susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ダービー17((結果))

2017-05-30 00:28:17 | 日本ダービー
ルメール、神騎乗・・・もう、それだけ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月28日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 12 △レイデオロ     牡3 57 ルメー 2:26.9 2
2[2] 4 ▲スワーヴリチャード 牡3 57 四 位 3/4 3
3[8] 18 △アドミラブル    牡3 57 デムー 1.1/4 1
4[2] 3  マイスタイル    牡3 57 横山典 クビ 14
5[4] 7 △アルアイン     牡3 57 松 山 ハナ 4
6[1] 1  ダンビュライト   牡3 57  武  1/2 7
7[6] 11  ペルシアンナイト  牡3 57 戸 崎 1/2 6
8[4] 8  トラスト      牡3 57 丹 内 3/4 16
9[5] 10 ◎ベストアプローチ  牡3 57 岩 田 1/2 11
10[3] 6  サトノアーサー   牡3 57 川 田 クビ 5
11[7] 13 ○カデナ       牡3 57 福 永 クビ 8
12[8] 16  キョウヘイ     牡3 57 高 倉 3/4 15
13[3] 5  クリンチャー    牡3 57 藤岡佑 2 9
14[7] 15  ダイワキャグニー  牡3 57 北村宏 ハナ 10
15[8] 17  ウインブライト   牡3 57 松 岡 1.3/4 12
16[5] 9  マイネルスフェーン 牡3 57 柴田大 1/2 17
17[1] 2  アメリカズカップ  牡3 57 松 若 クビ 13
18[7] 14  ジョーストリクトリ 牡3 57 内 田 2.1/2 18

払戻金 単勝 12 530円
    複勝 12 180円 / 4 200円 / 18 150円
    枠連 2-6 1180円
    馬連 4-12 1620円 / 馬単 12-4 2860円
    3連複 4-12-18 2220円 / 3連単 12-4-18 11870円
    ワイド 4-12 650円 / 12-18 470円 / 4-18 490円

混戦と言われている時ほど、堅く納まるというやつね・・・
にしても、なんだ、このドスローな展開は・・・
確かに、なにが何でも逃げるといった逃げ馬不在で、スローは予想してましたが、ここまでとは・・
「前が遅ければ、ハナを切る」とクリンチャー陣営は言っていたのに、藤岡は何をしていたのか??
せっかく、ダービーで騎乗出来たのに、トラスト丹内は、もっと積極的な騎乗は出来なかったのか??
人気薄の先行勢たちが、もっと、逃げ馬を突かないといけないのに、行ったのが、人気のルメール1人とは。。

競馬って、騎手なんだねえと、改めて思い知らされた今年のダービーでしたね。
とにもかくにも、あそこで、すぐさま、動いていったルメールの判断、騎乗はまさに「神」!!

だから、G1、3週連続勝てるんですわなああ・・この調子だと、安田記念も勝っちゃいそうだね。
この日は、目黒記念まで、8番人気の馬で勝つんだから、ほんと、ルメールは凄かったよ。。。。

馬自身は、この超スローの展開のおかげで、スタミナ勝負とならなかったのが、良かったんでしょうね。
まあ、オークスも勝っていた藤沢厩舎の勢いもあったんでしょうかねえ。
今回と同じ、超スローで、タイムも2分26秒9と全く同じだったのが、エイシンフラッシュが勝ったダービー。
2着がローズキングダムで、2頭とも、キングマンボ系の血統。
で、今回も、勝ったのが、キンカメ産駒のレイデオロですから、こういう展開だとこの血統が強いんですかね。

結局、3着アドミラブルを除く、上位8頭全て、4コーナー5番手内の位置取りで、先行勢しか馬券になりません。
なので、この展開で、大外枠から3着に突っ込んだアドミラブルは、負けて強しというか、展開に泣きました。。
後方からの競馬になるかと思われたスワーヴリチャードも、しっかり中段からレースをし、4コーナーでは5番手。
鞍上の四位は、枠順も活かして、完璧に騎乗しましたが、それ以上に、ルメールがうまかったということね。

スローなら出番ありと思っていたカデナでしたが、4コーナーでのあの位置取りでは、どうにもならんて・・
なにやってんだ、福永・・・そんなことでは、いつまでたっても、ダービー勝てんぞ。。。

当然、本命にしたベストアプローチも、完全にこの展開に泣いて、見せ場すら作れずの惨敗・・
まあ、アドミラブルとは、0.4秒差で、この差は、青葉賞と同じで、結局、前走と変わらずの結果か・・
しかし、今回は、スタートも良く、道中は7番手追走という、絶好の位置取りだったのに、3コーナーから・・・
3コーナーで9番手、4コーナー12番手と、なぜか、位置取りを下げるという、この流れでは、最悪の位置取りに。。
青葉賞で、先にアドミラブルに動かれて、突き放されてしまったのに、なんで、今回、先に動かなかったのか??
馬のタイプは違いますが、ディープブリランテの時のような、あの積極果敢な騎乗が見たかったよ・・岩田ああ。。

ここ4年続けて、ダービーは、母系にロベルトの血をもつ馬が来ており、血統的にもベストアプローチには期待したが。
来たのは、レイデオロとアドミラブルという人気のロベルト持ちの馬の方だったというオチかあ・・

結局、逃げた14番人気マイスタイルが、クビ差4着と粘り、今年も内枠の先行馬が穴馬だったわけですね。
やっぱり、ダービーの穴馬探しは、来年も、内枠の先行馬で、いいみたいだな。。。

ダービーが堅い決着だったので、次の安田記念は、荒れることを期待して、穴馬を見つけたいですな。
でも、またルメールなんだろうなあ。。。
コメント

ダービー17(予想)

2017-05-28 01:21:25 | 日本ダービー
ダビスタのCMの菜七子ちゃんは、可愛いよね。
土曜は、最終レースで逃げ切り勝ちを決めまして、いつか、G1で、その姿を見たいものです。

日曜の東京メインレース、日本ダービーの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

ウインバリアシオン、フェノーメノと青葉賞馬を無印にして馬券を外して以来、毎年、青葉賞組に重い印を打ってます。
痛かったのは、2014年、◎ショウナンラグーン、○マイネルフロストで、印が逆だったら、万馬券的中でしてね・・

◎ベストアプローチ

本命をカデナと迷ったが、岩田と福永で考えれば、迷うことなく岩田ということで。
その岩田、土曜に1400勝をメインレースで決めて、ダービーと同じ条件のレースでも勝ち、予行演習はバッチリ!
福永と違い、既にダービージョッキーでもあり、この舞台での勝ち方を分かっている。
今回は、人気薄の気楽な立場でもあり、ダービーを楽しみながら、一発狙ってくるはず。

前走は、アドミラブルに完敗の結果も、アドミラブルに先に仕掛けられ、直線で追う展開になったのは、きつかった。
それでも、瞬時に馬体を合わせにいった脚は素晴らしかったのだが。
逆にアドミラブルの方が右に寄れてきて、邪魔される不利が多少あったような。
更に、マイナス8キロで、デビュー以来の最低体重だったのも影響したかもね。
今回は、中間の馬体重が、プラス14キロとなっており、しっかり、馬体を戻し、体調も万全のようです。
東京遠征も、今回が3度目で、馬も慣れてきたようで、6着→2着とくれば、次は1着でしょう。

過去、対カデナとは、2戦2敗ですが、京都2歳Sも弥生賞も、どちらも直線で前が塞がる不利が痛かった。
特に弥生賞の不利は大きかったので、それで0.3秒差なら、間違いなく、カデナとの能力差はない。
逆に、弥生賞の不利で、3着内に入れず、皐月賞に出走出来ず、青葉賞に向かい、ダービー行きを決めた形に。
ということで、弥生賞の不利が、今になって良かったという結果で、ダービーは運のいい馬が勝つということです。

血統的にも、オークスがガリレオの仔フランケル産駒のソウルスターリングが勝ったのも、いい流れか。
更に、母系のロベルトの血は、ここ4年連続で馬券になっている。
アポロソニック、マイネルフロスト、サトノラーゼン、ディーマジェスティと人気馬から超人気薄まで。

青葉賞は、権利取りのため、仕掛けを遅らせたが、今回は、アドミラブルよりも先に抜け出し、一発あるぞ!


