にもってきた戸崎が、今年も怖い。


△ロードクエスト

2戦2勝馬ですけど、2戦ともマイル戦だし、今回は休み明け。
マツリダゴッホ産駒の成長力にも疑問があるし、デムーロも重賞勝ち過ぎているので、ここは静観。
消しの1頭としたいところだが、ここは、絶対、馬券当てたいので、弱気に押さえます。

馬券はバティスティーニを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント

【POG】バティスティーニが、ホープフルSに出走!!

2015-12-24 22:14:06 | POGその他
いよいよ有馬記念ですね。
すでに買いたい馬を8頭まで絞りました。
ここから、2頭消して、あとは、軸を選ぶわけですが、今年は軸が悩む・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週末は、今年最後の2歳戦となるわけですが、我がPO馬は5頭が出走。
頭数は手頃ですけど、5頭とも勝てるチャンスありなので、今年最後に5戦5勝という奇跡の結果を待つぞ!
注目は、当然ながら、重賞ホープフルSに出走するバティスティーニ。
ここで重賞を勝ってくれれば、無傷の3連勝となり、我がPO馬としてはリオンディーズとの2枚看板が完成。
2頭の激突は、本番、皐月賞まで取っておいて、そこまで、2頭とも無敗で突き進んでほしいねえ。

◇レッドヴェルサス
(牡 父スフィフトカレント 母ディソサード 栗・須貝) 地獄モード1頭目

土曜の阪神3レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上がボウマンで出走。
ここ4戦、ずっと京都で惜敗続きだったが、今回、デビュー戦以来の阪神に替わって、馬も変わるか。
フルゲートですけど、ここは、なんとかして、勝ち上がってもらいたいわ。

◆ギモーヴ
(牝 父ハービンジャー 母ヒカルアマランス 栗・池添)netkeiba9頭目 競馬ラボ9頭目

土曜の阪神4レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上がルメールで出走。
中2週で出てきてくれましたので、ここは、しっかりと年内勝ち上がりを決めてもらいましょう。

◇グローリーミスト◎
(牡 父ワークフォース 母ミスティフォレスト 栗・中竹) 地獄モード4頭目

土曜の阪神7レース500万(芝2000m 15頭立て)に鞍上が小牧に乗り替わりで出走。
前走、ダートを使って、5.5秒差という、とんでもない酷い負け方をしたので、再び芝に戻りましたね。
このレース、平場なんですけど、ルメールが惚れ込み大物と噂されるサトノダイヤモンドも出走してます。
あと、京都2歳Sは8着に終わるも、デビュー戦で我がPO馬ギモーヴを負かしたキャノンストームも出走。
ということで、ここは、結構、相手が強そうなので、なんとか、掲示板を目指して頑張ってもらいましょう。

◆リボンフラワー◎
(牝 父ディープインパクト 母バディーラ 栗・池江)netkeiba8頭目 競馬ラボ8頭目

日曜の阪神9レース千両賞(芝1600m 10頭立て)に鞍上が松田で出走。
前走から、距離短縮し、デビュー戦で結果が出なかったマイル戦になるが、血統的には、なんら問題ないはず。
頭数も手頃ですので、ここは、きっちり勝ってもらって、オープン入りして、桜花賞に備えたいねえ。
相手は、東スポ杯9着ながら、萩S3着の実績があるレインボーライン。
そして、前走、我がPO馬ピッツバーグを負かしたロジクライあたりが強敵になるのかどうか。

◆バティスティーニ◎◎
(牡 父キングカメハメハ 母バプティスタ 栗・松田国) 一口馬主5頭目

日曜の中山9レースホープフルS(芝2000m 13頭立て)に鞍上がルメールで出走。
敵は、同じく2戦2勝のロードクエストということになるわけだが、距離実績を味方に、こちらが3連勝だ!!
案外敵は、同じサンデーレーシングの馬になるのかな?
終わってみれば、サンデーレーシングのワンツースリーになっている気も。
有馬記念が、当たる気がしないので、日曜は、このレースもしっかり予想して、馬券を買う予定。

さて、その有馬記念ですが、今年は元PO馬の出走はないと思っていたら、なんと連闘でトーセンレーヴが出走。
良血馬とはいえ、重賞未勝利の7歳馬ということで、格下感は否めず、ちょっと買うのはためらう。
しかし、鞍上が相性ばっちりのボウマンということで、一発あっても驚けない・・・わああ、ちょっと悩むわ。。。

元PO馬といえば、土曜の重賞阪神Cに、クラレントも出走。
馬券は買いませんが、応援馬ダイワマッジョーレとのワンツー決着を密かに期待してます。
コメント

【POG】リオンディーズがG1制覇!エスティタートも2勝目!

2015-12-22 22:39:41 | POGその他
JRAのカレンダーが当たりました。
これは、当選者数も多いので、確か数年前も当たった記憶がありますので、応募すれば、簡単に当たるやつですね。
リオンディーズの母シーザリオが、5月にいましたので、その写真を取っておきます。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。



先週は、7頭のPO馬が出走してくれましたが、見事、リオンディーズが、G1を勝ってくれました。
リオンディーズを指名したPOGは、ウマジンの一口馬主モードのみだったが残念ですが、順位は109位に。
G1馬を指名しても、まだ100位以内に入れないわけで、あと、2、3頭、G1で活躍してくれないとなあ。

◇クリスタルスカル
(牡 父ファルブラヴ 母ナスカ 美・高柳) 地獄モード8頭目

先週の土曜の中山3レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に出走し2.3秒差の8着。
芝でダメでダート替わりも、やっぱりダメでした。
まあ、ダートの走りうんぬんよりも、今回、プラス12キロの572キロという馬体重。
太りすぎだよ・・・ダイエットして、出直せ・・・

◇ボンナヴァン
(牡 父シンボリクリスエス 母シナノネージュ 栗・藤原) 地獄モード9頭目 競馬ラボ6頭目

先週の土曜の阪神4レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に出走し1.0秒差の9着。
距離延長策も効果なし・・ここ3戦は、阪神で結果が出なかったということ。
小倉のデビュー戦が0.1秒差の接戦だったので、平坦コース、小回りコースで、見直せる可能性はある。
コース替わりでの巻き返しに期待しましょう。

