susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

JC10((結果))

2010-11-29 23:09:01 | ジャパンカップ
2010年11月28日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[3] 6  ローズキングダム   牡3 55 武 豊 2:25.2 4
2[8] 16 ◎ブエナビスタ     牝4 55 スミヨ 1位降着 1
3[1] 2  ヴィクトワールピサ  牡3 55 ギュイ ハナ 8
4[4] 8 ○ジャガーメイル    牡6 57 ムーア 3/4 7
5[4] 7 △ペルーサ       牡3 55 安藤勝 クビ 3
6[7] 13 ▲メイショウベルーガ  牝5 55 池 添 1/2 11
7[7] 14 △オウケンブルースリ  牡5 57 ルメー ハナ 6
8[5] 10  エイシンフラッシュ  牡3 55 内 田 1.1/4 5
9[8] 18  シリュスデゼーグル  セ4 57 ブロン ハナ 16
10[6] 12  ジョシュアツリー   牡3 55 オドノ 1/2 9
11[2] 3  ダンディーノ     牡3 55 マルレ 3/4 18
12[2] 4  シンゲン       牡7 57 藤 田 アタマ 10
13[3] 5  モアズウェルズ    牡6 57 マイヨ 1.1/2 15
14[6] 11  ナカヤマフェスタ   牡4 57 蛯 名 クビ 2
15[5] 9  ティモス       牡5 57 ペリエ 1.1/2 17
16[1] 1  ヴォワライシ     牡5 57 デムー 1 12
17[8] 17  マリヌス       牡4 57 ボニヤ 7 13
18[7] 15  フィフティープルーフ セ4 57 スタイ 大差 14

払戻金 単勝 6 880円
    複勝 6 200円 / 16 110円 / 2 530円
    枠連 3-8 690円
    馬連 6-16 710円 / 馬単 6-16 1880円
    3連複 2-6-16 4940円 / 3連単 6-16-2 25110円
    ワイド 6-16 300円 / 2-6 2320円 / 2-16 900円

またやってしまった・・ブエナビスタ2度目の降着・・
秋華賞の時は、2着から3着への降着だったが、今回は1着入線からの2着降着ですからショック大きいわ。。
これで、この秋のG1を3連勝による特別ボーナスの権利もなくなったし、G1最多勝に今年中に並ぶことも消滅。
それでも、ブエナビスタが、現役最強、ウオッカ以上の歴史的名牝であることが証明出来たのが、せめてもの救い・・

ローズキングダムが最後、盛り返して2着まで上がってくれたから、2着降着という馬券的には最小限の被害で済んだが、もし4着以下に沈んでいたら・・
ブエナも4着以下に降着となり、馬券は大荒れとなっていたわけで、棚ボタでヴィクトワールピサが優勝だったら、どっチラけになっていたでしょうね。。
そういう意味では、ローズキングダムの最後の盛り返しは、繰り上がりとはいえ優勝に値するものだったのかも。

にしても、スミヨンよ・・真っ直ぐ走らせてくれよ。。。。
戦前「昨年のウォッカは写真判定で勝ちが判明するまで時間がかかったが、ブエナはすぐに分かる勝ち方をする」
なんて、自信満々にコメントしてたが、昨年以上に時間がかかった上に、2着降着とは・・・・
内で走っていたヴィクトワールピサが、外に斜行してきて、その間にローズが挟まれたという不運はあったが、それでも明らかに斜行・・
せっかく不利を受けないように、4コーナーでは大外を回ってきたのに、なぜ直線で、どんどん内に入っていったのでしょうか?
馬のクセなのか?スミヨンが馬体を合わせに行ったのか?とにかく、直線まっすぐ走ってさえいれば楽勝だったのに。。
こういう結果になるとは、つくづく横典の怪我による乗り替わりが残念・・
有馬記念は、また横典とのコンビが復活すると思うので、そこで今回の鬱憤を晴らしてほしい。
と思っていたら、有馬では再びスミヨンが乗るとか・・外人には甘いのね。。。

繰り上がり優勝のローズキングダムは、ダービー、菊花賞と2着続きで、ここも2着入線と、安定感は抜群。
過去の好走が、すべてスローの瞬発力勝負で、スタミナ勝負、力勝負に疑問ありと、いつも軽視し、今回も軽視して大失敗・・
今回もスローの瞬発力勝負で、この馬が好走する展開になりましたね・・・
今回、メンバーを見渡せば、逃げ馬が見当たらず、スローに流れることは簡単に想定出来ただけに、展開予想をせずに、予想したのも失敗・・

ブエナの相手をすべてブエナより後ろで競馬をする追い込み馬ばかり4頭を選んだ予想というのが、そもそも失敗・・
穴的な馬を選ぶなら、当然、前で競馬をする馬をチョイスすべきでしたね。
そういう意味で、内枠を引き、外国人騎手に乗り替わったヴィクトワールピサは8番人気でもあり、穴馬にピッタリだったわけで。。
それでも、この秋、フランスで2戦凡走し、典型的な成長力のないネオユニ産駒だと、一番に軽視してしまい大いに反省。。

外国馬のレベルの低さはあったが、日本勢は最強メンバーでいいレースが見たかったのに、ほんと後味悪い今年のJCとなりました。
このモヤモヤを有馬記念で吹っ飛ばしてほしいものです。
ブエナVSローズで、再決着をつけてください。
そして、ナカヤマフェスタ、ちゃんと状態を万全にして下さいよ。ショウワモダン化しないでね。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

京阪杯10((結果))

2010-11-29 23:04:16 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年11月27日(土) / 京都 1200m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[3] 5 ◎スプリングソング  牡5 56 池 添 1:08.0 2
2[4] 8  ケイアイアストン  牡5 56 秋 山 ハナ 13
3[5] 10  モルトグランデ   牡6 56 田 辺 1/2 5
4[4] 7 △スカイノダン    牝4 54 国分恭 1/2 6
5[6] 12  ジェイケイセラヴィ セ6 57 江田照 クビ 4
6[8] 17  エイシンタイガー  牡4 56 岩 田 1.1/4 7
7[7] 15  トウカイミステリー 牝4 54 武 幸 1/2 16
8[2] 3  ストリートスタイル 牝5 54 浜 中 アタマ 12
9[2] 4  アポロドルチェ   牡5 56 小 牧 アタマ 18
10[7] 13 ▲ダッシャーゴーゴー 牡3 56 古 川 ハナ 1
11[1] 1 ○エーシンダックマン 牡3 55 佐 藤 アタマ 11
12[3] 6  プレミアムボックス 牡7 59  幸  1/2 14
13[6] 11  コパノオーシャンズ 牝6 54 武 豊 1/2 15
14[1] 2  ティファニーケイス 牝3 53 津 村 1.1/2 8
15[5] 9 △アーバンストリート 牡6 57 太 宰 1/2 9
16[8] 16  シンボリグラン   牡8 58 ボニヤ 1 10
17[8] 18  アポロフェニックス 牡5 56 中 舘 ハナ 17
18[7] 14 △グランプリエンゼル 牝4 54 デムー 2.1/2 3

払戻金 単勝 5 740円
    複勝 5 290円 / 8 1180円 / 10 350円
    枠連 3-4 3460円
    馬連 5-8 26650円 / 馬単 5-8 30040円
    3連複 5-8-10 65070円 / 3連単 5-8-10 396490円
    ワイド 5-8 5650円 / 5-10 1550円 / 8-10 7020円

屈健炎を乗り越えて、◎スプリングソングが完全復活で重賞初制覇!