○カデナ

重賞2連勝が、超スローの緩い流れだっただけに、皐月賞は厳しい流れできつかった。
しかも、いつものような溜める競馬ではなく、ミルコに触発されてか、道中、位置取り上げて脚を使ったのもダメだった。
今回も、ペースが速いと厳しいが、今回、強力な逃げ馬は見当たらず、トラスト、クリンチャーならスロー濃厚。
仮にクリンチャーが引っ張る展開になれば、同厩の馬ですから、間違いなく、スローに落として逃げてくれるはず。
なんだかんだ言っても、展開向かなかった前走以外は、連を外していない重賞2勝馬ですから、その馬が6番人気は妙味。
メンバー最速の上りでアドマイヤミヤビの2着だった百日草特別の走りからも東京は合うし、福永の悲願の可能性も。


▲スワーヴリチャード

「左回りは走る」とダービー2勝ジョッキーが言ってますし、ここは普通に巻き返す。
皐月賞で人気を裏切り、ダービーで巻き返すハーツクライ産駒って、まんま、オークスのアドマイヤミヤビと被ります。
元々、ダービー狙いのローテですし、ここは、人気通りに走ってくれるはず。


△レイデオロ

あの藤沢厩舎が、クラシックのオークスを勝ち、ついにダービーも勝ちそうな流れではある。
でも、皐月賞が、5番人気5着というのが、ギリ、セーフなのか、アウトなのか、微妙な結果なのである。。。
上りが、メンバー2位で、今回、1位の馬が出走していないで、実質、皐月賞で最速の上りを使ったとすれば、買いか。
しかも、鞍上がG1連勝中のルメールですから、消すのは怖すぎます。


△アドミラブル

ここ2年連続、アザレア賞→青葉賞連勝馬が、本番ダービーで凡走している事実。
この10年で4頭の青葉賞組が馬券になっているが、うち3頭は関東馬で、関西馬はウインバリアシオンのみ。
そのウインバリアシオンは、青葉賞が、初の2400m戦でした。
つまり、連続関東遠征となる関西馬にとっては、3戦連続2400mというローテは、かなり厳しいということ。
ミルコの出遅れも不安だし・・陣営はミルコとは言わずに、最後入れだから、準備出来ずに出遅れる心配ありと。
とはいえ、前走は圧巻の走りだったし、今年、休み明け3戦で、まだ余力はありそうな感じもしますし。
あと、不利と思われた大外枠が、土曜の芝結果が、8枠全勝と、外伸び馬場で、外枠不利じゃないなら、消せません。


△アルアイン

毎日杯、皐月賞と連勝したのは、あのテイエムオペラー以来でしょうか。
そのオペラオーは、ダービーでは3着でしたので、この馬も、あって、3着までかなと。
人気薄で皐月賞馬になったといえば、昨年のディーマジェスティですが、ダービーでは3着でしたしね。
距離延長は、ディープ産駒だし、案外問題なさそうで、あとは、鞍上の差もでるかな。

馬券はベストアプローチを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (5)

【POG】最終週、コロナシオンが出走しますが・・

2017-05-26 00:18:24 | POGその他
さあ、競馬の祭典、日本ダービーですが、私的に盛り上がらないのは、やっぱりPO馬がいないと・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

オークスのあった先週は、4頭の出走がありましたが、クインアマランサスが、今頃、未勝利を勝ち上がりました・・
オークスを除外されて、カーネーションSに出走したアドマイヤローザは、1番人気に支持されるも、9着と惨敗・・
前走のフローラS同様、前残りのスローの展開に泣かされたとはいえ、ちょっと負けすぎ。。。
秋を向けて、確実に勝っておきたかったレースだったのに、まったく見どころない走りで、超ガッカリですわ・・・

◆クインアマランサス(通常POG) 1着(-0.0秒差)14・2・5着
◇エンドゲーム   (地獄モード)10着( 1.2秒差)6・4・3・1・12・4・10着
◇アドマイヤローザ (地獄モード) 9着( 1.1秒差)2・1・2・7着
◇アルテーロ    (地獄モード) 4着( 0.2秒差)3・5・3・2・9着

ということで、今週は、ダービーですので、POGも最終となります。
通常なら、ダービーにPO馬が出走して、わくわくしながらダービーを待つはずなのに、今年はPO馬の出走ゼロ・・
てか、ダービーどころか、2歳戦を含めて、G1レースに、PO馬の出走がゼロという、今年のPOGは大失敗でした。。
ダービーの翌週からは、早くも次のPOGが始まりますので、次こそは、来年のダービー馬を探し当てたいと思います。
完敗、惨敗の今年のPOGでございました・・・・

◆コロナシオン 1・4・10着
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba5頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

土曜の京都6レース、3歳500万下(芝2000m 9頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
土曜の京都でやるオープン特別の白百合Sに登録があったのだが、相手関係を見て、こちらを選んだか?
白百合Sには、ダービーを除外されたサトノクロニクルが出走するので、確実に2勝目を狙えるレースを選択したかな。
でも、こちらにも、前走、未勝利戦で5馬身差ぶっちぎったサトノグランがいるんですけどね。
コロナの前走は、休み明けながら、直線では、それなりの脚を使い、勝ったディアドラから0.4秒差ですから、まずまず。
そこから中2週の今回は、秋へ向けて、確実に勝っておきたいところ。
今年の3歳牝馬はレベルが高いですが、なんとか、この馬の名前が秋華賞で見られることを期待しますよ。

◇ラファエラ 6・14・13着
(牝 父ジャングルポケット 母カーリーエンジェル 栗・牧浦) 地獄モード10頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上が川又に乗り替わりで出走。
前走はダートに矛先を向けたりしたが、まったく結果が出ず・・・
今回、ようやく、距離を伸ばしてきました。
血統的に、この距離延長はプラスだと思うので、この距離で、馬が変わってくれることを祈るのみ。

今年はPO馬の出走がないダービーということで、予想的には、フラットに全馬を見ることが出来ます。
何を頼りに予想するか、困りますが、基本は、皐月賞組なんでしょうが、今年は別路線組のような気が・・
コメント

オークス17((結果))☆☆

2017-05-23 00:34:05 | オークス
今年、G1予想9戦目にして、ようやく的中というか、今年やっと初的中。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月21日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 2 △ソウルスターリング 牝3 55 ルメー 2:24.8 1
2[1] 1 ◎モズカッチャン   牝3 55 和 田 1.3/4 6
3[8] 16 △アドマイヤミヤビ  牝3 55 デムー 2.1/2 2
4[4] 7 ▲ディアドラ     牝3 55 岩 田 アタマ 9
5[7] 14 △リスグラシュー   牝3 55 武 豊 3/4 3
6[2] 3 △フローレスマジック 牝3 55 戸 崎 クビ 5
7[6] 12  ブラックオニキス  牝3 55 大 野 2.1/2 17
8[8] 18  マナローラ     牝3 55 蛯 名 1.1/4 16
9[5] 10  ブラックスビーチ  牝3 55 北村宏 クビ 8
10[2] 4  ミスパンテール   牝3 55 四 位 1/2 11
11[8] 17  カリビアンゴールド 牝3 55 田中勝 1/2 14
12[3] 5 ○モーヴサファイア  牝3 55 北村友 1.1/2 13
13[7] 13  レーヌミノル    牝3 55 池 添 1.1/4 4
14[3] 6  ハローユニコーン  牝3 55 柴 山 1.1/2 12
15[6] 11  レッドコルディス  牝3 55 吉田豊 1/2 15
16[4] 8  ホウオウパフューム 牝3 55 松 岡 1.1/4 7
17[5] 9  ディーパワンサ   牝3 55 内 田 1/2 18
18[7] 15  ヤマカツグレース  牝3 55 横山典 7 10