◇エスティタート◎◎
(牝 父ドリームジャーニー 母スキッフル 栗・松永) 地獄モード2頭目

先週の土曜のつわぶき賞(芝1400m 18頭立て)に出走し、見事勝利して、晴れてオープン入り。
2番手からの積極策で、最後、3/4馬身ふりきっての快勝!!
これで、何とか、来年の桜花賞を目指せそうで、よかったよ。
今回、428キロということで、もう少し、馬体の成長が欲しいところですね。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

先週の日曜の阪神1レース未勝利戦(ダート1200m 16頭立て)に出走し2.3秒差の13着。
408キロの馬体に連闘策がきつかったね・・
ダート1200は、2走前に大敗してましたので、今回の結果も、納得というか・・
芝でも結果が出てないとはいえ、ダートもまったく合わない・・つまり、競走馬としてダメだね・・残念

◇リップルトウショウ
(牝 父ソングオブウインド 母シリウストウショウ 栗・武井) 地獄モード6頭目

先週の日曜の中山4レース未勝利戦(芝1800m 16頭立て)に出走し1.4秒差の13着。
外枠からハナを狙うも、結局、内からハナを主張した馬に譲る形で、2番手からの競馬をするも・・・
やはり、この馬は、ハナを切ってこその馬と思うので、今回は枠順も悪かった。
なんとか、単騎逃げが叶う状況となれば、好走の余地があると思うのだが・・

◆ファンタサイズ
(牡 父ハーツクライ 母ファンジカ 栗・矢作)netkeiba7頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

先週の日曜の阪神4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に出走し0.3秒差の5着。
なんとも歯がゆい結果ですなあ・・
これで、デビューから0.3、0.3、0.2、0.2、0.3秒差という、あと一歩の結果が続いております。
現状、ワンパンチ足りないということですが、なんとか、ならんかねえ。。。
この日、矢作厩舎は、12頭の大量攻勢も、結局、1頭も勝ち上がれず、年末の追い上げは完全に不発に・・

◆リオンディーズ◎◎
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目

先週の日曜の朝日杯FS(芝1600m 16頭立て)に出走し、見事、優勝!!
上がりがメンバー唯一の33秒台という、1頭だけ次元の違う凄い脚を見せてくれました。
上がり2位のエアスピネルが34.0で、リオンディーズが33.3と、実に0.7秒差もあるという凄さ。
脚元だけが、心配でしたが、レース後の様子も、現在の所、何もないようで、ホッと一安心です。
これで、来年の主役の1頭になったのは間違いないところですが、どこから始動するのでしょうかね。
本来なら、また徐々に距離を戻す意味で、1800mの共同通信杯かきさらぎ賞がいいのだが。
おそらく、今回の激走の疲れを癒す為にも、間隔は空けてくるはずなので、そうなるとスプリングSあたりか。
まあ、どこを使うにしろ、その時の単勝は、1倍台になりそうで、今回の単勝オッズは二度と見ることはないね。

さて、今週の2歳重賞というか、今年最後の2歳重賞ホープフルSがありますが、我がPO馬の登録は。
ドレッドノータスの登録がなかったのは残念でしたが、バティスティーニが予定通り登録してますので、期待。
バティスティーニの活躍が、POGの順位に大きく影響するので、勝ってほしいね。
コメント

朝日杯FS15((結果))☆

2015-12-21 22:05:11 | 朝日杯FS
リオンディーズは強かった! そして、予想も完璧だった・・でもハズレた・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年12月20日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 15 ◎リオンディーズ   牡2 55 Mデム 1:34.4 2
2[6] 11 ▲エアスピネル    牡2 55 武 豊 3/4 1
3[7] 13  シャドウアプローチ 牡2 55 中 谷 4 11
4[3] 6  ユウチェンジ    牡2 55 川 田 クビ 10
5[6] 12  シュウジ      牡2 55 岩 田 ハナ 3
6[4] 8  ツーエムレジェンド 牡2 55 太 宰 クビ 13
7[5] 10 ○タイセイサミット  牡2 55 アッゼ ハナ 8
8[2] 3  アドマイヤモラール 牡2 55 田 辺 1/2 9
9[4] 7  イモータル     牡2 55 武 幸 クビ 5
10[2] 4  コパノディール   牝2 54 小 牧 クビ 14
11[5] 9  ボールライトニング 牡2 55 蛯 名 2 4
12[7] 14  ハレルヤボーイ   牡2 55 浜 中 1.1/4 7
13[8] 16  スリラーインマニラ 牡2 55 和 田 1.1/2 15
14[1] 2  ショウナンライズ  牡2 55 池 添 2.1/2 6
15[1] 1  サイモンゼーレ   牡2 55  幸  1.1/4 16
16[3] 5  ウインオスカー   牡2 55 松 山 1/2 12

払戻金 単勝 15 590円
    複勝 15 180円 / 11 110円 / 13 780円
    枠連 6-8 460円
    馬連 11-15 520円 / 馬単 15-11 1340円
    3連複 11-13-15 8160円 / 3連単 15-11-13 38560円
    ワイド 11-15 260円 / 13-15 5170円 / 11-13 1610円

まさにデジャヴュとはこのことか・・・
ここで、また東スポ杯の再現を見せられるとは・・・・
そう、タイセイサミットのことである。

スタートで出遅れ、勝負所の直線で、挟まれるという同じ不利をここでも受けるか・・・
まともだったら、着差が、3着馬からクビ、ハナ、クビ、ハナ差だけに、間違いなく3着はあった。
そう、予想は完璧だったのだ。
今回、3連複1点予想と当初は考えていたが、ここで一発、年間収支を逆転のプラスにするには、ちと足りない。
そこで、大勝負、リオン→スピネル→タイセイの3連単1点勝負に切り替えたのだ。
購入時は、この3連単のオッズは、ジャスト200倍。
来れば、今年のマイナス帳消しは勿論のこと、ン十万円のプラス収支になるはずだったのだが・・・

やっぱり、アッゼニだもんなあ・・乗り替わりの騎手だけが不安だったんだよなあ・・
本命、対抗の後方待機の2頭、4コーナー、ミルコは、迷わず外へ、対するアッゼニは、内へ・・・
タイセイは、前走でも直線不利を受けていたわけで、今回は、安全策の外に出すべきだろうよ・・
陣営もレース前のコメントは「今回は不利のないように走ってほしい」だったんだぞ。
前走、不利を受けながら、上がり33.5の脚を使ったタイセイの末脚を信じて、外に出してほしかったよなあ。

