susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ジャパンカップ15((結果))

2015-11-30 22:19:58 | ジャパンカップ
もう毎度のことですけど、一瞬だけ夢見させてもらいました・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年11月29日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[7] 15  ショウナンパンドラ 牝4 55 池 添 2:24.7 4
2[3] 6 ▲ラストインパクト  牡5 57 ムーア クビ 7
3[1] 1 △ラブリーデイ    牡5 57 川 田 クビ 1
4[2] 4  ジャングルクルーズ セ6 57 北村宏 1.1/4 17
5[5] 10  サウンズオブアース 牡4 57 Mデム ハナ 5
6[4] 8  イラプト      牡3 55 パスキ クビ 6
7[2] 3 △ワンアンドオンリー 牡4 57 内 田 アタマ 13
8[6] 11  ミッキークイーン  牝3 53 浜 中 ハナ 3
9[5] 9  ダービーフィズ   牡5 57 田 辺 クビ 18
10[6] 12 △ゴールドシップ   牡6 57 横山典 クビ 2
11[8] 18  ナイトフラワー   牝3 53 シュタ クビ 9
12[4] 7  ショウナンバッハ  牡4 57 戸 崎 クビ 15
13[7] 13  ヒットザターゲット 牡7 57 小 牧 クビ 14
14[1] 2 △トリップトゥパリス セ4 57 ベリー アタマ 11
15[8] 16 ◎カレンミロティック セ7 57 蛯 名 クビ 16
16[8] 17 ○アドマイヤデウス  牡4 57 岩 田 3.1/2  10
17[3] 5  ペルーサ      牡8 57 ルメー 1.1/4  12
18[7] 14  イトウ       牡4 57 ミナリ 大差 8

払戻金 単勝 15 920円
    複勝 15 220円 / 6 380円 / 1 130円
    枠連 3-7 6230円
    馬連 6-15 10160円 / 馬単 15-6 18510円
    3連複 1-6-15 6350円 / 3連単 15-6-1 53920円
    ワイド 6-15 1960円 / 1-15 410円 / 1-6 890円

直前になって、人気の牝馬2頭を消して、人気薄の2頭に変更しての「夢見まくり馬券」で勝負も撃沈・・・
いつも当たらない予想ですが、今回は、さすがに、まったく自信なしの予想だったので、これは仕方なし。
それでも直線向いた時には、ミロティック先頭、2番手デウス、それをラブリーデイ、ゴールドシップが追い。
これは、もらったぞ!と一瞬だけ思いまたが、残り300mで、その夢もあっさり醒めるいつもの展開・・・

ミロティックは逃げてはダメな馬なんだよなあ・・
有馬でも3コーナーから逃げてダメ、大阪杯でも逃げてダメと、逃げて持ち味が活きる馬ではないので。
ハナを切った段階で、これは、ダメかあと半分は諦めましたが、半分は、もしかしたらの期待はしたが・・
日本馬に逃げ馬がおらず、外国馬イトウも逃げずで、蛯名もスローだけはイヤだと苦肉の逃げの選択。
これはもう仕方ないし、ミロティックが勝てるレースをするなら、今回は、これしかなかったね。
結果は残念だったが、見せ場は作ったし、着差も0.6秒差で、それほど負けたわけではなく健闘しましたよ。
誰かがレースを引っ張らないといけないわけで、結果的にラビット役になってしまったが、ナイス騎乗でした。
ただ、もっとラチを頼って、直線もインベタでよかったと思ったが、ラチ沿いは馬場が荒れていたのかな。
超人気薄のジャングルクルーズが、ラチ沿いから、4着に突っ込んできてたけどなあ。。

てか、やっぱり、ゴールドシップが来ないレースは、この馬も来ないということね。
2頭は、常にセットなので、ゴールドシップがここで凡走の可能性が高かった段階で、この馬の好走もなかったな。

次走、有馬に向かうなら、当然、もう一度本命予定だけど、次は、もしかして穴人気しちゃうのかな?
ゴールドシップとセットで来る馬というのは、たぶん知れてしまっているので、みんな買っちゃうだろうなあ。
次走へ向けては、ここは、もっと酷く負けてくれた方が、人気も上がらなくて、よかったのか・・
それより、有馬に、逃げ馬は出走するのかなあ。。。キタサンブラック逃げてくれないかなあ。

勝ったショウナンパンドラは、前走の秋天が枠順に泣いただけで、牡馬相手のG1でもやれる力は示していた。
よって、相手関係が強化させていない今回も、当然買いの1頭でありましたね。
まあ、今回はミロティック、ゴールドシップが来る展開を期待しての予想だったので、最後消したのも仕方なし。
次走、有馬を使うならば、当然、有力の1頭。
中山コースもオールカマーを勝っているので、問題なさそうだが、あとは暮れの荒れた馬場に対応出来るかだけね。

2着ラストインパクトは、やはりムーアへの乗り替わりで結果出ました。
もともとG1でも、差のない競馬をしてた馬ですので、鞍上がうまく乗れば、これぐらい走りますね。
JCは「日本馬に外国人騎手」の馬が、必ず馬券になってましたので、今回、軸にするなら、この馬だったな。

3着ラブリーデイは、結果的には早く先頭に立ち過ぎたところだが、それが、この馬のスタイルだから仕方なし。
最後、2頭に差されたのは、やはり2400mの距離が少し長かったことと、流れがスローじゃなかったからだね。
中山2500mは、距離のごまかしが利くコースなので、ラブリーデイにとってみれば、有馬での巻き返しは十分あり。
あとは、馬の余力だけの問題だが、当初から秋はG1を3つのローテを言っていたので、大丈夫かな。

あああ、当たらん・・・
年間G1全敗の惨劇が、ほんまに現実味を帯びてきたぞ・・
ほんま、競馬辞めようかな・・
G1どころか、他のレースも当たらんし、もう辛い。。
2年連続馬券が当たっているチャンピオンズCで、なんとか一矢報いたいが・・
コメント

京都2歳S15((結果))

2015-11-30 22:12:36 | 京都2歳S
PO馬が勝ってくれたのに、馬券当たってないなんて、どんだけ予想下手だよ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年11月28日(土) / 京都 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系2歳 / (国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[4] 4 ◎ドレッドノータス  牡2 55 武 豊 2:01.3 3
2[1] 1  リスペクトアース  牡2 55 戸 崎 アタマ 5
3[3] 3  アドマイヤエイカン 牡2 55 岩 田 1.1/4 1
4[7] 10  ジョルジュサンク  牡2 55  幸  クビ 7
5[2] 2  ケルフロイデ    牡2 55 Mデム 1/2 4
6[8] 11 ○ロライマ      牡2 55 ルメー クビ 2
7[5] 5  ウインクルサルーテ 牝2 54 秋 山 クビ 10
8[5] 6 ▲キャノンストーム  牡2 55 川 田 1/2 6
9[6] 7  ダンツプリウス   牡2 55 和 田 1 9
10[7] 9  オンザロックス   牡2 55 アッゼ 3/4 8
11[6] 8  ウインテンダネス  牡2 55 加藤祥 4 11
12[8] 12  コパノミライ    牝2 54 北村友 3.1/2 12

払戻金 単勝 4 600円
    複勝 4 210円 / 1 240円 / 3 140円
    枠連 1-4 2660円
    馬連 1-4 2330円 / 馬単 4-1 4220円
    3連複 1-3-4 2000円 / 3連単 4-1-3 14300円
    ワイド 1-4 860円 / 3-4 400円 / 1-3 470円

単勝勝負だったなあ・・・

勝ったドレッドノータスは、今回、2番手からの競馬だったが、前半はクビを上げて、引っ掛かってましたけど。
それでも、最後は、しっかり逃げ馬を捕えて、見事2連勝で、重賞初制覇!!
折り合いに課題は残したものの、それでも勝てたことに能力の高さを示したし、クラシックが楽しみに。
これで年内休養か、次走、ホープフルSを使うかは分かりませんが、脚質的には中山は合っていそうだな。
重賞勝てない矢作厩舎が、今年、2歳重賞2勝目とは、ビックリだな。
更にビックリなのが、2歳重賞3連勝を決めた武豊。
クラシックのお手馬をどの馬にするかという、全盛期みたいな嬉しい悩みが出来て、よかったね。

しかし、逃げ馬を本命にしながら、なんで、同じく、デビュー戦逃げて圧勝している馬を押さえないか・・
しかも、最内枠を引き当てているわけだし、ここで逃げるのは、リスペクトアースと想定出来るでしょうに・・
わざわざ、戸崎が京都まで乗りに来ていることでも、勝負気配ありと見るべきだったし・・
デビュー戦が超スローでの逃げ切りだったので、評価しなかったのだが、2歳戦でタイムを気にしちゃダメだね。
小笠厩舎といえば、今年、重賞になったサウジアラビアRCも勝っていましたね。

3着アドマイヤエイカンも、さすがに唯一の重賞馬だし、これぐらいは走るわな。
休み明けで、前走負かした2着馬が次走でだらしなかったので軽視したが、3着馬はその後勝ってたからなあ。
前残りの流れで、展開が向かなかったという言い訳は出来るが、4コーナーでの手応えは悪かったなあ。
よくあれで、3着を確保したと思うわ。。