払戻金 単勝 2 240円
複勝 2 130円 / 1 350円 / 16 190円
枠連 1-1 2280円
馬連 1-2 2290円 / 馬単 2-1 2790円
3連複 1-2-16 4600円 / 3連単 2-1-16 20130円
ワイド 1-2 830円 / 2-16 370円 / 1-16 1680円

当たったはいいけど、3着が何とかならんかったか・・岩田・・・
ゴールが、あと1メートル手前だったら、ディアドラ、粘れていたのになあ・・・大きなアタマ差だよ・・
ディアドラ3着なら、3連複は150倍ですから、46倍との差は大きかった・・悔しい。。。
これでまた、中1週ローテの馬は、馬券にならない傾向が更新されてしまいました。。。

でも、本命にした馬が人気以上に激走してくれて、予想的には、ほぼ完璧でした。
人気サイドでは、レーヌミノルを、自信を持って消せたし。
穴人気サイドでは、ホウホウパフューム、ブラックスピーチには、手を出しませんでしたし。
大穴で狙ったモーヴサファイアは、無理すぎましたが・・・やっぱり休み明けの馬は黙って消しです。。

勝ったソウルスターリングは、前走の敗因が道悪、外枠ということで、今回が、良馬場、内枠。
もう完全に巻き返せる状況であり、実績的にも、この時期に、距離適性が出るとも思えず、順当な結果。
そうは言っても、強かったですな。
あの位置取りから、直線での末脚も確かで、盤石の強さでしたねえ。
安心して見れられるとは、まさにこのことか。
秋、ファンディーナとの対決が見られるかどうか分かりませんが、是非、見たいですね。

2着に、本命にしたモズカッチャンが頑張ってくれました。
唯一不安だったスタートを無事に切ってくれて、道中の位置取りは完璧。
直線に入ったところで、ソウルの動きに合わせて、こちらも仕掛けた時には、一瞬、突き抜けるかと思ったが。
それにしても、この馬も強かったですよ。
3着のアドマイヤミヤビに2馬身半の差をつけてますので、秋も期待したい1頭ですな。
名前のせい、あまり評価が上がらない馬ですが、さすがに、今回のオークス2着で、秋は人気馬の1頭になるね。

3着は、突っ込んでこなくていいのに、やっぱりG1では最低限の仕事はするミルコですなあ。
この馬も、桜花賞は、道悪と外枠に泣いた感じでしたが、今回も、外枠の不利は多少あったが、上位2頭には完敗。
今後の成長で、秋での逆転を期待したい1頭です。

とにかく、5月にして、ようやく今年初の的中となり、配当は安めでも、ひとまず良かったですわ。。
この流れで、次のダービー、安田記念も的中で、モズカッチャンみたいな3連勝を決めたいものですね。
次、捻りすぎない程度に、ダービーの穴馬探しを開始します。
コメント

オークス17(予想)

2017-05-21 02:00:51 | オークス
日曜の東京メインレース、オークスの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

毎年、桜花賞組が強いレースであることは、知っておりますが、それを承知で、別路線組から狙う!
桜花賞馬に、距離不安がありと言われる場合は、だいたい別路線組が、勝っておりますのでね。

◎モズカッチャン

素直に、フローラSの勝ちっぷりを評価します。
そのフローラS、最初のコーナーで他馬に寄られる不利で位置取りを下げ、直線でも、前が開かず追い出し遅れ。
そんな、内枠の恩恵以上に、ロスも多かったレースで、鮮やかな差し切り勝ち。
さすがに能力がないと、重賞含めての3連勝は、なかなか出来るものではないぞ。
3戦中、2戦は牡馬相手に勝っており、2走前など、折り合いを欠きながらも、新緑賞勝ちのビービーガウディに勝っている。
しかも、勝った距離が1800、1800、2000mということで、桜花賞組にはない距離適性の実績をみせている。
デビューから2戦は、出遅れ、渋った馬場の影響もあり、勝ち上れなかったが、ここ2戦では、出遅れグセも解消。
スローだった前走では、きっちり折り合っていたし、1戦ごとに課題が解消されている。
日曜も晴れで、良馬場で行われるし、土曜は内の馬場も良く伸びていたし、ここでもチャンスは十分。

ハービンジャー産駒はG1では用なしと言われていたが、皐月賞でペルシアンナイトが2着と好走。
牝馬のハービンジャー産駒は、重賞を勝てないと言われていたが、このモズカチャンがそれを打ち破り。
昨年だって、10番人気のジェラシーが4着と頑張っただけに、今年の流れならば、ハービンジャー産駒がG1取っても不思議なし。
ただこの馬は、サンデーの血を持っておらず、そこが不安ですが、キンカメ産駒アパパネが勝っており、母父キンカメの力に期待。

鞍上の和田は、土曜、15番人気2着、12番人気1着と大穴あけてますので、日曜は中穴で結構ですので、頼みますよ。
いつまでもオペラオーのG1実績しかないというのも、寂しいですし、ここらで、久々、G1取りやって下さい!


〇モーヴサファイア

土曜のカーネーションCは、ルーラーシップ産駒のワンツー。
メインのメイSは、ダイワメジャー産駒のワンツーと、同産駒ワンツー決着の流れとなれば、ここはハービンジャーのワンツー期待。
オークスは、この10年を見ても、休み明けの馬なんて、1頭も馬券になっていないのだが、そもそも、休み明けの馬が出走してない。
この10年では、休み明け馬は昨年のダイワドレッサー1頭だけ。
そのダイワドレッサーにしても、ブービー人気ながら、0.4秒差の8着と健闘している。
外傷で忘れな草賞を使えずの、ぶっつけオークスとなったが、この中間の追い切りの動きは悪くなく、久々の影響はなさそう。

デビューから5戦、全て牡馬相手と戦い、結果を出している。
新潟2歳Sは、1番人気を裏切ったが、内枠で出遅れるという最悪の競馬で、あれは仕方なし。
野路菊Sでは、後のきさらぎ賞馬アメリカズカップに0.1秒差。
福寿草特別でも、後の京都新聞杯馬プラチナムバレットとハナ差の競馬。
そして、前走は、後のプリンシパルS3着馬ロードアルバータに圧勝。
しかも、レースでは、スタート直後に他馬にぶつけられて位置取り下げるし、道中、外から捲ってきた馬に煽られ、首を上げたり。
なかなかロスの多い競馬ながら、2000mの距離で勝ったことが、ここに繋がりそう。

血統的にも、この馬には、サンデーの血があるし、兄ブラックスピネルは、東京新聞杯を勝っており、初の東京コースも問題ないはず。
ブラックスピネル自身は、3歳時は、中距離で結果を出していたので、もちろん、距離延長も問題なし。
近親ダンビュライトは、皐月賞3着で、G1で馬券になったし、近親ラブラドライトは、ステイヤーですから、距離延長はプラスになる。

今週は、内・中が伸びる馬場状態のようですので、この枠活かして、好位差しの競馬が出来れば、一発ある!