にしても、前走、邪魔した馬が勝ち馬で、今回、邪魔した馬も3着馬と、いずれも馬券になってるのが腹立つわ。
おい、中谷!
ルメールの騎乗停止で、降って湧いたようなG1騎乗で頑張ったのは分かるが、他馬の邪魔はせんでくれよ・・

でも、3連単1点勝負と言っておきながら、PO馬勝利時に馬券がハズレていたら、イヤだったので、馬単だけは購入。
単勝を買おうと思ったが、リオン→スピネルの馬単の方が、倍以上のオッズだったので、迷わず馬単を押さえる。
しかし、購入資金が、ほぼ3連単の方に注いだので、馬単しか当たらないと、とてもマイナス補填にはならん。
まあ、G1全敗という、不名誉な記録だけが、止まったので、良かったとしよう・・トホホだが。。

それにしても、リオンディーズは強かった!強すぎた!
ナリタブライアンを見た時以来の衝撃を受けたわ。そう、怪物を見たぞ。
鳥肌が立つ素晴らしい走りで、もう、何度も映像を繰り返し見てしまったわ。

エアスピネルは敵ではない。
敵は、己。
そう、まずは怪我なく無事にクラシックを乗り切れるかだ。
母シーザリオは3歳秋に故障を発症し、翌年引退。
兄エピファネアも故障で、5歳春に引退し、全兄のトゥエルフスナイトはキャリア1戦で引退しているだけに・・
とにかく、この激走が、脚にきてないことを祈るのみです。
無事なら、3冠馬になれます、いや、凱旋門も狙いますよ。

今年も残すところ、あと1週、G1は有馬記念を残すのみ。
当初狙う予定だったカレンミロティックが、登録しておらず、ちょっとテンションが上がらないのだが・・
いちから穴馬探しを始めようと思います。
コメント (2)

朝日杯FS15(予想)

2015-12-19 21:16:33 | 朝日杯FS

金曜は、何とか会社に行くも、体調は最悪に。
ほとんど仕事も出来ないまま、定時で帰宅し、ずっと寝てます。
まる1日寝て、だいぶ良くなってきたので、ベッドの中からスマホで更新。

日曜の阪神メイン、朝日杯FSの予想
芝 1600M G1 馬齢 16頭立て

舞台を阪神マイルへ移行しての2年目ですが、早くもフルゲート割れですか・・・
翌週に皐月賞と同舞台のホープフルSがあり、有力馬の分散は仕方ないが、未勝利馬でも出走出来るG1って・・
やはり、クラシックを目指す牡馬としては、マイル戦は、あまり使いたくないのか?
であるなら、阪神1800mか2000mで朝日杯をやればいいのでは?
中山マイルの朝日杯は、舞台が同じ中山ということで、皐月賞との関連はあったと思うが、阪神マイルでは・・
タフなマイルコースということで、NHKマイルとは関連するのだが・・昨年の3着馬が、NHKマイル王に。
そう考えると、来年のNHKマイル王になりそうな馬を、ここで探せば、勝ち馬が見つかるのか??

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎リオンディーズ

衝撃のデビュー戦の内容から、能力はG1級であることに疑いなし。
今回は、2000mからの距離短縮ということで、マイル戦に対応出来るかどうか?
デビュー戦が、前半、折り合いを欠いていたので、実は距離短縮はプラスになりそうな感じ。
クラシックへ向けては、マイルのここで強い競馬を見せられると困ってしまうが、そこは能力でこなせたとしよう。
兄エピファネイアは一度もマイル戦を使われなかったが、父がキンカメに替わっているので、マイルも大丈夫。
母シーザリオもデビュー戦は、阪神マイルで勝ち上がり、桜花賞でもアタマ差2着と結果は出している。
エアメサイアとは、桜花賞、オークスで2度対戦し、2度とも先着してますので、その仔も負けないはず。
角居厩舎は、サンビスタ、ラキシスと2頭のG1馬が引退も、現在、2週連続重賞制覇中で3週連続あるぞ。
乗り替わりのデムーロは、朝日杯を既に2勝しており、相性のいいレースだ。
わずかキャリア1戦馬で過剰人気ですが、その期待に応えられるはず。


○タイセイサミット

前走、東スポ杯は、スタートで出遅れ、直線でも前をカットされ手綱を引く大きな不利。
それでも、最後は再び盛り返しての0.4秒差ですから、まともだったら、充分勝ち負け出来たはず。
その前走の走りを見て、次走は間違いなく買いの1頭としていたのだが、まさか、マイルのここを使ってくるとは・・
矢作厩舎としては、ドレッドノータスとの使い分けで、タイセイをこちらに回したのでしょうけどね。
いや、G1でもやれるという自信の表れでしょう。
矢作厩舎と朝日杯といえば、スーパーホーネット2着、ダイワバーバリアン3着、グランプリボス1着と相性いいG1だ。
阪神では2戦2敗だが、デビュー戦は出負けして、距離も短かった。
それでもゴール前は、いい脚を使っていました。
2戦目は、早めに先頭に立ちすぎ、差されるも、最後は首の上げ下げ。
ということで、阪神コースに不安はない。
デビューから5戦目にして、初のマイル戦になるが、ダイワメジャー産駒ですので、マイルへも対応出来るはず。
なにせ、近親に桜花賞3着、ヴィクトリアM勝ちのコイウタがいますから、血統の後押しはあるぞ。


▲エアスピネル

武豊のJRA平地G1コンプリートがかかった1戦。
香港G1を勝った直後でもあり、期待は高まっているでしょうけど、そうは簡単にはいかないぞ。
現役時代のリベンジを果たしたい母エアメサイアだが、返り討ちに合う結果が待っていますよ。
とはいえ、阪神マイルはデビュー戦で勝ち、前走のデイリー杯での圧勝ぶりからマイル適性は明らかにこちらが上。
リオンディーズ以外には、おそらく負けないでしょう。

馬券は清く、3連複1点勝負!!
05年、同じく3連複1点買いで、当てたレースですので、10年ぶりの再現だ!
コメント (3)   トラックバック (3)

【POG】ショパンがデビューなのだが・・

2015-12-17 21:57:35 | POGその他
風邪が悪化・・明日、会社行けるのか・・・

そんな弱った体に、残念なニュースが。
PO馬ロライマが、左前脚トウ骨遠位端骨折を発症して、全治に約6か月を要する診断で、クラシックは断念・・・
京都2歳Sは、出遅れが響いて6着に終わったが、今月26日の阪神2歳500万(芝2000m)出走へ向けて調整中での出来事・・
競走馬に怪我はつきものとはいえ、残念です。。
今年は、ポルトフォイユが、デビュー戦を圧勝した後に屈腱炎との診断で、戦線離脱。
その後は、リタイアの知らせは、なかっただけに、ここにきて、期待の1頭のリタイアは残念です。。ゆっくり休んで下さい。

