susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

中山記念13((結果))

2013-02-25 22:24:21 | 1~3月重賞(G2、G3)
2013年2月24日(日) / 中山 1800m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[8] 15  ナカヤマナイト   牡5 57 柴田善 1:47.3 2
2[6] 10 △ダイワファルコン  牡6 56 北村宏 クビ 3
3[5] 9 △シルポート     牡8 57 松 岡 ハナ 8
4[8] 14 △タッチミーノット  牡7 56 横山典 3/4 1
5[3] 4  トーセンレーヴ   牡5 56 ビュイ 1.1/4 5
6[7] 12  ダノンバラード   牡5 57 ベリー クビ 4
7[4] 7 ▲スマイルジャック  牡8 56 田 辺 3/4 9
8[2] 2 ○リアルインパクト  牡5 57 内 田 クビ 7
9[7] 13  ニシノメイゲツ   牡6 56 江田照 クビ 12
10[2] 3  カリバーン     セ6 56 ブノワ 2 11
11[5] 8 ◎アンコイルド    牡4 55 蛯 名 ハナ 6
12[3] 5  シンゲン      牡10 56 三 浦 1.3/4 10
13[6] 11  トシザマキ     牝6 54 石橋脩 3.1/2 13
14[4] 6  ルールプロスパー  牡8 56 津 村 クビ 14
15[1] 1  スノークラッシャー 牡8 56 村 田 4 15

払戻金 単勝 15 450円
    複勝 15 190円 / 10 210円 / 9 390円
    枠連 6−8 690円
    馬連 10−15 1360円 / 馬単 15−10 2490円
    3連複 9−10−15 6560円 / 3連単 15−10−9 28270円
    ワイド 10−15 530円 / 9−15 1370円 / 9−10 1290円

ここは素直に中山巧者の2頭と昨年のリピーターという馬券の買い方でよかったわけね。
この3頭で3連複6560円もつくわけだから、こういう馬券は当てないとプラス収支への道は遠いわ・・

勝ったナカヤマナイトは、みんなが知ってる中山巧者のわけだが、今回はAJCCをフレグモーネで回避後の1戦。
しかも大外枠で、近走が後ろからのレースになっていたので、今回も位置取りが後ろすぎれば、届かないと軽視したが。
そこは、善臣先生、うまいです。。。きっちり中段からレースを進めて、しっかり差し切りました。お見事!

2着ダイワファルコンもさすが中山巧者の走りを見せましたが、マークされる形となった分、クビ差さされましたね。
結局、有馬記念組のワンツーということで、強い相手と戦ってきた馬は、強いということですなあ。。

3着は、昨年に続いて、大逃げかましたシルポートが最後まで粘りました。
昨年も松岡に乗り替わっての絶妙な逃げでしたが、松岡とこの馬とは相性がいいようですなあ。
人気を見れば、この馬から、馬券を買うのが、穴党としては正解でしたね。

そんな穴党が、そこそこ人気のアンコイルド本命で、見せ場もなく11着惨敗は、酷い予想だわ・・
またしても安易な矢作厩舎本命という策で、自爆してしまい・・・まったくもって学習能力なし。。
4連勝中ではあったが、どのレースもゆるい流れであり、シルポートが作る速い流れには、対応出来なかったようで。
これが、キャリアの差、重賞の壁というやつですな。
3歳戦なら別ですが、古馬相手のG2ともなれば、いきなりの重賞挑戦は、そう甘くないということで。
もう何年も馬券買ってるやつなら、分かりそうなものだが、どうにも馬を見る目、予想スタンスが悪すぎる。。

先月も言ったけど、また月が変わってツキが変わるのを待つしかないな・・もうイヤ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (4)

阪急杯13((結果))

2013-02-25 22:18:58 | 1~3月重賞(G2、G3)
2013年2月24日(日) / 阪神 1400m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[2] 3 △ロードカナロア   牡5 58 岩 田 1:21.0  1
2[1] 2 △マジンプロスパー  牡6 56 福 永 3/4    2
3[3] 6  オリービン     牡4 56 川 田 クビ 11
4[1] 1 △サンカルロ     牡7 57 吉田豊 クビ 3
5[4] 7  シュプリームギフト 牝5 54 秋 山 1/2 13
6[5] 9  スギノエンデバー  牡5 56 北村友 1 10
7[4] 8  アプリコットフィズ 牝6 54 四 位 クビ 12
8[8] 16  フラガラッハ    牡6 56 小 牧 ハナ 9
9[6] 12  エピセアローム   牝4 55 武 豊 クビ 4
10[7] 13  レオアクティブ   牡4 56 藤 田 1/2 8
11[3] 5  ブライトライン   牡4 56 浜 中 クビ 6
12[6] 11 ○オセアニアボス   牡8 56 国分優 ハナ 14
13[2] 4 ▲クィーンズバーン  牝5 54 藤岡佑 1.1/2 7
14[5] 10  ミトラ       セ5 56 大 野 1.3/4 5
15[7] 14  インプレスウィナー 牡6 56 田中勝 クビ 16
16[8] 15 ◎シゲルスダチ    牡4 56 池 添 5 15

払戻金 単勝 3 160円
    複勝 3 110円 / 2 190円 / 6 910円
    枠連 1−2 260円
    馬連 2−3 590円 / 馬単 3−2 850円
    3連複 2−3−6 7060円 / 3連単 3−2−6 20500円
    ワイド 2−3 270円 / 3−6 1330円 / 2−6 3790円

本命馬がドンジリで、○▲も二桁着順の大敗では、しばらく予想はヨソウと落ち込んでしまうね・・
本命シゲルスダチの切れる末脚に期待したのに・・まさか途中からハナに立つとは。。

「途中から一気にかかってしまって、折り合いがつきませんでした」

とレース後の池添のコメントですが、折り合いに難のあるのは分かっていたが、ここまで制御出来ないとは。。
まあ、折り合い難のある馬を距離延長のここで本命にした自分の予想センスのなさを嘆くしかあるまい・・

勝ったロードカナロアは、さすが国際G1馬の走りを披露!
やはり、強いスプリンターは1400までは問題ありませんでしたな。
ドバイ行きは、オーナーサイドの要望で無くなってしまったのは残念だし、高松宮記念に出走も穴党としては・・
どう考えても、よほどのアクシデントがない限り、高松宮記念でも普通に勝っちゃうでしょう。
それに逆らっての穴狙いはリスクが高いのだが、カナロアが飛べば、逆にとんでもない穴馬券となるわけですが・・

2着マジンプロスパーも、前走の復調の兆しから、順当ですが、本番での逆転は難しそうで、ここで勝っておきたかったね。

3着オリービンが、馬券のポイントになりましたが、昨年のNHKマイルで本命にした馬だけに、気にはなったのだが・・
やはり、マイルが一番合っていると思ったし、橋口調教師の「太め残り」というコメントを見て、消すことにしたのだが。
前走の阪神Cが、ごちゃついてレースにならずで参考外で、阪神コース得意な馬だっただけに、11番人気なら押えねばね。