期待したもう1頭のPO馬ロライマは、出遅れて終了・・・
内回り京都で、この流れでの、出遅れは致命的。。
ルメールには、道中、出遅れをカバーすべく、もっと早く位置取りを上げてもらいたかったが・・
今回は参考外の1戦ということで、次走で見直したいです。

東スポ2歳Sに続いて、ここでも本命にしたPO馬が馬券に絡んでいるのに、我が馬券は当たらず・・
もうPO馬絡みの馬券は、単勝か複勝だけで、応援するのがいいのかもしれんな・・
コメント

ジャパンカップ15(予想変更)

2015-11-29 15:05:39 | ジャパンカップ
予想を再度、見直してみて、本命カレンミロティックが来るスタミナ勝負が前提なら、牝馬はやっはりいらない。
ということで、予想は少し変更

 △ショウナンパンドラ → △ワンアンドオンリー

カレンミロティックが来るなら、同じ先行脚質で、同じ持久力勝負を望んでいるこの馬を押さえる。

 △ミッキークイーン → △トリップトゥパリス

ミッキクイーンは、やはりマイナス体重(-6キロ)が気になる。
軽視していた外国馬であるが、内枠の好枠を引き当て、4000mのG1を勝っているスタミナ自慢のこの馬を押さえる。


ということで、改めて、今年のJCの予想です。

◎カレンミロティック

○アドマイヤデウス
▲ラストインパクト
△ゴールドシップ

△ワンアンドオンリー
△トリップトゥパリス
△ラブリーデイ 

まあ、直前に相手を変更したところで、肝心の本命カレンミロティックが来なければ、どうにもなりませんが・・
コメント

ジャパンカップ15(予想)

2015-11-28 17:28:23 | ジャパンカップ
PO馬ドレッドノータスが、見事に重賞を勝ってくれたのに、またもや馬券は当たらず・・
気を取り直して、G1当てます。。

日曜の東京メイン、ジャパンカップの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

強い馬が勝つ、荒れないG1。
昔は、外国馬の評価が難しくて、予想が難解だったが、近年は外国馬はお客さんなので、無視してOK。
しかし、今年の日本勢のレベルが疑問だけに、もしかして、外国馬の入り込む余地もあるのか・・・
そこが悩みどころだなあ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

でも、やっぱり外国馬は、「いらん」という結論。
で、荒れないG1で、荒れる可能性を探れば、それは1番人気ラブリーデイが馬群に沈む展開。
そう、それは、流れがスローではなく、平均ペース以上に流れて、持久力が問われるレースとなれば。
そういうレースになることを期待しての本命です。

◎カレンミロティック

う~ん、内枠が欲しかったなあ・・
まあ、決まったことは仕方ない、このコースは東京2000mに比べれば、外枠が不利とも言えないのでね。
実際、8枠は結構馬券になっているし、スタートさえ、しっかり決めて、すんなり内に切り込めれば問題ない。
そう、このレース、内枠が有利なんじゃなくて、距離ロスなくレースが出来る内を通る馬が有利なのだ。
11年、大外枠から、すっと2番手につけて、そのまま2着に粘ったトーセンジョウダンの競馬を再現してほしい。

前走は、この馬の出番にならない、スローの瞬発力勝負で、どうにもならなかった。
直前の乗り替わりというアクシデントもマイナスに作用したはずだし、前走の大敗は度外視で、いいでしょう。
今回は、春天で結果を出してる蛯名に手綱が戻るし、距離延長も間違いなくプラス。
実績のない東京コースですが、左回りに問題はなく、距離もOKとくれば、この舞台は合うはず。
過去、このレースで穴をあけているトニービンの血を持っているのもいいわけで。

あとは、何と言っても、展開です。
メンバーを見渡せば、逃げ馬不在で、今回もスローが濃厚だったりするのだが、それでいいのか?
スローにしちゃうと、またラブリーデイの独壇場になるし、牝馬の瞬発力が勝るぞ。
そんなことは、プロのジョッキー達も分かっているでしょう。
なら、誰かが動く!
可能性があるのが、内枠に入った内田のワンアンドオンリー。
ダービー馬の面影無く、近走の不振は目を覆いたくなるが、だからこそ、勝機を見出すには、逃げの手でしょう。
大舞台での内田の逃げは定評がありますので、人気薄の気楽な立場で、思い切った逃げを見せてくれれば。
内田が逃げないなら、前走逃げて勝っている外国馬イトウに逃げてもらうしかないが。
しかし、イトウ陣営は「先行勢についていければ」なんて言っており、逃げる気がないのが気になるが・・
逃げ馬がいないなら、自分が逃げればいいのだが、ミロティックは逃げて結果を出せていないので、控えたい。
とにかく、激しい先行争いは起きないので、外枠からでも楽に先行出来、内につけられるのはいいぞ。
あとは、瞬発力勝負にしたくない、もう1頭ゴールドシップ横典が、どうレースの流れを壊してくれるかだ。
横典が超早めに動いて、スナミナ勝負を演出してくれれば、ミロティックにチャンス到来!


○アドマイヤデウス

う~ん、内枠が欲しかったなあ・・
この秋、不振の岩田は、枠順の引きも悪いなあ。。
まあ、決まったことは仕方ない、このコースは東京2000mに比べれば、外枠が不利とも言えないのでね。
って、自分の文書をコピペするなよ。。。
前走は休み明けで、あからさまに、ここへの叩き台的な走りでした。
大外枠からスタートし、いきなり外にヨレ、スローの流れなのに、最後方ポツン追走で、レースに参加せず。
直線の脚だけ図って、一応、メンバー最速タイの上がりを使い、骨折の影響を感じさせないことを確かめる。
こちらも、東京コースは実績がないのだが、しっかりトニービンの血を持ち、穴資格はあるわけで。
更に、こちらもスローの瞬発力勝負ではなく、スタミナ勝負を歓迎するタイプ。
ミロティックが来る展開なら、この馬も馬券に絡んでくるはずよ。
秋のG1では不振が続く岩田も、JCは[3-1-1-3]と得意としている舞台で、そろそろ、やってくれそう。

アドマイヤのJCといえば、ムーンが勝っているのだが、その時は既にダーレーに所有を譲った後だし・・
よって、ドン、ラピスと2頭のアドマイヤの血が詰まったこの馬で、利一さんも、JCを勝ちたいところでしょ。
叩き2走目の上積み、距離延長を味方につけて、展開さえ向けば、この馬にもチャンスあり。


▲ラストインパクト

前走は、ラチに接触した上に、直線は馬群包まれ脚を余して、力を発揮出来ず。
今回、そんなダメ騎乗だった菱田からムーアへの大幅な鞍上強化で、その分、穴人気はしてるが、怖い1頭。
この舞台は、青葉賞でタイム差なしの3着があるし、距離延長は、この馬もプラスになる。
G1でも有馬0.2秒差、春天0.2秒差と、いずれも善戦しており、乗り方ひとつで馬券圏内には突入出来る。
毎年馬券になっている「日本馬に外国人騎手」というパターンでもあり、蛯名、岩田とくれば、3着はこの馬。
デウスが馬券になるなら、同じティンバーカントリーの血を持つこの馬も一緒に好走するはずね。


△ゴールドシップ

JCでこの馬を買う気なんて、一切なかったのだが・・
カレンミロティックが来る流れであれば、漏れなく、この馬がついてくる、いや、この馬が勝つことになる。
昨年の宝塚、今年の阪神大賞典、春天とこの馬が勝ったレースでは、ミロティックも一緒に好走しているわけで。
そんなわけだから、ミロティックが好走するためには、この馬に頑張ってもらわないとダメなわけです。
能力的には、メンバーNO1の実績だし、スタートさえまともに出てくれれば、苦手コースも克服だ。
とにかく、スタートと、道中、どこから、どう動いていくか。
全13勝中、12勝が4コーナー6番手以内につけているので、今回も4コーナーでそこまで取り付けるかがカギ。


馬券的には、カレンミロティックからこの3頭への勝負でいいと思っているが・・
そう簡単に、こちらが望んだ展開にはならないでしょうから、あとはスローになったらの押さえ3頭。
スローなら、人気のこの3頭で決まるなあ。

△ショウナンパンドラ

秋天は外枠に泣いた形だが、最後は凄い脚で飛んできており、力は示した。
残念ながら、今回も外枠となってしまったのは痛いが、今年のメンバー相手なら、充分勝ち負け出来そう。
この馬、ディープ産駒ながら、近親にステイゴールドがいる血統で、スタミナ勝負にも対応可能か。
ただ2400mの距離実績はないし、東京コース未勝利なのも、気になるマイナス材料。


△ミッキークイーン

秋華賞は、内回りコースで、この馬には合わないコースながら、力でねじ伏せた。
府中の2400mは、オークスを快勝しているように、絶好の舞台。
軽量を活かして3歳牝馬が好走する舞台でもあり、2冠馬のこの馬も当然、好走する可能性は高い。
ただ小柄な馬で、今回、輸送競馬で馬体を減らしての出走となりそうで、そのあたりが心配。