▲ディアドラ

ハービンジャー、第三の矢!
このレース、中1週の馬は過去をさかのぼっても、来てないのですが、傾向というものは、いつか崩れ、休み明けが来るなら、中1週もと。
桜花賞でも穴で期待した1頭でしたが、まさかの出遅れで最後方からの競馬となり、直線でも前が開かないシーンもあり。
それでも、メンバー最速の上りで、0.4秒差まで追い詰めて、能力のあるところは見せた。
更に、距離延長した前走の矢車賞は、これまでで、一番強い競馬を披露したことで、距離伸びて、この馬の能力が全開してきた感。
こちらの方が、サンデーの血は少し濃いし、母父スペシャルウィークは、オークス馬を出していますので、この舞台は血統的にも合う。
あとは、何と言っても、鞍上の岩田。
土曜は、平安Sで15番人気3着と大穴あけてますので、G1のここでも、一発お願いますよ。


△フローレスマジック

このレースは断然、ディープ産駒が強いレース。
もう、血統だけで、黙って買いの1頭。
前走の3着とはいえ、タイム差なしだし、更なる距離延長で逆転は十分ありそう。
鞍上の戸崎は、先週ヴィクトリアMでは、人気を裏切ってくれただけに、その借りをここで返してくれよ。


△リスグラシュー

桜花賞は道悪を嫌って、この馬の評価を下げてしまったのだが・・
その得意ではない道悪桜花賞で2着と激走し、さらに血統的に距離延長OKとくれば、ここでは最有力候補。
ただ、2走前、チューリップ賞は、桜花賞、オークスの2戦を見据えた仕上げで、ソウルに完敗したわけでして。
その完敗により、桜花賞では、オークスを見据えず、桜花賞1本の渾身の仕上げで挑んだわけでしてね。
そうなると、ここでは、上がり目はなく、むしろ、2着激走の反動も心配だったり。
陣営のコメントも、前走でソウルを負かしたわりには、ここで、強気のコメントが出ておらず、状態面が少し不安。
だけど、前走、無印にして、痛い目見たので、今回は、そりゃ当然買いますというか、ちゃんと応援します。


△ソウルスターリング

前走の敗因は道悪とするなら、ここでの巻き返しは当然。
多少行きたがる気性でもあり、少し距離不安も囁かれているが、東京1800でペルシアンナイトを負かしている馬ですから。
2400mは、どの馬にも未知数であり、同世代のここでは、東京1800実績だけでも十分威張れるもので、普通に勝ちそう。


△アドマイヤミヤビ

前走の敗因が道悪だけにしては、ちょっと負けすぎなのだが・・
それで、人気落ちなら、黙って買いの1頭なのだが、引き続き、人気しているだけに、本当は買いたくない・・
しかし、東京の2000m、クイーンCを勝っている馬ですし、血統的にもこの舞台は合いそうですしね。
そして、鞍上は、ミルコとくれば、馬券妙味はなくとも、押さえないと痛い目みるね。。


馬券はモズカッチャンを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (5)

【POG】アドマイヤローザはオークス抽選漏れで、カーネーションC

2017-05-19 00:37:13 | POGその他
最近のお気に入りは、めちゃコミックのCMに出ている女の子。
あのヨーヨー、バンバンしている子です。
名前を調べると杉浦みずきちゃんだそうです。
20歳の学生さんで、なんと同志社大学ということで、頭もいい子なのね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、1頭しか出走がなく、いつものごとく、勝ち上がれず・・
とくに、報告することもないわなあ・・

○ブルベアライノ (シェアポイント) 7着(1.2秒差)5・14・8・8・8・9着

さて、今週は、アドマイヤローザが、1/6の抽選を潜り抜けて、オークス出走出来るか期待したのだが・・
残念ながら、抽選漏れで、カーネーションCに回りました。

◆クインアマランサス 14・2・5着
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が荻野で出走。
今頃は、オークスに出走していると思って指名したのに、まさかのダート未勝利戦に出走する身とは・・・

◇エンドゲーム 6・4・3・1・11・4・10着
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

土曜の東京6レース500万(ダート2100m 16頭立て)に鞍上が大野に乗り替わりで出走。
芝で7戦走って、ここで初ダートですかあ。。。
それでも、距離はあくまでも長めを選択ですが、どうでるか?

◇アドマイヤローザ 2・1・2着
(牝 父ハービンジャー 母アドマイヤテンバ 栗・梅田) 地獄モード5頭目

土曜の東京9レース、カーネーションC(芝1800m 13頭立て)に鞍上がミルコに乗り替わりで出走。
フローラSは、完全に展開向かずの1戦だっただけに、なんとか、抽選を潜り抜けて、オークスに出てほしかったが・・
岩田からミルコに乗り替わりで、馬がどう変わるのか注目。
このレースには、スイートピーS3着馬と忘れな草賞4着馬も出走するので、ここの決着で、各レースのレベルを判定ね。

◇アルテーロ 3・5・3・2・9着
(牝 父ハービンジャー 母グルーヴィクイーン 栗・庄野) 地獄モード6頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が浜中で出走。
前走が、まさかの大敗でしたが、敗因が直線の坂だとすれば、平坦京都に戻れば、ここは勝ち上りのチャンス。

さてオークスですが、先週のヴィクトリアMの反省から、しっかり穴狙いをすれば、逆に堅い決着になりそうで・・
コメント

【食べ放題】サンドックイン神戸屋

2017-05-18 00:22:53 | 食べ放題
ミスドのクロワッサンドーナツが、安くなって復活してくれたのは嬉しい。
久々に食べたが、やっぱり、うまいね。
ヤマザキのなんかより、カロリーが100カロリーは、低いのもいいよね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑競馬の記事はこちらからどうぞ!

馬券が当たらない今日この頃、ブログには挙げてませんけど、食べ放題は毎週のように行っておりまして。
そんな中、前々から気になっていた「サンドックイン神戸屋」に先日、行ってきたので、ちょっと報告。
テレビなどでも紹介されている八重洲店は、大人気で行列がすごいので、向かった先は東神奈川店。
場所はJR東神奈川駅直結の駅ビル「CIAL PLAT」という、こじんまりした駅ビル内にあります。
ということで、今回は、車ではなく、電車を使いました。

ここの食べ放題は、「神戸屋」という店舗名通り、「パン」です。
パンの食べ放題と言えば、サンマルク、バケット、鎌倉パスタなんかには、たまに行くんですけどね。
ここの食べ放題の特徴としては、店頭で販売しているパン、いわゆる惣菜パンが食べ放題だということね。
パン以外に食べ放題なのは、「サラダ」のみなので、パン好きじゃないと行く価値はない食べ放題ですな。
八重洲店の食べ放題記事をネットで見ると「フライドポテト」が写ってましたが、東神奈川店にはなかったな。

システムは、食べ放題時間が11時から14時までの間で、その間であれば、制限時間はありません。
1ドンリク、1スープが付いて、1人994円(税込)です。
ドリンクは好きなものが選べて、スープはコーンスープと決まっているようです。
1000円を切る食べ放題ということで、前々から行きたかったわけですけどね。

11時開始に合わせて、5分前に店に到着すると、既に12人が11時の開始を待って、並んでいました。
座席数は、38席あると、事前に確認していたので、この人数なら、すぐに案内されそうだと思ったが・・
11時となり、順番に会計を先に済ませてから、席につくわけだが、ここからが、結構時間がかかりましたよ。
レジ係りが1人で、その人が会計とドリンク、スープの準備をするものだから、なかなか時間がかかるわけで・・
結局、15分ぐらい待って、ようやく席につくことが出来ました。

やはり、1000円を切る料金設定だけに、食べ放題のラインナップは、ちょっと寂しい。。。
その写真は取らなかったので、それは、他の方のブロクなどで確認してみて下さいな。
それでも、今回のメインは、「カツサンド」でしたので、それを好きなだけ食べれたので、良しとしましょうか。
惣菜系のメインがカツサンドなら、甘い系のメインは「とろけるマンゴー」になるのかな。
マンゴーがたっぷり乗ったパンで、店内の販売の所でも、人気商品として、売られておりましたね。
ただ甘党の私としては、チョコ系のパンが1つもなかったのは、かなり不満でしたな。
あと、クロワッサンがなかったのも、ちょっと残念。
ここのパン食べ放題は、スイーツ系というより、食事系と考えた方がいいようです。

この食べ放題、時間無制限と書きましたが、食べれるパンの種類が沢山あるわけでもなく、そもそも食べれない。
なので、結局、滞在時間は、1時間程度。
一番乗りだったお客も、11時に入って、12時頃に席を立っていたので、やはり、みんな利用時間は1時間ぐらいか。