矢作厩舎オセアニアボスは、レース前のコメントに太めで硬いと状態が万全ではないことを示唆していたのでね。。
矢作厩舎は、正直で、土曜の中山メインに出走したキョウエイカルラも引退レースだけどいい頃の状態にないと。
で、結果は、3番人気で14着でしたから、矢作厩舎のコメントは役に立つのだが・・
なら、今回のオセアニアボスも、コメント信じて、消しでした。でも、消して、来られるとイヤなのよねえ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

阪急杯&中山記念13(予想)

2013-02-23 19:35:09 | 1~3月重賞(G2、G3)
土曜はPO馬が2頭出走するも、アドマイヤキンカクが4着で、バジンガは8着と散々・・
日曜は、マトリックスコードがデビューするので、なんとかデビュー勝ちを決めてほしいところ。

日曜の阪神メイン、阪急杯の予想
芝 1400M G3 別定 16頭立て

人気馬が揃って内枠に入り、なんか人気通りの堅い決着になりそうで、無理な穴狙いはやめた方がいいのかな・・

◎シゲルスダチ

前走シルクロードSに続いて、もう1度、本命で狙ってみる。
その前走は、前有利の流れで、おまけに前走折り合いを欠いてしまい、まったく出番なく終わってしまった。
しかし、それでも上がりはメンバー2位で、0.3秒差まで迫っており、着順ほど負けていない。
今回、久々の1400で、折り合いの不安があるものの、近走の悪い流れを距離延長で気分転換。
実際、阪神1400は、マーガレットSでレオアクティブを押さえて勝利しており、この舞台は合う。
今回、ほんとは内枠がほしかったところだが、そこは乗り替わりの池添の手腕で、ロスなく乗ってほしい。
池添は凱旋門賞でオルフェに乗るために、4、5月にフランス遠征するだけに、2、3月にしっかり稼いでおきたいよね。
私もそろそろ稼いでおきたい・・・


○オセアニアボス

本命予定でしたが、矢作ブログを確認すると・・
「ちょっと太いし、硬さも残っているかなぁ」と冬場で、先週のタイセイレジェンド同様、太目残りなのか・・
それでも得意の阪神1400ですから、買わないわけにはいかない。
2走前の阪神Cが2着馬からクビクビの4着だし、昨年もサンカルロにクビ差の4着と馬券圏内あと一歩。
前走は、下手なマクドノと呼吸が合わず、惨敗も仕方なし。
しかし、今回の乗り替わりの国分兄も少し頼りないのだが・・まだ双子の弟の方が穴期待は出来たのだが。
そうは言っても阪神コースは[4-4-3-4]と最も得意としている舞台だけに、3着内の期待値は高い!


▲クィーンズバーン

こちらも阪神1400ならチャンス十分。
うずしおSは、3番手の競馬でそのまま3着だったが、逃げた阪神牝馬Sでは見事逃げ切り。
前走の京都牝馬Sでも逃げて見せ場十分の4着と、ハナを切れれば、牡馬相手でもやれるはず。
今回も内枠に入ったし、逃げ馬不在のメンバー構成だけに、開幕週の馬場を味方に、スイスイ逃げ切る!


△サンカルロ

阪神1400といえば、やはりこの馬か。
阪神1400重賞で3勝し、このレースも3年連続馬券になっており、この舞台を最も得意としている1頭。
しかし、目標は次のG1高松宮記念であり、ここは多少、余裕残しの仕上げだし、最内枠も少し不安かな。


△マジンプロスパー

昨年の覇者が、前走4着で、復活の兆しを見せただけに、ここは怖い。
鞍上も今年絶好調の福永で、有利な内枠引き当て、そろそろ重賞勝ちの出番になりそう。


△ロードカナロア

久々の1400、香港帰り、目標は先と、ここで買う要素は薄いのだが・・
それでも、現役最強スプリンターの実力は疑いようもないし、ここの結果次第でドバイに行くかどうかを決めるそうで。
そうなれば、G1馬の走りは見せるはずだし、バクシンオーもそうだったように、最強スプリンターは1400でも強い。
世界を目指している馬に敵は日本にはいないか。

馬券はシゲルスダチを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、中山メイン、中山記念の予想
芝 1800M G2 別定 15頭立て

◎アンコイルド

素直に4連勝中の勢いに期待!もちろん、矢作厩舎の1頭ということでも。
中山は初めてになるが、福島で勝っているので、小回り適正は十分ありそう。
それに鞍上が昨年も勝ち、中山重賞では頼りになる蛯名だけに、しっかり乗ってくれるでしょう。
調子も、2走前が底辺で、前走、そして今回と、どんどん調子を上げているそうで、そのコメント信じましょう。
これで、この馬が凡走したら、私の◎のせいだし、私と矢作厩舎の相性が相当悪いということでしょう・・


○リアルインパクト

このレースは、強烈なリピーター重賞ですので、昨年の3着馬に素直に期待。
マイル王者ではあるが、1800の距離でも2年連続毎日王冠で好走しており、まったく問題はない。
前走は休み明けで+20キロと太目残りで、今回は下手マクドノから内田と、完全に鞍上強化で、巻き返す。

 
▲スマイルジャック

無理に穴馬を探すなら、隠れ中山巧者のこの馬か。
昨年の京成杯AHが超久々の中山だったが、見事2着に好走し、コース巧者ぶりを発揮した。
中山1800は、3歳時とはいえ、スプリングSで勝っており、位置取りが後ろすぎなければ、出番はある。
8歳になって、ズブくなってきており、距離延長はむしろプラスに働きそうで、あとは母父サンデーの力に期待。


△ダイワファルコン

中山巧者といえば、この馬。
前走有馬記念は、さすがに相手が強かったし、距離も長かった。
実績のある距離に戻って、得意に中山なら、当然巻き返してくるでしょう。こちらも母父サンデー!


△シルポート

昨年は展開、馬場に恵まれての2着だったとはいえ、リピーター重賞ですから。
今回も同型馬不在で、単騎逃げが可能であり、開幕週の馬場を味方に、昨年の再現を期待。


△タッチミーノット

中山は前走の金杯勝ち、七夕賞2着を含む[2-1-1-0]と得意舞台。
横典が、阪急杯のミトラやレオアクティブではなく、こちらを選んだことからも引き続き勝負気配は高い。
普通に人気に応えてくれそう。

 馬券はアンコイルドを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (6)

【POG】マトリックスコード、ようやくデビュー

2013-02-21 23:01:24 | POGその他
マトリックスコード
(牡 父ハーツクライ 母シークレットコード 栗・藤原)

日曜の阪神5レース新馬戦(芝2000m 10頭立て)に出走。鞍上は川田。
藤原厩舎のハーツクライ産駒は、エイシンフラッシュの下のアルテミスハートも指名したが、年明けデビュー15着・・
その後、音信普通となっているのだが、そんな中、まだデビューしてなかったハーツクライ産駒が、やっとデビュー。
母シークレットコードは、キャリア1戦で阪神JFに出走し、2着と好走するも、ぶっつけオークスは10着。
秋の秋華賞も13着と、結局、1勝のまま4歳春で引退と、見事な早熟ぶりでした。。
そんなわけで、POGには、早熟性が大事ということで、今回指名したものの、年明け2月デビューは遅いって・・
まあ、先週、ようやくデビューしてくれたオレアリアは、見事デビュー勝ちを決めてくれたので、この馬も。