さて、今週の目玉は、当然、G1朝日杯出走のリオンディーズなのだが、その前に、待ってましたのショパンがデビュー!
元PO馬でもある名牝エアグルーヴの忘れ形見となる最後の仔ショパンが、ようやくデビューしてくれました。
馬名から、エアグルーヴの最後の仔はラストグルーヴと勘違いしていた時もありましたが・・
ショパンを産んだ直後にエアグルーヴは急死してしまったんですよねえ。
ということで、ウマジンの一口馬主モードに最後の指名枠を残しておいたので、いざ「指名」とボダンを押すと・・
あれ・・・・ショパンは、「一口馬主モードの対象ではありません」・・・しまった・・この馬、個人馬主だったか・・
完全な先入観で、シャパンは、サンデーレーシングやキャロットあたりのクラブ馬だと思ってました・・・
なわけで、一口馬主モードは、個人馬主は、指名対象外なので、せっかく1頭指名枠を残してたのに、指名出来ず・・
指名が可能だったnetkeibaや競馬ラボのPOGは、既に規程の10頭指名済みだし・・・なにやってんだか・・

ショパン
(牡 父キングカメハメハ 母エアグルーヴ 栗・角居)

日曜の阪神5レース新馬戦(芝2000m 頭立て)に鞍上がデムーロでデビュー。
完全な凡ミスで、POG指名出来ませんでしたが、エアグルーヴの血を後世に残す為にも、頑張ってほしいね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◇クリスタルスカル
(牡 父ファルブラヴ 母ナスカ 美・高柳) 地獄モード8頭目

土曜の中山3レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が三浦で出走。
デビューから2戦、芝で共に二桁着順の大敗でしたので、3戦目でのダート替わりも仕方なし。
アロマティコの下で、凄く期待していた1頭だっただけに、残念な状況ですが、ダートで馬が変わってくれれば。

◇ボンナヴァン
(牡 父シンボリクリスエス 母シナノネージュ 栗・藤原) 地獄モード9頭目 競馬ラボ6頭目

土曜の阪神4レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上が浜中に乗り替わりで出走。
デビューから2戦は浜中が乗ってましたので、前走だけ乗り替わりで、また浜中に戻った格好。
前走マイル戦で、結果が出なかったので、今回の距離延長はいいと思います。
中1週での出走となり、陣営も年内に勝ち上がりたい思いがありそうで、その思いに応えてほしい。

◇エスティタート◎
(牝 父ドリームジャーニー 母スキッフル 栗・松永) 地獄モード2頭目

土曜の中京10レースつわぶき賞(芝1400m 18頭立て)に鞍上が石橋に乗り替わりで出走。
阪神JFが、アルテミスS2着、5着馬の決着でしたから、そこで6着なら、500万条件のここでは力上位。
敵は、ファンタジーSで0.4秒差だったピュアコンチェルトあたりでしょうかね。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

日曜の阪神1レース未勝利戦(ダート1200m 16頭立て)に鞍上が池添に乗り替わりで出走。
まさか連闘で出てくるとは・・
しかし、前走が芝で大敗とはいえ、ダート1200は、2走前に大敗しているので、まったく期待出来ない。
鞍上強化と、連闘策という刺激で、馬が変わってくれるか??
短距離戦では、まったくレースのスピードについていけてないので、思い切って、距離延長してほしかったのだが・・

◇リップルトウショウ
(牝 父ソングオブウインド 母シリウストウショウ 栗・武井) 地獄モード6頭目

日曜の中山4レース未勝利戦(芝1800m 16頭立て)に鞍上が木幡に乗り替わりで出走。
2年目の減量騎手である木幡に乗り替わりも、前走も減量騎手だったので、減量の効果は薄いか・・
中山は、2戦目にマイル戦でしたが、逃げて0.2秒差の4着と健闘してたので、今回もハナを切れればチャンスあり。

◆ファンタサイズ
(牡 父ハーツクライ 母ファンジカ 栗・矢作)netkeiba7頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

日曜の阪神4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
前走は、東京まで遠征するも、2着と勝ち上がれず・・
今回、デビュー戦で走って2着だった阪神になるが、デビュー戦は1400だったので、今回の1800の方がいいはず。
矢作厩舎は、日曜だけで12頭もの馬を送り込む年末大放出で、勝ち星量産を目論んでますので、この馬は確勝で。
朝日杯に登録のあったプリンシパルスターを自己条件に回すなど、1勝でも多く勝てるよう画策してるね。

◆リオンディーズ◎
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目

日曜の阪神メイン、朝日杯FS(芝1600m 16頭立て)に鞍上がデムーロに乗り替わりで出走。
勝つことは当然として、どのくらいのパフォーマンスを見せて勝ってくれるか、もう勝ち方に注目ですよ。
デビュー戦で騎乗した岩田はシュウジがいるので、乗り替わりとなりましたが、岩田はどっちに乗りたかったのか?
岩田はシュウジの評価を「ロードカナロア以上のスピード」なんて、デイリー杯前にコメントしてましたが・・
リオンディーズが、ここで負けるようなことがあれば、それは「距離」を理由にするしかあるまい。。。
コメント

【POG】先週は1頭も勝ち上がれず・・

2015-12-16 22:10:35 | POGその他
風邪をこじらせ、体調不良です・・
先週は、少なめの3頭の出走でしたが、それでも2頭は人気の有力馬であり、勝ち上がってくれると期待したが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◆レッドアヴァンセ
(牝 父ディープインパクト 母エリモピクシー 栗・音無)競馬ラボ10頭目

先週の土曜の阪神4レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に出走し0.8秒差の2着。
単勝1.5倍の圧倒的人気に支持されるも、逃げ馬にまんまと逃げきられる・・
まあ、逃げた馬に、メンバー最速の脚を使われたら、どうにもならんわ・・・5馬身差は負けすぎですが。
前走、後方から後方のままで見せ場なく惨敗した馬を逃げの戦法で蘇らせた岩田の手腕が光りました。
年内の勝ち上がりを期待した1頭だったが、叶わず残念無念・・まだクラシックには間に合うので、年明け頑張れ。

