susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

京都記念16((結果))

2016-02-16 22:48:22 | 京都記念
1ヶ月ぶりに予想したら、1、2着馬無印という、恥ずかしすぎる結果で、やるんじゃなかった・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年2月14日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 晴・重
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[4] 7  サトノクラウン   牡4 56 Mデム 2:17.7 6
2[4] 6  タッチングスピーチ 牝4 53 福 永 3 3
3[2] 2 △アドマイヤデウス  牡5 57 岩 田 クビ 4
4[7] 12 ▲ヒストリカル    牡7 56 田中勝 クビ 10
5[1] 1  ヤマカツエース   牡4 56 池 添 ハナ 2
6[6] 10  ワンアンドオンリー 牡5 57 内 田 5 5
7[3] 5  トウシンモンステラ 牡6 56 小 牧 2 12
8[8] 14 △スズカデヴィアス  牡5 56 藤岡佑 クビ 9
9[2] 3 ◎トーセンレーヴ   牡8 56 フォー クビ 8
10[6] 11  トラストワン    牡8 56 ヴェロ クビ 14
11[7] 13  ミュゼゴースト   牡4 55 和 田 クビ 11
12[5] 9 △レーヴミストラル  牡4 56 川 田 2 1
13[5] 8  マイネルディーン  牡7 56 高 倉 3/4 13
14[3] 4 ○ショウナンバッハ  牡5 56 田 辺 アタマ 7
15[8] 15  コスモロビン    牡8 56 国分恭 クビ 15

払戻金 単勝 7 920円
複勝 7 320円 / 6 210円 / 2 240円
枠連 4-4 2870円
馬連 6-7 2880円 / 馬単 7-6 5690円
3連複 2-6-7 8020円 / 3連単 7-6-2 45480円
ワイド 6-7 1040円 / 2-7 1290円 / 2-6 820円

馬場状態だけが心配で、馬券を買うか迷ったのだが、雨は止んでいたし、レース時間には、馬場も乾くと判断。
しかし、結局、重馬場のままで、しかも、通常の重馬場よりも、かなり酷い馬場状態だったようで・・
本命にしたトーセンレーヴは、過去に2度、不良馬場で大敗しており、陣営も良馬場希望だったからなあ・・
重馬場を確認した時点で、馬券を買うのを止めるのが正解だったが、買わずに当たっていたらと思ってしまうと。。

でもやっぱり、トーセンレーヴは、重馬場ダメでしたね。
4コーナー手前で、既に手応えが怪しくなり、ジョッキーが激しく追っていた姿を見て、ダメだと諦め・・・
今回は馬場適性の差もあったが、前走、連闘で激走した疲れも、もしかして残っていたのかもしれませんなあ。
既に8歳ですが、まだやれると思うので、なんとか、宝塚記念を目指せるように立て直してほしいね。

重馬場がダメだったといえば、もう1頭の元PO馬レーヴミストラルも、まったく末脚使えず、大不発・・・
今回、元PO馬が2頭も出走していたので、思わず馬券を買ってしまったが、2頭とも馬場悪化がマイナスでした・・

勝ったサトノクラウンは、馬場適性があったにせよ、こんなに強い馬だったとは、馬を見る目がなかった・・
前走の秋天が、休み明けで、まったくダメだったので、今回も休み明けは、マイナスと思ったのだが。。
そこは、昨年リーディングの堀厩舎、同じ過ちは繰り替えなさいと、今回は、しっかりと仕上げてきましたね。
乗り替わりのミルコも、完璧な騎乗で、重馬場対応の2番手追走からの早め抜け出しのロスのない素晴らしい騎乗。
きさらぎ賞のサトノダイヤモンドに続く圧勝劇で、今年はサトノが席巻するのか?!