他にも土曜の小倉未勝利戦(芝2000m 18頭立て)にバジンガが出走。
中京でのデビュー戦は、惜しくも0.1秒差の2着でしたので、ここは、何としても勝ち上がってほしい。
そして、同じく土曜の阪神未勝利戦(芝1800m 16頭立て)にアドマイヤキンカクが出走。
前走に続いてビュイックが鞍上ですから、ここは結果を出してほしい。
ここまで5戦、5→4→2→4→2着と来てますので、こっちこそ、いいかげん勝ち上がってほしい。

あと日曜の小倉の新馬戦に指名候補でしたが、結局、指名は出来なかったデインツリーがデビュー。
シックスセンスの下で、デルフォイの全弟です。
最近は芝の活躍馬が出てないスペシャルウィーク産駒なので、また重賞で活躍する芝馬を出してほしい。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

フェブラリーS13((結果))

2013-02-18 21:37:47 | フェブラリーS
2013年2月17日(日) / 東京 1600m ダート・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 2  グレープブランデー 牡5 57 浜 中 1:35.1 3
2[3] 6  エスポワールシチー 牡8 57 松 岡 3/4 9
3[5] 10 △ワンダーアキュート 牡7 57 和 田 クビ 7
4[2] 3  セイクリムズン   牡7 57 藤岡佑 3/4 16
5[8] 16  シルクフォーチュン 牡7 57 横山典 クビ 5
6[1] 1  マルカフリート   牡7 57 福 永 ハナ 13
7[7] 14 △テスタマッタ    牡7 57 岩 田 ハナ 4
8[6] 12 ▲ダノンカモン    牡7 57 ビュイ 1.1/4 10
9[2] 4 △ナムラタイタン   牡7 57 太 宰 2.1/2 8
10[4] 7 △ガンジス      牡4 57 内 田 2.1/2 6
11[8] 15 ○ガルボ       牡6 57 石橋脩 クビ 11
12[4] 8  イジゲン      牡4 57 ベリー クビ 2
13[7] 13  エーシンウェズン  牡6 57 蛯 名 1.3/4 12
14[3] 5 ◎タイセイレジェンド 牡6 57 田 辺 ハナ 14
15[6] 11  カレンブラックヒル 牡4 57 秋 山 6 1
16[5] 9  ヤマニンキングリー 牡8 57 武 豊 2 15

払戻金 単勝 2 670円
    複勝 2 250円 / 6 600円 / 10 250円
    枠連 1-3 6180円
    馬連 2-6 10330円 / 馬単 2-6 17580円
    3連複 2-6-10 16150円 / 3連単 2-6-10 111130円
    ワイド 2-6 2990円 / 2-10 760円 / 6-10 2000円

今年最初のG1予想は、まったくもって酷い結果となりました・・

◎タイセイレジェンドについては、やはり距離が長かったということですが、もうちょっと粘ってよ・・
昨年は追い込み決着だったが、基本このレースは先行馬有利であり、単騎逃げ出来れば、粘り込めると思ったが。
大誤算だったのは、エスポワールシチーが、まだ衰えていなかったこと。。。

今回、先行争いに加わりそうだったのが、このエスポとダート初挑戦のカレンブラックヒルの2頭。
カレンがダート未知数で、先行争いに加われないだろうとの想定は、まず正解だった。
次に8歳のエスポについても、衰えから先行争いについて来ても、直線で先にバテると想定したのだが・・
どっこい、まだまだ元気で、このエスポの頑張りに、タイセイは早々に直線で飲み込まれてジ・エンド。

まあ、前走+10キロで太目残りで、今回は絞れているという矢作調教師のコメントを信じたのだが・・
フタをあけてみれば、+4キロとまったく絞れておらず・・冬場で馬体を絞るのは難しいのね。
というわけで、距離と馬の状態自身も万全ではなかったようで、それでG1では。。
でも、この大敗にめげず、ドバイ召集されたら、ぜひ行きたいと、前向き発言してましたな。

しかし、勝ち馬、2着馬無印ですから、どうタイセイが踏ん張ろうが、我が予想に当たりなし・・
勝ったグレープブランデーは、過去の傾向からは、一番勝つ確率の高かった馬でした。
フェブラリーSの過去の傾向は
・4、5歳馬が強い
・距離短縮馬が強い
・前走3着以内馬が強い
この3つの条件を満たしていたのは、グレープブランデーただ1頭だけだったのだ・・
よって、本命に出来なくても、買い目には、絶対に入れなければいけない馬だったわけで、それを無印とは・・
ちなみ、上位3頭とも、今年は距離短縮馬でした。(昨年が根岸S組のワンツーだったので、その反動ね)

グレープを軽視した理由は、マイルは合わないと考え、久々のマイル戦の流れについていけず、後方からの競馬に。
更に内枠に入ったことで、後方で位置取り悪く、前が開かず、はい、おしまいという姿を想像したのだが・・
東京マイルはユニコーンS2着の実績はあったが、勝ち馬がその後活躍せず引退した牝馬アイアムアクトレスだったので。
鞍上の浜中も、昨年リーディング取りながら、中央G1勝ちがなかったので、今年G1取りにかける思いが強かった。

2着エスポは、ここ2走の凡走で、終わった馬と見限ったのが、大失敗・・(2走とも敗因はハッキリしていたね)
逃げ馬本命にしたのなら、2番手のこの馬も当然、買い目に入れておくべきなのだが・・
昨年、逃げずに5着に負けた姿から、ハナ切れないとダメなタイプと勝手に思い込んでしまった・・
しかし、5歳で、このレースを勝った時は、2番手からの競馬でしたね。。勝手な決めつけはダメです。。

3着ワンダーアキュートは、まあ適正順位なのだが。
前がひらかず、脚を余しての負けだったが、自身も他馬の迷惑かけたからね。
鞍上の和田は、騎乗停止処分になってました。
ちなみに、ワンダー降着なら、3連単は、100万馬券でした。

適正じゃなかったのは、単勝7番人気という低評価。(複勝は2番人気でしたが)
いくら7歳で、厳しいローテとはいえ、昨年3着、JCダート2着の実績から、このメンバーなら1番人気でも。
しかも、ここ3走で、先着を許したニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクール不在で、実績最上位。
この人気の乖離をもっと馬券に反映させていたら、かつての絶対王者エスポが9番人気も不当に低い評価だったし。
前走の根岸S3着と好走しているのに、距離不安で最低人気になっていたセイクリムズンも不当評価だったよな。
逆に過剰評価のカレン、イジゲンを消して、不当評価、適正評価の馬を買っていればね。。

