susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

天皇賞(春)17(予想)

2017-04-30 02:19:32 | 天皇賞(春)
スマホをauからワイモバイルに乗り換えまして、新しくなったスマホをいろいろいじくっていたら、時間が遅くなった・・

日曜の京都メインレース、天皇賞(春)の予想
芝 3200M G1 定量 17頭立て

当たらないブログ予想でお馴染みですが、唯一、相性のいいG1レースが、春天でしょうか。
と言っても、ここ4年は当たってないんですけど、だから、そろそろ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

2年連続本命にして、人気薄で激走してくれたカレンミロティックが無念の回避となれば、代わりの本命は?
そう、2年連続対抗○にしていたあの馬を本命にするしかないでしょ。

◎アドマイヤデウス

この馬をG1で買うやつはバガだと言われそうですが、知ってますよ、この馬のG1成績ぐらい。
知ってて、昨年の有馬記念でも、この馬を本命しましたからね。
それでも、今年は違うんです・・そう、転厩しましたから、環境変わって、馬も変わったはずよ。
前走は、転厩初戦で、手探り状態での仕上げでの休み明けでしたが、しっかり3着確保で、衰えないことは分かった。
シャケトラより1キロ背負っての0.1秒差ですから、休み明けとしては、上々すぎる走りでしたな。

この舞台は、過去2年、惨敗しているが、敗因は明らか。
2年前は、大外枠から折り合い欠いて、競馬にならず、おまけに熱中症も発症し、惨敗は仕方なし。
昨年は、9着とはいえ、0.6秒差ですし、何より、昨年は、予想でも書きましたが、敗因は鞍上の岩田にあった。
昨年、スランプ中だった岩田は、改めて、昨年のレース映像を見ると、やっぱり精彩を欠いておりましたよ。
得意のイン確保の道中は問題ない騎乗だったが、勝負所の4コーナーからの直線で、インを突かずに外に持ち出す。
これには伏線があり、前走の阪神大賞典で、直線インを突いて、前が詰まる不利を受けたことで、安全策を選択。
しかし、安全策のはずが、なぜか前が詰まるという失態に加えて、外に持ち出す時にバランスを崩す騎乗は酷かったな。
ということで、昨年は不振岩田のせいでの凡走であり、今年、復調見える岩田なら、やってくれるはず。
土曜は、13番人気の馬で勝ってますし、青葉賞でもしっかりダービーの切符をゲットと仕事してます。
岩田のG1勝ちといえば、2年前の桜花賞、レッツゴードンキまで遡るのですが、そう、梅田厩舎ですよ、転厩効果だ!

今の京都競馬場はかなりの高速馬場ですが、その馬場もこの馬には合っている。
昨年の有馬惨敗は、力のいる馬場が合わなかったのもあるはず。
実際、高速馬場だった2年前の日経賞は快勝してるし、昨年の京都大賞典ではキタサンにクビ差ですからね。
枠は、もう少し内が良かったが、ここ2走同じ10番枠から、しっかり内確保で、好位から競馬が出来ており、問題なし。
あとは、岩田さえ、しっかり乗ってくれ、得意のイン突きを披露してくれれば、2強に割って入れるはずよ。


○スピリッツミノル

このレース、穴馬は内枠の先行馬ということで、今年はこの馬が怪しい。
実績的には全く買えない馬なのだが、枠の恩恵と、脚質、そして、血統もこのレースで来る穴血統です。
ブラックタイド、マーベラスサンデー、ミスキャスト、ヤマニンセラフィムと地味サンデー産駒が来るレース。
ディープスカイ産駒とは、まさに、今年はこの馬ということです。
更に、母父ラムタラは、11年の勝ち馬ヒルノダムールと同じで、母父凱旋門賞馬の血は、ここで活きる。
あと、ボールドルーラーの血は、昨年のキタサン、ミロティックもあり、これまた、ここで活きる血。
更に更に、リボーの血は、フェイムゲーム、ビートブラック、メイショウドンタク、エリモエクスパイアと穴あける血。

阪神大賞典惨敗からの巻き返しは、近年の穴ローテでもあるし、万葉S3着はメイショウドンタクと一緒だ。
何気に、京都で2勝して得意舞台であるし、過去の穴傾向からいけば、この馬の激走があっても驚けないぞ。


▲キタサンブラック

この馬は強いです。
唯一の不安が、外枠に入った時だったが、その不安もなくなったとあれば、あとはよほどのアクシデントがない限りね。
あと1番人気が不振のレースなので、このまま2番人気のままなら、まず間違いなく、勝ち負けですね。


△シュヴァルグラン

このレースは、ハーツクライ産駒が得意のレースで、更にリピーターレース。
昨年の3着馬ですし、内目の枠を引き当てたのも、いいですし、特に消す要素なしで、普通に買いの馬。


△シャケトラ

キャリア6戦でG1初挑戦。
おまけに前走から一気に斤量3キロアップで、もちろん、3000m以上は初めてのレース。
それでいて3番人気は、過剰人気なのだが、それでも未知の魅力は満載であり、何より、1枠はいいので消せない。


△サトノダイヤモンド

現役最強馬だと思うが、陣営が認めているように、この距離はベストではない。
更に、今回、大外枠は大きなマイナスになりそうだし、まだディープ産駒が勝っていないレース。
しかも、この10年、1番人気が勝てず、3着が1度あるだけの不振ぶりですから、このまま1番人気だと不安が。
それでも、この馬の強さは、本物ですから、一応、押さえます。

馬券はアドマイヤデウスを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (2)

久しぶりにJRA からの贈り物

2017-04-29 01:28:44 | その他
もう、春天の予想は、ほぼ固まりました。
自信はないけど、迷いなし!
予想の更新は、また土曜の深夜ということで。

土曜は、ダービートライアルの青葉賞がありますが、注目は、アドミラブルですね。
私も過去にPOGでヴィクトリーを指名していたのに、この馬の存在には、気付かなかったよ。。
ここで強い勝ち方を見せれば、もしかして、ダービーでの1番人気もありえるだけに、その走りに期待ですな。
相手は、このレース、とにかく、前走2200mを使った馬が来るので
イブキ、アドマイヤウイナー、サーレンブラントの3頭を買えば、当たるのでは?!

さて、タイトルのお話ですが、JRAから、なんか届きましたよ。
以前にJRA-VANで、「POG本プレゼント」というのをやっていて、何気に応募したら、当たりました。
ハガキでの応募だと面倒くさくて、わざわざ応募しませんが、ネットだと、簡単なので、別に欲しくなかったんだけど。。
とはいえ、今回のPOGは散々な結果に終わりそうなので、この本読んで、次回のPOGは頑張りますよ!

JRAからの贈り物といえば、ここ数年、毎年、カレンダーは、当たっていたんですが、カレンダーは当選者数が多いからね。
JRAからは、過去に3度ほど、プレゼントもらってるんですけどね。

デジタルフォトフレーム当選

ウオッカのクオカード3枚セット当選

クオカード当選

他には、競馬場の指定席が、数回当たってますね。

今回のこの当選のタイミングは、まさに春天が当たる前触れかもよ。
さあ、私の予想に乗りましょう!!