◆ライラムーン◎
(牝 父キングカメハメハ 母ライラプス 栗・佐々木) 一口馬主6頭目

先週の土曜の阪神7レース500万(ダート1200m 12頭立て)に出走し0.7秒差の3着。
前走が初ダートで、見事な逃げ切りだったが、今回は、逃げ馬を見ながらの2番手からの競馬。
直線で逃げた馬を捕えるはずが、逆に引き離されること4馬身差・・そして、最後に後ろからの馬にも差され・・
凡走ではないが、やはり芝での走りをもう一度見てみたいと思うわけで・・距離もマイルまでなら大丈夫では。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

先週の日曜の阪神4レース未勝利戦(芝1400m 15頭立て)に出走し2.1秒差の13着。
前走が休み明けの初ダートということで、2.5秒差の大惨敗も仕方なしと思ったが、叩き2走目の芝でもダメか・・
スタートで出遅れ、そのまま一緒に出遅れた馬と後方ポツンの競馬も、4コーナーで押し上げ、レースに参加。
結局、そこで脚を使ったことで、直線は、さっぱりで、再びの大惨敗・・
記念すべき、今年最初のシェアポイント狙いの1頭だったが、この最初の1頭で失敗したのが、全ての悪い流れに・・

今週末は、2歳G1朝日杯があり、我がPO馬リオンディーズが登録してますので、超期待大!!!
先週の阪神JFには、1頭もPO馬を送り込めなかっただけに、リオンディーズには、勝ってもらうしかない。
G1予想も全敗中ですので、なんとか、PO馬の助けを借りて、今年G1初的中としたいところですなあ。
コメント

阪神JF15((結果))

2015-12-15 21:39:14 | 阪神JF
今回もいつも通りの下手くそ予想で、いつも通りの惨敗・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年12月13日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[1] 2 △メジャーエンブレム 牝2 54 ルメー 1:34.5 1
2[7] 13  ウインファビラス  牝2 54 松 岡 2 10
3[6] 11  ブランボヌール   牝2 54 岩 田 1.1/4 3
4[5] 10 ▲ペプチドサプル   牝2 54 古 川 クビ 9
5[5] 9 △アットザシーサイド 牝2 54 三 浦 ハナ 4
6[3] 5  ペルソナリテ    牝2 54 柴田大 3/4 15
7[8] 17 △デンコウアンジュ  牝2 54 川 田 1.1/4 2
8[4] 7 ◎クロコスミア    牝2 54 勝 浦 クビ 7
9[1] 1  アドマイヤリード  牝2 54 菱 田 クビ 6
9[7] 15  キャンディバローズ 牝2 54 アッゼ 同着 5
11[4] 8  メジャータイフーン 牝2 54 川 島 1/2 14
12[3] 6  メイショウスイヅキ 牝2 54 池 添 クビ 11
13[2] 4  クードラパン    牝2 54 田 辺 7 8
14[8] 18  メジェルダ     牝2 54 四 位 ハナ 12
15[6] 12 ○ウインミレーユ   牝2 54 松 山 ハナ 13
16[7] 14  ジェントルハート  牝2 54 藤岡康 2.1/2 16
17[2] 3  マシェリガール   牝2 54 横山典 大差 17
18[8] 16  キリシマオジョウ  牝2 54 小 牧 大差 18

払戻金 単勝 2 250円
複勝 2 120円 / 13 460円 / 11 240円
枠連 1-7 910円
馬連 2-13 3500円 / 馬単 2-13 4950円
3連複 2-11-13 7640円 / 3連単 2-13-11 2-13-11 39480円
ワイド 2-13 1040円 / 2-11 440円 / 11-13 3140円

今回は、まずレース前の馬体重発表に注目。
本命クロコスミアは、前走402キロの馬体重でしたので、今回400キロを切っていれば、本命変更の予定でしたが。
プラス4キロの406キロでの出走ということで、予定通り、クロコスミア本命で勝負。
そして、前走412キロのキャンディバローズも、今回、大幅馬体減であれば、消し予定でしたので、チェック。
こちらはマイナス10キロで402キロとなっており、これは危険と判断し消しで、替わりにアットザシーサイド追加。

繊細な2歳牝馬のレースは、前日買いではなく、ちゃんと馬体重をチェックすれば、当たると確信してたのだが・・
レース後の勝浦騎手のコメント
「初めて伸びませんでした。
今まででいちばん馬とのコンタクトはよかったですし、勝った馬の後ろでしたから、いい位置だったと思います。
どうしたのでしょうか......」

好スタートから、一旦下げて、ラチ沿いの距離ロスない進路で、直線も1頭だけあいた最内を突く競馬。
ほんと、位置取り、コース取りは完璧だったと思います。。しかし直線伸びなかった・・
これは、やはり7戦という使い詰めのローテが影響したとしか、いいようがないですなあ。。
アルテミスSで賞金が加算出来ず、前走、赤松賞を使うはめになり、結果的に、この1走が余計だったか・・

勝ったメジャーエンブレムは、このメンバーでは力が一枚上でしたね。
前走は、外枠から想定外の逃げという形になり、結果2着も、負けて強しの内容。
今回は、内枠から、逃げるつもりはなくても、絶対スピードが今回の相手では違うとばかりに楽に逃げ馬と併走。
4コーナーで早くも先頭に立つと、直線に入ったところで、既に勝利を確信する完勝の内容。
桜花賞と同じ舞台ですので、間違いなく桜花賞馬に一番近い存在になったのは間違いないなあ。
ダイワメジャー産駒は、今年は当たり年となるのでしょうか?