毎年、ダート初挑戦の芝実績馬が、そこそこ人気しては、その人気を裏切るのだが、今年もやっぱり。
ダート初挑戦で、いきなりG1は厳しいのは、過去の傾向からも分かっていたが、今年はガルボに期待してしまった。
直線では、一瞬、外からグイっと伸びてきて、ガルボからの馬券を買っていたので、一瞬やったと思ったのだが・・
そこからは、やはり、ダートの一線級との力差が、如実に出ましたね。
もう、ダート初挑戦馬は、買いません・・・

結局のところ、またしても矢作厩舎にこだわり、爆死・・・
ずっと、こだわって馬券を買っていた以上、やはりG1でも買わないわけには・・
来週は、重賞に矢作厩舎の馬はいなさそうなので、そんな呪縛から解き放たれて、なんとか的中を。。
と思ったら、阪急杯にはいなかったが、中山記念には、また魅力的な馬が・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

フェブラリーS13(予想)

2013-02-16 21:58:10 | フェブラリーS
土曜はPO馬が2頭出走。
まずオレアリアが、見事デビュー戦を勝ち上がってくれました。
この流れで、セントポーリア賞のアドマイヤスピカにも期待したのだが、位置取り悪く、展開も向かずで7着。
とりあえず、1頭が勝ってくれたので、よしとして、この流れでG1予想も当てたいところ。

日曜の東京メイン、フェブラリーSの予想
ダート 1600M G1 定量 16頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 カレンブラックヒル・・・2.9倍
2番人気 イジゲン・・・・・・・・6.2倍
3番人気 グレープブランデー・・・7.9倍
4番人気 シルクフォーチュン・・・8.7倍
5番人気 ガンジス・・・・・・・・9.4倍

ニホンピロアワーズ、ローマンレジェンドの2強不在で、なんと1番人気はダート初挑戦馬。
穴党であれば、この1番人気は、まっさきに嫌いたいところだが、今年のメンバーなら、勝っても驚けないな。

◎タイセイレジェンド

おいおい、また矢作厩舎かい・・て、ガンジスの方じゃないのかよ!
マイルは長いというのは、分かっているが、「逃げ宣言」の心意気にかけてみる!
この馬、ダートで逃げて、4コーナー先頭で回れば、5戦4勝で、負けたのは昨年の根岸Sの4着のみ。
その根岸Sも外枠からハナを切るまでに時間を要したロスが響いたもので、それで0.2秒差ですから逃げれば。
前走は、休み明けに加えて59キロで、ハナを切れない展開ながら、直線では先頭に立ち、見せ場は作った。
叩き2走目の今回は、追い切りの動きからも明らかに上積みありで、57キロに戻って、粘りも増す。
懸念される距離も、キンカメ×マックイーンですから、血統からは距離延長は問題ないはず。
実際、過去には1800まで勝っているし、東京マイルでも勝っている。
父ミスプロ系で、前走根岸S11着の1戦だけで、人気急落は、04年3着のスターリングローズと一緒。

乗り替わりの田辺は、G1には縁のない騎手であるのだが。
エイシンアポロンで富士Sを勝ちながら、次走マイルCSでは乗れず。
エーシンヴァーゴウでセントウルSを勝ちながら、次走スプリンターズSでは乗れず。
ゴルドブリッツでアンタレスSを勝ちながら、次走東海Sで負けて、以降、乗り替わり・・
そんなG1に縁のない男に巡ってきたチャンス。
まったく人気もなく、気楽な立場で、思い切った逃げをかませば、一発ある!!


○ガルボ

ダート初挑戦馬は、お客さんであるのは分かっている。
分かっているが、この時期走る、冬のガルボの激走にもかけてみたい!
陣営が、なぜ、今、この馬をダートに使うかといえば、冬のこの時期にG1で走らせたから。
中1週のローテも[1-2-0-0]とむしろ、詰めて使った方がいい馬。
前走は外枠が災いして、終始外を回るロスが響いての大敗だったが、今回は外枠が吉となる。
ご存知、東京1600ダートは、スタートが芝で、外枠が内よりも長く芝を走れる。
この外枠の恩恵を活かして、楽に先行出来れば、砂をかぶらずレースが出来る。
不安の初ダートも、ダートコースで追い切った調教で破格の時計を出しており、適正は十分。
同じダート初挑戦の馬を買うなら、人気のない方が得策だし、こちらは予行演習でダートをこなし、期待大!


▲ダノンカモン

昨年、本命にしている以上、人気落ちの今年も当然買います。
前走は、直線で前が開かず、脚を余しての9着で、参考外の1戦。
このレース、2年連続4着と、あと一歩の競馬をしており、メンバー手薄、混戦の今年は馬券圏内に。
東京マイルは[1-3-2-2]で、すべて掲示板に乗る堅実舞台だけに、7歳の今年も大丈夫。
鞍上のビュイックも前走に引き続きての騎乗だけに、前走のミスは繰り返さないはずで、大舞台で大仕事!


△ナムラタイタン

前走、距離不安がありながら、2着と好走。
東京マイルは[3-1-0-1]と得意舞台であり、唯一崩れた昨年の武蔵野Sは、位置取りが後ろすぎたもの。
JCダートでも位置取り後ろで出番なしだったが、ここ2戦は前で競馬が出来ており、ここも内枠から先行して。
鞍上の太宰は、この馬で東京マイルを2番手から1着、2着と結果を出しており、G1のここでも。


△ガンジス

素直にいけば、矢作厩舎ならこの馬ですよね。
この馬もベストは1400と言われているが、実際、武蔵野Sで2着と好走しており、マイルも問題なし。
鞍上も引き続き、内田が乗ってくれるし、東京ダートは[2-2-0-0]とまったく崩れておらず、ここでも。
血統的にも母系にヴァイスリージェントの血があるのがいい。
過去、サクセスブロッケン、カジノドライブ、カネヒキリが、母系にこの血があっただけに、再びこの血が騒ぐ。


△テスタマッタ

昨年の勝ち馬ですから7歳でも、今年のメンバーなら当然勝ち負け。
前走は、休み明けで、59キロ背負って、大きく出遅れ、それでも直線の脚色はよかった。
今回は、岩田に鞍上が戻るのが、大きなプラスで、連覇の可能性も十分。


△ワンダーアキュート

昨年の3着馬で、JCダート2着馬ですから、当然ここでも主役の1頭。
ただ今年は7歳なのに、1走多く走っているローテが気がかり。前走が余計。
G1で連続馬券になっている堅実さは評価出来るが、ここ2戦連続ハタノヴァンクールに先着を許しているのが。
それは衰えなのか、G1連戦の疲れなのか、どちらもありそうで、ここにおつりはあるのか心配。

馬券はタイセイレジェンドを軸に3連複と馬連で勝負!!
あとガルボからも3連複を買っておきます。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (9)