2着タッチングスピーチは、重馬場のチューリップ賞が惨敗で、脚質的にも、今回の馬場なら軽視正解と思ったが・・
この馬場ゆえに、53キロという斤量が、有利に働いたね。
鞍上の福永も、復帰初日の土曜日が、まったくいいところがなかったので、まだ不安ありとみたのだが・・
差し届かない馬場を見越して、いつもより前目の位置取りで競馬をすすめ、激しい2着争いを制しました。
福永は、まだレース感が戻らないかと思ったら、ここ2着の後、最終レースで、しっかり復帰後初勝利!!
さすが、昨年、怪我前までリーディングを突っ走っていただけのことはあるねえ。

3着アドマイヤデウスは、血統的に、重馬場も対応出来ると思ったが、より荒れた内を走った分、2着馬に競り負け。
昨年は、枠に泣かされての凡走が続いたが、内枠を引き当てた、ここ2走は、ようやく、この馬らしい走り。
折り合い欠いて凡走した昨年の春天ですが、今年も、やっぱり目標は春天になるのかな?

ということで、やっぱり当たらん我が予想・・・
何気に、土曜の洛陽Sで、元PO馬ラングレーの単勝だけ勝って、地味に当たったんですけどね。。
いやいや、ちゃんとブログ上で予想して当てないとなあ。。
今年最初の的中は、やっぱりG1のフェブラリーSといきたいところです。
コメント

京都記念16(予想)

2016-02-13 18:11:48 | 京都記念
日曜の京都メイン、京都記念の予想
芝 22000M G2 別定 15頭立て

来週のG1フェブラリーSまで、馬券買うのを我慢する予定でしたが、元PO馬が2頭も出走してるので。
元PO馬といえば、ラングレーが、土曜、洛陽Sを勝ってくれましたし、この流れに乗ります。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎トーセンレーヴ

有馬記念に続いて、もう一度、本命で期待だ。
2年前の勝ち馬デスペラードが、有馬7着から、ここを6番人気で見事勝利。
そう、前年の有馬記念の我がブログ本命馬が、デスペラードでした。
有馬は不利があっての凡走という内容も一緒で、今年は、その再現となるはず。

とにかく、レーヴの有馬は、もったいない内容でした。
スタートで出遅れ、後方からの競馬に加えて、直線でも前が塞がる不利。
おまけにレースは完全前残りのスローの流れで、差しは届かない中で、メンバー最速の上りで0.3秒差は立派。
連闘策という万全の状態ではない中での激走だったが、今回は、短期放牧明けで、状態は万全。
この距離に実績はないが、京都は勝っているし、姉ブエナ、兄オーラが、このレースを勝っており、血統的に合う舞台。

乗り替わりのフォーリーは、池江厩舎のプロフェットで重賞を勝っており、ここで、もう一丁!
唯一の不安は、雨による馬場悪化だけ。
やや重程度なら、こなせると思うが、あまり悪化すると、マイナスになりそう。


○ショウナンバッハ

前走AJCCでも3着と、2200の距離が一番合う馬。
京都は未勝利戦で大敗しているのが気になるも、弟キタサンブラックが菊花賞馬なんだから、京都がダメなわけない。
今回、田辺に乗り替わりとなるが、田辺もこの馬で2勝しており、乗り替わりのマイナスはないと見て期待。


▲ヒストリカル

晩成の血が、いよいよ開花。
今回は、2200に伸びる距離が、どうかという問題があるも、血統的に、対応できるはず。
2走前の東京2000でのレースが、直線早め先頭から、長い直線をバテることなく、ゴール前伸びて勝利。
あのレースぶりを見るかぎり、あと200伸びても問題は全くないはず。
実績が阪神に偏っているとはいえ、京都でも勝っているし、きさらぎ賞2着の実績もある。
乗り替わりの勝春は、今年まだ2着もない未勝利状態で存在感なしだが、この馬には2走前テン乗りで勝っている。
外回りコースも、この馬には合っているはずで、流れさえ向けば、最後、3着あたりに届いてくれるはず。