コメント

【POG】カラルがあやめ賞に出走

2017-04-28 00:03:41 | POGその他
キタサンブラックは、また内枠を引き当てやがったよ。。。絶対消せないな・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、3頭の出走があり、オークス行きをかけて、フローラSにアドマイヤローザが出走するも、7着撃沈。
前有利の馬場状態に加えて、スローの展開となり、後ろから外に回す競馬では、どうにもなりませんでした・・・
このレースには、3頭のハービンジャー産駒が出走していたのだが、人気薄のハービンジャー産駒2頭で決着。
そう、人気のハービンジャー産駒アドマイヤローザのみ、来ないという悲しい結果・・こっそり馬券買ったのに・・

今週は、青葉賞、スイートピーSがありますが、我がPO馬の出走はなく、これで、オークスの我がPO馬の出走はなし確定・・
NHKマイルにも、我がPO馬の登録はなく、残すG1は、ダービーのみに。。。
来週のプリンシパルSか京都新聞杯に登録があるかどうかだが、グローブシアターが出走してくれたら、わずかに可能性が。。

◇エンドゲーム   (地  獄モード)10着(0.7秒差)6・4・3・1・11・4着
○ブルベアライノ  (シェアポイント) 8着(1.4秒差)5・14・8・8・8・9着
◇アドマイヤローザ (地  獄モード) 7着(0.6秒差)2・1・2着

さて、今週は、2頭の出走と寂しいですが、京都のあやめ賞に出走するカラルに、期待です。

◆クインアマランサス 14着
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 15頭立て)に鞍上が荻野で出走。
前走、初ダートで、2着と頑張ったので、引き続き、ダート戦で、なんとか勝ち上がってほしいところ。
しかし、前走は2着とはいえ、0.8秒差も離されていたんですけどね。。。

◆カラル 9・7・3・1・7着
(牡 父ルーラーシップ 母ナスカ 栗・佐々木) 一口馬主9頭目

土曜の京都9レースあやめ賞(芝1800m 13頭立て)に鞍上が中谷に乗り替わりで出走。
前走の大敗で、ダービー出走の夢は断たれ、距離短縮して、今後はラジニケ賞あたりを目指すのかな。。
実績ある京都に戻って、巻き返しに期待したいね。

春天は、2年連続、本命にして、見事に期待に応えてくれたカレンミロティックが回避してしまったのは残念無念。
ということで、今年は、買いたい穴馬がいませんわ・・・
人気2頭の一騎打ちムード満々ですが、キタサンブラックが内枠に入ったことで、更に2頭で決着する可能性が濃厚に・・
穴党は、既に白旗ムードですが、それでも、毎年荒れてるG1ですので、なんとか、穴馬を捻りだしたいね。
コメント

【POG】アドマイヤローザがフローラSに!

2017-04-21 00:44:49 | POGその他
春天に登録のあった元PO馬カレンミロティックが、左前脚の裂蹄で、出走を回避するという残念な知らせ・・
2年連続、大穴をあけてくれた春天の3度目の挑戦を楽しみにしていたのだが。。。
しかし、海外遠征大敗からの帰国初戦の休み明けで、いきなりG1、しかも9歳という年齢からも出走しても厳しかったか。
それでも、出走したら馬券は買っていただけに、この回避は、かえって良かったとしますかな。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、バルデスが山藤賞を出走取り消したことで、ロードアルバータ1頭の出走でした。
結果は、4着ということで、なんとも残念な結果ですわ。
予想外に逃げる形になり、アドマイヤアゼリが早めに仕掛けてくる厳しい展開にもなり、粘り切ることが出来ませんでした。
あと、元PO馬ポルトドートウィユが1年11か月ぶりに復帰しましたが、3着と頑張ってくれたのは何よりでした。

◆ロードアルバータ (通常POG) 4着( 0.2秒差)2・1・3着

さて、今週は、アドマイヤローザがオークス出走をかけて、フローラSに出走します。
とにかく、我がPO馬は、まだ1頭もG1出走がないので、なんとか、ここでオークス行きを決めてほしいよ。

◇エンドゲーム 6・4・3・1・11・4着
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

土曜の東京9レース新緑賞(芝2300m 12頭立て)に鞍上が丸田に乗り替わりで出走。
このレースには、もう1頭のPO馬カラルも登録していたのだが、名前がありませんでした・・どうしちゃったのか?
さて、エンドゲームですが、前走、全く期待してなかったが、4着とそれなりに走ってくれたので、今回は3着内を。

○ブルベアライノ 5・14・8・8・8・9着
(牡 父ロージズインメイ 母ベガグレシヤス 栗・鈴木) シェアポイント8頭目 指名人数17人

日曜の福島3レース未勝利戦(ダート1700m 15頭立て)に鞍上が
シェアポイント部門の馬達は、もう全くダメダメな馬ばかりで、この馬の残念ながら期待は持てません・・・
とりあえず、掲示板目指して頑張って下さいな。

◇アドマイヤローザ 2・1・2着
(牝 父ハービンジャー 母アドマイヤテンバ 栗・梅田) 地獄モード5頭目

日曜の東京11レース、フローラS(芝2000m 18頭立て)に鞍上が岩田で出走。
エルフィンS2着の後、桜花賞を目指して、チューリップ賞の出走を予定していたのだが、外傷を負い、出走回避。
目標をオークスに切り替えての、ここに参戦。
抽選対象でしたが、まずは出走が叶って良かったですよ。
エルフィンSで先着を許したサロニカが、桜花賞を出走取消してしまい、その実力が分からずじまい。。。
ただ、G1では用無しと思われていたハービンジャー産駒が、皐月賞でペルシアンナイトが2着したのは追い風か。
更に、こちらは、近親にドゥラメンテがいる良血ですから、G1でも通用する能力はあると思っております。
相手は、実績的に、フローレスマジックが強敵になりますが、なんとか、3着以内で、オークスの切符を取ってほしいね。

あと、POG指名は出来ませんでしたが、オルフェーブルの全妹オルファンが、土曜の京都5レース未勝利戦でデビュー。
1つ上の姉は、デビュー出来なかっただけに、とにかく、デビュー出来たことが、何よりうれしいね。

元PO馬関連で言えば、ギモーヴが、福島牝馬Sに格上挑戦です。
ハンデ戦じゃないけど、頑張ってほしいね。
それと、マイラーズCにプロディカルサンが出走しますので、こちらも頑張れ!
コメント

皐月賞17((結果))

2017-04-18 00:23:28 | 皐月賞
サブちゃん、大魔神ときて、山本昌かよ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年4月16日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 11  アルアイン     牡3 57 松 山 1:57.8 9
2[4] 7  ペルシアンナイト  牡3 57 Mデム クビ 4
3[5] 10  ダンビュライト   牡3 57 武 豊 3/4 12
4[8] 16  クリンチャー    牡3 57 藤岡佑 1 1/4 13
5[3] 5  レイデオロ     牡3 57 ルメー クビ 5
6[1] 2 △スワーヴリチャード 牡3 57 四 位 クビ 2
7[4] 8 ◎ファンディーナ   牝3 55 岩 田 クビ 1
8[8] 17 △ウインブライト   牡3 57 松 岡 アタマ 6
9[2] 4 △カデナ       牡3 57 福 永 クビ 3
10[5] 9  プラチナヴォイス  牡3 57 和 田 アタマ 10
11[7] 13 ▲サトノアレス    牡3 57 戸 崎 1/2 8
12[3] 6  アウトライアーズ  牡3 57 田 辺 アタマ 7
13[8] 18  トラスト      牡3 57 柴田大 1 17
14[2] 3 ○コマノインパルス  牡3 57 江田照 クビ 16
15[7] 14  キングズラッシュ  牡3 57 柴田善 1/2 18
16[1] 1  マイスタイル    牡3 57 横山典 5 14
17[7] 15  アダムバローズ   牡3 57 池 添 4 11
18[6] 12  アメリカズカップ  牡3 57 松 若 1.1/2 15