2着ウインファビラスは、迷ったんだけどねえ。
今年の穴馬は、ウイン2頭と、当初から目をつけていたのだが・・
最終的には、マイルのデビュー戦を3着に負けていたことと、関東馬であることを理由に消してしまった・・
新コースになってからの傾向としては、マイル実績のある馬は、重賞以外では、連を外してなかったので・・
関西馬有利については、近年、関東馬の活躍も目立っており、関東馬というだけで、軽視したのはバカでしたね。

今年はステイゴールド産駒が5頭出走し、結局、当日マイナス12キロも、ウインファビラスが一番大きい馬でした。
このレースは、牡馬相手の重賞で好走した馬が活躍するレースということで、クロコスミアを本命にしたが・・
馬体重、ローテを考慮すれば、新潟2歳S2着のこちらを本命にするのが正解でしたね・・
新潟2歳Sで賞金を加算していたので、アルテミスSは、叩き台でよくなり、本番に万全な状態に持ってこれたな。
やっぱり、繊細な牝馬ですので、ローテは大事ですなあ。

同じ意味で、前走のファンタジーSを叩き台に出来た、ブランボヌールが3着に突っ込んだわけで。
昨年の勝ち馬ディープ産駒は、今年3頭出走も、皆マイル実績がなかったので、結局、3頭とも消しにしたのだが。
ブランボヌールについては、母父バクシンオーで、母は短距離馬でしたが、近親にダコールがいました。
母父バクシンオーだけで、短距離馬と決めつけてしまうのは、キタサンブラックで懲りていたんだけどなあ・・
1200mの函館2歳Sが圧倒的強さで、1400mファンタジーS3着の実績を見ちゃうと、短距離馬と思っちゃったなあ。
しかし、ファンタジーSは、休み明けで、本番へ向けての叩き台とすれば、タイム差なしの3着は問題なかったな。
その実績で、3番人気は、ちょっと人気しすぎで買いづらくなかったが、皆さんの目が正しかったわけで・・・

とうとう、今年のG1も残す所、あと2つとなってしまった。
いまだに全敗という、競馬人生初の試練・・・
有馬で一発を狙おうと思っていたカレンミロティックが、登録してないというショック・・・
これは、ミロティック本命で、ハズれてしまうことを、神様が事前に回避してくれたと、いい風にとりましょう。
となると、勝負は、次回、朝日杯となるわけなのだが。
PO馬リオンディーズは、2番人気あたりに支持されそうなので、これは、1点買いぐらいの絞った勝負だな。
コメント

阪神JF15(予想)

2015-12-12 22:41:35 | 阪神JF
日曜の阪神メイン、阪神JFの予想
芝 1600M G1 馬齢 18頭立て

マイル重賞は、ディープ産駒を買っておけば、いいわけで、昨年も唯一のディープ産駒が勝ちました。
今年は、3頭のディープ産駒が出走するが、なんと3頭ともマイル未経験の1400以下で好走してきた馬。
なんとも、その取捨が難しい・・・1頭は、贔屓の矢作厩舎の馬なので、買わないわけにはいかないが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎クロコスミア

札幌2歳Sの時から注目していた1頭。
1200戦で結果が出ず、距離を伸ばして、実力を発揮してきた馬だけに、距離不安のない強みは大きい。
このレースは、札幌2歳S好走馬の活躍が目立ってますので、そこで3着の実績だけでも、高く評価出来る1頭。
関西馬なのに、初の関西圏での競馬となり「初の当日輸送が心配」なんて言っているんですけど、問題ないよね。
400キロ台の小さな馬体で遠征を続け、結果を出してきてますので、むしろ負担の軽い当日輸送の方が、いいはず。
つまりは、当日輸送が不安なんて言うぐらい、他に不安はなく、陣営は、馬の実力、状態に自信ありということね。
既にキャリア7戦という使い詰めのローテが気になる点ではあるが、今年の小粒なメンバー相手なら、まだいける。


○ウインミレーユ

マイルのデビュー戦が、3番手の積極策からメンバー最速の上りで4馬身差の圧勝。
続く、新潟2歳Sは、外枠から折り合いを欠いて、前に行ってしまい、渋った馬場も合わずの惨敗。
しかし、前走、りんどう賞では、しっかり折り合い、ここも、好位からメンバー最速の上りを使い快勝。
転倒のアクシデントで、ファンタジーSを使えなかったローテの誤算はあるものの、そのおかげで人気の盲点に。
梅田厩舎は、昨年、レッツゴードンキで2着してるし、血統は意外性のビートブラックの半妹ですから、穴期待。
乗り替わりの松山も、土曜のチャレンジCで11番人気の人気薄で3着と穴をあけており、ここでも、もう一丁!


▲ペプチドサプル

こういう混戦の時は、抽選を潜り抜けた幸運馬の一発が怖い。
キャリア1戦で挑んだ前走アルテミスSは、勝ち馬に次ぐ上り2位の末脚で0.4秒差4着と健闘。
スタートで出負けして後方からのレースとなったし、初のマイル戦で、距離に対応出来たのは大きい。
乗り替わりの古川は、18年前、7番人気のアインブライドでこのレースを勝っており、思い出のレースで再び!


△デンコウアンジュ

前走の重賞アルテミスS勝ちを素直に評価する。
12番人気という人気薄での勝利で、フロックと見られそうだが、府中マイル戦で、あの末脚は能力によるもの。
阪神は、デビュー戦で負けているのだが、あれは、直線で馬が右に左にロデオのように制御不能になったもの。
2走前の京都でも馬が口向きの悪さを出しており、もしかして、右回りがダメという不安もあるが。
更に、前走、2走前と続けて、出遅れており、G1の舞台での出遅れは致命的になりかねないだけに、そこも不安。
逆に言えば、まともに走れば、前走のような凄い脚が使える馬なので、スタートさえ決めてくれ。


△メジャーエンブレム

サンデーレーシング、ノーザンファーム、ルメールとくれば、この馬が2歳女王に一番近いか。
デムーロをはじめとした有力騎手が香港に行っており、ルメールには、ここがG1取りの大チャンス。
馬自身も前走は負けて強しの内容だし、不安は、ここで結果が出ていないダイワメジャー産駒ぐらいのもの。
しかし、今年の2歳ダイワメジャー産駒は、好調なだけに、今年はやってくれるか。


△キャンディバローズ

昨年、同じ矢作厩舎のダノングラシアスを本命にして、痛い目に合っているので。
今年は、さすがに本命にはしないが、昨年のダノンと違って、この馬は、前走で重賞を勝っているという実績。
今年は、例年になく小粒で低調なメンバー構成で、距離実績なくても、重賞実績だけで、勝ち負け出来るだろう。
母系が短距離血統なので、距離不安がつきまとうが、クラシックはともかく、2歳時なら、早熟性で対応可能。
同じ矢作厩舎のエイムアットビップもマイル実績がなかったが、ここで3着と馬券にはなったし。
ていうか、ディープ産駒なんだがら、ここで距離不安を言うのも、どうかと。
しかも、この馬は、札幌の1500mをレコードで勝っているわけだから、プラス100mなら問題ないでしょう。
ルメールを取られたのは非常に痛いが、大チャンスをもらったアッゼニが、その存在感をアピールする絶好の機会。
中間発表で減っていた馬体重だけが心配。
当日、馬体重発表で、大幅馬体減だったら、アットザシーサイドに変更します。