【POG】オレアリアがようやくデビュー

2013-02-14 21:51:26 | POGその他
今年のPOGは、昨年、早々に勝ってくれたディアデラマドレが骨折・・
そして、せっかく若駒Sを勝ってくれたリヤンドファミユも骨折離脱と、どうにもダメです。。
唯一、活躍してくれているのが、3戦3勝のエピファネイアですが、年明け初戦は、弥生賞の予定。
そこで、コディーノと激突するようなので、エピファネイアのほんとの実力が分かりそう。
そんなエピファネイアと同じシンクリ産駒の期待の1頭がようやくデビューです。

オレアリア
(牡 父シンボリクリスエス 母ブルーメンブラット 栗・石坂)

土曜の京都新馬戦(ダート1800m 12頭立て)

贔屓馬スーパーホーネットのG1勝ちを阻んだブルーメンブラットの初仔ということで期待。
なかかな名前が決まらず、ちゃんとデビューしてくれるか心配してましたが、ようやくです。
しかし、なぜ、ダート戦?まだ、脚元に不安があるのでしょうか?
まあ、鞍上が浜中ですし、もう2月ですから、デビュー勝ちを期待します。

あと土曜の東京、セントポーリア賞(芝2000m 12頭立て)にアドマイヤスピカが出走。
前走は、中山の若竹賞でしたが、2着と好走してくれましたので、引き続き、内田が騎乗で期待してます。

あとあと、日曜の小倉の未勝利戦(芝1800m 16頭立て)にソリーソアンジェロが出走。
11着→13着(ドンジリ)ときての3か月半ぶりの出走ですので、まったく期待してません・・無理。

日曜は、今年最初のG1フェブラリーSがありますので、なんとしても当てたいところ。
しかし、どの馬にもチャンスありげな混戦模様で、予想は難解です・・
更に、ダート初挑戦の2頭の扱いが難しく、どうしたものか?

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

共同通信杯13((結果))

2013-02-12 21:33:39 | 1~3月重賞(G2、G3)
2013年2月10日(日) / 東京 1800m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[7] 8  メイケイペガスター 牡3 56 横山典 1:46.0 4
2[7] 7  ゴットフリート   牡3 56 ビュイ 1.1/2 2
3[4] 4 ○マイネルストラーノ 牡3 56 柴田大 1/2 9
4[1] 1 △ラウンドワールド  牡3 56 岩 田 1/2 1
5[2] 2 △マンボネフュー   牡3 56 蛯 名 クビ 3
6[6] 6 ▲トウシンモンステラ 牡3 56 ブノワ 1.1/2 10
7[3] 3  ザラストロ     牡3 57 松 岡 クビ 8
8[8] 10 ◎ケイアイチョウサン 牡3 56 三 浦 2.1/2 6
9[8] 9  クロスボウ     牡3 56 吉田豊 4 5
10[5] 5 △マイネルマエストロ 牡3 56 津 村 1.1/2 7

払戻金 単勝 8 560円
    複勝 8 200円 / 7 170円 / 4 750円
    枠連 7−7 1140円
    馬連 7−8 1140円 / 馬単 8−7 2370円
    3連複 4−7−8 16010円 / 3連単 8−7−4 79330円
    ワイド 7−8 480円 / 4−8 3350円 / 4−7 2220円

1、 2着馬無印で、本命馬8着惨敗という、これまた酷い予想結果です・・

勝ったメイケイペガスターは、若葉Sでリヤンドファミユから0.2秒差ということで注目はしてたのだが。
最終的に、追い込み脚質が、今の東京コースには合わないという判断で、消したのだが・・
なんと、横典、3番手からの競馬・・・テン乗りで、この騎乗、うますぎ、凄すぎ、お見事です。。
横典乗り替わりで、後方ポツンの競馬をしちゃうのではと危惧して、軽視したのに、まったく恐れ入りました。

2着ゴッドフリートは、朝日杯3着の実績は、ここでは上位でしたが、そもそも昨年の朝日杯組のレベルを疑問視。
4着馬、5着馬、6着馬の3頭が、揃って、年明け初戦、人気を裏切る走りをしてましたからねえ。
それに、ゴッドフリートについては、中山巧者のマイラーだという決め付けもしてしまって、軽視してしまった。
実際、レース後、やはり距離は長いということで、今後は、NHKマイルCを目指すことになったわけだけど・・
しかし、今回のメンバー構成を見れば、距離適性低くても、能力上位だし、1800もデビュー戦で勝っていたわけで。
まあ、この馬についても、後方からレースするだろうと思ったのに、好位からレースするとは・・

3着マイネルストラーノは、前走、京成杯で本命にした馬・・なんで、今回、本命にしなかったのか・・
前走から人気急落のブービー人気。
穴党なら、喜んで本命を打つべきタイミングなのに、なにやってのかな・・まったく予想センスなし。。
で、替わりに本命にしたのが、前走で本命を打ちそこなって、馬券ハズしたケイアイチョウサンとは酷い。
このはずれパターン、京都記念のカポーティスターと、まったく同じ・・・この予想センスはほんと恥ずかしい。。

今の東京の馬場は、とにかく時計が速くて、それに対応出来ない馬はダメ。
というわけで、これまで33秒台の上がりで走った経験があるかが、1つの目安になったわけなのだが・・
メンバー中、3頭が、上がり33秒台で走ったことがなく、その中の2頭に印をうち、1頭が本命・・
ダメすぎる予想でした・・その3頭は、◎ケイアイチョウサン、△マイネルマエストロ、クロスボウでした。

我が予想、勝率1割、連勝しないのが、モットー?ですので、次のG1フェブラリーSを当てるには、ここ連敗でよかったか・・
今回は、あんまりにも、酷い予想結果でしたので、しっかり反省して、今年最初のG1予想は、じっくり考えたい。
また、安易に矢作厩舎本命なんてことは、しない予定ですが、絶対しないとも言い切れないなあ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

京都記念13((結果))

2013-02-12 21:27:22 | 1~3月重賞(G2、G3)
2013年2月10日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[8] 11  トーセンラー    牡5 56 武 豊 2:12.5  6
2[1] 1 △ベールドインパクト 牡4 55 小 牧 1.1/2   3
3[8] 10  ショウナンマイティ 牡5 57 浜 中 クビ 2
4[2] 2 ▲ビートブラック   牡6 58 石橋脩 1 5
5[4] 4 △ジャスタウェイ   牡4 55 内 田 1.1/2 1
6[7] 9 ◎カポーティスター  牡4 56 高 倉 2.1/2 4
7[7] 8  ジョワドヴィーヴル 牝4 53 福 永 1.3/4 7
8[5] 5 ○サクラアルディート 牡5 56 川 田 1.3/4 8
9[6] 6  ジャミール     牡7 56 武 幸 5 10
10[6] 7  リッツィースター  セ6 56 宮 崎 8 11
11[3] 3  ヤマニンファラオ  牡4 55 藤 田 大差 9

払戻金 単勝 11 920円
    複勝 11 260円 / 1 200円 / 10 160円
    枠連 1−8 810円
    馬連 1−11 2380円 / 馬単 11−1 5570円
    3連複 1−10−11 3130円 / 3連単 11−1−10 25280円
    ワイド 1−11 790円 / 10−11 590円 / 1−10 520円