1年7ヶ月ぶりだった復帰戦を快勝しての今回、2走ボケだけが気掛かりだったが、見事競り勝ちました。
最後はクビの上げ下げになり、ゴール前は、ケイアイアストンが差し切ったかに見えましたが、よく残りました。
5、6番人気を想定しての本命でしたが、結果は2番人気と、競馬ファンの皆さんの馬を見る目は凄いね。
手薄なスプリント界ですから、足元に問題がなければ、当然、来年の高松宮記念でも有力な1頭となりそうです。

スプリングソングは、父バクシンオーだったので、POGでは指名しなかったが、今年、弟スプリングフェスタは、父がゼンノロブイでPOG指名した1頭。
デビューがいつになるのやら、待ち遠しい限りです。。。
2着ケイアイアストンは、ほんと惜しい競馬でした。勝ったように見えましたもんね。
重賞ではワンパンチ足りないと思い軽視しましたが、何度も言うようですが、現状のスプリント界のレベルならか。
このレースは、毎年、京洛S組が活躍しているように、今年もその傾向通りに。
一応、京洛S組からは、勝ち馬アーバンストリート、逃げ馬エーシンダックマンはマークしたのだが・・
その京洛Sはハンデ戦で、勝ったアーバンストリートより1キロ重かったケイアイアストンが0.1秒差で、今回同斤量なら、人気を考慮しても買いの1頭でした・・

こういう「人気-人気薄」の組合せの馬連万馬券を確実に当てていかないと、競馬で儲けることは出来ないね・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

JC10(予想)

2010-11-28 00:11:52 | ジャパンカップ
土曜の京阪杯は、朝からディズニーシーに遊びに行っていたので、馬券が買えずでハズレてよかった。。

よくないのは、PO馬・・
期待した京都2歳Sのヴィジャイは、折り合いを欠いて8着惨敗・・
未勝利のマギストラもいいところなく9着惨敗・・

日曜は4頭のPO馬が出走するので、せめて1頭は勝ち上がってほしいが。
まず京都の未勝利戦にアドマイヤカーリンとイグアスの2頭が揃って出走。
そして京都の新馬戦にカーマインが出走。
更に東京のベコニア賞にはコティリオンが出走。
どうも複数のPOGに参加して、バラバラに指名馬を変えると、指名馬が多くなりすぎて、思い入れが薄くなるね。。

日曜の東京メイン、ジャパンカップの予想
芝 2400M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ブエナビスタ・・・・・・2.4倍
2番人気 ペルーサ・・・・・・・・7.3倍
3番人気 ナカヤマフェスタ・・・・8.0倍
4番人気 ローズキングダム・・・・8.9倍
5番人気 エイシンフラッシュ・・11.5倍

牝馬ブエナビスタが圧倒的人気。
外国馬の最上位人気ジョシュアツリーが31.9倍の9番人気ということで、みなさん、日本馬優勢との見解。
私も今年はそう思います。
迷うことなく、今年は外国馬全馬、無視でいいと思います。

◎ブエナビスタ

前走の秋天が圧巻の強さ!
東京コース3戦3勝(すべてG1)、2400mも問題なし、鞍上も引き続きスミヨン。
ここでも負ける要素が見当たらず、不安がないのが、唯一の不安か。
ここを勝って、有馬まで負けずに、文句なしの年度代表馬に!


○ジャガーメイル

前走の秋天は、斜行による降着で他馬に迷惑。
自身もその直後に、前を塞がれる大きな不利で、追い出せず、まったく参考外のレース。
東京2400は、かつて3連勝した大得意舞台であるし、天皇賞馬として、ここで前走の汚名返上だ。
エリザベス女王杯を圧勝したムーア騎手に乗り替わるのもプラス材料で、得意舞台で逆転まであるか。


▲メイショウベルーガ

近年の強い牝馬の傾向から、この馬の出番はないか。
前走は相手が悪すぎたが、日本馬最先着の走りで、G1でもやれることは示した。
牡馬相手のG2を2勝していることからも、このメンバー相手でも見劣りはしない。
牡馬相手のG1は2戦とも結果を出していないが、春天は距離が長かった。
宝塚記念は、4コーナーで他馬と接触する不利がありながらブエナとは0.4秒差。
上がりは勝ったナカヤマフェスタに次ぐものだったし、直線が長ければ、もっと差は縮めれたはず。
2400mは2戦2勝。
東京コースは3戦して勝っていないが、マイル戦と2000mでのもの。
しかも、その3戦すべて上がりがメンバー最速で、唯一33秒台で走っている。
展開と位置取りが後ろ過ぎたのが敗因で、乗りなれた池添なら、その点は心得ているはず。
昨年の有馬でブエナを負かしたのが、池添のドリジャであり、今回、ブエナの負かす大金星を上げるとすれば、この馬か。


△ペルーサ

前走秋天は、出遅れながら上がりメンバー最速の33.6で2着に追い込む。
能力の高さを改めて見せて、出遅れさえなければ、逆転までありそうな気配。
ただ出遅れクセは、なかなか治らないのはマルカシェンクを見てるとよく分かるわけで。
それでもアンカツなら、今回はしっかりスタートを切りそうで、怖い1頭。


△オウケンブルースリ

昨年の2着馬であり、万全の状態なら、ブエナを負かす1番手の存在ですが。
今回はアクシデント明けの順調さを欠いての参戦だけに、割引が必要。
実際、追い切りの動きも、この馬本来の動きではなく、今回は自力に期待しての3着候補か。

馬券はブエナビスタを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (31)

京阪杯(予想)

2010-11-26 21:43:21 | 10~12月重賞(G2、G3)
土曜は、朝からディズニーシーに遊びに行く予定になっているので、馬券参戦はパスで。
それでも予想はする競馬中毒な私・・・

土曜は重賞よりもPO馬が出走する京都2歳Sが気になる。
3戦目にして勝ち上がったヴィジャイだが、距離伸びて本領発揮で、2000mは楽しみ。
相手は、リフトザウイングスと0.1秒差の競馬をして、前走京都2000を勝ってるゴールドブライアン。

あとPO馬が未勝利戦にマギストラが3ヶ月半ぶりの出走だが、18頭フルゲートで、なかなか厳しい戦いか・・

土曜の京都メイン、京阪杯の予想
芝 1200M G3 別定 18頭

ここは、バクシンオー産駒を漏れなく全て買っておけば、当たるような気がするが。。

◎スプリングソング

バクシンオーその1
前走、準オープンとはいえ、1年7ヶ月ぶりの出走に加えて、+22キロの馬体重で見事勝利!
2年前のこのレースでも3着しており、京都1200はベストの条件。
2走ボケさえなければ、手薄なスプリント界だし、重賞初制覇もあっさりあってもおかしくないぞ。


○エーシンダックマン

バクシンオーその2
最内枠という絶好枠を引き当て、とにかくハナを切って、逃げるだけ。
同型との兼ね合いが一番の問題だが、デビューから13戦、まだ1度もハナを譲っておらず、行ききれば、粘りこめる!
さあ、エーシンフォワードに続け!!