△アドマイヤデウス

有馬でも穴で期待した1頭だったが、前残りの流れで差し届かず。
それでも0.3秒差だったし、ようやく、この馬らしい走りが見えた。
京都外回りは、日経新春杯を勝っており、合うコースだし、そろそろ復活の走りがあっていい。
気になるのは、不振が続く岩田だな。
今年、芝では、まだ1勝で、勝率2.3%と、昨年秋からの不振を引きずっているのが、心配だな。


△スズカデヴィアス

昨年の2着馬が、今年も単騎逃げ濃厚なメンバー構成で、流れは味方する。
前走は、楽に逃がしてもらえず、厳しいレースとなったが、それでも0.5秒差に踏みとどまった。
とにかく、この舞台、先行有利の外枠有利ですから、まさに好走する条件はそろっている。


△レーヴミストラル

前走からの距離短縮がイヤな材料なのだが、元PO馬なので買います。
まあ、前走は普通に強かったし、とにかく、差しが届く展開、流れになれば、この馬が一番強いはず。

馬券はトーセンレーヴを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

京都記念15((結果))

2015-02-16 20:59:11 | 京都記念
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年2月15日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[6] 6 △ラブリーデイ    牡5 56 戸 崎 2:11.5 3
2[7] 9  スズカデヴィアス  牡4 55 藤岡佑 ハナ 4
3[4] 4 △キズナ       牡5 57 武 豊 クビ 2
4[3] 3 ○レッドデイヴィス  セ7 56 シュタ 1.1/2 7
5[7] 8 ▲ハープスター    牝4 54 川 田 3/4 1
6[6] 7  トウシンモンステラ 牡5 56 岩 田 3/4 5
7[8] 11  ハギノハイブリッド 牡4 56 秋 山 1 6
8[8] 10 ◎マイネルディーン  牡6 56 和 田 ハナ 9
9[5] 5  ヒラボクディープ  牡5 56 国分優 ハナ 8
10[1] 1  アクションスター  牡5 56 池 添 4 10
11[2] 2  ノーステア     セ7 56 四 位 1/2 11

払戻金 単勝 6 850円
    複勝 6 240円 / 9 350円 / 4 150円
    枠連 6-7 480円
    馬連 6-9 3040円 / 馬単 6-9 5900円
    3連複 4-6-9 2940円 / 3連単 6-9-4 24210円
    ワイド 6-9 730円 / 4-6 430円 / 4-9 640円

休み明けで、ここが目標ではない人気2頭は、危ないと見立てて予想して、この外し方は予想下手だわ・・
普通に、人気2頭の追い込み不発を想定すれば、狙うべき馬は、逃げ馬、先行馬ですよね。
素直に予想すれば、取れるわけで、だから1、2着馬は、3番人気、4番人気に支持されているわけで。
みんな、馬券買うのが、お上手です・・・

勝ったラブリーデイは、中山金杯に続く、重賞連勝で、完全に本格化したとみてよいのかな。
前で競馬が出来るのは強みで、今回は戸崎を配した当たりにも、勝負気配アリアリで、素直にここから買うべきでした。
キンカメ産駒ということで、3200の春天は、どうかと思われるが。
母父はダンスで、更に母系にはトニービン、リアルシャダイと、案外、春天でも行けるとみるが、出てくれるかな?

2着スズカデヴィアスは、2走前に同じ舞台を逃げ切っており、今回、その再現を狙って、あわやのハナ差。
この距離で2勝し、この条件はベストで、今回、単騎逃げ叶うメンバー構成なら、買わなきゃいけない1頭でした。

キズナは、メンバー最速の上がり33.3の脚を使うも、ハナ、クビ差届かず。
完全な前残りの競馬で、斤量差のあり、骨折明けの1戦とすれば、上々の走りか。
ただ、無理に勝つ必要はなかったレースとはいえ、豊がもうちょっと、うまく乗れば、勝てたのでは。
凱旋門賞を目指しているのであれば、たとえ休み明けとはいえ、このメンバーで3着はダメでしょ。
次走は大阪杯ということですが、そこでは結果が求めれそうですな。