△ラブリーデイ

強力な外国馬や菊花賞組の出走がないなら、敵は距離か。
2400mの距離は、京都大賞典で勝ってはいるが、あれはスタミナが要求されないスローでのもの。
この馬の今年の快進撃は、当然、馬自身が強くなったこともあるが、スローという展開の助けも大きかった。
京都2400mとりは、はるかにスタミナが要求されるのが、東京2400mだ。
で、今回の展開なのだが、さっきも書いたが、メンバーを見渡せば、スローが濃厚なのだが。
外国勢が、ラブリーデイ包囲網を組んでくれれば、流れはスローにならないとみたのだが。。。これは願望込ですが・・
スタミナ勝負になれば、阪神大賞典、春天の大敗からも、分が悪いのは明白であり、馬群に沈む可能性も。
それでも、今の勢いは無視出来ないし、先行脚質ゆえに、その流れでも残る可能性はあるので、押さえます。

馬券はカレンミロティックを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (4)

京都2歳S15(予想)

2015-11-27 22:07:59 | 京都2歳S
土曜の京都メイン、ラジニケ杯京都2歳Sの予想
芝 2000M G3 馬齢 12頭立て
ここは、予想ではなく、PO馬2頭の応援です。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎ドレットノータス

メンバー唯一、今回と同じ条件、京都2000mを勝っている強み。
更に、そのデビュー戦で、負かした2、3着馬達が、次走で、あっさり勝ち上がっているというレースレベルの高さ。
レースは、単なる逃げ切りではなく、終始、1番人気の馬と併走する形で先行し、直線で先に抜け出し押し切る。
つまり、決して展開を味方に逃げ切ったものでなく、力で振り切った勝利なのである。
鞍上の武豊は、今年既に2歳重賞を勝っているし、矢作厩舎も今年既に2歳重賞を勝っている。
このコンビ、ダイワマッジョーレではダメだったけど、2歳戦のここなら、いい結果が待っているはず。


○ロライマ

今年の2歳キンカメ産駒は、先週のロスカボスこそ人気を裏切ったが。
エアスピネルが重賞を勝ち、バティスティーニ、アットザシーサイドが2連勝と有力馬が多数出現。
それに続けと、先週、リオンディーズが衝撃的なデビューをし、そして、この馬もということで。
今年の松田国厩舎の2歳も、スマートオーディン、バティスティーニと好調で、その流れにも、この馬はのる!
鞍上もルメールだし、このメンバーなら普通に勝ち負けしてくれるはず。
終わってみれば、もう1頭のキンカメ産駒ケルフロイデが勝ちましたなんてオチだけは、やめてね・・


▲キャノンストーム

PO馬は上記の2頭なのだが、この馬は、我がPO馬を負かした馬ということで。
デビュー戦で、PO馬ギモーヴを負かした末脚を評価すれば、今回も我がPO馬の強敵になるのは、この馬か。
ただ、前走は重馬場だったので、あの勝利が重馬場適性だったら、良馬場の今回は、どうなんでしょうか・・
でも、ワークフォース産駒ながら、母父サンデー、母母ファレノプシスという良血ですので、重賞でもやれそう。

人気のアドマイヤエイカンは、2戦2勝で札幌2歳Sの覇者なので、実績は断然なのだが。
その札幌2歳Sハナ差2着のプロフェットが次走の萩Sで5着と負け、自身も今回、休み明けなので、軽視します。
まあ、この馬に来られたら、諦めます。

馬券は3頭の3連複1点と馬連もドレッドノータス軸の馬連2点で勝負!!
コメント

【POG】京都2歳Sに2頭が出走!

2015-11-26 21:34:51 | POGその他
今週は、5頭のPO馬が出走するも、出走レースがダブってしまい、最高でも2頭までしか勝ち上がれないぞ。
てか、2頭でも充分ですので、しっかり2勝してもらいましょう。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◆ドレッドノータス◎
(牡 父ハービンジャー 母ディアデララノビア 栗・矢作) 一口馬主8頭目

◆ロライマ◎
(牡 父キングカメハメハ 母ミルフィオリ 栗・松田国) 通常6頭目 

土曜の京都11レース京都2歳S(芝2000m 12頭立て)に2頭が揃って出走。
ドレッドノータスには、デビュー戦に引き続き、中4週で、武豊が騎乗。
ロライマも、デビュー戦に引き続き、中8週で、ルメールが騎乗。
もう、ここは、2頭のワンツーを期待するし、きっと、そうなってくれるはず!
馬券は、この2頭軸で軽く買う予定・・もうPAT残高が、だんだん苦しくなってきているのだが・・

◆イリデッセンス
(牝 父ダイワメジャー 母スペリオルパール 栗・佐々木) 通常5頭目 一口馬主3頭目

◇レッドヴェルサス
(牡 父スフィフトカレント 母ディソサード 栗・須貝) 地獄モード1頭目

◇ピッツバーグ
(牡 父ダノンシャンティ 母メジロフランシス 栗・矢作) 地獄モード10頭目

日曜の京都2レース未勝利戦(芝1600m 14頭立て)に3頭が揃って出走・・・
もう、この時期、1頭でも多く勝ち上がってほしいのに、なんで、3頭揃って、同じレースに出るの・・・
そうは言っても、3頭とも違う馬主だし、ペーパーオーナーには、なんの権限もありません。。当たり前ですが・・

イリデッセンスは、前走、京都マイルで0.1秒差の3着から中3週で、鞍上は藤岡康。
レッドヴェルサスも、前走、京都マイルで0.1秒差の3着から中2週で、鞍上はボウマンに乗り替わり。
ピッツバーグも、前走、京都マイルで0.2秒差の2着から矢作厩舎のいけいけローテの中1週で、鞍上は武豊。
ということで、3頭とも、前走のレースは違えど、みな今回と同じ京都マイルで好走しての参戦。
つまり、今回は、この3頭の争いなるはずで、我がPO馬のワンツスリー決着に絶対になるよ。

ジャパンカップは、元PO馬カレンミロティックが内枠を引いてくれたら本命予定だったのに、外枠かよ・・
ちょっと、本命馬を練り直しです・・
コメント

【POG】無事にいけば、リオンディーズはダービー馬になるよ。

2015-11-25 22:06:55 | POGその他
先週は、怒涛の大挙10頭の出走予定が、1頭出走取消で9頭となり、勝ち上がりも、わずか2頭だけに・・
5頭は、一気に勝ち上がってくれると思ったんですが、4頭が、2着とあと一歩の競馬でした。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◆リボンフラワー
(牝 父ディープインパクト 母バディーラ 栗・池江) 通常8頭目

先週の土曜の京都3レース未勝利戦(芝1800m 11頭立て)に出走し0.2秒差の2着。
スローの競馬で、逃げた馬が3着に粘り、離れた2番手追走の馬が早め抜け出して勝つという展開に負けた形。
その勝った馬が、佐々木さんのヴィルシーナの全妹ですから、まあ、勝った馬が強かったということか。
佐々木さんの今年の2歳持ち馬は、この馬だけなんですけど、持ち馬はみんな勝ち上がって、ハズレがないねえ。
さて、リボンフラワーの方ですけど、展開に泣いたとはいえ、上がりはメンバー最速だし、次はきっと勝てる。

◆レッドアヴァンセ
(牝 父ディープインパクト 母エリモピクシー 栗・音無) 競馬ラボ10頭目

先週の土曜の京都5レース新馬戦(芝1600m 14頭立て)に出走し0.3秒の2着。
1番人気だったし、絶対にデビュー勝ちを決めてくれると思っていただけに、この結果は残念。
レース後の音無調教師のコメント
「スタートはいまひとつでしたが、ある程度のポジションはとれました。
しかし、道中で内に入れたのが失敗。
他馬が動いたところで動けず、位置を下げる形になりました。
今日は力を出し切れていません」
と2年目の若手騎手、松若にデビュー戦を託したわけですが、なかなか手厳しいコメントですね。
まあ、最内枠だったこともあり、終始内でレースを進めたことは、ある程度仕方なかったかと思うが。
確かに、内に入れたことで、完全にポケットに入ってしまい、追い出しが遅れて、脚を余して負ける結果に。
この結果を反省し、次、もう一度、松若騎手を乗せてあげて、次は確実に勝ち上がってほしいね。

◇グローリーミスト◎
(牡 父ワークフォース 母ミスティフォレスト 栗・中竹) 地獄モード4頭目

先週の土曜の京都9レースもちの木賞(ダート1800m 12頭立て)に出走し5.5秒差の11着大惨敗。
後方から後方のままという、まったく見せ場すらない競馬で、ダートは、まったく合いませんでしたね。
にしても、勝ち馬から離されること5.5秒差って、負けすぎだよなあ。
また、芝に戻してもらって、見直したい1頭です。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