 
▲ダッシャーゴーゴー

バクシンオーその3
実質、スプリンターズSでは日本馬最先着ですから、普通なら、ここは勝って当然。
来年の高松宮記念でも、間違いなく主役となる1頭。
気になるのは、斜行した川田から古川への乗り替りぐらいね。


△グランプリエンゼル

このレース、1200になってから4回、すべてスワンS敗退馬の巻き返しあり。
更に牝馬も3年連続で馬券になっており、その両方を満たすこの馬は、ここまでの傾向からは、間違いなく走るはず。
前走の敗因が距離だとすれば、今回、1200に戻って巻き返すのは必然!


△アーバンストリート

このレースのもう1つの傾向は京洛S連対馬の活躍。
今年はこの馬が該当。
前走が久しぶりの勝利だったとはいえ、その前は、京都の重賞シルクロードSを勝っており、この条件ベスト!


△スカイノダン

バクシンオーその4
オープン入りしてからも崩れておらず、京都1200は2戦2勝の実績からも、そろそろ重賞制覇も見えてきたか。

馬券は買えたらスプリングソングを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (11)

マイルCS10((結果))

2010-11-22 22:27:22 | マイルCS
2010年11月21日(日) / 京都 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / クラス / オープン

1[7] 13 △エーシンフォワード 牡5 57 岩 田 1:31.8 13
2[4] 8 △ダノンヨーヨー   牡4 57 スミヨ クビ 1
3[7] 15  ゴールスキー    牡3 56 福 永 ハナ 6
4[8] 16 △サプレザ      牝5 55 ルメー ハナ 2
5[2] 3 ◎ライブコンサート  セ6 57 和 田 1.1/4 12
6[1] 2  スマイルジャック  牡5 57 川 田 1/2 5
7[5] 9  トゥザグローリー  牡3 56 デムー 1.1/2 4
8[6] 11  ワイルドラズベリー 牝3 54 池 添 クビ 8
9[3] 6  ジョーカプチーノ  牡4 57 藤岡康 クビ 7
10[3] 5 ▲テイエムオーロラ  牝4 55 国分恭 ハナ 9
11[1] 1  ファイングレイン  牡7 57 浜 中 クビ 17
12[6] 12 ○アブソリュート   牡6 57 田中勝 クビ 14
13[8] 17  キンシャサノキセキ 牡7 57 ムーア ハナ 3
14[8] 18  キョウエイストーム 牡5 57 蛯 名 ハナ 18
15[7] 14  ガルボ       牡3 56 津 村 3/4 15
16[2] 4  オウケンサクラ   牝3 54 武 豊 1.1/2 10
17[4] 7  ショウワモダン   牡6 57 後 藤 クビ 11
18[5] 10 △マイネルファルケ  牡5 57 松 岡 3 16

払戻金 単勝 13 5240円
    複勝 13 1070円 / 8 160円 / 15 380円
    枠連 4-7 1650円
    馬連 8-13 14240円 / 馬単 13-8 40970円
    3連複 8-13-15 53970円 / 3連単 13-8-15 473970円
    ワイド 8-13 3740円 / 13-15 10900円 / 8-15 920円

印は打ったけど、まさかエーシンフォワードが勝つとは、ビックリ・・
前走の1番人気からの人気急落で、馬券的には一番美味しい馬だとは思いましたが、G1馬になるとは。。
まあ、G1の高松宮記念で3着に好走していた馬だし、今の手薄なマイル界なら、どの馬にもチャンスありでしたからね。

怪我から復帰した岩田が、わずか復帰2週目でのG1制覇!
怪我前もスランプぎみで、ちょっと影が薄くなりかけたところで、大仕事。
7枠の馬を、ロスなくラチ沿いに誘導し、直線でも躊躇なく、内に突っ込む、ナイスな騎乗でしたね。

西園厩舎は、土曜の東スポ杯に続いての土日連続重賞制覇!
先週の矢作厩舎も、土日連続重賞勝ちを決めており、土曜に重賞を勝った厩舎は、引き続き日曜日も注目しないとですな。

そして、今年はエーシン&エイシン軍団が熱いね。
この流れだと、JCはエイシンフラッシュの出番となるのか?!

2着は惜しくもクビ差届かずの1番人気ダノンヨーヨー。
こちらスミヨンは、土曜に続いての重賞連勝はならず。。
ちょっと位置取りが後ろすぎた感じで、上がりはメンバー最速の33.6と、負けて強しの内容。
今後、この馬がマイル界を引っ張っていきそうですな。
連勝は4で止まったが、来年の安田記念が楽しみな1頭。

楽しみといえば、重賞初挑戦で3着に食い込んだゴールスキーも同様か。
過去の傾向として、前走が条件戦だった馬の好走例がなかったので、今回軽視したのだが・・
現状のマイル界のレベルなら、実績のない上がり馬でも通用しちゃうのね。

本命にしたライブコンサートは、道中は内で、先行勢を見ながらの絶好位でレースを進めたが、直線では外に出す競馬。
特にロスなく外に持ち出せたので、その選択にケチはつけたくないが、勝ったエーシンフォワードが内をついて伸びただけに・・
せっかく得意の内枠を引き当てたのだから、直線も思い切って最内に突っ込む競馬をしてほしかったな。。。
12番人気で5着は大健闘ではありまりますが、3着までに来てくれないと1円にもならないわけで・・・
ジョーカプチーノの速い逃げにより、先行勢には厳しい流れになったことと、レコード決着というのも、この馬にはきつかったかな。

この秋のG1予想、まったくカスリもしない惨敗続きですが、今回は13番人気エーシンフォワードに印が回り、本命馬も掲示板にのり、だいぶ良くなってきたか。
徐々に当りに近づいてきた感じがするので、次のジャパンカップあたりは、きっちり当てたいなあ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

東京スポーツ杯2歳S10((結果))

2010-11-22 22:21:14 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年11月20日(土) / 東京 1800m 芝・左 / 晴・良
サラ系2歳 / (国際)(指定) / クラス / オープン

1[1] 2 △サダムパテック   牡2 55 スミヨ 1:47.3 1
2[8] 15 ▲リフトザウイングス 牡2 55 武 豊 3.1/2 3
3[3] 6  フェイトフルウォー 牡2 55 田中勝 クビ 7
4[1] 1 ◎マイネルラクリマ  牡2 55 松 岡 アタマ 9
5[6] 12 △ダコール      牡2 55 四 位 1/2 6
6[6] 11  アッパーイースト  牡2 55 蛯 名 クビ 10
7[4] 7 ○トーセンケイトゥー 牡2 55 ルメー 1/2 2
8[2] 4  カインバティック  牡2 55 勝 浦 3/4 12
9[4] 8  マイネルギブソン  牡2 55 丹 内 1 13
10[2] 3  サトノペガサス   牡2 55 ムーア ハナ 8
11[7] 14  セイカプリコーン  牡2 55 内 田 4 11
12[8] 16 △ビップセレブアイ  牡2 55 柴田善 アタマ 4
13[3] 5  ショウナンカライス 牡2 55 後 藤 3/4 15
14[5] 9  マイネルハイセンス 牡2 55 クラス 3 14
15[7] 13  セトノシャンクス  牡2 55 北村宏 大差 16
-[5] 10  イイデタイガー   牡2 55 池 添 中止 5

払戻金 単勝 2 460円
    複勝 2 190円 / 15 240円 / 6 360円
    枠連 1-8 610円
    馬連 2-15 1730円 / 馬単 2-15 3310円
    3連複 2-6-15 9860円 / 3連単 2-15-6 50030円
    ワイド 2-15 700円 / 2-6 1300円 / 6-15 2040円

府中の直線は長いね・・・

△サダムパテックが力強く抜け出し、2番手には◎マイネルラクリマが後続を離して追走、▲リフトザウイングスが猛追・・
これは、3連複万馬券頂き!!とテレビ画面に食いついたんですが・・
いやあ、最後の直線の長いこと。。。最後の最後で、ラクリマはフェイトフルウォーにアタマ差、差され。。。無念・・

勝ったサダムパテックは、前走も強い勝ち方でしたが、今回も更に強い勝ち方で、一躍、朝日杯の主役に!