払戻金 単勝 11 2240円
複勝 11 650円 / 7 320円 / 10 1340円
枠連 4-6 2380円
馬連 7-11 8710円 / 馬単 11-7 20720円
3連複 7-10-11 176030円 / 3連単 11-7-10 1064360円
ワイド 7-11 2250円 / 10-11 16960円 / 7-10 6770円

上位5頭無印という、酷すぎる予想結果で、まさに惨敗、完敗でした・・・

今回の予想ポイントは、前日から突如、高速化した馬場状態でしたかね。
1週間前には、週末は雨模様で、力のいる馬場になりそうなんて言われていたのだが・・
結局、土日の天気は晴れで、当然、良馬場だったのだが、それ以上に、高速化した馬場がポイントでした。
高速化すると、当然、スピード競馬となり、2000mのレースでもマイラーの出番になると言われていたのだが。。
ほんとに、その通りの結果になるとは。。。。

1、2着馬は、共にマイル戦2勝の実績を持った馬で、3着馬もデビュー戦がマイル戦で5馬身差の圧勝。
更に、マイル重賞であるサウジRC2着の実績の持ち主でした。
今回のメンバーで、マイル戦2勝もしくは、マイル重賞連対実績のある馬は、わずか4頭しかいませんでした。
その4頭中3頭で決着して、3連単が100万馬券ですよ・・・
私の予想なんて、その4頭の中で、唯一買ったのが、11着に惨敗したサトノアレスなんだから、トホホすぎる。。

更に高速馬場で、血統的に恩恵を受けるのは、ディープ産駒だと思い、ファンディーナに追い風と思ったのだが・・
で、勝ったのは、確かにディープ産駒だったのですが、ディープ産駒+マイル実績ということで、アルアイン。
いや、この流れなら、サトノアレスが勝つはずなのに、またスタートでしくじり、最後方からでは話にならん・・・
今回の馬場でいけば、ディープ産駒+マイル実績+先行脚質=アルアインという結果だったんですね。

今回の予想は、どの馬にもチャンスありの混戦という見立てだったので、まずローテを重視しました。
桜花賞の結果もそうだったように、クラシックはトライアル、前哨戦が重要だと。
皐月賞においては、弥生賞、スプリングS、そして近年のトレンドになっていた共同通信杯。
この3つのレースからのローテ馬を狙うのが、当然のセオリーということから、まず予想を開始。
ファンディーナのフラワーCは、日程、舞台を考えれば、スプリングSと同じとしたが。(この考えはダメでした)
で普通に、その重要レース勝ち馬を買う・・ファンディーナ、カデナ、ウインブライト、スワーヴリチャードね。
そして、穴馬は、トライアルは、既に賞金持ってた敗退馬ということで、コマノインパルス、サトノアレスを。
だから、前走、毎日杯のアルアインやアーリントンCのペルシアンナイトなんて、真っ先に消してしまったよ・・
ダンビュライトは、時計のかかる馬場で出番ありと思っていたので、高速馬場では用無しとして消した1頭・・・
で、出した結論が、牡馬低レベルを重視し、牝馬ファンディーナ本命ですから、どうにもならない予想でしたな。。。。

それにしても、ミルコはほんとに、皐月賞の勝ち方を分かっている男ですなあ。
今回の馬場だと後方からでは無理と判断するや、距離ロスなく内からスルスル位置取りを上げて、あわやの好騎乗。

断然1番人気を裏切ったファンディーナですが、勝ち馬と同じ位置取りからの敗戦ですから、力負けか。
直線で、先頭に立った時には、そこから突き放してくれるかと期待しましたが、止まってしまいました・・
位置取りは問題なかったが、初めて、終始、外から他馬に被せられる競馬をしいられ、ストレスがきつかったね。
レース後、高野調教師は「まだダービーは諦めてない」と言っていたので、是非、ダービー挑戦してほしいね。

さて、そのダービーですが、アルアインには、距離不安がつきまといますので、絶対的存在ではないね。
ペルシアンナイトは、ハービンジャー産駒で、今回の中山2000mがベスト条件でしたし。
今回、ワンツーを決めた池江厩舎は、ダービーは、サトノアーサーを加えた3頭出しを目論んでいるようで。
アルアインが皐月賞を勝ったことで、毎日杯2着のサトノアーサーの評価も上げる必要があるのかもね。

明らかに、ダービーへ向けて、視界が開けたのが、休み明けだったレイデオロですね。
ひと叩きされ、距離延長、そして直線長い府中で、間違いなく変わってくるでしょうね。1番人気候補になるかも。
同じく、東京コースに変わって、スワーヴリチャードも巻き返しそうだね。
カデナも、元々、ダービー向きの馬と言われていたし。
穴馬は、まだ見ぬ、青葉賞、プリンシパルS組にいるのでしょうかね。
青葉賞に出走予定にアドミラブルは、大物なんでしょうか?

それにしても、あんまりな予想のハズしっぷりに、脱力感が半端ないので、次回、G1が休みになるのはいいわ。
予想は1週休みで・・・フローラSにPO馬が出走しなかったらね。。。
コメント

皐月賞17(予想)

2017-04-16 00:42:21 | 皐月賞
日曜の中山メインレース、皐月賞の予想
芝 2000M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

今年は本当に3歳牡馬のレベルが低いのか?
ミスエルテは、朝日杯に挑戦するも4着だったが、そもそもミスエルテがG1級の能力の持ち主だったのか?
しかし、ここに挑戦してきた牝馬は、間違いなく、G1級の能力の持ち主であると思うので、素直に応援したい。

◎ファンディーナ

ここは素直に、怪物牝馬誕生を見たい。
岩田の久々のG1勝ちが見たい。
不安視されているのは、年明けデビューで、ここが4戦目で、連続、遠征競馬となるローテ。
牝馬には酷なローテとはいえ、500キロを超える雄大な馬体で、遠征も前走で問題ないことを証明。
月イチの中3週という、きっちり、無理のないローテを組んでいるし、馬に負担はないとみる。

ディープ産駒が勝てないG1と言われた皐月賞も、昨年、ワンツースリー決着で、血統も問題なし。
ヘイローのクロス持ちというのも、昨年のマカヒキ、サトノダイヤモンドと一緒で、G1で馬券になる血統。
鞍上の岩田は、皐月賞を既に2勝しているし、人気の馬に乗った時は、全て馬券圏内に来ており、不安はない。
高野厩舎といえば、ショウナンパンドラでジャパンCを勝っており、牝馬で牡馬撃破の実績ありで、ここも。