徒歩で行ける近所にこの店があれば、たまに行きたいと思うが、電車賃を払ってまで行くかと言われると・・・
994円という料金だから仕方ないが、まず、1ドリンク制を飲み放題にしてもらいたいなあ。
水は飲み放題だが、水だと味気ないというか、パンを美味しく頂けないのよねえ。
あと、不二家みたいに、販売しているパンほぼ全てを食べ放題にしてもらうと、魅力的な食べ放題になるのだが。
正直、「カツサンド」と「とろけるマンゴー」以外のパンは、不味くはないが、お代わりしたくなるほどでもないし。
全てのパンとは言わないまでも、スイーツ系パンの充実を望みますよ。
と言いつつ、値段を考えれば、かなりお得な食べ放題だと思うし、ちゃんと満足して帰ってきました。
カツサンドをしっかり食べれば、必ず元は取れますのでね。


1階で販売をしており、2階で食べ放題を実施。




ドリンクは、アイスカフェオレをチョイスしました。店内では340円ぐらいで売っていたかな。


こちらが、「とろけるマンゴー」でございます。カツサンドもお代わり。
とろけるマンゴーは、店内では290円ぐらいで販売していたかな。


再びカツサンドと、とろけるマンゴーもお代わり。


ちょっとパンが飽きてきたので、サラダを。しかし、サンドイッチも取ってきた・・


とどめのカツサンドと甘い系パン。
だんだん、皿にのせるパンの数が減っているのが、お分かりでしょうか。
そう、満腹になってきたのですよ。。

カツサンドは、店内では3キレで600円ぐらいで販売してましたな。
食べ放題では、販売している1キレを更に半分にして出しているようで。
だから、6キレ食べると600円という感じ。
私は、結局、10キレ食べましたので、カツサンドで1000円分は食べました。
コメント

ヴィクトリアマイル17((結果))

2017-05-16 00:14:39 | ヴィクトリアマイル
正解は4歳馬でしたかあ・・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月14日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・稍重
サラ系4歳以上 / 定量 / オープン / 定量

1[3] 5  アドマイヤリード  牝4 55 ルメー 1:33.9 6
2[5] 10  デンコウアンジュ  牝4 55 蛯 名 1.1/4 11
3[2] 3  ジュールポレール  牝4 55  幸  クビ 7
4[1] 2 ▲スマートレイアー  牝7 55  武  アタマ 4
5[2] 4  ソルヴェイグ    牝4 55 川 田 クビ 9
6[4] 8  クイーンズリング  牝5 55 デムー 3/4 5
7[6] 11 ○ミッキークイーン  牝5 55 浜 中 1/2 1
8[8] 15  フロンテアクイーン 牝4 55 北村宏 1/2 12
9[6] 12  ウキヨノカゼ    牝7 55 吉田隼 クビ 8
10[4] 7 ◎ルージュバック   牝5 55 戸 崎 1/2 2
11[7] 14 △レッツゴードンキ  牝5 55 岩 田 クビ 3
12[1] 1  アットザシーサイド 牝4 55 田 辺 ハナ 13
13[3] 6  アスカビレン    牝5 55 池 添 クビ 10
14[7] 13  ヒルノマテーラ   牝6 55 四 位 1.1/2 17
15[8] 16  クリノラホール   牝4 55 北村友 2 16
16[8] 17  リーサルウェポン  牝6 55 内 田 6 15
17[5] 9  オートクレール   牝6 55  黛  大差 14

基本、穴予想のくせに、今年は荒れないと判断し、完全に穴馬探しを放棄して、この有様・・・
このハズし方は酷すぎるが、まあ、ほんまにカスリもしない予想結果だけに、ある意味スッキリか。。

当初、穴馬候補として、デンコウアンジュとジュールポレールは気にしていたが、アドマイヤリードは・・
ルメール人気で、6番人気と穴人気していたし、脚質も追い込みで、東京実績のない小柄馬で、速攻消した1頭・・
その馬に勝たれては、仮に穴予想をしていても、絶対当てることは出来ませんでしたなあ。。。。
馬は重賞未勝利ながら、前走で能力があることは示していたものの、東京のオークスで大敗していたからなあ。。
ただ重馬場実績のある馬で、馬場が味方したし、この日は、ルメールが絶好調で、騎手の力も大きかったかなあ。
しばらくG1を勝てなかったアドマイヤが、まさかここで勝つとは・・・デウスで勝ってくれよ。。。
この流れで、オークスもミヤビが勝つのか?!

2着デンコウアンジュは、東京マイルは、アルテミスS勝ちの実績があり、今回の渋った馬場も良かったね。
更に、外差しの馬場でもあり、まさにアルテミスSの再現でしたな。
穴党なら、この馬から買えるようにならんとダメですなあ・・・・
鞍上の蛯名も、このレースに実績がありましたからねえ。

3着ジュールポレールは、前走3着で重賞でもやれる力を見せており、面白い1頭とは思ったものの・・
最終的には、陣営が良馬場希望だったので、荒れた馬場はマイナスかと思ったし、東京実績なかったからなあ。
しかし、重馬場だった阪神牝馬Sの2、3着馬が、今回しっかり、1、3着と結果を出したのに、1着馬は?

ミッキークイーンが凡走するなら、前走、重馬場で激走したことによる反動があると思ったのだが・・
それなら、阪神牝馬Sの2、3着馬も一緒に凡走してもいいようなものだが、そうならないのが競馬の難しさか。。
結局は、このレースに強い4歳馬を中心に、馬券を買えばよかったということね。
今年は、7頭の4歳馬が出走していたのだが、7頭中上位人気4頭のBOX馬券で10万馬券ゲットでしたかあ・・
まあ、それは、完全に結果論ですけどね・・・

しかし、マイル実績のないルージュバックを、ここで本命にするとは、あまりにセンスのない予想・・
しかも、人気が落ちていたなら、狙う手もあったかもしれないが、2番人気ですから、一番ダメな予想ですな。。
前走で、3番手からの競馬が出来ていたので、それが今回活きると思っての本命だったが、まさかの後方2番手・・
スタートしてすぐ、あの位置取りを見て、もう我が馬券のハズレを受け入れましたよ。。。
日曜の戸崎は好調だったに、肝心のメインで、このざまかよ・・
まあ、馬自身が追い切りでもいつもの動きが見られずおとなしかったようで、状態が万全ではなかったかな。
全馬がきっちり仕上げてくるG1なんだから、このあたりの情報は重視して、予想をするべきだった・・反省。

穴予想をして堅い決着というのはよくあることだが、堅い決着を予想して、上位人気5頭が馬券にならないとは・・
予想が当たらないのは、いつものことだが、これほど酷いハズし方もないな。
でも、上半期のG1は、まだ4つありますので、何とか、そのうち1つは当てたいものです。
次のオークスは、ちゃんと、穴馬探しを怠らず、実施します。。。。
コメント

ヴィクトリアマイル17(予想)

2017-05-14 01:00:23 | ヴィクトリアマイル
おいおい、クラレント、穴はわしが馬券を買う安田記念まで待ってくれよ・・・

日曜の東京メインレース、ヴィクトリアMの予想
芝 1600M G1 定量 17頭立て

土曜の東京は、結構な雨が降って、馬場状態は重馬場に。。
日曜の東京競馬場の天気予報は晴れということで、どこまで馬場が回復するのでしょうかねえ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

1頭ぐらい、穴馬を探したかったが、悩んで予想した結果、今年は穴党の出番なしの堅い決着になるとみた!