2着リフトザウイングスはPO馬でもあるので、素直にこの馬から買っておけばよかった・・・
最後方から、よく追い上げましたが、中段から競馬をしたサダムパテックに同じ上がりで走られては、どうしようもありません。。
今回は、相手が悪かったね。でも賞金加算出来たのは大きく、ハーツクライ産駒の重賞勝ち第一号になってほしいね。

3着フェイトフルウォーも、デビュー戦の前走が強い勝ち方だった1頭。
父ステイゴールド、母父メジロマックイーンは、ドリームジャーニーと同じ。
そのドリジャが、このレース3着でしたので、その観点から、3着付けで、この馬をマークしておくべきでしたな。

本命マイネルラクリマは、最内枠から好スタートを切り、ロスのない競馬で、見せ場充分の競馬をしてくれました。
最後は、差されてしまいましたが、中山の朝日杯なら、面白い存在になるのでは。
どうせ、次も人気しないはずだし、とりあえず、賞味期限のあるうちは、買っておきたい馬です。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

福島記念((結果))

2010-11-22 22:12:42 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年11月20日(土) / 福島 2000m 芝・右 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / クラス / オープン

1[3] 5  ダンスインザモア  牡8 55 丸 田 1:58.9 12
2[6] 11  ディアアレトゥーサ 牝3 51 丸 山 1/2 1
3[1] 2 △トウショウシロッコ 牡7 56 吉田豊 クビ 3
4[2] 4  メイショウクオリア 牡5 56 武 幸 クビ 6
5[7] 13  ミステリアスライト 牡5 55 中 舘 1/2 4
6[6] 12 △サニーサンデー   牡4 54 佐 藤 3/4 5
7[1] 1 △ナムラクレセント  牡5 57 小 牧 クビ 2
8[4] 8 ▲アルコセニョーラ  牝6 55 武士沢 3/4 7
9[2] 3  マイネルチャールズ 牡5 56 津 村 1.1/4 9
10[5] 9  レッドアゲート   牝5 51 荻野琢 1.1/2 14
11[7] 14 ◎ニルヴァーナ    牡7 54 藤岡康 クビ 8
12[3] 6 ○イケトップガン   牡6 53 鮫 島 クビ 10
13[4] 7  ベルモントルパン  牡6 52 大 野 1.3/4 15
14[5] 10  サクラオリオン   牡8 56 石橋脩 クビ 11
15[8] 15  シルクネクサス   牡8 54 上 村 2.1/2 13
-[8] 16  ホワイトピルグリム 牡5 56 吉田隼 取消

払戻金 単勝 5 6440円
    複勝 5 950円 / 11 170円 / 2 190円
    枠連 3-6 3520円
    馬連 5-11 13100円 / 馬単 5-11 36870円
    3連複 2-5-11 18490円 / 3連単 5-11-2 201790円
    ワイド 5-11 2930円 / 2-5 3070円 / 2-11 440円

今更、ダスンイザモアって・・・8歳馬。。。。
5年8ヶ月ぶりの重賞制覇ですって。。もう完全に終わった馬かと思ってましたが、ビックリ。。
前走、休み明けをひと叩きしての一変かあ。
最後方待機策が、完全にはまって、ドンピシャの展開となりましたね。
今年2月の小倉大賞典でも4着と好走してましたが、もう11月中旬、8歳馬に出番はなさそうな季節なんですが・・
鞍上の丸田騎手は、4年目で重賞初制覇。
好走した小倉大賞典の時も、丸田騎手だったので、この馬とは相性がよかったのかな。

2着には、1番人気のディアアレトゥーサ。
重賞、下級条件を問わず、今年の3歳牝馬は、よく馬券になってますので、今年の3歳牝馬のレベルは高いのでしょうね。
鞍上の丸山騎手は、2年目ですが、1年目がわずか8勝だったに、今年はもう85勝もしてます。
まさに大躍進の年となり、重賞初制覇も時間の問題でしょうね。

3着には、毎度、定位置のトウショウシロッコが、今回も期待通りの着順に。
馬券的には、この馬からの3連複で、穴馬を拾えるかどうかが、ポイントでしたね。。

本命ニルヴァーナは、積極的にハナを切る作戦はよかったと思いましたが、まさかシルクネクサスが競りかけてくるとは・・
単騎で楽に行けたら、もっと粘れていたと思うんですが、今回は厳しい流れになってしまって、仕方なしか・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

マイルCS10(予想)

2010-11-21 03:11:55 | マイルCS
すっかり遅くなってしまったので、早速予想です・・

日曜の京都メイン、マイルCSの予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ダノンヨーヨー・・・・・4.1倍
2番人気 サプレザ・・・・・・・・5.8倍
3番人気 キンシャサノキセキ・・・6.5倍
4番人気 トゥザグローリー・・・10.0倍
5番人気 スマイルジャック・・・10.4倍

落馬負傷で、三浦から川田へ乗り替りとなったスマイルジャックが、非常に買いたい1頭となったが、穴人気しすぎで。。

◎ライブコンサート

昨年も本命にして期待したのだが、外枠が響いて9着。
とはいえ、サプレザとは0.3秒差で、それほど負けておらず善戦の走り。
今年は待望の内枠を引き当て、チャンス到来!
何せ、これまで500万を勝ち上がってからの6勝すべてが、7番枠以下の内枠での勝利。
その内の3勝は、1枠でのもの。
前走の富士Sも内枠をいかしての好走だし、昨年の安田記念5着も7番枠でしたしね。
京都は今年の京都金杯を勝っており、得意舞台だし、叩き2走目の今回は更なる上積みも期待出来る。
鞍上の和田は昨年、マイネルファルケで大穴あけたし、今年も重賞こそ勝ってないが好調で、そろそろ一発ある!