馬券はクロコスミアを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (2)

【POG】今週は少なめ3頭です

2015-12-10 22:08:28 | POGその他
今週末は、2歳牝馬のG1、阪神JFがあるのに、我がPO馬の出走はなし・・
いまいち、テンションの上がらない週末となりそうだが、馬券は、買う予定。
にしても、買いたい馬が、あまりいないな・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

POGは、今週は、3頭と、少なめでございます。
偶然にも牝馬ばかり3頭いうラインナップ。
頭数は少ないけど、2頭は、勝ち上がってくれそうな感じなので、頑張ってほしいね。

◆レッドアヴァンセ
(牝 父ディープインパクト 母エリモピクシー 栗・音無)一口馬主8頭目 競馬ラボ10頭目

土曜の阪神4レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に鞍上がルメールに乗り替わりで出走。
デビュー戦は、若手の松若にデビュー勝ちを託すも2着。
レース後、音無調教師は、騎乗内容に不満を漏らしていたので、乗り替わりだろうと思ったら、やっぱり。
今回は、ルメールを配して、鞍上強化し、万全の体制ですから、そりゃあ、負けられないですよ。

◆ライラムーン◎
(牝 父キングカメハメハ 母ライラプス 栗・佐々木) 一口馬主6頭目

土曜の阪神7レース500万(ダート1200m 12頭立て)に鞍上が浜中に乗り替わりで出走。
前走、芝からダート替わりで、見事、未勝利戦を一発で脱出。
血統的に芝での活躍を見込んで指名したのだが、またダート戦ですか。
まあ、ダートで賞金稼いで、桜花賞、NHKマイル路線へ行くのもありですから、まずは、ここを勝ってくれ。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

日曜の阪神4レース未勝利戦(芝1400m 15頭立て)に鞍上が小牧に乗り替わりで出走。
前走が休み明けだったとはいえ、2.5秒差の13着と惨敗だったので、ここも大きな期待が出来ないのだが。
その前走は、初ダートだったが、まったく酷い結果に終わっただけに、再び、芝に戻しての1戦。
小柄な牝馬で、中2週のローテとなるが、なんとか馬体重を増やして出走してもらい、掲示板を目指してほしい。
ほんまに、今年のシェアポイント馬選びは、失敗しました・・・年内に1勝してほしいわ・・
コメント

【POG】リボンフラワーが勝ち上がりました

2015-12-08 22:06:50 | POGその他
先週は、4頭のPO馬が出走しましたが、勝ち上がったのは1頭。
リボンフラワーが、3戦目で、ようやく勝ち上がってくれました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◇ボンナヴァン
(牡 父シンボリクリスエス 母シナノネージュ 栗・藤原) 地獄モード9頭目 競馬ラボ6頭目

土曜の阪神3レース未勝利戦(芝1600m 12頭立て)に出走し1.0秒差の5着。
2か月半ぶりの出走で、馬体重がプラス12キロの532キロと、ちょっと太目残りだったか。
スタートして直ぐに馬が飛び上がる形になり、最内枠を活かせず、後方の位置取りになる。
直線でも前が壁になる不利もあったりもしたが、1.0秒差負けは、ちょっと負けすぎだな。
やはり、1800ぐらいの距離の方があっているのか。
敗因を太目残りとすれば、ひと叩きされての次走に期待かな。

◆リボンフラワー
(牝 父ディープインパクト 母バディーラ 栗・池江) netkeba8頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の阪神4レース未勝利戦(芝1800m 15頭立て)に出走し、1番人気に応えて、見事勝利!!
中1週というローテでしたが、3番手追走の積極策からの早めの競馬で、最後はクビ差凌ぎました。
これが、元調教師の池江泰郎さんの馬主としての初勝利となりましたね。
12月での未勝利脱出ということで、2歳重賞には間に合いませんでしたが、来年のクラシックが楽しみに。
ちなみに、ルメールが、この馬ではなく、替わりに選んだアパパネの妹パローマは11着に沈んでおります。

○タカラピクシイ
(牝 父ディープスカイ 母ホワイトピクシイ 美・伊藤) シェアポイント6頭目 指名人数15人

日曜の中山4レース未勝利戦(芝1800m 16頭立て)に出走し2.6秒差の13着。
4カ月ぶりの出走で、プラス22キロの馬体重だったが、それにしても、まったく見どころない負け方・・
後方から後方のままの大惨敗。
まあ、単勝581倍のドンジリ人気でしたし、それで好走を望むのを酷だわなああ・・
今年のシェアポイント部門は、1勝も上げられず、大失敗に終わりそうだな。。。

◆ギモーヴ
(牝 父ハービンジャー 母ヒカルアマランス 栗・池添) netkeiba9頭目 競馬ラボ9頭目

日曜の中京4レース未勝利戦(芝2000m 14頭立て)に出走し0.4秒差の3着。
3番手からの積極策も、最後は、人気のディープ産駒2頭に切れ負けという結果。
これが、ハービンジャー産駒の宿命か・・
なんで、同日の阪神2000mの未勝利戦ではなくて、中京のここを使ったのか?
阪神の方が、相手関係が楽だったような気がするが、ルメールに乗ってもらうために、中京にしたんだろうなあ。

今週末は、2歳牝馬のG1阪神FSがあるのだが、残念ながら、我がPO馬の登録はなし・・
そうなると、どの馬から買うかとなると、いつもの矢作厩舎の馬ということになるが。
キャンディバローズは、重賞勝ち馬なので、人気するでしょうから、なんとも悩みどころだな。

それより楽しみなのが、次の朝日杯ですね。
まさか登録はないと思っていたリオンディーズが登録し、しかも抽選なしで出走可能。
デビュー戦が2000mだったので、てっきり次走はホープフルSあたりと思っていたのだが。
輸送のない阪神でやれるし、当然、賞金も高いG1という魅力、相手関係も考慮してのことでしょうね。
POG的には、ホープフルSに、バティスティーニ、ドレッドノータスあたりが出走する可能性がありまして。
よって、分散の意味でも、リオンディーズには、是非、朝日杯に出走してもらいたいところ。
エアメサイア対シーザリオの子供対決が実現となれば、ほんと楽しみだわ。
コメント

チャンピオンズC15((結果))