安易に、休み明けの馬を全馬消しにして、大ハズレの結果に・・酷い。。

勝ったトーセンラーは、きさらぎ賞勝ち、菊花賞3着と京都巧者は知ってたが、昨年、休み明けで4着だったので。
昨年は3ヵ月ぶりの休み明けで、9頭立ての4着と、数字だけ見れば、休み明けは買えないと馬と思ったのだが。。
勝ったのがトレイルブレイザー、2着ダークシャドウ、3着ヒルノダムールなら、今年のメンバーの方が手薄。
相手関係、そして鞍上が、このレース3勝していた武豊を考慮すれば、安易に消しは出来ない馬でしたな・・
武豊は、06年07年でこのレース連覇し、そして昨年、今年とまた連覇達成!ほんと、同じ重賞をよく勝つ人です。
全盛期の凄さは消えたとはいえ、一時期の不振は脱出して、やはり、まだまだ頼りになる騎手ですな。

2着ベールドインパクトも京都巧者の1頭。
ここは、重賞初制覇の大チャンスだったわけだが、この後のチャンスは秋の京都大賞典あたり?!

3着ショウナンマイティは、実績からは、間違いなくメンバー1位であったが、やはり休み明けが気になり・・
しかも、陣営も弱気コメントだったし、明らかに目標は先って感じでしたから。
実際、休み明けの影響で、折り合いを欠いてしまったわけだが、浜中は無理に抑えず、そのまま行かせたのは正解。
無理やり抑えていたら、3着もなかったはずで、やはり、力が1枚上だったということ。

で、安易といえば、またまた矢作厩舎にこだわってカポーティスター本命は、あまりに安易すぎ・・
前走、10番人気で本命を打てなかったのに、今回、4番人気で、本命を打つとは遅いというか、予想センスなし・・
その前走は、軽ハンデにグリーンベルトの恩恵あったの勝利だっただけに、今回、この人気で本命はないな。。。

まったくもって酷い予想結果でしたが、同じような酷い予想結果は、共同通信杯にも続く・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

京都記念&共同通信杯13(予想)

2013-02-09 22:40:19 | 1~3月重賞(G2、G3)
先週、ようやく今年初的中で、流れがいい方向に向けば、そろそろ大きいのも仕留めたいところ。
しかし、日曜の重賞は2つとも少頭数で、無理な穴狙いは無謀かな。

日曜の京都メイン、京都記念の予想
芝 2200M G2 別定 11頭立て

毎年、堅い決着だけに、今年も少頭数で荒れる要素なし。
馬券買わずに、ジョワドヴィーヴルの復帰戦として、無事に走ってくれることを見守りたいが・・

◎カポーティスター

毎週毎週、途切れることなく有力馬を出してくるなあ、矢作厩舎。
前走でも本命にしようと思っていただが、高倉騎手を信用出来ずに、評価を下げたのは失敗でした。
その高倉騎手、土曜は、1番人気で圧勝し、11番人気でクビ差2着と、好調です。
この馬では、2戦2勝!
馬も京都は[2-1-0-0]と得意にし、2着はデビューでマウントシャスタから0.2秒差の競馬。
前走から一気に4キロも斤量が増えるが、500キロを超える大型馬なので、斤量泣きすることもないはず。
重賞で2着が続いている矢作厩舎が、この馬で、再び、1着を狙う!


○サクラアルディート

重賞初挑戦の馬が通用するレースではないのだが、今年は有力馬が休み明け多数で手薄。
ならば、ディープ産駒で、兄にサクラプレジデントを持つ良血が、久々にサクラに重賞をもたらすか。
今回、初距離になるが、血統からは、距離延長はむしろプラスになりそうで、ここでも好位から競馬が出来ればチャンス。


▲ビートブラック

この距離は若干短いのだが、得意の京都コースなら。
ただ今の荒れた京都の馬場はこの馬には合わないのだが、先行馬有利のコースだけに、内枠から楽逃げで粘り込む。
有馬記念からというローテも最適だし、石橋が共同通信杯ではなく、こちらを選んだことからも勝負気配は高いぞ。


△ベールドインパクト

この舞台は京都新聞杯2着があり、距離が長いと思われた菊花賞でも4着と京都は相性がいい。
今年、大久保厩舎は、京都ではダノンシャーク、マズルファイヤーと重賞で結果を出しており、この馬も続く。


△ジャスタウェイ

前走は、中山で、コース合わず、位置取りも後ろすぎて、3着も仕方なし。
京都コースも実績はないが、広い直線は合うだけに、外回りコースのここなら、力は出せるはず。
引き続き、内田が乗るのも心強いし、55キロも有利で、ここは人気に応えるか。

馬券はカポーティスターを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて、東京メイン、共同通信杯の予想
芝 1800M G3 別定 10頭立て

こちらも、少頭数で、荒れない感じだが、メンバー的には、どの馬にもチャンスありそうで、ひと荒れ期待。

◎ケイアイチョウサン

前走の京成杯では本命にするか迷って、出来ずに大失敗。
その前走は、早めの競馬で、3着に負けたとはいえ、一番強い競馬をしており、その走りを素直に評価。
東京1800は、2走前に、これまた強い勝ち方を見せた舞台であり、コース替わりもまったく問題なし。
乗り替わりの三浦も、土曜は人気薄でも馬券になっており、ここも積極的な競馬でチャンスは十分。
2年連続ステイゴールド産駒が勝っているだけに、この馬で3年連続の同産駒の勝利期待!


○マイネルストラーノ

前走、京成杯では本命にするも展開向かずで8着惨敗。
大雪で渋滞に巻き込まれたりして、馬の状態も万全ではなかったのかもしれない。
前走で◎を打った以上、しばらくは追いかけたいので、前走の負け分をここで早速、返してもらおう。
東京コースは、いちょうSで、7着だったが、0.2秒差であり、前残りを後ろから追い込んだ中身はいい。
土曜のクイーンSが、ディープ弟のオンファイア産駒が勝っており、ここでは兄ディープの出番。
今の先行有利な東京馬場は、この馬にはピッタリだし、穴をあけるなら、マイネル!