○アブソリュート

5ヶ月半ぶりの休み明けだが、昨年も4ヶ月半ぶりで富士Sを快勝しており、いきなりから走る。
前走の安田記念も休み明けだったが、直線で不利があり、大敗も参考外。
昨年のこのレースが、5着とはいえ0.3秒差だし、上がりがメンバー最速の33.0と切れた!
位置取りが後ろ過ぎたことが敗因といえるので、2度目の勝春、今年はもうちょっと位置取りを考えてくれるはず。
重賞ではとにかく頼りになる母父サンデーだし、不気味な1頭。


▲テイエムオーロラ

今年に入って、6戦5勝、3着1回と絶好調。
京都も3戦3勝と抜群の相性の良さだし、前走は逃げ切りだが、2、3番手からでも競馬出来る強みもある。
昨年のカンパニー、一昨年のブルーメンブラットと2年続けて、トニービンの血を持った馬が勝っており、今年はこの馬でどうだ。


△マイネルファルケ

このレースはリピーターG1でもあり、昨年2着のこの馬は無視出来ない。
逃げ馬に大敗はつきもので、ここ2戦の二桁着順は気にしちゃ駄目!
前走は休み明けで余裕残しの仕上げだったし、安田記念はハナを切れずに持ち味出せず。
今回は、逃げ宣言をしており、同型馬がいよとも、何が何でもハナを切ってくれるはず。
ハナさえ切れれば、昨年同様、今年もまったく人気がないだけに、昨年の再現もあっても不思議でないぞ。


△サプレザ

リピーターG1なら、昨年3着のこの馬も怖い。
昨年と同じローテでの参戦だし、今年はスプリンターズS、エリザベス女王杯と、外国馬が勝っており、その流れはまだ続きそう。


△エーシンフォワード

高松宮記念3着馬で、前走スワンSで1番人気に支持された馬が、ここまで人気が下がるなら。
ベストは1400とはいえ、実際に1600でも勝っているし、叩き2走目の今回は、何気に怖い。
鞍上の岩田は、京都牝馬S2勝、京都金杯も2勝と、何気に京都マイルの重賞を得意としており、気楽な立場の今回、一発あるか。

△ダノンヨーヨー

 もう印が足りないのだが、さすが4連勝中で、まだ底を見せていないこの馬を切るわけにはいかない。
 このレースは元々、1番人気が信頼出来るレースでもあり、無闇に1番人気の馬を消すのは危険。

馬券はライブコンサートを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (15)

福島記念&東京スポーツ杯2歳S(予想)

2010-11-19 23:15:20 | 10~12月重賞(G2、G3)
日曜のマイルCSは、大混戦ですな。
主役になるはずだったスーパーホーネットが引退してしまい、混戦に拍車をかけてますね。
金曜の段階とはいえ、重賞初挑戦のゴールスキーが1番人気なんて、どうなってるだ・・

土曜の福島メイン、福島記念の予想
芝 2000M G3 ハンデ 16頭

毎年荒れる、予想難解なハンデ戦・・
闇雲に人気薄から買っても、当たるもんでもないし、まったく分からん。。。

◎ニルヴァーナ

池江泰厩舎の全場重賞制覇に期待だ!
今年の福島TVオープンでは、バトルバニヤンとこの馬でワンツーを決めたし、来年2月の定年前に、ここで偉業達成を。
この馬の前走は、離された4着とはいえ、直線で前が壁になる不利もあったし、最後は伸びてきており悪くない内容。
2走前の朝日CCもアドマイヤメジャーからは0.2秒差だし、このメンバー相手で54キロなら、チャンスは十分。
荒れた福島の馬場も合いそうだし、混戦を立つのはサンデー直仔の底力だ!


○イケトップガン

1年2ヶ月の休み明けを叩かれ、上積み十分の今回は、一発あるか。
2勝している得意の福島で、53キロの軽ハンデなら、出番あり。
2000mの距離も中日新聞杯で0.1秒差の3着、七夕賞も8着とはいえ0.4秒差の競馬。
この条件はビッタリのはずで、重賞で穴なら、迷わず母父サンデーだ!

 
▲アルコセニョーラ

福島といえば、この馬だ。
昨年のこのレースは9着だったが、今年に入り、また七夕賞で2着するなど、コース巧者ぶりを発揮。
55キロのハンデが多少気になるが、それで人気がないなら、逆に買いかと。


△サニーサンデー

昨年の覇者。
そして昨年同様、4ヶ月半の休み明けでの出走というのも、昨年の再現を期待させる。
エリ女ではプロヴィナージュが無念の出走取消となってしまった哲三が、その鬱憤をここで晴らす!


△ナムラクレセント

とにかく、折り合いしだい。
この馬は、こんなところで走っている馬ではない。
重賞未勝利馬だが、ここでは力は抜けているはず。
最内枠に入ったことだし、ここは折り合いを気にせず、思い切って逃げてほしい。
昨年の新潟で、58.5キロ背負って、フォゲッタブルを5馬身突き放して逃げ切った再現だ!
小倉3戦3勝と、小回りも実は得意としており、ここは重賞制覇の大チャンス。


△トウショウシロッコ

昨年の2着馬が、今年も昨年と同じ56キロというのは有利。
前走の秋天は不利もあって7着だったが、このメンバー相手なら、実績は最上位。

馬券はニルヴァーナを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて東京のメイン、東京スポーツ杯2歳Sの予想
芝 1800M G3 馬齢 16頭

例年、前走、500万勝ちや、オープン勝ち馬が活躍しているのに、今回、オープン馬はわずか2頭。
そのうち、1頭は前走10着に大敗してますので、必然的に買いの馬は1頭になりますね。

◎マイネルラクリマ

あまり荒れないレースであるが、ここ3年は9番人気の馬が馬券に。
今年、その9番人気あたりになりそうなのが、前日の段階ではこの馬だ。
前走の新潟2歳Sで◎を打ち、10番人気ながら2着に好走して、万馬券をプレゼントしてくれた馬。
このレースに限ったことではないが、特にこのレースは母父サンデーの活躍が目立つ。
昨年のローズキングダムもそうだが、3年前は母父サンデーのワンツースリー決着!
今年はこの馬だげが母父サンデー。それで、人気がないなら買わない手はないです。


○トーセンケイトゥ

デビュー戦で負かしたメイショウオオゾラが、その後、萩S2着と活躍。
ハーツクライ産駒にルメールなんて、まさにルメールマジックが炸裂しそうです。

 
▲リフトザウイングス

POG地獄モードでの指名馬。
昨年、ローズキングダムで勝っている橋口厩舎が、思い入れあるハーツクライ産駒で、産駒初重賞制覇に挑む。
2歳リーディングでは、ライバルのディープに水をあけられてしまったが、重賞勝ちで、一矢報いるか。


△サダムパテック

デビュー戦はエンジンのかかりが遅く、間に合わずの2着だったが、その末脚は光った。
前走は他馬に迷惑をかけたのはご愛嬌だったが、3馬身差の楽勝。
今回は、スミヨン、しっかりまっすぐ走らせてくれよ。


△ダコール

ディープ産駒なら、やはり関東馬より関西馬。
しっかりと結果を出していたのに今回、キンシャサノキセキを降ろされた四位が、怒りの一発をここで。


△ビップセレブアイ

デビュー戦でリフトザウイングスを負かした馬ですから、買います。
しかも、その新馬戦は、負かした上位4頭が、その後すべて勝ち上がるレベルの高い1戦でしたしね。

 馬券はマイネルラクリマを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (12)

エリザベス女王杯10((結果))