○コマノインパルス

ファンディーナがここを勝てば、ダービー挑戦が決まっている。
となると、ウオッカ以来の牝馬によるダービー制覇が見られるかもしれない。
そのウオッカがダービーを制覇した年は、結果的に3歳牡馬のレベルが低かったということで、今年と一致するのか。
ならば、その時の皐月賞の再現もあるとなれば、サンツェッペリンの再現はこの馬しかいない。
皐月賞で、二桁人気の馬が馬券になったのは、この10年ではわずか2頭だけ。
エイシンフラッシュとサンツェッペリンだけなのだが、2頭の共通点は、京成杯勝ち馬。
そう、今年の京成杯勝ち馬はこの馬であり、この馬はさらにサンツェッペリンに酷似している。
まずバコ産駒という地味血統が、テンビー産駒だったサンツェッペリンと似てるし、母系にロベルトがあるのも一緒。
前走のトライアルを負けただけで、人気急落というのも一緒だしね。

その前走は、スローの展開が向かなかっただけであり、それでいて0.4秒差なら、悪くない内容。
今回は、前に行きたい馬も多数おり、G1の流れとなれば、それなりに流れるはずで、前走より流れは向くはず。
中山2000m4連戦というローテは、まさに皐月賞を取るためのローテであり、その経験は混戦で活きるはず。

鞍上の乗り替わりは多少マイナスも、江田といえば、ご存じ、大穴騎手。
最低人気のダイタクヤマトのスプリンターズSでの逃げ切りの時は、本命にしてお世話になりました。
同じく最低人気ミナレットでのヴィクトリアM3着は、まだ記憶に新しいのでは。
今回も16番人気と十分すぎる人気のなさですので、思い切った騎乗で、一発を期待しますよ!


▲サトノアレス

結局、混戦の時ほど、実績がものをいうもの。
2歳王者が、この人気なら、馬券妙味は十分であり、今年のメンバーなら、主役になって不思議なし。
前走は、既に賞金ある中で、叩き台は明らかであり、しかもスタートで躓いて、位置取り悪く、それでも0.3秒差。
前哨戦としては十分の走りであり、まるで、チューリップ賞のリスグラシューのようで、本番で巻き返すパターンか。
距離不安が囁かれているが、このレースは1800mの実績があれば、十分であり、そもそもディープ産駒に距離不安ない。
藤沢厩舎は、レイデオロとの2頭出しだが、レイデオロは明らかにここはダービーへの叩き台で、ここはこの馬の出番。


△スワーヴリチャード

近年の大トレンド、共同通信杯からのローテ馬ですから、消す要素なし。
ハーツクライ産駒だし、明らかにダービー向きではあるが、阪神2000mでも勝っており、この舞台も対応できる。
不安は、スタートが出るかどうかだが、デビューから連続騎乗の四位が、そろそろ、しっかりスタートを決めてくれそう。


△ウインブライト

土曜の中山芝レースは、ステイゴールド産駒が大活躍。
同じ芝2000戦は、1、3着がステイゴールドで、山藤賞はステイゴールド産駒のワンツー決着。
この馬の場合、血統だけでなく、前走のスプリングS勝ちを素直に評価すべきだし、現在、中山1800連勝中もいい。
鞍上の松岡が連続騎乗しているのもいいし、サンツェッペリンの悔しさをここで晴らすチャンスは十分。


△カデナ

戦績からは、特に嫌う要素はない。
ただ、この馬が、弥生賞、皐月賞を連勝するだけの器には見えないが。
それでも、今年は、牡馬のレベルが低いと言われているので、ファンディーナ以外には、先着出来るレベルにはあるわな。

馬券はファンディーナを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (4)

【POG】ロードアルバータが、はなみずき賞に出走、バルデスは出走取消・・

2017-04-15 00:08:14 | POGその他
土曜は、エルプシャフト、頑張れ!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、わずが2頭の出走で、しかも未勝利戦でしたが、やはり、2頭とも勝ち上がれず・・
それでも、休み明けながら、初ダートでクインアマランラスが2着と頑張りました。。5馬身差離されましたけど・・
本来、芝でこその馬だと思うので、脚元に問題がなければ、次走は芝で使ってほしいけどね。

◆クインアマランサス(通常POG) 2着( 0.8秒差)14着
◇インペリアルフィズ(地獄モード)12着( 1.3秒差)7・5・8着

さて、今週は、皐月賞がありますけど、先週の桜花賞に続き、ここにも我がPO馬の姿なし・・・
なんとか、ダービー出走への淡い望みをかけて、ロードアルバータが500万特別に出走です。

◇バルデス 1・4・3着
(牡 父ハービンジャー 母ディアデラノビア 美・木村) 地獄モード7頭目

土曜の中山9レース山藤賞(芝1800m 10頭立て)に鞍上が戸崎に乗り替わりで出走。
・・の予定だったのだが、左後肢挫創のため、出走を取り消しに・・・無念すぎる。。。。

◆ロードアルバータ 2・1・3着
(牡 父ディープインパクト 母レディアルバローザ 栗・角居) 一口馬主10頭目

土曜の阪神9レースはなみずき賞(芝2000m 9頭立て)に鞍上がミルコに乗り替わりで出走。
2か月ぶりの出走となりますが、こちらも、ダービー出走を狙うのであれば、ここは負けられない。
角居厩舎は、現在、リーディングをひた走るも、このままだと、ダービーへは1頭も送り込めないぞ。。。
頭数は少ないものの、若葉S2着で皐月の権利を獲得したのに、こっちを選んだエクレアスパークルがとにかく強敵!
他にも、プラチナムバレット、ベストリゾート、アドマイヤアゼリと少頭数のわり、結構、相手そろったなあ・・・

元PO馬になりますが、ポルトドートウィユが、日曜の阪神、難波S(芝1800m 13頭立て)で復帰。
実に、2年前のダービー以来となる、1年11か月ぶりの出走ということで、まずは、無事に完走を望みますよ。
なにせ、弟ポルトフォイユは、新馬勝ちした後に、屈腱炎を発症。
昨年11月に1年4か月ぶりに復帰したのに、またしても屈腱炎が再発して休養している状況ですからね。
結局、3歳妹も、デビュー出来ていない状況ですし、この血筋は脚元が弱いのでしょうかねえ。。。

さて、皐月賞は、大混戦模様のはずが、ファンディーナの参戦で、完全に1強ムード。
ソウルスターリングの例もありますので、断然人気でも信用していいか不安もあり、しっかり軸馬を考えたい。
コメント

桜花賞17((結果))