◎ルージュバック

マイル実績のないこの馬に、昨年の時計は速すぎたね。
それでもミッキークイーンとは、0.2秒差だし、鞍上も主戦の戸崎ではなく、ピンチヒッターのルメールでしたし。
今年は、この馬にG1をと燃える主戦戸崎がしっかり乗るし、時計勝負にならないとなれば、逆転のチャンスあり。
前走は内枠が災いして、直線で前が開かず、追い出して遅れての4着であり、力負けではない。
それよりも、3番手から競馬が出来たことが収穫であり、今の東京は断然前有利なだけに、好位から競馬が出来れば。
この馬のベスト距離は1800~2000なのだが、得意コースである東京なら、十分に距離適性も補える。
基本、このレースはリピーターレースなのだが、それは騎手にも言えるレースでして。
ならば、戸崎の3連覇が見れるのではないでしょうか。


○ミッキークイーン

リピーターレースですから、当然、昨年の2着馬は、今年も馬券になりますよ。
重馬場のままなら、まさに鬼に金棒となり、この馬が連を外すシーンは考えられませんなあ。
唯一の不安は、前走、重馬場で激走したことによる反動、疲れでしょうかねえ。


▲スマートレイアー

過去3年出走して、馬券になってない馬は、リピーターレースなら不要馬になるのだが。
最初の2年は、追い込み脚質時代で結果が出なかったが、昨年は、先行脚質になって4着と健闘。
ミッキークイーンとは0.2秒差ということで、この馬にもリピーターの資格が浮上してきた。
7歳という年齢は気になるものの、今年初戦の京都記念で2着と衰えないことを証明しており、問題ないか。
むしろ不安は、武豊との相性の悪さと、1年ぶりのマイル戦で、しっかり前に行けるかが気がかりですかね。


△レッツゴードンキ

リピーターレースと考えれば、昨年、1.4秒差の10着大敗のこの馬は少し不安だが。
しかし、その昨年は、高速決着だっただけに、今年は土曜の雨がこの馬に味方しそうな感じ。
しかも、昨年と違って、馬と岩田が、スランプから脱出して復調しているだけに、今年はやってくれそうね。

馬券はルージュバックを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (3)

【POG】アドマイヤローザはオークスに出走出来るか?

2017-05-12 00:22:38 | POGその他
今週のヴィクトリアマイルは、どう考えても、堅い決着になりそうで、穴党の出番はなさそうな。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、5頭の出走がありましたが、またまた、勝ち上がりはなし・・・
ダービー出走をかけて、プリンシパルSに出走したロードアルバータは3着まででアウト・・
勝ったダイワキャグニーは、強い勝ち方だったし、これで東京は3戦3勝という相性の良さ。
今年は皐月賞上位4頭が、それほど強い感じがしないので、プリンシパルS勝ち馬でもダービー出番あるかもね。

500万特別の矢車賞に出走したコロナシオンも3着までで、賞金加算は出来ず・・
まあ、前走が10着大敗だっただけに、今回の3着は健闘だし、馬体重が10キロ増えていたのもいい材料ね。
秋の秋華賞には、なんとか顔を出してほしいけどなあ。
今年のオークスは賞金900万組でも出走可能ということで、このレースに勝ったディアドラも、オークスに登録。
桜花賞でも穴で期待した1頭だったので、出れば中1週になるけど、人気薄なら応援したい気がするね。

◆ロードアルバータ (通  常POG) 3着(0.5秒差)2・1・3・4着
○クラウンハイト  (シェアポイント) 9着(2.1秒差)14・15・15着
◇ラファエラ    (地  獄モード)14着(2.0秒差)6・14・13着
◇インペリアルフィズ(地  獄モード) 5着(0.7秒差)7・5・8・12着
◆コロナシオン   (通  常POG) 3着(0.4秒差)1・4・10着

さて、今週は、わずか1頭と寂しすぎる・・・もう我がPOGは終焉してますが。。。

○ブルベアライノ 5・14・8・8・8・9着
(牡 父ロージズインメイ 母ベガグレシヤス 栗・鈴木) シェアポイント8頭目 指名人数17人

日曜の京都5レース未勝利戦(芝1800m 15頭立て)に鞍上が城戸に乗り替わりで出走。
芝で2戦してダメで、ダートで5戦してダメで、また芝に戻してきましたが、恐らくダメでしょうね・・・

さて、POGもダービーを持って終了するわけですが、今年の我がPOGは酷い結果です・・
POGを初めて20年以上になるけど、過去に、PO馬が1頭もG1に出走しなかったことはなかったわけで。。
今年は、このまま1頭もG1出走なしで終わりそうです・・・
唯一、可能性が残っているのが、来週のオークスです。
1勝馬のアドマイヤローザが登録しているのですが、現状、出走出来るかは、1/6の確率です。
こんなことなら、手堅く、500万条件に出走して、2勝目を上げていたらねえ。。
オークスはファンディーナが回避してしまったのが、とても残念ですが、なんとかPO馬が出走してくれたら楽しみが。
コメント

NHKマイルC17((結果))

2017-05-09 00:29:09 | NHKマイルC
やっぱり、今年は牝馬>牡馬でよかったのかあ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月7日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 16 △アエロリット    牝3 55 横山典 1:32.3 2
2[7] 14  リエノテソーロ   牝3 55 吉田隼 1.1/2 13
3[3] 6 △ボンセルヴィーソ  牡3 57 松 山 2.1/2 6
4[7] 15  レッドアンシェル  牡3 57 福 永 クビ 7
5[6] 11  オールザゴー    牡3 57 内 田 3/4 16
6[4] 8 ▲タイムトリップ   牡3 57 戸 崎 ハナ 10
7[6] 12  ミスエルテ     牝3 55 川 田 1/2 5
8[7] 13  トラスト      牡3 57 柴田大 1 17
9[1] 1  モンドキャンノ   牡3 57 ルメー クビ 3
10[5] 10  ディバインコード  牡3 57 柴田善 1/2 11
11[3] 5 △プラチナヴォイス  牡3 57 石 川 クビ 8
12[4] 7  ジョーストリクトリ 牡3 57  武  3/4 9
13[2] 3 △アウトライアーズ  牡3 57 田 辺 ハナ 4
14[1] 2  キョウヘイ     牡3 57 高 倉 1/2 14
15[5] 9 ◎タイセイスターリー 牡3 57 北村宏 1.3/4 15
16[8] 17 ○ナイトバナレット  牡3 57 藤岡佑 アタマ 18
17[2] 4  カラクレナイ    牝3 55 デムー 1.1/4 1
18[8] 18  ガンサリュート   牡3 57 池 添 3/4 12

払戻金 単勝 16 580円
複勝 16 220円 / 14 950円 / 6 320円
枠連 7-8 2150円
馬連 14-16 17290円 / 馬単 16-14 27730円
3連複 6-14-16 50600円 / 3連単 16-14-6 296160円
ワイド 14-16 4460円 / 6-16 1000円 / 6-14 6400円

散々悩んで予想したのに、惨敗の予想結果に・・・無残。。。
平穏なら、アエロリットが勝って、ボンセルヴィーソが3着までは、当たっていたのだが。。
人気サイドでは、カラクレナイ、モンドキャンノ、ミスエルテ消しも、当たっていたのに・・
肝心の穴馬が、全くの見当違いで・・・

勝ったアエロリットは、前走の桜花賞が出遅れたのか、意図的か、後方からの競馬となり、差し届かずの5着。
それでも0.2秒差だったし、能力が高いことは十分示していたわけで。
更に、当日の矢車賞で、桜花賞6着のディアドラが快勝していたのも、桜花賞上位馬の能力の高さを更に証明。
アエロリットについては、今回メンバー唯一の東京マイル実績馬で、東京1400でも勝っており、ここは順当な結果。
何より、今回は、前走と打って変わってのフライング気味の抜群のスタートからあっさり好位に取りつき。
4コーナーで、2番手に上がるという超強気な競馬で、早め先頭も危なげない強い内容でしたね。

馬券のポイントンは言うまでもなく、2着に突っ込んだ13番人気リエノテソーロ。
今回は、荒れる前提で、穴馬探しから予想をしたものの、この馬については、迷うことなく、速攻消してしまった・・
早熟&ダート馬という勝手な決めつけで、この馬のレース映像は1つも確認してませんでした・・・・
しかし、前走は、休み明けに加えてダート2戦してからの芝戻りの1戦で0.2秒差ですから、上々の走り。
地方ダートで2勝しているとはいえ、今回大混戦のメンバー構成で、最多4勝を上げていることを評価すべき・・
並みの馬では、4連勝は出来ないということを考えれば、その馬が13番人気なら、穴資格は十分でしたなあ。。
というより、今年は、牝馬>牡馬のレベル差がはっきりしていただけに、牝馬というだけで、買いだったか。。