2010-11-15 22:43:03 | エリザベス女王杯
2010年11月14日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[3] 6  スノーフェアリー  牝3 54 ムーア 2:12.5 4
2[5] 9 ○メイショウベルーガ 牝5 56 池 添 4 2
3[3] 5 △アパパネ      牝3 54 蛯 名 1.3/4 1
4[8] 17 ▲リトルアマポーラ  牝5 56 福 永 ハナ 7
5[5] 10 △ヒカルアマランサス 牝4 56 ルメー 3/4 6
6[1] 1  コロンバスサークル 牝4 56 武 豊 3/4 10
7[1] 2 ◎セラフィックロンプ 牝6 56 宮 崎 ハナ 9
8[4] 8  ブライティアパルス 牝5 56 藤岡康 クビ 14
9[4] 7  サンテミリオン   牝3 54 デムー 1.1/4 5
10[7] 15  ムードインディゴ  牝5 56 川 田 1.1/2 15
11[2] 3 △レジネッタ     牝5 56  幸  アタマ 13
12[8] 18  シングライクバード 牝5 56 鮫 島 3/4 16
13[7] 13  サンレイジャスパー 牝8 56 難 波 クビ 17
14[7] 14  アースシンボル   牝5 56 田中勝 ハナ 12
15[6] 12  アニメイトバイオ  牝3 54 後 藤 クビ 3
16[8] 16  アーヴェイ     牝4 56 カステ 1.3/4 8
17[2] 4  テイエムプリキュア 牝7 56 国分恭 クビ 11
-[6] 11  プロヴィナージュ  牝5 56 佐 藤     取消

払戻金 単勝 6 850円
    複勝 6 220円 / 9 120円 / 5 120円
    枠連 3-5 320円
    馬連 6-9 1430円 / 馬単 6-9 3590円
    3連複 5-6-9 1320円 / 3連単 6-9-5 10170円
    ワイド 6-9 540円 / 5-6 500円 / 5-9 210円

スノーフェアリーめちゃ強い!
初めての遠征競馬、しかもG1で4馬身差ですか。参りました・・
荒れた内馬場関係なしに、豪快に後続を突き放しちゃいましたね。
さすが、英&愛オークス馬だけのことはありました。
ヨーロッパの評判馬って、JCでは評判倒れすることが多いのですが、この馬は勝てば、ボーナスも貰えて、本気度が違いました。
追い切りの動きに堅さが目立っていた感じで、日本の馬場に適応出来るか不安があり、人気との兼ね合いから消して妙味と思ったんですが・・
ブエナ、ディザイアという古馬大将格がいない日本メンバー相手で、格の違いをまざまざと見せつけられました。
中1週になりますが、JCにも登録しているので、出走してくれば、当然有力な1頭になりますね。

2着には、メイジョウベルーガが最後に突っ込み、一応、アパパネには先着して、先輩の威厳は保ちました。
今回は相手が悪かったとしかいいようがなく、ここでG1が取れなかったのは、運がなかった。
この馬もJCに登録してますが、もし出走してくるようなら、直線の長い府中で、2400mなら出番はあるかも。

3着には、5冠達成はなりませんでしたが、アパパネが日本3歳馬最先着で、その実力は見せました。
初の古馬相手のG1で、崩れることなく馬券圏内を死守したのは立派ですね。
今年はこれでお休みで、来年は、まずはヴィクトリアMが目標ということで、古馬になって、どれだけ成長するか、楽しみですね。

◎セラフィックロンプは、好スタートから大逃げを打つテイエムプリキュアを前に見ながら2番手からの競馬。
直線に入ってから抜け出しを図り、一瞬見せ場は作りましたが、やはりG1では、このあたりでしょうか。
今回、せっかく内枠を引き当てましたが、内が荒れているということで、インぴったりのロスのない競馬が出来ず、内枠の恩恵があまりなかったのが、痛かったね。
直線、スノーフェアリーが最内に進路を取ってあれだけ伸びたのだから、この馬も、一か八かで、ラチ沿いに突っ込む競馬をしてくれていたら、もっと面白かったのでは。

それにしても、なかなかG1が当りません・・・
次はマイルCS。
我がブログ絶対本命スーパーホーネットが残念ながら引退してしまい、マイルCSの本命馬を探し直さねばいけませんね。。
まあ、穴馬を探す楽しみが増えたということで、予想を楽しみたいと思いますが、いいかげん当てたいな。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

武蔵野S((結果))☆

2010-11-15 22:36:54 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年11月14日(日) / 東京 1600m ダート・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[2] 4 △グロリアスノア   牡4 57 戸 崎 1:36.6 6
2[8] 15 ◎ダノンカモン    牡4 56 三 浦 1/2 4
3[4] 7  ブラボーデイジー  牝5 55 北村友 1/2 9
4[6] 12 △ユノゾフィー    牡4 56 横山典 1.3/4 2
5[3] 5  マルカシェンク   牡7 56 吉田隼 クビ 14
6[7] 14 △バーディバーディ  牡3 57 松 岡 ハナ 5
7[8] 16  シルクフォーチュン 牡4 56 小 牧 ハナ 3
8[5] 10  スズカコーズウェイ 牡6 57 吉田豊 3/4 10
9[3] 6 ○ワンダーポデリオ  牡6 56 藤 田 2 12
10[5] 9 ▲ダイショウジェット 牡7 56 柴 山 クビ 11
11[1] 2  バトードール    牡3 55 江田照 1.1/4 8
12[4] 8  エーシンクールディ 牝4 54 内 田 1.1/4 7
13[7] 13  ティアップワイルド 牡4 56 勝 浦 クビ 15
14[6] 11  ナニハトモアレ   牡4 56 北村宏 1.1/4 13
15[1] 1  ケイアイガーベラ  牝4 55 秋 山 アタマ 1
16[2] 3  イブロン      牡8 56 田中博 8 16

払戻金 単勝 4 1480円
    複勝 4 530円 / 15 290円 / 7 780円
    枠連 2-8 3520円
    馬連 4-15 5820円 / 馬単 4-15 14210円
    3連複 4-7-15 55300円 / 3連単 4-15-7 402630円
    ワイド 4-15 1880円 / 4-7 4870円 / 7-15 3700円

ようやく、連敗脱出!
馬連のみの的中ですが、たまたま、エリ女の方に資金を投入するため、こちらは3連複を購入せずで、結果オーライ!
実績馬と上がり馬の比較的人気サイドの決着ながら、馬連は5820円もつく高配当となり、うれしい誤算となりました。

勝ったグロリアスノアは、根岸S勝ちに次、重賞勝ちで、これで東京ダートは4勝目で、このコースは走ります。
休み明けで、人気を下げた実績馬は、穴では必ず買いですね。
これで、矢作厩舎は、土曜の京王杯2歳Sに続いて、東京重賞を連勝!
看板馬であるスーパーホーネットが引退してしまった矢先だけに、この重賞連勝はうれしいでしょうね。
この流れでいくと、グランプリボスの朝日杯2着の可能性も、結構あるのでしょうか。

2着に本命にしたダノンカモンですが。
もっかの好調さからいけば、この馬が断然の1番人気になると思ったんですが、なぜか4番人気。
この人気を見て、この馬を本命にしたわけですが、見事正解!
同じダート1400を連勝していたケイアイガーベラの方が、1番人気に支持されてましたが、ダノンが1600実績があったのに対して、ケイアイは実績なし。
更に、ケイアイは牝馬ですし、どう見ても、ダノンの方が、ここでは上位と思いましたけどね。
同じく人気になっていたシルクフォーチュンも、距離実績がなく、ここで惨敗。
やはり、東京マイルは、ごまかしが利かないということで、距離実績は重視した方がいいということね。