2017-04-11 00:19:22 | 桜花賞
ソウルスターリングの単勝にぶっこんだ人、ご愁傷様です・・・複勝が正解。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年4月9日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 曇・稍重
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[5] 10  レーヌミノル    牝3 55 池 添 1:34.5 8
2[3] 6  リスグラシュー   牝3 55 武 豊 1/2 3
3[7] 14 ◎ソウルスターリング 牝3 55 ルメー クビ 1
4[4] 8  カラクレナイ    牝3 55 田 辺 クビ 7
5[6] 12  アエロリット    牝3 55 横山典 クビ 6
6[8] 17 ▲ディアドラ     牝3 55 岩 田 1.1/4 14
7[8] 18 ○カワキタエンカ   牝3 55 和 田 1.1/4 10
8[1] 2  ライジングリーズン 牝3 55 丸 田 1/2 9
9[2] 4 △ジューヌエコール  牝3 55 北村友 3/4 12
10[7] 13  ヴゼットジョリー  牝3 55 福 永 ハナ 13
11[1] 1  ミスエルテ     牝3 55 川 田 1/2 5
12[7] 15 ○アドマイヤミヤビ  牝3 55 デムー 1/2 2
13[5] 9 △ゴールドケープ   牝3 55 丸 山 1.1/4 11
14[6] 11  アロンザモナ    牝3 55  幸  クビ 16
15[4] 7  ショーウェイ    牝3 55 松 若 クビ 15
16[8] 16  ミスパンテール   牝3 55 四 位 6 4
17[3] 5  ベルカプリ     牝3 55 藤岡佑 2.1/2 17
-[2] 3  サロニカ      牝3 55 浜 中 取消

払戻金 単勝 10 4080円
複勝 10 480円 / 6 240円 / 14 110円
枠連 3-5 7470円
馬連 6-10 17000円 / 馬単 10-6 45330円
3連複 6-10-14 5020円 / 3連単 10-6-14 94890円
ワイド 6-10 2760円 / 10-14 880円 / 6-14 420円

やはり、馬場の影響が出たということか。
しかし、それを想定しての予想だったのに、まさに完敗の予想結果・・・ガックリ。。

勝ったレーヌミノルについては、1400までの馬との判断から、迷わず消した1頭・・
でも、阪神JF3着、前走トライアル2着と、共に、ちょい負けの1頭で、まさに穴資格十分の1頭でした。
ただし、この馬の場合、阪神JFとトライアルの間に、クイーンCを挟んでいたので、対象外にしちゃったね。
しかも、そのクイーンCでは、0.5秒4着に負けており、改めて、マイルは長い印象を持ったんだけどなあ。
大舞台でとにかく勝負強い、池添への乗り替わりと馬場悪化で有力馬が力を発揮出来なかったのが勝因かな。
次走は、距離適性を考慮して、オークスではなく、NHKマイルになりそうだが、府中の直線は長いぞ。
といいつつ、今年は3歳牡馬のレベルは低いし、マイル路線はさらにレベル低そうで、チャンスありか。

2着リスグラシュー・・・・なんで、買ってない。。。。応援してる矢作厩舎ですよ。。。
阪神JF終了時点では、来年の桜花賞はこの馬本命と決めていたんですけどねえ。
今回も、前走の負けで人気が下がれば本命候補の1頭だったが、3番人気と人気が下がらなかったからね。
加えて、陣営が絶対、良馬場希望だったので、道悪が大きなマイナスになると思って、今回最後に消した1頭。
この馬こそ、阪神JF2着、前走トライアル3着ちょい負けという、完全に、ここで来るパターンの馬でしたが。
いかんせん、人気薄ではなかったのでねえ・・・
時計勝負の前走、ソウルスターリングに歯が立たなかったので、むしろ、時計が多少かかって、プラスになったか。
その前走は「桜花賞、オークスのG1を2つ見据えての仕上げだった」ことを敗因に挙げてましたね。
前走の敗戦を反省し、オークスは考えず、桜花賞に全力投球の仕上げと言っており、その言葉ウソじゃなかった。
あと、何とっても、「位置取り」ですよね。
今回、武豊は「あえて位置を取りに行った」と言っており、ソウルスターリングの後ろという絶好位。
ここ2戦の敗因が、あきらかに、位置取りが後ろすぎてのものだっただけに、今回の位置取りは素晴らしかったね。
もともと、好位から強い競馬をして勝ってきた馬だったので、こういう競馬も出来るのよねえ。
なんで、今回、この馬を本命にしてないどころか、消してるんでしょうか・・予想下手すぎです。。。
ここ数年、矢作厩舎頼みのG1予想で、痛い目にあっていたので、思い切って「消し」てみたのが裏目でした。

3着ソウルスターリングは、馬場不安はあったが、能力の差で、3着をハズすことはないと思ったが、危ない3着。
それにしても、直線、伸びませんでしたなあ。
道悪がダメだったのもあるが、3戦連続、関西遠征というローテも、ちょっと厳しかったのかな。
単勝1.2倍のままなら、過去の傾向なら勝っていたが、1.4倍になったので、昨年のメジャーエンブレムの二の舞に。
道悪がダメだったのは、2番人気アドマイヤミヤビもでしたね。

これで、オークスが一転大混戦になりましたね。
今回の結果から、オークスの主役は、リスグラシューになりそうで、人気するのは確実となり、本命にしにくくなった。
怪物と言われたソウルスターリングが、こんな結果になり、もう1頭の怪物ファンディーナも不安になってきたぞ。
でも、岩田は応援したいんだよなあ。。。
コメント

桜花賞17(予想)

2017-04-09 02:06:03 | 桜花賞
日曜の阪神メインレース、桜花賞の予想
芝 1600M G1 定量 17頭立て

サロニカが出走を取り消して、今年は17頭立てになりました。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎ソウルスターリング

敵は渋った馬場状態ぐらいか。
それも、日曜の阪神競馬場の天気は晴れということで、悪くても、やや重ぐらいで競馬が出来れば、問題ないか。
誰かが4000万もこの馬の単勝にぶち込んだせいで、1.1倍のオッズになりましたが、今も単勝は1.2倍。
この10年で単勝が1.2倍だった馬といえば、ハープスターとブエナビスタの2頭。
2頭ともチューリップ賞を完勝したことで人気になり、その勢いのまま本番でも勝利してます。
ルメールといえば、昨年、単勝1.5倍のメジャーエンブレムで4着でしたが、内枠に泣いた感じもありましたしね。
今年は、外枠を引き当てたし、どう転んでも、3着を外すことは、よほどのアクシデントがない限り考えられない。
ここは素直に、人気馬に逆らうことなく、相手を捻ることに専念します。


○カワキタエンカ

桜花賞といえば、ディープ産駒です。
今年は、サロニカが出走を取り消したことで、ディープ産駒はこの馬のみ。
同じコースで行われた土曜の阪神牝馬Sも、勝ったのはディープ産駒のミッキークインでした。
ディープ×クロフネといえば、先週の大阪杯で2着したステファノスと同じで、血統だけ見れば、勝つのはこの馬か。
中1週という厳しいローテもキャリア4戦、年明け3戦目、遠征競馬経験なしは、2011年3着のトレンドハンターと同じ。
重馬場実績があるので、この雨はプラスだし、前で競馬が出来る強みを活かしての粘り込み一発に期待!


