susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

金鯱賞20((結果))

2020-03-17 20:53:18 | 金鯱賞
ハナ差に泣く・・・・福永のバカ・・

人気blogランキング
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2020年3月15日(日) / 中京 2000m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[5] 6 ◎サートゥルナーリア 牡4 58 ルメー 2:01.6 1
2[6] 8 ▲サトノソルタス   牡5 56 藤岡康 2 8
3[4] 4  ダイワキャグニー  牡6 56 内 田 3/4 6
4[6] 7 △ギベオン      牡5 56 福 永 ハナ 7
5[2] 2  ラストドラフト   牡4 56 吉田隼 クビ 3
6[3] 3  ニシノデイジー   牡4 56 田 辺 1.1/2 4
7[1] 1  ケイデンスコール  牡4 56 中 谷 1.1/4 10
8[8] 12  マイネルファンロン 牡5 56 丹 内 1.1/4 11
9[7] 9  ブレスジャーニー  牡6 56 松 若 1/2 9
10[7] 10 ○ロードマイウェイ  牡4 56 川 田 クビ 2
11[5] 5  サトノガーネット  牝5 54 岩田望 1/2 5
12[8] 11  ジュンヴァルカン  牡7 56 柴 山 クビ 12

払戻金 単勝 6 130円
複勝 6 110円 / 8 450円 / 4 320円
枠連 5−6 670円
馬連 6−8 1550円 / 馬単 6−8 1710円
3連複 4−6−8 5880円 / 3連単 6−8−4 14440円
ワイド 6−8 620円 / 4−6 500円 / 4−8 3710円

予想は、ほぼ完璧だったのに、まさか、ここまでスローの展開になるとは。。。。
前半1000mが、63秒6という、G2の重賞としては、ありえないほどの超絶ドスローな流れ・・
この緩い流れを誰にも突かれずに、単騎逃げすれば、オープン大将ダイワキャグニーでも残っちゃうよなあ。。
いやいや、福永が下手すぎた!!!
ギベオンに騎乗とした福永ったら、最後の直線、進路のない最内を突こうとするも開かず、進路を変える大ロス。
そのせいで、追い出しが遅れて、結果、「ハナ」差ですから、普通に乗っていたら、普通に3着でしたよ・・・・
楽逃げして、まだ脚が残っているダイワキャグニー内田が、どうぞどうぞと、内を開けてくれるとでも思ったのか。。。
福永が普通に乗ってくれていたら、難なく、3連複が当たっていただけに、痛恨すぎました・・・

勝ったサートゥルナーリアは、さすがにこの相手に負けるわけないので、当然の完勝!
東京で負けたのは、左回りのせいではないと思っていたので、今回の結果は、普通に当然。
超ドスローからの上がり勝負も、神戸新聞杯で結果を出しており、この相手、この展開なら勝って当たり前。
ここは、次走へ向けての調教替わりの試走となったが、まずは好発進となり、良かった良かった。
問題は次走ですが、ローテ的には、少しでも間隔を空けたいだけに、4/26の香港が有力となるのだが。
今のこの情勢を考えたら、春の海外遠征は、控えた方がいいような気がしますが。
そうなると、4/5の大阪杯となるわけだが、ここで中2週というローテの問題が浮上する。
これまで、この馬の好走は、全て、間隔を空けての好走だけに、これまで経験のない中2週で大丈夫か?
幸い、疲労が残らない楽な競馬だったので、個人的には、中2週でも大阪杯に行ってほしいが。
しかし、勝ち馬に大阪杯の優先出走権が与えられる金鯱賞が、本番まで中2週というのは、どうなの?
最適なのは、中3週か、中4週じゃないのかね?
ということで、ローテの不安がつきまといますが、それでも大阪杯に駒を進めてくれたら、迷いなく本命です。
コメント

金鯱賞20(予想)

2020-03-15 00:41:33 | 金鯱賞
土曜は、全国的に天気が悪くて、中京も重馬場になってました。
日曜の中京競馬場の天気予報は、晴れということで、馬場状態はどれだけ回復するでしょうか。
ということで、あまり、馬場状態を気にせずに予想します。

日曜の中京メインレース、金鯱賞の予想
芝 2000M G2 別定 12頭立て

今週もG1ではありませんが、元POG指名馬かつ、今年一番期待している馬の出走ということで、応援予想です。
なので、穴予想でもなんでもない、とても、つまらない人気通りの予想になってしまいました・・・・

人気blogランキング
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎サートゥルナーリア

今後のレース選択見極めのために、あえて左回りのここから始動。
左回りの東京で2戦凡走しているので、その凡走原因が、左回りなのか、別の要因なのかの見極めのようです。
東京での凡走は、左回りが原因ではなく、レース前の入れ込み、スタートの出遅れだと思うので、ここは問題なし。
春の目標は次のG1大阪杯とはいえ、休み明けは走るし、今回の相手なら、58キロでも負けられない1戦ですよ。
鞍上は、この馬では無敗のルメールですし、また、持ったまんまの楽勝の結果を期待しておりますよ。


〇ロードマイウェイ

相手は、普通に、同期で、現在5連勝中の勢いNO1のこの馬しかいないでしょう。
昨年のエアウィンザーと同じ連勝中の上がり馬パターンですので、今年もこの馬が、2着か悪くても3着には。
ただ、エアウィンザーは、チャレンジCを56キロ背負って3馬身差圧勝だったのに対して、こちらは。。。
54キロでアタマ差の辛勝ですから、エアウィンザーより落ちるが、今年はメンバーに恵まれた。
サートゥルナーリア以外に、強敵は見当たらないので、順当にこの馬が2番手評価。
ルメールからの乗り替わりもマイナスですが、川田なら、そつなく乗ってくれるでしょう。


▲サトノソルタス

穴なら、2年前のサトノノブレスの再現で、またサトノなのだ。
戦績的には、2走前に準オープンを勝って、前走、重賞でちょい負けの3年前2着ロードヴァンドールの再現。
その前走は、今回と同じ舞台で負けているとはいえ、直線で前が塞がる不利があってのもの。
それでも、0.4秒差5着なら、大健闘の走り。
というか、この馬、前走のような叩き2走目は走らない馬なのだ。
これまで叩き2走目は、3戦全て凡走。
中京で2戦凡走しているのは、いずれも叩き2走目のもので、コース適正ではない。
今回は[1-1-1-0]と結果を残している休み明けという絶好のローテで、まさに狙い目。
ディープ産駒が馬券になるレースでもあるし、道悪が残っても対応出来るので、穴はこの馬しかいない。


△ギベオン

上記3頭で決まると思うが、押さえの穴馬として、この馬。
昨年の金鯱賞は惨敗しているが、同じ舞台の中日新聞杯を勝っている馬で、この舞台は合っている。
このパターンは、2年前の8番人気で2着したサトノノブレスと被る。
こちらもディープ産駒だし、NHKマイル2着の実績からも左回りのここで力を発揮するはず。
福永が、しれっと3着に持ってくることを期待しましょう。

馬券はサートゥルナーリアを軸に3連複で勝負!!
コメント