3着ブラボーデイジーは、その存在を見落としていたなあ。
近走、芝では前に行けず、惨敗を繰り返してましたが、今年、超久々だったダートのエンプレス杯をしっかり勝ってましたね。
クロフネ産駒だし、重賞で頼りになる母父サンデーだし、人気落ちの今回は狙い打たないとですね。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

京王杯2歳S((結果))

2010-11-15 22:29:57 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年11月13日(土) / 東京 1400m 芝・左 / 晴・良
サラ系2歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[4] 6  グランプリボス   牡2 55 デムー 1:21.8 7
2[2] 3  リアルインパクト  牡2 55 後 藤 3/4 2
3[1] 1  テイエムオオタカ  牡2 55 大 庭 2 13
4[6] 11 △ライステラス    牝2 54 内 田 1/2 4
5[3] 5 △エーシンブラン   牡2 55 蛯 名 ハナ 8
6[5] 8 △ロビンフット    牡2 55 吉田隼 クビ 5
7[8] 14  オースミイージー  牡2 55 渡 辺 1/2 6
8[7] 13  ジンクアッシュ   牡2 55 吉田豊 1/2 11
9[6] 10 ▲スカラブレイ    牡2 55 柴田善 ハナ 9
10[4] 7 ◎オルフェーヴル   牡2 55 池 添 クビ 1
11[2] 2  コスモティカル   牝2 54 津 村 1.3/4 12
12[8] 15  ブラウンワイルド  牡2 55 浜 中 クビ 3
13[5] 9 ○サンライズアバカス 牡2 55 松 岡 1.3/4 10
14[3] 4  オウケンウッド   牡2 55 北村宏 クビ 15
15[7] 12  シゲルジュウヤク  牡2 55 三 浦 10 14

払戻金 単勝 6 1230円
    複勝 6 390円 / 3 190円 / 1 2600円
    枠連 2-4 510円
    馬連 3-6 3100円 / 馬単 6-3 7520円
    3連複 1-3-6 95590円 / 3連単 6-3-1 515710円
    ワイド 3-6 1210円 / 1-6 13710円 / 1-3 5560円

自信の本命馬が、10着惨敗に加えて、上位3頭無印という、かなり酷い予想結果・・・

馬券を外したこと以上に、PO馬であるオルフェーヴルの惨敗はショック。。。
スタートで出遅れ、道中は折り合いを欠き、直線でもバタバタした走りで、まるでいいところない負け方・・
子供っぽさがモロに出た感じで、能力うんぬんよりも、まずは精神面での成長が必要ということで。
これで、兄ドリジャとの朝日杯兄弟制覇の夢はなくなってしまった感じですが、しっかり立て直して、クラシックにはのってほしいところ。

勝ったグランプリボスは、デビュー戦で後の札幌2歳S覇者オールアズワンを負かした馬。
その実績からデイリー杯では3番人気支持されるも、折り合いを欠いて7着惨敗。
で、今回、人気を落としていたわけだが、単純に前走着差、1.3秒差を見た時点で、消しの1頭にしたことを深く反省。
デムーロに乗り替わっていたのもプラスだったし、バクシンオー産駒ゆえ、前走からの距離短縮もよかったのでしょう。
更に、人気薄で、威力を発揮する母父サンデーの重賞での穴力!!

2着リアルインパクトは、キャリア1戦のわりに、人気先行という感じがして嫌ったのだが、皆さんの評価は正しかったわけで。。

3着のテイエムオオタカは、13番人気と人気薄でしたが、最内枠をいかして、まんまと逃げ粘りましたね。
前走、今回と同じ東京1400を逃げ切り勝ちを決めていた馬でしたが、まったくノーマークでした。
逃げるのはエーシンブランだと決め付けて予想したのが、失敗でした・・

今年のPOGは、良血馬が、みな評判通りの走りを見せ、我が指名馬も、次々に勝ち上がっていたのですが。。
牝馬の方は、複数頭が阪神JFに駒を進めそうだが、牡馬は、このままでは1頭も朝日杯に出走出来ないか。

土曜は、ヴィジャイ、グルーヴィクイーンと2頭が続けざまに勝ち上がってくれましたが・・
オルフェーヴルの惨敗から、日曜のアドマイヤバートン(5着)、ソルデマーヨ(3着)、ギュスターヴクライ(6着)と、その後4連敗・・
そうそう、すべてがうまくは行きませんね。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

武蔵野S(予想)

2010-11-13 21:18:43 | 10~12月重賞(G2、G3)
G1のことで頭がいっぱいで、このレースのこと忘れてました・・

日曜の東京メイン、武蔵野Sの予想
ダート 1600M G3 別定 16頭

◎ダノンカモン

前走の勝ち方から、今回は重賞でも断然人気かと思ったら、そうでもないね。
1番人気になってないなら、この馬本命で問題ないでしょう。
1400で連勝中とはいえ、東京マイルでも3馬身半差の圧勝経験ありで、距離延長も問題なし。
結婚報道で芸能面でお騒がせの皇成君ですが、2週連続重賞勝ちで、競馬面で目立って下さいよ。


○ワンダーポデリオ

東京ダート4勝のこの馬が、ひと叩きされた今回は一発ある!
ブロードストリートがエリ女を除外され、G1に乗れなくなった藤田が、ここで、その鬱憤を晴らす。

 
▲ダイショウジェット

昨年の2着馬が、今年もそれほど人気がないなら、買いですね。
今年に入っても、東京マイルのオアシスSを勝っているし、前走も2着で衰えはまるでなし。
05年から毎年重賞を勝っている柴山ですが、今年はまだ重賞未勝利。そろそろあるか。


△グロリアスノア

休み明けとはいえ、東京ダート3勝の得意舞台なら。
スーパーホーネットの引退でガッカリの矢作厩舎でしたが、土曜の京王杯2歳Sではグランプリボスで勝利。
で、ここも、この馬で、重賞連勝で、ホーネットショックを跳ね飛ばす!!