先週の日曜の京都1レース未勝利戦(ダート1200m 15頭立て)に出走し2.5秒差のドンジリ15着。
4カ月半ぶりの出走を考慮しても、ちょっと負けすぎだな・・
ダートがダメだったか、休み明けがダメだったか、馬体重も、休んだわりには増えておらず、成長がなかったな。
とにかく、今回は負けすぎですので、この馬も、もう一度、芝に戻して、頑張ってもらいたい。

◆ライラムーン◎
(牝 父キングカメハメハ 母ライラプス 栗・佐々木) 一口馬主6頭目

同じく、日曜の京都1レース未勝利戦に出走し見事、1馬身半差をつけて1着!
初ダートでしたが、なんなくハナに立ち、そのまま逃げ切ってしまいましたよ。
血統的には、芝でやれる馬ですから、脚元に問題がなければ、また芝に戻してほしいね。

○ワイエムフェアリー
(牡 父ロジーズインメイ 母タヤスオドリコ 栗・高橋) シェアポイント9頭目 指名人数8人

先週の日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に出走予定も、枠順確定前に出走取消に。
何があったんでしょうかねえ・・
もう、今年は、シェアポイント部門は、壊滅状態でお手上げです・・・

◆ファンタサイズ
(牡 父ハーツクライ 母ファンジカ 栗・矢作) 通常7頭目 一口馬主4頭目

先週の日曜の東京3レース未勝利戦(芝1800m 17頭立て)に出走し0.2秒差の2着。
中1週で、わざわざ東京に持っていって勝ちに来たが、結果は、残念ながら2着まで。
東京コースは確かに合っていたと思うが、どうも、馬自身にワンパンチ足りないのか。
距離延長がダメだったのか、それとも、もっと距離が必要で、2000mぐらいがいいのか、どうにも分からん。
とにかく、決して凡走はしてないので、なんとか年内に勝ち上がってほしいなあ。

◆リオンディーズ◎
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居) 通常10頭目 一口馬主9頭目

先週の日曜の京都5レース新馬戦(芝2000m 15頭立て)に出走し見事、1馬身半差をつけて快勝!
いやああ、強かったねええ。
スタートしてから馬の行きっぷりが、他とは違い、鞍上の岩田も抑えるが必死で、格好悪い姿で引っ張ってたね。
行きたがる気性は兄エピファネイアを彷彿とさせ、必死に抑える岩田の姿はディープブリランテを思い出しました。
レースは好位追走から、メンバー最速の上がりを使って、楽に前を捕えて、ゴール前は手綱を緩める余裕も。
デビューを待ちに待ったかいのある素晴らしい勝ちっぷりでした。
シーザリオでキンカメ産駒といえば、1番仔のトゥエルフスナイトがそうでしたが、デビューが遅かったからな。
3歳の9月に未勝利戦でデビューし、あっさり勝ち上がってくれたが、結局、その1戦で引退となってしまった。
そして、2番仔ヴァイオラにいたっては、デビューすら出来ずに登録抹消されちゃったからなあ・・
ということで、キンカメ×シーザリオの組み合わせは、底知れない可能性を秘めているが、体質弱く、怪我が心配。
とにかく、リオンディーズは、このまま無事に行ってくれたら、間違いなくクラシックにのる逸材。

まあ、今年の2歳勢は、キンカメ産駒が大活躍ですなあ。
既にエアスピネルがデイリー杯2歳Sを勝ってますし。
東スポ杯では、ロスカボスが人気を裏切ったとはいえ、バティスティーニも相当やれると思うし。
今週末の京都2歳Sに登録のあるロライマも大物感ありますので、クラシックにのってくれると思う、てか希望。
あと、もう1頭、キンカメ産駒で期待は、同じ角居厩舎のショパン、そうエアグルーヴの仔ですよ。
しかし、ダイワスカーレットの仔ダイワウィズミーみたいに、人気を裏切る場合もあるからね。
あれ?キンカメ2歳勢大活躍かと思ったら、2歳リーディングは3位なんですねえ。
現在1位は、ダイワメジャーで、2位はディープインパクトになってましたわ・・

◆マオウ
(牡 父ハーツクライ 母ユウサンポリッシュ 栗・須貝) 通常4頭目

月曜の京都1レース未勝利戦(ダート1400m 16頭立て)に出走し1.4秒差の13着。
芝がダメでダートにいったが、ダートでもダメでした・・・
一応、道中は3番手と積極的な競馬をしてくれるも、4コーナーで手ごたえなく、直線では姿を消してしまった。
どうにも活路が見いだせない感じだが、やはり、血統的に、もう一度、芝での走りを見てみたい。

◆プロディガルサン◎◎
(牡 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 美・国枝) 通常1頭目

月曜の東京11レース東京スポーツ杯2歳S(芝1800m 11頭立て)に出走し0.2秒差の2着。
敵は、同じ無傷の2連勝中のマイネルラフレシアとロスカボスの2頭だけと思っていたのに・・
その2頭には先着したものの、今回は、勝った相手が強かったということね。
2着で賞金は加算したし、次のローテは組み易くなったはずで、クラシックには間違いなく行ってくれるでしょう。
コメント

東京スポーツ杯2歳S15((結果))

2015-11-24 22:08:39 | 東京スポーツ杯2歳S
この馬券は、取らんとなあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年11月23日(祝・月) / 東京 1800m 芝・左 / 曇・良
サラ系2歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 10  スマートオーディン 牡2 55 武 豊 1:49.5 4
2[7] 9 ◎プロディガルサン  牡2 55 戸 崎 1 2
3[1] 1 ○マイネルラフレシア 牡2 55 柴田大 クビ 6
4[6] 6  キラージョー    牡2 55 藤岡康 クビ 5
5[3] 3  ハレルヤボーイ   牡2 55 横山典 1/2 9
6[8] 11 △タイセイサミット  牡2 55 ムーア ハナ 7
7[2] 2  アグレアーブル   牝2 54 岩 田 1.1/4 3
8[4] 4 △ロスカボス     牡2 55 Mデム クビ 1
9[7] 8  レインボーライン  牡2 55 蛯 名 アタマ 8
10[5] 5 ▲ダイワリアクション 牡2 55 北村宏 7 10
11[6] 7  カミノライデン   牡2 55 柴 山 1.1/4 11

払戻金 単勝 10 700円
    複勝 10 190円 / 9 150円 / 1 240円
    枠連 7-8 700円
    馬連 9-10 1370円 / 馬単 10-9 3220円
    3連複 1-9-10 3590円 / 3連単 10-9-1 20880円
    ワイド 9-10 500円 / 1-10 1030円 / 1-9 630円

ここは、PO馬プロディガルサンが、無傷の3連勝を難なく達成してくれると思ったのだが・・
PO馬は、負けるし、おまけに馬券までハズすとは、もうトホホすぎて、イヤになりますなあ。。。

勝ったスマートオーディンは、前走の萩Sを圧倒的人気を裏切っており、その時の勝ち馬がブラックスピネル。
そのスピネルをロスカボスが、野路菊Sで、ハデに出遅れながら、難なく差し切ったわけだから。
普通に、ロスカボス > スマートオーディンという図式が描かれ、今回は、いらないと判断してしまった・・
が、前走のスマートオーディンは、+12キロの馬体増で、調整ミスだった可能性はあったなあ。。
にしても、今回、上がり32.9には参った・・父ダノンシャンティ譲りの末脚爆発と言ったところか。
これで、ダノンシャンティ産駒、初重賞制覇となりましたが、次走はG1朝日杯を使うのでしょうか?
松田国厩舎といえば、2連勝中のバティスティーニと今週末の重賞京都2歳Sに登録しているロライマもおります。
あっ、その2頭は、我がPO馬です。
そういえば、ダノンシャンティも松田国厩舎でしたから、思い入れのある馬の産駒で重賞勝てたのは、また格別ね。

2着プロディガルサンは、スローの流れに前半行きたがっていたし、直線はヨロけるシーンもあり、まだ若い。
それでも最後は、ひと伸びして連を確保したのは立派であり、ここで賞金を加算出来たのは大きい。
ちょっと大物感には欠けるものの、充分クラシックでも勝負になる器であり、次も期待です。

3着マイネルラフレシアも3連勝を目論んでいたが、クビ差3着なら立派でしょう。
こちらは、馬体も大きくなく、クラシックへ向けては微妙ですが、ジャンポケ産駒なので、個人的には頑張ってほしい。
しかし、この馬、母父ダンスで、更に母系にはブライアンズタイムの血があり、完全な菊花賞血統なので、来年の秋が楽しみ。

もったいないレースをしたのが、矢作厩舎のタイセイサミットね。
スタートで出遅れて、直線では、勝ったスマートオーディンに寄られて、手綱を引くぐらいの大きな不利。
ロスのない競馬が出来ていたら、充分勝ち負けに加われていた最後の脚色でした。
次走も人気が上がらなければ、積極的に穴で買いたい1頭ですな。

しかし、PO馬が好走しても、馬券が当たらんようでは、もう末期ですなあ・・・
PAT残高も、危うくなってきたぞ。。。。
コメント

マイルCS15((結果))