 
▲トウシンモンステラ

大穴なら、重賞では常に怖い母父サンデー。
近親にベッラレイアがいる血統だけに、東京コースも合いそうで、一発あるなら、この馬の無欲の追い込み。
前走も7着とはいえ、メンバー最速の上がりを使っており、嵌れば、広い府中で、まとめて差し切るシーンも。
鞍上のブノアは、日本でまだ未勝利だが、外国人騎手は初勝利が重賞なんてことが、よくあるだけに、ここらで。


△マイネルマエストロ

京成杯が2週連続の輸送で、また中2週で輸送競馬とローテはきついが。
それでも、先行有利な今の東京コースなら、単騎逃げ濃厚なメンバー構成だけに、粘り込みは十分可能。


△マンボネフュー

同じ舞台のいちょうSでは、折り合いを欠いて惨敗したが。
続くベゴニア賞では、ロゴタイプから0.2秒差の2着で、3着馬には4馬身差をつける好走。
相手は最内からロスない競馬だったのに対して、こちらは大外からの競馬で、コース取りの差が出ただけ。
前走で、距離の目途もつけたし、鞍上の蛯名は、このレース2勝と得意にしており、ここでも。


△ラウンドワールド

順延した京成杯を自重したリグヴェーダが、きさらぎ賞でドンジリだったので、この馬も怪しいが。
消して妙味ある馬なのだが、なにせ、鞍上は岩田だけに、消すのは怖い。
前走が、出遅れが全てと考えれば、札幌2歳S2着の実績から、ここでも力上位で、普通に勝ち負け出来るはずだが。

 馬券はケイアイチョウサンを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (4)

東京新聞杯13((結果))☆☆

2013-02-04 22:00:57 | 東京新聞杯
2013年2月3日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[3] 5 △クラレント     牡4 56 岩 田 1:32.9  2
2[1] 1 ◎ダイワマッジョーレ 牡4 56 丸 田 1/2    5
3[4] 8 △トライアンフマーチ 牡7 56 横山典 クビ 4
4[5] 10  レッドスパーダ   牡7 56 北村宏 クビ 8
5[2] 3  ブライトライン   牡4 56 三 浦 1.3/4 9
6[6] 12  スマートシルエット 牝6 54 蛯 名 1.1/4 10
7[3] 6  スマイルジャック  牡8 59 田 辺 クビ 13
8[8] 16  ガルボ       牡6 58 石橋脩 1.1/4 7
9[6] 11 △マウントシャスタ  牡4 56 ビュイ クビ 3
10[5] 9  ドナウブルー    牝5 54 内 田 クビ 1
11[7] 13  リアルインパクト  牡5 56 マクド 1.1/4 6
12[2] 4 ○レインスティック  牡6 56 吉田隼 クビ 16
13[4] 7  キングストリート  牡7 56 ブノワ 1.1/4 14
14[8] 15 ▲ヤマニンウイスカー 牡7 56 柴田大 クビ 11
15[7] 14  インプレスウィナー 牡6 56 田中勝 3/4 12
16[1] 2  リーチザクラウン  牡7 57 江田照 3.1/2 15

払戻金 単勝 5 510円
    複勝 5 190円 / 1 250円 / 8 210円
    枠連 1−3 1760円
    馬連 1−5 1690円 / 馬単 5−1 2670円
    3連複 1−5−8 3650円 / 3連単 5−1−8 16490円
    ワイド 1−5 630円 / 5−8 580円 / 1−8 950円

ようやく連敗脱出、今年初的中となりました。
配当は安かったが、昨年から19連敗と、どん底の予想結果だっただけに、ひとまず、よかった。

スタートで、大穴で期待した○レインスティックがハデに出遅れて、まず1頭が消え・・
逃げてこその▲ヤマニンウイスカーが、逃げられず、また1頭が消え・・
そして、何より、◎ダイワマッジョーレが、スタートで行き脚がつかず、まさかの後方からの競馬・・

前有利のスローの流れで、4コーナーでも後方のまま、直線では馬群に包まれ、なかなか追い出せず・・
完全に20連敗を覚悟しましたが、前が開いてから、よく飛んできてくれましたよ丸田ナイス騎乗!
勝ち馬には届かなかったが、メンバー最速の上がり32.7で2着確保で、馬連、3連複ダブル的中となり、ありがとう矢作厩舎!
やはりマイル、東京コースは合うようで、今後は、一息入れて、馬体重を増やせば、安田記念でも面白いのでは。

勝ったクラレントは、このコースは富士S勝ちもあり、順当。
後方からではなく、きっちり好位から競馬をした岩田は、やっぱりうまい!
アンカツ引退式の日、その後を受け継ぐかのごとく、しっかり、この日に重賞を勝つあたり、凄いね。
橋口厩舎のダンス産駒といえば、ツルマルボーイがアンカツのテン乗りで安田記念を勝ちましたよね。
今年、岩田ークラレントで、安田記念を制することが出来るかな。

迷って泣く泣く消したレッドスパーダが、クビ差4着で、危なかったが、横典3着ありがとう。
2番手追走も、直線で、なかなか前が開かず、追い出しが遅れての3着でしたが、7歳でもまだ若い。
こちらも、安田記念でも有力の1頭。

毎年、東京新聞杯と安田記念は、あまり直結しないけど、今年は、なんか、結びつくような気がするのは、贔屓馬達が好走したからか。

配当的に爆発はしませんでしたが、とにかく1つ当たってよかった。
きさらぎ賞にしろ、こちらにしろ、今回は、1番人気の馬をスパッと消せたのが、よかった。
反省材料は、左回りに不安あったマウントシャスタを買って、代わりにレッドスパーダを消したのは危なかったな。
連勝しない我がブログ予想ですから、今週末は、またハズレで、その次のG1フェブラリーSを当てたいものです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

きさらぎ賞13((結果))

2013-02-04 21:56:58 | きらさぎ賞
2013年2月3日(日) / 京都 1800m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(特指) / オープン / 別定

1[3] 3  タマモベストプレイ 牡3 56 和 田 1:48.9  6
2[2] 2 ○マズルファイヤー  牡3 56 秋 山 クビ   5
3[7] 7 ▲アドマイヤドバイ  牡3 56 福 永 3/4    3
4[1] 1 △バッドボーイ    牡3 56 勝 浦 1/2 4
5[4] 4 ◎クラウンレガーロ  牡3 56  幸  1/2 7
6[8] 9 △ラストインパクト  牡3 56 池 添 1/2 2
7[5] 5  アルムダプタ    牡3 56 武 豊 3 8
8[6] 6  リグヴェーダ    牡3 56 浜 中 1/2 1
− [8] 8  インパラトール   牡3 56 川 田 取消

払戻金 単勝 3 830円
    複勝 3 240円 / 2 210円 / 7 180円
    枠連 2−3 2780円
    馬連 2−3 2770円 / 馬単 3−2 5510円
    3連複 2−3−7 3700円 / 3連単 3−2−7 28120円
    ワイド 2−3 770円 / 3−7 550円 / 2−7 490円

この少頭数のレースでも当たらないとは、酷すぎ・・
1頭取り消して8頭立てでしたが、そのうちの1頭は芝初で、実質7頭立ての競馬。
そこから、1番人気のリグヴェーダを消したまではよかったが、あと1頭の消しチョイスが失敗・・

勝ったタマモベストプレイは、全兄タマモホットプレイが、シンザン記念2着後、ここ2番人気で10着でしたから。
血統的に距離延長はマイナスなのは明らかと軽視したが、この少頭数で、逃げ馬不在のメンバー構成なら、スロー必至。
楽な流れで、距離適性は問われず、前で競馬が出来る馬が有利になるのは明白。
そうなれば、距離不安でシンザン記念3着の実績がありながら、人気を下げたタマモは、逆に狙い目だったか・・