△バーディバーディ

前走は休み明けもあってか、惨敗でしたが、東京マイルは2戦2勝。
3歳馬が活躍しているレースでもあり、得意舞台で巻き返しは十分あり。


△ユノゾフィー

せっかく土曜から復帰となった横典が、いきなり4日間の騎乗停止に。
なんとも残念ですが、本人もガッカリでしょうね。
そんな無念をこの重賞で、ぶつけてくれるか。

馬券はダノンカモンを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (3)

エリザベス女王杯10(予想)

2010-11-13 20:18:25 | エリザベス女王杯
横典、せっかく復帰したのに、いきなり騎乗停止とは・・・

土曜はPO馬が3頭出走しましたが、まず未勝利戦のヴィジャイがクビ差、差し切っての初勝利!
続く、新馬戦のグルーヴィクイーンも見事、クビ差でデビュー勝ち!!
いい流れで来て、勝負レースの京王杯2歳Sであったが・・
一番期待していてオルフェーヴルは、10着惨敗・・・馬券買ったPO馬がこれでは・・
スタートで出遅れ、道中は引っ掛かり、幼さが出すぎて、競馬になってませんでしたね。。。成長待ちですな。

日曜もPO馬が3頭出走します。
まず京都3レースの未勝利戦にアドマイヤバートンが出走。
そして5レースの新馬戦に、ペルーサの半弟ソルデマーヨとファビラスラフィンの仔ギュスターヴクライの2頭がデビュー。
このレースには、トゥザヴィクトリーの仔プルスウルトラも出走し、なかなかの好メンバーが揃いましたね。
2000mのこのレースを勝てば、来年のクラシックにも繋がりそうで、楽しみな1戦です。

日曜の京都メイン、エリザベス女王杯の予想
芝 2200M G1 定量 17頭

プロヴィナージュが出走取消となってます。
プロヴィナージュは、本命候補の1頭で、最終的には○で予想まで書いていたのですが・・・残念。

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 アパパネ・・・・・・・・2.2倍
2番人気 メイショウベルーガ・・・3.8倍
3番人気 アニメイトバイオ・・・・8.9倍
4番人気 スノーフェアリー・・・・9.4倍
5番人気 サンテミリオン・・・・12.7倍

◎セラフィックロンプ

マーメイドSでは本命にして14番人気で2着に好走、馬券も的中。
しかし、4ヶ月後、年取って忘れっぽくなったか、前走府中牝馬Sでは、その存在を見落としてまして・・バカ。。
で、再び14番人気の人気薄で好走してくれたのに、買ってなかった自分に腹が立つ・・
今回、3走連続、人気薄での激走はあるのか。
よく2度あることは3度あるといいますが、この馬、愛知杯を既に人気薄で勝っており、重賞では3度穴をあけてしまったことに。
そんなわけで4度目は、さすがにないかとも思いましたが、前走同様、またしても内枠に入り、運は味方しているわけで。
テイエムプリキュアが引っ張る流れを内で、2、3番手につけて、ロスのない競馬をすれば、チャンスは十分。
同じ位置取りで競馬をしたであろうプロヴィナージュが出走取消になったのも、この馬にはプラスね。
京都は、今年の京都記念で5着と頑張り、ドリームジャーニーからは0.2秒差でした。
追い切りの動きも抜群で、叩き2走目の今回は更なる上積みもありそうで、一発の期待は十分すぎるぞ!


○メイショウベルーガ

昨年は展開に泣いた形となったが、今年は、京都は牡馬相手の日経新春杯、京都大賞典を勝ち、万全の状態で本番に。
今年の春は、天皇賞、宝塚記念と牡馬相手のG1に挑戦するなど、戦ってきた相手が違うだけに、ここは負けられない1戦に。


▲リトルアマポーラ

前走は、好スタートから中段で競馬をしていたのに、なぜか道中、ズルズルと後方2番手まで下がってしまう。
結果、先行馬決着の流れで、最後、メンバー最速の上がり33.0で追い込むも0.4秒差の7着まで。
道中に不利があったのか、意図して下げたのかは分からないが、不可解な騎乗ぶりでした。
今回は、再び福永に鞍上が戻りますので、しっかりと乗ってくれるでしょう。
このレースは過去を振り返ってもリピーターG1となってますので、一昨年の勝ち馬がここで巻き返す余地は十分ね。


△レジネッタ

問題は距離か。
秋華賞で人気を裏切ってから、2000m以上のレースで結果を出していないだけに確かに不安はある。
しかし、オークスで3着した馬だし、全兄のアエローザは2400まで勝っていたので、血統的には距離はこなせるはず。
買う予定だったプロヴィナージュが出走取消となりましたから、父フレンチデビュティ母父サンデーと同じ血統配合であるこの馬に代役を期待。
G1馬の逆襲は、昨年のテイエムプリキュアの例もありますので、無欲の追い込みに活路を見出せ!


△ヒカルアマランサス

こちらも距離克服が課題ね。
2000m以上で、実績がないとはいえ、愛知杯では0.1秒差の4着でしたので、乗り方次第で何とかなるのでは。
京都は京都牝馬S勝ちを含む2戦2勝だし、G1ヴィクトリアM2着の実績も光る!
土曜の京王杯2歳Sでデムーロが勝ったように、重賞での外国人ジョッキーはやっぱり頼りになる。
ルメールマジック炸裂の予感!


△アパパネ

3歳馬でも通用するこのレースで、4冠馬の登場ですから、買わないわけには。
それでも、前走が目標レースであったわけですから、今回は多少の割引が必要では。
でも2キロの恩恵があるし、あっさり勝っても驚けないが、今回あたり、そろそろヤバイのでは。

馬券はセラフィックロンプを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (26)

京王杯2歳S(予想)

2010-11-12 23:36:32 | 10~12月重賞(G2、G3)
土曜は3頭のPO馬が出走。
まず、京都3レースの未勝利戦にヴィジャイが出走。
前走は不利があっての2着で今度こその3度目の正直で初勝利を。

続く京都5レースの新馬戦には、イントゥザグルーヴの初仔グルーヴィクイーンがデビュー。
思いの他、人気がないのは、調教の動きとかが悪かったのでしょうか・・・

そして、東京メインの重賞に土曜日3頭目のPO馬。勝ってよ。

土曜の東京メイン、京王杯2歳Sの予想
芝 1400M G3 馬齢 15頭

素直にPO馬から勝負!自信あり!!(相手は分からんが・・)

◎オルフェーヴル

前走の芙蓉Sは、スタートでの出遅れが響き、追い込み届かず2着。
あと10mあったら、差し切っていたと思うが、勝ったホエールキャプチャは、次走ファンタジーSで僅差の3着と好走。
相手も強かったということで、それでクビ差なら悪くない内容。
今回は、直線の長い府中ですから、きっちり差し切ってくれるはず。
さあ、ここを勝って、次の朝日杯で兄弟制覇が待ってるぜ!


○サンライズアバカス

今年のエリザベス女王杯には3頭の有力なフレンチデビュティ産駒が出走。
その3頭の激走の流れをこの馬が、ここで作り出すか。
このレースをマイネルレーニアで既に勝っている松岡に乗り替わっているのが、なんとも不気味で怖い1頭。

 
▲スカラブレイ

前走は道中、多少折り合いを欠いたことが敗因か。
それでもゴール前は、バテずに伸びており、スムーズな競馬が出来れば、巻き返しは可能。
デビュー戦で2馬身半差突き放したメイショウナルトがデイリー杯3着だし、この馬も重賞でもやれるはず。


△ライステラス

前走は3ヶ月ぶりのレースながら、きっちり差し切り2連勝。
今回と同じ東京1400で勝った点が大きなプラス材料だし、鞍上も内田に戻り、勝負気配も高いぞ。


△エーシンブラン

血統的に距離短縮はプラス。
前走のいちょうSで2着に粘ったように、東京コースも母父トニービンが利いているのか対応OK。
今回は、同型との兼ね合いがカギ。すんなりハナを切れれば、粘り込める。


△ロビンフット

既に6戦して3勝と、POGで指名した人は現段階では当たりだね。
これで、重賞でも勝っちゃったりしたら、凄いが、そろそろお疲れモードになるのでは。

馬券はオルフェーヴルを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (3)