2015-11-24 22:02:45 | マイルCS
今回こそは、当たったと思ったんだけどなあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年11月22日(日) / 京都 1600m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 16  モーリス      牡4 57 ムーア 1:32.8 4
2[5] 10 ▲フィエロ      牡6 57 Mデム 1.1/4 2
3[3] 5 △イスラボニータ   牡4 57 蛯 名 クビ 1
4[4] 8 △サトノアラジン   牡4 57 ルメー ハナ 3
5[4] 7  アルビアーノ    牝3 54 柴 山 クビ 5
6[2] 3  レッツゴードンキ  牝3 54 戸 崎 1.1/4 10
7[7] 14 ◎トーセンスターダム 牡4 57 武 幸 アタマ 9
8[7] 13  リアルインパクト  牡7 57 ボウマ アタマ 17
9[8] 17  ロゴタイプ     牡5 57 浜 中 3/4 8
10[7] 15 △ダノンシャーク   牡7 57 岩 田 3/4 7
11[3] 6  アルマワイオリ   牡3 56 勝 浦 クビ 18
12[8] 18  クラリティスカイ  牡3 56 横山典 1/2 14
13[6] 11  カレンブラックヒル 牡6 57 秋 山 1/2 13
14[1] 1  ヴァンセンヌ    牡6 57 川 田 1/2 6
15[6] 12  レッドリヴェール  牝4 55 アッゼ クビ 15
16[1] 2 △ケイアイエレガント 牝6 55 吉田豊 クビ 12
17[2] 4 ○ダイワマッジョーレ 牡6 57 武 豊 クビ 11
18[5] 9  レッドアリオン   牡5 57 川 須 1.1/2 16

払戻金 単勝 16 570円
複勝 16 210円 / 10 150円 / 5 130円
枠連 5-8 1270円
馬連 10-16 1780円 / 馬単 16-10 3400円
3連複 5-10-16 2000円 / 3連単 16-10-5 12000円
ワイド 10-16 690円 / 5-16 590円 / 5-10 300円

鞍上の幸四郎も「一瞬、夢を見た」と言っていたように、直線向いた時には、これは勝ったと思ったけどなあ。
スローの流れを見越してか、3番手追走という積極策で、直線向いた時には、一瞬先頭に立つ見せ場!!
そこから、突き抜けてくれるんじゃないかと思わせたが、見せ場はそこまで・・・
最後は、上がりの勝負になり、完全に切れ負けしてしまい、力尽きる・・
鞍上に一抹の不安を抱いていたが、ナイス騎乗で、楽しませてくれましたよ、ありがとう幸四郎。
ディープ産駒のくせに、切れる脚のないトーセンには、辛い展開になったが、勝つ競馬はしてくれたね。

ただ、毎日王冠が、後ろからの競馬で、いい脚を使っていたので、貯める競馬をしていたら、どうだったか?

にしても、モーリス強すぎだな・・脱帽です・・・

今回は、毎日王冠を回避してのぶっつけ本番のローテが不安で、ディープ産駒が庭の舞台ということもあり軽視。
しかし、終わってみれば、もう強いのなんのって・・・
もともと手薄なマイル路線でしたし、安田記念であれだけの走りを見せた馬ですから、そりゃ、これぐらい走るか。
次走は、香港マイルに行く見たいですが、状態さえ万全なら、香港でもかなり期待出来るのでは。
もう、国内ではマイル界は完全制圧したので、来年は、宝塚記念、秋天の中距離G1にチャレンジしてほしいね。

2着には、昨年に続いてのまたフィエロ。
昨年は、福永と岩田の勝負強さの差で、2着になったが、今年はデムーロでも完敗の2着でした。
まあ、相手が強すぎただけで、この馬としては、よく頑張ってますね。
結局、まだ重賞未勝利なので、来年も現役続行するのかな?

3着には、最後にサトノアラジンが突っ込んできて、外人ジョッキーのワンツースリーかと思っていたら。
内のイスラボニータが、ハナ差凌いでおり、なんとか、1番人気として、馬券圏内には食い込んだ。
しかし、ここで久しぶりの蛯名スペシャルが出てしまうか・・
もう完全に出遅れによる着差という感じで、痛恨のスタートとなってしまったね。
それでも、最後は、さすがG1馬の末脚を見せてくれ、やはり、この馬はマイルが合っている感じでしたね。
得意の府中、来年の安田記念なら、もう1個、G1取れるんじゃないでしょうか。

毎度のことですが、馬券が当たりません・・・
このままだと、長年競馬をしてきて初の、年間G1全敗という屈辱的すぎる記録が近づいてきている・・・
正直、20以上あるG1を全て外すなんていう不名誉なことにでもなれば、競馬を辞めろという引導ですな。。
今年のG1レースは、あと5つ。
正直2歳G1は、PO馬の出走がない限り、あまり力が入りませんので、実質、あと3つか。
いや、ダートもあまり力が入らんので、残りは、次回のJCと最後の有馬記念ですわ。
有馬記念まで全敗だと、ほんまにヤバイので、次のJCで、ほんとに何とかしたい・・・切実。。。
コメント

東京スポーツ杯2歳S15(予想)

2015-11-23 00:05:25 | 東京スポーツ杯2歳S
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

月曜の東京メイン、東京スポーツ杯2歳Sの予想です。
もとも、買う予定はなかったのだが、マイルCSを思いっきりハズしたので、急遽参戦。
まあ、予想というよりも、PO馬プロディガルサンの応援なので、ここは簡単に。

◎プロディガルサン

○マイネルラフレシア
▲ダイワリアクション
△タイセイサミット
△ロスカボス

ここは、PO馬の無傷の3連勝を信じて、相手選びの1戦です。

○マイネルラフレシアは、前走で東京1800のオープンを勝っているのに人気薄。
2歳重賞で穴をあけるマイネルのパターンを信じて、この馬が相手。

▲ダイワリアクションは、前走、東京1800を勝っているのに、人気薄という、過去の穴パターン。
シンクリ×スペシャルウィークは、エピファネイアと同じ配合。
4年前に穴をあけたフジマサエンペラーもシンクリ×サンデーでしたので、再び穴演出を期待です。

△タイセイサミットは、矢作厩舎ということで。
あとは、何と言っても、ムーア頼み。
でも、馬自身も近親にヴィクトリアMを勝ったコイウタがいる血統で、東京でも走るはず。

△ロスカボスは、前日1番人気に支持されてますので、押さえます。
まあ、とくかく、今年2歳のキンカメ産駒は好調なので、この馬も怖い。

馬券は、プロディガルサンを軸に3連複と馬連で軽く勝負!!
コメント

マイルCS15(予想)

2015-11-21 20:34:31 | マイルCS
日曜の京都メイン、マイルCSの予想
芝 1600M G1 馬齢 18頭立て

近年、毎年のように大混戦のレースなのだが、今年もやっぱり混戦模様で、予想は難解・・
春のマイル王モーリスは、ローテの狂いがあった休み明けで、血統的にもここで走る血統ではない。
狙いは素直に、ここが庭のディープ産駒から行くのが正解だと思う。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

このレースは、4、5歳馬がとにかく強く、3歳馬には厳しいG1だ。
しかし、前年は4歳馬が3着内に入らなかった。
つまり、現5歳馬のレベルは低いということで、実際、今年、5歳勢は2頭しか出走していない。
となると、今年は、4歳VS6歳以上の対決とみるのが、いいのでは。
でも、6歳以上馬だけで、上位を占めた年はないので、そう考えれば、軸は4歳馬から選ぶべきか。

◎トーセンスターダム

皐月賞以降、これまで、この馬については「無印」の評価を貫いてきた。
だって、京都しか走らない馬なんだもん。(阪神のチャレンジCを勝っとるやんけえ!という声は聞こえない)
ということで、この馬が、G1で好走する可能性があるとすれば、この舞台しかあるまい。
ここで、この馬を買わずに、いつ買うのということで、この馬に初めて◎を打つ!
京都コースは、距離が長かった菊花賞を除けば、4戦4勝というパーフェクトな成績でございます。
初めてのマイル戦がG1ということになるが、これは、2年前の勝ち馬トーセンラーと同じ。
トーセンラーも無類の京都巧者であって、コース適性で、初マイルも問題なくこなしました。
血統的にも共通するものがあり、ディープ×ミスプロ系で、ノーザンダンサーの5×5×4のインブリードも同じだ。
更に、スターダムは、近親にカンパニーがいる血統であり、京都マイルへの適性はより高いはず。
実際、弟ネオスターダムは京都マイル[2-2-0-0]だし、姉ラシンティランテも京都マイルで圧勝経験があった。

が、しかし、なぜ、幸四郎なのだろう?
なぜ、ベリー騎手じゃないのか?なぜ、武豊騎手じゃないのか?
池江厩舎が、G1で幸四郎を配するというのは、どうにも勝負気配に疑問符がついてしまうのだが・・
まあ、そのおかげで、人気が下がるようなら、穴馬としての価値は上がるわけだけど。

今年の幸四郎の芝成績は、勝率3.3%、複勝率8.7%で、騎乗馬に恵まれていない状況とはいえ、厳しい成績だ。
それでも大舞台では、ティコティコタック、ウインクリューガー、ソングオブウインド、メイショウマンボ。
そう、人気薄でG1を制覇しており、ここ一番での一発の魅力は十分にある。
マイルCSでも02年に15番人気のリキアイタイカンで3着と穴をあけている。
今回は、日曜日、この馬1頭のみの騎乗であり、それがG1ともなれば、気合が入るというものだ。
忘れかけて頃に、ドカンと穴をあける騎手、それが武幸四郎だ!