▲ディアドラ

ファンディーナが皐月賞に向かったことで乗り馬がいなくなった岩田に回ってきた乗り馬。
このチャンスを活かすことが出来るのが、今年の岩田だ。
1勝馬だが、キャリア8戦して5着以下がなく、全て0.4秒以内の確実に相手なりに走る堅実馬だ。
こういう馬が、G1でも、ひょっこり3着に来るというもの。
今年は我がPO馬の出走がないのだが、POG繋がりでいえば、この馬の近親ノーザンリバーが元PO馬。
この馬は関西馬のくせに阪神初となるが、近親ノーザンリバーは、阪神マイルのアーリントンC勝ち馬。
もう1頭の近親ノットアローンも阪神の若葉Sを勝っていたし、血統的には、阪神コースは合うはず。


△ジューヌエコール

ディアドラを買うとなると、同じ母母ソニンクのこの馬も無視することは出来ないな。
この10年で17頭立てで行われたのは、ポルトフィーノが出走取消になった2008年。
そう、12番人気のレジネッタが勝って、2着にも15番人気エフティマアが来て、3連単は700万馬券になったあの年。
あの時も1番人気は2歳女王トールポピーで、2番人気はクイーンC勝ちのリトルアマポーラでした。
大穴あけたエフティマイアは、阪神JF大敗、前走、重賞でちょい負けも、デビューから3連勝でマイル重賞勝ちあり。
この成績にすごく似ている馬が、この馬なのだ。
前走の負けは、直線でも致命的な不利があってのもの。
阪神JFの大敗も、スタート後に他馬と接触して、馬が引っ掛かてしまい、折り合い欠いてのもの。
デイリー杯勝ちは、当時、相手に恵まれたものと思われたが、2着ボンセルヴィーソは、その後、重賞で活躍してるしね。
当初、全く買う気のなかった馬だったのだが、ディアドラを元PO馬繋がりで買うなら、こちらも買わねばということで。


△ゴールドケープ

「道悪は大歓迎」と、どの陣営より雨を歓迎しているのが、こちら。
重馬場は白菊賞で快勝しており、血統的にも、時計勝負で、G1でどうこう言える馬ではないだけに、馬場が渋って出番。
前走は結果的に出遅れたことが幸いした形とはいえ、ロスが多い中で、メンバー最速の上りを使えたのは能力ある証拠。
今回は、いつも通り、先行しての、渋った馬場を味方につけての粘り込みに期待するしかない。
一応、阪神JF、トライアルを共にちょい負けは、過去の穴馬パターンに合致しているだけに、穴資格は十分!
2008年レジネッタの再現は、同じ、フィリーズレヴュー3着ということで。


△アドマイヤミヤビ

ここで負けて、オークスで巻き返す感じでしょうか。
それでも、マイル戦でも2勝してるし、ここでも普通に通用しそうね。
ソウルスターリングを負かす可能性があるのは、この馬だけか。
ただ、負かしてきた相手が、ちょっと微妙。
百日草特別で負かしたカデナ、アウトライアーズは、皐月賞の有力候補だが、そもそも今年の3歳牡馬のレベルが・・
クイーンCで負かしたアエロリットは、所詮、フェアリーS2着馬だし。。
未勝利勝ちで負かしたのは、ベルカプリですからねえ。
乗り替わりミルコで、出遅れの不安もちょっとあり、届かず4着あたりを希望しましょうか。

馬券はソウルスターリングを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

【POG】いつになったら重賞に出走してくれるのか・・

2017-04-07 00:21:33 | POGその他
既にPOGの楽しみが薄らいできたわい・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、5頭が出走したのだが、結構期待できる面々達だったので、あわよくば、4頭が勝ち上がると思ったのだが・・
まさか、1頭も勝ち上がらないどころか、5頭全て、馬券に絡むことすら出来ませんでしたよ。。。
確勝を期して、条件戦に臨んだグローブシアターが、接戦とはいえ、4着とは残念すぎる結果・・・
結果論的には、ちょっと早仕掛けだった感じだが、それよりも馬体の成長が・・
デビュー以来、馬体の増加が見られず、今回は、マイナス2キロで426キロとなり、牡馬にしては、小さすぎるよ・・・
こんな小柄な馬に、3戦連続、中山遠征というローテは、ちょっと酷すぎたのでは・・
なんか、恨みでもあるのかい角居さん。。。

もう1頭期待のファンタジステラも、426キロと、これまた牡馬にしては、小さい馬体がネックとなったか・・・
1番人気に支持されるも、まさかのブービー惨敗・・・
直線で、狭くなるシーンはあったものの、それを跳ね返せれない小柄な馬体が敗因だったか・・・

タスクフォースは、自分の力通りの走りは出来たと思うが、相手が強かったという感じか。
全く期待してなかったエンドゲームは、そこそこ頑張ったが、アルテーロは、ちょっと負けすぎでは・・

◇アルテーロ    (地獄モード) 9着( 1.9秒差)3・5・3・2着
◇タスクフォース  (地獄モード) 4着( 0.5秒差)3・1・4・3・4・2着
◇エンドゲーム   (地獄モード) 4着( 0.9秒差)6・4・3・1・12着
◆グローブシアター (通常POG) 4着( 0.1秒差)2・7着
◆ファンタジステラ (通常POG) 7着( 0.7秒差)7・8・1・2・1着

さて、今週は、桜花賞とニュージーランドTがあるにも関わらず、我がPO馬の出走はなし・・
おまけに、来週の皐月賞にもPO馬の登録はなくて、もう今年のPOGは完全にダメダメです・・
残されたオークス、ダービーへ向けても、現段階では、期待できる馬がおらず、もう純粋に予想に専念するしかないわ・・
で、今週ですが、寂しく、未勝利戦に2頭が出走するのみ。。。

◆クインアマランサス 14着
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の福島1レース未勝利戦(ダート1700m 15頭立て)に鞍上が荻野の乗り替わりで出走。
3か月半ぶりの出走となりますが、デビュー戦が芝で惨敗もあってか、復帰戦はダートですかあ・・
血統的に芝に見切りをつけるのは早いと思うので、脚元に問題でもあるんでしょうかねえ。。

◇インペリアルフィズ 7・5・8着
(牡 父ジャングルポケット 母アプリコットフィズ 美・小島) 地獄モード8頭目

土曜の中山5レース未勝利戦(芝2000m 18頭立て)に鞍上が田辺に乗り替わりで出走。
こちらも、3か月半ぶりの出走となりますが、こちらは、芝で3戦して結果が出てないけど、まだ芝で走りますよ。
ここで奇跡的にも勝ち上がれば、まだダービー挑戦のチャンスはあるので、なんとか頑張れ!

桜花賞は、強いのが、2頭いるので、3着にきそうな穴馬を1頭探したいと思います。
本当は、矢作厩舎ということで、リスグラシューを応援したいが、3、4番人気だろうから、馬券的に・・・
なら、馬券は、買わないけど、矢作厩舎は、ニュージランドTを2頭出しだから、こっちを応援しますわ。
コメント (2)

大阪杯17((結果))

2017-04-04 00:26:19 | 大阪杯
また、本命馬変更して失敗した・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年4月2日(日) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[4] 5 △キタサンブラック  牡5 57 武 豊 1:58.9 1
2[3] 4 ○ステファノス    牡6 57 川 田 3/4 7
3[8] 13  ヤマカツエース   牡5 57 池 添 1/2 4
4[8] 14 △マカヒキ      牡4 57 ルメー 1.1/2 2
5[7] 12 △アンビシャス    牡5 57 福 永 アタマ 5
6[5] 7  サトノクラウン   牡5 57 デムー ハナ 3
7[1] 1 ◎ミッキーロケット  牡4 57 和 田 1/2 6
8[6] 10  モンドインテロ   牡5 57 内 田 2.1/2 11
9[2] 2  アングライフェン  牡5 57 岩 田 1.1/4 14
10[6] 9  ディサイファ    牡8 57 四 位 1/2 13
11[3] 3 ▲スズカデヴィアス  牡6 57 藤岡佑 1.1/2 12
12[7] 11  マルターズアポジー 牡5 57 武士沢 1/2 8
13[4] 6  サクラアンプルール 牡6 57 横山典 3 9
14[5] 8  ロードヴァンドール 牡4 57 太 宰 3 10