2015-12-07 21:52:12 | チャンピオンズカップ
上位4頭無印の無残すぎる予想結果・・まさに惨敗・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年12月6日(日) / 中京 1800m ダート・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 4  サンビスタ     牝6 55 Mデム 1:50.4 12
2[1] 1  ノンコノユメ    牡3 56 ルメー 1.1/2 3
3[1] 2  サウンドトゥルー  セ5 57 大 野 クビ 5
4[8] 16  ロワジャルダン   牡4 57 浜 中 アタマ 8
5[7] 13 △ホッコータルマエ  牡6 57  幸  ハナ 2
6[2] 3  ワンダーアキュート 牡9 57 和 田 1 14
7[4] 7 △コパノリッキー   牡5 57 武 豊 2 1
8[5] 10 ▲グレープブランデー 牡7 57 ムーア 1/2 10
9[3] 6 ◎ナムラビクター   牡6 57 秋 山 1/2 7
10[8] 15  グランドシチー   牡8 57 津 村 1/2 16
11[3] 5  ニホンピロアワーズ 牡8 57 酒 井 3/4 15
12[4] 8  ダノンリバティ   牡3 56 アッゼ クビ 9
13[6] 11  コーリンベリー   牝4 55 松 山 1.1/4 13
14[5] 9 △ローマンレジェンド 牡7 57 岩 田 3.1/2 4
15[6] 12 ○クリノスターオー  牡5 57 ボウマ 3.1/2 11
16[7] 14  ガンピット     セ5 57 パート 大差 6

払戻金 単勝 4 6640円
    複勝 4 1180円 / 1 200円 / 2 370円
    枠連 1-2 4180円
    馬連 1-4 11040円 / 馬単 4-1 36260円
    3連複 1-2-4 27320円 / 3連単 4-1-2 318430円
    ワイド 1-4 3290円 / 2-4 6620円 / 1-2 930円

リピーター決着を想定したのに、まさか昨年の上位3頭が1頭も馬券にならずとは・・
そして、昨年の4着馬が勝ち、2~4着馬が、新興勢力という結果に、もうなんだかなあ。。。

サンビスタは、もう「牝馬」というだけで、消した1頭でした。
しかも、3歳、4歳のピチピチギャルじゃなくて、前走完敗している、暮れの6歳馬、もうおばさんですよ。
リピーターという観点なら、昨年の4着馬だし、今年のフェブラリーSでも0.4秒差なので、狙えたのか。。
スズカマンボ産駒は、メイショウマンボといい、ミナレットといい、意外性のある牝馬を出しますなあ。

そんなことよりなにより、やっぱり「デムーロ」ですよ。
デムーロ-ルメール馬券で、馬連万馬券ですから、騎手買いをした人には、美味しい馬券になったな。
終わってみれば、馬券になった3頭は、揃って、道中、ラチ沿いを進み、ロスなく競馬が出来た馬。
前が厳しい展開となり、その流れにのらなかった中段以降の馬達が出番に。
それにしても、牝馬サンビスタが、こんなに強い競馬をするなんて、ビックリしかないし、想像できませんでした・・
騎手が替わると、馬も変わるということでしょうかね。

角居厩舎は、今年、エピファネイアが引退し、デニムアンドルビーも離脱、期待のラキシスも不振に陥り。
と、この秋、重賞戦線では、不振だったのだが、まさか、ここでG1を勝つとはねえ。
思えば、角居厩舎といえば、あのカネヒキリでダート界を制圧していたわけで。
そんな名将、角居厩舎も、現在、3、4歳馬にオープン馬がいない不振状況。
そんな中、リオンディーズが朝日杯に登録って・・・ほんまに出走させるの??
2000m戦でデビューし、クラシックへ向けては、距離短縮はしないだろうと思っていたら、まさかの朝日杯登録。
1勝馬だけど、今年は、抽選なしで出走出来ちゃうわけで、POG的には、ぜひ出走してもらいたいが。
デビュー戦が、かなり行きたがっていた走りだったので、距離短縮はプラスになりそうだが。
でもマイル戦で好走しちゃうと、クラシックへの適性が心配になるのだが・・・まあ、能力ある馬は距離不問か。

話をチャンピオンズCに戻すと、2着ノンコノユメは、まさか、最内を突いて伸びてくるとは・・
後方待機からの大外一気で、届かずの4着あたりという結果を想定しての無印だったが、さすがルメール。
G1で、先行有利のコース形態を考えて、追込み馬で勝てる戦略をしっかり考えていたのね。
勝ったサンビスタは6歳馬なので、来年のフェブラリーSの主役は、間違いなくノンコノユメになりますね。

3着サウンドトゥルーも、後方待機からの大外一気で、届かずの5着あたりを想定しての無印だったが・・
その通りの最後方待機策からの大外一気で、最後、3着に届いちゃいましたか。。。
前に厳しい展開で、追込み馬が届く流れになったことと、道中、ラチ沿いを走り、ロスなくレースが出来たからね。
直線は、外に出すロスが痛かったが、それでいて、最後は、ノンコノユメにクビ差まで迫った脚は凄かったね。
このレースは、5歳馬が強いレースだったんだけど、今年は、この馬とは、予想出来なかった・・・

本命ナムラビクターは、目隠しゲート先入れスタートで、大きな出遅れこそなかったものの、やはり出負け。
位置取りが後ろの方になったのも厳しかったが、それより、やはり、ラチ沿いの位置を取れなかったのが痛かった。
前が厳しい流れで、4コーナーで大外から一気に脚を使って、結局、直線は止まってしまう結果に・・・
本来なら、サンビスタの位置取りで、サンビスタのような競馬を、ナムラビクターがしてくれることを期待したのだが。
結果的に、ゲート先入れになったのは、デムーロのせいなわけで、そのビクター潰しのデムーロに勝たれるとは・・・

しかし、単騎逃げが叶ったコパノリッキーだったが、ボウマンが必要以上に前を突いたことで、ハイペースに。。
前が楽になる展開を予想していたので、この展開は、まったく想定外であり、展開ハズれりゃ、予想も大ハズレの結果に・・・
結局は、外国人騎手達が、レースを支配したということですなあ。

唯一、相性のよかったG1チャンピオンズCまで外して、いよいよG1予想全敗が、目の前に迫ってきた・・
残るG1は3つだか、阪神JFは、PO馬の出走なく、あまりやる気が出ない・・
勝負は、リオンディーズが出走するなら、朝日杯ということになるが、ほんまに出走するのか?
有馬は、カレンミロティックで、夢見る予定としているので、全敗阻止は、リオンディーズにかかっているなあ。
コメント