○ダイワマッジョーレ

この馬、一度不振に陥ると、なかなか抜け出せないようで、成績に波があります。
今年も阪急杯を勝った後、初めて1200m戦を使ったことで、不振に陥り、春は思うような結果が残せなかった。
というか、デムーロの出遅れ癖に付き合わされて、騎手に泣かされた今年の春だったな。
その不振も、秋初戦となったスワンSで、0.3秒差の5着と健闘し、復調の兆しをはっきりと見せた。
となれば、2年前に2着した舞台で、復調気配の叩き2走目、再びG1取りのチャンスは十分あるとみるべき。

昨年は、前哨戦の毎日王冠で大きく馬体を減らし、本番へは馬体回復の必要があり、強い調教は出来なかったはず。
というか、2年前にここで2着した後、次走阪神Cの凡走からスランプに陥り、その不振のまま1年を過ごした。
今年は2年前と同じスワンSを前哨戦に選び、着差も2年前と同じ0.3秒差と、ほどよい負け方。
となれば、このG1もリピーター要素が大きいので、2年前の再現は十分可能。
6歳という年齢が気になるも、外国馬サプレザが4歳で3着して、6歳で再び3着した実績があるので大丈夫。
主戦の蛯名がイスラボニータに騎乗するので、乗り替わりとなるのはマイナス材料であるが、武豊なら。
豊のマイルCS実績は、昔の豊ではなく、ここ最近の豊で2連覇している相性のいいG1であり、チャンスは十分。
G1での兄弟ワンツーフィニッシュを見せてくださいよ!


▲フィエロ

軸ということなら、昨年の2着馬が、一番適任か。
京都コースは[1-4-2-0]といまだ、3着を外していない超堅実派であり、今回も崩れるシーンは想像できない。
昨年と、ほぼ同じ臨戦過程で挑む今回、唯一の不安は、デムーロの出遅れだけだろう。
スタートさえ決まれば、3着は外さないとみるが。


△イスラボニータ

新潟2歳S以来のマイル戦となるが、血統的に、今ならこの距離が合うはず。
同じフジキセキ産駒のサダムパテックも秋天からのローテで、見事に、このレースを勝ってますし。
ただし、サダムパテックは、京都実績があったし、マイル戦も何度も経験済みという違いがあるなあ。
こちらは、京都どころか、関西遠征が初めてということで、その点が大きな不安としてはあります。
また、このレースは血統的にノーザンダンサーの血がほしいところなのだが、それもない。
しかし、こちらは、サダムと違って、既にG1馬だし、秋天でも2年連続3着という輝かしい実績がある。
近年、マイル路線は層が薄いので、G1級の実績のある中距離馬で勝負になる舞台であり、普通に勝ち負けするはず。


△ケイアイエレガント

一度穴をあけた馬は、何度でも穴をあけるのが穴馬の法則。
牝馬で馬券になったのは、3年前のドナウブルーの3着があるが、ドナウは4歳ディープ産駒という走る下地あり。
6歳非サンデーで、脚質も違うこの馬では、ここで激走する材料に乏しいのだが、ドナウとの共通点もある。
その年の京都牝馬Sを勝ち、更にヴィクトリアM2着で、前走は府中牝馬Sで負けているという共通点多数。
サンデーの血をもたない馬の好走は少ないが、同じキンカメ産駒フィフスペトルが11番人気2着と穴をあけている。
更に血統的には、母母父がロベルトという共通点もあり、穴をあける資格はあるのでは。
この10年で逃げ馬が馬券になったのは1度だけなのだが、この馬は2番手からの競馬も出来る。
今回、恐らく、レッツゴードンキがハナを主張するはずで、ドンキをマークする形でレースを進めれば。

前走は単騎逃げも9着と敗退するも、着差は0.4秒差だし、今のこの馬には府中1800は距離が長かった。
逃げ馬ミナレットの2番手からレースをする予定がミナレットの出遅れで、予定が狂ったのも誤算だった。
今回は、距離短縮、叩き2走目、内枠から2番手の競馬が楽に出来そうと、好走するお膳立ては揃った。
鞍上の吉田は、同じ牝馬のブルーメンブラッドで既に勝っているし、今回は気楽な立場で一発狙う。


△サトノアラジン

4歳で、ディープ×ノーザンダンサー系という血統で、まさにここで走るタイプ。
東スポ杯、ラジニケ杯と1番人気に支持され、クラシックを期待された1頭だったが、期待に応えられず。
マイルに路線変更して、いよいよ素質開花、能力発揮か。
京都は、距離が長かった菊花賞しか出走してないので、実績がないのだが、姉がエリ女王ラキシスなら問題なし。
鞍上のルメールは、この馬に乗り[2-2-0-0]とパーフェクトの成績だし、そろそろG1勝ちがほしいところ。
実績から考えると、明らかに過剰人気なのは気になるが、この手のタイプでも勝負になるのが、今のマイル路線ね。


△ダノンシャーク

リピーターG1なら、この馬の3年連続馬券圏内は、十分ありえる。
7歳ということで、評価が下がりぎみになるが、前走の毎日王冠が58キロで0.4秒差の4着と好走し、衰えはない。
このレースは、これまで6→3→1着と着実に着順を上げてきたわけだが、衰えなしと判断すれば、今年も勝ち負け。
昨年は岩田の完璧な騎乗による勝利で、今年も岩田の手腕が頼りになるのだが、この秋、岩田は大不振・・
連敗が止まらない状態だったが、土曜に1勝したので、なんとか流れが変わりそうで、今年も神騎乗が見れるか。

馬券はトーセンスターダムを軸に3連複と馬連で勝負!!
あと、やっぱり、昨年本命にしたダイワマッジョーレからも3連複は買っておきますわ。。
コメント   トラックバック (4)

【POG】ようやくリオンディーズがデビュー!

2015-11-19 21:21:56 | POGその他
今週末は、3日間開催ということもあり、怒涛の大量10頭の出走ですよ。
何と言っても、期待は、重賞の東京スポーツ杯2歳Sに出走するプロディガルサンですが。
もっと期待しているのが、ようやくデビューとなったリオンディーズでございます。
今週は、5勝ぐらいしてほしいが、それは高望みか・・でも悪くても3勝は、してもらわねば。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

◆リボンフラワー
(牝 父ディープインパクト 母バディーラ 栗・池江) 通常8頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の京都3レース未勝利戦(芝1800m 11頭立て)に鞍上が、ルメールで出走。
デビュー戦がマイル戦で0.5秒差の3着から中5週での出走となるが、ここはしっかり勝ち上がってほしい。

◆レッドアヴァンセ
(牝 父ディープインパクト 母エリモピクシー 栗・音無) 一口馬主8頭目 競馬ラボ10頭目

土曜の京都5レース新馬戦(芝1600m 14頭立て)に鞍上が松若でデビュー。
鞍上の松若はまだ2年目の減量騎手だが、今年、小倉記念で重賞初制覇を果たし、福島の年間リーディングも獲得。
若手の中では一番乗れている騎手ということで、ここは、しっかり勝ってもらいましょう。
メンバーを見渡して、それほど良血馬は見当たらず、エリモピクシーの仔は、ハズレがないので、まず大丈夫か。

強敵ではないが、このレースに、シェアポイント部門で指名しようとして、結局出来なかった馬がデビューしとる。
その馬はスマートカオス(父アサクサキングス 母センターシャイネン)という地味な血統の馬なのだが。
母母のセンターライジングが、過去のPOGで指名した1頭だったので、懐かしくて、気になっていたわけで。
センターライジングは、POG期間中にオークストライアル勝ちを含む4勝もしてくれた馬でしたが。
センターライジングの仔からは、活躍馬は現れず・・・孫から活躍馬が出てくれれば良いが。。

◇グローリーミスト◎
(牡 父ワークフォース 母ミスティフォレスト 栗・中竹) 地獄モード4頭目

土曜の京都9レースもちの木賞(ダート1800m 12頭立て)に鞍上がアッゼニに乗り替わりで出走。
前走が芝2000mで1.1秒差の6着だったとはいえ、ちょっとダート転向は、早すぎるのでは・・
近親にグランブリボスがいる血統からも、前走の敗因は距離として、芝のマイル戦あたりを使ってほしかったな。

○パキラ
(牝 父ベーカバド 母プレラット 栗・田中) シェアポイント1頭目 指名人数22人

日曜の京都1レース未勝利戦(ダート1200m 15頭立て)に鞍上が松田に乗り替わりで出走。
なんと4カ月半ぶりの出走ですよ・・もう、何してたんだよ。。
芝で2戦して、結果が出なかったので、ダートへということで、とにかく、まずは掲示板目指して頑張れ!