払戻金 単勝 5 240円
複勝 5 110円 / 4 280円 / 13 280円
枠連 3-4 2130円
馬連 4-5 2320円 / 馬単 5-4 3390円
3連複 4-5-13 4830円 / 3連単 5-4-13 23910円
ワイド 4-5 540円 / 5-13 480円 / 4-13 1800円

今年は、どうにもこうにも、当初予定の本命馬を変更したら、その馬が来るという結果続きで・・
フェブラリーがベストウォーリア、高松宮記念がレッツゴードンキ、そして、今回、ステファノス・・・
高松宮記念が、同じ藤原厩舎の7歳馬フィエロを本命にして失敗した反省を踏まえ、今回、本命を変えたのが失敗。。。

4歳馬が強いという素直な評価・傾向に信じて、ミッキーロケットを本命にするも、7着撃沈・・・
スタートさえ、うまく切ってくれれば、3着以内は絶対と思っていて、そのスタートは無事切れたのだが・・
日経新春杯のような競馬を期待しての本命だったのに、なぜか、後方からの競馬・・・
それでも、4コーナーまでに位置取りを上げてくれれば、なんとかなると思ったが・・
その4コーナーでは逆に位置取りを下げてしまい、後方2番手という絶望的な位置取り。。。
スタートを決めたのに、なぜ、あの位置取りの競馬になってしまったのかと思ったら、レース後の和田のコメント

「ゲートの中でもぐろうとしたり、下がったりしていました。
それでも出た方ですが、体勢がよじれた状態で出たので、行き脚がつきませんでした。
力はこの中でも遜色ないと思いますが...」

そういうことですかあ・・・やはり、スタートに難ある馬をG1で本命にするのはリスクありすぎたということ・・

勝ったキタサンブラックは、前走の有馬記念と同じ競馬を今回もしっかりやりましたね。
今回は、サトノダイヤモンドがいなかったので、余裕の勝利となりました。
同型馬がいようと、完全に自分で、勝てる流れ、勝ちパターンを作れる馬なので、本当に安定感がピカイチですな。
このG1勝利の喜びを再び味わって、サブちゃんは、年内の引退を撤回しちゃいましたね。
さあ、次は、春天でのサトノダイヤモンドとの再戦ですが、どっちが強いか、楽しみですね。

2着ステファノスは、やはり、叩いて変わり、藤原厩舎も、しっかりG1で仕上げてくる仕事ぶり。
というよりも、今回は、川田の好騎乗が光りまくりましたね。
後方からの競馬になるのではと少し不安視していたのだが、まさかキタサンをマークする位置取りとは。
いやあああ、あの位置取りをミッキーロケットに期待しての本命だったんだけどなあ・・・
阪神内回りコースで馬券になる位置取りを分かっている川田の好判断というか、ほんと素晴らしい騎乗でしたね。

3着ヤマカツエースも、よく走りましたね。
阪神コースで良績ないし、G1実績も良くないということで、消したが、この馬、強くなってますねえ。。
スズカデヴィアスを無理やり穴で買うぐらいなら、この馬をしっかり押さえておくべきしたね。
って、本命馬が凡走しているんで、関係ないですが・・・ステファノス本命にしてたら、後悔してただろうな・・

前回の高松宮記念もそうですが、今回も、わりと人気サイドの決着のわりには、そこそこの配当。
こういう取りやすい馬券を確実に取らないと、年間収支プラスはおろか、いつまでたっても、当たらんよ・・・
G1は、まだまだ続きますので、次の桜花賞で、今年初的中を目指します。。
コメント

大阪杯17(予想)

2017-04-02 01:58:48 | 大阪杯
土曜はPO馬達が散々な結果でしたが、馬券を買ってなかったことが救いだわ。。

日曜の阪神メインレース、大阪杯の予想
芝 2000M G1 定量 14頭立て

なんとか14頭が揃ってくれてよかったな。
メンバーに若干の物足りなさを感じるのは、牝馬の出走がないからだね。
ルージュバックが金鯱賞で惨敗していまい、ヴィブロスはドバイへ行き、ヌーヴォレコルトは引退しちゃったし。
ミッキークイーン、スマートレイアー、デニムアンドルビーあたりが、ここに出走してくれても良かったのにね。
来年は、強い牝馬の出走を期待したいね。
ファンディーナがそういう存在になっていることを願うね。。。ドバイに行ってるかな・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

元PO馬の出走もなく、特に積極的に狙いたい馬もいないのだが・・・
先週の高松宮記念の反省を踏まえれば、ここは、素直に強い4歳馬から行くのが正解かと

◎ミッキーロケット

4歳になっての成長度合いは、マカヒキより、こちらを上にみる。
前走は、出遅れが全てであり、まともにスタートさえ切れれば、G1でも十分にチャンスはある。
実際、好スタートから好位で競馬が出来た日経新春杯では、日経賞勝ちのシャケトラに2キロ差あって勝っている。
更に、阪神コースでは、現在、現役最強馬であるサトノダイヤモンドにクビ差迫った神戸新聞杯の走りが秀逸。
あのレースでは、4コーナーで不利があり、直線でも前が壁になりながらも、上りはサトノよりも0.2速かった。
2000mは2勝しているし、函館、札幌で勝っているように、小回りコースも案外得意であり、この条件はベスト。
ミッキークイーンをここに使わなかったのは、この馬で、勝てるとオーナーも思っているからでしょう。
鞍上の和田にとっても、オペラオー以来の久々のG1勝ちの大チャンスであり、スタートさえ決めてくれ!


○ステファノス

昨年の秋天で本命にして、お世話になったので、ここも本命と考えたが、年齢を考慮して。
その昨年の秋天が、休み明けの毎日王冠5着からの変わり身だったように、今回、金鯱賞6着からの変わり身は当然。
叩き2走目で凡走したのは、やや重で、36秒台の上り決着になった昨年の宝塚記念だけ。
良馬場が見込めそうな今年は、しっかり馬券圏内に食い込んでくれるはず。
鞍上の川田もこのコース得意だし、このレースは結局、ディープ産駒が強いし、6歳にして悲願のG1制覇もあるか。


▲スズカデヴィアス

上記2頭はすぐに決めれたのだが、とにかく穴馬が悩んだ・・
鞍上を考慮すれば、サクラアンプルールの方が怖いのだが、そのサクラを2走前に負かしたこちらを買います。
2年前の京都記念でキズナに先着し、ラブリーデイのハナ差2着以降、スランプに陥るも、2走前に復活!
見事に脚質転換というか、自在性の脚があることが分かり、レースの幅が広がった。
前走は、少し位置取りが後ろすぎた感じで、理想は2走前のように好位から差す競馬だ。
今回、内枠を引き当てたので、ある程度の位置取りを確保し、距離ロスなく内を攻めれば、2走前の再現はあるぞ。


△アンビシャス

昨年の覇者だが、今年は、昨年のような前に行く競馬ではなく、毎日王冠のような競馬をすると。
つまり、後ろから行くと宣言してますが、幸い、今年は強力な逃げ馬がおり、流れは速くなりそうで、展開は向きそう。
前走は明らかに、ここへの叩き台だったし、音無厩舎のワンツー決着は、十分すぎるほど、ありえるぞ。
乗り替わり福永は、過去に、このレース、テン乗りダークシャドウで、穴をあけてますし、今年も気楽な立場で一発!