3着ボンセルヴィーソは、まさに定位置の安定した走りですなあ。
特に競り掛けてくる馬もおらず、自分の競馬が出来れば、この着順は順当。
5連続重賞馬券圏内は、お見事で、今後もブロンズコレクターになってもらいますか。
G1を含めて、重賞4連続馬券になっていた馬が、今回も6番人気程度の人気なら、この馬軸が正解だったか。

今回、3頭出し矢作厩舎に期待したが、唯一買わなかったオールザゴーの5着が最高という、馬を見る目もなし。。
穴は先行出来る馬だと思っていたので、タイセイスターリーを本命にしたのに、まさかの出負けで後方から・・・
乗り替わりが裏目に出たのか、あの競馬では、出番ないわなあ・・・
レコードに近い時計勝負にも対応出来なかった感じで、もっとゆったり走れる1800~2000mがいいのかもね。

大穴期待のナイトバナレットも乗り替わりで出遅れ解消するかと思ったら、もっと酷く出遅れる始末・・・

ホームラン狙って、大空振りに終わった予想ですが、実は被害がなかったというオチ。
日曜は昼から焼肉(食べ放題)を食べに出かけており、スマホから馬券を買おうとしたのだが・・
なんと、先日、スマホをauからワイモバイルに変えたことで、IPATの情報が、アプリに登録されておらず。。
普段、毎回入力なんかしないものだから、自分のコードやパスワードが分からず、結局、馬券を買えず。
レースは車の中で見たのだが、自分の予想が外れることを祈りながら見るはめに。。
祈らなくても、当たる可能性の方が低いんですが、当たったら、どうしようという、いらぬ心配をしてました・・
ということで、今回使う予定だった馬券代を次のヴィクトリアMにつぎ込みましょうかねえ。
コメント

NHKマイルC17(予想)

2017-05-07 02:05:23 | NHKマイルC
日曜の東京メインレース、NHKマイルCの予想
芝 1600M G1 定量 18頭立て

今年は、どの馬が勝っても不思議ない、大大混戦状態であり、予想に思いのほか、時間がかかってしまったわい。。。
今年は、牡馬より牝馬のレベルが高いというのが定説となっているが、これが、ここでは罠になりそうな気がするぞ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

PO馬の出走がない時に、次に頼りになるのは、そう、矢作厩舎!
3頭出しで挑む矢作厩舎の本気度にかけるぞ!!

◎タイセイスターリー

矢作厩舎のG1での3頭出しは、実は3度目であり、その全てがこのNHKマイルだ。
過去2度の3頭出しでは、11年がグランプリボスで勝ち、10年がダイワバーバリアンで2着と、共に結果を出している。
となれば、今年も、1頭は確実に馬券になってくれるはず。
グランプリボスもダイワバーバリアンも2走前に1800m以上の重賞を使い4着とあと一歩の結果でクラシックを断念。
そして、前走NZTを使って、ほどよく負けて、本番で結果を出す。
この過程と同じなのが、2走前、共同通信杯4着、前走NZT0.5秒差負けのこの馬となる。
前走は若干負けすぎの感もあるが、スローの流れに、前半折り合いを欠いていたのが、最後止まった要因でしょう。
G1のマイル戦ともなれば、まず平均以上に流れるはずで、その流れなら、折り合いの不安もなく走れるはず。
また前走NZT負けからの巻き返し馬は、前走4番人気内の馬ばかりですので、前走4番人気のこの馬は該当するのだ。

血統的にもマンカフェ産駒は、ジョーカプチーノが勝っているし、ダイワバーバリアンの2着もある。
何より、兄貴ミッキーアイルが、このレースを制しているので、ここで激走する血統の裏付けも十分。
乗り替わりの北村は、NHKマイルでは結果を出していないが、同じ東京マイルG1ヴィクトリアMを勝っている。
人気薄でも10番人気ショウナンマイティで安田記念3着、11番人気ニシノブルームーンでヴィクトリア3着と穴もOK。
土曜もプリンシパルSで、見事、ダービーの切符を獲得したし、ここも、一発穴仕事をお願いしますよ!


○ナイトバナレット

3頭出しの矢作厩舎で、来るのは1頭だけなのだが、大混戦の今年なら2頭目もある!
07年、最低人気で激走したムラマサノヨートーの再現をこの馬に託す!
共通点としては、前走NZTが0.9秒差の二桁着順で、3歳時に中山マイル戦で勝利実績ありの、無欲の追い込み馬。

ここ2走、重賞で結果が出ていないが、アウトライアーズと0.4秒差の競馬をしており、今年の相手なら、勝負になる。
左回りも新潟コースで勝っているし、末脚を活かす競馬をするので、東京コースは合っているはず。
この馬の最大の欠点は、毎回必ず出遅れる、スタートの悪さ。
今回、乗り替わりで、馬が変わってくれることを期待するしかない。
その乗り替わり藤岡祐といえば、08年、同じくテン乗りで、14番人気ダノンゴーゴーで3着と穴をあけている。
何より、藤岡祐と矢作厩舎といえば、スーパーホーネットで、結局、G1を勝てなかった因縁もある。
弟が先にG1を勝ってしまったこの舞台で、兄貴が最低人気で大金星を上げるというのもいいではないか。
矢作厩舎としても、ダービーを勝ったゆかりのディープブリランテ産駒の馬でG1を勝てたら、喜びもひとしおよ!


▲タイムトリップ

前走NZTは、スタートで隣のタイセイスターリーに寄られて、後方からの競馬に。
それでも、直線ではメンバー最速の末脚を使い、0.3秒差なら、負けて強しの1戦でした。
東京コースでも上り33.3の末脚でクロッカスSを勝っており、この舞台は合う。
マイルの距離も、ジュニアCがタイム差なしの3着と好走しており、これも心配なし。
鞍上に、この馬で2勝している戸崎を確保出来たのもプラス材料だし、混戦の今年なら、この地味血統でも。


△アウトライアーズ

毎度お馴染みの皐月賞凡走馬の、ここでの巻き返しパターン。
マイル戦でも勝っているし、東京コースもアドマイヤミヤビに0.1秒差の競馬をしており、東京マイルなら。


△ボンセルヴィーソ

現在、重賞4連続馬券になっている馬が、7番人気なら、普通に買いでしょ。
東京コースは初だが、中京のファルコンS2着で左回りは問題ないし、遠征競馬も問題なしで、今回も3着あたり。


△プラチナヴォイス

土曜の東京の高速馬場を見て、急遽、買い目に入れた1頭。
まあ、この馬もアウトライアーズ同様、皐月賞凡走馬の巻き返しパターンに当てはまる馬。
今回は初マイル戦になるが、前走皐月凡走馬では、キングズオブザサン、リルダヴァル、ブラックシェルが初マイル。
1800の出走経験があれば、実は問題なく、東京マイル戦は、中距離実績がものを言うのよ。
血統的にも、母父にマンカフェがいるし、近親のディープがいるので、この条件は実は一番合っている可能性も。


△アエロリット

混合戦での牝馬の1番人気は危険なのは、皐月賞でも実証されたが。。
その1番人気をカラクレナイが背負ってくれるので、ここで激走するのは、こっちの方になる。
しかし、東京初で、マイル戦未連対のカラクレナイの方が人気になるとは、騎手の差でしょうか。
でも、横典といえば、NHKマイルを2勝、2着5回の実績の持ち主であり、どう考えても、こっちが上にくるはず。
メンバー中、唯一の東京マイル戦経験馬で、そのレースがアドマイヤミヤビに0.1秒差であり、平穏ならこの馬が勝つ。

馬券はタイセイスターリーを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (3)

【POG】ロードアルバータがプリンシパルS、コロナシオンが矢車賞に出走!