◆ライラムーン
(牝 父キングカメハメハ 母ライラプス 栗・佐々木) 一口馬主6頭目

同じく、日曜の京都1レース未勝利戦に鞍上が鮫島に乗り替わりで出走。
ギリギリまで指名するかどうか迷って、結局指名しないことし、結果はデビュー戦4着で、指名せずよかった。
と思っていたら、ウマジンの一口馬主に仮指名をしていたのをすっかり忘れており、取消をし忘れてしまった1頭。
そんな、思い入れ薄い、不本意な指名馬なのだが、結果的に指名してしまったので、応援するしかないです。
しかし、なんで、こんな良血が、芝わずか1度使っただけで、ダートなのだ?
中4週での出走となるが、脚元でも弱いのかなあ・・

○ワイエムフェアリー
(牡 父ロジーズインメイ 母タヤスオドリコ 栗・高橋) シェアポイント9頭目 指名人数8人

日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上加藤祥に乗り替わりで出走。
デビュー戦が芝1400で1.7秒差の10着から、早くもダート路線へ・・見切りが早いわ。
2ヶ月ぶりの出走となるが、距離も延長して、条件をガラリと変えて、馬が変わってくれるか、淡い期待を・・

◆ファンタサイズ
(牡 父ハーツクライ 母ファンジカ 栗・矢作) 通常7頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ4頭目

土曜の東京3レース未勝利戦(芝1800m 17頭立て)に鞍上が内田に乗り替わりで出走。
中1週で使ってくるとは、矢作さん、どうしても年内に勝ち上がらせておきたいのか。
それとも、兄貴ダイワマッジョーレと同じ日に使いたかったのか・・なら、京都で使うか。。
1400、1600、1600で勝ちきれなかったので、更に距離延長して、きっちり決めてくれるか。
東京コースは合いそうな気がするので、ここで勝ち上がってくれるはず。
矢作厩舎は、3日間開催で計15頭を送り込むだけに、この馬は当然、星勘定に入っているはずね。

◆リオンディーズ
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居) 通常10頭目 一口馬主9頭目

日曜の京都5レース新馬戦(芝2000m 15頭立て)に鞍上が岩田でデビュー。
待ってましたよ! ということで、ようやくのデビューとなりました。
今年指名のPO馬の中でも一番期待している1頭ですので、ここは是非ともデビュー勝ちを決めてもらいたい。
今年のキンカメ産駒は、エアスピネル、バティスティーニ、ロスカボス、ケルフロイデと2勝馬が既に多数。
この流れに乗って、今年のキンカメ産駒の真打ちリオンディーズも、衝撃的な勝ち方を見せてくれることを期待。

このレース、他に良血馬は、ジョリーダンスの仔とか、ディアチャンスの仔あたりか。
いや、ディープ産駒でダイタクリーヴァの下、マンカフェ産駒でオウケンブルースリの下もいるな。
でも、一番の強敵は、池江厩舎の評判馬、ディープ産駒のフォイヤーヴェルクになるのでしょうか。

◆マオウ
(牡 父ハーツクライ 母ユウサンポリッシュ 栗・須貝) 通常4頭目 競馬ラボ5頭目

月曜の京都1レース未勝利戦(ダート1400m 16頭立て)に鞍上が加藤祥で出走。
芝で2戦して、1.6秒差、1.8秒差と大敗して、3戦目にしてダート転向かあ・・・
ハーツクライ産駒で、スーパーホーネットの下なんだから、芝で勝ち上がってほしかったが・・
まあ、それよりなにより、ダートでもいいから、なんとか勝ち上がってほしいよ・・

◆プロディガルサン◎◎
(牡 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 美・国枝) 通常1頭目

月曜の東京11レース東京スポーツ杯2歳S(芝1800m 11頭立て)に鞍上が戸崎で出走。
さあ、3連勝で一気に来年のクラシック候補に躍り出て下さいな!
ここを無傷で通過するようなら、当然、来年のダービー馬最有力の1頭になるわけで、頑張ってほしい。
相手は、同じく無傷の2連中のマイネルラフレシアとロスカボスの2頭になるんでしょうね。
コメント

【POG】先週は1勝も、バティスティーニは強かった!

2015-11-18 22:33:06 | POGその他
先週は、急遽指名した1頭も含めて、7頭という大量出走だったのだが、勝ち上がったのは、わずか1頭だけ。
それでも、黄菊賞を勝ったバティスティーニは、間違いなく来年のクラシック候補であり、期待が高まったよ。
シェアポイント部門は、当然ダウンの2279位に・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

○ダイメイグッド
(牝 父タニノギムレット 母グッドバニラ 美・石栗) シェアポイント2頭目 指名人数15人

先週の土曜の福島2レース未勝利戦(芝1200m 16頭立て)に出走し3.5秒差のドンジリ16着。
1200mのスピート競馬にまったく対応出来ず、レース途中で大きく遅れを取り・・
ブービーの馬に6馬身差をつけられる始末。
休み明けを考慮しても、負けすぎてあり、次走以降は、距離を延長するか、ダート替わりしかないが、期待薄だな。

◆フェイズベロシティ
(牝 父キングカメハメハ 母スペシャルグルーヴ 美・萩原) 一口馬主7頭目

先週の土曜の東京3レース未勝利戦(芝1800m 13頭立て)に出走し0.5秒差の3着。
単勝1.7倍という圧倒的な1番人気に支持されるも、人気を裏切る凡走・・
一応、ゴール前は伸びては来ていたが、前の2頭には遠く及ばずの完敗であり、距離延長が影響したのか・・
勝ち上がりは、間違いないと思っていたので、この敗戦にはガッカリですな。

○ヤマニンアルルカン
(牡 父シンボリクリスエス 母ヤマニンアリュール 栗・奥村) シェアポイント10頭目 指名人数10人

先週の日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 11頭立て)に出走し6.3秒差のドンジリ11着。
不良馬場がダメとはいうレベルの負け方ではない負けっぷりですな。
ブービー馬にも9馬身離されてますし、競走馬として、ダメというレベルの負け方で、もう・・・
デビュー戦が芝でダメだったが、ダートよりは、まだマシだったので、もう一度、芝に戻すしかないかな。

◇ピッツバーグ
(牡 父ダノンシャンティ 母メジロフランシス 栗・矢作) 地獄モード10頭目

先週の日曜の京都3レース未勝利戦(芝1600m 10頭立て)に出走し0.2秒差の2着。
道中、勝ち馬と併走する形でレースを進め、直線では、勝ち馬は内へ、こちらは外へ出す作戦。
馬場状態を考えれば、外に出したのは悪くなかったと思うが、相手が道悪巧者だったと諦めるしかないか。
この馬も、ここで勝ち上がってくれると期待してたのに、とにかく残念ではあるが。
まあ凡走とまでは言えないので、次に期待するしかあるまい。

◆ギモーヴ
(牝 父ハービンジャー 母ヒカルアマランス 栗・池添) 競馬ラボ9頭目

先週の日曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 16頭立て)に出走し、0.3秒差の2着。
こっちは、逆に、勝ち馬は伸びる外に出し、こちらは、内を突く競馬で、遅れをとる。
まあ、ここは道悪適正というより、エンジンのかかりが遅すぎた。
ゴール前は鋭く伸びているだけに、もっと早くエンジンがかかっていたらという内容だったか。
次は、確勝だな。

◆バティスティーニ◎◎
(牡 父キングカメハメハ 母バプティスタ 栗・松田国) 一口馬主5頭目

先週の日曜の黄菊賞(芝2000m 10頭立て)に出走し、0.6秒差の圧勝劇で2連勝達成!
スタートでいきなり出遅れ、最後方からの競馬となったが、4コーナーからの捲りで直線あっという間の先頭。
ゴール前もその脚は鈍ることなく、終わってみれば、2着馬に3馬身半差をつける楽勝で、強いの一言。
スタートの出の悪さは気になるものの、この強さは本物で、来年のクラシック候補と言っていいよね。
クラシックへ向けて距離短縮はしないでしょうから、次走は、恐らく、中山の重賞ホープフルSになるのかな。

◆アラバスター◎
(牡 父ハービンジャー 母レーヴディソール 栗・松田博) 通常3頭目 一口馬主2頭目

同じく、黄菊賞に出走し0.8秒差の3着。
10頭立てで7番人気という低評価に甘んじていたが、今回は馬券圏内に食い込んでくれました。
やはり、この馬、上がりのかかるレースの方がいいようで、距離も2000mあたりがベストなのかな。
しかし、切れる脚がないので、次走以降は、なんとか、好位から競馬をしてもらいたいな。
コメント

テレビの情報を鵜呑みにするべからず

2015-11-18 21:50:45 | 食べ放題
昨日、会社の有休を取って、平日の休みをもらいました。
で、かねてより、嫁が行きたいと言っていた店に行くことに。
その店とは「たいこ茶屋」