△キタサンブラック

もう散々、喧嘩を売ってきて、返り討ちに合ってきたので、さすがに降参です。。
それでも、人気を裏切るとすれば、今年初戦となるここの可能性もあるのだが・・
この春は、ここから始動して、春天→宝塚のG1を3連戦するローテ。
つまり、ここは、春天へ向けての叩き台的な意味合いもあり、取りこぼしも十分あり得るかと。
そうは言っても、休み明けでも走る馬だし、取りこぼしはあっても3着以内は死守するかな。


△マカヒキ

凱旋門賞の挑戦した3歳馬といえば、キズナがその後、パッとしなかったわけで。
そのキズナですら、帰国初戦となった大阪杯は、勝ってましたが、こちらは、前走、3着に負けており、不安あり。
そもそも、キズナと違って、凱旋門賞を惨敗しており、更に、不安が増幅するわけだが。
それでも、4歳馬が強いレースだし、ディープ産駒が強いレースだし、過去の傾向からは、この馬が勝って不思議なし。
消して妙味ありだが、一応、押さえ評価で。

馬券はミッキーロケットを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (2)

「行庵」日本料理の食べ放題に行ってきた!

2017-04-01 00:48:56 | 食べ放題
日曜の大阪杯の予想は、土曜の深夜に更新予定です。
その前に、最近、恒例となっている、また食べ放題レポートでございます。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑競馬の話題は、ここから探してみましょう!

懲りずに、飽きずに、毎週、食べ放題に行っているんですが、先日、初めて行ってきた食べ放題だったので、また報告。
なんと、ホテルの日本料理のオーダー式食べ放題ということで、とても高そうと思いきや、わりとお手頃価格を発見!
実は、auのスマートパスで一休.comの1000円割引クーポンが当たったので、それを利用しようと、一休.comを覗く。
そこで見つけたのが、「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」にある「日本料理 行庵」という店の食べ放題。
寿司、天ぷら、ステーキが食べ放題という、超素敵なメニューで、値段が3,780円(税込)。
それが、一休.comだと3,300円(税込)になり、今回1000円割引クーポンで、1人当たり2,800円に。
この値段なら、行く価値あるではと、先日、予約して行ってきました。

最初、東京ベイ舞浜ホテルの方に行ってしまい、クラブリゾートの方に行き直すヘマをしてしまいましたが。。
更に、当日になって、店の営業時間を知って、びっくり・・・昼11時30分から14時30分まで・・・
私が予約した時間は、13時30分・・・まじか、1時間しか食べる時間ないやんけ。。。
あとで、予約したHPを見直すと
「ラストオーダーは14:30となり13:30にご予約を頂いたお客様は1時間のオーダー時間となります」って・・・

完全に見落としてましたし、空いていた時間帯が13時30分しかなかったしね。。。。やっちまった・・
時間制限がない食べ放題だと思って予約した自分がバカでございました・・
しかしねえ、1時間しかオーダー出来ない13時30分の予約分は、多少の割引をしてくれてもいいのでは。
とりあえず、少しでも早く店に入ろうと、13時15分に店に行き、なんとか、すんなり入店することに。
ラストオーダーは14時30分までで、席に入れる時間は15時までということで、実質100分は滞在出来ました。
それでも、やはり、ラストオーダーの時間が早かったので、デザートのお代わりが出来ませんでしたけどね。。
これには、知らずに予約した私のミスということで、一緒に行った嫁に愚痴愚痴言われちゃいましたよ・・・
しかし、14時30分ラストオーダーだというのに、14時に店内に入ってきた老夫婦がいましたけどね。。

今回、食べたものを全て写真には撮ってないので、メニューを載せておきます。
飲み物は、セルフでドリンクバーがありました。

~お通し・サラダ~
・本日のお浸し ・出汁巻き玉子 ・日替り小鉢 ・もずく酢
・本日の前菜  ・オーガニック葉野菜と四季彩サラダ 和風醤油ドレッシング

~天婦羅~
・海老 ・大葉 ・薩摩芋 ・南瓜 ・茄子 ・玉ねぎ

~お寿司~
・鮪 ・サーモン ・烏賊 ・穴子 ・海老
 (行った日は、穴子がなくて、変わりに「鯛」だったんですが、穴子が食べたかったよ・・・)

~お椀・煮物~
・生海苔味噌汁 ・茶碗蒸し ・ふろふき大根 ・本日の煮物

~鉄板焼~
・アスパラ ・蓮根 ・北あかりポテト ・牛肉ステーキ

~お食事~
・椀盛り蕎麦(冷) ・椀盛りうどん(冷) ・白御飯

~デザート~
・本日の水菓子 ・あんみつ ・わらびもち ・自家製アイスクリーム ・自家製シャーベット

本日のお浸し、生海苔味噌汁、椀盛りうどん、白御飯以外は、全て注文して食べましたよ。
徹底的にリピートしたのは、言うまでもなく、牛肉ステーキ!!
評価としては、やはり食べ放題としては、種類が少ない。。。
天ぷらにしろ、寿司にしろ、もうちょっと種類を多くしてほしいわい。
鉄板焼も、メインが牛肉1品だけでは飽きる・・・魚介類がほしかったね。
今回は、ランチということで、種類が少なかったようで、ディナーになると、以下が追加されるようですが。
~お通し・サラダ~
・ハムとサワークラウト
~天婦羅~
・鱚 ・烏賊 ・椎茸
~お寿司~
・蟹 ・サーモン ・いくら
~鉄板焼~
・長芋 ・ハーブ三元豚

ということで、いろんなものが食べられる食べ放題という醍醐味を味わうことが出来ず、微妙な結果に・・・
2000円だったら、ありかもですが、3,300円は、高いな。
これなら、「さと」のしゃぶしゃぶ食べ放題プレミアムコースの方が、断然良いと思いますね。
最後に、わずかに撮った写真です。




店構えは、とても趣があり、期待が持てたんですが、店内は、普通の定食屋の感じで、ちょっとチープでした。


一番のメインであるステーキが、普通の皿に盛られて持ってくるので、見た目で、もうチープ感満載・・・
料理は見た目も大事であり、白皿から食べるステーキは味も半減しちゃうな・・・
やっぱり、鉄板焼は、鉄板の上から、そのまま頂くスタイルがいいですなあ・・・当たり前だな。。。


ラストオーダーで頼んだ、デザート全品。
本日の水菓子は、グレープフルーツでした。。これがメロンか苺だったら、評価も上がったけどね。。
わらびもち、もっと食べたかったのに、時間切れでね。。。
コメント