2017-05-05 01:03:47 | POGその他
GW真っ只中ですが、特に、どこに行くということもなく、まったりしております。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、2頭の出走がありましたが、いつものごとく、勝ち上がりはなし・・・
あやめ賞に出走したカラルには、多少期待したのだが、5着と残念な結果。。。
直線に向いた時は、一瞬、突き抜けてくれるかと思ったが、ゴール前は案外伸びませんでした・・

◆クインアマランサス(通常POG) 5着(0.9秒差)14・2着
◆カラル      (通常POG) 5着(0.3秒差)9・7・3・1・6着

さて、今週は、5頭が出走するとはいえ、G1のNHKマイルには出走ゼロで寂しいかぎりです。
注目は何と言っても、ダービー出走をかけて、プリンシパルSに出走するロードアルバータ。
現在、リーディングトップの角居厩舎ですが、今年は、ダービーへ送り込む馬は、まだ1頭もいません。
グローブシアターが誤算でしたなあ。。
なんとか、ロードアルバータをダービーに送り込んでほしいが。。

◆ロードアルバータ 2・1・3着
(牡 父ディープインパクト 母レディアルバローザ 栗・角居) 一口馬主10頭目

土曜の東京11レース、プリンシパルS(芝2000m 12頭立て)に鞍上が戸崎に乗り替わりで出走。
京都新聞杯とダブル登録だったが、角居厩舎のゴールドハットとの使い分けで、こちらに出走となったか。
初の関東遠征での競馬になるが、東京コースは、血統的に問題ないだろうし、左回りは中京で勝っており大丈夫。
敵は、共同通信杯2着のエトルディーニュ、東京2戦2勝のダイワキャグニー、あとは、レッドローゼスあたりか。
このレースは、勝たないと、ダービーへの優先出走権はもらえないので、とにかく勝ってほしい。
このままだと、今年のPOG、G1出走ゼロという悲しすぎる結果になりそうで、なんとかしてほしい・・

○クラウンハイト14・15・15 着
(セ 父エンパイアメーカー 母ヒカルリクエスト 美・但馬)シェアポイント10頭目 指名人数6人

日曜の東京1レース未勝利戦(ダート1600m 16頭立て)に鞍上が武士沢に乗り替わりで出走。
今年にセン馬になって2戦、全く結果が出ておらず、今回ダメなら、この馬には、残酷な現実が待ち構えているのか・・

◇ラファエラ 6・14・13着
(牝 父ジャングルポケット 母カーリーエンジェル 栗・牧浦) 地獄モード10頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝1400m 18頭立て)に鞍上が岩崎に乗り替わりで出走。
3か月半ぶりの出走ですが、前走ダートで、全くダメだったので、また芝に戻してきました。
あまり期待は出来ませんが、馬体の成長があれば。。

◇インペリアルフィズ 7・5・8・12着
(牡 父ジャングルポケット 母アプリコットフィズ 美・小島) 地獄モード8頭目

日曜の東京4レース未勝利戦(芝2000m 12頭立て)に鞍上が田辺で出走。
ここまで4戦して、全くいいところがありませんが、東京2000mは、唯一、掲示板に乗った条件であり、この舞台なら。

◆コロナシオン 1・4・10着
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba5頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

日曜の京都9レース矢車賞(芝1800m 9頭立て)に鞍上が幸に乗り替わりで出走。
桜花賞、オークスとクラシックに絶対のってくれると信じていたのだが、まさか、重賞にすらも出走できないとは・・
デビュー戦で勝った京都1800に戻って、また出直してほしいね。
敵は桜花賞6着のディアドラと、フラワーC、忘れな草賞ともに3着のドロウアカードの2頭ですな。
なんとか、秋に繋がるレースが見たいね。
コメント

天皇賞(春)17((結果))

2017-05-02 23:35:20 | 天皇賞(春)
クビ差かあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年4月30日(日) / 京都 3200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 3 ▲キタサンブラック  牡5 58 武 豊 3:12.5 1
2[3] 6 △シュヴァルグラン  牡5 58 福 永 1.1/4 4
3[8] 15 △サトノダイヤモンド 牡4 58 ルメー クビ 2
4[5] 10 ◎アドマイヤデウス  牡6 58 岩 田 クビ 10
5[4] 7  アルバート     牡6 58 川 田 3 6
6[5] 9  ディーマジェスティ 牡4 58 蛯 名 1.1/2 8
7[6] 12  ゴールドアクター  牡6 58 横山典 3/4 5
8[7] 13  トーセンバジル   牡5 58 四 位 クビ 9
9[1] 1 △シャケトラ     牡4 58 田 辺 クビ 3
10[3] 5  ファタモルガーナ  セ9 58 浜 中 1/2 15
11[7] 14  ワンアンドオンリー 牡6 58 和 田 2 11
12[8] 16  レインボーライン  牡4 58 デムー 1.1/4 7
13[4] 8  タマモベストプレイ 牡7 58 吉田隼 5 14
14[2] 4 ○スピリッツミノル  牡5 58  幸  1/2 16
15[8] 17  ヤマカツライデン  牡5 58 松 山 3 12
16[6] 11  プロレタリアト   牝6 56 杉 原 1.1/4 17
17[1] 2  ラブラドライト   セ8 58 酒 井 1.1/2 13

払戻金 単勝 3 220円
複勝 3 110円 / 6 160円 / 15 110円
枠連 2-3 1090円
馬連 3-6 1040円 / 馬単 3-6 1430円
3連複 3-6-15 610円 / 3連単 3-6-15 3780円
ワイド 3-6 260円 / 3-15 140円 / 6-15 350円

今年一番、ゴール前は、興奮したレースでしたねえ。
現場にいたら、間違いなく「岩田~!!!!」と絶叫していたと思いますよ。
まあ、テレビ観戦だったので、心の中で「岩田~!」を叫びましたが、クビ差及ばず。。。無念すぎます・・
直線に向いてすぐ、サトノダイヤモンドに抜かれた感じでしたが、ゴール前では、また盛り返したんだけどねえ。。
まさに、G1ではワンパンチ足りないという結果になってしまったなあ。。

今回は、昨年とは違い、岩田の騎乗は完璧であり、最後は、力負けと言わざるをえんなあ・・
好スタートから、ロスなく3番手に取りつき、掛かることなく、直線では、迷わずインを突く、まさに岩田競馬!
この騎乗で負けたのなら、仕方ないと諦めもつくが、馬券的には・・
キタサン-シュヴァル-デウスの3連複馬券(128倍)は本線馬券だっただけに、クビ差負けは、涙です・・・ 

勝ったキタサンブラックは、ほんとに強いの一言!
血統を超越した強さは、オグリキャップ、ミホノブルボンを彷彿としますな。
ヤマカツが大逃げを打ってくれたおかげで、自身が単騎逃げの形になる展開は恵まれたが、レコードですからね。
逆に、自身が逃げて作ったレコードと考えれば、これは、とてつもなく、強い競馬だったと言えますわなあ。
この勝ちで、凱旋門賞にも登録をしたようで、実際に挑戦することになれば、これはチャンスあるかもしれんな。

2着シュヴァルグランは、昨年に続き、キタサンを負かすことは出来なかったが、サトノに先着は立派。
やはり、このレースは、ハーツクライ産駒が強いし、リピーターレースでありました。
鞍上の福永も、キタサン、サトノに勝つための競馬ということで、最善の位置取りから競馬をしましたが。
それでも、キタンサとは、叩き合いにも持ち込むことは出来ませんでしたね。
キタサンに勝つためには、有馬のサトノみたいに、チームプレーで、キタンサのペースを他馬が惑わすしかないね。

3着サトノダイヤモンドは、やはり、この距離はベストではなかったということか。
それと、この距離だからこそ、外枠が、大きなマイナスとして最後まで響いた感じね。
まあ、距離が敗因とするなら、宝塚記念に出走してもらって、キタサンとの再戦を凱旋門賞前にやってほしいね。
と思ったら、サトノは、宝塚記念、見送りとの知らせ・・
まあ、今年の目標は凱旋門賞と、最初から言っていたので、逃げたわけではないわね。。

ということで、4コーナーを回った時点では、今年初的中を確信したのだが、ゴール前で夢破れ・・・
G1レースは、これから東京で連続5週も続きますが、もう当たる気がしません。。。
昨年に続いて、上半期G1予想全敗という、また不名誉な結果が待っていそうで、怖いです・・・
コメント