「たいこ茶屋」とは、テレビ、ネットでも再三取り上げられ、話題となったのでご存知の方も多いでしょう。
馬喰町にある居酒屋さんで、話題なのは、ランチでやっている刺身の食べ放題なのです。
そう、また食べ放題に行ってきたわけでして。
先週の日曜にも、ピザの食べ放題のグラッチェガーデンズに行ってきたばかりというのに・・
で、たいこ茶屋ですが、60分の刺身食べ放題で、料金は1100円というお値打ち価格。

11時30分開店ということで、開店前の11時15分に店に着くと、既に行列が・・
平日というのに、30人以上は並んでいたでしょうか、凄い人気です。
まあ、平日ですから、大学生風の若者が多かったです。
で、待つこと20分、無事、11時35分には、入店すること出来、料金先払いで支払を済ませます。

さあ、腹一杯、たらふく食うぞと、意気込んだのだが・・・

刺身食べ放題というのに、一番基本の「まぐろ」がないという、ありえないラインナップ・・
いくら、その日仕入れたものを出すという日替わりメニューとはいえ、それは、ないわ・・
「まぐろ」が一番好きな私としては、この時点で、テンションはダダ下がり・・
しかし、替わりのサーモン、ブリ、カレイ、イワシ、これらが美味ければ文句もなかったのだが・・

これが、美味くない・・不味いとは言わないが、決して美味くない。。。
嫁は、臭いと言って、残す始末・・
この店、食べ残しは「1000円の罰金」というシステムなので、残すことは許されない。
仕方なく、その美味しくない刺身は、私が替わりに食べるはめに・・・
食べ放題に来て、お代わりをしなかったのは、後にも先にも、この店が初めてでは。。。

やはり、1100円で刺身食べ放題だと、その程度のものしか提供されないということか・・
言っちゃ悪いが、所詮、居酒屋ですし・・・
いや、居酒屋でも刺身の盛り合わせは、もっと旨いと思うが、これが食べ放題の食材ということか・・
これなら、スーパーで1000円の刺身パックを買ってきた方が、よほど美味かったですよ。

席は、4人テーブルの相席だったのだが、後から来た2人組の女の子達も、お代わりすることなく、20分程度で店を後にしてました。
聞こえてきた会話では、店の悪口は言ってなかったものの、既に次に行く店の話をしてましたわ。
周りを見渡しても、並んでいた時のわくわくした笑顔はなく、期待を裏切られたという表情に見えましたよ。
たぶん、並んでいたのは、私達を含め、今日が初めて来た人達ばかりだと思うわ。
もう2度と来ることはないでしょうね、たいこ茶屋。
テレビの情報に踊らされてはいけないということを痛感した次第です・・・
テレビ取材の時は、いい食材を事前に用意してるんでしょうね。

もの凄い敗北感というか、まったく満足感を得ることが出来なかったので、このまま帰ることは出来ず。
さすがに、無駄にお腹は膨れたので、ランチの食べ直しは無理なので、次はスイーツと。
場所が近かったので、秋葉原駅から電車で上野にあるドンレミーアウトレット店に行ってきました。
ここは、スイーツの食べ放題ではなく、ケーキのアウトレット店、つまりケーキを安く販売している店ね。
ドンレミーは、不二家と違って、自前の店舗を構えているわけではないので、ドンレミーの商品って食べたことなかったのだが。
ホームページで確認すると、ミニストップ、ヨーカ堂、イオンなんかで販売されているようなのだが。
普段、コンビニもあまり行かないし、ヨーカ堂もイオンも最近行かなくなったからなあ。
そんなわけで、初めて食べるドンレミーのケーキがアウトレット品となったのだが、普通に美味かったよ。
プリンとミルクレープとロールケーキを食べたのだが、どれも美味しく頂きまして、たいこ茶屋の負けを少しは取り返したか。
プリンは50円という安さだし、ロールケーキも200円とお値打ちです。
東京には、上野不忍店の他に、北千住店があります。
アウトレット店は、全国で見ても、高崎店、千葉店、岡山店の計5店舗しかないですが、近くにあるようなら、一度行ってみては。
たいこ茶屋の刺身食べ放題は、まったくお薦めしませんよ。ほんま。
コメント (2)

エリザベス女王杯15((結果))

2015-11-16 21:17:06 | エリザベス女王杯
今回は当たったと思ったんだけどなあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年11月15日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 晴・稍重
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 12 △マリアライト    牝4 56 蛯 名 2:14.9 6
2[8] 18 ○ヌーヴォレコルト  牝4 56 岩 田 クビ 1
3[4] 8 △タッチングスピーチ 牝3 54 ルメー ハナ 4
4[7] 15  ルージュバック   牝3 54 戸 崎 1/2 3
5[8] 16  スマートレイアー  牝5 56 浜 中 クビ 8
6[2] 3 ◎フーラブライド   牝6 56 酒 井 アタマ 7
7[8] 17  シュンドルボン   牝4 56 アッゼ 1/2 11
8[1] 2  クイーンズリング  牝3 54 シュタ クビ 5
9[2] 4  リラヴァティ    牝4 56 秋 山 1/2 18
10[4] 7  シャトーブランシュ 牝5 56 藤岡康 クビ 14
11[5] 10 ▲ラキシス      牝5 56 ムーア アタマ 2
12[7] 14  ノボリディアーナ  牝5 56 武 豊 3/4 9
13[1] 1  パワースポット   牝7 56 四 位 3/4 17
14[5] 9  フェリーチェレガロ 牝5 56 和 田 1/2 15
15[3] 5 △タガノエトワール  牝4 56 川 田 1/2 10
16[6] 11  ウインリバティ   牝4 56 松 山 3/4 13
17[7] 13  メイショウマンボ  牝5 56 武 幸 クビ 12
18[3] 6  リメインサイレント 牝5 56 小 牧 1.1/4 16

払戻金 単勝 12 1520円
複勝 12 320円 / 18 130円 / 8 210円
枠連 6-8 1470円
馬連 12-18 1860円 / 馬単 12-18 4730円
3連複 8-12-18 3770円 / 3連単 12-18-8 23590円
ワイド 12-18 680円 / 8-12 1340円 / 8-18 440円

ゴールが50m手前であれば・・
今回は、ほんま「取ったぞ~!!!」と思ったんですけどねえ。。。
直線、マリアライトと一緒にフーラブライドが合わせ馬の形で内から伸びてきたので、これはやった!と思ったが。
残り50mの所で、脚が止まってしまい、後方からの追い込み馬に飲み込まれる結果に・・・
前日の雨の影響で、内が荒れて、日曜は外が伸びる馬場になっていたのも辛かったなあ。。
数字的には0.1秒差の競馬であり、非常に惜しい結果なのだが、3着までに来なければ、何もなりません。。

前2頭が大きく引き離して逃げる展開となったが、前に行った2頭が人気薄ということで、後続が追いかけず。
そのせいで、3番手以降は、かなりのスローの流れになり、フーラブライドも前半、多少行きたがっていた様子。
結果的に、ゴール前の瞬発力勝負となり、スタミナ勝負に持ち込みたかったフーラブライドとしては展開向かず。。
結果論ではあるが、酒井には、もっと積極的にいってもらいたかったな。
2番手リラヴァティの後ろにつけるぐらいに位置取り、直線では早めに抜け出し先頭に出るぐらいの競馬だったらなあ。
非常にいいレースをしてくれたのだが、末脚勝負になってしまうと、やはり厳しかったよなあ。
やはり、6歳馬で、馬券になるには、G1馬ではないとダメだったというオチかあ。。。
フーラブライドは、これで引退ということで、どうもお疲れ様でした。
メジロマックイーンの血を残すべく、いい仔を産んで下さいね。

勝ったマリアライトは、渋った馬場も味方につけて、早めに抜け出す戦法を取った蛯名の好騎乗も光る勝利でした。
馬場が渋った時は、キングマンボの血が騒ぐということで、母父エルコンドルパサーの血が生きたなあ。
そして、フーラブライドと同じスタミナ型だったが、そこはディープの血が切れ勝負にも対応ですな。

またしても2着とクビ差に泣いたヌーヴォレコルトでしたが、この馬にしては位置取りが後ろすぎたか。
後ろの馬に差されることを気にしたのか、ちょっと仕掛けが遅れた感じで、岩田にしては消極策だったか。
実質スローの今回の流れなら、好位から横綱相撲の競馬でもよかったが、折り合い重視の競馬だったかな。

3着タッチングスピーチは、やはり不器用な馬という感じだが、最後は凄い脚で伸びてきました。
さすが、ローズSで、ミッキークイーンを負かした馬だけのことはある。
毎年馬券になる3歳馬ということで、今年馬券になるのは、この馬だという見立ては当たっていたのだが。

今回、予想的には、完璧に仕上がったと思ったのだが・・
素直にヌーヴォレコルト本命でよかったわけだが、それでは面白くないし・・って、当たらないともっと面白くないが・・
人気サイドのルージュバック、クイーンズリングを消せたまではよかったが。
状態面に不安のあったラキシスを消せなかったのが、敗因でしょうかね。

G1予想は、ほんま当たりません・・・
次の大混戦マイルCSで、一発ドカンといきたいですなあ。
コメント