その流れを読んで、果敢にハナを切った秋山マズルファイヤーは、こちらの想定通りの走り。
馬券的に、前に行くだろうと想定出来た、この馬から買うのが正解だったな・・

3着アドマイヤドバイは、相手なりに走るタイプで、この3着も想定通り。

想定外だったのが、本命クラウンレガーロの出遅れ・・・
デイリー杯の時のように、前で競馬をして強みを発揮するタイプだけに、痛恨の出遅れでした・・
まあ、出遅れず、勝ち負けに参加出来たとしても、タマモを買ってない時点で、馬券はハズレてますが。。

きらさぎ賞は、毎年、クラシックに直結するレースなんですが、今年は参考にならない感じですな。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

東京新聞杯13(予想)

2013-02-03 10:28:10 | 東京新聞杯
続いて、東京メイン、東京新聞杯の予想
芝 1600M G3 別定 16頭立て

こちらは、フルゲートの大混戦の一戦で、予想が難しいが、こっちを何としても当てたいね。

◎ダイワマッジョーレ

また安易に矢作厩舎ですいません。
前走は、4コーナーで外に出すのに若干てこずった感じで、それでもゴール前は、しっかり伸びていました。
今回は、得意の左回りで、コーナーリングもスムーズにいきそう。
左回りは、金鯱賞2着に、3走前の東京でも勝ち[2-1-0-0]とまだ3戦ですが、完璧!
ダイワメジャー産駒ですので、距離短縮してのマイル戦は合うはず。
兄ハイアーゲームは東京得意でしたので、弟もきっと東京巧者。
ダイワメジャーといえば、引退を表明したアンカツでG1を4つも勝った馬だけに、アンカツがらみで産駒が活躍!
丸田-矢作コンビは、先月のジャニアリーSで大穴をあけましたが、今回は人気してるけど、しっかり乗ってくれそう。


○レインスティック

オープン入りしてからの2戦は大敗続きだが、遠征競馬はダメなのでしょう。
実績のある東京に戻り、クラス慣れしてきた3戦目で、一発あるなら、荒れる重賞のここ。
東京は4勝を上げている一方、掲示板を外したのも4度あるのだが、その4度はいずれも後方からの競馬。
近走は、中段より前で競馬が出来ているので、今回も内枠から先行出来れば、チャンスは十分ある。
2走前のオープン特別では、休み明けで遠征競馬ながら、直線で先頭に並ぶ見せ場を作っており、東京なら、このクラスでも。
穴で頼りになる母父サンデーだし、近年、このレースで穴をあけているロベルトの血を持っているのもいい。
乗り替わり吉田隼は、土曜の東京メインで10番人気2着と穴をあけており、重賞のここでも一発期待!

 
▲ヤマニンウイスカー

単勝397倍で、あっと言わせた舞台で、再び一発!
逃げスタイルで、馬が変わったようで、前走、重賞でも3着と結果を出し、2走前がフロックではないことを示した。
それでも今回も人気は上がってないだけに、狙い目は十分。
今回は外枠というのが不安要素だが、逃げそうなのはレッドスパーダだけだし、何とかハナを切れれば、残り目あり。


△トライアンフマーチ

3年前の2着馬だが、7歳になっても前走の京都金杯2着と、まだまだ若い。
東京では2勝して、安田記念でも4着と好走している得意舞台だけに、横典乗り替わりで、ようやく重賞初制覇か。


△クラレント

前走は距離が足りなかった。
NHKマイル3着、富士S勝ちの舞台のここなら、当然、勝ち負け出来る1頭。
岩田が引き続き乗るというのも、勝負気配強く、心強いだけに、この馬本命でもよかったかな。


△マウントシャスタ

マイル重賞では、やはりディープ産駒が怖い。
この馬自身は、マイルでは勝ってないものの、前走の2着で、その目途もつき、失格になった舞台は鞍上変わって克服か。

 馬券はダイワマッジョーレを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント

きさらぎ賞13(予想)

2013-02-03 00:34:24 | きらさぎ賞
土曜は、PO馬レネットグルーヴが、未勝利戦に出走するも5着と勝ち上がれず・・・
エルフィンSでは、ディープの半妹トーセンソレイユが2連勝で一躍、桜花賞候補に名乗りを上げただけに、我がPOG牝馬も頑張ってほしいが。。

日曜の中京の新馬戦(芝2000m)にバジンガが出走。
ブラックシェルの下ということで、今年もこの血は指名したのだが、全兄ヴィジャイ、サングヒーローが期待外れだっただけに、多少不安。
それでも、よくやくデビューしてくれたわけだし、ここを勝てば、まだまだクラシックに間に合うので、デビュー勝ちを決めてくれ。

日曜の京都メイン、きさらぎ賞の予想
芝 1800M G3 別定 8頭立て

インパラトールが、左肩跛行のため出走取消となってしまい、8頭立ての寂しいメンバー構成。

◎クラウンレガーロ

昨年、ディープ産駒のワンツースリーで決まったレースですが、穴血統はグラワン産駒。
グラワン産駒は、10番人気エンブリオ、7番人気マイネルスケルツィが3着で穴をあけており、今年は、この馬で。
2頭と一緒なのは、血統だけでなく、前走大敗で、人気を落としている共通点もあり。
その前走は、前半は激しい先行争いに巻き込まれ、直線では内に包まれる不利もあり、それで0.7秒差なら悪くない。
京都はデイリー杯2着の実績があるし、距離延長も、血統から、まったく問題ないはず。
近親に中距離で活躍したワンモアチャッター、スマートギアがいるだけに、むしろ距離伸ばして本領発揮だ!


○マズルファイヤー

前走は未勝利戦とはいえ、京都1800で4馬身差の圧勝を素直に評価。
ホワイトマズル産駒らしく、前走のような早め先頭という思い切った競馬が合うようで、今回も内枠から積極策で。
マズル産駒は、アサクサキングスが、ここ勝っているし、同じ大久保厩舎ということでも期待持てそう。
乗り替わりの秋山が、カレンブラックヒルのように乗ってくれたら、一発ありそうな予感はあるが。


▲アドマイヤドバイ

ラジニケ杯は完敗だったが、相手なりに走るタイプで、このメンバーなら。
サンデーのクロスを持った濃い血だが、近親には、このレース3着アドマイヤフジがおり、この馬も3着候補。
鞍上の福永は、今年1月から好調だし、このあたりで重賞も勝っちゃいそうな感じはある。


△バッドボーイ

ラジニケ杯は、超スローの逃げだったとはいえ、エピファネイアと0.1秒差は素直に評価。
前走に続いての少頭数で、また楽な競馬が出来そうなだけに、ここで崩れることはないだろう。
ただ鞍上が勝浦というのは若干不安である。外人さんは、みんな東京に行っちゃったのね。。


△ラストインパクト

2年連続ディープ産駒が勝ち、昨年は上位独占ですから、ディープ産駒は買わないと。
1番人気リグヴェーダは、キャリア1戦ということと、大雪の影響で、調整に狂いが生じた影響が不安で消し。
でも、こう馬券が当たってないと、結果は、あっさりリグヴェーダが勝ったりするんだろうなあ・・

馬券はクラウンレガーロを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

コメント   トラックバック (4)