もう1頭のハープスターは、いつもの後方待機策から、今回は中段からの競馬という試み。
この試みは、やる価値はあったと思うが、結果が伴いませんでしたね。
今回の結果を見る限り、この馬は、やっぱり後方で脚を貯めないと、弾けないタイプなんでしょうかね。
JCは不利があって参考外の1戦だったが、今回の敗戦で、ちょっとメッキが剥がれてきたか。。
それでも、次走、また、いつものスタイルに戻って、巻き返すかに注目ですね。

本命にしたマイネルディーンは、外枠から終始外を回され、勝負どころの4コーナーでも外を回っては、どうにも。
このメンバー相手に勝ち負けに参加する為には、内から距離ロスなく立ち回るしかチャンスはなかったわけで。
逃げるぐらいのつもりで、内に切れ込めなかった時点で、アウトでしたな。

そもそも、このレースはG2だし、人気薄馬でも重賞実績がないと通用しないレースでしたね。
よって、最初は、レッドデイヴィスを本命予定にしていたものの、7歳以上の高齢馬不振で、6歳が活躍する傾向。
その傾向だけを頼りに、6歳馬のマイネルディーンに本命を変えてしまった浅はか予想でした・・
まあ、レッドデイヴィスも、結局、4着まででしたので、結果は同じでしたが・・

今回、キズナとハープの馬連は180円しかつかなかったわけだが、キズナの複勝は150円もついた現実。
馬連1点で勝負した人にとっては、キズナの複勝1点で勝負すべきでしたね。
コメント

京都記念15(予想)

2015-02-14 17:58:56 | 京都記念
日曜の京都メイン、京都記念の予想
芝 2200M G2 別定 11頭立て

普通に、キズナとハープスターの一騎打ちを楽しむレースだとは思うのですが。
そうは言っても、2頭とも休み明けに加えて、ここで仕上げてくるはずもなく、揃って飛んでも不思議なし。
でも、他のメンバーも、それほど、強そうなの、いないんだよなあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎マイネルディーン

格下感、満載なのだが、とにかく、このレースは6歳馬の活躍が目立つ。
昨年は6歳馬のワンツーで、今年は、6歳馬といえば、この馬のみ。
更に、今年はAJC杯からシルクロード、根岸S、東京新聞杯と6歳馬が重賞4連勝中。
直近3重賞では、6歳馬のワンツー決着が続いており、現6歳世代のレベルは高い。

で、この馬自身ですが、前走は、前残りの流れを後方待機策では、展開向かず。
しかも、直線では、前が詰まる不利もあって、まったく参考外の1戦とみてよし。
2200の距離は、2走前に勝っており、まったく問題なく、京都も、準オープンでアンコイルドの2着がある。
ダンス産駒は、ダークシャドウが2着してるし、母父トニービンは、昨年の勝ち馬デスペラードと一緒。
今回は、和田への乗り替わりということで、積極的に好位に取り付く競馬をしてもらい、一発期待したい。


○レッドデイヴィス

前走は、内有利な結果の中、外枠が響いて7着も0.6秒差と善戦。
長期休養明け2戦目で、復活の兆しが見えた走りで、叩き3走目の今回は、ほんとの走り頃。
この距離は、2400で勝っているだけに問題ないし、京都は、かつてシンザン記念でオルフェを負かした舞台。
こちらも母父トニービンだし、あとは、シュタルケに頑張ってもらいましょう。


▲ハープスター

JCは展開も向かなかったし、道中の不利が痛かった。
手頃な頭数のここなら、差し損ねは、ないように思うが、ジェンティルも負けた舞台だけに、過信は禁物。
京都は意外に初めてになるが、いかなるコースでも結果を出しているし、京都はディープの庭ですからね。


△キズナ

鉄砲実績はある馬だが、今回は骨折明けというのが、どうか。
そうは言っても、京都は3勝と最も得意としている舞台だし、距離もまったく問題なし。
凱旋門賞へ向けて、ここで仕上げてなくても、無様な姿は見せたくないはずで、かっこはつけてくれるか。


△ラブリーデイ

馬券はマイネルディーンを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)